【フリーランス】メリット・デメリットを徹底解説!自由を手に入れられる?それとも苦労に満ちている?

近年は働き方も多様化してきており、企業などに勤める会社員という働き方ではなく、個人で会社などのプロジェクトと契約して仕事の依頼をもらって働くフリーランスというものも増えてきている。
会社員と違って自分の裁量で動くことができるイメージのあるフリーランスですが、実際は自由に働けるのか?そのメリット・デメリットを紹介します。

 

フリーランスとして働く方法

 

 

フリーランスとして活躍している方は近年増えてきています。

しかし、フリーランスになるにはどうすればいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

フリーランスのメリット・デメリットを知っても、フリーランスになる方法を知らなければ意味がないので、まずはフリーランスとして活動するにはどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

 

ネットサービスを利用して依頼を探す

 

「人脈・知名度・実績・能力が必要?」「誰もがなれるものではない」

そう思っている人も多いと思います。

確かにフリーランスの多くの仕事は、企業などからお仕事をもらって行うもしくは売り込む事で発生します。

そのため、仕事を探すための人脈や知名度、実際に仕事を受注するための実績や能力が必要だと思うのは当然です。

しかし実は、大きな金額の取引ができるかどうかは別として誰でもある程度はフリーランスとして活動して稼ぐことはできるのです。

 

なぜそれができるか?

それは世の中には仕事があふれており、社員では手が回らない仕事やフリーランスありきの商売をしている会社があるからです。

しかも近年は、そんな会社が出している依頼を簡単に検索できるようなサービスがあるのです。

代表的な物でいうと「クラウドワークス」「ランサーズ」というWebサービスです。

手が回らない自分ではできない仕事を外注するためのサイトで、簡単なものから専門的なものまでそろっているので、特に突出した能力がないという方でも仕事を取ることができるのでフリーランスを始めることができます

もちろん多くの依頼を頂くためには、能力というのは必要になってくるので能力が必要ないという事ではありませんが、やりながらどんどん成長していくことができ、評価が上がれば徐々に単価が上がったり大きな依頼をもらえるようになるので、最初は能力が低くてもフリーランスとして活動できます

 

人脈・実績等で仕事を請け負う

 

もちろん、人脈・知名度・実績というものはあるに越したことは間違いありません。

人脈があれば、仕事の依頼をもらうためのアプローチをかけることが比較的容易にできますし、

知名度が高く実績に申し分のない方なら相手の方からお願いをしに来るでしょう。

自分からアプローチをかける事無く仕事を頂くことができ、しっかり稼ぐことができる環境を作ることがフリーランスの目指すところでしょう。

 

フリーランスのメリット

 

やる気次第で稼げる

 

 

フリーランスの収入は基本的には成果に対しての報酬です。

例えば記事を書くフリーライターのお仕事であれば、1記事いくらで買い取りますという形が主流なので納品した数が多ければ多いほど収入が増えます。

しかし会社員の場合は基本給がありそれに上乗せして成果が付きますが、ほとんどの場合は上限というものが存在するので頑張っても限界というものがあります。

「自分の頑張り次第や能力次第で上限なく稼ぐことができる」というのがフリーランスの一つの魅力といえるでしょう。

 

経験を積むことができる

 

 

フリーランスは複数の仕事をかけ持つことができます。

依頼の際の契約に独占契約のような形で、他社の依頼を受けてはいけないという事を指定されていなければフリーランスの場合同時にいろんな仕事をする事ができます

そのため同時にいろんな仕事をする事でき、色んなジャンルの勉強をする事ができるのです。

しかし会社員の場合は同時にいろんな仕事をすることは難しいです。

 

会社ではある程度役割が決まってくるので、色んな職種の仕事を同時に経験するというのは難しいですし、日本の会社では副業を禁止している会社が未だに多いので他に仕事をする事も難しいです。

短い期間で色んなことを学ぶのであれば、メインの仕事と同時に簡単な仕事からでも新しいことに挑戦できるフリーランスの方が効率的に学べる環境にあるといえるでしょう。

ただ同時に複数の依頼を抱える場合は、情報を流出させないように注意をしましょう。

特に競合他社への技術流出ということになれば賠償問題にも発展しかねません。

他社と契約してはいけないという制約がなかったとしても、競合他社の仕事は同時に受注しない等の配慮は必要です

 

予定が組みやすい

 

 

今回のテーマでもある自由についてですが、フリーランスの仕事は自分でスケジュール管理をする事ができます。

時間指定で働く場合もありますが、ほとんどの場合はいつ働いても成果さえ出してもらえれば問題ないというものになるので、自由に予定を組むことができます

Geekly Media ライター

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなす人」と「こなせない人」

 

 

持っている資格や仕事の出来具合もあまり変わらないのに、妙に面接に強い人って周りにいませんか?

というよりも、実際の仕事の出来具合は自分のほうが上、なんてケースもあるでしょう。

 

履歴書をみても出身大学は上だし職務経歴書もひけを取らない内容なのに、面接に通過できないジレンマ。

少し嫉妬してしまうくらいの差が生まれています。

 

面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」の原因があるとしたら知りたくありませんか?

今回は面接で差が出る原因と準備するコツを解説します。

 

面接を上手に「こなせない人」のあるある

 

 

筆者が民間企業で勤めている時代に、総数でいうと2,000程度の人達を面接してきました。

1次面接の時もあれば、2次面接の時もあります。

 

これだけの面接をする件数を重ねていくと、次第に入室した瞬間に合否がわかるようになっていたのです。

不思議ですよね。まだ話もしていないのに内定を貰う人がわかるのです。

 

一瞬超能力でも身についたのかと考えましたが、そんなことがあるはずもなく単純に面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」にはある傾向がありました。

まずは、面接を上手に「こなせない人」の特徴から解説します。

 

本当に面接しに来たんだよね…

 

人の印象は初めて目にした姿で大半が決まるのは有名な話。

この有名な話は特に面接ではとても大切なことなのです。格好良い、可愛いなどの見た目のことではありません。

 

面接官も採用する立場の役割を演じて、応募する人達を迎え入れます。

筆者が民間企業で面接をしていた当時は、入室した瞬間に頭から足下まで一通りチェックしていました。

ここ最近はラフな服装でもOKである企業も出始めていますが、まだまだ日本はアメリカ式のビジネスマナーが重視されています。

一言でまとめると清潔感ある見た目が重要です。

2次会に来たわけではないのですから、髪型やネクタイ、シャツのボタン、靴で好印象を与えなければなりません。

 

採用担当者も面接する前は自分の身なりをチェックしているのですよ。

 

ガチガチの優等生回答

 

 

良く面接のマニュアル本などでとても勉強してきたのはわかるのですが、採用担当者が知りたいのは素のあなたです。

最低限のマナーさえあればマニュアルはかえって邪魔になります。

 

本人からしたら上手に受け答えしているつもりなのでしょうが、面接官からしたら音声録音を聞いているようなもの。

どの本で勉強したのかもわかってしまいます。

企業で働くようになれば、その組織のルールに従うのは当然のこと。

しかし、面接は人間性を確かめる場でもあります。決まり文句ほど面接官を退屈にさせるものはありません。

 

書類と異なる大きなギャップ

 

面接前に書類選考がありますよね。

この書類選考でチェックしている箇所は誤字脱字や経歴はもちろんのこと、如何に読みやすい書式であるかもみられています。

 

あなたが面接のアポイントをゲットできたのは、自信を持って良いことなのです。

それだけ上手な書式を作れているのに、問題になるのは履歴書の写真のこと。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、履歴書の写真と面接時の印象を変えないでください

なぜかというと、履歴書の写真も書類選考の大切な判断要素だからです。

履歴書の写真は一般的に3か月程度の期間内に撮影されたものを使用するといわれています。

 

しかし、本命の企業なら履歴書を送付する直前に撮影した写真を送るのが無難です。

なるべくなら履歴書の写真とギャップを感じない気遣いをしましょう。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

Geekly Media ライター

SHIN

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接で悩みやすい質問を上手に答えるには?

 

 

短い時間であなたの印象を決定づけるのが転職面接です。転職の面接にはどう答えて良いのかわからない質問もたくさんあります。どのような回答が正解なのか迷ってしまいますよね。

実は、企業が行う転職の面接にはある程度の型があるのです。短い時間のやり取りで採用するかどうかを決めるのですから、1つ1つの質問には意味があります。

そこで今回の内容は、転職の面接で良くある質問を序盤と中盤、終盤、最後に分けての解説です。答えにくい質問にはどう対処すれば良いのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接の序盤にされる良くある質問

 

 

転職の面接序盤にほとんどの企業が行うであろう、代表的な質問について解説します。筆者も、全国展開をしている大手量販店での人事採用面接で必ずしていた質問です。

当たり障りのない質問のように感じますが、転職面接の序盤の質問は意外と重要なポイントになります。ここでのアピールの仕方次第で、転職の結果が変わるかもしれない大切なものです。

転職面接の序盤では、「自己紹介とPR」の質問は必ず聞かれます。採用側ではこれらの質問に、どのような意味を込めているのでしょうか。

 

自己紹介とPRは最高のチャンス!

 

「自己紹介とPR」は緊張をほぐすためのさわりの質問だと考えていませんか?実はさらっと序盤にされていますが、転職の採用の合否に関わるウェイトが大きい質問です。

面接自体が採用する企業の担当者から質問される流れであって、自ら積極的にアピールできるのは「自己紹介とPR」の質問のときだけです。

こんな絶好のチャンスを逃す訳にはいきません。対策をしっかりと練って、採用担当者の心を動かす「自己紹介とPR」にしたいものです。

 

自己紹介とPRに含まれる意味は何?

 

 

転職の面接で質問される「自己紹介とPR」では、簡潔にまとめる力と提案力、具体化する力をみています。「この質問でそこまで判断する?」と感じるかもしれませんが、これは事実です。

仕事ではクライアントや協力会社、社内に対しての連絡事項や重要な約束事を短く、わかりやすく伝えなければなりません。

また、企画や商品を売り込む提案力も求められます。採用側の企業は、あなたの現時点における能力を判断しているのです。

さらに、これら2つの能力が高ければ、面接のやり取りにも説得力が増します。これが最後の具体化する力ということです。自社でどのような働きをみせるのかを想像しやすいですよね。

 

上手な自己紹介とPRの仕方

 

あなたのことをアピールできる時間なので、たくさん内容を盛り込みたくなりませんか?しかし、あまりにもたくさん内容を盛り込んでも、採用担当者には伝わりにくくなってしまいます。

上手な「自己紹介とPR」の仕方にも型があるのです。その型は①アピールポイントを明確に、②どのような経験をしたか、③転職先にどう活かせるか、の3つになります。

まず転職先の状況を踏まえた、あなたのアピールポイントを1つまとめてください。そこに経験を話すことで説得力を高めて、企業に貢献できる内容で締めくくります。

 

転職面接の中盤にされる良くある質問

 

 

「自己紹介とPR」が一段落すると、企業の採用担当者が主導となる質問が開始されます。転職の面接の中盤にする回答は、あなたがアピールした内容に説得力を高める要素となるのです。

序盤のアピールが上手にできても、話を聞いていく内に首をかしげてしまうこともあります。あんなに上手にアピールできていたのに勿体ないと感じたケースが多々ありました。

そこでここからは、転職の面接中盤で核となる「志望動機」の質問について解説します。どうすれば上手に「志望動機」を話せるのでしょうか?

 

転職の面接では志望動機を必ず聞かれる!

 

「志望動機」も転職の面接では必ず聞かれる質問の1つです。必ず聞かれる質問だとわかっているのに、しどろもどろになってしまう人って意外とたくさんいます。

この質問にしどろもどろだと、本当に応募している企業の業種で仕事をしたいのか疑われても仕方ありません。仮に異業種から申し込んでいるなら尚更です。

申し込んでいる企業につながるように話をまとめると説得力のある回答ができるでしょう。質問の回答はあまり広い視野で考えてしまうと失敗します。

 

どうして自社なのかを知りたがっている

 

 

筆者が民間企業で面接官をしているときに、採用面接ってなんだか恋愛と似ていると感じていました。応募してくる人達は、好きな人に告白しようとしている姿と重なるのです。

告白相手になる企業は、「なんで私なの?」と不安に感じています。告白されたから「どこが好きなの?」と聞いてみて、「何となく…」といわれたらどう感じるでしょう。

恋愛も付き合うのだったらなるべく長く関係を保ちたいもの。採用する企業も長く勤めて欲しいと考えているのです。決め手に欠く回答だとガッカリしてしまいます。

 

上手な志望動機の答え方

 

「志望動機」の上手な答え方を伝える順番は「自己紹介とPR」と同じで構いません。ここではどこに着地点を置くのか、ということをテーマにします。

Geekly Media ライター

SHIN

転職するとしたら就労ビザはどうすればいいの?届出の場所から手続きの流れまで徹底解説!!

日本で働く外国籍の方が転職する場合、就労ビザの更新が必要です。転職先の職務や在留期限により手続きが異なるため、自分の在留カードを事前に確認しておきましょう。手続きを怠ると在留期限が短縮されたり、更新ができなくなることもあります。ここでは、就労ビザ更新の手続きについて、徹底解説していきます。

 

そもそも「就労ビザ」とは?

 

就労ビザとほかのビザとの違い

 

ビザには、日本に滞在する目的や期間により、種類がいくつかあります。

「就労ビザ」とは、労働を目的として滞在する場合に必要なビザです。

就労ビザ(在留資格)は入国管理法において定められており、外国籍の方が日本で行う活動内容から、日本が受け入れる外国籍の方の活動を分類して設定されています。

日本で長期間働きたい場合には就労ビザの取得が必須です。

就労ビザは日本に滞在する目的を示し、在留する資格を与えられ入国が許可されます。この資格を「在留資格」と言い、そのビザの中で活動できる範囲を示しています。この在留資格は現在16種類設定されており、就労できる職種を定めるものでもあります。

90日以上の観光に際は「長期観光ビザ」が取得する必要がありますが、このビザで就労をすることはできません。

 

他にも、留学のための「学生ビザ」、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国だけで申請できる「ワークングホリデービザ」、その国に永住することができる「永住ビザ」があります。

 

外国籍の方は、転職によって就労ビザを更新する必要がある

 

 

就労ビザの更新は必須

 

先に述べた外国籍の方が日本での就労を目的として、90日間以上の長期滞在をする場合「就労ビザ」を取得する必要があります。

就労ビザでは、1人につき「在留資格」が1種類のみ認められています。

つまり、転職により在留資格が変わるということになれば、就労ビザ変更の手続きが必要になるのは当然といえば当然です。

しかし、在留資格が変わらない場合の転職であっても、就労ビザを更新する必要があります

詳しく解説していきましょう。

 

在留資格にかかわらず、転職の際にやるべきこと

 

 

転職する外国の籍の方が必ず届け出るもの

 

まず、転職をする外国籍の方自身が必ず行わなければならない手続きが「所属機関変更の届出」です。

転職後14日以内に入国管理局に「届出」をしなければなりません。*1

この届出を怠ると、就労ビザ更新や変更の際に在留期限を短縮されたり、罰金を支払うことになったり、不利な立場に立たされることになります。必ず届出をするようにしましょう。

*1 ただし、この届出を行うのは平成24年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた者に限ります。

 

事業主がやること

 

外国籍の方を雇い入れている雇用者側でも手続きが必要です。

あわせて解説しておきましょう。

外国籍の労働者を雇い入れる際、そして離職させる際には、ハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届出を怠ったり、虚偽の届出を行った場合は30万以下の罰金対象になるので、注意しましょう。

 

転職で「在留資格」が変わらない場合の手続き

 

 

勤務先は変わったけれど、職務が同じ場合。

例えば、転職前も転職先でも同じ「エンジニア」として従事する場合は在留資格は変わっていないことになります。

その場合には、在留期限により有効な手続きが分かれます。

 

在留資格は変更なしで「就労期限」が残っている場合

 

在留資格は変更がなく、在留期限が3カ月以上残っている場合には、就労資格証明書交付申請をして、「就労資格証明書」を取得しましょう。

これは転職で職種が変わらない場合に、新たな勤務先での活動内容が、現在の在留資格に該当するかを確認するためのものです。

 

「就労資格証明書」の手続きを行っておくことで、次回の更新がスムーズになります。

就労資格証明書交付は、住居地を管轄する地方入国管理官署へ申請します。

必要書類は、以下のとおりです。

Geekly Media ライター

小石川 あおい

【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!

転職活動をしていると、「転職するなら非公開求人が良い!」といった話を聞くこともあると思います。一方、そもそも非公開求人が何なのか、よく分からないという方は、案外多いのではないでしょうか。ですが非公開求人には、多数のメリットがありますので、転職するなら知っておいて損はありません。ここからは非公開求人の特徴とメリット、応募の仕方などを解説していきます。

 

非公開求人とは?

 

 

転職で非公開求人という言葉を聞く機会は多数ありますが、「そもそも非公開求人って何?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

まずは転職における非公開求人について、知っていきましょう。

 

非公開求人とは、限られた人しか応募できない求人

 

求人、と言うと企業の公式サイトやハローワーク、転職サイトで公開されている求人のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

しかしこれらは、非公開求人ではなく「公開求人」と呼ばれるもの。

企業HPを見れば、ハローワークに行けば、だれでも見ることが出来る求人なので「公開」扱いなのです。

一方、非公開求人は主に転職エージェントに登録しないとチェックできない求人のことを指します。

非公開求人が企業の公式HPに載ることは無いので、非公開求人をチェックしたい場合転職エージェントへの登録が必要になります。

 

企業が求人を非公開にする理由

 

 

非公開求人が、あまり知られていない求人だということは分かりましたが、なぜ企業や転職エージェントは求人を多くの人に見せないのか、気になる方も多いでしょう。

企業があえて求人を非公開にするのか、ここから解説しますのでぜひ転職に役立ててくださいね。

 

大勢の人が応募するのを防ぎたい

 

大企業や有名な企業の場合、好待遇の求人を出すと募集人員よりはるかに多い転職希望者からの応募が来てしまい、処理が大変になることがあります。

企業にとって、人を雇うためのコストはなるべく低く抑えたいもの

求人をたくさんの人に公開すれば、その分応募者が増え書類審査、面接にも時間がかかってしまいます。

企業は好条件の求人を限られた人にだけ公開し、採用コストを下げているのです。

 

求人を他社に見られたくない

 

企業が新しい社員を求める理由は様々。

単に「人員が足りてないから」という理由で求人を公開するなら問題ありませんが、例えば「新規プロジェクトに参加してくれる人を雇いたい」など、会社の今後の方針に関わる求人であれば、「他社の人に見られたくない」と考える企業も多いです。

 

特に未発表の新規プロジェクトに関する採用や、会社役員の採用については同業他社などに情報が漏れると今後の経営に悪影響が出る可能性もあります。

一方非公開求人であれば、求人内容を他社に見られず採用活動を進められるので、会社内部の重要なポストも募集しやすくなります。

 

有能な人だけ採用したい

 

求人を公開するとその企業に到底合わないような人や、求めるスキルを持っていない人まで応募してくることも少なくありません。

しかし、一度応募してきた人を「見込みが全くないから」という理由でチェックもせず、門前払いにすることは不可能です。

一度求人を公開してしまった以上、会社に合わない人であっても、一応書類を審査し、合否を伝えなければいけません。

そのため企業は、特定のスキルを持った、有能な人にだけ求人を紹介するよう転職エージェントに頼み、採用コストを減らしているのです。

 

非公開求人応募のメリット①好待遇な求人が多い

 

 

前述したように採用コストを減らすため、好待遇な求人を非公開にする企業は多数あります。

そのため転職の際は自分に合った非公開求人を探すことで、よりハイクラスな求人に出会える可能性が高まるでしょう。

年収高めや残業少なめ、などの細かい希望も非公開求人なら見つかるかもしれません。

もちろん自分がその企業に役立つ人材であることが前提となりますが、非公開求人を中心に転職活動をすればより短期間で自分の希望にあう好待遇求人が見つかる可能性は高いです。

 

大企業が非公開求人を使うケースも多い

 

応募者が殺到するのを避けるため、大企業が非公開求人を利用するケースは少なくありません。

そのため企業公式サイトに求人が出ていない場合でも諦めず、転職エージェントに相談すれば志望企業の求人を紹介してもらえる可能性があります

また、大企業への転職を狙っている人も、企業の公式HPだけでなく非公開求人をチェックすることで多数の求人を比較・検討できるでしょう。

 

幹部クラスの求人もチェックできる

Geekly Media ライター

oume

転職口コミサイトの信憑性を徹底解説!本当にオススメなサイトはどんなサイトなのか?

転職を検討している方のなかには、転職サイトの口コミから情報を集めながら、その信憑性に疑問を感じているという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々に向けて、転職口コミサイトの信憑性を徹底解説します。また、その特徴だけでなく、サイトの共通点や口コミの正しい活用テクニックも確認していきましょう。

 

信憑性の高い転職口コミサイトを3つ厳選!特徴を徹底解説

 

 

信憑性の高い口コミサイトの共通点を解説する前に、多くの方が転職に活用している3つのサイトを厳選して紹介します。

「転職会議」「VORKERS」「カイシャの評判」の3つのサイトが、それぞれに特徴が違うものの、多くの転職を考えている方からの人気を集めています。

 

転職会議

 

「まずは多くの企業の口コミを確認したい」という方にオススメの転職サイトが転職会議です。現在では80万社以上の口コミをチェックすることができ、社風に関する口コミが多いという点に人気が集まっています。

口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みであるにも関わらず、高い人気を集めている点からも質の高い情報が集まっていることが窺えます。

 

VORKERS

 

転職会議と同様に、口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みでありながら、若者からの支持を集めている転職サイトがVORKERSです。

VORKERSでは、成長やキャリア開発といった若者が転職前にチェックしておきたい情報の質が高く、数値化されていることから「新しい職場でのやりがい」をチェックしたい方におすすめの転職口コミサイトです。

 

カイシャの評判

 

「転職口コミサイトの使い方を知りたい」という方にオススメのサイトがカイシャの評判です。多くの転職口コミサイトが口コミの投稿か使用料金を支払うことで、企業情報を確認できる仕組みを設けていますが、カイシャの評判は閲覧自由という点に特徴があります。

面倒な手続きを行う必要がなく、転職活動をはじめるきっかけ作りを行いたいという方からの人気を集めている転職口コミサイトです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトから分かることとは?

 

 

信憑性の高い転職口コミサイトでは企業の実態を把握しやすいよう、従業員からの評価をもとにしたレーダーチャートが用いられています。

サイトの特徴に応じて、「達成感」や「社風」、「給与」や「人間関係」などの項目が設けられており、一目でその企業の特徴を把握することができます。

口コミの投稿数によって信憑性が変動してしまうという注意点があるものの、企業のプロモーションや主力商品だけでなく、「社員の働き方に対する満足度を知りたい」という方には、転職口コミサイトが強い味方になってくれるでしょう。

 

信憑性の高いオススメな転職口コミサイトの共通点

 

 

ここまでは「信憑性の高い転職口コミサイトの代表例」、「転職口コミサイトから分かること」の2つを詳しく解説してきましたが、ここからは信憑性の高い本当にオススメなサイトの共通点を紹介します。

これまでに紹介した3つのサイトをそのまま活用することで、質の高い情報を集めることはできますが、「なぜ本当にオススメと言えるのか?」を理解したうえで、情報を集めていくことが大切です。

 

転職口コミサイトが設立されてからの歴史

 

 

信憑性の高い本当にオススメなサイトに共通する1つ目のポイントが、サイトが設立されてからの歴史があることです。

先ほど紹介した3つの口コミサイトでは、転職会議が10年弱の歴史をもち、実績のあるサイトと言えます。

転職サイトのサービスの活用が一般化してから間もないため、老舗企業のような何十年という単位のサイトは存在しませんが、5年前後使われ続けているという実績があれば、信憑性の高い本当のオススメなサイトと考えて良いでしょう。

 

1つの企業に対する口コミの件数

 

 

先ほど解説したように多くの転職口コミサイトでは、社員の働き方に対する満足度をレーダーチャートで分かりやすく表現しています。ただし、あくまでも平均であるという点には注意が必要です。

例えば、レーダーチャートで多くの項目で満点を獲得しているように見えるA社でも、口コミの件数が1件であれば、たった1人の社員の評価が反映されていることになるため、信憑性が高いと言うことはできません。

反対に、レーダーチャートで多くの項目で8割ほどの満足度を獲得しているB社でも、口コミの件数によっては、信憑性の高い口コミが集まっているサイトと言えるわけです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトの活用テクニック

 

 

転職口コミサイトは歴史と1つの企業に対する口コミの件数から、その信憑性を確認することができます。しかし、そのサイトに投稿されている口コミの情報を正しく活用するためには、いくつかのテクニックが必要です。

信憑性の高い転職口コミサイトを見分け、サイトに投稿されている情報の正しさを把握しておくことで、志望企業を効率的に絞り込むことができるでしょう。

 

複数の転職口コミサイトをチェックする

 

転職サイトの情報を効率的に活用するための1つ目のテクニックが、複数のサイトをチェックするというものです。基本的に信憑性の高いサイトに投稿されている口コミであれば、1つの情報だけをチェックしていれば問題ありません。

ただし、「Aのサイトに投稿されていた情報がBに投稿されていない」、「Aのサイトには少数の投稿しかなかったのにBのサイトにはたくさんの投稿がある」というケースも珍しくありません。

複数のサイトをチェックすることで、1つの企業に対する評価を網羅することができるわけです。

Geekly Media ライター

PuG88

職務経歴書の書き方を徹底レクチャー!通過率を上げるための書き方のコツを紹介します

転職活動をしていると課される書類選考。転職活動が初めてだと特に職務経歴書の書き方がピンと来ませんよね。職歴が多い場合と少ない場合で書き方のコツは大きく異なり、職歴が多い場合は得た知見を浅く広く、少ない場合は深く狭くアピールします。書類選考の通過率がぐっとアップする書き方をマスターしましょう。

 

職務経歴書で見られる部分は?

 

 

職務経歴書であなたのこれまでの職歴が見られます。

いつ、どんな業務に携わったのか、そこで何を学んだのか記すのが職務経歴書です。

具体的には

 

・これまでの職歴

・職務上取り組んできたこと

・仕事を通して学んできたこと

 

を記します。

記載するコツを見ていきましょう。

 

これまでの職歴

 

 

あなたがこれまで働いてきた企業や部署名を記します。

ここでは正式名称を用いましょう。㈱ではなく「株式会社」と書くようにしたほうが無難です。

転職者の採用は企業も慎重になります。

細部こだわり、書類選考で落ちることのないようにしましょう。

 

職務上取り組んできたこと

 

 

会社名、部署名を書いたら、そこでどんな業務に取り組んだのか具体的な説明を盛り込みます。

同じ営業職でも無形、有形商材、BtoB、CtoCなどの状況でノウハウは変わってきます。なるべく採用担当者がイメージしやすいよう細部まで記載することを心がけましょう。

 

仕事を通して学んできたこと

 

 

ここ実際にその仕事を通してあなたが身につけたことを記していきます。ノウハウ、スキル、考え方、資格でも良いです。

職務内容とつながるアピールポイントを述べると説得力が生まれます。

営業職で「色彩検定を取得しました」と記載するより「数字が追える営業になるため簿記の資格を取得し、全体を俯瞰する視野を身に着けました」というアピールのほうが効果的です。

職務内容とそこで得たことを紐付けながら、あなたなりのアピールを考えましょう。

 

書類選考を通過する職務経歴書には3つの特徴がある

 

 

転職者の採用は書類だけである程度がふるい落とされてしまいます。そのボーダーラインはどこにあるのでしょうか。大きく3つの評価基準があります。

 

・要点がまとめられている

・自己分析がなされている

・志望動機の裏付けになっている

 

具体的に見ていきましょう。

 

要点がまとめられている

 

 

職務経歴書はあなたの人生が濃縮された紙です。

熱く自叙伝風に書いてしまいがちですが、感情は込めず、簡潔に客観性のある文章を書くようにします。

そのためには要点をまとめ、さっぱりと「報告」するような文章を書く必要があります。

どんな仕事でも要点をまとめる力は必要になります。これを要約力といいますが、読み手にとって大切なことを予め理解し、簡潔に書ききるのはかなり難しいです。

というのも、そもそも要約とは国語力のひとつとして……。

このように長くつらつら書いても蛇足になります。明確に、要点だけを書きましょう。

Geekly Media ライター

平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

転職期間で平均的なのは3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月といわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。

 

「長引いたら…」と不安になる気持ち良くわかります。

実は転職するまでの期間には、あなたが転職に向かうスタイルや注意を払うべき点があるのです。

これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることも。

 

そこで本稿は、大手量販店での人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者が、「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

転職は離職後?それとも在職中?

 

 

あなたは転職するのに「離職後」か「在職中」かで、どちらのスタイルが良いのか迷っていませんか?

先がみえない転職では、あなたに迷う心が生まれるのは当然のことです。

これだけは頭に入れておいて欲しいのですが、「離職後」でも、「在職中」でもメリットとデメリットがあります。

現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

 

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に転職活動をしたら?

 

あなたが転職活動をはじめたからといって、すぐに内定をもらえる保証はありません。

そうです、ここが離職後に転職活動をする1番のデメリットになります。

 

これまでに十分な蓄えがあって独身であれば転職が長引いてもなんとかなるでしょう。

1番してはいけないのは、現職が嫌だからという感情が理由で離職すること。

ただ離職後の転職活動には、自由な時間を得られるメリットがあります。

 

面接時間を申し込んだ企業の都合に合わせられたり、スキルアップの時間にあてたりできるのは魅力です。

 

在職中に転職活動をしたら?

 

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうこと。

あなたの業務の忙しさ次第では、申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてことも。

有給休暇を取得する時期を、業務の都合でずらすのは違法ではありません。

 

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

在職中に転職活動をするのは、毎月必ず安定した給料が入ってくるのが最大のメリットでしょう。

この安心感は他のどの要素もかないません。

 

転職活動は在籍中がおすすめ!

 

転職するからには、じっくりと焦らずに転職先を選びたいものです。お金に困り始めると、必ずといって良いほど焦りを感じます。

これでは満足のいく転職先を探せないですよね。

 

転職活動の基本は、安定した給料を受け取り続けながら心に余裕を持てる在職中に行うのが良いでしょう。

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。

健康を損なってしまってはいけません。

 

転職する期間の3つの流れをチェック!

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

Geekly Media ライター

SHIN