【知っておきたい!】クラウドゲームを徹底解説!!その特徴から流行りの理由、将来性も含めて分かりやすく解説します。

「STADIA」や「G-cluster」などのクラウドゲームが最近話題になっています。クラウドゲームは、従来の据え置き型ゲーム機を使用したゲームよりも気軽に始められるとあって、興味のある人も多いでしょう。そこでこの記事では、クラウドゲームの特徴や流行りになっている理由、そしてクラウドゲームの将来性について紹介します。

 

クラウドゲームとは

 

クラウドゲームの特徴

 

 

クラウドゲームとは、ゲームをストリーミング方式で受信しプレイするゲームです。ストリーミングとは、インターネットを通じて音や映像などのデジタルコンテンツをダウンロードしながら再生する技術のこと。

ゲームの処理・実行は全てサーバー側で行い、私たちは手元の端末でゲームデータをストリーミングしながらプレイするので、従来のようなゲームを処理・実行するためのゲーム機や高性能なパソコンは必要ありません。

クラウドゲームと聞くと、簡単なトランプゲームやパズルなどしかできないのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、Googleのクラウドゲームサービス「STADIA」では『ファイナルファンタジーXV』や『トゥームレイダー』など従来ではハイスペックなゲーム機やパソコンが必要だったゲームもプレイできます。

 

クラウドゲームの仕組み

 

クラウドゲームの処理や実行はゲームサーバーが行います。ユーザー側の端末には、ゲームをプレイするためのソフトやアプリをダウンロードするだけです。そして、ゲームを構成するのに重要となる映像や音声データはゲームサーバーからユーザーの端末へ送信されます。

ユーザーは受信したゲーム映像を観ながら手元のコントローラーで操作し、ユーザーの操作内容はゲームサーバーへ送信されます。そして、ユーザーの操作に従いゲームサーバーからデータが配信され、ゲームが進行していく仕組みです。

 

クラウドゲームが流行る理由

 

ゲーム機・ソフトが必要ない

 

 

クラウドゲームが世界中で流行っている理由は、やはりプレイの手軽さ。クラウドゲームは「プレイステーション4」や「Xbox」のような据え置き型ゲーム機をわざわざ購入する必要がないので、ゲームをやりたい時にすぐプレイできます。

従来のゲームのように遊びたいゲームがあった時に家電量販店やネット通販で毎回ソフトを購入する手間もなく、インストールやアップデート作業もする必要はありません。

 

従来のゲームよりお金がかからない

 

クラウドゲームはゲームデータをすべてインターネット上で配信できるため、企業は従来の据え置き型ゲーム機やソフトのように製造のための材料や店舗に並べるための製品を輸送するコストがかかりません。

ゲームを販売するための輸送コストが必要ない分、私たちは低価格でゲームをプレイできます。例えば先ほどの「STADIA」なら月額約1,000円でフリープレイのゲームが遊びたい放題です。

 

高性能な端末が必要ない

 

 

サーバー側でゲームの処理や実行が完結するので、私たちの手元にゲーム機やハイスペックパソコンが必要ありません。そのため、ストリーミングできるパソコンさえあれば気軽にゲームを始められます。

新しいゲームが配信されたら、すぐにプレイできるのがクラウドゲームの大きなメリット。さらに電力をたくさん消費するゲーム機やハイスペックパソコンなしでゲームをプレイできるので従来のゲームよりも電気代を気にしなくてよいのも人気の理由です。

 

クラウドゲームサービス

 

Googleのクラウドゲームサービス「STADIA

 

 

Googleのクラウドゲームサービス「STADIA」は残念ながら日本での配信は未定ですが、2019年11月から14ヵ国でサービス開始します。このサービスをテレビで利用するには、専用のコントローラーとテレビにゲームを映すための「Chromecast Ultra」の2点が必要です。

専用コントローラーは、サーバーから配信されるゲームデータを自宅のWi-Fiを使って受信します。そして、「Chromecast Ultra」でテレビにゲーム画面を映し出します。近い将来、パソコンやスマートフォンでもプレイできるようになる予定です。

 

G-cluster(ジークラスタ)

 

G-cluster(ジークラスタ)は現在、日本でもプレイできるクラウドゲームサービスです。専用ゲーム機やG-clusterを搭載したテレビで遊べます。スマートフォンよりもサイズの小さい専用ゲーム機(本体重量45g)を使うと、家にあるテレビで簡単にゲームが始められるのが魅力です。

また、ゲームの操作には動作確認済みのゲームパッドやスマートフォンをコントローラーとして使用できます。複数のゲームコントローラーを用意すると家族や友達とワイワイプレイできるのも人気の理由です。

 

【まとめ】プロモーションは4種類!戦略の立て方からその効果まで徹底解説!

マーケティングにおいて重要な要素であるプロモーション。商品をより多くの人に広めるには、マーケティングの戦略と効果を理解するのが一番です。とはいえ、どのような方法があるのかについては意外にも知られていません。今回はそんなプロモーションの種類や効果、そして戦略の立て方まで徹底解説していきます。

 

プロモーションについてまずは知ろう

 

プロモーションはマーケティングに重要な要素のひとつ

 

 

私たちの生活において必要な食べ物や家電製品、服や車などは基本的にお店で購入します。しかしただお店に並べるだけでは商品は売れません。より多くの人に購入してもらうためには、広告を出さなければいけません。こうした商品を多くの人に届ける一連の流れのことをマーケティングといいます。そしてその中でも広告などを出して宣伝することを、プロモーションといいます。

マーケティングというのは基本的にマーケティングミックスという4つの要素でできています。この4つの要素はすべてPから始まっており、商品という意味のProduct、価格を意味するPrice、販売チャネルを意味するPlace、そして広告宣伝活動を意味するPromotionから成り立ちます。したがってプロモーションというのは、マーケティングにおいて商品を多くの人に広めるという重要な役割があるのです。

 

プロモーション=PRではない?!

 

さてこのプロモーションという言葉、多くの人はPRと混同して考える人が多いはずです。確かにPRはプロモーションと似ていますが、実はまったくの別物です。プロモーションといってもその種類はさまざまであり、広告や販促、人的販売などを総称してプロモーションというのです。

PRというのはこのプロモーションの種類のひとつであり、パブリックリレーションズという言葉の略称なのです。本来のパブリックリレーションズの意味は、企業とそこに住む人々の間で良好な関係を築く、という意味です。しかし最近では広告と同じ意味と捉える企業などが増え、結果的にプロモーションとPRが混同してしまうようになったのです。プロモーションは広告宣伝活動、PRは企業とそこに住む人々でよい関係を築くこと、この違いがあることを忘れないようにしましょう。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:試用手法

 

 

商品の魅力をフル活用できる!

 

ではここからは、プロモーションによく用いられている種類について紹介していきます。たまに化粧品などで無料サンプルをプレゼント、というような宣伝を見かける人もいるはずです。このように無料サンプルをプレゼントしたり無料モニターを募集してプロモーションする方法を、試用手法といいます。家電量販店などでたまに行われる実演販売も、実はこの試用手法の一つなのです。

この手法の最大の効果は、商品を実際に見て触れて実感できるところです。百聞は一見に如かず、ということわざがあるように、実際に見たり使ったりしないとわからない商品も当然ながらあります。そのような商品を実際に使用しているところを見せたり自分で使ってみる機会を与えることで、購買意欲をあげたりリピーターをつけたりすることができるのです。

 

ターゲットと方法さえ気をつければ問題なし!

 

試用手法は商品を使ってみたり実演することがメインとなります。そのため商品ごとに適切な方法を取る必要があります。店頭でサンプルを手渡しするか郵送するかで、必要な費用は大きく変わってきます。広めたい商品に適した適切な方法をとることで、コストを抑えつつも顧客を獲得することができるのです。

そしてこれは試用手法に限ったことではありませんが、ターゲットを決めることが何よりも大切です。この商品はどのような年代の人に使ってほしいか、どのようなことをしている人にすすめたいかをしっかりと決めましょう。ターゲットと無料体験などの機会を与える方法を間違えなければ、確実に効果を発揮することができます。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プレミアム手法

 

 

お得をプラスして顧客を増やす!

 

プロテインやダイエット食品などの健康食品で、今なら便利なシェーカーをプレゼントします、というようなキャンペーンをすることがあります。食べ物の場合は高級数の子に今なら塩辛もおつけします、というようなこともします。このように一番購入してほしい商品に何かをプラスして、お得感を出す手法のことをプレミアム手法といいます。

健康食品やダイエット器具、さらには食べ物など幅広い商品で使う事ができる手法であり、新規の顧客を獲得したりリピーターを増やしたりなど、やり方次第でさまざまな効果を出すことができる手法です。幅広い商品で活用することができ、食品系や家電製品、健康用品などでは特に多く用いられている手法です。

 

事前準備は入念に

 

多くの企業などで用いている手法なら簡単にできるのでは、という甘い考えを持つ人もいるかもしれません。しかし、そう簡単にいかないのがプレミアム手法です。いくら良い特典や景品をつけても、場合によってはその景品目当てで購入する人が出てきてしまいます。

そのため、特典として付ける景品のチョイスや内容など、事前の準備や計画が最も重要となります。プロテインとシェーカーの組み合わせであれば、必然的にプロテインを購入するリピーターを作ることができます。このように一番売りたい商品は何かをしっかりと確認し、あえて新規顧客を取り入れることに重点を置いた特典のチョイスをすることが最大のコツです。シェーカー目当てでプロテインを購入するという人はそうそういないはずです。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プライス手法

 

手軽さでは圧倒的に有利!

 

 

スーパーなどのタイムセール、ショッピングモールなどのバーゲンセールの特徴といえば、普段より値段が安いことです。この値段を下げるという安易な方法も、実はプライス手法という立派なプロモーション手法の一つなのです。

プライス手法の最大の効果は、新製品だけでなく既存の製品でも効果があるところです。プロモーションをするのは決して新しい製品とは限りません。既存の製品でもプロモーションをすることもよくあります。何よりどこでも手軽にすぐできる手法のため、臨機応変に対応できるのもメリットです。

 

値段の下げすぎに注意

 

 

手軽にすぐできる手法であるプライズ手法。しかしその分、注意しなければいけないことは多くあります。その中でも特に注意すべきことは、値段を下げすぎないことです。確かに値段は下がれば下がるほど多くの人が手に取りやすくなります。だからといって下げすぎてしまうと逆効果です。あまりにも安すぎる商品は裏に何かあるのではないのかと消費者が感じてしまい、その結果売れなくなってしまうのです。

また価格を下げるということは、それだけお店に入る利益も減ってしまう可能性もあります。薄利多売のスタンスは一見良いことのように聞こえますが、一歩間違えると売り上げが減少してしまうというリスキーな面もあります。最悪の場合原価割れを引き起こすこともあります。プライス手法をするときは、自重するということを意識して行いましょう。

 

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!エンジニアじゃなくても大丈夫?

データサイエンティストを目指している方は、「エンジニアじゃなくてもなれる?」と疑問点が浮かびますが、そもそもデータサイエンティストとは何かについてもしっかりと解説。他にもデータサイエンティストになる方法や、未経験でキャリアパスする方法、この職業に向いている人などを解説しますので必見です!

 

データサイエンティストとは?

 

 

データサイエンティストとは、様々な職種の中から1つの職種に絞りその職種の膨大な過去と現在のデータを取り、どの様なビジネスプロセスで利益を出しているのか、損益を出しているのかを分析

分析したデータを更に解析することにより、その分野でビジネスを成功させるためのビジネスビジョンを想定しその理想像にどうすれば近づけるか、理論面、人的面からみても可能な範囲かを想定し実行

主に職業内容は決まっておらず、主な一つのビジネスにおいて膨大なデータを収集し効率よく仕事を出来るようにデータ分析、解析、整理し構成する仕事です。

データ収集、課題や解決法、幅広いプログラミング言語作業、その分野における知識と理解、分析、その分野の業務者とのコミュニケーション、様々な情報から導き出すビジネスの利益ポイントを発掘していく作業になります。

簡単な言い方にまとめてしまえばコンサルティングの仕事プラス専門的な業務もこなす必要がある仕事

 

主な仕事は、システムエンジニア、会計、営業、マーケティング、コンサルティング、など様々な主となる職業のスキルと掛け合わせて初めてそこで存在価値が見出せる職業となっています。

例えば「コンサルティング」×「データサイエンス」で「データ分析コンサルタント」になります。

なので、データサイエンティストはサポート業務と言うポジションになると思います。この「エンジニア」×「データサイエンス」の2つのスキルをかけ合わせたものが、「データサイエンティスト」になります。

結論、エンジニアでなくてもこの2つのスキルがあれば、データサイエンティストになることが可能。未経験からデータサイエンティストになる際に必要な要素と、その理由について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

【エンジニア】と【データサイエンティスト】の

違い

 

【エンジニア】

 

 

エンジニアとは、技術者を示します。この意味は専門的スキルや専門知識などのスキルを兼ね備えた技術者のことを表しています。主にIT業界等で多くエンジニアと呼ばれる職業があります。

一般的に知られているのはIT業界全般のエンジニアですが、IT業界ではないエンジニアも存在します。

 

【データサイエンティスト】

 

 

すごく簡単に言ってしまえばデータサイエンティスト(統計などで技術者の成功へ導く者)はエンジニア(技術者)をサポートする職業

ビジネスで生き残るための最強のスキルとして、データエンジニアリングの能力(技術者)、データサイエンスの能力(科学者)、ビジネスの能力(経営者)の3つが主に必要なスキルと言われています。

エンジニアスキル(技術者)、数学&統計学のスキル(資料の分析や解決法を探る)、経営者視点のスキル(技術者と情報を合わせ運用する)をまんべんなく理解している必要があるのがデータサイエンティスト。

主な業務での知識とその業務を分析する能力と経営側のビジネスの視点が必要です。

 

データサイエンティストの仕事内容

 

データサイエンティストの業務の主な流れ

 

 

様々な知識と経験とスキルを掛け合わせることにより、初めて成り立つデータサイエンティスト。この仕事の全体的な流れを説明します。

データサイエンティストの業務内容的には、前の項目「データサイエンティストとは」でも話したように分析、解析、などをして仕事にその分析解析データで改善や問題解決に役立てる理論的なプロセスを導き出します

その導き出した結果で主な職種のサポート的な役目を果たしていく職業です。実はデータ分析以外にも多くの業務をすることになるため、そのデータを活用して業務にも貢献することを前提としているのがデータサイエンスと呼ばれます

データ収集から総合的に見て業務や対人関係などありとあらゆる状況下での仕事やその個人のスキルに合わせて的確なスケジュールを組むことがとても大事になってきます。

つまり、最終的には知識をまとめ、人材をまとめ、会社の未来の方向性をまとめる大事な職業です。

 

制御エンジニアを徹底解説!その仕事内容から必要な資格、気になる年収までご紹介します!

今回は制御エンジニアについて徹底解説!始めに、IT業界での仕事の立ち位置や役割&仕事する上で身に付くスキル、必要なスキルなど様々な内容をわかりやすく簡単に説明。気になるIT業界の制御系のや今後の仕事の行先。この職種を通してIT業界で有利とされる理由などをこの記事で紹介していきたいと思います。

 

制御エンジニアとは?

 

 

制御エンジニアとは、工場などで動いているロボットの作動をプログラムし、動作ボタンなどでロボットが動くようにシステムを作り込む職種になります。

例えば、スマートフォンやテレビなどの日用生活で使っている機械製品のシステムを作りそれを制御する部分を開発し組み込むことを中心とした技術が求められる制御の仕事です。

簡単に説明すると、単純に電気で動く製品のシステム自動化を目的とし、開発したシステムをハードウェア&ソフトウェア共に制御を行い、総合的に起動動作を完了する事を目的とした業務。

何か操作した時にその操作と連動して機械の中のシステムが作動するように作り込む開発をするのが制御の仕事になります。

 

もっと簡単にまとめると、動作ボタンを押すことにより指令が行くようにし、言語を連動させ制御するように組み込む作業

主な仕事の流れとしては、ソフトウェアを開発し、その開発したソフトウェアの単体テストを行い問題なくクリアさせます。

通過することができれば他の製品やプログラミングと合わせて総合テストを行い合格すれば初めて製品になると言う流れです。

この時に重要なのがエラー時に起きた原因をどうすれば起きないのか、人が操作した時にどんな状況下でも安全に操作することが可能なのかどうかなどチェックします。

様々な視点からチェックしクリアし結果を作り出すのがこの仕事の本質の仕事内容です。

 

制御エンジニアに役立つ資格

 

 

制御の仕事に就くためにはプログラミング言語はもちろんのこと、自動制御の知識や仕事の方針や内容を伝えるコミュニケーション力、理論的思考力が求められます。

もちろん資格はなくても実力次第で制御の仕事は可能ですが、持っていればさらに高みを目指している資格が「ETEC(組込み技術者試験制度)」と言う専門的な知識力と技術力を試される検定などが主に挙げられます。

この検定ではクラス2とクラス1が存在し、ともに知識力と技術力をそれぞれ問われます。クラス2は上級者からの「指導をもとに作業可能」なレベルで、クラス1は「中級技術者」として実務可能なレベルになります。

 

この様な資格を取得する事により、正社員や派遣社員などの雇用形態であれば職場での地位や年収の高みが目指せる傾向にあります。

フリーランスは特に、個人事業主(自営業)であればクライアントからの信用や単価の向上などが見込める傾向にあり、どの様な雇用状態や働き方であってもメリットが大きい魅力的な資格となっています。

 

制御エンジニア【メリット・デメリット】

 

メリット

 

 

大きく上げるとしたらやはり年収が一般的な職種より高めな傾向にあります。

IT業界は、業界の特徴的にスキルが高くなる事に比例して年収が向上傾向にあります。一般的な制御系エンジニアの平均年収は30代で約500万円前後です。スキルが向上すれば1000万円を超える年収も実現可能な職種です。

技術さえあればフリーランスとしても自由に働くことができ企業に依存することなく将来の不安から解き放たれることもメリットとして挙げられるでしょう。

上記のような高いエンジニアの技術と高い制御の技術を手に入れた人の年収は1000万円以上を狙える人もいるのがこの職種ですが、働き方や雇用形態により個人差が大きいことも特徴として挙げられる仕事です。

 

制御エンジニア人材の現状は、スキルなし技術なし経験なしの場合でも基礎から教えてくれる会社などが多くあり、やる気があれば働くことができますがその場合は年収250万円前後位になります。

しかし、まだ教育機関が少ないため競争率も低く基本的なスキルを身に付けてしまえば簡単な制御の仕事をさせてもらえる可能性が高いのが魅力的です。

さらに、機械や電気機器の制御システムを開発する仕事のため、現代の社会ではIT業界から切っても切り離せないほど重要な仕事です。

IT業界の核となる仕事となっているため今のところは永久的に仕事がなくなる事はないと推測されます。

また様々な言語に接することにより、他のエンジニアの仕事にも幅広く対応可能になり、将来の不安は様々なスキルを身に付けることにより不安を大幅に回避できるメリットもあります。

制御のお仕事で段階的に学ぶことができ初心者の方なら比較的やりやすいのがテスターと言う職種もあります。様々な職種に対応可能な仕事です

 

デメリット

 

 

IT業界の人手不足問題に加えて制御エンジニアはさらに人手不足のため、中小企業に入ってしまうと様々な作業を1人でこなすスキルが求められ、無理難題を押し付けられる可能性もあります。

大手企業が無理なら中小企業と思って入ってしまうと返って大手企業よりもスキルが必要で残業を止む終えない状態などに陥ることもあり注意が必要

とらえ方では、無料かつお給料を頂けて勉強できると前向きに考えることも可能。

 

ですが、あまりにも理不尽な作業やいざ入って仕事を始めたらスキルが向上しない雑用がほとんどだったなど不本意な状況に陥ることもあります。

制御内容が難題の仕事だった場合に人手不足を理由に正当な対価をいただけない恐れもあります。

メリットでも話した通り教育機関が少ないため1人で勉強するのが困難。さらに、誰かに教えてもらおうと思っても専門学校などの技術を教えてくれる技術者も少ない傾向にあるのがデメリットに挙げられます。

 

制御エンジニアになる方法

 

仕事を探すには?

 

 

やはり現代社会でIT業界の制御系の職種に付くためには制御系の仕事を主に取り扱っている人材会社などで登録し紹介してもらうのが1番だと思います。

特化した人材サイトでなくともIT業界全般を求人として紹介しているサイトもあります。

総合的なサイトの方がかえってIT業界など幅広い知識を蓄えているため客観的かつ的確な良いアドバイスが期待できます。

知り合いの人から紹介して貰える人は少なく人手不足&業界不足で少ないため上記の方法が1番効率良いと予想されます。

 

未経験で目指すには?

 

 

未経験スキルなしでもネットで仕事を探せば仕事案件が思ったより以外と見つかるはずです。

未経験だけどチャレンジしたい人には、ネットでIT人材を専門とする転職エージェントサイトなどに登録し、紹介してもらい仕事をする方法がおすすめです。

それ以外の方法は、独学で勉強しクラウドソーシングと言う様々な仕事が依頼されているサイトに登録し、自分で案件を取り仕事をする方法が挙げられます。

どちらも経験がなくても勉強しスキルを身につければ仕事をすることが可能です。

 

紹介してもらえる仕事の中には仕事をこなしてもらうために一から教えてくれる会社もIT業界には多くあります。

転職エージェントサイトで紹介されている制御エンジニアの案件の中には、スキルを磨きながら覚えられるとても良い環境のお仕事も紹介してもらえるのでおすすめです。

 

『Laravel』について徹底解説!PHPとの関係性から利用するメリット、実現できることについて分かりやすく解説します!

今、世界的にも飛躍的に人気を博しているのが『Laravel』です。PHPを扱うエンジニアや、これからPHPを勉強する上でも必ず関わってくるものですので、しっかりと抑えておきましょう。今回はLaravelとは何なのか、PHPとの関わりやLaravelを利用する上で必要な知識を交えてわかりやすく解説します。

 

Laravelとは


 

PHPのフレームワークにはいくつか種類があり、以前から最も利用されているものが『CakePHP』です。PHPに一度でも触れたことがあれば、CakePHPを利用したことがあるはずです。

そして現在、『CakePHP』に代わり、世界でも人気急上昇のフレームワークが『Laravel』なのです。

LaravelはPHPのフレームワークで、PHPを効率的に開発でき、フレームワーク自体も比較的簡単に習得できます。

 

フレームワークとは

 

 

ソフトウェア開発を行う上ではフレームワークを理解しておく必要があります。さまざまな言語の解説にも出てくる用語ですよね。

フレームワークを一言でいえば「枠組み」です。プログラミングで何を開発するにしても、誰もが共通してコーディングする基礎があります。

それは「PHP」の基本となる形や、データベースとやりとりする機能などです。誰もが必ずコーディングするプログラムならば、ひとつの枠組み(ひな形)として形にしておけば、効率的な開発が行えますよね。

例えば鉄道であれば、土台となる「枕木」や「線路」、走る電車に通電する「電線」、人が乗り降りする「駅のホーム」です。これらは新しく鉄道を作る場合でも必ず必要な要素ですよね。いわば、鉄道という仕組みのひな形と言えます。

このように、誰が作る時にも必要となる要素を集めて、ひとつの枠組みとして形にしたものを「フレームワーク」と言います。

フレームワークにはさまざまな種類がありますので、自身が使いやすいフレームワークを選ぶことが可能で、PHPで言えば『CakePHP』や『Laravel』が当てはまります。その中でも世界で人気なものが『Laravel』ということです。

 

Laravelでできること

 

 

Laravelは、Webブラウザで動くシステムであればほとんどのものを作成できます

例えば、ショッピングサイトや予約システム、マッチングサイトやチャットサイトなどの作成も可能です。

また、業務で利用できる勤怠管理やメールサービスなども作成できますので、今欲しいシステムをLaravelで比較的素早く開発することができます。

 

Laravelに必要な知識

 

 

フレームワークは必要な機能を自動的に生成してくれますが、基本的なプログラミング知識やPHPの理解は必須です。

プログラムや開発に全く関わったことがない場合には、まず基礎的な知識を身につける必要があります。

 

PHP

 

主にWeb開発に利用されるプログラミング言語ですが、学習難易度は比較的低いので、仕組みや概要を理解するまでにそれほど時間はかからないでしょう。

参考書を利用して学習しても良いですし、今ならインターネット上の記事を参考にしながら、自分でプログラミングするというスタイルでも十分にPHPを理解することは可能です。

 

HTML5

 

HTML5は、Webページの基礎となるプログラミング言語「HTML」のバージョン5です。主に、動画や音声など、リッチコンテンツの扱いが簡単になりました。

HTML5についても、参考書は多く出版されていますし、インターネット上の情報でも十分に学習することが可能です。

 

CSS

 

CSSはスタイルシートのことで、Webページの体裁を整える役割を果たすプログラミング言語です。

Webサイト開発では必ず習得しなければならないものですが、PHPやHTML5を学習する際に必ず必要な知識ですので、同時に習得しておきましょう。

 

基本的なプログラミング

 

プログラミングは、自分でコーディングすることで身につきます。

コードを覚えることも大切ですが、何よりプログラミングの基本的な構造を大枠で理解しておくことが重要です。

システム開発では、正常な処理の流れやエラー処理、例外が起こった場合の処理など、ユーザーがどのような使い方をしても、システムが止まらないようにプログラミングをしなければなりません。

これらを理解しておかなければ、作成したプログラムで起こるエラー処理で挫折してしまう可能性もあります。

楽しくプログラミングを学ぶためにも、ある程度の「プログラミングの形」に慣れておくことが必要なのです。

 

【アドネットワーク】その仕組みから、SSPやDSPとの違いまで分かりやすく解説します!

PCはもちろんスマートフォンで毎日ネットに接続しています。調べ物をする時も、動画を見る時も、あらゆるシーンでネットを見まよね。そして、その行動はマーケティングの手法を変化させました。今回は、マーケティングに関わるアドネットワークについて、混同しやすい「SSP」や「DSP」との違いも確認しながらわかりやすく解説します。

 

アドネットワークとは

 

 

アドネットワークとは、ネットワークに参加している広告枠に、広告主がインターネット上に存在する「広告枠」へ一斉配信するための仕組みであり、広告枠が集まっているネットワークとも言えます。

もっとも有名なアドネットワークは「Google AdSense」です。インターネット上を見ていると、Googleのロゴが入ったアドセンスをよく見かけると思います。また、「YDN(Yahoo!ディスプレイアンドネットワーク」もGoogleに並んでよく見るアドセンスです。

商品やスマートフォンアプリ、あるいは固有名詞などをできるだけ広いユーザーに宣伝したい場合に利用できる仕組みです。

広告が配信される場所は、ホームページの広告枠であったり、スマートフォンアプリの広告枠であったり、その範囲は広く、あらゆるコンテンツ上に表示されるためだれもが一度は目にする広告となるでしょう。

アドネットワークとよばれるサービスは複数あり、提携している広告枠に違いがあります。

私たちが普段、インターネットのサイトを閲覧している時に出てくる広告をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、それがまさに「アドネットワーク」を利用した広告ということです。

GoogleやYahoo!といった違いには、どのようなサイトの広告枠が含まれているかにも違いがあります。

つまり、広告主がアドネットワークを利用する場合、どこのアドネットワークで広告するかを選ぶところから始まるということですね。

 

SSPとDSPの違い

 

 

「アドネットワーク」と混同されやすいものが「SSP(Supply Side Platfom)」と「DSP(Demand Side Platform)」です。

SSPとDSPはそもそもアドネットワークと並べて考えるものではありません

それぞれは「広告枠を提供する側」と「広告枠を利用する広告主」に分けられますので、そこからチェックしておきましょう。

・SSP:広告枠を提供する側(Webサイト運営側)などが利用するツール

・DSP:広告枠を利用する広告主が、アドネットワークなどを効率的に使うためのツール

・アドネットワーク:広告枠を集めたネットワーク(ネットワークは複数あり、任意のネットワークに参加することが可能)

つまり、「SSP」は広告枠提供側が使うもの、「DSP」は広告主側が使うもの、「アドネットワーク」は提供できる広告枠を集めたネットワークです。

 

SSPとは

 

SSPとは、広告枠を提供するWebサイトなどの媒体側が、自サイトの広告枠で最大限の収益を得るために利用するツールです。

たとえばあなたが、Webサイトを運営しています。アフィリエイトを目的とするサイトならば、広告を表示させなければなりません。

しかし、どうせ広告を表示するならば単価の高い広告を表示したいですよね。

自分で一つずつ広告を比較しながらサイトに表示させていくのはかなりの時間と労力がかかります。

これを解消してくれるのがSSPというツールです。

あなたのWebサイトの広告枠に対して単価の高い広告を自動的に選び、表示してくれるので、あなたのWebサイトにおける広告枠の利益を自動的に最大化してくれるというわけです。

 

DSPとは

 

DSPとは、広告を出したい広告主側が、利用するツールです。

利益を最大化させるのに最も適したWebサイトを自動的に判断し、あなたの広告を適切なコンテンツに表示してくれます。

DSPを利用して広告を表示するコンテンツを決めることで、コンテンツの種類に関わらず無差別に広告を表示するよりも、ターゲットを絞った広告表示ができるのです。

年齢や性別などのデータを意識して、広告を表示するサイトを決定しますので、自然と利益率を最大化してくれます。

この仕組みは、広告枠を提供する側が利用するSSPと、広告主が利用するDSPが連携することで実現する仕組みです。

 

アドネットワークの仕組み

 

 

インターネットが普及しはじめた初期、Webサイトに広告を表示する際には、Webサイトを運営している人に個別に広告表示をお願いしなければなりませんでした。

また、広告を表示する際にはサイトの質や更新頻度なども広告主が調査する必要もあったのです。

質の良いサイトを複数見つけても、広告掲載料金が統一されているわけではないので、個別に交渉する必要もありました。

広告を掲載したい広告主の工数は計り知れないものだったのです。

また、広告枠を持つコンテンツ側も、表示してもらう広告主を探すことや、あるいは複数の広告掲載依頼に対応するという工数も相当なものです。

そこで登場したのが「アドネットワーク」という仕組みです。

アドネットワークは、広告枠を提供するサイトやコンテンツを集め、信頼性のあるネットワークを構築しました。

アドネットワークに加盟いている広告枠の利用料金形態も統一され、広告主にとっても使いやすく、また、広告枠を提供する側にとっても広告主を探すなどの手間を省くことのできる「窓口」となったのです。

 

アドネットワーク・SSP・DSPの関わり

 

アドネットワーク、SSP、DSPは、3つを合わせて現在の広告マーケティングを形成しています。

もちろん、広告主はアドネットワークだけを利用することもできますが、DSPを利用した方がピンポイントにターゲティングした広告表示ができ、利益率を最大化することができるのです。

つまり、インターネット上の広告マーケティングを行うにはすべてのつながりを理解しておく必要があるということです。

 

広告掲載は入札形式

 

広告主と広告枠提供者の利益の最大化を生み出しているのが「アドネットワーク」と「SSP」と「DSP」です。

その方法は、広告枠への入札形式がとられています。

広告枠側のSSPが入札枠を発表し、DSPが入札枠を広告主側にオークションを仕掛けます。

簡単にいえば、最も利益率の高い広告が広告枠の権利を勝ち取る仕組みですね。

 

アドネットワーク・SSP・DSPの一連の流れ

 

まず、広告枠を提供するコンテンツは、任意のアドネットワークに参加しています。そして、広告枠を効率よく利用するためのツールSSPへ登録します。また、広告主はDSPへ登録しておきます。

広告枠を提供するコンテンツ(Webサイト)が表示された瞬間に、SSPへ通知が行きます。

SSPは、DSPに対して「広告枠があります」という通知を送り、オークションが始まります。

オークションが終了し、勝ち抜いた広告が決定されるとSSPへ通知されます。すると、SSPは広告枠を提供するコンテンツへ勝者を通知します。通知を受けたコンテンツは、DSPへ表示する広告をリクエストし、リクエストされたDSPは対象の広告を配信します。

そして、アドネットワークに参加している広告枠コンテンツに、オークションに勝ち抜いた広告が表示される、という流れです。

 

アドネットワークを利用するメリットとデメリット

 

メリット

 

 

アドネットワークを利用することで、得られる大きなメリットには次のようなものが挙げられます。

・複数の広告枠に一斉配信できる

・データを確認できる

 

複数の広告枠に一斉配信できる

 

アドネットワークは広告枠の集まりです。広告主はアドネットワークを利用することで、ネットワークに参加している広告枠へ一斉配信できます。

広告枠を持つ一つひとつのコンテンツへ広告掲載を依頼しなくて良いのです。

広く宣伝したい場合には、アドネットワークに登録されている広告枠へ広く宣伝を表示することができるのです。

 

データを確認できる

 

表示された広告のクリック数やCTR、コンバージョンなどのデータもまとめて確認することが可能です。

アドネットワークに参加する広告枠ならば、一つひとつのコンテンツにデータを確認しなくても、アドネットワークという大きな単位のデータを得ることが可能です。

 

デメリット

 

 

アドネットワークに参加している広告枠へ一斉に広告配信するということは、細かなターゲット選定はできないということです。

主なデメリットとしては、以下が挙げられます。

・望まないターゲット層にも配信されてしまう

 

望まないターゲット層にも配信されてしまう

 

望まないターゲット層への配信とは、たとえば化粧品の広告にも関わらず、男性が主に閲覧するサイトに表示される、ということです。

アドネットワークに参加している広告枠すべてに配信されますので、年齢層や性別といった細かなターゲットを選定した配信はできません

望まないターゲット層へ広告が配信されても、その効果は期待できませんよね。

※性別や年齢などの細かなターゲットへ効率よく広告するためには「SSP」や「DSP」を利用します。

 

まとめ

 

 

アドネットワークは、これまで広告主にも広告枠を提供する側にも負担だった工数を大幅に削減する仕組みです。

広告枠を提供したいコンテンツ(Webサイトなど)は、アドネットワークへ参加しておくことで、広告主とのマッチングが容易になりました。

広告主も、広告枠が集まっているアドネットワークへ参加することで、広い範囲への広告が可能になったのです。

今後、ネット広告マーケティングに携わる場合には、「アドネットワーク」を有効活用するためのツールである「SSP」や「DSP」についても、その違いをしっかりと認識しておくことが大切ですね。

【徹底比較!】CE(カスタマーエンジニア) vs SE(システムエンジニア)!両者の違いからその需要まで分かりやすく解説します。

CE(カスタマーエンジニア)と(システムエンジニア)は、コンピューターに関わる職種という共通の仕事内容ですが、保守をメインとするか開発をメインとするかで大きな違いがあります。これからIT業界へ進む人が、どちらのキャリアを目指すのか、判断するために必要なスキルやこれからの需要も含めて分かりやすく解説します。

 

CE(カスタマーエンジニア)とSE(システムエンジニア)の違い

 

CE(カスタマーエンジニア)とSE(システムエンジニア)には、ITに対して「保守やトラブルシューティング」を行なうか「設計・開発」を行なうかという、業務内容の違いがあります。

まずは、CEとSEの違いを確認しておきましょう。

 

CEとは

 

 

CEとは、ITシステムの導入から、システムの運用が止まることがないようにサポートするエンジニアです。

すでに稼働しているITツールに対して、業務が滞ることのないように点検を行ったり、故障した機器の保守を行ったりと、導入とサポートが主な業務となります。

ですので、ITシステム自体を設計したり、開発したりすることはありません。完成したITシステムを細部まで理解し、お客様の生活や業務が滞りなく“続く”ことを目指します

また、CEは、「フィールドエンジニア」や「テクニカルサポート」という名称でも呼ばれますので、CEの職を求める場合は、職種名よりも業務内容で確認すると求人の視野も広がるでしょう。

 

SEとは

 

 

SEとは、要求のあるITシステムを設計し、開発するエンジニアです。ITエンジニアと聞いてイメージするのがSEでしょう。

プログラミング言語を習得し、システムを言語によって実現するレベルから始まり、お客様との仕様決定を行なうレベルまで幅広くあります。

SEがITシステムを作り上げ、システムの安定した稼働を支えるのがCEという認識で間違いないでしょう。

 

 

CE(カスタマーエンジニア)の仕事内容

 

CEの仕事内容は、システムの導入と、その後安定稼働する環境を維持することです。そこには、システム保守をはじめトラブルシューティングなど、作業範囲は幅広いものとなります。

 

システム導入・システム保守・トラブルシューティング

 

 

CEは、業務に必要なIT機器すべての安定稼働を維持するエンジニアです。

また、IT機器の導入が決まれば、客先へ出向き機器の設置も担当しますので、お客様がすぐに業務で使える状態の初期設定まで全てを行います。

対象となるIT機器は、複合機やプリンター、PCやファイルサーバーなど多岐に渡ります。オフィスを見渡した時に目に入るIT機器全てが対象です。

複合機がエラーで動かない場合、現場にかけつけトラブルを解決したり、ファイルサーバーにアクセスできなくなった時、電話やリモートアクセスで問題を解消したりするのも、CEの仕事です。

CEはあらゆるコミュニケーション手段でITシステムのトラブルを解決します。また、定期的に機器の点検に訪れるなど、そもそものトラブルを防ぐ業務も大切です。

CEは、SEたちが作り上げたシステムが、お客様先の実際の業務、またはWebサービスが止まることなく機能し、トラブルがあった場合でもスムーズに解決します。

ですのでSEと同等の、あるいはお客様が行うオペレーションに対してはそれ以上の知識や対応力も必要となります。

 

 

SE(システムエンジニア)の仕事内容

 

SEは、ITシステム化したい業務の仕様を固め、プログラムによって実現します。

 

システム設計・開発

 

 

SEはITエンジニア全体をイメージさせる用語でもありますが、大まかに分けてもSEとプログラマーにわかれます。

お客様の要求や要件を聞いて仕様をおこすのがSE、仕様をもとにプログラミングするプログラマーです。ですので、SEの仕事はシステム設計と開発ということです。

もちろん、保守やトラブル解決も行いますが、CEというポジションがある場合、それらはシステムが稼働した後はCEが担当します。

 

 

アセンブラプログラミングを徹底解説!その特徴から役割、C言語との関係性まで分かりやすく解説します。

アセンブラプログラミングを調べると「アセンブラ」や「アセンブル」など似通った名前も多く検索されます。同時にC言語についても比較される形で登場しますが、専門用語の多い記事を読んだだけではいまいち理解できないという人も多いでしょう。今回は、アセンブラプログラミングやC言語の関係性を初めて読む人でも分かりやすく解説します。

 

アセンブラプログラミングとは

 

 

アセンブラプログラミングは、より機械語に近い言語でのプログラミングを実現します。

コンピューターは基本的に、CPUに命令を送ることでその他の機器に電気信号を送り、それぞれの動作を制御するのです。

CPUが理解する言語は機械語と呼ばれ、人間にその言語の羅列は理解できません。すべては「0」と「1」の電気信号であり、2進数と呼ばれる数値の羅列だからです。

それを少しでも人間が理解できる“言語”にしたものがアセンブリ言語と呼ばれます。

そして、アセンブリ言語を用いてプログラムを組むことをアセンブラプログラミングというのです。

現代のプログラミング言語は、「何」を「どう」したいという順番に英語の文法に近い並びでプログラミングできます。

さらには1行のコードに複数の命令が含まれていますのが、アセンブラプログラミングでは、一つの行動に対して一つのコードという具合に、すべての動作をひとつひとつプログラミングする必要がります。

 

アセンブラとアセンブルとアセンブリ

 

アセンブラとアセンブルとアセンブリは、それぞれの意味があります。

まず、アセンブリが「アセンブリ言語」と呼ばれる、いわば言語の名称です。

アセンブラとは、アセンブリ言語で書かれたソースを機械語に変換するためのソフトウェアで、コンパイラのようなものです。

そして、アセンブルは、アセンブリ言語で書かれたソースをコンピューターが実行できる状態に変換する“こと”です。

それぞれを英語表記で見ると分かりやすいでしょう。

 

・アセンブル(assemble):動詞(翻訳すること)

・アセンブリ(assembly):名詞

・アセンブラ(assembler):名詞(作業する人)

 

これらを合わせて文章にすると次のようになります。

アセンブリでプログラムしたソースを、アセンブラでアセンブルする

言語として呼びたい場合は「アセンブリ言語」がもっとも一般的でしょう。

ややこしいですが、こうやってひとつずつを理解しておくと、その他のサイトの説明文も読みやすくなるはずです。

 

アセンブリを学ぶ意味

 

 

アセンブリ言語を学ぶことには、コンピューターの動きを深く知るという、プログラマーとして重要な意味があります。

これは、C言語はもちろん、その他の言語でプログラミングをする上でも役に立つ知識となります。

 

コンピューターの動きがわかる

 

アセンブリ言語は、コンピューターを動かす脳ともいえるCPUの動きを、1対1のコードで命令する言語です。

ですので、CPUがどのように動き、その他メモリーや周辺機器にどのような命令をするかをすべて把握する必要があるのです。

コンピューターには、中心となるCPUをはじめ、メモリーやHDD(SSD)、周辺機器を含めさまざま機器で構成されています。

コンピューターが通電すると、そのあとのコンピューターの行動はすべてCPUが動きを制御するのです。

CPUは電気信号のパターンでそのたの機器を操作するのですが、「どのような操作をするか」という命令するコードを指示するのがプログラミング言語です。

アセンブリ言語は、言語の中でももっとも機械語に近い言語ですので、CPUに制御してほしい順番を、順序立てて細かくコーディングしなくてはなりません。

このような意味でも、アセンブリ言語を駆使するアセンブラプログラミングは、コンピューターを深く学べる言語だと言えます。

 

プログラミング言語が深く理解できる

 

コンピューターの仕組みを理解できると、プログラミング言語のそれぞれのコードが何のために存在しているのかが分かってきます。

どのような言語も、すべてはCPUに仕事をさせるための命令の塊です。

ですので、コンピューターの動きを意識するアセンブリ言語を理解することで、あらゆるプログラミング言語が深く理解できるでしょう。

 

アセンブラプログラミングの用語と特徴

 

 

アセンブラプログラミングについて調べていると、専門用語が出てきますよね。

CPUやメモリーといったものについては、ある程度把握できていると思います。これらの用語もチェックしておきましょう。

 

アセンブラプログラミングに出てくる用語

 

 

説明に出てくる専門用語としては、「ニーモニック」や「ラベル」「オペランド」などがあります。

アセンブラプログラミングでは、CPUへの命令名やデータを格納するアドレス、変数名や数値となるパラメーターが必要ですが、それらの名称がその他のプログラミング言語とは異なるだけです。

それぞれは次のような意味ですので、覚えておきましょう。

 

・ニーモニック(アセンブラコード):ひとつひとつの命令

・ラベル:アドレス

・オペコード:命令指す単語

・オペランド:オペコードの引数パラメータ

 

 

【2019年まとめ】SNSの進化の流れを徹底解説!これまでの人気SNSからこれから来るSNSまで、幅広くご紹介します。

SNSは現代社会の革命とも呼べる程進化したアプリ、このアプリにより暮らせる程の経済力を生み出す人が出てくる中、面白い機能、生活に役立つ機能、ビジネス特化型などSNSによりサービスの幅は様々です。そんな人気のSNSから次に「来る」と予想される優れたSNSの発掘など、様々なジャンルのSNSを幅広く紹介します。

 

SNSとは? 基本的な機能とビジネスモデル

 

  

簡単に説明するとSNSの魅力とサービス内容は「情報の発信、共有、拡散」といった機能が主に強調される機能です。

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で「SNS」と良います。ソーシャルは社会的、ネットワーキングは繋がり、と言う意味で社会的な繋がりを提供するのがSNSの本当の意味。

SNSではあらゆることができ、プロフィール作成、文章公開、コメントを付ける、写真公開、グループを作る、友達を紹介するなどサービスはSNSにより様々挙げられます。

 

 

代表的な3つのSNS

 

①Twitter

 

 

わかりやすく簡単に言うと顔も名前も非公開で言葉を発言できるアプリです。「Twitter(ツイッター)」は若者層で流行し、現在は幅広い年齢層で受け入れているSNSの代表的アプリの1つ。

Twitterにはツイート機能と言う短い文で投稿できる短い文章を書き投稿できる気軽なシステムになっており、その手軽さから若者に人気

SNSの中でも気軽に投稿できるSNSでは上位にランクインし、また拡散しやすいメリットが非常に魅力的なSNSとなります。

しかし、いい意味でも悪い意味でも拡散が効率よく可能なため、炎上といった問題も多く挙げられるのもTwitterです。

 

②Facebook

 

  

わかりやすく簡単に言うと自分の魅力を発信できるアプリです。「Facebook(フェイスブック)」は名前や顔写真などを公開でき自分の自己紹介自己表現をするためのSNSとなっています。

多くは30代から40代が社会的に利用されています。ビジネス面での需要が活発で現実社会での影響力が非常に高いのも特徴

上記で紹介したTwitterより慎重に発言しなければならないことがメリットでもあり、重要性やプライバシー面から見るとデメリットになることもあるSNS

 

③Instagram

 

わかりやすく簡単に言うと写真を投稿するアプリです。「Instagram(インスタグラム)」は「インスタ」とも呼ばれ写真を中心にしたサービスが魅力的なSNS。

上記の2つはSNSの中でも文字を書くことが多いですが、こちらの「Instagram」では写真投稿が中心のサービスを売りとしており、おしゃれ写真を投稿するため美的センスが問われ、優れている者はインスタグラマーとして仕事にもなりワクワク感が楽しめるSNSです。

利用者の多くが女性で海外でも人気なため、日本語や英語など言語に問わず世界中の20代から30代の女性を中心として人気のあるSNSの一つです。

 

 

仕事やプライベートまで使えるSNS

 

Skype

 

 

簡単にわかりやすく言うと音声通話やビデオ通話ができるアプリ。「Skype(スカイプ)」は世界中の会話を可能にするSNSです。

ユーザは世界個人様々な人が利用しているのでもちろんビジネスにも使用することが可能。一対一の通話やグループ通話が可能。通話方法も選択でき携帯電話ではなくPC、スマホ、タブレットからでも使用可能です。

使い方も簡単で大人から子供まで楽しめるビデオ通話サービスに特化したSNSとなります。

 

Pinterest

 

 

簡単に言うと画像がメインのSNSと言うイメージです。こちらの最大の魅力はただ好きなものを集めるだけで良いSNSと言う点が魅力

今では膨大な画像データを元に画像検索ツールとしても注目されています。画像検索の最先端といった所でしょう。

「Pinterest(ピンタレスト)」は画像共有ウェブサイトで趣味や興味のあるテーマの画像を好きなだけコレクションしたり作成したり管理することが可能。

「Instagram」は自分の画像を発信&文字を書いたりと自己表現ができます。

一方、「Pinterest」では「画像発信」+「画像共有」+「画像収集」ができ美しい画像だけではなく様々な用途に用いられる画像を集めることが可能なのが最大の特徴です。

 

LINE

 

「LINE(ライン)」は電話やメッセージ、スタンプなど手軽にコミュニケーションができるツールです。

特にスタンプなどを用いてコミュニケーションをとるサービスが特徴的で、多くのユーザがLINEを使っています。

ユーザ数を世界で1億5000万人とも言われ今の日本人でLINEを使わない人はあまりいないといった現状にあります。

他にも「line@(ラインアット)」と言うビジネス専用アプリケーションもあり集客するアプリケーションとしてビジネス界でも徐々に有名となっているSNS。

 

LinkedIn

 

 

こちらのアプリは世界最大級のビジネス特化型SNSです。

主に利用者はビジネスで利用しプロフィール作成、ビジネスでの内容のやりとり、ビジネスパートナーなどの人材発掘、専門家とコンタクトなど本格的なビジネスの場として用いられています。

世界登録メンバーは5億4000万超えるほど希望はかなり大きいですが、日本ではまだ盛んではなく世界のユーザが中心となっています。今の所は海外ビジネス向けSNSです

 

 

Unreal Engineとは!Unityとの関係性はある?基礎知識から徹底解説します!

実際「『Unreal Engine(アンリアルエンジン)』と『Unity(ユニティー)』とは何でしょう?」と思う方もかなり多いと思います。実際に調べてみると専門用語言語が難しくわかりにくいですよね。そこで今回はこの専門語は何を表しているかや、使い方をできるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

 

『Unreal Engine』と『Unity』は『ゲームエンジン』

 

 

ゲームを作るための核となる開発ソフトが「Unreal Engine」と「Unity」で、この2つの開発ソフトの事をゲームエンジンと呼びます。他にもこれ以外のソフトが有りますが主にこの2つが有名。

ここで言うゲームエンジンとはPC,スマホ,TVなどのあらゆるゲームのベースとなるシステム開発環境を整え「Unreal Engine」と「Unity」この2つのゲームエンジンです。

この2つのゲームエンジン以外にも様々なゲームエンジンがありますが、会社で言う有名大企業のようなイメージで特に人気があり好んでどちらかのゲームエンジンを起用する業界が大半です。

 

Unreal EngineとUnityの紹介説明

 

Unreal Engineの紹介説明

 

 

Unreal Engineは「EpicGames(エピックゲームズ)」という名前のゲーム開発会社が開発したゲームエンジンで拠点がアメリカということもあり日本語版の本書が少ない傾向にあります。

ですが、ゲーム業界で知らない人はいないといった有名ゲームエンジンの一つです。

Unreal Engineは日本での大人気のTVゲームソフト「ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7)」や「ドラゴンクエストXI(ドラクエ11)」更に「キングダム ハーツIII(キンハ3)」などが挙げられます。

格闘ゲームだと「鉄拳7」や「ストリートファイターV(ストファイ5)」がUnreal Engineを起用。このように現在のゲーム業界に欠かせないゲームエンジンがEpicGamesのUnreal Engineとなります。

 

Unityの紹介説明

 

 

一方Unityの場合も海外の会社ですが、日本語の資料が豊富でその分取り掛かりやすいのが特徴。多くのゲーム開発会社はUnityのゲームエンジンを導入しています。

その影響もあり日本でのゲームエンジン開発起用のツールがUnityの比率が大きく求人が豊富なゲームエンジンになります。

スマホやTVゲーム、AR&VRで実装したいなど複数のプラットホームに実装する予定であればUnityがおすすめです。

 

 

Unreal Engineのメリット・デメリット

 

Unreal Engineのメリット

 

 

Unityとの最大の違いは感覚的なプラグラム感が挙げられます。Unreal Engineはブループリント機能で様々なプログラムを知識無しで感覚的に組み込むことができる機能が最大の魅力です。

そしてもう一つの最大の魅力がハイクオリティーなグラフィック性能。感覚的な操作で作り込めるグラフィックが綺麗に創作可能なため、リアルな作品創作に向いているエンジンと認知されています。

更にこのUnreal Engineは無料で使えることでも有名で開発したゲームソフトの売上を5%のロイヤリティーとして徴収する方法で運営できているため試しに使ってみたい人にもおすすめです。

もちろん売らなければ趣味として無料で使えるので、じっくり独学で楽しく創作可能です。

プログラミング業とデザイン業に特化したツールが備わっているので得意分野を勉強しながら制作可能。(Unreal Way)

 

 

Unreal Engineのデメリット

 

 

Unreal Engineは海外の会社ということもあり日本語の資料が探しにくく少しだけ資料を探すのが大変です。事前に資料を集めとくといいでしょう。

作品が売れたら売れた量のロイヤルティーが税金のようにかかり、収益が高額になると払わないといけない金額も増え現在のUnreal Engineは売上率が4半期で3000ドル以上利確している場合、売上の5%をロイヤルティーとして払うことが条件。

独自のライセンス方法などでロイヤリティーを少なくする方法もあり、売れたときの立ち回りを事前に模索することも大切です。

 

 

Unityのメリット・デメリット

 

Unityのメリット

 

 

ゲームを発表できるプラットホームが多くスマホゲーム、PCゲーム、VR&ARゲーム、TVゲームなどとても幅が広く対応しているのが最大の魅力です。こちらも無料ゲーム創作が可能。

Unityは、利益が100000ドルを超える収益が超えなければ無料で利用できます

本格的に行う場合は、個人開発で年間25ドルのプランとチーム開発向け月125ドルのプランが利用可能となっています。

もちろん初心者開発の方も利用可能。コツコツプログラミングを学びたい人にもとてもおすすめです。書店に行くと基礎のプログラミング本が数多くあるので誰でも始めることができます。

確実にスキルが身につき将来の仕事にも繋がります。一方、一見パッと見た感じではUnreal Engineの方が作れている感はありますが実際はそんなに差がないので、自分の好みに合う方を選びましょう!

 

Unityのデメリット

 

 

デメリットは比較的少ないのですが、感覚的にゲームを作りたいと持っている人や、プログラミングが苦手な人には少し退屈になる傾向があるので、そんな方はUnreal Engineをおすすめします。

もちろんUnreal EngineもUnityと同じでプログラミング言語をコーディングしないといけません。最終的には好みの差が大きく左右します。最終的には自分が作りたいゲームに合わせて変えていくのがおすすめです。