【まとめ】フリーランスの仕事の種類は何種類?!それぞれの将来性・資格・スキルなども併せてご紹介します!

フリーランスの成果には「どのような仕事の種類に着手するか」が重要です。この記事では、フリーランスとしての活動を開始する前に把握しておくべき、仕事の種類をまとめて紹介します。それぞれの将来性や、求められる資格やスキルを把握することで、効率的に成果を残せるフリーランスを目指すことが可能になります。

 

フリーランスという仕事の仕方を考える意味

 

 

副業元年と呼ばれる2015年から2018年までの間に、1,119万人もの方々がフリーランスという仕事の仕方を選択しています。また、クラウドソーシングサービスを提供する企業であるTHELANCERSは、以下のような推移を公表しています。

フリーランスが2015年の913万人から2018年は1,119万人と4年間で約23%の増加。経済規模で14.3兆円から20.1兆円と約41%の増加が見られています。日本の労働系KPIが軒並み右肩下がりの中、このフリーランスの経済規模20兆円は、総給与支払額200兆円の10%となり、決して無視できない規模となってきました。

(参照:https://www.lancers.jp/magazine/31221)

 

政府が働き方の変革を推進している現在では、企業に所属しないフリーランスという仕事の仕方を検討すること自体に大きな意味があると言えるでしょう。

 

フリーランスの仕事は多種多様!

 

 

2015年から4年ほどが経過した現在では、フリーランスの仕事の種類は挙げ始めれば切りがないほど多様化しています。まずは、すでにフリーランスがこなしている仕事の種類を、ITエンジニア系、デザイナー系、ライター系の3つにわけで紹介していきます。

 

ITエンジニア系の仕事の種類

 

すでにフリーランスがこなしている、ITエンジニア系の仕事には10以上の種類があるとされています。代表的な仕事の種類には以下のようなものがありますが、テクノロジーの進歩に応じて今後も増加すると考えられます。

コーダー・アプリケーションエンジニア・インフラエンジニア・ゲームエンジニア・サーバーエンジニア・スマートフォンエンジニア・データベースエンジニア・ネットワークエンジニア・フラッシュエンジニア・プロジェクトマネージャ・フロントエンドエンジニア

 

デザイナー系の仕事の種類

 

一昔前まではプロだけがおこなうものと考えられていたデザイナーという仕事も、フリーランスがこなすようになっています。細かく分類すると以下のような種類で、現在のフリーランスが活躍しています。

3Dデザイナー・Webデザイナー・イラストレーター・グラフィックデザイナー・ロゴデザイナー・キャラクターデザイナー

 

ライター系の仕事の種類

 

Webメディアが一般化したことで、ライターという仕事もフリーランスがその役割を担うようになっています。一口にライターといってもその文体に応じて、以下のように分類されます。

Webライター・編集者・翻訳者・テクニカルライター・コピーライター・記者・コラムニスト

 

フリーランスに求められる将来性のある仕事3種類

 

 

フリーランスという仕事の仕方を選択する方が増えるのと比例するように、フリーランスが着手する仕事の種類も増加しています。しかし、着手できる仕事が増加している一方で、将来性のある仕事を選択することも難しくなっている点には注意が必要です。。ここからは、フリーランスに求められる将来性のある仕事を3つ紹介します。

 

アプリケーションエンジニアの将来性と求められる資格やスキル

 

 

すでに企業に属さないフリーランスへと仕事が割り振られ、今後もその数が増加していくと予想されるのがアプリケーションエンジニアです。JavaやRuby、PHPといった言語を使用し、クライアントが求めるシステムを構築することが、アプリケーションエンジニアの仕事であり、求められるスキルです。

先ほど触れたように、ITエンジニア系の仕事にはインフラエンジニアやサーバーエンジニアといった種類もあります。ただし、フリーランスにはアプリケーションを1つの作品として納品でき、そのあとの対応まで求められないという働き方がおすすめのポイントです。

 

Geekly Media ライター

PuG88

0

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!必要な素養から難しさまで分かりやすく解説します。

データサイエンティストは世界的に需要が高まっている職種のひとつです。グローバルに活躍できるスキルを習得できることもあり、未経験からでもデータサイエンティストを目指したい人もいるでしょう。そこで今回は、未経験からデータサイエンティストを目指すためのキャリアパスと必要な素養、そして難しさを解説します。

 

未経験でもデータサイエンティストを目指せる

 

 

データサイエンティストとは、企業が持っている多量のデータを整理・解析し、企業にとって有益な情報を導き出す職業です。近年では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の発展により、インターネット上には膨大なデータ(ビッグデータ)が氾濫しています。

そんな膨大なデータも、きちんと整理し適切な分析を行うことで、企業の道筋を指し示す重要な情報となるのです。そのため、世界中の多くの企業が有能なデータサイエンティストが求めています。

「データサイエンティスト」になるには特別な資格は必要ないので、データサイエンスの経験がない人でもデータサイエンティストを目指すことは可能です。ただし、資格が必須でない代わりに重要なのが「経験」と「スキル」です。

 

データサイエンティストへのキャリアパス

 

まずは未経験からデータサイエンティストになるために必要な「経験」を紹介します。少し時間はかかりますが、データサイエンティストを目指せる経験をしっかりと積んでいきましょう。

 

データ分析の経験を積む

 

 

多量のデータを取り扱うデータサイエンティストには、データ分析のスキルは必須です。データ分析の経験を積むことで、データサイエンティストへ一歩近づくことは間違いありません。

データ分析の仕事内容は、業種によっても異なります。例えばウェブアンケートを実施しているメディアでは、アンケート結果の集計と分析が主な業務です。アンケート結果を分析することで、どんなユーザーがどのようなサービスを望んでいるかが分かります。

このようなデータ分析の仕事は未経験でも可能な場合が多いので、積極的に応募してみるとよいでしょう。簡単な業務からスタートして、徐々にデータサイエンティストが行うような高度なデータ分析の経験を積んでいくのが近道です。

 

エンジニアの経験を積む

 

データサイエンティストはプログラミングスキルを駆使してデータ分析を行う業務も多いため、エンジニアとしての経験も役に立ちます。もしもプログラミングスキルを持っているならば、まずはエンジニアの経験を積んでみましょう。

エンジニアが取り扱うプログラミング言語は多くありますが、データサイエンティストはAI(人工知能)を活用してビッグデータを解析します。そのため、AIの研究・開発の経験を積むと良いでしょう。

特に、AIの開発に使われる「Python」というプログラミング言語の勉強会や研修の充実している企業で業務実績を積むのがおすすめです。

 

データサイエンティストに必要な素養

 

データ分析のスキルは必須

 

 

未経験からデータサイエンティストを目指すには、データ分析のスキルが必要です。データ分析のスキルは実務経験がない場合でも、書籍やセミナーを利用して身につけられます。そして、データ分析の知識はデータサイエンティストだけではなく、ビジネス全般に役立つスキル

もしもキャリアチェンジしたいと思った場合でも、ビジネスパーソンであればデータ分析のスキルは必ず役立ちます。例えば、収益管理や在庫確認、新規事業の開発においても知識が活用できます。勉強しておくと自分の力となるスキルなので、積極的に学習を進めましょう。

 

プログラミングスキルは重要

 

 

データサイエンティストはビッグデータを扱うためにディープラーニングを活用する場合があります。ディープラーニングはAIの中でも大量のデータを処理する時に役立ちます。そして、AIのプログラミングによく使われる言語が「Python」です。

Pythonは書籍の他にも、オンライン学習サイトを利用して初学者でも楽しみながら学習が進められます。Pythonを扱えるようになると、AIの研究開発の仕事に携われるチャンスも増えるのでキャリアアップも見込めるでしょう。

 

統計学の知識は大きな武器

 

データ分析で非常に役立つスキルが統計学です。統計学とは、データの個数を数えたり、平均値を計算したりするデータ分析における基本のスキルのこと。統計学の知識を持っていると、バラツキのあるデータの性質を見出せるようになります。

つまり、あらゆる方法を用いてデータ分析を行えるわけです。この素養は、データサイエンティストの業務も非常に効率化できるので、書籍やオンライン講座を活用して必ず学習しておきましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

データエンジニアを徹底解説!仕事内容から必要なスキル、資格まで分かりやすくご紹介します!

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の普及により、データエンジニアという職業が注目されています。データエンジニアリング能力を活かし業務を行うデータエンジニアは、ビッグデータが溢れるこれからの社会に不可欠な存在です。この記事では、データエンジニアの仕事内容や必要なスキル、取得すべき資格を紹介します。

 

データエンジニアリングを駆使するデータエンジニアとは

 

 

近年、工場のIoT化が進んでいます。工場のIoT化とは、現場の機械や設備など工場全体をインターネットにつなげること。例えば、機械にセンサを取り付けたり、工場内にカメラを取り付けたりして、工場の状態を監視し、センサから得られたデータを解析することで、工場全体を効率化・最適化することです。

 

そして、その現場でIoTやAIをマネジメントするのが、データエンジニアリングスキルを持つデータエンジニアの仕事。データエンジニアは、現場の状況をよく見て課題を発見します。さらに、課題解決のためにどのようにデータ環境を整えていけばよいのかを考えるのが、重要な仕事です。

 

データエンジニアとデータサイエンティスト

 

 

データエンジニアはただビッグデータを取り扱うだけではなく、現場における課題を考え、適切な課題解決方法を導き出します。そして、データエンジニアが設計したIoT化された工場からは、常に膨大な量のセンサデータやカメラからの監視データがデータベースへ蓄積されていきます。

データベースへ蓄積されたビッグデータを解析し、価値ある情報を引き出すのは、データサイエンティストの仕事。データサイエンティストとは、企業が所持している大量のデータを処理し分析することで、企業にとって重要な情報を導きだす職業です。

データエンジニアは、データサイエンティストに必要なデータを提供する重要な役割を果たすのです。

 

データエンジニアの仕事内容

 

データエンジニアは、現場における課題解決のために、データを活用してどのように現場に役立つ仕組みを作り出すのかを考える仕事です。では具体的にどのような仕事内容なのかを紹介します。

 

工場の運転を行うIoT・AIのマネジメント

 

 

工場では従来、1人の運転責任者が複数の運転作業員を指揮・管理していました。しかし近い将来、工場のIoT化・AI化によって、運転作業員が必要なくなるとも言われています。では、誰が工場の運転を行うかというと、IoTまたはAIです。

そして、工場を動かすIoTとAIを指揮・管理するのがデータエンジニアの仕事です。データエンジニアは、自社の事業目標を達成するため、最適なIoTまたはAIを実装して、工場のマネジメントを行います。

 

機械学習の精度を高める

 

アプリケーションに機械学習のプログラムを実装するのもデータエンジニアの仕事。例えば、ECサイトで利用する商品写真を分類するために機械学習を取り入れ、その精度を高めて分類できる種類を多くするという業務があります。

どのように機械学習における分類の精度を高めていけば、よりユーザーがECサイトを使いやすくなるかを考え、工夫するのもデータエンジニアの重要な業務です。同時に、データサイエンティストが分析しやすいデータ環境を構築していきます。

 

データエンジニアに必要なスキル「データエンジニアリング力」

 

データエンジニアが現場で活躍するために、必要なスキルの一つが「データエンジニアリング力」です。データエンジニアリング力とは、データサイエンスを駆使してサービスやアプリケーションにデータを活用した機能を実装するスキルのこと。

主に、クラウドサービスの知識、プログラミングスキル、フレームワークの知識がデータエンジニア力です。以下で、これらについて詳しく解説します。

 

データエンジニアリング力①クラウドサービスの知識

 

 

クラウドサービスとは、データやソフトウェアをインターネット上でユーザーに提供するサービスです。現在では、ビッグデータ分析の構築場所をクラウド上に設定している企業も増えてきています。

そのため、クラウド上のデータを活用し分析するためには、クラウドサービスに関する知識が必要となります。

 

データエンジニアリング力②プログラミングスキル

 

データエンジニアは、ビッグデータを取り扱うので、業務効率化のためにAIや機械学習をプログラミングするスキルが必要です。特に、機械学習に使われるPythonやRといったプログラミングスキルの習得は不可欠

ビッグデータの中にはテキスト、数字、画像や音声など様々な種類のデータが存在します。そこで、プログラミングスキルを持っていることで、様々な種類のデータを分析可能な形式に加工できます。そして、加工したデータを処理することで重要なデータが導き出せるのです。

 

データエンジニアリング力③フレームワークの知識

 

 

フレームワークはアプリケーションのベースとなるソフトウェアです。その中でも機械学習フレームワークは、機械学習やディープラーニングを行うために重要な役割を果たします。そして、フレームワークは世界中で数多く開発されています。

そのため、ある問題を解決するためにどのフレームワークを用いたらよいかをデータエンジニアは理解しておく必要があります。フレームワークを用いることでアプリケーション開発も容易に進められるので、数あるフレームワークの知識をしっかりと身に着けておきましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

1+

【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

アートディレクターを徹底解説!気になる仕事内容から必要なスキル、なり方まで分かりやすくご紹介します。

キャラクターなどのデザインはアニメやゲームだけではなく、ビジネスや地方創世活動などにも必要不可欠になってきています。そのようなデザインを具現化するのに必要なアートディレクターという仕事があるのを知っていますか。今回はアートディレクターの仕事やなるための方法や必要なスキルなどを紹介していきます。

 

アートディレクターとは

 

 

アートディレクターとはどんな仕事かというと、イメージを具現化する際の指揮をとる責任者の事です。

具現化する指揮をとるといっても、自分でデザインを行うというわけではなく、「こんなデザインを広告で使いたい」「こういうイメージをアートで伝えたい」など、クライアントがイメージしている物を把握しデザイナーやコピーライターなどに分かりやすく伝える事で具現化していきます。

 

クライアントとデザイナーの間に入って、クライアントが思い描いたイメージ通りのデザインを作れるようにコントロールしていくお仕事で、ADと略されることもあります。

基本的には一切デザインにかかわらないお仕事ですが、中にはデザインも自分で行う兼任アートディレクターという人もいます。

では実際にはどのように仕事をしているかについて紹介していきます。

 

アートディレクターの仕事とは?

 

 

アートディレクターは先ほど話した通り基本的にはクライアントとデザイナー等の間に入る仕事なので、仕事の始まりはクライアントにイメージを聞くことから始まります。

 

「どのようなデザインがいいのか」「何を伝えたいのか」など、クライアントがどんなものを望んでいるのかをしっかりヒアリングして、そのプロジェクトに必要なデザイナーなどのスタッフをアサインします。

デザインの方向性を決めるためにラフデザインを複数作成して、クライアントがイメージしたデザインとのすり合わせを行い、方向性が決まったら実際に作成をしていきます。

その間は、クライアントへの経過報告や修正指示を頂くなどフォローをするというのがアートディレクターの仕事です。

 

アートディレクターの年収は?

 

 

デザインを形にする際の舵をとるアートディレクターの平均年収は転職会議がとった統計によると460万円だと言われています。

参考:「転職会議」https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/112

 

アートディレクターと一緒に仕事をする事が多いグラフィックデザイナーの平均年収は同サイトで325万円とされているので、実際に具現化するデザイナー職よりもクライアントのイメージをヒアリングして、デザインの方向性を決めていくというそのプロジェクト全体に関わり責任を持って行動するアートディレクターの方が高い年収をもらっています。

もちろん、有名なデザイナーになるなど個人としての評価が高くなってくれば年収が逆転する場合もありますが、アートディレクターはデザイナーに指示を出す立場になる事が多い職種なのでこのような年収になっているのです。

 

アートディレクターに向いている人は

 

 

そんなデザインの方向性を左右する重要な立場であるアートディレクターに向いている人とは、どういう人だと思いますか?

 

コミュニケーションをとるのが好きな方

 

 

アートディレクターは名前にアートがついている事もあってデザイン系の職種に見えますが、実際は人とのかかわりが非常に重要になってくる仕事で、営業にも近い仕事なのです。

 

デザインの方向性を決めるには、クライアントにどういう希望があるのかというのを細かく聞くことが必要になってきます。

また、聞いた希望やデザインの方向性をデザイナーの方に分かりやすく伝える必要があります。

この2つができていないと、イメージと全然違うデザインが出来上がってしまうのでクライアントが納得いく提案をする事が難しくなっていまいます。

 

また、クライアントの中にはイメージが固まっていない方もいらっしゃるので、そういう方に対してどのようにコミュニケーションをとってイメージを固めていくのかというのも非常に重要なポイントになります。

 

デザインが好きな方

 

 

先程営業にも近い仕事と言いましたが、やはりデザインなどアートが好きな方でなければ務まらない仕事です。

漠然としたイメージや言葉からデザインの方向性を決めていくお仕事なので、自分である程度デザインをイメージできる方でないとクライアントとのデザインイメージのすり合わせができませんし、方向性も決めることができません。

また、デザイナーにラフデザインを描いてもらう時には自分でサンプルを描いてから渡さないといけない場合もあるので、デザインに対して知識や能力がないと難しい仕事です。

 

Geekly Media ライター

2+

ゲームデザイナーを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、プランナーとの違いまで幅広くご紹介します!

スマートフォンが発達して、より気軽にゲームを遊べるようになりゲーム市場は盛り上がりを見せています。そんなゲームを作成するときに必要な職種にゲームデザイナーという仕事があることをご存知ですか?今回はゲームデザイナーとはどんな仕事で、どんなスキルが必要なのかについて詳しく紹介していきます。

 

ゲームデザイナーとは

 

 

ゲームデザイナーとは、言葉通りゲームのデザインをするお仕事です。

大きく分けると以下2種類となります。

 

・CGデザイナー

ゲームにおけるステージやキャラクターを作るお仕事となります。アニメーションや背景グラフィック、デモムービーなど機能に合わせたデザインを心掛ける必要があります。

・UI/UXデザイナー

スムーズなゲーム「体験」を行ってもらうことを目的にデザインを行います。タイトル・メニュー画面の作成、ボタン・アイコンなどの最適化、フォントや文章などを中心にデザインしていきます。

 

以上が一般的に「ゲームデザイナー」と呼ばれて思い浮かぶものだと思います。ただ他にも挙げるとするならば、デザインとは元々「設計」や「意匠」という意味を持っているので、キャラクターなどのデザインだけにとらわれずゲーム作品全体の企画・構成を作っていく仕事でもあります。ゲームシステムや世界観など0からゲームを作っていきます。

「ゲームデザイナー」と一口に言っても業務内容が多岐にわたることは覚えておいていいかもしれません。

 

ゲームデザイナーは売り上げに大きくかかわる仕事

 

 

ゲームデザイナーの仕事は非常に重要です。

なぜならどんなに企画のゲームであっても、全体のバランスや世界観が良くないとお面白いゲームを作ることができないからです。

 

暇つぶしにやるという単純なゲームも増えてきていますが、ハマるゲームというのは感情移入することができたり、非日常を経験することができるゲームです。

ゲーム全体のバランスが悪いとプレイしていて違和感が出てきて感情移入しにくいですし、世界観が陳腐だとのめりこむことができません。

ゲーム作成はゲームデザインナーから始まる仕事なので、設計の良し悪しで売れるか売れないかというのは大きく変わってくるのです。

 

ゲームプランナーとの違いは?

 

 

ゲームデザイナーの仕事を調べているとゲームプランナーという仕事をよく見かけます。

ゲームプランナーはゲームをプランニング(立案・企画)する仕事なので、ゲームを0から立案し企画を作っていく仕事なので企画から完成まで携わります。

つまり、ゲームの全体的な設計をプランニングしていくわけです

 

先ほど言った通りゲームデザイナーはゲームをデザイン(設計・意匠)する仕事でもあるので、ゲームの骨組みを設計してため当然企画立案にかかわっていきます。

しかし、ゲームデザイナーは基本的には「CGデザイナー」「UI/UXデザイナー」が主な業務となるので、被る部分はあったとしても、基本的には違うものと捉えて問題ないでしょう。

 

ゲームデザイナーの年収は?

 

 

そんなゲーム作りにおいて非常に重要なゲームデザインナーの仕事ですが、やはり目指すならどれくらい稼ぐことができるのかというのも気になりますよね。

 

転職会議が統計を取っているデータからは、ゲームプランナーの平均年収は378万円だと言われています。

世代別だと20代前半は平均323万円・20代後半は平均355万円・30代は平均426万円・40代以上は平均406万円となっています。

しかし、これはあくまで平均年収であってこれ以上稼いでる方もいれば稼げない方もいます。ゲームデザイナーはゲームの核を作る仕事なため売り上げに直結する仕事なので、評価が分かりやすいです。

参考:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/129

 

Geekly Media ライター

1+

フルスタックエンジニアとは!?必要なスキルからこれからの需要まで徹底解説!

Webアプリケーションを開発するためにはフロントエンジニアやバックエンドエンジニア、インフラエンジニアなど様々な専門分野がありますが、全ての開発を行えるフルスタックエンジニアという超人的な存在がいます。本記事ではそんなフルスタックエンジニアについて必要なスキルや需要について徹底解説します。

 

フルスタックエンジニア

 

フルスタックエンジニアとは

 

 

フルスタックエンジニアとは全ての開発業務を一人で行うことができるエンジニアのことを言い、別名マルチエンジニアとも呼ばれます。

通常のエンジニアは、フロント部分とバックエンド部分に分かれてそれぞれの業務を行うことが一般的ですが、ベンチャー企業や人手が少ないところは一人のエンジニアが全ての業務を担当する事を想定して採用することがあるようです。

実際は業務や会社毎にフルスタックエンジニア の定義は異なるため明確にフルスタックエンジニア とは=◯◯といった表現が出来ないのですが、ここではWebアプリケーションを開発する上で全ての業務を担当できる人という定義で解説していきます。

 

フルスタックエンジニアの仕事内容

 

全ての仕事を担当

 

 

フルスタックエンジニアは要件定義、インフラ・ミドルウェアの設計・導入、開発、テスト、運用、保守まで全ての仕事を任される可能性が有り、それら全ての知識について精通していなければなりません

一人で全てを開発しないにしても、打ち合わせから納期まで俯瞰してどの様に作業すれば良いか分かるだけの知識は最低限必要になってきます。

 

フルスタックエンジニアに必要なスキル

 

フロント、バックエンド両方の言語知識

 

 

フルスタックエンジニアになるためにはフロントサイドとバックエンド両方のプログラミング能力を持ち合わせる必要があります

そのため、HTML/CSS/JavaScript/jQueryといったフロントエンドサイドの言語やRuby/Python/PHP/Javaなどバックエンドの言葉も理解しておきましょう。

もちろん働く現場や自身の開発環境によって言語は絞られる可能性はありますが、使える言語は多ければ多い方が良いでしょう。

合わせて言語別のフレームワークやライブラリーといった知識も必ず必要になります。

 

OS、ミドルウェアの知識

 

 

次に必要になってくる知識として、OSやミドルウェアの知識が挙げられます

OSはシステムの基盤となるWindowsやMac OSなどです。ミドルウェアはOSとアプリケーションを繋ぐ補完アプリケーションの様なもので、Apacheと呼ばれるWebサーバーソフトウェアや、データベースを管理するMySQLなどが代表的なミドルウェアです。

これらはバックエンドで必ず触る必要が有り、フルスタックエンジニアを目指すのであれば知っておくべき必須の知識です。

 

プロジェクトマネジメントのスキル

 

 

フルスタックエンジニアは時に全体を俯瞰してプロジェクトを指揮する様な立場になることが有ります。そういった際にどのように納期までの開発スケジュールの調整を行い、各担当との連携を行うためにどういったコミュニケーションを行うかといったマネジメント能力が要求されます

 

フルスタックエンジニアの年収

 

 

フルスタックエンジニアの年収はIndeedの求人情報を参照すると、450万〜1000万の幅で募集されることが多い様です。

全ての業務を一通り出来るスキルが求められるため優秀な人材が少なく、年収の中央値も自ずと高くなるようです。

希少価値が高いため、自身でフルスタックエンジニアだと自覚できるほどの能力が付いたら高収入を狙える立場になれるでしょう。

 

Geekly Media ライター

とげみ

1+

PG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)って何が違うの?職務内容や必要なスキルなどを徹底比較!

本記事ではPG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)の違いについて解説していきます。PGとSEは似たような職種なので同じような仕事を行っているイメージを持っている方もいると思います。しかし、SEとPGは職務内容や必要なスキルなど様々な面で異なっています。今回は、両者の相違点を比較しながらわかりやすく解説していきます。

 

SE(システムエンジニア)ってどんな職業?

 

SEとは、簡単に言うとプログラムの設計を担当する役職のことを指します。

システム開発には、要件定義→システム設計→システム製造→テストの流れで進行します。この中でSEは要件定義からシステム設計を担当します。

他にも、SEは複数のプログラムを連携させたテストやシステム全体の動作をチェックするテストも行います。

そのため、要件定義や、テスト、システム設計を行うSEは、ITスキルだけでなく設計書・試験項目表を作成するドキュメント作成スキル、システム開発に関する知識が求められます。

また、クライアントと話し合う機会もあるためコミュニケーションスキルが必要です。

しかし、SEの仕事内容は曖昧となっており、PG(プログラマー)、Webデザイナー、コーダーなどの職種の人材を組み合わせ、チームとして構成する場合があります。

これらの仕事の分担は会社によって異なるため、SEが担う仕事の量も会社次第で変化するので注意が必要です。

 

PG(プログラマー)ってどんな職業?

 

 

PGとは、SEが作成したシステムの設計書通りにプログラミングを行う役職です。下流工程と言われる、システム開発の製造工程は、PGが担当している仕事です。

ただし、システムの設計書には最低限の内容のみ書かれているため、必要とされる動作をコードで実行するにはPGの腕が重要となります。

一見同じ動作のプログラムであっても、コードの出来不出来で動作の遅延の原因となったり、バグが発生しやすかったりします。

他にも、プログラマーはコーディングしたプログラムの単体テストまで担当しています。これは今後の作業の進行に重要な作業となっています。

これらのことから、プログラミングスキルだけでなく、自分のプログラムに責任を持ちきちんと細かな部分までチェックする必要があります。

 

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは?

 

 

要件分析・定義

 

SEの基本的な仕事としては、システム開発全体の業務のマネジメントを行う必要があります。

その工程の最初に行われる、要件分析と呼ばれる作業工程では、クライアントの求めるシステムをヒアリングする役割を担う、重要なSEの仕事となっています。

また、要件定義はクライアントからの要求を分析して、システムやソフトウェアの開発の中で必要な機能を明確にする作業のことを指し、これも重要なSEの仕事です。

 

基本設計

 

基本設計とは、クライアントからの要求分析を行い必要な機能を明確化した後に、システムをどのように構成するかを定めるSEの仕事です。

 

詳細設計

 

詳細設計とは、開発するシステムを基本設計で大方決めた後に、実際に開発するプログラミングの工程に必要な詳細な設計を行う仕事です。

 

論理的思考力

 

担当している仕事内容にかかわらず、SEは物事を論理的に考えるスキルは重要です。

複数の物事の法則性を素早く読み解き、正しい方法で実行するスキルが求められるため、未経験者であっても論理的思考力があればSEとして採用されやすい傾向があります。

 

Geekly Media ライター

ib515

1+

ITアーキテクトを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、コンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!

本記事では、ITアーキテクトについて年収や仕事内容、資格、必要なスキルの開設や、役割の似ている職種であるITコンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!ITアーキテクトについてあまり知らない方に対してもわかりやすく解説していきます。是非、ITアーキテクトを目指している方はご参考にして下さい。

 

ITアーキテクトとは?

 

 

IT分野の設計・構築の役割

 

ITアーキテクトは、IT分野の中でクライアントの要望に応じたシステム・環境の設計・構築を行う役割を担います。

また、プログラマやエンジニアよりも上位の職種に位置付けられるため、システムを設計・構築するだけでなく現場のエンジニアに指示する重要な立場です。

また、業務内容の幅が広く、アプリ・ソフトウェアなどのシステム設計者やインフラ・ネットワークなどの設計エンジニアまで含みます。

 

資格の取得は有効

 

ITアーキテクトに有効な資格に、システムアーキテクト試験があります。

システムアーキテクト試験はスキルレベル4に指定されているため、難易度が高く合格率は15%と少なめです。そのため、価値の高い資格であると考えられます。

※スキルレベルは1~4まであり、情報処理推進機構により設定されています。

システムアーキテクトの資格を取得することにより、他の国家資格を受験する際に、試験の一部免除を得られる場合があるので、取得しておいて損はない資格です。

 

ITアーキテクトの仕事内容とは?

 

 

テクニカル調査

 

IT技術の動向を調査して、最適な技術を案件で使用します。この際、その技術が今後普及する技術なのか、人気が衰えるのかを判断します。

プロジェクトの発足時だけでなく、常々最新技術の動向を調査していく必要があります。

 

アーキテクチャ設計

 

クライアントからの要件定義を基本にして適切なアーキテクチャの構築やその代わりとなる解決策の調査を行い、その調査結果を元にしてシステムの基本を設計します。

 

問題解決

 

要件定義の段階やプロジェクトの進行中に発生した問題には、ITアーキテクトは責任者として問題の解決に導かなければいけません。

もし、問題を解決できない場合では、よりよい代替案を提案するなどクライアントに迷惑をかけない解決案の提案が求められます。

 

3つの専門分野に分かれる!

 

 

インフラストラクチャ・アーキテクト

 

インフラの安定運用、システム保守、リプレース計画、バックアップ戦略、負荷対策などの非機能要件を担当するインフラを専門としたアーキテクトです。

※非機能要件とは、システムの構成に当たり性能面やセキュリティ面において実現するべき用件です。

 

アプリケーションストラクチャ・アーキテクト

 

ビジネスフローを中心に置いた、アプリケーションの設計を専門としたアーキテクトです。

技術者だけでなく、案件の用件の深い理解が求められます。また、ビジネス上の課題の分析、それに基づく論理データモデル、基本設計を設計する必要があります。

 

インテグレーション・アーキテクチャ

 

単体の業務を専門とするのではなく、複数のシステムを合わせたサービスを作成することを専門とした分野です。

例をあげると、Google,Amazonなどのような多数のサービスを提供させるサイトでは、インテグレーション・アーキテクチャは重要な役割を担います。

 

ITアーキテクトの年収とは?

 

 

上記の説明でITアーキテクトは、プロジェクト内での重要性が高いことがおわかりいただけたでしょうか。

そのため、年収は他のIT関連職業の平均よりも高く設定されているケースが多く、約700万円程度です。また、大規模のプロジェクトを担当するITアーキテクトは1000万円を超えるケースも少なくありません。

 

参考元:http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

 

ITアーキテクトに求められるスキルとは?

 

 

Geekly Media ライター

ib515

2+

Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

Geekly Media ライター

ib515

0