【GAFAだけじゃない!】話題のBATHとは!中国vs米国、どちらに軍配が上がる?

今や世界の経済に影響を与えるGAFA。そんなGAFAの牙城を崩すのではないかと今話題になっているのが、BATHです。中国企業が中心であるBATHと、アメリカ企業の4強であるGAFAが今経済において熱い戦いを繰り広げています。今回は今話題となっているBATHについて、徹底的に解説していきます。

 

もはやGAFAと同等?!BATHとは一体

 

中国のハイテクIT企業の四天王

 

 

現在のIT社会のスタンダードを作り、いまや世界経済を左右するほどにまで成長したGAFA。多くの企業がGAFAに続けといわんばかりにさまざまなサービスなどを生み出していますが、GAFAを脅かすまではいきませんでした。しかしそんなGAFAを揺るがす存在が、今急成長を遂げています。それが今回紹介するBATHです。

BATHは中国に拠点を置くハイテクIT企業4社の頭文字を組み合わせた言葉です。Bはバイドゥ、Aはアリババ、Tはテンセント、そしてHはなにかと話題になっているファーウェイを指しています。いずれも中国ではかなり知名度が高く、最近では世界的にも注目されている企業です。

 

いずれも深センを拠点とする会社

 

 

この4社の共通点はIT企業であることだけではありません。4社とも中国の深センを拠点としているのです。この深センという地域は別名アジアのシリコンバレーといわれており、多くのIT企業などが集結している地域です。最近では経済特区に指定され、その勢いはさらに強くなりました。

その深センにBATH4社が拠点を置いており、さらにBATHと関連のある系列企業までもが拠点としています。深センはアジアのIT企業の激戦区であり、BATHはその中でも頂点に位置する最強企業集団なのです。

 

なぜBATHはここまで伸びたのか

 

深センの経済特区の指定

 

 

先ほど少し触れましたが、深センはここ最近経済特区に指定されました。とはいえ、ただ中国で知名度が上がったから経済特区に指定されたわけではありません。その背景にはベンチャー系企業の存在もあります。ベンチャー企業などからの支援により更なる技術の開発やサービスの向上をすることができ、その結果中国政府も動いたのです。

そして経済特区に指定されて以降、BATHの勢力はさらに強まりました。BATHにいた社員の多くが新たな会社を設立し、BATHでの経験を基に新たな分野へ歩みを進めました。その結果急速な成長を遂げ、アジアのシリコンバレーといわれるほどにまで成長したのです。

 

後追いスタイルから独自スタイルへの変化

 

BATHの急成長にはもうひとつ要因があります。それはBATHをはじめとする中国のIT企業のスタイルの変化です。元々中国のIT企業は、アメリカのサービスや技術の後追いスタイルが主流でした。アメリカで生まれたサービスや技術をひたすら真似るのが、一昔前までの中国IT企業のスタイルでした。

次第に中国IT企業の技術力も上がり、ある程度技術力が身に付いたところで中国IT企業は大きな変化が起きます。後追いとしてとにかく技術力の向上をしてきた中国IT企業が、その技術力を用いて独自のサービスなどを作り始めたのです。これがBATHの急成長のきっかけとなったのです。

 

BATHの急成長の秘密

 

社員同士の競争が激しい

 

 

なぜBATHはここまで急成長を遂げ、そして今でも急成長をしているのでしょうか。そこにはいくつかの要因があります。その中でも特に大きいのが、BATHそれぞれの社内環境です。IT企業というと常にイノベーションで溢れているイメージがありますが、BATHはそれがかなり強いです。

BATHの社員はとにかく勢いがあり、常に社員同士の競争が巻き起こっています。そうした激しい競争こそが、BATHの急成長の大きな源となっているのです。決して潰し合いの競争をするわけでなく、とにかくイノベーションを出し合う競争をしているからこそ、BATHはここまで成長できたのです。

 

企業間の交流がかなり活発

 

 

BATHは深センに拠点を置いていますが、そのほとんどは徒歩圏内に本社を置いています。そのため、企業間の交流もかなり活発であり、常にイベントなどが開催されています。もちろん異なる企業の社員同士の交流も活発であり、そこでも新たなイノベーションが生まれています。

こうした交流というのは、日本からするとかなり不思議なものです。ライバルになりそうな企業とそんな頻繁に交流して大丈夫なのかと、心配する人も多いはずです。しかしこの取り組みこそがBATHを急速に成長させ、そして今でもその勢いをさらに強くさせているのです。

 

BATHの急成長を支える人材エコシステムとは?

 

勢いのある企業が物理的に集まっている

 

BATHのこうした環境は、BATHが生み出した独自の人材エコシステムによってもたらされています。つまり企業間の交流が活発なのは、こうした人材エコシステムがあるからこそ成り立っているのです。物理的に集結しているのも、この人材エコシステムに基づいて行われたものなのです。

どれだけ勢いのある企業が集結していたとしても、それぞれの企業がはなれていては意味がありません。そこで気軽に交流ができるようにぎりぎりまで集結させたことにより、かなり活発な交流ができるのです。シンプルでありながらもかなり効果のある手法といえます。

 

企業間交流などを積極的に歓迎するスタイル

 

 

BATHの人材エコシステムは物理的に集結させているだけではありません。企業側が異なる企業の社員と交流することを歓迎していることも、人材エコシステムによって行われている取り組みのひとつなのです。

日本では一般的にライバル企業との交流は控える傾向が強いですが、BATHは真逆のことをしています。このように、BATHが考えた人材エコシステムによってイノベーションを生み出しやすくし、そして新たなサービスや商品が生まれるようになるのです。

 

スポーツ×ITで何ができる?市場規模から具体的な事例まで徹底解説します!

ITが人々の生活を支えているのは皆さん既にご存知のはずです。しかし最近、そのITがスポーツの分野で活用されていることをご存知でしょうか。人々に感動を与えるスポーツをより楽しく便利なものにするために、ITとスポーツを組み合わせた取り組みが行われています。今回はスポーツとITで何ができるか徹底解説していきます。

 

今スポーツ×ITが熱い!

 

市場規模は15兆円へ?

 

 

ITによって私たちの仕事や生活は大きく変わり、より豊かで多様性溢れる社会へと変化しました。それでもITの進化は止まらず、活用される場所はさらに広がっています。そしてその波はついにスポーツの世界にも到来しています。

日本でもついに、2025年までにスポーツITビジネスの市場規模を15兆円にまで拡大させるべく、さまざまな取り組みがされています。選手のトレーニング管理や戦術管理はもちろん、スポーツ観戦やフィットネスなどの分野でもさまざまな取り組みが行われており、今スポーツの世界では革命が起こっています

 

世界では既に広まっている

 

ここ最近日本のスポーツ業界でITによる革命が行われていますが、実は世界では既に広まっています。特にアスリートの健康管理や戦術管理は、もはやITを取り入れることそのものが常識となっています。サッカーやバレーボールなどの、チームワークが重要となるスポーツにおいて、ITはかなり強力な武器となります。

そのほかにもAIを駆使して過去の試合などを解析し、選手のすごさを分析するというユニークなことをしています。例えば、かつてNBAで絶大な人気を誇ったプレイヤーであるマイケル・ジョーダン氏の過去の試合映像をAIで解析し、それをもとに現在のスタープレイヤーと比較をする、ということも行われています。このように、AIをはじめとするITの技術でスポーツの面白さはさらに向上しているのです。

 

スポーツ×ITでできること:トレーニング編

 

市場規模が拡大しつつあるスポーツITビジネス。とはいえ具体的にどんなものがあるのかはあまり知られていません。ここからはスポーツに深く関係している4つの分野において、ITがどのように活用されているのか解説していきます。

 

疲れは数値に表れる時代

 

 

スポーツに限らず、人間というのは疲れるものです。肉体的な疲れはもちろん、精神的な疲れというのもあります。当然疲れというのは目に見えるものではなく、その人の行動などによってようやくわかるものです。しかし最近は、その疲れが数値として表されるようになっているのです。

最近ではアスリートの身体データ遺伝子情報ビッグデータとして保管し、そのデータを基にアスリートの疲労度などを数値化するという活用法が広まっています。疲労度などが数値としてわかれば、選手を適切に休ませることが可能になり、結果的にアスリートの怪我を防止することも可能となります。

 

筋トレをより効率よく

 

 

ITの活用によって得られるものは、決して怪我の防止だけではありません。効率よく筋トレをすることも可能になります。人間は鍛えることによって筋肉がつきますが、筋肉量やどのくらいのスピードで筋肉が付くかは人それぞれです。しかし最近は、遺伝子情報によってそれが数値として現れるようになっています。

東北の社会人サッカーチームであるいわきFCでは、選手の遺伝子情報を怪我の予防や改善に用いています。そして、選手もその遺伝子情報などを選手も見ることができるようになっており、これにより効率よく筋力を最大にするためのトレーニングをすることができます。ITによって怪我の早期改善や予防はもちろん、選手を効率よく成長させることも可能なのです。

 

スポーツ×ITでできること:戦術編

 

経験と勘は時代遅れ

 

 

今までのスポーツというのは、基本的に自分の経験とそれに基づいたがすべてでした。しかしITが普及した現在、その自分の経験と勘だけでは太刀打ちできないことが多いです。そのため、戦術に関しては早い段階からITが取り入れられました

とはいえITが取り入れられた当時は、選手のパフォーマンスをデータ化させたものをプロの分析家が分析するというのが一般的でした。しかしITの進歩によって、監督はもちろん選手でも気軽に見ることができるようになりました。これにより、実戦を戦う選手の意見も取り入れやすくなりました。

 

これからのスポーツは実戦+情報戦

 

 

選手のパフォーマンスなどの情報を選手自身が見られるようになるということは、自分のパフォーマンスも客観的に見られるようになるということです。これにより自分の課題などを見つけやすくなり、その課題を克服するためにトレーニングメニューなどを考えることも容易になります。

また、実戦を戦う選手の意見を取り入れやすくなることで、より相手の攻略が容易になります。このように、今までは自分の経験と勘がすべてだと言われたスポーツも、ITによってより詳しいことまでわかるようになり、戦略においてもより効果的な戦略を編み出すことができるようになるのです。

 

スポーツ×ITでできること:観戦編

 

放送時間とはおさらば

 

 

スポーツ観戦をする方法といえば、一昔前まではテレビ放送が主流でした。しかしテレビ放送には大きなデメリットがあります。それは放送時間です。よく野球中継でもかなりいいところであるにもかかわらず、放送時間の関係で中継が終わってしまうということがあります。

しかし最近、そんな問題を解決するサービスが増えています。特に最近は、スポーツ中継に特化した動画サービスや、スポーツに特化したチャンネルが開設されているなど、放送時間に縛られないで最後まで試合の模様を見られることが増えています。

 

データ放送と映像革命でよりエキサイティングに

 

そして最近では、スポーツ中継そのものが変わりつつあります。例えばAmazonではスポーツ観戦にAIを取り入れ、リアルタイムでサッカーなどのプレー成功率を予測するという面白い取り組みが行われています。さらに現在、ライブビューイングもITによって大きく変わっています。

日本のバスケットボールのリーグであるBリーグは、今年の1月にライブビューイングを開催しました。そのライブビューイングもただ映像を見るものではなく、8K映像臨場感溢れる要素を積極的に取り入れており、そこにもITの技術が用いられています。

 

【初学者必見!】GAFAとは何か?!世界に与えるメリットからその問題・脅威まで、分かりやすく解説します!

ここ最近さまざまな場面で出てくるGAFA。経済などにおいて世界的に影響を与えるGAFAですが、そもそもどういうものなのかわからないという人も多いはずです。しかし実は、私たちの生活においてかなり身近なものであり、世界に影響を与えているのも納得できるものです、今回はそんなGAFAとは何か、わかりやすく解説していきます。

 

GAFAって一体何者?

 

今のIT社会を席巻している企業

 

 

私たちの生活は常にITとかかわっています。毎日の仕事はもちろん、相手とコミュニケーションを取るときや買い物をするときなど、何かとインターネットを用いたサービスを利用しています。そしてインターネットと同じぐらい、通信手段としてスマートフォンも多く使われています。

ここ最近経済などで注目されているGAFAというのは、そんな今のIT社会において大きな影響を与えており、そして今でも私たちの生活を支えています。ひとつの言葉のように聞こえますが、実は今のIT社会に大きな影響を与えている有名企業の頭文字を集めて作られた言葉なのです。

 

いずれも一度は聞いたことのある有名企業

 

ではその有名企業とは何か、気になる人も多いはずです。GAFAのGはGoogle、AはApple、FはFacebook、そしてもうひとつのAはAmazonです。いずれも一度は聞いたことのあるほど有名な企業であり、利用したことがあったり現在も利用しているという人が多いはずです。特にGoogleに関しては、検索する際に必ずといっても良いほど使用しているはずです。

この4つの企業の頭文字を取ってGAFAといわれており、いずれも世界の時価総額ランキングにおいて常に上位にランクインしています。世界の時価総額で上位にランクインしているということは、この4社が世界に与えている影響が計り知れないということなのです。

 

GAFAってなぜすごい?

 

異なる企業がITに必要なものの覇権を持っている

 

 

なぜGAFAはこれほどまでに影響を与える存在となったのか、それは異なる企業でITに必要なものを生み出しているからです。Googleは検索エンジン、Appleは通信機器、FacebookはSNS、AmazonはECサイトと、それぞれ今のIT社会において必要不可欠な要素の覇権を持っているのです。

たとえ後発でよいサービスなどが誕生したとしても、多くの人は既に知名度が高い信用できるものを選ぶものです。GAFAは早い段階で世に送り出しており、その結果覇権を得ることに成功しました。そして覇権を得たことによって、絶対的な地位を確立させたのです。

 

いずれもIT社会に大きな影響を与えた先駆者たち

 

 

しかしいくら覇権を取ったところで、世界の時価総額で上位に居続けることができるとは限りません。どんなに優れた商品やサービスでも、進化を止めてしまっては衰退する一方です。それでもGAFAが上位に居続けられるのは、最初の時点で大きな影響を与えたからです。

 

GAFAが送り出したサービスや製品というのは、いずれも人々の常識をひっくり返すほど影響力のあるものでした。そしてそのインパクトは現在でも残っており、今では経済を左右するほどにまで進化しているのです。

 

GAFAがもたらすメリットとは

 

ほとんどのサービスがプラットフォーム化

 

GAFAが世界に与えた影響はこれだけではありません。GAFAによって私たちの生活はかなり豊かで便利なものになりましたが、実は本当のメリットはそれだけではありません。GAFAがもたらした最大のメリットは、ほぼすべてのサービスをプラットフォーム化させたことです。

プラットフォーム化させることで、今までやりたかったことが簡単にできるようになりました。Amazonを例にすると、今までオンラインでお店を出す方法がわからなかった人でも、マーケットプレイスという手法によって、気軽にオンラインショップを出すことができるようになりました。在庫管理や購入者への発送などはすべてAmazonで行うため、販売者にとってもかなり安心です。このように、GAFAのプラットフォーム化によって、より多くの人がやりたいことに挑戦しやすい社会ができました。

 

今なお進化を止めない

 

 

GAFAがもたらしたもうひとつのメリットは、今なお進化を止めずに新しいものを生み出していることです。検索エンジンで知られるGoogleは、現在も積極的に新たなサービスを生み出しています。特に最近はゲームのストリーミングサービスを計画しており、再び世界に大きな影響を与えようとしています。

 

その一方で、陰りが出始めている企業もあります。それがAppleです。現在もiPhoneやApple Watchなどの新作を出したり、サービスなども展開していますが、Google Pixel3の登場により、その地位も徐々に脅かされつつあります。そしてこのことがきっかけで、実はある問題や脅威などが懸念されています。

 

日本人が知らないGAFAの問題と脅威

 

公平な競争の崩壊

 

 

GAFAによって、私たちの生活はより豊かになりました。しかしその一方で、企業間の競争において悪影響を与えました。何が起こったのかというと、GAFAの急成長によって公平な競争が崩壊しました。今まで実店舗で多くの売り上げを出していた百貨店や大型スーパーも、品揃えや価格において圧倒的なAmazonによって衰退していきました。

そして検索エンジンの代名詞であったYahooも、Googleの登場によって一気にその知名度を落とすことになりました。しかしその一方で、GAFAによって新時代を迎えたものもあります。特にAppleのiPhoneによって、ガラケーの時代からスマートフォンの時代へと大きく変わりました。GAFAによって公平な競争は崩壊しましたが、その分新たな時代へと突き進むきっかけを生み出したのです。

 

【転職】気になる研修の種類を徹底解説!気になるあの企業にはどの研修がありますか?!

会社によっては、入社して間もない社員に対して研修を行うことがあります。いずれもこれからの業務において、必要な知識などを学ぶためには必要なことです。しかし実は、同じ研修でも会社や仕事内容によって種類が変わっているのです。今回は意外にも知られていない研修の種類と、それぞれの特徴について解説していきます。

 

意外と知らない研修の基礎

 

研修という言葉の意味

 

 

研修と聞くと、多くの人は新入社員を対象に行われるという印象を持っているはずです。転職の際に未経験者歓迎と書かれている仕事の多くは、充実した研修が用意されています。しかし、研修というのは決して新入社員に対して行われるものではありません。実は入社から1年以上経過している社員に対しても行われています。

 

研修という言葉の本来の意味は、知識や技術を研ぎ修めるという意味です。実際にエンジニアの新入社員向けの研修は、仕事をする上で欠かせないプログラミングの知識が中心となっています。このように、研修というのは仕事で必要な知識などを身につける場でもあります。しかし同時に、これから仕事をする上で必要となるスキルを磨く修行の期間でもあります。

 

研修は大きく2種類に分かれる

 

研修といっても、企業や業種によって様々なものがあります。また、同じ業種でも企業の目的によっては、独自の研修を行っている企業もあります。基本的に研修は2種類に分かれています。一つは役職ごとの研修、そしてもう一つは目的別の研修です。

 

役職ごとの研修は、その役職の仕事をする上で必要となるスキルを身につけるための研修です。立場が異なれば必要となるスキルは異なってきます。そして目的別の研修というのは、その名の通り仕事をする上で欠かせない知識やスキルを身につける研修です。これは役職に関係なく、その分野の仕事をする人は役職などに関係なく必ず受ける研修となっています。

 

若手社員向けの研修

 

研修は多くの企業で行われています。もちろん研修の中身は仕事内容によって様々ありますが、若手社員や新入社員に一番教えたいことはどの企業も一緒です。ここではそんな入社して間もない若手社員向けの研修をいくつか紹介します。

 

マナー研修

 

 

仕事といっても、その種類は様々です。デスクワークを中心とした仕事もあれば、工場での仕事がメインとなる仕事もあります。しかし、たとえ仕事の内容や種類が異なるとはいえ、社会人としてのマナーは共通しています。マナー研修というのは、社会人として知っておくべきマナーを学ぶ研修です。ほとんどの会社では新入社員向けに行われている研修です。

 

会社によってはマナー講師を招いたり、自社の社員が教えているところもありますが、基本的にはマナー講習会という形で会社が費用を負担して参加させていることが多いです。名刺交換の仕方挨拶の仕方、そしてお辞儀の角度などが主な内容となっています。

 

キャリア研修

 

 

研修というのは新入社員のためのものではありません。入社して1年以上経った若手の社員も受けます。とはいえ、先程紹介したマナー研修ではありません。若手の社員が受ける研修として、キャリア研修というものがあります。

 

入社してからある程度経過すると、仕事内容や作業の流れが身に付いてきます。しかし同時に、自分はなぜこの仕事をしているのだろう、何のための今ここで働いているのだろう、という思いが強くなります。キャリア研修というのは、そのような思いに対して自分自身を見つめ直したり、今後の人生においてどのような技術を身につけるべきなのかを考える研修です。キャリアデザインも、実はこのキャリア研修の一つなのです。

 

研修を受けるのは若手だけではない

 

研修は若手社員を対象に行われているもの、そう考えていませんか。実はそうでもありません。最近では実績や経験が備わっている中堅社員に対しても研修が行われています。では中堅社員が受ける研修はどのようなものか、ここではその一部を紹介します。

 

OJTトレーナー研修

 

 

新入社員に対して行われる研修の中には、より実践的な内容を教える研修もあります。そしてその実践的な内容を教えるための教え方もまた、いくつかの方法があります。その中でも今最も主流となっているのが、OJTという実際の仕事環境で実践的なことを学ぶ研修方法です。そしてそのOJTをするにあたり、中堅社員を対象に行われるのがOJTトレーナー研修というものです。

 

簡単に言うと、トレーナーをする上で知っておきたい知識を学習する研修です。実践的なことを教えるとはいえ、わかりやすく教えなければ意味がありません。そこでどういう教え方をしたらわかりやすいか、そしてOJTトレーナーとしてどのように振る舞えば良いのか、ということをこの研修で学びます。

 

フォロワーシップ研修

 

中堅社員となると新入社員に仕事を教えることも増えてきますが、場合によってはリーダーや上司をサポートする役割も増えてきます。そのサポートの仕方などを学ぶ研修が、フォロワーシップ研修というものです。

 

上司の指示で作業したり、チームで開発などをする場面では当然上司やリーダーが指揮をとります。とはいえ上司やリーダーも同じ人間です。当然間違えたりすることもあります。そんなときこそ中堅社員がしっかりと修正したりなど、上司やリーダーをサポートしていく必要があるのです。

 

管理職も実は研修を受ける?

 

管理職になるには、ある程度仕事で実績を上げる必要があります。しかし管理職という使命を全うするには、今までの仕事での実績だけでは足りません。もちろん仕事でのスキルや知識も必要になりますが、その他にも必要なスキルが増えてきます。そんな管理職のための研修をここでは紹介していきます。

ストレージエンジニアってどんな職種?職務内容からキャリアパス、求められるスキルまで徹底解説!

皆さんはストレージエンジニアという職種を聞いたことはありませんか。言葉では聞いたことがあるという人も少なくありませんが、どのような仕事をしているのかについてはあまり知られていません。しかし、密かに私達の生活を支えているのです。今回はそんな謎に包まれたストレージエンジニアという職種について解説します。

 

ストレージエンジニアってどんな仕事?

 

インフラエンジニアの一つ

 

 

エンジニアといっても、その種類は様々あります。特にITの世界では多くの種類のエンジニアが存在します。多くの人が考えるITのエンジニアといえば、システムやWebを制作する、いわばフロントエンドエンジニアです。しかし彼らだけではITの世界を支えることはできません。そこで今注目を浴びているのが、ストレージエンジニアです。

 

ストレージエンジニアはインフラエンジニアの一つであり、その名の通りストレージ管理に特化したエンジニアです。システムを動かしたりWebサイトを多くの人に公開するには、インフラ整備が重要です。そのインフラ整備において最も重要なものがデータベースです。ストレージエンジニアは、そのデータベースの構築から保守管理までを担います。

 

なぜストレージエンジニアって必要?

 

ストレージと聞くと、多くの人はスマートフォンのストレージを思い浮かべるはずです。スマートフォンのストレージは個人で管理することができますが、これが企業の経営や業務に関する大量のデータや、社会に大きな影響を与える膨大な量のストレージ管理となると、どうしても一人では管理することができません

 

ストレージエンジニアはその膨大な量のデータを管理し、必要なときに効率よくデータの出し入れができるように維持するのが大きな役割です。仕事などでほしいデータをすぐに出し入れすることができたり、必要な情報をすぐに手に入れることができるのは、ストレージエンジニアのおかげなのです。

 

ストレージエンジニアの仕事内容

 

データの管理や保守

 

 

ストレージエンジニアの仕事として最も大きいのは、データの管理や保守です。ITがこれだけ浸透している現在、データというのはかなり重要なものです。扱い方によっては重大な問題に発展することもあります。そのようなデータも含めて、適切に管理したり保守していくのが主な役割です。

 

エンジニアというと、何かを開発したりなどの生み出す職業だというイメージを持つ人が居ますが、ストレージエンジニアは生み出すというよりは、生まれたものの面倒を見ることがメインとなります。エンジニアらしくないと感じる人も多いかもしれませんが、このような仕事によって私達の生活は支えられているのです。

 

データベースの構築

 

 

ストレージエンジニアの仕事はデータの管理保守だけではありません。そのデータを扱いやすくするための環境を構築することも、ストレージエンジニアの大事な仕事です。きちんとした環境を構築することができれば、データの管理保守もかなり楽なものになります。

 

先程も少し述べましたが、データというのは保管するばかりではありません。必要なときに必要なものを出し入れして初めて役に立ちます。環境が整っていれば保守管理も楽になりますが、何よりも必要なデータを迅速に提供することができます。

 

ストレージエンジニアとビッグデータ

 

ビッグデータって何?

 

 

なぜストレージエンジニアがこれほど注目されるようになったのか、それはあるものが注目されているためです。そのあるものというのが、ビッグデータです。その名の通り非常に膨大な量のデータのことですが、実は今の生活においてビッグデータはかなり重要なものです。

 

鉄道の運行管理を例に説明します。例えばあるアーティストがコンサートを行うことになり、その会場の近くにある駅が多くのファンで混雑するとします。当然普段通りの運行スケジュールだと定時運行に支障をきたしてしまいます。そこで登場するのがビッグデータです。ビッグデータを用いてコンサートの動員数を元に運行スケジュールを管理することで、より利便性が向上するのです。そして定時運行に支障をきたしてしまうことを防ぐこともできます。

 

ビッグデータは誰が管理する?

 

ではそのビッグデータは一体誰が管理するのか、ということになります。そこで登場するのがストレージエンジニアです。膨大な量のデータを管理し、必要なときに必要な情報を提供したり保管できるようにするには、ストレージエンジニアの存在は必要不可欠です。

 

一見何の関係もないように見えるデータも、実は深く関係しているということはよくあります。特にビッグデータが注目されている現在、必要としている企業に効率よくデータを提供することができるのはかなり大切です。

 

ストレージエンジニアに必要なスキル

 

データベースのスキルは必須

 

データを管理するだけなら誰でもできるのではないか、そう考えていませんか。だからといって明日もじゃんけんで負けてしまうことはありませんが、ストレージエンジニアに必要なスキルというのはかなり多く、そして複雑で難しいものばかりです。最低限データベースのスキルは身につけておきましょう。

 

特に正規化のスキルは重要であり、第3正規化までは最低限できるようにしましょう。その他にもデータベースに関する知識は必須となるため、もしもストレージエンジニアを志望しているのであれば、まずはデータベースをマスターしましょう。

 

ネットワークやサーバーの知識も必要

 

 

ストレージエンジニアに必要なスキルとしてデータベースを上げましたが、最近のストレージエンジニアはデータベースのスキルだけでは足りません。ネットワークサーバーの知識も必要になっています。

 

ITの世界ではここ最近仮想化が進んでおり、その仮想化を支えているのも実はストレージエンジニアです。仮想化技術を支えるストレージエンジニアの場合、データベースのスキルはもちろん、ネットワークやサーバーの知識やスキルがなければ仕事になりません。

 

【あなたは知っていますか?】「職業安定法改正」について徹底解説!そもそも職業安定法って何?

日本には様々な法律が存在しており、中には就業に関する法律も多くあります。その一つである職業安定法がここ最近改正されたことをご存知でしょうか。中には職業安定法そのものを知らないという人も多いはずです。今回は職業安定法とはどういうものか、そしてどの部分が改正されたかについて解説していきます。

 

職業安定法って何?

 

職業の安定と経済の発展に貢献するための法律

 

 

日本には様々な法律があります。法律というのは憲法に記された国民が持つ権利や義務を元に作られたものが多いです。職業安定法というのは、日本国憲法に記されている働く権利に基づいた法律です。国民一人ひとりが能力に合う安定した職業に就き、同時に企業や職業安定所などでも求職者に合った職を紹介したりするための法律が書かれています。

 

刑法や民法などは聞いたことがあるものの、職業安定法という言葉はあまり知られていません。それ故に現在求職詐欺を始め、職を求めている求職者が不利な結果になるという状況が増えています。そんな職業安定法がここ最近改正されました。具体的な内容については後ほど改めて解説します。

 

他の労働に関する法律とセット

 

憲法で言われている労働の権利や労働の義務に関する法律というのは、職業安定法以外にも様々あります。その中でも中心的な法律が職業安定法です。そしてその職業安定法の他にもいくつか労働に関する法律があり、それらとセットで扱われることが多いです。

 

元々は職業安定法という法律とセットで雇用対策法という法律がありました。しかし昨年の7月に、政府の働き方改革により、雇用対策法の内容が大幅に変わりました。そして現在は働き方改革を推進するための法整備に関する法律という、少々長い名前に変わっています。

 

今回の改正の背景にあるもの

 

多様化する働き方

 

 

今回なぜ職業安定法が改正されたのか、ということについてまずは解説していきます。ここ最近は働き方という根本的な部分で大きく変わりました。従来のような正社員という働き方や派遣労働に加え、フリーランスという新しい働き方が出てきました。

 

このように時代の流れとともに様々な働き方が生まれ、私達にとっても多様な働き方をすることが可能となりました。しかしその一方で、多様化する働き方とともに求職者が損をしてしまうという事例も増えてきました。

 

求人詐欺の横行と電通の件

 

 

今回の改正のきっかけにもなった電通社員の長時間労働。この一件で政府は雇用に関する部分の抜本的改革に本腰を入れ始めました。政府が本腰を入れて働き方改革を進める一方、長時間労働をしている企業がどんどん出てきました。

 

企業による長時間労働が問題となる一方、新しい働き方であるフリーランスにも問題が出ています。フリーランスの場合は個人と企業が直接やり取りすることが多いのですが、その際に不利な条件を言い渡されたり、挙げ句の果には案件そのものが詐欺だという、いわゆる求人詐欺が増えてきました。このようにニュースでは電通の話題しか当時は取り上げませんでしたが、その裏ではさらに悪質なことが横行していたのです。

 

職業安定法のポイント

 

労働条件の明示範囲の拡大

 

 

職業安定法とはどういうものか、そして今回なぜその法律が改正されたのかという部分を知った上で、今回の職業安定法改正でどの部分が変わったのかということについて解説していきます。今回の改正で最も変わった部分は、ずばり労働条件の明示範囲です。

 

今回の法改正では、従来の給料や会社名などの基本的な情報の他に、労働時間残業及び時間外労働の有無試用期間の他にも募集者の氏名などの明記も義務化されました。ではこの改正によって、企業はどのように対応することになるのでしょうか。

 

企業は労働条件を明確にしなければいけない

 

労働条件で最低限記載しなければいけないことが増えたということは、それだけ企業はより詳しい労働条件を書かなければいけないということになります。人を雇うとはいえ、その企業で働く社員にもそれぞれの人生があります。労働の義務があるとはいえ、社員一人ひとりに家族はいます。だからこそ企業の情報や業務状況はできる限り労働条件に記載しなければいけない、ということが今回の改正の大きな目的です。

 

求職者といっても、決して全ての人が収入メインで企業を選んでいるわけではありません。中には自分の時間を確保することができる環境を求めていたり、自由なライフスタイルを送ることができる環境を重視しているという人も居ます。

 

【徹底比較!】ソーシャルメディア vs SNS!そもそも、2つは違うもの?目的と特性をしっかり見極めよう!

ソーシャルメディアとSNS、どちらも似たような言葉ではありますが、実は別物であることをご存知でしょうか。多くの人は同じものだと考える両者ですが、その特性や目的はまったく異なっています。今回は、普段SNSを利用している多くの日本人が知らないソーシャルメディアとSNSの違いを徹底比較していきます。

 

ソーシャルメディアとSNSの驚愕事実

 

ソーシャルメディア=SNSではない?!

 

 

時代の流れによって、情報発信の手段は多様化しています。今では誰もが手軽に情報発信をすることができます。そんな情報発信のツールとして多く用いられているのがソーシャルメディアです。多くの日本人はソーシャルメディアとSNSは同じものだと考える人が多いですが、実は全く異なります。

 

ソーシャルメディアというのは、いわば新しいメディアのあり方なのです。メディアと聞くとテレビや雑誌などをイメージする人が多いですが、ソーシャルメディアはインターネットを駆使し、人同士の情報流通を元としたメディアです。つまりソーシャルメディアというのは、れっきとしたメディアの一つなのです。

 

SNS=ソーシャルメディアの一つ?

 

ではSNSとはどういうものでしょうか。ソーシャルメディアと似たような言葉ではありますが、ソーシャルメディアとはどう違うのでしょうか。ソーシャルメディアの場合は人同士の情報流通が元となっていますが、そこには社会性というものが含まれています。そしていくつも存在するソーシャルメディアのうちの一つがSNSなのです。

 

ソーシャルメディアとSNSは一見似た言葉ではありますが、実際はソーシャルメディアと呼ばれるものの一つに過ぎないのです。ではソーシャルメディアとSNSは本来どのようなものか、次の部分で説明していきます。

 

ソーシャルメディアとSNSについて知ろう

 

ソーシャルメディアって何?

 

 

先程少し触れたように、ソーシャルメディアというのは新しいメディアのあり方です。時代とともにソーシャルメディアというのも進化しており、現在では様々な形のソーシャルメディアが存在します。代表的なものとしてYahoo知恵袋や価格比較サイトでお馴染みの価格ドットコム、そして日本ではSNSとされているツイッターフェイスブックも、実は世界的に見るとソーシャルメディアの仲間なのです。

 

一口にソーシャルメディアといってもその大まかな種類は4種類あり、それぞれユニークな特徴があります。Yahoo知恵袋のようなものはQ&Aホームページといい、ツイッターが誕生する前にブームとなっていたmixiは、コミュニティ型ソーシャルメディアといいます。

 

SNSってどんなもの?

 

 

一方SNSはどのようなものなのでしょうか。SNSというのはソーシャルメディアの一つだと先程説明しましたが、その中でも個人間のコミュニケーションに重点をおいたものなのです。SkypeLINEのようなトークアプリが、実はSNSと呼ばれるものなのです。

 

ソーシャルメディアもSNSと同様、人とのコミュニケーションを容易にとることができます。しかしソーシャルメディアの場合はその人同士のやり取りがどうしてもオープンになってしまいます。そこでクローズドな交流をするためのサービスが作られ、そしていつしかSNSというサービスとして私達の前に登場しました。ソーシャルメディアはオープンな印象が強いですが、SNSは対照的にクローズドな印象が強いものです。

 

ソーシャルメディアとSNSの目的の違い

 

ソーシャルメディアは情報発信がメイン

 

 

ここ最近ブロガーやYoutuberになる人が増えています。その人口は年々上昇し、特に最近では小学生のうちからYoutuberを目指すという子供が増加しています。ブログYoutubeも実はソーシャルメディアの一つであり、それらを使って発信することはまさにメディアそのものです。

 

ブログやYoutubeは情報発信の方法が大きく異なりますが、いずれも共通していることがあります。それは気軽に自分のことを発信することができ、更には共感してくれる人を見つけやすいことです。テレビの場合だとなかなか画面の向こうにファンがいることを実感しにくいですが、ソーシャルメディアの場合は高評価ボタンやコメントなどがあります。自分の考えや好きなことに対して共感してくれる人がすぐにわかる、ファンとの距離がかなり近いものになる、これこそがソーシャルメディアの特徴なのです。

 

SNSはコミュニケーションが目的

 

 

現在の社会で多くの人が友人と連絡する手段として、LINEを挙げる人が多いはずです。最近では企業の面接でSkypeを用いている企業も徐々に増えています。SNSもまた、人々の生活や社会そのものを大きく変えているものです。

 

携帯電話が普及した当時はメールが主流でしたが、それよりも前は電話が主流であり、更に昔になると手紙が主流でした。特に企業の面接に関しては、遠方に住んでいたとしてもその企業のある場所に行かなければ行けない状況でした。SNSの普及によって、人とのコミュニケーションが活発になったことはもちろん、企業の面接のあり方も大きく変えたのです。

 

ソーシャルメディアとSNSはなぜ混同する?

 

SNSにメディアの要素が加わった

 

最初の部分でSNSとソーシャルメディアは似ているようで全く違うことを述べました。ではなぜ多くの人がSNSとソーシャルメディアを混同してしまうのでしょうか。それは、SNSの機能にソーシャルメディアの要素が加わったためです。

 

今ではSNSの代名詞の一つと言われているLINE。そのLINEも最初は友人同士のコミュニケーションに重点をおいていました。しかし時代とともにタイムラインという機能が追加されました。このタイムライン機能の追加が、SNSとソーシャルメディアを混同してしまうきっかけとなったのです。

 

CMS(コンテンツ管理システム)とは!導入によるメリットから具体的なサービスまで、わかりやすく解説!

多くのメディアやWebサイト運用で用いられているCMS。コストの削減やコンテンツの更新頻度の向上、さらにはより自由度の高いデザインを実現できるなど、これからメディアなどを運営する人にとってはまさに必需品です。今回はそんなコンテンツ管理システム、通称CMSについて、わかりやすく丁寧に解説していきます。

 

CMSってどんなもの?

 

コンテンツ管理システムのこと

 

 

私達が普段閲覧しているブログやメディアは、常に誰かの手によって運用されています。もちろんそれは会社で運用していることもあれば、個人で運用しているということもあります。そのWebサイトの管理や運用で用いられているシステムCMSです。CMSはコンテンツ管理システムの略称であり、基本的にはCMSという言葉が使われています。

CMSはその名のとおり、ブログやメディアの記事をはじめとするコンテンツを管理するためのシステムです。現在公開されているWebサイトの多くは、このCMSによって管理しています。では、一体なぜこれほどまでにCMSが広がったのでしょうか。

 

現在のWebサイト運営には必須アイテム

 

 

一昔前まではFTP、ファイルトランスファープロトコルというものを使ってサーバーにアクセスしなければ更新できませんでした。そしてその際用いるファイルについても、HTMLなどのプログラミング言語で構成されたファイルしか使うことができませんでした。そのためWebサイトを更新するとなると、かなり手間がかかってしまいました

CMSはそのような面倒なことを限りなくなくし、HTMLなどの専門的なプログラミング言語を知らなくてもコンテンツを作ることができるようになっています。もちろんコンテンツを更新するときも簡単であり、特にブログなどの更新頻度が重要になるオウンドメディアの場合、高い更新頻度を実現することができます。

 

CMSのメリット

 

運用コストを大幅削減

 

多くの企業やWebサイト設計者がCMSを使うようになった理由はいくつかあります。その中でも特に多い理由として、導入や運用に関するコストを大幅に削減することができるという理由です。一昔前まではコンテンツの更新に時間がかかることはもちろん、コストもかなりかかりました。特にWebサイトの更新のたびにWeb制作会社に委託している場合は、かなり費用がかかりました

CMSの場合、特別な知識がなくても簡単に更新できるため、運用コストを大幅に削減することができます。さらにCMSの導入にかかるコストもかなり低いため、これから自社でメディアなどを運用しようとなった場合でも、気軽に導入することが可能です。

 

Webサイトの管理運用が簡単

 

 

Webサイトで最も大変なことは、完成したWebサイトの管理運用です。ただコンテンツを更新すれば良いわけではありません。毎日どのくらいの人がサイトに訪れるか、どのくらいの人がコンテンツ内のリンクに進んでくれているか、という部分もサイト運営においてはかなり重要です。

CMSの中にははコンテンツ管理はもちろん、サイトのアクセス数などの細かい部分の管理も可能です。アクセス数などが分かれば、どのようなものが今人気なのかがわかります。その上でどのような内容のコンテンツを展開すべきか、そしてどのような商品を紹介すべきかもわかります。さらに、サイトにアクセスする権限の管理も簡単です。外注でライターを雇っているなど、複数人でサイト運営をしている場合、CMSはかなり便利です。

 

CMSでできることは?

 

ホームページなどの構築と管理

 

 

通常Webサイトというのは、HTMLというプログラミング言語で構成されたファイルをサーバーに送信することで、自分が作成したWebサイトが公開されます。当然ファイルを作る場合は、別のソフトなどが必要になるなど、いろいろなものを準備する必要があります。

しかしCMSは、サーバーとドメインさえ別に用意するだけで大丈夫です。理由としては、ホームページ作成などに必要なものが揃っているためです。予めサイトのデザインなどをCMSで構築し、あとはサーバーやドメインの設定でサイト管理に用いるCMSと連携させるだけで、すぐにサイト運営を始めることができます。

 

アクセス権限の管理

 

ブログやメディアというのは、基本的にだれでも自由に書き足したりすることができません。そうしてしまうと、せっかく自分たちで作ったコンテンツが第三者によっておかしくなってしまいます。そのようなことを防ぐために、CMSではサイトにアクセスする人ごとに権限を割り振ることが可能となっています。

権限を割り振ることによって、複数人でメディアなどを運営するときの効率がかなり良くなります。メディアの編集長やライターなど、役割や担当に合わせて権限を付与することで、サイトの安全性は大幅に向上します。もちろんコンテンツの更新の際も、安心して実行することができます。

 

最低限知っておきたい超有名CMS

 

無料CMSでは最強!WordPress

 

 

CMSといっても、現在では様々な種類があります。有料のCMSがある一方で、無料で使用することができるCMSもあります。そんな無料のCMSの中でも絶対的な人気を誇るCMSが、WordPressです。無料のCMSとしての知名度も高く、個人でのサイト運営から企業のメディア運営まで、幅広いところで使われています

WordPressの特徴は、なんといってもその拡張性の高さです。プラグインが数多く用意されており、自分好みにカスタマイズすれば、使い勝手もかなり良くなります。また、ブログなどのメディア向けにテンプレートも用意されており、こちらも数多くのラインナップが用意されています。

 

Webで天下を取るならCloudCMO

 

無料のCMSの場合サポートが基本的にないため、いろいろなものを自分で準備しなければいけないというデメリットがあります。一方で有料のCMSの場合、サーバーなども予め用意されていることが多いため、企業が運営するメディアの多くは有料のCMSを用いていることが多いです。その有料CMSの中でも多機能なものが、CloudCMOです。

通常のCMSと同じくコンテンツの作成や管理などの基本的な機能はもちろん、アクセス解析などのマーケティングに関する機能もセットになっています。自社の商品を宣伝したいという場合や、マーケティングのことも考えたメディアを運営したいという人におすすめです。

 

【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

 

その即戦力の使い方合ってる?

 

即戦力の意味

 

 

多くの人は、即戦力という言葉を聞いたことがあるはずです。特に転職の際、履歴書などに即戦力という言葉を使ったり、面接のときに貴社の即戦力となるよう全力を尽くしたい、というようなことを言ったことのある人も多いはずです。しかし中には、その即戦力の使い方は本当に合っているのか、と感じてしまう使い方をする人も少なくありません。

本来即戦力という言葉の意味は、特別な訓練を受けなくてもすぐに戦力となる存在、という意味があります。つまり、あれこれ教えなくても参加したその日に周りと同じように仕事をこなし、あっという間に成果を上げてしまう人のことを言います。

 

戦力とはどういう意味か

 

とはいえ今働いている全ての人が即戦力であるのかと言うと、そうでもありません。中には入社して間もない頃は即戦力とは言えない人でも、仕事をこなしていくうちに会社を支える大きな戦力として君臨している、という人も居ます。

戦力というのは、戦争に関わる全ての作業を総合的に遂行する能力を言います。現在は昔ほど戦争は起こっていないため、主にスポーツの世界や仕事などにおいて、会社やチームに大きく貢献してくれている人のことを戦力としていることが多いです。

 

企業の求める即戦力とは

 

企業にとっての即戦力の意味

 

 

なぜ多くの人が志望動機や面接のときに即戦力という言葉を使用するのか、それは企業が即戦力となる人を募集しているためです。この即戦力という言葉は、多くの企業でも求人を出す際などに用いています。では企業が求める即戦力とはどういうものでしょうか。

結論から言いますと、先程説明した意味と同じような人材です。つまり、研修などをしなくてもすぐに仕事を任せることができる人を企業は募集しています。ではなぜ企業はそのような人材を欲しているのでしょうか。その理由については次の部分で解説します。

 

なぜ企業は即戦力を求めるのか

 

なぜ多くの企業は即戦力となる人材を求めるのか、その理由は主に2つあります。一つは会社の負担を最小限に抑えたいためです。企業によっては未経験者のために研修期間を設ける企業もあります。しかし研修を設けるとなると、時間や手間、そして人員を研修に割く必要が出てきてしまうため、それだけ企業にとっては負担となってしまいます

そしてもう一つの理由は、企業間の競争が激化しているためです。IT業界を始め、毎年多くの企業が参入しています。当然参入する企業が増えれば増えるほど、競争も激化していきます。そのような時代において、入社してすぐ戦力となる人材というのは企業にとってかなり強力な武器となるのです。

 

即戦力となるものは?

 

資格や実務経験

 

 

即戦力となるよう全力を尽くします、と言って本当に即戦力となった人というのはかなり少ないです。そもそも即戦力となる要素としてどのようなものがあるのか、知っている人はかなり少ないのが現状です。

即戦力となるものとして最も多いものが、資格や実務経験です。よく資格は持っているといろいろ有利になるということが言われています。それは資格があるということは、専門的な分野についてかなり詳しいという証明になるためです。そして実務経験は、実際にその業務を経験したことがあるという証になります。これら2つの要素があるだけでも、かなり差をつけることができます。

 

基本的な人間力

 

 

しかし、資格と実務経験だけでは即戦力とはなれません。その他にも根本的に必要なものがあります。それこそが人間力です。具体的に説明しますと、コミュニケーション能力適応性が最も重要です。資格や実務経験もかなり強力な武器とはなりますが、最終的にはこの基本的な人間力が最も重要です。

例え資格取得のために学んで来たことが、全ての企業の業務で通用するのかというと、残念ながらそうでもありません。実務経験もいくら経験があるからと言っても、企業ごとに業務の進み方というのは異なるものです。そのため、最終的にはその企業に適応する力とコミュニケーション能力が必須となるのです。

 

【知っておきたい】「就活ルール廃止」に伴う影響とは?!メリット・デメリット含めて徹底解説!

今まで経団連が制定していた就活ルールが、この度廃止となりました。これについて現在様々な懸念がされていますが、そもそも就活ルールとはどういうものなのか、そして就活ルール廃止によってどのように変化するのかが注目されています。今回は就活ルール廃止のメリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。

 

そもそも就活ルールってどんなもの?

 

内定日や面接日などが決まっていること

 

 

昨年10月、経団連会長である中西宏明氏就活ルールの廃止を発表しました。この発表は多くの企業はもちろん、就活を控える大学生にとっても大きな影響を与えました。そもそも就活ルールというのはどういうものなのでしょうか。

就活ルールというのは、経団連の会員となっている企業に対して、経団連が定めた内定日や面接日、解禁日などを元に就活を進めるというルールです。大学生の就活というのはこの就活ルールを元に就活をし、企業はこの就活ルールを元に新卒を一括で採用しています。

 

罰則とかある?

 

 

就活ルールという名前になっていますが、万が一そのルールを破ってしまったらどうなるのでしょうか。実はこの就活ルールというのは、必ず守らなければいけないというわけではありません。あくまで対象となっているのは経団連に加盟している企業であり、逆に加盟していない企業についてはルールは遵守しなくても良いということになっています。

また会員として加盟している企業でも、あくまで内定日などは決まっていても、それ以外の日程などについては会社独自で決めても問題ありません。あくまで企業団体として、新卒の大学生を一括で募集するための一環として企業間の足並みを揃えるためのルール、という表現が正しいです。

 

なぜ就活ルール廃止となったのか

 

若者が少ない

 

 

経団連が就活ルールを制定してから60年以上たった現在、この就活ルールそのものを廃止することとなりました。ではなぜ廃止となったのか気になる人も多いはずです。いくつか原因はあげられますが、最も多いものとしては若者の人口が少ないという理由です。

ここ数年で日本は少子高齢化が進んでおり、高齢者が増えていく一方で若者の人口というのは年々減少しています。そのため就活ルールを元に新卒を一括採用するとなっても、そのタイミングで入社してくる若者が年々少なくなっている、というのが一番の原因です。

 

外資企業の日本進出

 

就活ルールが廃止となった原因は、決して若者が少なくなったからというわけでもありません。外国企業がどんどん日本に進出しているというのも理由の一つです。アマゾンGoogleをはじめとする外資系企業の多くは、経団連が定めた就活ルールに関係なく、独自のスケジュールで採用をしています。

その結果早い段階で外資系企業が新卒の学生などを取り込んでしまい、結果的に就活シーズンに入社する学生がさらに少なくなっている、という事態になっています。就活ルールというのは、外資系企業が日本進出し始めた時点ですでに機能していなかった、ということになるのです。

 

就活ルール廃止のメリット

 

通年採用が可能に?

 

 

では就活ルールが廃止となった場合、どのようなメリットが出てくるのかということについてここでは解説します。就活ルールが定められていた今までは、どのような企業でも採用時期というのは決まっていました。しかし就活ルールが廃止されることにより、企業によっては通年採用をする企業も出てくるのではないかと言われています。

通年採用するということは、それだけ好きなタイミングで面接を受けたりすることが可能になるということです。そのため、就活シーズンのピークが過ぎてしまったという人や、早い段階で内定がほしいという人にとっては大きなチャンスとなります。

 

自由な採用活動ができる

 

先程の通年採用になるということに関連していますが、就活ルール廃止によって、企業独自の採用活動をすることが可能となっています。内定日はもちろん、採用開始時期や面接日も企業で決めることができるため、企業にとってはより有利に採用活動を進めることができます。

また、外資系企業に多いインターンシップということも容易にできます。実際に働きながらその人の仕事ぶりなどを見て、その上で採用するかどうかを決めるインターンシップは、世界的な企業の採用活動ではスタンダードとなっています。