面接でのNGワードは存在する?絶対に使わないように気を付けたい言葉11選!

就職・転職において、面接は自分をアピールするための大切な場です。しかし採用担当者の前で、志望動機や自己アピールなど何を話したらよいのか悩んでしまう人は多いでしょう。実は採用に一歩近づくために、面接では使わない方が良い言葉や内容があります。今回は、そんな面接でのNGワードを紹介します。

 

志望動機でのNGワード

 

将来的に独立したい・起業したい

 

 

会社に対して「将来は独立したい、起業したい」ということは、「将来、御社を辞めます」と宣言しているようなものなので、会社側へは良い印象を与えられません。

なぜなら会社は、新人を教育するために研修費用や採用費など多くの費用をかけているからです。それなのに、会社でスキルを身につけたらすぐに独立してしまう可能性のある人材を会社としては採用したくはないでしょう。

また、面接の時点では独立したいと考えていても就職してみたら一生その会社で働きたくなった。という場合もあります。「独立したい・起業したい」というNGワードのせいで不採用になってしまわないように、面接の段階では伏せておいた方がよいでしょう。

 

会社に成長させてもらう

 

「御社でスキルと経験を身につけさせて欲しい」と言うことは、一見前向きな発言にも受け取れますが、会社側としては受け身的な印象を持ってしまう可能性があります。

会社は自主的に学習を行い仕事の成果を出す場所なので、「積極的にスキルを身につけて、御社に貢献したいと考えております」など言い方を工夫するだけで会社側が受け取る印象は変わります。

また「成長する」という観点では、どんな会社に就職した場合でも成長もスキルアップできます。御社に入社したいという志望動機としては弱いので、面接では使わない方がよいでしょう。

 

人から感謝される仕事がしたい

 

 

採用担当者の受け取り方によってはNGワードとなってしまうのが、「人から感謝される仕事がしたい」という発言です。

人から感謝されるために仕事をするということ自体は悪いことではありません。しかし転職の場合、「人から感謝される仕事がしたいから転職するということは、今までは感謝を感じていなかったの?」と受け取られてしまいます。

この場合採用担当者は、「人からの感謝を感じられなければ、またすぐに仕事を辞めてしまうのでは」と考えてしまうでしょう。

さらに「成長する」という言葉同様に、どのような仕事をしていても人から感謝されることはあるため、志望動機としてはやや弱い言葉です。

 

自己PRでのNGワード

 

短所はありません

 

 

面接では必ずと言ってよいほど長所・短所を質問されます。そこで「短所はありません」という言葉はNGワードです。

なぜなら、短所のない人はいないので、自分の短所を言えないということは客観的な自己分析ができていないと判断されてしまうからです。

また、自分の弱い部分を隠さず正直に相手に伝える誠実さも採用担当者はチェックしています。短所を隠さず、自分が認識している自分の弱い部分や気を付けなければならない部分を話しましょう。

そして、自分の短所をどのようにカバーできるかをきっちりと伝えておくと、自分のことを理解しているという印象を持ってもらえます。

 

協調性があります

 

協調性があることは、会社側にとって悪いことではありません。しかし、自己PRで「協調性がある」という言葉を使用するのは、抽象的過ぎて採用担当者に上手く伝わらないでしょう。

「協調性があります」・「コミュニケーション能力が高いです」は自己PRにおいてよく使用される言葉なので、採用担当者も「定型文通りにしか話せないのか」という印象を持ってしまいます。

協調性があることを伝えたい場合は、具体例を交えて話しましょう。例えば、以前の仕事ではコミュニケーションを大切にしたおかげで業務を成功させられたので、御社でも協調性を大切にして会社に貢献していきたい、という言葉を伝えるとアピールポイントが伝わりやすいです。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

【徹底比較!】CGデザイナー vs グラフィックデザイナー!両者の違いからできることまで幅広くご紹介します!

  CGデザイナーとは?     CGとはコンピューターグラフィックスの略であり、雑に言ってしまえばパソコンでデザインをする人を指します。PhotoshopやIllustratorなどを使う …

 

CGデザイナーとは?

 

 

CGとはコンピューターグラフィックスの略であり、雑に言ってしまえばパソコンでデザインをする人を指します。PhotoshopやIllustratorなどを使うことで幅広い仕事を受け持つことができます。パソコンは広く普及しており、比例するようにCGデザイナーの人は増えました。現代ではいなくては困ると言っても過言ではないでしょう。

 

グラフィックデザイナーとは?

 

 

一昔前であれば、パソコンを使わずに手で書いたデザインを起こす人を指していました。しかし、現代はパソコンが広く普及し、作業効率の面でもPhotoshopやIllustratorを使うようになってきています。一部グラフィックデザイナーはパソコンを使わずに手で書いた仕事もしています。しかし、パソコンで作業をする人のほうが多いのも事実です。

このように書くとCGデザイナーとの違いがよくわからなくなってしまうかもしれません。ではCGデザイナーとグラフィックデザイナーの大きな違いはどこにあるのか次の項目で見ていきましょう。

 

大きな違いは行う仕事内容にあり

 

 

CGデザイナーもグラフィックデザイナーもパソコンでデザインをする点は共通しています。しかし、大きな違いは仕事内容にあります。CGデザイナーはキャラクターや映像などのデザインを行い、グラフィックデザイナーはポスターや広告、CDジャケット、カタログなどの紙媒体の仕事を行うことで分かれます。

紙媒体の仕事は昔からあり、チラシやパンフレットなどを想像すればわかりやすいでしょう。一昔前はパソコンが普及しておらず、グラフィックデザイナーは自身の手でデザインしていました。いうなればCGデザイナーのほうが割と最近できた職業と言ってもいいのかもしれません。

CGデザイナーかグラフィックデザイナーかどちらになるか迷っている場合は興味のある仕事を行っている方を選びましょう。

 

CGデザイナーになるには?

 

 

CGデザイナーに興味を持っているのであれば、必要なスキルやなり方を知っておくといいでしょう。

 

必要なスキル

 

 

最低限でもPhotoshopのスキルとデザインの基礎知識は持っておくことが重要です。これにIllustratorを扱えるようになるといいです。資格として持っていると有利なのがCGクリエイター検定、Photoshopクリエイター能力検定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験、色彩検定です。

また、3DCGのデザイナーになる場合はDモデリングソフトを扱えるようになるといいでしょう。代表的なのはMaya、3DSMAX、LightWaveなどが挙げられます。こちらは希望する業界が何を使われているかチェックすることをおすすめします。

 

学習するには?

 

CGデザイナーとしての能力を得たいのであれば、専門学校(スクール)や独学、現場で習うの3通りが考えられます。専門学校は多く存在しますので、自身が興味のある業界への就職に有利な学校を選ぶといいです。独学の場合はCGデザイナーの本も販売されているので読みながら一人で学ぶことができます。現場で習うのもアリです。未経験でも雇ってくれるところがあれば学校よりも早いスピードで習得できるでしょう。

 

習得するとどんな業界に行けるか?

 

CGデザイナーの仕事は多岐にわたり、ゲームやアニメ、映画、テレビ、建築の図面作成など多岐にわたります。また、2Dや3DのCG製作もあり、専門性が高い3DCGデザイナーは重宝される傾向があります。

 

未経験でも大丈夫か?

 

CGデザイナーはある程度のデッサン能力色彩感覚を持っていると有利です。あまりにも絵が下手な人は相応の努力をしないと難しいのが正直なところです。専門学校に通う場合は多くの人が未経験から学んでいるので、ゆっくり着実にスキルを得ることができるでしょう。

 

気になる年収は?

 

新卒の場合だと240万円前後が目安になります。全体としては300万円から500万円の間ともいわれており、平均的な収入を得ることができます。CGデザイナーからディレクターやプロデューサーになると大幅に年収アップし、700万円から1,000万円の年収が見込めます。

 

Geekly Media ライター

geekly

0

【プログラミング言語】Javaってどんな言語?その仕様からC言語との違いまで徹底解説!

Javaというプログラミング言語はよく聞きますがC言語とどう違うのかハッキリしていない方って多いと思います。実はJavaには大きな特徴があり、他にも有名な言語であるC言語とは違う魅力があるのです。今回はJavaとC言語の違いを中心にどんな仕事があるのかも紹介します。もし、何の言語を学ぼうか迷っているのであれば一読してください

 

Javaとはどんな言語なのか?

 

 

Javaは1995年に公開されオブジェクト指向プログラミングの代表例として紹介されることも多いです。ちなみにですがJavaScriptという言語もありますが、こちらはJavaとは似ても似つかないものです。JavaがメロンだったらJavaScriptはメロンパンくらいの違いがあります。話がそれてしまいましたがJavaの特徴はどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

Write Once, Run Anywhere

 

Javaを語る上で欠かせないのが「Write Once, Run Anywhere(一度書けば、ずっと実行される)」です。JavaはOSに依存せずにプログラミングを実行できるのが最大の特徴です。ですので一度コードを書けばWindowsでもLinuxでも対応されているOSならすべて実行できます。C言語ではこのようにいきません。

 

コンパイラ言語である

 

プログラム言語には大きく分けると2つあり、コンパイラ言語とインタプリタ言語があります。コンパイラ言語はコードを書いた後にコンパイルという機械語に変換する作業をして、機械語に変換された実行ファイルでプログラムが実行されます。インタプリタ言語は機械語の変換と実行を同時に行います。

それぞれにメリットがあり代表的な例としてはコンパイラ言語は実行スピードが速いこと、インタプリタ言語はコンパイル作業がいらないこと、すぐに実行できることが挙げられます。ちなみにJavaもCもコンパイラ言語です。

 

C言語との違いは?

 

 

Javaについて簡単に概要をC言語との違いも見ていきましょう。

 

文法が違う

 

JavaとC言語は似ている部分もありますが文法が少し違います。特に大きな違いはクラスという概念がJavaにあることでしょう。後述するオブジェクト指向にもつながるのですが、まずはシンプルなコードで見てみましょう。どちらも結果としてはコンソール画面にCount回数を表示するプログラムとなっています。

 

–Javaのコード–

import java.util.*;

import java.lang.*;

import java.io.*;

 

class Test

{

public static void main (String[] args){

for(int i = 0; i < 10; i++){

System.out.println(“Count” + i);

}

}

}

 

–C言語のコード–

#include <stdio.h>

 

int main(void) {

for(int i = 0; i < 10; i++){

printf(“Count%d\n”, i);

}

 

return 0;

}

 

両方を見比べるとC言語のほうがコードが短いこと、また似たような書き方をしている部分もあるのが見てとれます。細かい解説は今回は省略しますが何となくわかるのではないでしょうか?実際にC言語をある程度習得している人であればJavaへの移行は比較的スムーズに行えます。

 

Javaはオブジェクト指向であること

 

 

JavaとC言語の違いの最も大きな部分がオブジェクト指向であるかないかです。Javaはオブジェクト指向であり、C言語はそうでないと覚えておくといいでしょう。それではオブジェクト指向とは何か?を簡単にではありますが説明します。

オブジェクト指向とはモノに着目しそのモノの操作や属性を抽出してコーディングすることを指します。操作とは振る舞い(実際の行動)を指し、属性は持っている情報と考えると比較的わかりやすいのではないでしょうか。

例えば銀行の処理をプログラミングで表したいとします。銀行の操作はお金を引き出すこと、預けることがあり、属性は顧客データなどがあります。顧客データを元にお金を引き出すことができるのかなどをコーディングします。

少し難しい話になりましたが他にもカプセル化や継承、ポリモーフィズムという概念がオブジェクト指向にあり、C言語よりもより複雑な考えをしなければならないことは明白です。

 

Geekly Media ライター

geekly

0

『クラウドファンディング』のメリット・デメリットを徹底解説!その種類から注意点まで幅広く解説します。

『クラウドファンディング』という言葉を耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?新しいガジェットを手に入れる時に『クラウドファンディングで最速で資金調達のあの商品!!』という触れ込みを目にしたり芸能人が新しいイベントを開催する時『クラウドファンディングで資金を調達』というニュースを見る事も増えてきたクラウドファンディングについて解説していきます。

 

クラウドファンディングとは?

 

 

クラウドファンディングという言葉は大衆、群集という意味のクラウドと資金を調達するという意味のファンディングという言葉を合わせたものです。

要するにクラウドファンディングとは銀行や企業の力を借りなくても個人が大多数の人々から資金を調達出来る方式の事を指します。

私達が良く目にするクラウドファンディングには提供した資金に対してのモノやサービスでのリターンが保証されているものが多いですがその他にもクラウドファンディングには幾つかの種類がありますのでこれから解説していきます。

 

クラウドファンディングの種類は?

 

 

色々な人々から資金を調達する事の出来るクラウドファンディングには大きく分けて5つの種類があります。

 

購入型

 

商品を作りたい企業やサービスやイベントをしたい団体や個人が資金提供を募るクラウドファンディングを購入型のクラウドファンディングと呼ばれます。

集めた資金で作成した商品やイベントの記念品等やサービスを資金提供した側がリターンとして受け取れる場合が主流です。

 

寄付型

 

世間一般で言われる寄付もクラウドファンディングの一つとして扱われる事もあります。

寄付型の場合には商品やサービスのリターンがない場合がほとんどです。災害の際に自治体への寄付や社会の問題や課題を解決する為に行動しているNPO法人や学校法人への寄付をするクラウドファンディングです。

 

株式型

 

株を購入する事で企業に投資し企業側はその資金で新たな商品やサービスを展開するクラウドファンディングを株式型と呼びます。

株式型のクラウドファンディングはベンチャー企業に対して行う事も多く、株を購入したベンチャー企業の事業が成功しクラウドファンディング時に買った株を売却したものがリターンになります。

 

貸付型

 

資金調達をしている企業や個人に対して主に投資家等が資金をクラウドファンディングを通して貸付する事を貸付型のクラウドファンディングと呼びます。

貸付型のクラウドファンディングに対するリターンは資金提供にしてくれた投資家に対しての金利になります。

 

ファンド型

 

事業やビジネスのプロジェクトに対し投資をするクラウドファンディングをファンド型のクラウドファンディングと呼びます。

プロジェクトや事業が実現した際の商品やサービスまたは売り上げの配当を与えられるのがファンド型のクラウドファンディングのリターンになります。

 

日本国内の主要なクラウドファンディングをご紹介

 

 

現在日本国内で主流になっているクラウドファンディングのサービスの中でも有名なサービスを紹介いたします。

 

CAMPFIRE

 

日本国内でも最大の支援額や支援者の数、そしてプロジェクトが成立した数が最も多いクラウドファンディングがCAMPFIRE(キャンプファイヤー)です。

2011年から開始しており日本でも老舗のクラウドファンディングです。連続企業家としても有名な家入一真氏が代表を務めています。

CAMPFIREは個人間でアイデアを実現するために今までより簡単な形で資金提供をアプリでも決済出来るpolca(ポルカ)を立ち上げたり、地域特化型でのクラウドファンディングサービスFAVVO(ファーボ)の事業を行っています。

polcaやFAVVO以外にも複数のクラウドファンディングサービスを展開しているCAMPFIREはこれからも日本国内のクラウドファンディング業界を牽引していく存在と言えます。

 

Makuake

 

サイバーエージェントグループが行っているMakuakeも日本国内では最大手のクラウドファンディングです。

新しいガジェットやモノ、そして芸能人、有名人の参加も多いのがMakuakeの特徴です。

サイバーエージェントグループの力を活かした宣伝等もMakuakeの魅力の一つです。

この他にも日本では先駆け的存在のReadyforや世界最大手のkickstarterも日本でサービスを開始しており日本でのクラウドファンディングは身近なものになり盛り上がりも見せてきています。

これから利用する人も増えてくるであろうクラウドファンディングのメリットを紹介していきます。

 

Geekly Media ライター

0

転職活動は離職後?在職中?それぞれのメリットデメリットを徹底解説します!

転職活動を始めようと思った時、離職後であるかであるかという立場に分かれます。転職をする際にはどちらの立場が有利であるかを考慮したり、あるいは転職を急がなければならない理由を持つ人も少なくないでしょう。そこで今回は、転職活動を行うタイミングについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

転職活動とは

 

 

転職活動とは、職場を変える、あるいは職種そのものを変える活動です。

おそらく多くの人は、職種そのものを変化させるよりも職場を変えるという人の方が多いでしょう。

その際には、同職種の企業へアプローチかけますが、書類選考を通過して面接を受ける際に、離職後であるかであるかが影響すると思う人もいます。

 

しかし、転職は必ずしも現在の職場が嫌で転職をしている人ばかりではないですし、キャリアを積むために様々な企業へ転職する人もいます。

ですので、中途採用をしている企業が離職後であるかであるかを基準にして採用の判断はおこないません

 

転職は決して後ろめたいことではありませんので、離職後でもでも堂々としていていいのです。

 

ただし、活動をする本人にとっては離職後であるかあるいはであるかで、転職活動のメリットデとメリットがありますので、それらを意識した上で計画を立ててみましょう。

 

離職後の転職活動

 

まずは、離職後に転職活動をするメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

メリット

 

 

離職後に転職活動を行うメリットは、下記のようなものです。

 

・活動スケジュールを自由に立てることができる

・その他の事に気を使わなくて良い

 

離職後の転職活動は、とにかくその他に気を配る事なく活動に集中できます。

 

一日にできる限り面接の予定を立てられますし、あるいは転職専門エージェントとの打ち合わせもいくつか同日にこなせます。

また、活動に集中する日と、しっかりと休む日を自由にスケジューリングができるのです。

 

とにかくしっかりと次の職場を探したい場合には、離職後に活動をするのが正解ですが、それにはデメリットを克服するための準備も必要です。

 

デメリット

 

 

離職後に転職活動を行うデメリットには以下のようなものです。

 

・経済的な余裕を確保する必要がある

・離職から活動開始までの期間をしっかりと意識する必要がある

 

離職後に転職活動を行う場合に、すぐに直面するデメリットが経済面です。

 

離職してしまえば当然給与がありません。ですので、次の就職までにあまりにも時間をかけてしまうと生活が困難になってしまいます。

更に、離職から長い期間が空いてしまうと、就業していない空白の期間ができてしまいます。面接時には、この空白期間の行動などを聞かれますので、あまりにも長い期間何もしていない場合、あまり印象は良くないでしょう。

 

また、期間が空いてしまうと転職や働くことへの意欲が失われてしまう可能性もあります。

経済的な余裕があれば良いのですが、何もしていない期間が長い程、あらゆる面でデメリットに繋がりますので注意が必要です。

 

離職後に転職活動をする場合には、これらのデメリットをあらかじめ認識し、準備をしておきましょう。

例えば経済面で言えば、3ヶ月の就職活動期間(給与がもらえない期間)を想定しておくと余裕がでてきますね。

そして、就職活動期間を3ヶ月などとリミットを決めておけば、集中して活動を行えますので、空白の期間をダラダラと伸ばしてしまうことも防げます。

 

在職中の転職活動

 

次に、在職中の転職活動におけるメリットとデメリットを確認しましょう。

 

メリット

 

 

在職中に転職活動を行えば、次のようなメリットがあります。

 

・経済面に対する不安がない

・転職を焦る必要がない

 

在職中の転職活動におけるメリットでは、なにより経済面の心配がないことが挙げられます。毎月の給与がある状態で、より良い転職先を探すことは心に余裕を持って活動ができるのです。

 

更なるキャリアアップのための転職でも、収入アップのための転職でも、経済面の心配をしながら活動をするとどうしても焦ってしまうものです。しかし、在職中であれば根本的な心配をせずに活動に集中できます。

また、失業中であるという焦りもなくなります。例えば失業中であれば、世間体からの後ろめたさから転職を焦ってしまい、就職が決まらない期間が続くと納得していないのに“採用されたところ”に就職してしまうということも起こり得ます。

 

このような失敗を避けるためには”転職に対する焦り“を持たないことです。であるという心の余裕は、このような失敗を避けられます。

 

Geekly Media ライター

佐久森

0

【転職】気になる研修の種類を徹底解説!気になるあの企業にはどの研修がありますか?!

会社によっては、入社して間もない社員に対して研修を行うことがあります。いずれもこれからの業務において、必要な知識などを学ぶためには必要なことです。しかし実は、同じ研修でも会社や仕事内容によって種類が変わっているのです。今回は意外にも知られていない研修の種類と、それぞれの特徴について解説していきます。

 

意外と知らない研修の基礎

 

研修という言葉の意味

 

 

研修と聞くと、多くの人は新入社員を対象に行われるという印象を持っているはずです。転職の際に未経験者歓迎と書かれている仕事の多くは、充実した研修が用意されています。しかし、研修というのは決して新入社員に対して行われるものではありません。実は入社から1年以上経過している社員に対しても行われています。

 

研修という言葉の本来の意味は、知識や技術を研ぎ修めるという意味です。実際にエンジニアの新入社員向けの研修は、仕事をする上で欠かせないプログラミングの知識が中心となっています。このように、研修というのは仕事で必要な知識などを身につける場でもあります。しかし同時に、これから仕事をする上で必要となるスキルを磨く修行の期間でもあります。

 

研修は大きく2種類に分かれる

 

研修といっても、企業や業種によって様々なものがあります。また、同じ業種でも企業の目的によっては、独自の研修を行っている企業もあります。基本的に研修は2種類に分かれています。一つは役職ごとの研修、そしてもう一つは目的別の研修です。

 

役職ごとの研修は、その役職の仕事をする上で必要となるスキルを身につけるための研修です。立場が異なれば必要となるスキルは異なってきます。そして目的別の研修というのは、その名の通り仕事をする上で欠かせない知識やスキルを身につける研修です。これは役職に関係なく、その分野の仕事をする人は役職などに関係なく必ず受ける研修となっています。

 

若手社員向けの研修

 

研修は多くの企業で行われています。もちろん研修の中身は仕事内容によって様々ありますが、若手社員や新入社員に一番教えたいことはどの企業も一緒です。ここではそんな入社して間もない若手社員向けの研修をいくつか紹介します。

 

マナー研修

 

 

仕事といっても、その種類は様々です。デスクワークを中心とした仕事もあれば、工場での仕事がメインとなる仕事もあります。しかし、たとえ仕事の内容や種類が異なるとはいえ、社会人としてのマナーは共通しています。マナー研修というのは、社会人として知っておくべきマナーを学ぶ研修です。ほとんどの会社では新入社員向けに行われている研修です。

 

会社によってはマナー講師を招いたり、自社の社員が教えているところもありますが、基本的にはマナー講習会という形で会社が費用を負担して参加させていることが多いです。名刺交換の仕方挨拶の仕方、そしてお辞儀の角度などが主な内容となっています。

 

キャリア研修

 

 

研修というのは新入社員のためのものではありません。入社して1年以上経った若手の社員も受けます。とはいえ、先程紹介したマナー研修ではありません。若手の社員が受ける研修として、キャリア研修というものがあります。

 

入社してからある程度経過すると、仕事内容や作業の流れが身に付いてきます。しかし同時に、自分はなぜこの仕事をしているのだろう、何のための今ここで働いているのだろう、という思いが強くなります。キャリア研修というのは、そのような思いに対して自分自身を見つめ直したり、今後の人生においてどのような技術を身につけるべきなのかを考える研修です。キャリアデザインも、実はこのキャリア研修の一つなのです。

 

研修を受けるのは若手だけではない

 

研修は若手社員を対象に行われているもの、そう考えていませんか。実はそうでもありません。最近では実績や経験が備わっている中堅社員に対しても研修が行われています。では中堅社員が受ける研修はどのようなものか、ここではその一部を紹介します。

 

OJTトレーナー研修

 

 

新入社員に対して行われる研修の中には、より実践的な内容を教える研修もあります。そしてその実践的な内容を教えるための教え方もまた、いくつかの方法があります。その中でも今最も主流となっているのが、OJTという実際の仕事環境で実践的なことを学ぶ研修方法です。そしてそのOJTをするにあたり、中堅社員を対象に行われるのがOJTトレーナー研修というものです。

 

簡単に言うと、トレーナーをする上で知っておきたい知識を学習する研修です。実践的なことを教えるとはいえ、わかりやすく教えなければ意味がありません。そこでどういう教え方をしたらわかりやすいか、そしてOJTトレーナーとしてどのように振る舞えば良いのか、ということをこの研修で学びます。

 

フォロワーシップ研修

 

中堅社員となると新入社員に仕事を教えることも増えてきますが、場合によってはリーダーや上司をサポートする役割も増えてきます。そのサポートの仕方などを学ぶ研修が、フォロワーシップ研修というものです。

 

上司の指示で作業したり、チームで開発などをする場面では当然上司やリーダーが指揮をとります。とはいえ上司やリーダーも同じ人間です。当然間違えたりすることもあります。そんなときこそ中堅社員がしっかりと修正したりなど、上司やリーダーをサポートしていく必要があるのです。

 

管理職も実は研修を受ける?

 

管理職になるには、ある程度仕事で実績を上げる必要があります。しかし管理職という使命を全うするには、今までの仕事での実績だけでは足りません。もちろん仕事でのスキルや知識も必要になりますが、その他にも必要なスキルが増えてきます。そんな管理職のための研修をここでは紹介していきます。

Geekly Media ライター

どーばー

0

ストレージエンジニアってどんな職種?職務内容からキャリアパス、求められるスキルまで徹底解説!

皆さんはストレージエンジニアという職種を聞いたことはありませんか。言葉では聞いたことがあるという人も少なくありませんが、どのような仕事をしているのかについてはあまり知られていません。しかし、密かに私達の生活を支えているのです。今回はそんな謎に包まれたストレージエンジニアという職種について解説します。

 

ストレージエンジニアってどんな仕事?

 

インフラエンジニアの一つ

 

 

エンジニアといっても、その種類は様々あります。特にITの世界では多くの種類のエンジニアが存在します。多くの人が考えるITのエンジニアといえば、システムやWebを制作する、いわばフロントエンドエンジニアです。しかし彼らだけではITの世界を支えることはできません。そこで今注目を浴びているのが、ストレージエンジニアです。

 

ストレージエンジニアはインフラエンジニアの一つであり、その名の通りストレージ管理に特化したエンジニアです。システムを動かしたりWebサイトを多くの人に公開するには、インフラ整備が重要です。そのインフラ整備において最も重要なものがデータベースです。ストレージエンジニアは、そのデータベースの構築から保守管理までを担います。

 

なぜストレージエンジニアって必要?

 

ストレージと聞くと、多くの人はスマートフォンのストレージを思い浮かべるはずです。スマートフォンのストレージは個人で管理することができますが、これが企業の経営や業務に関する大量のデータや、社会に大きな影響を与える膨大な量のストレージ管理となると、どうしても一人では管理することができません

 

ストレージエンジニアはその膨大な量のデータを管理し、必要なときに効率よくデータの出し入れができるように維持するのが大きな役割です。仕事などでほしいデータをすぐに出し入れすることができたり、必要な情報をすぐに手に入れることができるのは、ストレージエンジニアのおかげなのです。

 

ストレージエンジニアの仕事内容

 

データの管理や保守

 

 

ストレージエンジニアの仕事として最も大きいのは、データの管理や保守です。ITがこれだけ浸透している現在、データというのはかなり重要なものです。扱い方によっては重大な問題に発展することもあります。そのようなデータも含めて、適切に管理したり保守していくのが主な役割です。

 

エンジニアというと、何かを開発したりなどの生み出す職業だというイメージを持つ人が居ますが、ストレージエンジニアは生み出すというよりは、生まれたものの面倒を見ることがメインとなります。エンジニアらしくないと感じる人も多いかもしれませんが、このような仕事によって私達の生活は支えられているのです。

 

データベースの構築

 

 

ストレージエンジニアの仕事はデータの管理保守だけではありません。そのデータを扱いやすくするための環境を構築することも、ストレージエンジニアの大事な仕事です。きちんとした環境を構築することができれば、データの管理保守もかなり楽なものになります。

 

先程も少し述べましたが、データというのは保管するばかりではありません。必要なときに必要なものを出し入れして初めて役に立ちます。環境が整っていれば保守管理も楽になりますが、何よりも必要なデータを迅速に提供することができます。

 

ストレージエンジニアとビッグデータ

 

ビッグデータって何?

 

 

なぜストレージエンジニアがこれほど注目されるようになったのか、それはあるものが注目されているためです。そのあるものというのが、ビッグデータです。その名の通り非常に膨大な量のデータのことですが、実は今の生活においてビッグデータはかなり重要なものです。

 

鉄道の運行管理を例に説明します。例えばあるアーティストがコンサートを行うことになり、その会場の近くにある駅が多くのファンで混雑するとします。当然普段通りの運行スケジュールだと定時運行に支障をきたしてしまいます。そこで登場するのがビッグデータです。ビッグデータを用いてコンサートの動員数を元に運行スケジュールを管理することで、より利便性が向上するのです。そして定時運行に支障をきたしてしまうことを防ぐこともできます。

 

ビッグデータは誰が管理する?

 

ではそのビッグデータは一体誰が管理するのか、ということになります。そこで登場するのがストレージエンジニアです。膨大な量のデータを管理し、必要なときに必要な情報を提供したり保管できるようにするには、ストレージエンジニアの存在は必要不可欠です。

 

一見何の関係もないように見えるデータも、実は深く関係しているということはよくあります。特にビッグデータが注目されている現在、必要としている企業に効率よくデータを提供することができるのはかなり大切です。

 

ストレージエンジニアに必要なスキル

 

データベースのスキルは必須

 

データを管理するだけなら誰でもできるのではないか、そう考えていませんか。だからといって明日もじゃんけんで負けてしまうことはありませんが、ストレージエンジニアに必要なスキルというのはかなり多く、そして複雑で難しいものばかりです。最低限データベースのスキルは身につけておきましょう。

 

特に正規化のスキルは重要であり、第3正規化までは最低限できるようにしましょう。その他にもデータベースに関する知識は必須となるため、もしもストレージエンジニアを志望しているのであれば、まずはデータベースをマスターしましょう。

 

ネットワークやサーバーの知識も必要

 

 

ストレージエンジニアに必要なスキルとしてデータベースを上げましたが、最近のストレージエンジニアはデータベースのスキルだけでは足りません。ネットワークサーバーの知識も必要になっています。

 

ITの世界ではここ最近仮想化が進んでおり、その仮想化を支えているのも実はストレージエンジニアです。仮想化技術を支えるストレージエンジニアの場合、データベースのスキルはもちろん、ネットワークやサーバーの知識やスキルがなければ仕事になりません。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

【あなたは知っていますか?】「職業安定法改正」について徹底解説!そもそも職業安定法って何?

日本には様々な法律が存在しており、中には就業に関する法律も多くあります。その一つである職業安定法がここ最近改正されたことをご存知でしょうか。中には職業安定法そのものを知らないという人も多いはずです。今回は職業安定法とはどういうものか、そしてどの部分が改正されたかについて解説していきます。

 

職業安定法って何?

 

職業の安定と経済の発展に貢献するための法律

 

 

日本には様々な法律があります。法律というのは憲法に記された国民が持つ権利や義務を元に作られたものが多いです。職業安定法というのは、日本国憲法に記されている働く権利に基づいた法律です。国民一人ひとりが能力に合う安定した職業に就き、同時に企業や職業安定所などでも求職者に合った職を紹介したりするための法律が書かれています。

 

刑法や民法などは聞いたことがあるものの、職業安定法という言葉はあまり知られていません。それ故に現在求職詐欺を始め、職を求めている求職者が不利な結果になるという状況が増えています。そんな職業安定法がここ最近改正されました。具体的な内容については後ほど改めて解説します。

 

他の労働に関する法律とセット

 

憲法で言われている労働の権利や労働の義務に関する法律というのは、職業安定法以外にも様々あります。その中でも中心的な法律が職業安定法です。そしてその職業安定法の他にもいくつか労働に関する法律があり、それらとセットで扱われることが多いです。

 

元々は職業安定法という法律とセットで雇用対策法という法律がありました。しかし昨年の7月に、政府の働き方改革により、雇用対策法の内容が大幅に変わりました。そして現在は働き方改革を推進するための法整備に関する法律という、少々長い名前に変わっています。

 

今回の改正の背景にあるもの

 

多様化する働き方

 

 

今回なぜ職業安定法が改正されたのか、ということについてまずは解説していきます。ここ最近は働き方という根本的な部分で大きく変わりました。従来のような正社員という働き方や派遣労働に加え、フリーランスという新しい働き方が出てきました。

 

このように時代の流れとともに様々な働き方が生まれ、私達にとっても多様な働き方をすることが可能となりました。しかしその一方で、多様化する働き方とともに求職者が損をしてしまうという事例も増えてきました。

 

求人詐欺の横行と電通の件

 

 

今回の改正のきっかけにもなった電通社員の長時間労働。この一件で政府は雇用に関する部分の抜本的改革に本腰を入れ始めました。政府が本腰を入れて働き方改革を進める一方、長時間労働をしている企業がどんどん出てきました。

 

企業による長時間労働が問題となる一方、新しい働き方であるフリーランスにも問題が出ています。フリーランスの場合は個人と企業が直接やり取りすることが多いのですが、その際に不利な条件を言い渡されたり、挙げ句の果には案件そのものが詐欺だという、いわゆる求人詐欺が増えてきました。このようにニュースでは電通の話題しか当時は取り上げませんでしたが、その裏ではさらに悪質なことが横行していたのです。

 

職業安定法のポイント

 

労働条件の明示範囲の拡大

 

 

職業安定法とはどういうものか、そして今回なぜその法律が改正されたのかという部分を知った上で、今回の職業安定法改正でどの部分が変わったのかということについて解説していきます。今回の改正で最も変わった部分は、ずばり労働条件の明示範囲です。

 

今回の法改正では、従来の給料や会社名などの基本的な情報の他に、労働時間残業及び時間外労働の有無試用期間の他にも募集者の氏名などの明記も義務化されました。ではこの改正によって、企業はどのように対応することになるのでしょうか。

 

企業は労働条件を明確にしなければいけない

 

労働条件で最低限記載しなければいけないことが増えたということは、それだけ企業はより詳しい労働条件を書かなければいけないということになります。人を雇うとはいえ、その企業で働く社員にもそれぞれの人生があります。労働の義務があるとはいえ、社員一人ひとりに家族はいます。だからこそ企業の情報や業務状況はできる限り労働条件に記載しなければいけない、ということが今回の改正の大きな目的です。

 

求職者といっても、決して全ての人が収入メインで企業を選んでいるわけではありません。中には自分の時間を確保することができる環境を求めていたり、自由なライフスタイルを送ることができる環境を重視しているという人も居ます。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

【徹底比較!】ソーシャルメディア vs SNS!そもそも、2つは違うもの?目的と特性をしっかり見極めよう!

ソーシャルメディアとSNS、どちらも似たような言葉ではありますが、実は別物であることをご存知でしょうか。多くの人は同じものだと考える両者ですが、その特性や目的はまったく異なっています。今回は、普段SNSを利用している多くの日本人が知らないソーシャルメディアとSNSの違いを徹底比較していきます。

 

ソーシャルメディアとSNSの驚愕事実

 

ソーシャルメディア=SNSではない?!

 

 

時代の流れによって、情報発信の手段は多様化しています。今では誰もが手軽に情報発信をすることができます。そんな情報発信のツールとして多く用いられているのがソーシャルメディアです。多くの日本人はソーシャルメディアとSNSは同じものだと考える人が多いですが、実は全く異なります。

 

ソーシャルメディアというのは、いわば新しいメディアのあり方なのです。メディアと聞くとテレビや雑誌などをイメージする人が多いですが、ソーシャルメディアはインターネットを駆使し、人同士の情報流通を元としたメディアです。つまりソーシャルメディアというのは、れっきとしたメディアの一つなのです。

 

SNS=ソーシャルメディアの一つ?

 

ではSNSとはどういうものでしょうか。ソーシャルメディアと似たような言葉ではありますが、ソーシャルメディアとはどう違うのでしょうか。ソーシャルメディアの場合は人同士の情報流通が元となっていますが、そこには社会性というものが含まれています。そしていくつも存在するソーシャルメディアのうちの一つがSNSなのです。

 

ソーシャルメディアとSNSは一見似た言葉ではありますが、実際はソーシャルメディアと呼ばれるものの一つに過ぎないのです。ではソーシャルメディアとSNSは本来どのようなものか、次の部分で説明していきます。

 

ソーシャルメディアとSNSについて知ろう

 

ソーシャルメディアって何?

 

 

先程少し触れたように、ソーシャルメディアというのは新しいメディアのあり方です。時代とともにソーシャルメディアというのも進化しており、現在では様々な形のソーシャルメディアが存在します。代表的なものとしてYahoo知恵袋や価格比較サイトでお馴染みの価格ドットコム、そして日本ではSNSとされているツイッターフェイスブックも、実は世界的に見るとソーシャルメディアの仲間なのです。

 

一口にソーシャルメディアといってもその大まかな種類は4種類あり、それぞれユニークな特徴があります。Yahoo知恵袋のようなものはQ&Aホームページといい、ツイッターが誕生する前にブームとなっていたmixiは、コミュニティ型ソーシャルメディアといいます。

 

SNSってどんなもの?

 

 

一方SNSはどのようなものなのでしょうか。SNSというのはソーシャルメディアの一つだと先程説明しましたが、その中でも個人間のコミュニケーションに重点をおいたものなのです。SkypeLINEのようなトークアプリが、実はSNSと呼ばれるものなのです。

 

ソーシャルメディアもSNSと同様、人とのコミュニケーションを容易にとることができます。しかしソーシャルメディアの場合はその人同士のやり取りがどうしてもオープンになってしまいます。そこでクローズドな交流をするためのサービスが作られ、そしていつしかSNSというサービスとして私達の前に登場しました。ソーシャルメディアはオープンな印象が強いですが、SNSは対照的にクローズドな印象が強いものです。

 

ソーシャルメディアとSNSの目的の違い

 

ソーシャルメディアは情報発信がメイン

 

 

ここ最近ブロガーやYoutuberになる人が増えています。その人口は年々上昇し、特に最近では小学生のうちからYoutuberを目指すという子供が増加しています。ブログYoutubeも実はソーシャルメディアの一つであり、それらを使って発信することはまさにメディアそのものです。

 

ブログやYoutubeは情報発信の方法が大きく異なりますが、いずれも共通していることがあります。それは気軽に自分のことを発信することができ、更には共感してくれる人を見つけやすいことです。テレビの場合だとなかなか画面の向こうにファンがいることを実感しにくいですが、ソーシャルメディアの場合は高評価ボタンやコメントなどがあります。自分の考えや好きなことに対して共感してくれる人がすぐにわかる、ファンとの距離がかなり近いものになる、これこそがソーシャルメディアの特徴なのです。

 

SNSはコミュニケーションが目的

 

 

現在の社会で多くの人が友人と連絡する手段として、LINEを挙げる人が多いはずです。最近では企業の面接でSkypeを用いている企業も徐々に増えています。SNSもまた、人々の生活や社会そのものを大きく変えているものです。

 

携帯電話が普及した当時はメールが主流でしたが、それよりも前は電話が主流であり、更に昔になると手紙が主流でした。特に企業の面接に関しては、遠方に住んでいたとしてもその企業のある場所に行かなければ行けない状況でした。SNSの普及によって、人とのコミュニケーションが活発になったことはもちろん、企業の面接のあり方も大きく変えたのです。

 

ソーシャルメディアとSNSはなぜ混同する?

 

SNSにメディアの要素が加わった

 

最初の部分でSNSとソーシャルメディアは似ているようで全く違うことを述べました。ではなぜ多くの人がSNSとソーシャルメディアを混同してしまうのでしょうか。それは、SNSの機能にソーシャルメディアの要素が加わったためです。

 

今ではSNSの代名詞の一つと言われているLINE。そのLINEも最初は友人同士のコミュニケーションに重点をおいていました。しかし時代とともにタイムラインという機能が追加されました。このタイムライン機能の追加が、SNSとソーシャルメディアを混同してしまうきっかけとなったのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

【知っておきたい!】在留資格更新のやり方を徹底解説!必要書類から手続きの期間、費用など幅広くご紹介します。

今、日本には外国人労働者が増えています。外国人労働者は日本国内に入る場合、まずは現地でビザ(査証)を取得し、日本国内で働くための在留資格を取得して就労します。そして、長く日本で働く外国人労働者は在留資格の更新が必要です。そこで今回は、ビザと在留資格の違いを確認しながら、在留資格の更新の手続きについて幅広く紹介します。

 

ビザ(査証)と在留資格の違い

 

海外への旅行や、留学する際には「ビザ」が必要であることは皆さんがご存知の通りです。

しかし「ビザ」という呼称は、現在幅広い意味で使われており、厳密に定義される「ビザ」の意味も曖昧に捉えられているのが現状です。

海外に在留する時、あるいは外国人が日本国内に在留する時には、「ビザ」を持っているだけでは活動することができません

海外で何かしらの活動(旅行や留学、就業を含める)を行うには、「在留資格」が必要です。

ですので、基本的には「ビザ」と「在留資格」はセットで捉えられています。まずは、「ビザ」と「在留資格」の違いを確認しておきましょう。

 

ビザとは

 

 

「ビザ」は日本語で「査証」と言います。「ビザ」は、在外公館で発行されますので、外国へ入国する際には必ず「ビザ」を持っている状態となります。

「ビザ」の役割は、その国に入国しても問題がないことを証明する資格書類であり、いわゆる推薦状です。パスポートが有効であることや、各国の入国ルールに反してないことを証明します。

パスポートの期限が切れておらず、入国後に観光をしても問題のない人物であることを、入国時に証明するのが「ビザ」です。

あくまでも“入国を認めるだけの書類”ですので、入国後の活動を許可するものではありません。入国後の活動を許可するものは「在留資格」という認定証明書です。

 

在留資格とは

 

 

「在留資格」とは、「在留資格認定証明書」のことを指します。外国人が日本において活動する、あるいは日本人が外国において活動する際に必要な証書です。これは「ビザ」とは別に考えなければなりません

在留資格は入った国でおこなう活動のレベルによって取得する種類が決められており、例えば留学と労働では在留資格の種類が違います。

留学目的の在留資格だけを取得していても、その国で働くことはできません。

私たちが職場で共に働く外国人労働者は、必ず“就労をしても良い”という「在留資格」を取得しています。

外国人労働者は、「在留資格」を取得することで、日本国内において報酬を得る活動を行なうことができるのです。

しかし、この在留資格にはそれぞれ期限があり、一度取得しても一定の期間が過ぎる前に更新を行わなければなりません

更新に関しては“ビザの更新”と呼んでいますが、正確に表現すると「在留資格の更新」となります。

 

不法就労

 

 

在留資格を更新せずに報酬を得る活動を続けると「不法就労」として法律違反となり、強制的に退去させられるなどの罰則があります。

これは、本人が気をつけなければならないことですが、在留資格の期限が切れているか否かは、外国人労働者を雇用する企業にも責任がありますので、注意が必要です。

万が一不法就労者を雇用してしまった場合には「不法就労助長罪」などの罪で、「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」に処せられます。

 

在留資格の種類

 

ここではまず、在留資格の種類を確認しておきましょう。

外国人労働者が日本国内で就労するために必要な在留資格には大きく分けて28種類ありますので、その一部を紹介します。

 

・外交:日本国政府が接受する外国政府の外交使節団など

・公用:日本国政府の承認した外国政府や国際機関の公務に従事する者など

・教授:大学などの機関や高等専門学校においての研究や指導教育をする者

・芸術:収入を伴う音楽や美術などの活動を行う者

・宗教:外国の宗教団体により派遣された宗教家など

・報道:外国の報道機関との契約で取材などの活動を行う者

・高度専門職:高度の専門的な能力を持つ人材として法務省令で定た基準に適合する者など

・経営、管理:貿易や事業の経営を行う者など

・技術、人文知識、国際業務:機械工学などの技術者、通訳、デザイナーなど

・技能:外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機操縦者など

・技術実習:技能実習生

・留学:大学、短期大学、高等専門学校、中学校および小学校などの学生および生徒

 

それぞれの在留資格では、活動の範囲が制限されています。例えば「技術」の在留資格を持つ外国人労働者が、「技能」の在留資格が必要な飲食店での就労は認められないのです。

日本国内でIT企業に就労する外国人労働者については「技術」の資格を取得している場合がほとんどです。

「技術」の在留資格では、コンピューター技師や自動車設計技師などが許可されているからです。

 

就労活動に制限のない在留資格もある

 

 

細かく分類されている在留資格ですが、就労活動に制限が設けられていない以下4つの在留資格があります

 

・永住者

・日本人の配偶者等

・永住者の配偶者等

・定住者

 

例えば「技術」に関する在留資格が必要な職種でも、「技能」の在留資格が必要な職種でも、制限なく就労することができます。

 

 

Geekly Media ライター

佐久森

0