【徹底比較!】HTML vs CSS!両者の違いからJavascript、PHPとの関係性まで分かりやすく解説します!

インターネットとは切っても切れないWebサイト。Webサイトの多くがHTMLなどの言語で作られており、これらの言語で作られたWebサイトは日常的にpc、スマホ、タブレットなどで閲覧できます。今回はこれらの言語の名前の意味などの基礎を始め、仕組みや使い方、言語習得のコツやアドバイスまで紹介致します。

 

そもそもHTMLとCSSって?

 

「HTML」&「CSS」の2つを簡単に説明

 

 

そもそもこれらの意味がわからないなんて人が大半ですよね。簡単に大きく別けて説明していきます。

 

・HTML

「HTML」は『Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)』の略です。Webページを作るための最も基本的なプログラムの言語のひとつです。

・CSS

「CSS」は『Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)』の略です。ウェブページの文章のスタイルの指定をする言語です。

 

JavascriptとPHPとは?

 

「javascript」&「PHP」の2つを簡単に説明

 

 

・javascript

「Javascript(ジャバスクリプト)」は、有名な「java」と名前が似てますが全く別の言語です。

当時から人気があったjavaの良い波に乗りたいがために名前を「LiveScript」から「javaScript」に変更したと言われている言語。「javascript」の使い方はウェブページに動きをつける用途で使用されます。

・PHP

「PHP」は『PHP: Hypertext Preprocessor』の略。The PHP Groupによってコミュニティベースで開発されたオープンソースの公式汎用言語。主にサーバー側で使用

 

HTMLとCSSを簡単に説明

 

HTMLとCSS

 

 

・HTMLとは

HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)はWebサイト作成で最も多く用いられる言語です。

これから「ハイパーテキスト」「マークアップ」「ランゲージ」3つに分けて説明していきます。

 

ハイパーテキスト

ハイパーテキスト(HyperText)とはハイパーリンク埋め込み高機能を搭載しているテキストのことを表します。Webページをクリックすると別のページに飛ぶURLリンクのことです。

ハイパーテキストにはハイパーリンク機能で音声データや画像、動画、などサイト内に埋め込みすることが可能。情報と情報を繋げ整理する機能が使えます。

 

マークアップ

マークアップは目印をつける意味を示します。見出し、リスト、段落、などの文章の各部分を要素といいます。検索エンジンがWebページの構造を理解し分析、関連しやすいように示す事を意味します。

 

ランゲージ

ランゲージの意味は言語。簡単に例えると、人とコンピューターにおける翻訳ルールがHTMLです。

・CSSとは

CSS(カスケーディング・スタイル・シート)はHTML、XMLなどの要素をどのように修飾表示するか示す事ができる言語。体裁と文の構成を分離させる事ができるのがCSSです。

 

これから「カスケーティング」「スタイルシート」に別けてIT単語の意味を説明していきます。

 

カスケーディング

連鎖的あるいは段階的に物事が数珠のように同じものが連なる様子を表す。例えるなら小さな滝。何段も連なった数字や文字が小さな滝の様に見えることからこの様に呼ばれています。

 

スタイルシート

文字の見栄えなどの文字の大きさや色、字体などの修飾表現をひとまとめにして捉えるデータファイルなどを示します。

 

javascriptとPHPを簡単に説明

 

JavascriptとPHP

 

 

・Javascriptとは

javascriptは主にクライアント側(サービス利用のユーザー側)で使用される言語。静的(クライアント側)動的(サーバー側)と業界では呼ばれます。

静的なWebページで用いられるのがjavascriptです。他にもマルチメディア管理などが可能なスクリプト言語です。

実はjavascriptはほぼ全ての日本人が一日何回も使っています。スマホやパソコンのデバイスに組み込まれています。このjavascriptは上記でも説明した通り、javaとは別の言語なので気おつけましょう

javascriptとは主にユーザーとネット内のWebページを円滑に作動させるため用いられます。実際にネット上の記事を閲覧可能にしているのはjavascriptのおかげなのです。

 

・PHPとは

PHPはHTMLに埋め込み可能なため好んで使われることが多いスプリクトの一つです。javascriptとPHPどちらもスクリプトですがその大きな違いとなるのが実行できる場所が違うことです。

PHPはサーバー側(パスワード読み込みなどサービス提供側)で実行できるコードができ、javascriptは誰でも閲覧可能なクライアント側がコードを受け取り作動する仕組みになっています。

簡単にPHPができることはデータベース連携、HTMLソースコード作成、クライアントから配信された情報を受ける事ができるのがPHP。

様々なデータベースとの連携が可能なWebサイトを作成可能。サイトでのパスワード入力情報をPHPで受け取る事が可能。受け取った情報をHTMLで表示したり、データベースに保存したりすることが可能。

 

【徹底比較!】Azure vs AWS!両者の特徴の違いから使い分け方まで分かりやすく解説します!

AzureとAWSの情報の気になっている情報を模索し解説します!Webサービスとして比較した時に何が異なってきたり、どんな機能が付いていて同じ所と違った所を説明。他にも今後の両者はどうなっていくかの予測や、利用を考えている人にアドバイスもあります!特徴、違い、コスト、使い分け方など比較し解説します!

 

AzureとAWSとは?

 

 

AzureとAWSは、どちらもインターネット上でサービスを提供する「Webサービス」と言うカテゴリに入ります。Webサービスの中でも「クラウドコンピューティングサービス」と言うインターネットなどのコンピューター経由サービスに区分されます。

クラウドコンピューティングサービスは、情報や利用する際の形式などのベース基盤を提供し、ネットワーク内でのシステムのことを示しています。

その中でも有名なのが、Microsoftの「Azure」と、Amazonの「AWS」です。

AzureとAWSの徹底比較

①【Azure】マイクロソフト・アジュール

 

 

Azureとは、「Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)」の略語になります。

Amazonが提供しているAWSのシェアはクラウド分野で、33%前後の高い数値を出して世界1位のクラウドサービスとして有名ですが、Azureもまた多くのユーザーに利用されているサービスです。世界的シェア率は13%前後でMicrosoftのAzureは大差をつけられての2位になっています。

ですが、AWSが49%前後で、Azureが89%前後という成長調査増加率の比較をすると、Microsoft Azureの成長率はダントツで1位のWebサービスと言えます。2020年には、1位を狙える急成長を測る明確なビジョンと目標を発表しており、逆転を狙っているのがMicrosoft社となります。

今はAWSにシェア率という側面で後れを取っていますが、この2社の先行きが今後どうなるかは誰にも予測ができません。

AzureはIT業界以外に製造、電力などのエネルギー領域、金融サービス、政府系、航空などの特定の分野に強みを発揮しています。こういった専門性&外に漏れないセキュリティ面を前提とした情報管理がAzureのウリと言えるでしょう。

 

②【AWS】アマゾン・ウェブ・サービス

 

 

AWSとは「Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)」の略語になります。

ECサービスが有名なAmazon.comがサービスを提供しているAWSの魅力としては、幅広い分野に接点があるため、多くの利用用途が見込めることです。幅広い分野に対応できることで、実際に導入する際には過去の導入事例も見つかりやすいでしょうから、導入へ踏み切る精神ハードルも下がりやすいのではないのでしょうか。

更に、利用したいサービスだけに特化できる利用が可能なため、1ライセンス(1サービスの課金)からのサービス利用が可能であることも。Azureの大きな強みになっています。

 

特徴と違い

 

【Azure】と【AWS】の特徴

 

 

・Microsoft提供【Azure】

見えないところで技術と生産性を高め、利用者に良い技術やサービスを提供するため、開発者のレベルは高く向上し続けていることが、Azureの急成長の裏付けとなる理由でもあり現在の特徴です。

更に、最新人工知能とデータを活用し、インテリジェントの次世代アプリを生み出すことが可能です。このような特徴からAzureの秘めた可能性は高く、IT業界のAI分野を促進すると予測されます。

 

・Amazon提供【AWS】

最速で世界中の豊富な情報とグローバルに接しており、数多くの分野で利用が可能です。

多様な分野に対応するためにも、豊富なサービスを数多く展開しているため、Azureに比べて統一しスッキリと円滑にすすめることが難しい部分もあるのは難点ですが、Microsoftの手が届かない分野のサービスを提供できます。

使いたいシステムだけ課金することができるため、必要な部分だけの利用が可能。そのため柔軟かつ的確にコストが抑えられ、効率的、円滑に利用することが可能で特徴の1つです。

 

【Azure】違い

 

 

他にも、自社内の構築がしやすいという強い理由から、自社製品の共有やサービスをスムーズに利用できることがメリットになります。

その上、特定の業界特化に強い特徴を持つため、専門性の高い分野で独占利用することにより、特化型サービスとしては、非常に魅力的な一面があるのはAWSとの大きな違いになります。

Microsoft製品の連携と一部の業界に特化する事に強い傾向があるのがAzureです。

 

【AWS】違い

 

 

安定したサービス提供実績は十年以上続いているため、さまざまなエラーやトラブルを解消してきた実績と経験があり、安心して利用ができます。また、自然災害にも対応できるクラウド構成設計が可能なため、大きな自然災害にも対応策を万全に完備しています。

更に、サービスは一つ一つ利用したいサービスのみを利用することができ、少ない資金から大きな構成を徐々に作ることが可能です。AWSは多くの分野に広くサービスを利用し、展開、運用することができ、世界を視野に入れ活動する人に向いている傾向にあります。

 

『.NET フレームワーク』を徹底解説!!その特徴からできることまで、分かりやすくご紹介します。

『.NET フレームワーク』の本来の意味合い(過去の意味合い)と現在の意味合いまでわかりやすく解説。.NET フレームワークの特徴&できることまで徹底解説!難しいIT用語をある程度意味合いが伝わるように変換!知識ゼロから.NET フレームワークの知識、理解、関心が得られ、IT世界の仕組みが見えてきます!

 

.NET フレームワークとは?

 

過去と現在で意味合いが異なる

 

  

『.NET フレームワーク』とは、「Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)」と言うアプリケーションです。

Microsoft社が提供している開発&実行ができるプラットフォームになります。Windowsのプログラム実行環境などとして推進します。

当時は「Microsoft.NET」と呼ばれていましたが現在では意味が少し異なり、「.NET」をテーマにして専門的な人と対談する場合話が噛み合わないといった状態が現在では発生してるため、過去と現在の.NETを説明します。

簡単に要約すると「Microsoft.NET」 の過去のビジョンが失われ、現在は異なったビジョンになっていることが理由に挙げられます。

XML Webサービスに力を入れていたMicrosoftは経済の流れ乗るために、代わりにRESTスタイルへの力を注ぐ様になったことにより意味合いが変わりました。

過去の呼び名「Microsoft .NET(マイクロソフト ドットネット)」から現在の呼び名「.NET Framework(ドットネット フレームワーク)」に呼び名が変わりました。

結果的に「Microsoft .NET」と「.NET Framework」では意味が異なり「.NET」は「.NET Framework」の略語で現在の意味合いも「.NET Framework」を示しています。

開発&実行環境をアプリケーション経由でサービスを提供するプラットフォームを開発したのがMicrosoftです。

他にも主にXML、ウェブサービス、ウェブアプリケーションなどインターネットのウェブをベースにした環境にも対応しており様々な開発&実行が可能な環境を提供

.NETフレームワークで対応している言語は数多くあり23カ国に対応しています。

 

開発者側とユーザー側

 

 

.NET フレームワークは開発者側とユーザー側で知識や経験、理解度の度合いが大きく関わってきます。つまり、立場が変化するだけで見方、操作性や使用用途も変わってくるのが.NET フレームワークです。

簡単に下記で開発者とユーザー側で説明します。

・開発者側

.NET フレームワークで使用できる開発言語を活用し、アプリケーションの開発ができます。開発で使用した言語以外にも後から対話が可能なため、さまざまなコンピュータ機器やソフトウェアと連携して開発が可能です。

・ユーザー側

.NET フレームワークでの言語開発を行わなくても利用することが可能なため、多くのユーザーは知識や経験、スキルがなくても利用が可能です。

上記のような開発側とユーザー側で.NET フレームワークの認識や知識の有無などが大きく変動します。2つの味方ができる事により、これから話す内容は開発者側の内容を深堀りして解説して行きます。

 

システムの論理的構造

 

共通言語基盤

 

 

.NET フレームワークにおいて主に使用される行動の流れについて解説します。

この行動の中で最も本質をしめているのがCLI(共通中間基盤)です。この意味を簡単に説明すると開発環境で実行環境時の単体言語に依存しないと言う意味です。

Microsoftで主に用いられているのがCLR(共通語ランタイム)と呼ばれている5つの項目です。

・CTS (共通型システム)

定義は様々ありますが、Microsoftが開発した人とネットフレームワークに対応したプログラミング言語でデータを統一するためのシステム。

・CLS (共通言語仕様)

共通言語ランタイムでサポートされている言語機能のサブセットに該当します。CLSはCTSのサブセット。 結果、CTSにもCLSは適用されます。ただし厳しい制限が設けられていない場合に限ります。

・CIL (共通中間言語)

人間が解読可能なプログラミング言語に変換。様々な言語をCIL (共通中間言語)で特定のOSや機種に依存しないプログラミング「マネージドコード(CLRに対応できる形式に変換)」にします

・JIT (ジャストインタイムコンパイラ)

結構環境のOSや機種に依存しない中間コードをプログラム実行する時点の工程で実行可能な言語にソースコードからオブジェクトコードに変換することができるのがJIT (ジャストインタイムコンパイラ)。

・VES (仮想実行システム)

メタデータを活用して動的要素を持つプログラミング言語を生成することができるシステム。CIL (共通中間言語)で読み込みと実行を実現することが可能なシステム。

 

ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

ユニケージ開発手法とは!

 

 

「ユニケージ開発手法」とは、オペレーティングシステム (OS)でのUnix系コンピューター(コマンド)とスクリプト言語(シェルスクリプト)でシステムを開発する意味を持つ開発手法の1つです。

ユニケージ開発の一般的な考え方は、コード修正が少なくて済む場合の考え方を保持します。更に、経年劣化しないハードウェアを起用し、その仕組の基本的な物事の核を選択し実行しているのが、基本となります。

この方法により、ソフトウェアのクッション性と、ハードウェアのスピードの特徴を一緒に得ることができるのがこのユニケージ開発の手法になります。

 

特徴3つ

 

【幅広い対応性】

 

 

1つ目は、開発環境はさまざまなUnix系統OSであればスクリプト言語と組み合わせて開発可能です。理由はUnix系のOSとスクリプト言語で開発可能なのが「ユニケージ開発手法」です。

つまり、スクリプト言語とUnix系OSと言う条件でなければいけませんが、この条件下であればさまざまなUnix系のOSでの開発が可能となるため、幅広い開発がおこなえることが特徴として挙げられます。

 

【難しくない開発】

 

 

2つ目は、スクリプト言語を活用するソフトウェアを使用するためには、コンピューター(コマンド)が必要になります。従来のコンピューターの言語処理では、現代の情報社会についていけず機能や操作性に衰えが生じてきます。

その問題を解消するのがUnixとなり、独自のコンピューター内部で作成ができると言う点で楽しめます。効率的に単純化したシステムを作り上げることができ、作れるコマンドの個数は開発する人により無限に作成が可能です。

ユニケージ開発手法で開発したコンピューター内部のスクリプト言語を、数十個にまとめ集約することが基本となります。

大きな特徴としては、単純に見える簡単なソースプログラムを使用します。ソースプログラムを用いて多くの人が独自に書き換えることが可能です。

 

ですが、単純な見た目だからといって、はじめの段階から簡単に作成することができたということでもありません。長年の経験の中からシンプルで簡単な形式に纏め上げることができるようになりました。

長年の積み重ねで簡単に快適に言語を扱えるシステムが生まれ、その後の開発が誰でも簡単に利用することができるのが現代です。

つまり、ユニケージ開発の本質は、開発者の高度な技術による開発システムではありません。複雑なコードを構成したり、といった難しい開発手法で行うことをせずに開発できます。

結論、アイディア次第では誰でもシンプルな技術とシンプルな理解で開発を実現できることがユニケージ開発の特徴になります。

そこに経験を加えることによって、磨き上げられ高い技術や知識が身に付くのがユニケージ開発手法です。

 

【正しく証明できる】

 

 

3つ目は、ユニケージ開発の特徴として、一般的な人でも理解しやすいテキスト形式での実行を中心として開発できます。単純明確な基本的な機能の行列形式、ヘッダー、タグ形式など幅広い範囲をサポートしています。

Unixの構成に従って配置することが可能な、一般的なテキストファイル類を小さい単位に1つずつ置き換えます。そして、大きいデータで一括して蓄積すること無く、小さいデータ単位の積み上げで構成保存できます。

このような形式でデータを処理することにより、小型のデータで簡単に取り扱いができ、効率よく処理することが可能となります。

発生したデータをそのままファイルに保存する手法をとり、データを消去する事はありません。つまり、入力作業を行った場合1エディターにつき1ファイルが生成されます。

ファイル数の数は膨大になり、増え続けることが懸念されますが、現代ではその心配はありません。最近のデータの扱える機能性はとても優秀で無限に保存や管理が可能です。

それにより、修正されていない無修正のデータでしっかり信用性での評価となる重要点からこのような手法をとっています。

理由としては、データを正しく証明できるため、小さいファイルを生成することが、基本的な考えとその考え処理方法となります。

上記の信頼性や情報データの正式な証明を軸に置いているのがユニケージ開発の特徴になります。

 

内容

 

【内容の作業手順】

 

 

・手順1

非同期で発生することが多くあり、テキスト形式とは限らないことが特徴に挙げられます。

・手順2

手順1のデータを秒、分、時、日のように期間的にシステムを情報処理します。この時にイレギュラーデータが取り除かれ、一般的に手順2がテキストデータ化されます。

・手順3

業務上で行うようなファイルに分類や整理したデータなどを時系列に処理します。この時手順2のデータを発生種類ごとに項目を分類して整理します。

・手順4

データは、アプリケーションと呼ばれることもあり、単位、出力に便利な構成されたファイルで構築する作業が手順4です。

・手順5

出力データを扱います。システムをユーザが操作したときに、動作する発生データを示しています。この発生データを保存しておくことにより、出力データの検査やシステムを管理する業務などにも利用されることがあります。

 

【完全分散処理】

 

 

ユニケージのシステムはサーバー、ソフトウェア、データ配置に反映されます。この時サーバー内では「理解」と「分類」が同じ意味として認識されます。

サーバー、ソフトウェア、データ配置を分けることにより、各役割事に明確な役割に特化し、他の無駄な機能の処理を行わないことにより、シンプルで無駄のない早い処理が可能となります。

単純特化された機能を積み上げることにより、良いものができると言う発想から生まれたシステムです。

また各サーバーごとに自立可能なシステムを採用しているため、必要に応じて違う場合にもシステムを実行することが可能。つまり、自立可能な各サーバーは出た結果を交換し合い仕事をしていくことが可能です。

このような形式でのサーバーネットワークを表す言葉として「コンピューターズ・コミュニティー」と呼ばれています。

ユニケージ開発の特徴として、データ加工やアレンジを加えることができる自由で現代に対応できる開発システムのことを可能にしたのがユニケージ開発手法になります。

 

Fitness techを解説!IT×Fitnessで何ができる?具体例とともにわかりやすく紹介します!

ダイエットやトレーニングなどのフィットネスにおいて、管理することはとても重要です。そんな管理に最近はITの技術などが用いられています。ITとフィットネスという一見縁遠い両者ですが、実はさまざまなことに活用することができるのです。今回は今注目を集めているFitness techについて、具体例とともに紹介します。

 

Fitness techって?

 

Fitness×ITという新たな組み合わせ

 

 

クロステックの流れが流行っている現在、金融の世界などのITとはあまり関係のなさそうな業界とITがコラボする流れが広がっています。そしてその流れはフィットネスの世界にも来ています。Fitness techとはその名の通り、フィットネスとITという組み合わせによって生み出された技術なのです。

少し前までは活動量計で歩数や心拍数などを計測し、それをアプリなどで管理するのが流行っていました。しかし最近はそこからさらに奥に進んだサービスが人気です。普段の生活などで活動量を計測し、その上でその人にあったトレーニングプランなどを組み立てる、というサービスやアプリが今多く誕生しています。

 

ダイエットから本格的なトレーニングまで

 

フィットネスと聞くと、多くの人はダイエットをイメージするはずです。しかしフィットネスは決してダイエットだけではありません。毎日の健康のためにランニングをしたり、スポーツでよいパフォーマンスをするために日々ハードなトレーニングをすることも、立派なフィットネスです。

Fitness techもそれにあわせたサービスなどを行っています。ダイエットをサポートするアプリはもちろん、アスリートの本格的なトレーニングを支援するためのアイテムやサービスなども多くあります。ダイエットをする人からアスリートまで、フィットネスをするすべての人の支えとして活用されています。

 

Fitness tech実用例①:AIはダイエットの相棒!?

 

FINCというアプリ

 

 

自分でダイエットの計画を立てるのはかなり大変です。毎日の運動量や食事のカロリーなど、計算しなければいけないことは山ほどあります。かといってダイエットのためにジムに通うとなると、余計な費用がかかってしまいます。ダイエットはしたいけど、自分でいろいろ考えたり余計な費用はかけたくない、という人にはFINCというアプリがおすすめです。

FINCはダイエットアプリとして今最も人気があり、CMなども放映されています。最大の特徴は、なんとAIがトレーニングメニューなどを作ってくれます体重睡眠時間運動量などを基にトレーニングメニューなどを提案してくれるため、自分にあったダイエットができます。

 

自宅で本気でダイエットしよう

 

 

ダイエットにおいて最も大変なこと、それは継続です。始めた頃は意識して続けようとしますが、続けていくと怠けたいという気持ちがどうしても出てきてしまいます。そうして気づいたらダイエットをやめているという人も少なくありません。

FINCの場合、ダイエットに必要なものはすべて詰まっているため、アプリを入れるだけで大丈夫です。トレーニングの内容も、簡単でありながらも専門家監修のメニューとなっているため、効果も抜群です。FINCでもう一度、理想の自分になるために本気でダイエットするのも悪くありません。

 

Fitness tech実用例②:VRで姿勢矯正

 

Xenomaってどんな会社?

 

毎日の生活などで、姿勢というのはどんどん悪くなっているものです。肩こりや腰痛なども、姿勢が悪くなっているのが原因ということもあります。そしてそれはスポーツの世界でも同じです。そうした姿勢矯正に、VRやモーションキャプチャーなどの技術を用いている会社が、Xenomaです。

東大から生まれたスマートアパレルブランドであるXenomaは、モーションキャプチャーなどを用いたアイテムで姿勢などを矯正するという取り組みが、現在行われています。最近ではモーションキャプチャーのほかにも、VRなどを駆使した姿勢矯正やトレーニングなどにも力を入れています。

 

ゴルフなどの練習にもおすすめ!

 

 

スポーツの世界で姿勢が最も重要となる競技はゴルフです。スポーツとしてはもちろん、会社の接待などでゴルフをする人も多いです。ゴルフはボールを打つときの姿勢やフォームで、飛距離なども大きく変わってきます。とはいえ、自分がボールを打つときの姿勢やフォームというのは、なかなかわからないものです。

そこでXenomaのアイテムを使うことで、姿勢矯正などが簡単にできます。さらにVRなどを使うことで、自宅での本格的なゴルフの練習もできます。どうしても場所の制約などでゴルフの練習ができないという人でも、これがあればめきめきと上達すること間違いありません。

 

【知っておきたい!】IT先進国「北欧」を徹底解説!その実情からなぜ先進国となれたのかの背景まで分かりやすく解説します。

ITと聞くと、アメリカや中国をイメージする人が多いかもしれませんが、実は北欧が今IT先進国といわれています。伝統的な文化を重んじるイメージのある北欧ですが、なぜ先進国といわれるほどまで成長したのか、そしてそんな北欧のIT事情はどうなのか、今回はそんなITとしての北欧について紹介していきます。

 

北欧がITに強いって本当?

 

IT先進国ランキングでは常に上位

 

 

私たちの生活をはじめ、いまや社会のすべてを支えているIT。一見日本はIT大国のように見えますが、実は他の国と比べるとかなり遅れています。IT先進国というイメージの強いアメリカや中国と比べても、その差は歴然です。しかしそんなアメリカや中国よりもITが進んでいる地域があります。それが北欧です。

スウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国と聞くと、多くの人はおしゃれな家具や雑貨、特にフィンランドの場合はムーミンという印象が強いはずです。しかし2016年に発表されたIT先進国ランキングでは、トップ5に北欧の国がすべてランクインしているのです。

 

技術力よりも知識量

 

なぜこれほどまでにIT先進国と呼ばれるようになったのか、気になる人も多いはずです。アメリカや中国がIT先進国というイメージをもつ理由としては、ITに関する技術を持ったエンジニアが多いためです。しかしいくらエンジニアが多くいたとしても、その国の住民すべてがITに関する知識を持っているとは限りません

一方北欧の場合、エンジニアの数はそこそこ多いのですが、ほとんどの国民がITに関する知識を持っています。そのため北欧の人たちは老若男女問わず、普段の生活からスマートフォンなどの機器を扱っており、IT技術を容易に使いこなしているのです。技術力で言えばアメリカや中国などの大きな国が有利ですが、国民一人ひとりのITの知識については、圧倒的に北欧の人たちが有利です。

 

実は北欧生まれのアプリ

 

Skype

 

 

私たちが普段の生活で利用しているアプリやサービスは、国内で生まれたものやアメリカなどで誕生したものが多いです。そんな多くの人が利用しているアプリやサービスの中にも、実は北欧生まれのものもあります。日本で無料通話アプリが広まるきっかけとなったSkypeも、実は北欧生まれのアプリなのです。

北欧エストニアで生まれたSkypeは、無料でビデオチャットができることはもちろん、ファイル送信などの機能も付いています。最近では個人での利用だけでなく、企業の面接のときや企業間でのやり取りのツールとしても利用されています。

 

Spotify

 

 

皆さんは普段、好きな音楽をどうやって入手していますか。最近では定額制の音楽ストリーミングサービスのおかげで好きなだけ聴くことができますが、少し前まではお金を払って曲をダウンロードするのが一般的でした。そんな常識を大きく破ったのが、このSpotifyです。こちらも北欧スウェーデンで生まれたサービスです。

アクセスできる楽曲数は約4000万曲と、ここまでは他の音楽ストリーミングサービスと変わりありません。しかしSpotifyの場合、無料会員でも有料会員と同じく4000万曲にアクセスできるのです。さらにはいくつかのDJ関連のアプリなどとも連携が可能であるため、通勤通学のときはもちろん、DJとして活躍する人にとってもかなり便利なアプリです。

 

なぜ北欧はIT先進国になれたのか

 

少ない人口だからこその俊敏さ

 

北欧の人たちはITに関する知識を多くもっている、ということを最初の部分で説明しました。ではなぜそれが実現できたのでしょうか。それは、北欧の国は人口が比較的少ないからです。人口が少ないと一見良くないと考える人が多いかもしれませんが、人口が少ないからこそ有利になることもあります。

例えば新しいサービスなどを開始する際、すべての国民にその旨を伝えたいですよね。当然人口が多ければ多いほど、周知されるまでの期間は長くなります。しかし人口が少なければその周知期間が短くなり、より早く国民がそのサービスなどに適応します。特に北欧諸国は参加型社会が基本であるため、多くの国民が積極的にITに関するサービスに適応します。そうした繰り返しが先進国へと成長するきっかけとなったのです。

 

ITが社会の基盤となっている

 

 

ここ最近日本では携帯などの契約におけるペーパーレス化や、キャッシュレス化が進んでいます。しかしそれでも行政での手続きや企業間での取引は、未だに紙の書類などが主流です。では北欧の場合どうなっているのでしょう。伝統的な文化などを尊重するイメージの強い北欧ですが、実はITが社会の基盤となっているのです。

生活のいたるところでITが用いられており、特に行政での取引に関しては電子取引が主流となっています。公共交通などのインフラの部分でもITが取り入れられていたりと、既に北欧ではITと社会は深い関係となっているのです。

 

北欧のIT事情

 

プログラミングの英才教育?

 

 

ここまで北欧がIT先進国といわれるまで成長した理由などについてまとめましたが、ここからは具体的にどんなことをしているのかについて紹介します。ムーミンで知られるフィンランドは、既に教育のひとつとしてプログラミングが取り入れられています。

日本でも最近授業のひとつとしてプログラミングを取り入れ始めましたが、それよりもかなり前からフィンランドでは始まっています。こうした子供のうちからプログラミングなどのITに触れる機会を増やすことが、国民全体のITに関する知識の深さの所以なのです。

 

数手先のことを既にやっている

 

 

最近になって急速に広まっているキャッシュレス決済。こちらも北欧では既に当たり前のものとなっています。特にエストニアでは、キャッシュレス決済が基本といっても良いほど広まっています。エストニアは今最もキャッシュレス決済が進んでいる国であり、何かと話題になる仮想通貨についても、実はエストニアが一番普及しているのです。

エストニアの首都であるタリン北欧のシリコンバレーと呼ばれており、多くのIT企業が集まっています。先ほど紹介したSkypeもタリンで生まれており、そうしたタリンでの活発な動きが北欧諸国に広まっているのです。北欧諸国が数手先のIT社会となっている裏には、タリンをはじめとするエストニアの人たちがいることを忘れないようにしましょう。

 

シングルページアプリケーション(SPA)を徹底解説!導入メリットやUXとの関係は?

Webサイトと一口に言っても、ページの画面遷移やクリック挙動は多岐に渡ります。中でもシングルページアプリケーションは、ページに一度アクセスすれば、その後大きなページ遷移もなく、ストレスのないサイト閲覧が可能な技術です。今回は、シングルアプリケーションについて、導入のメリットやUXとの関係性について徹底解説します。

 

シングルページアプリケーション(SPA)とは

 

 

シングルアプリケーションとは、Single Page Applicationと表記し「SPA」と略されます

SPAは、Webページにおいて1ページ内を各オブジェクトで構成することで、ページ全体を何度も読み込むことなく、対象のコンテンツのみを遷移させます。

ページ内で変化させる必要のない部分は据え置く(再読み込みをしない)ことで、表示の速度や全体のパフォーマンスを向上させることができるのです。

一般的なWebページでは、例えばユーザーが「次のページ」というリンクをクリックすると、アクションはサーバーへ要求され、サーバー側で「次のページ」のデータで1ページ分を作り、クライアントがページ全体を表示させます。

しかしSPAでは、ページ内にある一つのコンテンツをクリックすると、そのコンテンツ部分に必要な情報のみをサーバーへ要求し、必要なデータを使って差分のみを表示するのです。

これにより、ユーザーが認識する変化はページの一部であり、一瞬もページ遷移(ページ全体が白くなるなど)を意識することがなくなります。

 

SPAの例

 

SPAが導入されている代表的なページとしては、グループメッセンジャーとしても人気のあるSlack(スラック)のWebページや、FacebookメッセンジャーのWebページなどです。

SPAをすぐに体験してみたい場合には、Slackのアカウントを作成し、Webブラウザーにて利用してみることをお勧めします。

また、グーグル社の地図コンテンツであるGoogleMapでもSPAが利用されていることも有名ですね。

画面全体を再読み込みすることなくマップのデータのみが読み込まれるため、目的地を表示するたびに画面全体が途切れる(一瞬白くなるなど)ということがありません。

 

SPA導入のメリットとデメリット

 

徐々に人気を集めるSPAですが、そこにはメリットとデメリットが存在しますので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

メリット①ユーザーのページ遷移のストレスがない

 

 

SPAで期待されることは、何よりページ遷移でのユーザーストレスを軽減することです。一度読み込んだページは、その後必要な部分のコンテンツのみを遷移させるため、画面全体が再描画されるストレスがなくなります。

 

メリット②開発者のHTMLコーディングが減る

 

Webページを開発するエンジニアにとっては、SPAを導入することで、HTMLのコーディングを減らすことができます。必要なコンテンツ部分のデータを要求して処理を行うので、ページ全体の描写は必要なくなります。

 

デメリット①初期ページの読み込みに時間がかかる

 

SPAのページ遷移や表示が早い理由は、初期の読み込み段階で、必要な画面とコンテンツを一気にダウンロードするからです。

ですので、初期のページ表示には比較的時間がかかってしまいます

 

デメリット②古いブラウザでは処理が重くなる

 

SPAでは、ページにある各コンテンツのデータをクライアントが受け取り、ブラウザが処理をするのですが、ブラウザのバージョンなどが古い場合、とても動作が重くなってしまい、SPA導入の意味が全くなくなってしまいます。

SPAに興味を持つ顧客がいた場合にも、それを使う環境を配慮しておかなければなりません。SPA導入で想定するパフォーマンスを出す場合には、クライアント側のスペックも考慮する必要があるということですね。

 

デメリット③SPA開発者が少ない

 

SPAは現在、開発者が圧倒的に少ない分野でもあります。例えば、独自のサイトをSPAへ移行しても、逆に表示が遅くなったという例もあり、しっかりとした設計とUXに明るい技術者が求められます。

つまり、期待通りに動作するSPAを開発できる技術者にとっては、需要があるという意味でメリットになりますが、依頼する側からすれば少ない技術者の取り合いになる(単価が高くなる)デメリットにもなるのです。

 

【徹底比較】受託開発 vs 自社開発!それぞれ違いやメリットデメリット、身につくスキルを紹介します。

開発は自社で行うか、外部の会社に頼むかの2つに分かれます。受託開発には受託開発の良さがあり、自社開発には自社開発の良さがあります。今回は受託開発と自社開発どちらが優れているのか徹底的に比較していきます。それぞれのメリット・デメリットや身につくスキルも紹介しますので一読してください。

 

受託開発とは?

 

 

受託開発とは依頼者からソフトウェアやアプリケーションなどの開発を依頼され、開発するスタイルを指します。主に受託開発の企業が請け負い、さまざまなサービスが受託開発から生まれています。

具体的な仕事の流れとしてはA社がB社にあるソフトウェアの開発を依頼します。B社は納期までに製品を開発し、その間にA社とB社の間で開発状況や細やかな仕様の調整などをすることで納品を目指します。

 

受託開発のメリット

 

 

受託開発についてや簡単な仕事の流れがわかりましたが具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

多くの会社と関係を持てる

 

受託開発を行っている会社は一つの企業にだけ取引を行っているわけではありません。複数の会社と関係を持つことで、安定した仕事の受注が可能です。実際に受注会社で実績を積んだエンジニアは多くの会社と関係を持ち、ステップアップしている事実もあります。エンジニアはスキルも重要ですが、同じかそれ以上に人脈も大事なのです。

 

多種な実績を積みやすい

 

多くの会社と関係を持てるということは開発するモノも多種多様になります。近年ではブロックチェーンやAI、ビッグデータ、IoTなどの技術が注目されています。多くの技術を持っている、開発経験があるのは大きなアドバンテージです。もちろん、一つの技術を徹底的に極めるのもいいかもしれませんが、多種多様な技術を持っている方が仕事は得やすいのです。

 

依頼者が満足すれば今後も仕事依頼が来る

 

受託開発は依頼者が想像する品質もしくはそれ以上の品質を納品すれば満足してくれます。満足されたら次も仕事を頼みたいと思うのが普通でしょう。初めて食べに行った食べ物屋が美味しくて、値段以上だったらもう一度行きますよね?開発の仕事も同じなんです。

 

受託開発のデメリット

 

 

多くのメリットがありましたがデメリットもあるので見ていきましょう。

 

納期が短い場合がある

 

これは依頼者にもよるのですが納期を短く設定してくる会社も存在します。通常は見積もりの段階で受託側が提示することになるのですが、依頼者の事情によって納期を短くされることもあります。どうしてもパワーバランスとして依頼者のほうが強いのです。もちろん、すべての受託開発が短い納期という訳ではないので頭に入れておいてください。

 

下請けなので値段を安くされがち

 

開発依頼の場合、依頼者が同じ業界なのか異種業界の方であるかで違ってくる部分があります。値段を安くされるケースが多いのは同じ業界の会社からの依頼です。これには理由があり、依頼者と同じ単価で仕事を依頼するのであれば自社でやってもいいからなんです。依頼者としても開発依頼をするメリットがなければならないということですね。

 

製品が大ヒットしても見返りは少ない

 

自分たちが作った製品が大ヒットをしても、受託開発の場合は大きな恩恵を受けられるとは限りません。契約にもよるので必ずしもではないのですが、依頼者のほうが権限が強いので仕方のないことです。しかし、大ヒットした製品を作った実績は受託開発側につくので、それを実績として更なる案件獲得もできることでしょう。

 

受託開発で身につくスキル

 

 

受託開発で見につくスキルは下記です。

 

・多種多様な技術の獲得

・多くの人脈の形成

・開発におけるコミュニケーション能力

 

上の2つはメリットの方にも書いたので割愛しますが、コミュニケーション能力は大幅に上がります。受託開発をする際に相手とのすれ違いは起こりがちです。こっちはこのつもりだったけど、あっちはあのつもりだったというのがよく起こるものです。受託開発の経験を積むうちに「念のための確認」や「押さえておくべき要点」がわかるようになります。離れた相手と仕事をするので能率の良いコミュニケーションが求められるのです。

 

自社開発とは?

 

 

自社開発は読んでその字のごとく、自社で開発を行うことを指します。自社で考えたアイデアを製品にしていくので大きなやりがいがあるでしょう。会社にもよりますが企画部から開発部に依頼されてという形が一般的かと思います。

 

自社開発のメリット

 

 

自社開発のメリットを見ていきましょう。

 

綿密なコミュニケーションを取りやすい

 

受託開発の場合は依頼者とのコミュニケーションをメールやツールなどで行うのが主流です。しかし、自社開発であれば会社内でのコミュニケーションのみでよくなります。直接話をすることで細かいニュアンスが伝わるのは大きいアドバンテージです。

 

大ヒットすれば大きな恩恵を得られる

 

自社開発で大ヒット製品を開発すれば、社内での評価は高くなり昇給や昇進も考えられます。また、多額のボーナスを受け取れることも考えられるのです。頑張って開発をして、結果を出せば大きな恩恵を得られるのは魅力的と言ってもいいでしょう。

 

納期は受託よりも緩い

 

受託開発は納期が厳しめの傾向がありますが、自社開発は緩めの傾向です。必ずという訳ではないのですが、自社にとって厳しい納期を下すと人材が流出してしまう恐れもあります。会社としても人材流出は避けたいので、納期を厳しく設定しないのが多いのです。

 

【徹底比較】ウォーターフォール vs アジャイル!2つの開発手法の違いは何?メリットデメリットも解説!

ウォーターフォールとアジャイルは開発スタイルとしてよく聞く言葉です。しかし、具体的な違いを理解してますか?今回はウォーターフォール開発とアジャイル開発について理解し、メリット・デメリットも解説します。今後開発をする方は知っておくべきでしょう。特に企業ごとによっても開発スタイルが異なるので知って損はありませんよ。

 

ウォーターフォール開発とは?

 

 

ウォーターフォールとは滝の流れを模しており、上流工程で決められたルールを元に下流工程が作業をする流れを指します。簡単に言えば、開発の仕様やルールを定めたら原則として必ず守ることがウォーターフォール開発の特徴です。つまり、上流工程(主に設計部分)に戻らないように綿密に作り上げることで、品質の安定を目指しています。

 

ウォーターフォール開発のメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットを早速見ていきましょう。

 

全体像を把握しやすい

 

ウォーターフォール開発は最初に開発するサービスの全容を決めるところから始まります。主にクライアントの改善したいことや対応したい点などを聞き取り、システムとして構築するのがエンジニアの仕事です。開発の初期段階で全体の流れやどんなことをするのかをプログラムがわからないクライアントに対しても説明できるように対応します。つまり、最初に誰が見てもどんなサービスになるのかわかるを明確にするので全体像が把握しやすいのです。

 

必要な人員のみを確保できる

 

全体像を把握しやすいということは必要な人員も把握しやすいです。どんなことをするかによって必要な技術が違います。また、作業量も明確になるので必要な人数もわかります。開発においてコスト、特に人的コストについては徹底的に考える必要があり、多くの会社がコスト削減を目指しているのです。その意味でもウォーターフォール開発のメリットは大きいと言えるでしょう。

 

ウォーターフォール開発のデメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

 

手戻りの発生は大きなコストを発生させる

 

ウォーターフォール開発は一度決めた仕様をそのままに開発します。つまり、下流工程(プログラミングなど)において仕様を変更したい場合は大きな手戻りが発生します。本来は手戻りがないように設計するのですが、どうしても手戻りが出てくる場面も出てきます。こうなると、上流工程の作業が増え、いったん下流工程の作業が止まってしまいます。手戻りの間にも人的コストがかかるので、大きなコストを支払うことになります。

 

ユーザビリティに欠けやすい

 

ユーザビリティとはユーザーが使いやすいかどうかという意味です。途中の仕様変更は原則無しなのがウォーターフォール開発です。しかし、実際に開発をしてみると、使い勝手が悪い部分も出てくるものです。設計の段階で見えていなかったことも、ままあるのですがウォーターフォール開発に基づいて開発はそのまま進みます。結果として製品を出してユーザーが使ったときに「なんか使いにくい」ということも見受けられます。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイルとは日本語で素早いや迅速という意味を指します。迅速さが出る理由は区切られた期間ごとに一つの機能を開発することにあります。例えば2週間を目安に一つの機能を対応し、その期間の中でチームが一丸になりアイデアを出し、設計実装テストを行います。もしテストをして問題や使い勝手が悪いなど出たら、再度アイデアを出し設計実装テストを繰り返します。

この作業を繰り返していくことでユーザビリティに特化したサービスを作成しやすく、かつ要求されたものよりも満足度の高いシステム構築ができるのです。

 

アジャイル開発のメリット

 

 

それではアジャイル開発のメリットを見ていきましょう。

 

手戻りしてもそれほどの痛手がない

 

ウォーターフォール開発の場合は特に下流工程での手戻りは大きな痛手になりやすいです。しかし、アジャイル開発では一つの機能ごとに決められた期間で対応します。仮に手戻りが発生したとしても、機能部分での手戻りでありシステム全体の手戻りにまでなりません。プログラム開発において、手戻りは大きなプロジェクトほど発生しやすいものです。アジャイル開発を行うことで、手戻りがあったとしてもケアしやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ユーザーが使いやすいシステムになりやすい

 

アジャイル開発は一つの期間ごとにテストを行います。テスト方法はさまざまですがユーザーに使わせてフィードバックを得るのが一般的です。フィードバックを受けることで開発者視点ではわからない問題も出てきます。このように受けたフィードバックを改善することで、よりユーザーが使いやすいシステムになります。

ウォーターフォール開発の場合は一度設計者が決めたものは原則として変更できません。この点においてはアジャイル開発のほうが優れていると言えるでしょう。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは素晴らしいですがデメリットも存在しますので見ていきましょう。

 

全体像が把握しにくい

 

アジャイル開発は一つの機能ごとに定めた期間で作業をします。つまり、最初から全体像がきっちりとできているわけではありません。全体像が把握しにくくなると、何のためのシステム開発なのか?誰のためのシステム開発かも認識のズレが出てしまいます。プログラム開発において、この問題は大きな問題に発展しやすいです。

仕様を簡単に変更できるというのは柔軟にも見えますが、裏を返せばどう見立ててもいいと言う意味になります。アジャイル開発を採用する場合はこの点について注意する必要があるでしょう。

 

スケジュールの把握もしにくい

 

アジャイル開発はフィードバックを一つの機能ごとに行い、調整して完成形へと近づけます。しかし、フィードバックに時間を掛けすぎて納期に間に合わないことがあるのも事実です。一つの機能に時間を掛けすぎてしまい、他の機能を作る時間が持てなくなることもあります。ある程度の全体スケジュールの把握をしないと、会社としての信用を得られなくなるでしょう。

 

『XAMPP』について徹底解説!その特徴からできることまで、分かりやすく解説します。

Webのサーバサイド開発で頻繁に使用するApatchやPHPといった言葉を聞いたことはあるでしょうか。サーバの運用はApatchやPHPなどの複数のソフトウェアで成り立っています。そのため構築構築だけでも詰まると数時間かかることもあります。そこで、サーバサイド開発の環境を手軽に構築できる「XAMPP」を紹介します。

XAMPPとは?

 

 

XAMPP(ザンプ)とは、Webアプリケーションの実行環境を構築するソフトウェアです。

 

実行環境とは

・Webサーバー

・データベース

・プログラミング言語

などです。

 

環境構築するのは、1つのソフトウェアをインストールだけでしたら簡単です。しかし複数のソフトウェアとなると面倒です。XAMPPは、コマンド入力もなく詳細設定ファイルも変更せず、実行環境をボタンをクリックするだけで環境構築できます

そしてXMAPPはフリーソフトのため、全て完全無償です。

XAMPPはApache Friendsによって開発されました。Apache Friendsは、Apacheサーバーの振興を行う非営利プロジェクトでもあります。Apacheサーバとの親和性も高いと考えられます。2002年に初版リリースされ、10年以上の実績があるため安心して使用できます

 

XAMPPの意味とは?

 

 

5つの単語の意味を組み合わせてXAMPPと名づけられました。

 

X – クロスプラットフォーム

A – Apache

M – MariaDB(旧バージョンはMySQL)

P – PHP

P – Perl

 

これらのソフトウェアを使用することでWebアプリケーションが作成できます。

 

クロスプラットフォーム

 

クロスプラットフォームとはどのOS(Windows、Linux、macOS、Solaris)でも同じ仕様で動作することです。マルチプラットフォームとも言われることもあります。

 

Apache

 

Apacheとは世界で最も高いシェア(50%以上)を誇るWebサーバーソフトウェア(HTTPサーバー)です。

Apacheが人気の理由として

・OSに依存しない

・オープンソース

・動的コンテンツの処理速度が速い

・信頼性

・実績が多く開発者向け技術情報が多い

などが挙げられます。

更に他のサーバと比較してセットアップがすぐに完了できるメリットもあります。

 

MariaDB

 

MariaDBとはMySQLからから枝分かれしたデータベースシステムです。MySQLよりも高いパフォーマンスを提供しているのが特徴です。

注意点として、XAMPPを起動すると表示が「MySQL」の箇所がありますが、実際の中身はMariaDBに入れ替わっています。

 

PHP

 

PHPは「Hypertext Preprocessor」の略で、HTMLに埋め込むことができるため、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。PHPは特にサーバーサイドでコードを実行するためによく使用されます。

PHPはプログラミング初心者に人気があり、その理由は文法も分かりやすく基本的な文法を覚えてしまえば、簡単なプログラムをすぐに書くことができるためです。

 

Perl

 

PerlはC言語とシェルの良い所を備えたようなプログラミング言語です。

大きな特徴は、テキスト処理に対して非常に強力でライブラリモジュールが豊富であることです。

更にドキュメントやライブラリはオープンソースで公開されていて誰でも無料で自由に利用可能な上に、ほとんどのオペレーティングシステムで動作可能です。

しかし、現状はWebアプリケーション分野ではPHPが選択されることが多いです。

PHPが優位な点として

・ソースプログラムの分かりやすさ書きやすさ

・フレームワークの充実

・コンピュータの性能向上

などが挙げられます。

 

特徴① 学習・開発に最適なソフトウェア

 

 

特に初めての方であれば、環境構築に詰まる人が多いでしょう。インストール時にソフトウェアの詳細設定をいくつか変える必要があるためです。

しかし、XAMPPは面倒な詳細設定は飛ばして手軽にインストールし、実行できます。

もちろん、詳細設定は自由な変更できます。XAMPPを使用することで極力不要な手順を減らし、学習・開発に専念できます。