アイキャッチ画像-地球を視る人

【徹底比較】組織構造とは?3種類の解説とそれら違いを比較!

組織構造の代表的な3種類についてそれぞれの意味と違いについて解説します。3種類の他にどのような組織構造があるかについても紹介します。日頃務めている会社がどの組織構造に分類されるのかこの記事を読めば分かります!各組織構造のメリットとデメリットについて紹介し、デメリット要因に関しては軽減のメソッドまで徹底解説します。それぞれの違いを把握することで企業の仕組みが見えてきます!

 

組織の種類

 

3種類の組織構造とは?

 

イメージ画像-いろいろな人

 

企業の組織構造とは、企業内の業務や、その責任、権限の仕組を表すものになります。様々な組織構造が存在しますが、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

組織構造の種類は「機能別」「事業部制」「チーム型」の3つが代表的な物として挙げられます。3種類以外にも、さらにいくつか挙げることができますが、今回はこの3種類を軸にして組織構造について徹底解説していきます。

 

3つの組織構造の説明

 

機能別

 

イメージ画像-プレゼンしている人

 

機能別組織とは業務の内容で分けて業務を遂行する形式をとる特化型のビジネススタイルと言えます。多くの企業は、この機能別組織構造をしています。

車を扱う会社を例をあげると、「営業」「販売」「製造」といったような業務が存在します。機能別組織とは業務別に能力を持ったチームを編成する組織の事です。

特定の業務に特化しているため、その分野では能力を発揮しやすく業績を上げることが可能です。

企業が大きくなるにつれて業績が上がるというメリットはありますが、同時にデメリットも増えてきます。

デメリットとしては、企業が大きくなるにつれて意思決定に時間がかかる点です。機能別組織の場合、事業の方向性や意思決定は上層部が決定します。そのため判断を下す必要があるときには機能毎の上層部と企業全体の上層部が話し合う必要があります。つまり、企業が大きいほど、その規模が大きくなるため意思決定に時間がかかってしまいます。

こういった理由から、現場で迅速に対応したい時、上層部の許可が降りなければプロジェクトや事業の進行に時間がかってしまいます

柔軟かつ臨機応変に対応できずにプロジェクトや事業の参入タイミングを見逃すといったマイナス面が発生してきます。

機能別組織は大きく業績に繋がりやすいが、大きな企業に成長した際、上層部の判断でしか動けないことにより、業績低下のリスクも予測されます。

 

事業部制

 

イメージ画像-図解します

 

事業部制組織とは各事業で部署を分けることにより、上層部での意思決定を待たずとも各部門での意思決定が可能であるため、業務を迅速に進める事が出来ます。トップに縛られない構造となっています。

家電メーカーで例えると「エアコン部門」「コーヒーメーカー部門」「ドライヤー部門」と言う形で部署を分ける組織構造です

この場合は上層部に許可を取ることなく各部門で1つのまとまった内容の仕事が行えるため、判断をする際に全て上層部と話し合う必要がありません。そのため、迅速な対応が可能になり、ビジネスチャンスを逃す事はありません

意思決定の判断は迅速に行うことが可能ですが、販売部と制作部などが重複してしまうデメリットがあります。また、軸となる考え方が全体の作業バランスの管理が優先されがちなため、専門性が低い傾向にあります。

事業部制組織の場合、買収などでトップが代わり蓄積した経験が無くても部署ごとに独立して判断ができるため、経営破綻しにくい組織づくりとなってきます。

つまり、トップが変わったとしても働き方を変えずにビジネスを継続していくことができるため、買収されても対応しやすい構造になっています

部署ごとにすべての業務が完結する用になっているため、1つの部署では一括の製品をはじめから終わりまで担当する事ができます

イメージで言うと会社の中に小さい会社がある様なイメージを持っていただければなお分かりやすくなります。

 

チーム型

 

イメージ画像-仕事できそうな人々

 

日本ではまだ少ない働き方ですが、海外ではプロジェクト事にチームを形成するといった働き方改革が進んでいます

プロジェクトチーム型はプロジェクトごとに違う職種の人を集め構造された短期構造型です。プロジェクトが終了するとチームを解散し、再度新たなプロジェクトを立ち上げる際に、新たな人材を集める手法を取り入れています。

この働き方では特化型の人が多く一人一人の能力が高いことが基本です。そのため、スピーディーかつクオリティーが高い仕事を完遂することが可能です。この組織は「プロジェクト・チーム」や「タスク・フォース」と呼ばれています。

基本的な3種類以外にもカンパニー制組織構造とマトリックス組織構造などが存在します。次にこの2つについて解説していきます。

 

カンパニー制組織構造

 

小さな会社

 

イメージ画像-色んなデバイスで表示

 

カンパニー制組織では、事業部制組織の特徴を強調したような仕組みになっており、完全に独立した事業形態として認識されます

事業部制組織の強調したと言いましたが、カンパニー制と事業部制の大きな違いは重要な意思決定を行う権限があるかないかです

つまり、事業部制組織には組織での大きく利益に直結する様な意思決定の権限がなく、上層部に問い合わせなければ組織内の最終決定ができません。一方、カンパニー制組織では組織での大きな権限を持つためそういった重要な判断が迫られた場合も即時に対応でき、事業部より自発的な意思決定が行なうことが可能です。

意思決定をする上で現場の状況で得たノウハウは必要な要素です。ビジネスで良い効果を生むためには、現場の決定権が重要になり、現場で働く人にとってもメリットがある構造です。

事業部制組織でも迅速に対応することが可能ですが、事業の意思決定は上層部に連絡しなければなりません。

決定権限を持つカンパニー制組織では、大きな決定ありきの迅速な対応が行えるメリットがあります。逆に判断を誤るというリスクもあり大きなデメリットになる場合もあります

 

マトリックス組織構造

 

機能別と事業制の双方を活かす

 

イメージ画像-会議風景

 

マトリックス組織の構造は機能別組織と事業部制組織を掛け合わせて構成された組織です。機能に特化したスキル面と迅速に対応できる事業部制のスピーディーさを掛け合わせたのがマトリックス組織です。双方の良い点を掛け合わせる事で結果的に効率が高まります。

機能別組織の考え方と事業部制組織の考え方を同時に持つことによりスピーディーで迅速に業務を行うことが可能です。

デメリットとしては機能別と事業部制の2つの組織の考え方があり、双方の考えで噛み合わない部分が確実に出てくる事が予測できます。その議論に時間をかけることで商品の品質にこだわる時間が減り、結果的に品質の低下に繋がる恐れもあります。

つまり、どちらの良さも始めは取り入れられるが徐々に時間や経験を積むことにより、それぞれの組織の考えで合わない部分が出てきてしまいます。結果として大きなリスクになることも想定できます。

そのため、大きなリスクを背負うことがないようにどちらかの組織の基準を高めに設定し、片方に大きな権限を持たせることにより、円滑に双方のメリットを効率よく調整することが可能です。

 

よりそうアイキャッチ

株式会社よりそう ~ライフエンディング業界にパラダイムシフトを起こす~

終活や葬儀などの領域を含む「ライフエンディング業界」をご存知でしょうか?よりそうは、そんなライフエンディング業界にアプローチした全国統一・明瞭価格の葬儀サービス「よりそうのお葬式」や、使用者数No.1の僧侶手配サービス「お坊さん便」などを提供しています。どのような組織なのか?また、どのような人が活躍して働いているのか?よりそうの内部に迫っていきたいと思います。

 

篠崎さんの写真

 

篠崎 新悟さん

前職では経営者を務めておりました。経営者として「不の解消」を推進できるフィールドはどこかという風に考えていた時に、このライフエンディングマーケットと出会い、今年の4月からよりそうにご入社されております。取締役COOを担当されております。

 

石井さんの写真

 

石井 旬さん

エンジニアとして自身のノウハウやスキルを活かして世の中の役に立てるフィールドを探していた際に、よりそうと出会い、ご入社されております。前職ではSIer、事業会社をご経験されており、よりそうではシステム部部長代理を担当されております。

 

ライフエンディング業界における よりそうの事業とは?

 

篠崎さんの写真

 

ライフエンディング業界のマーケットについて

 

本多

そもそもライフエンディング業界についてご存知ない方も多いと思います。御社が対象とするライフエンディング業界とは、どのようなマーケットなのでしょうか?

 

篠崎さん

葬儀に目を向けてみると、大手上位5社がマーケットで占めるシェアが1割を切っている状況です。いわゆるLocal to Localで、中小規模の企業様が中心のマーケットです。

中小規模の葬儀社様は、生産性を上げる投資ができなかったり、集客課題に直面しているという特徴があるので、全国対応というスケールメリットを活かした価値提供や、業界のサービスレベルを上げるための経営支援が課題として挙げられております。

一方でお客様側に目を向けると、この業界ならではの特徴ですが、身近な方がお亡くなりになった時、多くの場合、葬儀社さんを大至急探さなければならない状況になります。そんな時に「だれに何を頼めばいいのか」「どこに頼むのが一番いいのか」等を判断しづらい「情報の非対称性」が大きな問題としてありました。

以上のような課題や問題に対して、ご遺族の方と葬儀社の方の双方にメリットがある事業を展開しているのが、よりそうとなります。

 

石井さん

今篠崎が申し上げた通りですが、この業界自体が地場に根付いた産業です。古くからの業態ですので、関わっている方々も年配の方が多く、それこそPC操作に不慣れな方や、メールやSMSではなく電話やFAXを中心に利用する方もいたりする状況です。

こういった非効率な部分がまだまだ沢山あると感じていますので、いかにITの力を使って業界に切り込んでいけるかが、取り組むべき課題だと考えています。

 

よりそうのライフエンディング事業とは?

 

本多

御社のライフエンディング事業について、創業時からどのように展開されてきたのかを教えてください。

 

篠崎さん

ファーストステップでは、統一価格のパッケージ商品を作りました。先に申し上げた通り、ライフエンディング業界は「情報の非対称性」が課題であるマーケットです。事前の準備をされていなかったお客様は、「どのような葬儀をどこにお願いするのか」の情報を入手しづらく、意思決定することが難しい環境になっています。そのため、「比較の価値」ではなく「わかりやすさ」を優先し、独自のパッケージ開発に力をいれてきました。

セカンドステップでは、周辺サービスを展開させました。ある方がお亡くなりになられた後、葬儀だけでなく四十九日法要や仏壇仏具、位牌、お墓、相続など、他のニーズが多岐にわたっていましたので、これらをサービスとして固めていきました。

サードステップでは、『よりそう』という形でブランドを統合させました。このブランド統合は、「ライフエンディングに関わるサービスをトータルでサポートできる会社にしていく」という意思表示の意味を込めています。このブランド統合により、ライフエンディング業界におけるプラットフォーマーとしての歩みを進めていきたいと思ってます。

 

本多

技術的な観点で、石井さんから補足などございますでしょうか?

 

石井さんの写真

 

石井さん

Face to Faceのやりとりがすごく重要な領域なので、それをいかにデジタルに持っていくか、という課題があります。

そこへのチャレンジとして、例えば、お客様からお電話があった際には、すぐにどなたかが分かるよう、弊社のコールセンターにCTIを入れたり、お客様とスムーズにやり取りができるようにCRMのシステムを繋げたりしています。

また、弊社と提携を結んでいる葬儀社様が、より円滑に業務に取り組めるようなシステムを提供していければと思っています。

 

よりそうがいま一番注力していること

 

本多

今後に関して、御社がいま一番注力されていることは何ですか?

 

篠崎さん

次世代における圧倒的なWebサービスの構築だと思っています。よりそうの事業は、リアルでの接点が非常に求められる側面があります。店舗を持たない「よりそう」は、全体のサービスをWebで完結できるよう構築した上で、コールセンターを主軸とするリアルサービスを設計していくことが重要だと捉えています。

 

石井さん

それに付け加えると、社内でデータ分析基盤の構築を進めています。弊社はWebマーケティングに強みがありまして、データの可視化に取り組んでいます。今までは感覚半分、データ半分という「人依存」の部分がありました。しかし、組織も大きくなってきたこともあり、今後はよりデータドリブンな意思決定ができる仕組みが必要になるので、データ分析基盤の構築を早急に進めているところです。

 

よりそうという組織について

 

篠崎さんの写真

 

組織づくりにおける2つの工夫 ~共有と賞賛~

 

本多

次に組織についてのお話をさせて頂きます。拡大・成長を続けている御社としては、事業も多岐にわたっているので、事業効果を最大化させるための「組織づくり」が重要になってくると思います。組織づくりに関して、工夫されていることはありますか?

 

篠崎さん

そもそも、今よりそうに入ってきてくださる方は大きく2つに分けられます。社会貢献性の高い事業内容や我々のミッション・ビジョンに共感してくれる方。そして、ビジネスの今後のスケール、白地の大きさに興味関心を募らせてくれる方です。そういった方々を目の前にしながら、より力強い事業を生み出していく組織づくりを日々考えています。

それでいうと、1点目が、いかに仕事の面白さを経営層やマネジメントサイドが伝えるかだと思っています。我々の事業がどこに向かっていくか、経営層が何を考えているか、そもそも世の中の課題に気づいているかなどを、3か月に1回の方針説明会にて説明しています。

2点目が、期待に応えてくれた方のモチベーションを上げる「賞賛」をしっかり行うことに加えて、その仕事のテクニックを伝播させていく「共有」もしっかり行う、「共有と賞賛」のナレッジマネジメントを実践している点だと思います。例えば、全体で行う表彰(賞賛)の機会では、ちゃんとその人の仕事の「何がすごかったのか」「何故それができたのか」「明日から使うとしたらどこにポイントがあるのか」の言語化(共有)を行っています。

 

本多

エンジニアの組織でも、「賞賛と共有」の文化は浸透しておりますか?

 

石井さんの写真

 

石井さん

そうですね。例えば、経営会議や上長が集まる会議の出席者は一部の者ですけれども、チーム内には必ず発信・共有します。賞賛についても、エンジニア組織でしっかり浸透しているなと思っています。

エンジニア組織特有のものでいくと、当事者意識の醸成とフラットな関係構築を意識しています。例えば、新しく入った方には気づけないことがあったりしますので、知っている人が何か少しでも気づきを与えることで、「当事者意識」を育むきっかけを作っています。また、意見を言いにくい場所にはしたくないので、私もメンバーに「何か気づいたことがあったら言ってほしい」と伝え、フラットなコミュニケーションを心がけています。

 

よりそうの採用と活躍する人物像

 

本多

よりそうの採用についてのお考えをお聞かせください。

 

篠崎さん

表層的な会話というより、ディスカッションスタイルをとっています。入社後に齟齬があってもお互いもったいないので、我々が期待していることに対して結果を出せる人なのかを、丁寧なコミュニケーションを取って判断しています。

もう少し具体的なことで言うと、エンジニアの皆様だったら専門性はもちろん、自己変革力や当事者意識の高い方に来ていただきたいと思っています。我々はプロを育てたいので、業界の中でのプロフェッショナルな仕事を我々が支援しながら、その筋で名の通る方になっていただきたいと思っています。自己変革力と当事者意識が、求めるコンピテンシーになってきます。

 

本多

中途入社で活躍されている方は、どのような方でしょうか?

 

石井さん

エンジニアでは、例えばSIer出身で活躍している方がいます。弊社のビジネスモデルとして、お客様がいて、我々がいて、パートナーがいて、と複雑な関係があります。業務としても複雑な部分があり、新しいことを始めるにしても気を付けなくてはならないポイントがあります。そのため、業務の分析が正確にできないと上手くシステム化できないことが多々あります。

SIer出身の方は、問題解決や業務分析に取り組んだ経験がある方もいて、SIerで培ったノウハウ、スキルを活かして活躍されています。

 

篠崎さん

僕も同じようなことを考えています。我々の組織は機能が多いんですね。システム部は全体を支えているんですけれども、他にも営業組織、マーケ系の組織、我々の組織の特徴とも言えるコールセンター組織というものもあります。これらの組織の機能が連なってバリューを発揮するので、連携が必要になるんです。

なので、近視眼的な仕事の仕方ではなく、ちゃんと事業全体を見るとか、他の組織と連携しながら情報を集めて、過去の取り組みを疑うとか。そういった発想を持っている方が大きな成果を出すシーンが多いと思います。

 

最後に

 

篠崎さん・石井さんのいい感じの写真

 

本多

率直に申し上げますと、ライフエンディング業界に対して、そもそも知らない、わからないとか、死や葬儀へのネガティブな印象を持つ求職者様も、少なからずいるのではないかと思っています。そういったネガティブな印象を持っている求職者様に対して、「よりそうはこういうところが面白いよ」とアピールするとしたら、どのようなアピールをされますか?

 

篠崎さん

社会貢献性の高いサービスに携われる点と、ビジネスのスケールがワイドである点です。

まず1点目についてですが、職業柄、お客様から直接感謝の声を頂くことが多いんです。人生の中でも大変精神的に厳しいタイミングに陥っている方にサービスを提供する、という事業特性もあるので、そういう場面で価値提供できる事業自体が尊いと思っています。

2点目についてですが、ライフエンディング業界におけるマーケットは、事業の広がりに関して、パラダイムシフトが起こっていないんです。例えば、対峙しているお客様は基本的に50~70代の喪主さんが多いのですが、自分の大事な意思決定時にデバイスやITを活用するまでには利用態度は上がりきっていません。

さらに、今後お亡くなりになる方が20年間増え続けるマーケットなので、マーケットが広がるし、そこに対する我々のお客様も広がり続けます。その中で、お困りごとのシーンが非常に多岐にわたっているという掛け合わせなので、提供価値を生み出す白地が広がる、そこに生まれるクロスセル、CRMの支援など考えると、どこから手を付ければいいのかといった状況です。

 

石井さん

何年か前にデジタルトランスフォーメーションという言葉が流行りましたが、この業界はIT化、IoT化が進んでいない状況にあります。そういった中で、ライフエンディング業界における「テックリーディングカンパニー」として、エンジニアの腕を使ってデジタルトランスフォーメーションを推進していくところにやりがいがあると私は思います。

電話やFAXが中心であったり、メールも含めデジタル化はまだまだこれからです。対面での部分を大事にしつつ、Web化もして便利な環境を作り、情報の非対称性を解消していくというところには、私自身、エンジニアとして一番腕を発揮できる部分かと思っています。そういったところに面白味を感じて頂けるのではないかと思います。

【知っておきたい!】マーケティングオートメーション(MA)とは?その内容からできることまで徹底解説!

マーケティングオートメーション(MA)の内容からできることまで解説。今回はこのテーマでお話をしていきますが、マーケティングの枠を超えて、実は身近なSNSにも関わってきます。これからの時代では収益の最大化を測る方法&手法として注目されているのがMAです。これからのマーケティングを支えるMAについて徹底解説していきます!

 

マーケティングオートメーション(MA)とは?

 

 

「マーケティングオートメーション(MA)」とは、別けて考えると「マーケティング(顧客を集客する多くの工程)」&「オートメーション(自動、制御)」と2つに意味を大きく別けることができます。

2つの要素を合わせると「(マーケティングオートメーション)=(顧客を集客する工程を自動&制御)」といった意味合いになります。

顧客のニーズに合わせた集客をさまざまなプロセス(工程または方法)を活用して集客を制御し、自動化すると言った意味合いになります。

 

内容

 

【機能】

 

 

いかに、情報を最適にかつ的確に顧客に届けられるか、と言う視点思考を凝らしたマーケティングがMAでは可能になります。ここではMAで使用するツールの中で代表的なものをいくつか挙げて行きます。

 

・ページ作成、リード管理、スコアリング

LP (ランディングページ)や登録フォームなどの簡単なウェブページを作成することが可能です。関連履歴のメールやリードのHPを保存&管理することが可能です。

 

・メールマーケティング、アクセスログ取得、SNS機能

最も有名でわかりやすいのが、マーケティングでお馴染みの「メール自動配信機能設定」をすることが可能です。他にもスコアリング活用やアクセス上などのサイトの詳細解説などもできます。

現代では定着したSNS上での情報拡散も行うことができます。

 

【なぜMAが必要?】

 

 

事業が拡大してくると、それに伴い膨大なマーケティング業務を行わなければならなくなります。

少人数でこなせていたマーケティング業務作業を事業拡大や成長とともに、仕事量が増え、こなせなくなるような時間と作業が膨大に増えていき負担になっていきます。

そこで、その作業を軽減化して効率化してくれるのがMAです。MAツールを導入することで、あらゆるマーケターの業務作業が効率化することができます。例えば1人にメールを送るのと1000人にメールを送るのとを同等の作業量&作業時間に収めることができ、マーケターの負担が軽減されます。

このように大きく業務を軽減することにより、生産性も高まり商品価値も高まることで、さらに成長していける効果をもたらしてくれます。

 

導入効果&最大化

 

①  【導入する効果】

 

 

マーケティング業務にかかる工数の削減とともに、顧客の求めるニーズの割合情報の数値傾向を明らかにすることができます

例えば、大量のメール配信によって顧客ニーズを情報として取得することで、大量のデータが企業に蓄積されます。

さらに、蓄積されたデータを元にさらなるマーケティングを行う際の、顧客ニーズを絞る情報として活用することができます。

他にもMAを利用することにより、会社全体の顧客ニーズの発生要素や原因などがはっきりします。

様々なツールの機能をいっぺんにまとめることができる利点もあるため、バラバラなツールを使い無駄なツールの切り替えや、その切り替えによって発生するミスや遅れ等を1つのツールでまとめることで軽減できます。

顧客ニーズの方法を知れることにより、効率よく集客できるさまざまな方面からのメリット効果が大いに期待できます。

 

②【最大限活用するには】

 

 

マーケティングをする部署だけではなく、そのマーケティングを活用する他の部署とのコミュニケーションや連携を通じて、効果を最大限に発揮することができます。

まずは冷静になり、一旦立ち止まって現場の状況を把握することが肝になります。しっかりと目的を明確にして問題解決をするのが、最も基本的で最大限にMAを活用できる方法となります。

例としては、一見遠回りに感じてしまうような、検証して検証の結果が効果あるのかどうか確認する作業を、何度も繰り返して良い結果を探していくと言う方法が、実はとても効果的です。

このマーケティング方法の検証作業や検証後の顧客ニーズに合った情報を届けることも、効率よくこなせるのがMAで可能です。

その近道として、マーケティングの自動化が最も有効的で最大限に活用し、効果発揮ができるのがMAになります。

 

コアコンピタンス経営とは??その意味とメリット・デメリットについて分かりやすく解説!

経営手法には様々なものがあります。その中でも「コアコンピタンス経営」というのは、この先企業が生き残っていくために有効となりうるものです。とはいえ、適切な知識を持っていなければ上手く活用することができません。コアコンピタンス経営のメリット・デメリットをしっかり把握して、実際の企業経営に取り入れてみましょう!

 

コアコンピタンス経営って何?

 

 

他社にはない「コア」な技術力を武器に経営する戦略

 

この概念は1990年、ゲイリー・ハメル氏とC.K.プラハラード氏が『ハーバード・ビジネスレビュー』に寄稿した記事の中で提唱されたものです。「コアコンピタンス(core competence)」という言葉は「コア(中核)となる能力」を意味しています。つまりコアコンピタンス経営とは「自社の核となる技術や能力を生かした経営」と表すことができるでしょう。しかし肝心の中核が他社と似ているものであったり、既存のものであったりしては経営基盤としては非常に不安定なものとなってしまいます。ここで「コアコンピタンス」にふさわしいモノかどうかを判断する際の評価基準になっているものが以下の5点です。

 

コアコンピタンスと呼ばれる要素の必要条件

 

 

模倣可能性

せっかくの自社の能力を他社が容易に真似できてしまっては意味がありません。そのため、「模倣自体の難易度」「仮に模倣された場合、自社と同じだけのクオリティまでに至る可能性」を検討する必要があります。こちらの可能性は低ければ低いほど、独自性が強く強みになりやすいです。

 

移動可能性

ここで触れる「移動」とは、他の分野に応用することを示しています。例えば他社にない技術を開発したとして、それがどの程度まで応用可能かを事前に想定することで利益を大幅に増やす機会に恵まれるでしょう。逆に言えば、開発した技術や能力がほんの一部にしか応用できないとなれば、市場内での利用頻度や他社と共同開発などはあまり見込めません。結果として自社の業務の幅に限りが出てきてしまいます。

 

代替可能性

模倣可能性にも通じるものがありますが、「自社の強み」=「他社の強み」であると市場のシェアを独占することは非常に難しいものとなります。他に替えが利かない、特定の企業にしかない能力となれば、その技術を利用して何か事業を行いたい企業は取引や商談をそこに持ちかけるしか選択肢がなくなるのは必然。自社だけでは行うのが難しい業務も、自社独自の技術があれば他社と共同で進めることができるのです。

 

希少性

コアコンピタンスを経営基盤の1つに据える上で重要なことは「常に希少でなければならない」という点です。どれだけ優れたものであっても、競合相手が多い市場ではあっという間にシェアが入れ替わります。中にはその変化についていけず淘汰される企業もあるでしょう。能力のレッドオーシャンで戦うよりも、ブルーオーシャンを開拓し、能力に磨きをかけていく方が長期的視点ではメリットが大きくなることが予想されます。

 

耐久性

最後に「耐久性」です。あらゆる事業において共通ではありますが、特にITに関わる仕事では10年先、20年先がどうなっているかが予測できませんよね。現在最先端で独自色の強いサービスやシステムを売りにしていても、それが使い物にならなくなる可能性も。時代の変化や人々の需要の変化、そして生活の変化にも耐えうるだけの応用可能な技術でなければ、コアコンピタンス経営で生き残ることは難しいと言えます。

これら5つの視点を全て完璧に満たしている必要はありません。しかしどれかが欠けていては経営に支障が出るというのも事実です。コアコンピタンス経営で企業の利益を最大化するにはこれらの基準を最低限満たしているか、どの部分が強くてどの部分では弱いのかを分析しなければならないでしょう。

 

コアコンピタンスとケイパビリティの違い

 

 

ケイパビリティの特徴

 

コアコンピタンスと似たような考え方で「ケイパビリティ」というものが存在します。コアコンピタンスとの大きな違いは「能力の独自性」を中心として経営を考えるのではなく、「事業プロセスの独自性」に重きをおいていることです。

イメージとすればコアコンピタンスが点であるのに対し、ケイパビリティはベクトル的な視点で経営を捉えています。つまり企業が持っている能力そのもののみならず、その企業がどのように事業を遂行していくのかに特徴を求めている考え方が「ケイパビリティ」です。

 

コアコンピタンスの特徴

 

 

あくまでコアコンピタンスは「持っている能力の独自性」を重視する考え方です。ケイパビリティの場合は企業内で完結するものも少なからずあり、必ずしも他社との連携を必要とはしません。コアコンピタンスも自社内のみで活用することは可能ではありますが、技術の有効活用によって大きな恩恵が受けられます。他社との関わり合いで真価を発揮することも多々あるのがこの考え方です。

 

決定的な違いは応用力の差と他社に対する影響

 

ケイパビリティは自社の中だけでも行えるため、他社と提携するときに生じるリスクが少ないというメリットもあります。しかし自社のみで経営が上手くいかなくなった際に応用が利かず、他社との提携も難しいとも言えるので若干不安が残る経営方法であることが否定できません。

コアコンピタンスの何よりの強みは分野の垣根を飛び越えて、技術提供ができること。高い応用力を持つがゆえに他社に影響を与えやすく、同時に他社からの影響も受けやすいというのがケイパビリティと異なる点なのです。

 

コアコンピタンス経営のメリット

 

 

①市場の変化に対応しやすい

 

特定の「モノ」を扱っているわけではないので、市場の需要に左右されにくく安定的な経営が可能です。ニーズに応じて技術の使い方やシステムの適用の仕方を柔軟に変化させ、急に変化が生じても業績が途端に落ちる可能性は他の経営手法と比べると低いと考えられます。

 

②他社と連携して新たなサービスや製品を創出しやすい

 

技術というのは特定の分野に属するものではありません。最初は工業の分野で生み出されたとしても、その後医療や福祉の分野で活用される可能性は大いにありえます。この特性を利用して、様々な分野の企業に技術提供、新しいものを生み出す土壌を作り上げることもできるのです。

 

③モノではなく技術を核としているので突然消える可能性が少ない

 

モノは壊れたり、需要がなくなったりと突然消えるリスクと隣り合わせですが、技術は知識や能力なので企業内ではもちろん、個々人に目に見えない形で付随しています。技術が人々や企業に共有されている限りは、一晩でなくなってしまうリスクは低いでしょう。

 

【徹底比較】テレワーク vs リモートワーク!違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説!

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとなる比較ポイントやそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。最近は多くの人がこのような働き方を魅力に感じる傾向があります。他にも似たような働き方が存在し、今回はその代表的なテレワークとリモートワークを徹底比較します!

 

【テレワーク】&【リモートワーク】の違いは?

 

【テレワーク】と【リモートワーク】の簡単な説明

 

 

・テレワーク

テレワークとは、「(テレ)= (遠く)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としては「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「(遠い)場所から遠隔で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

・リモートワーク

リモートワークとは、「(リモート)=(遠隔)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としてはこちらも「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「遠い場所から(遠隔)で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

上記のテレワークとリモートワークの意味を理解されたかと思います。ほとんど同じ意味ですよね。違うとしたら強調している意味合いが違うことです。

下記でもっとテレワークとリモートワークを深堀りしていきますので、詳しく情報を知りたい方は閲覧してくださると幸いです。

テレワークとリモートワークのメリット・デメリットや違いを分かりやすく比較します!

 

テレワークvsリモートワークをもっと詳しく徹底比較!

 

①【テレワーク】もっと詳しく!

 

 

テレワークは、テレコミューティングとも呼ばれることがあり、遠い場所から仕事をして働く意味を示す表現として用いられます。

主に会社に通勤して仕事に行くスタイルではなく、自宅やカフェと言った会社外で仕事をこなしていく形態での働き方を意味しています。テレワークで仕事をする人を「テレワーカー」と呼びます。

大きな違いとしては古い言葉か、新しくできた言葉かが比較して分かる違いになります。実際に古い言い方で言うとテレワークになり、最近できた言葉に直すとリモートワークとなります。

なぜテレワークが消えずリモートワークに統一しないかといいますと、国の法律で補助金制度があり、その補助金制度の名前が「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」と言う制度があります。

このように国の制度でテレワークと命名されていることにより、リモートワークと制度に記載されず、記載されている言葉がテレワークなため、テレワークが消えない理由の1つと言えるでしょう。

 

②【リモートワーク】もっと詳しく!

 

 

リモートワークの意味は遠隔操作で仕事し働くことを意味しています。「企業に所属した形式」で仕事ができる働き方としてリモートワークは注目されています。

ワーキングスペースや自宅など、様々な場所で遠隔で仕事をこなす事を基本とした働き方です。

企業に属している利点を活用しながら、好きな時間や好きな場所で働くといった形態が取れるのがリモートワークです。実は、正社員や業務委託が主に多い形態と言えます。

例えば、正社員でありながら1日の半分は会社で過ごし、残りの半分は自宅やカフェなどで働くことが可能です。

完全に出社せず遠隔での仕事を中心として働ける状況でも雇用状態は正社員の人もいます。企業や個人の状況やタイミングによって雇用状態や働き方は変わってきます。

業務委託の場合も同じように出社して働く条件や、出社せずに働く条件など企業によって様々な状態に対応できるのがリモートワークです。

多くの人が認知しているのは女性が出産や育児で会社にいけなくなった状態でも、働くことができる体制を整えている働き方として注目を集めた働き方です。

リモートワークと似たような働き方がさまざまあり、「在宅ワーク」や上記の「テレワーク」と比較されることが多く理解しづらいのも事実です。

テレワークは古い言葉で制度の名前に今も使われているため、未だ残って使われている言葉になります。

現代よりに言葉ができ、出社しないでも働ける、といった働き方がイメージとしてとても強いのがリモートワークです。

 

両者のメリット・デメリット

 

①【テレワーク】と【リモートワーク】のメリット

 

 

好きな時間と場所を好きなタイミングや、好きな事で働けると言ったイメージの方が多いのではないでしょうか。

始めはその通りですが、大半は生活の不安を抱えながら仕事をしている人が多く、その不安のデメリット要素を仕事への熱意に変化させていく事で大きなメリットとなります。

その不安から開放されるために日々努力をしていくマインドに思考が自然と切り替わります。大半の人は今までに観ていた光景や景色のさまざまな捉え方が変わり、楽しいと思える事が変わってきます。

好きな場所で働け、まとまった時間帯が取れない人でも収入が確保できる働き方です。仕事を完了すればどこにいても何も問題なくスムーズに仕事が可能です。

現在の通勤形態が生活スタイルに合わない人や向いていない人が、無理なく働ける働き方として近年は若者を中心にテレワークとリモートワークに変える人が急増しています。

 

②【テレワーク】と【リモートワーク】のデメリット

 

 

勤務態度や仕事をしている様子を伺う事ができず、出来高制での成果でしか大きな判断ができないのが、デメリットと言えます。

つまり、勤務態度やメールや通話などでの対応が悪いと仕事をする上でどうしても今後トラブルや大きな問題に発展しかねない火種を常に抱えることになります。

 

テレワークとリモートワークで活躍できる職種とは?

 

①職種

 

 

テレワークやリモートワークが採用されている企業が多い業界としては、IT業界があげられます。理由としては、主にIT業界はパソコンを使うためパソコン1つで業務の完遂が可能です。

そのため、テレワークとリモートワークのような好きな場所で働ける職種が幅広く存在します。他にも様々な職種がありますが大半はIT業界に傾いています。

代表的な職種に「Webエンジニア」や「Webデザイナー」などが挙げられますが、これらはいずれも「成果物」が非常に分かりやすい職種です。同じオフィス内にいようがいまいが、アウトプットを見れば仕事の進捗を判断することができるため、テレワーク、リモートワークとの相性が良い代表的な職種と言えるでしょう。

 

②【仕事する場所】

 

働く場所としては自宅やカフェなどの出先やビジネス専用のコワーキングスペースを活用するなど様々な場所で働けます。

仕事ができれば海外などでも働くことができるため、仕事環境が整っていればどこで仕事をしても問題ないのがこの2つのテレワークとリモートワークの働き方となります。

 

【テレワークとリモートワーク】の今後

 

 

現在の日本の状況は就職した新人の退職率は年々増加し、フリーで生活しようと考える人が増加傾向にある現代となっています。その時にテレワークとリモートワークは仕事をする上で多くの職種がこの働き方で可能となっています。必要不可欠になってくる時代もそう遠くはないでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

どこで何をワークするかは自分次第

 

 

テレワークとリモートワークで働くかは自分次第です。実際は、会社に属して働く形態にさまざまな問題で働けなくなっているのも現実問題で事実です。

かといって、テレワークとリモートワークがおすすめできる働き方ということでもありません。タイミングや状況によって大きく変化します。

その変化は自分で作り出すこともでき、自然に変化していくこともあります。人それぞれで最終的には自分の決断が決め手となります。

職種によっては自分次第で、今の仕事をテレワークやリモートワークに変化させることも可能です!

 

まとめ

 

テレワークとリモートワークのメリット&デメリットを理解しつつ、仕事に活用していく際は、自分の考えで行動し人生を歩んでいくことが大切です。

振り返った時に未練や後悔をしないために日々の生活でさまざまな事に努めていく姿勢を意識して行くことをおすすめします。

自分の人生にテレワークとリモートワークを取り入れて自分のスタイルで仕事と向き合って行きましょう!

【知っておきたい!】ソースコードに著作権はある?注意点は?エンジニアとしての基礎知識を解説!

個人や組織で開発するシステムは、ソースコードによって成り立っています。実は、このソースコードも著作物にあたり、著作権があるのです。エンジニアとしてこれら基本知識を知っておくことは重要なことなのです。そこで今回は、ソースコードにおける著作権について、基礎知識を交えながら著作権の注意点など、エンジニアに必要な知識を紹介します。

 

ソースコードにおける著作権とは

 

 

ソースコードにおける著作権とは、コーディングしたエンジニアに与えられる「著作物に対する権利」です。

著作権を持つことで、ソースコードの変更や譲渡などを自由に行うことができます。一方、著作権を持っていなければ、ソースコードの変更の際には、著作権を持つ人物の許可が必要になりますし、勝手に流用および譲渡をすることができません。

デジタルデータは簡単にコピー可能ですので、著作権を明確にしておくことが、後のトラブルを回避したり、製作者の損失を抑えることに役立ちます

システム開発を行うエンジニアの知識として、著作権の知識は非常に重要です。

 

著作権と特許権

 

 

ソースコードの権利を認識する上で押さえておくべき点は、著作権と特許権です。

システム開発では、プログラムであるソースコードと、そのプログラムによって実現したアイディアに大きく分類されます。

ソースコードとアイディアでは、著作権で守られるもの、そして特許権で守られるものに分けられるのです。

 

ソースコードは著作権で守られる

 

エンジニアが書いたソースコードについては、著作権が発生します。これは、基本的には製作者が持つこととなります。

しかし、業務委託や組織内で製作したソースコードは、契約書にその著作権について明記されていれば、それに従うことになります。

著作権を所有することで、ソースコードの譲渡や再販の権利を持つことができ、それは利益に直結する決め事です。

著作権を曖昧にしておくことでトラブルのもとになりますので、複数の者がシステム開発に関わる場合には、書面にてその所在を明確に合意しておく必要があります。

 

アイディアは特許権で守られる

 

ソースコードを書く上で、効率的な機能や新しいアイディアが含まれる場合、それらを保護する場合には著作権ではなく、特許権になります。

ソースコード自体は著作権で守られますが、アイディアは著作権では守られません。

 

著作権侵害に関する法的基準

 

 

まず、著作権侵害については、法的基準が設けられています。

1.ソースコードの一致・類似する箇所の量

2.ソースコードで一致・類似している箇所が、別の表現に創作できるか否か

「1.」に関しては、類似する割合が高いほど著作権侵害とみなされる可能性が高くなります。

文字数やコードの行数などが一致している場合、やはりオリジナルのソースコードの流用であると判断される可能性があります。

汎用性の高いソースコードを、若干の変更を加えて再販する場合には、、著作権を持つ者との合意が必要です。

「2.」では、ソースコードにおける表現の幅が問われます。同じ機能を有するコードでも、その書き方にどれくらいの自由度があるのかで判断されます。

例えば、2行ほどのソースコードで実現する機能では、表現のパターンが多いとは思えません。

しかし、一つのオブジェクトという単位で見れば、開発者によってコーディングの癖や、表現方法のパターンも分かれます。

複数のコーディングパターンが可能なコードにも関わらず、まったく同じコードであった場合には、著作権の侵害と判断される可能性が高くなります。

 

基本的には製作者にある著作権

 

 

ソースコードにおける著作権は、まず基本としては製作者にあります。

ただし、著作権について契約書などに明記されている場合は、それに従う必要があります。

 

個人で制作したソースコード

 

個人的に使うシステムや、趣味で製作したソースコード、つまり第三者が絡まずに製作したソースコードについては、間違いなく製作者に著作権があります。

つまり、個人製作のソースコードは、他人が複製や改変を勝手に行うことはできません。

 

業務委託などで製作したソースコード

 

 

依頼された仕事として、個人でシステム開発を行う場合があります。

その際には、契約時点で著作権についての決め事を書面で明記し、合意するのが一般的です。

契約書に記載された内容が、すべての成果物を依頼側に譲渡する契約の場合は、依頼側にソースコードと著作権も譲渡することになります。

この場合、依頼側は製作者の許可なく、ソースコードの改変や複製を行うことができるのです。

一方、ソースコード自体の著作権を譲渡した製作者は、自分が書いたソースコードであっても、改変や流用することはできません

どうしても流用する場合には、著作権を持つ依頼者と再協議する必要があります。

 

企業で製作したソースコード

 

企業の社員として、会社の仕事として開発したソースコードは、基本的には企業が著作権を持ちます。

例え企業内で1人が製作したシステムであっても、それは企業の著作物となるのです。

製作者は、企業で製作したソースコードを勝手に社外に持ち出したり、複製したりすることはできません。

 

【まとめ】おすすめのテキストエディタを紹介!どれが何の言語に向いているかまで解説!

テキストエディタは何十種類も公開されており、多すぎて選ぶのが難しくなっています。それぞれ特徴が用途によって向き不向きがありますので、本記事では効率よく作業を進められるおすすめのテキストエディタを紹介します。また人気プログラミング言語を中心に、テキストエディタごとに向いている言語を合わせて紹介します。

 

テキストエディタとは?

 

 

テキストエディアは、文章を書くためのソフトで非常にシンプルな構造で多岐の用途があります。

例えば、メモ・プログラミング・ライティング・報告書などさまざまな使い方があり、エンジニアには必須のものです。

プログラミングに特化したテキストエディタでは入力補完する機能がついています。文章をひたすら書く用途(メモ・ライティング)では起動や動作の速度を高速化したエディタもあります。用途に合わせた選択をすることで効率化にもつながるため、重要になります。

最近のテキストエディタはインストール時は軽量で必要に応じて機能を追加するのが主流になります。そのため、IDE(統合開発環境)とのライン引きが曖昧になってきているため、本記事ではテキストエディタとIDEを区別せずに文章やプログラミングしやすいテキストエディタを紹介します。

 

テキストエディタの使い勝手はなにで決まる?

 

 

テキストエディタを選ぶ際のポイントは大きく4つあります。

1.高機能

2.速度

3.カスタマイズ性

4.視覚性

一般的には高機能であればその分、速度は落ちるため、用途によって使い分ける必要があります。また、自分好みの分かりやすいテキストエディタを選択することで更なる効率化につながります。

 

1.高機能

 

 

メモ帳などの標準のテキストエディタでは存在しない人気な機能性がいくつかあります。

 

1.高速な検索機能

「grep」という機能を使用して複数ファイルから特定の文字列を高速に抽出する機能です。

2.ファイル比較

2つのファイルの違いを抽出して表示する機能です。

3.入力補完

プログラミング言語では決まった命令文を呼び出すことが多々あります。その際にアルファベットを数文字打つだけで予測変換する機能です。

 

2.速度

 

 

メモ、ライティングの用途で使用する際にプログラミングほどの高機能である必要はありません。そのため、最低限の機能で高速に動作するテキストエディタが人気です。標準のテキストエディタよりも視覚的に見やすいうえに高速なエディタも存在します。

 

3.カスタマイズ性

 

 

最終的に自分好みのテキストエディタへとカスタマイズできるかどうかが効率化のポイントになります。

例えば、よく実施する手順がある場合、その手順を記録してショートカットコマンドですぐさま実行できるようにすることで、作業を高速化できます。

 

4.視覚性

 

 

文字数が多くなるほど、全体は読みにくくなります。そんなときは特定の文字を色分け・ハイライトの表示機能があり、文字数が膨大になったとしてもハイライトが目印となり読みやすくなります。

また、プログラミングをする際には、複数のファイルを同時に編集する場合があります。エディタ内のウィンドウに複数ファイルをタブ形式で表示できるものもあるので、コード入力がしやすくなるというメリットもあります。

 

【徹底比較】Cookie(クッキー)とキャッシュの違いとは!言葉の定義や削除方法を解説します!

Webサイトでの情報検索やショッピングは、日常生活の一部となりました。そこでよく耳にするのがCookie(クッキー)やキャッシュです。しかし、その違いを明確に理解している人は少ないのです。そこで今回は、Cookie(クッキー)とキャッシュついて、言葉の定義や削除方法を交えながら、役割の違いを解説します。

 

Cookie(クッキー)とキャッシュの違い

 

 

Cookie(クッキー)とキャッシュは、どちらもWebブラウザに保存される履歴の一つです。ブラウザがこれらの情報を記憶することで、ECサイトでのショッピングや、Web閲覧が素早く快適に利用できます。

Cookie(クッキー)とキャッシュの大きな違いは、取り扱う情報の種類にあります。

Cookieはユーザーのユニークデータを保存し、キャッシュは一度アクセスしたWebページを保存するのです。

 

Cookie(クッキー)とは

 

Cookie(クッキー)とは、Webサイトへのログイン情報ECサイトでの行動アクセスユーザーのユニーク情報などを識別するために利用される仕組みです。

SNSを利用する際、IDとパスワードでログインすれば、しばらくはログイン情報を入力することなく、自分のアカウントにアクセスできますよね。

訪れたサイトでの行動や情報を記憶させることで、二度手間を省いてくれるのです。普段使うWebサイトが手間なく快適に使えるのは、Cookieのおかげです。

 

キャッシュとは

 

キャッシュとは、一度訪れたWebページそのものを、ブラウザに保存する仕組みです。キャッシュを利用することで、二度目以降にアクセスするWebサイトを高速に表示できます。

ただし、Webページを保存することで、PC自体のパフォーマンスが落ちて、動作が重くなることがあります

その際には、ブラウザのキャッシュをクリアすることで動作が軽くなる可能性があります。

 

Cookie(クッキー)の使い道

 

 

Cookieには、Webサービスの利用者と提供者、双方にとっての使い道があります。

 

Webサービス利用者にとっての使い道

 

ECサイトで商品をショッピングカートに追加後、購入せずにECサイトを離れます。その後、同じECサイトにアクセスすると、ショッピングカートの中には追加した商品が残っています。

これは、ECサイトがCookieを利用して、あなたのWebブラウザに履歴を残した結果です。

 

Webサービス提供者にとっての使い道

 

Webサービスの提供者にとって、Cookieはアクセス解析やマーケティングの重要なデータです。Cookieによって、ユーザーのユニークデータを得られるため、ユーザーが興味を持つ広告などをピンポイントに配信することができます。

性別や年齢層など、自サイトにアクセスするユーザーのデータ分析を行うことができるのです。

 

キャッシュの使い道

 

キャッシュについては、Webページを閲覧するユーザーにとって便利な仕組みです。

初めて訪れるWebサイトにアクセスすると、サーバーからWebページをダウンロードして、ブラウザに表示します。

Webページはサーバーからデータをダウンロードして表示しますので、容量が大きいほど表示に時間がかかります。写真画像などの多いサイトの表示は”重い”ですよね。

表示の遅いWebサイトは開きたくないものですが、どうしても同じサイトを閲覧したい時もあります。

この時、ブラウザがキャッシュとしてWebサイトを保存しておくことで、情報をサーバーからダウンロードする手間を省き、高速に表示できるのです。

 

システムコンサルタントを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、今後の動向まで幅広くご紹介します!

システムコンサルタントの仕事内容からスキル&今後の仕事の動向まで徹底解説していきます。ほかにも年収やシステムコンサルタントを目指す人へアドバイスなど独自の視点から動向まで幅広く記載しています。システムコンサルタントとよく似た上流階級エンジニアやシステムアナリストの区別などもまとめてご紹介します。

 

システムコンサルタントとは?

 

  

簡単にいってしまうとコンサルタントとはアドバイスする人です。個人や法人などさまざまな企業のビジネス面でのサポート及び戦略方法に特化し、専門知識で助言することを主な目的とする職業です。

コンサルタントは、頭に何か業界用語を付け足すことによって、その分野に特化した知識を持っているアドバイザーの人という意味を示します。そして「システム」コンサルタントとなってくると、IT技術に関する深い知識と経験が必要になってくるため、おのずと「エンジニア」や「プログラマー」などの「下流工程」の人をまとめる「上流工程」の立場とよく似ている役職になります。

上流工程を担当する上で「システムコンサルタント」と「上流工程エンジニア」の区別する明確な決まりは実際にはなく、どちらか一方が「最上流工程(優れている)」を担当することになります。

双方が同じ会社に存在する場合はどちらか一方が最上流工程を担当し、その担当者は「システムアナリスト」と呼ばれます。今回はシステムコンサルタントについて徹底解説していきます。

 

仕事内容

 

①【企業の売上向上】

 

 

システムコンサルタントは提示された依頼の企業情報を元に企業の売り上げを向上させることを目的としています。高度な細かいアドバイスをすることがシステムコンサルタントのおおまかな役割になってきます。

簡単にいうとビジネスの利益向上のために深い知識と情報と思考力で成功の道を探求するのがシステムコンサルタントです。

知識を活用して売上向上を主軸に他の要素にも触れていき仕事をしていく万能な職種といえるでしょう。

 

②【企業の悩み解決】

 

 

もっとピンポイントに仕事を割り振るとヒアリングやプレゼンテーションなどの業務をおこなって企業の売り上げを伸ばすための重要ポイントと課題ポイントを割り出し提示します。それに加えて必ずデメリットなども割り出し、「ハイリターンハイリスク」の明確なビジョンを示し、「ハイリターンノーリスク」に近づけるための問題となるポイントの解決策を提示します

提案した仕事内容が上手く軌道に乗っているか確認し、上手くいかない場合は状況によって柔軟に判断を切り替え、売上向上のルートにシフト移行する事も業務として入ってくる内容になります。

企業の売上が伸びない悩みを解決していく事がシステムコンサルトの役割になるので、企業の先行きに大きく関わってくる責任重大な仕事と言えます。

 

③【仕事内容のまとめ】

 

 

提示内容を理解した企業が課題などを解決していき悩みを解消し、ビジネスを軌道に乗せることが目的とした役割となっています。

上記のまとめとして企業の仕事をこなす仕事案件の始まりから終わりまでをサポートし、場合によってはアドバイスや助言以外にも業務などを積極的にこなしていく職業となっています。

 

求められるスキル

 

①専門知識と論理思考力

  

 

論理的思考能力や物事を整理したりまとめたり構成するなど、情報をいかに一括にまとめ効率良く回せるかというPCでイメージすると分析解析ツールのような役割を果たすのがこの職種になります。

取得したさまざまな情報をもとに仕事成功の企画やビジョンを見出し、的確で効率の良い仕事の構成スケジュールを設定します。

設定した専門的な情報を違う分野のエンジニアやプログラマーたちにもわかりやすく説明しないといけません。そのため、インプットした情報をアウトプットする力も必要になってくるため、相手に伝える力も必要なスキルとなってきます

 

②アウトプットとリーダーシップ

 

 

システムコンサルタントは企業の仕事が成功するための道筋を論理的かつ明確なビジョンをイメージしてもらうためにプレゼンテーションなどで、「知識」「思考」「仕組み」などを共有しなければなりません。

そのためコミュニケーション能力やプレゼンテーションなどの人前に立ちスピーチする能力も必要となり、協調性も比較的必要な職種となってきます。

論理的思考能力は身に付けているが、論理的思考能力を人に伝えるすべがなくてはコンサルできません。システムエンジニアはクリアしたもののコンサルタントとしてはいまいちとなってしまいます。コンサルの肩書は伊達ではありません。

インプットした情報をだれもが理解しやすい明確なビジョンにアウトプットし、その情報を伝えていくリーダーシップ性も必要になる高度な職業です。

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!市場規模や具体的な事例とともに分かりやすく解説!

O2O、Offline-to-Onlineって最近よく聞くけど、実際に理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。「O2O」とよく一緒に出てくる「オムニチャネル」と「OMO」についても触れ、関連ワードもわかりやすく説明します。市場規模や具体的な事例にもコミットして行き、今後の日本のWebマーケティング事情についても切り込みます!

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!?

 

 

O2Oは「Online to Offline」の略した用語です。分解すると「online(オンライン)」「to(に)」「offline(オフライン)」と単語の意味を別けることができます。「仮想店舗に現実店舗」といった簡単なイメージに置き換えても問題ありません。

顧客を集客するマーケティング手法の1つで、現実世界に存在している「実店舗」に「オンライン」を活用して、あらゆる手段や方法を用いて誘導する意味を持つのが「Online to Offline(O2O)」の現代の言葉の意味です。

以前は「Click and Mortar」と言う言葉で、融合や連動と言った意味を持っていたとされていますが、今は名前が変わり、現在での意味では実店舗に誘導する手法として認識されています。よく似た手法として「【OMO】とは?」の下記の記事で紹介します。

Webマーケティング手法を上手く活用し効率的に集客を目的とした意味で認識が固まっています。

 

顧客誘導&市場規模

 

①【オンライン】顧客誘導

 

 

インターネットで実務店舗のクーポンを配信したり、ECサイトなどで集客し、購入などを実務店舗と連動しながら集客収益を見込める方法を目的としています。

他にもサービスによってはゲーム感覚で、集客を見込める方法で繋げるなど様々な集客誘導が挙げられます。

日本でも大人気でブームとなった「Pokémon GO」と言うスマートフォンアプリケーションゲームでは、GPSなどで店舗情報を活用して店舗誘導に繋げる方法があります。

ゲーム内で指定した場所に訪れるとゲームの内容やストーリーが進むなどし、プレーヤーが顧客となりポイントやクーポンなどを利用できる活用方法も存在しています。

1番身近でわかりやすいのはSNSを活用した集客方法が挙げられます。

「Twitter」や「Facebook」「Instagram」などコミュニケーションを中心としたプラットフォームでの投稿&口コミ情報を発信することにより集客と拡散が見込めます。

顧客が主体となって次の顧客に信頼を与え、同じ顧客と言う視点から見れば信用度が上がり、集客する方法としては現実的かつ効率の良い集客方法といえます。

 

②集客成功の事例

 

 

集客成功の事例として「無印良品」などが挙げられます

無印良品では運用しているアプリケーションがあり、O2Oから見ても運用に成功した事例として挙げられます。こういった店舗に集客するためにアプリケーションを活用してアプリから顧客を集客し、店舗に誘導するマーケティングスタイルが現代には必要不可欠です。

他にも様々な企業がWebマーケティング手法であるO2Oを利用しています。

上記でも説明したクーポン&SNSでの「集客&拡散&店舗誘導」が最も効果が大きくわかりやすい成功事例といえます。

 

③市場規模は2023年に1,616億円規模

 

 

日本国内のO2Oでの市場規模調査をした結果が、2018年の市場規模は135億円で2018年の市場規模から2023年には12倍の結果を予測され市場規模はなんと「1.616億円」と予測が発表されました。

この予測から見ても日本国内においてO2O広告のWebマーケティング手法は有効だと予測されており、日本では現在で1番収益が見込めるWebマーケティング手法として注目されています。