一生懸命。だから、愛される。

西内 信

キャリアディビジョンマネージャー

ありがとうに魅せられて

飲食業界へと就職し、店舗経営を通して経営ノウハウを学んだ。
ベンチャー企業に転職し、新事業創造に携わった。 GEEKLYにあって、異色のキャリアを持つ男。
それが西内だ。
「社長になりたいと思っていたので、店舗で経営を学べるレストラン、
事業創造に携われるベンチャーを渡り歩きました。
そして、企業においてもっとも重要な“人”に携われる仕事に行き着いたんです」
そこで入社したのが、奥山をはじめとしたGEEKLYのメンバーが所属していた総合人材サービス会社。
これまで経験してきたサービス業と企業向け営業のスキルは、
転職エージェントとクライアント営業という仕事に十二分に活かされた。
求職者とクライアント企業からの「ありがとう」という言葉は、
彼に大きなやりがいを与えてくれたという。
「この仕事には人の一生を左右する重要な使命がある。
だからこそ、大きなやりがいを感じています」

真摯に、愚直に走り続ける

その後、GEEKLYの立ち上げに参加した西内だったが、早々に焦燥感に駆られることになる。 周囲のメンバーが実績を上げていく中で、なかなか成果を出せずにいたからだ。
「GEEKLYでは全社の売上目標は設定されていますが、個人の目標は設定されていません。
とはいえ、誰がどのくらいの実績を上げたかはすぐにわかります。
何とかしなければと考えて取り組んだのは、
目の前の仕事を真摯に丁寧に、スピーディーに行うことでした」
ただ、走りきっていく。西内は創業期に感じた壁を見事に乗り越えた。
特別なことは必要ない。
余計なことも考えない。
愚直なまでの仕事ぶりが成果を引き寄せたのだ。

WIN-WINのマッチングを

そんな西内は一つの大きな勲章を手に入れた。
某求人サイトの転職エージェントランキングの顧客満足度部門で何百人もいる
コンサルタントの中から表彰され、輝いたのだ。
真摯に向き合い、愚直に尽くしていく。彼の思いは、確実に求職者に届いている。
「正直、驚いていますが、私を通して就職先が決まらなかった方からも
評価されていることは素直によろこびたいと思っています。
この評価に応えていくには、これからも質の高いサービスを提供し、
WIN-WINのマッチングを築いていくこと。それしかありません」
一生懸命に支えます。一緒にがんばりましょう。
西内は求職者への思いを込めて、深々と頭を下げる。
彼のサービスは、これからも多くの人に愛されていくだろう。

Page Top