【徹底比較!】ストック型ビジネス vs フロー型ビジネス!両者のポイントからITとの関係性まで解説します!

働き方改革に伴って副業の解禁の流れになり、個人レベルでも様々なビジネスモデルが注目されるようになりました。そのビジネスモデルの代表的なものとしてストック型とフロー型のビジネスモデルがあります。今回はストック型ビジネスとフロー型ビジネスのポイントとITとの関係性までを徹底的に比較し、解説していきます。

 

ストック型ビジネスとは?

 

 

ストックという単語は「在庫」や「たくわえ」、あるいは「株券」という意味を持っています。

しかしストック型ビジネスとは商品の在庫やたくわえが必要という意味では無く、商品やサービスを売る仕組みを作って継続的に収益があがるビジネスモデルを言います。

 

ストック型ビジネスの具体例

 

最近流行しているNetflixやSpotifyといった定額料金を支払ってもらいサービスや商品を提供するサブスクリプションサービスもストック型のビジネスモデルです。

またクレジットカードや会員になって受けるサービスもストック型のビジネスモデルですし、水道料金やガス電気の日常のライフラインに必要なサービスもストック型のビジネスモデルになります。

定期的な点検や賃貸の契約、レンタルやリースサービス、学習や勉強の各種スクールや保険もストック型ビジネスと言えます。

 

ストック型ビジネスは意外と身近なところに沢山あるビジネスモデルです。

対してフロー型ビジネスとはどのようなビジネスモデルを指すのでしょうか。

 

フロー型ビジネスとは?

 

 

フローという単語には「流れ」や「流量」という意味があり、経済的には一定期間内に流れる商品や金のことを指します。

すなわちフロー型ビジネスとは消費者が必要な都度、商品やサービスに対し契約しお金を支払うことで収益を上げていくビジネスモデルになります。

 

フロー型ビジネスの具体例

 

コンビニエンスストアやスーパーで商品を売る、飲食店の食事は一番身近なフロー型ビジネスです。

他にも美容室でのカットやネイルサロン、マッサージ等のサービスはフロー型ビジネスにあたり、家を建てたり、ホームページの制作をしてもらったりする事もフロー型のビジネスモデルと呼べます。

ここからは継続利用をしてもらうストック型ビジネスと単発での契約が主になるフロー型ビジネスの両者のポイントを挙げていき比較もしていきます。

 

ストック型ビジネスのポイント

 

 

ストック型ビジネスの最大のポイントは継続して収益が入ってくる点にあります。そんなストック型ビジネスのポイントをメリットとデメリットに分けてご紹介します。

 

ストック型ビジネスのメリット

 

ストック型ビジネスのメリットは継続した安定した収益を上げることが出来る点にあります。

継続した収益があると年間の計画が立てやすく、会社の次の展開も決める余裕にも繋がります。

 

ストック型ビジネスのデメリット

 

逆に継続して商品やサービスに課金してもらうことは顧客に対し安定し更に満足してもらえるものを提供し続けなければならない点にあります。

いくら継続して課金してもらえるとしてもユーザーが競合に目移りし自社のストック型ビジネスから離れると継続し安定した収益は得る事が出来ません。

また、安定した売り上げが得られる反面、単発で大きな売り上げが必要な際に時間がかかるビジネスモデルになりうる可能性が大きいビジネスモデルとも言えます。

 

Geekly Media ライター

1+

【まとめ】Web広告は6種類!気になる仕組みからその効果まで徹底解説!

今や人々の生活に欠かすことの出来ないスマートフォンやパソコン。スマートフォンやパソコンを介してWebに接続する際に表示されるWeb広告の市場はテレビ等の従来のメディアの広告を追い抜く勢いで成長しています。今回はWeb広告の種類とそれぞれの仕組みと効果について説明していきます。

 

Web広告は大きく分けて6種類

 

 

現在Web広告は大きく分類して、ディスプレイ広告、リスティング広告、アフィリエイト広告、ネイティブ広告、SNS広告、動画広告、と6種類の広告がWeb上で運用されています。

様々な表示方法、活用方法があり、商品の成約がダイレクトに出来たり、従来の広告より商品のターゲット層へのPRがしやすかったりと運用の幅も大きいそれぞれのWeb広告の仕組みや効果について説明していきます。

 

ディスプレイ広告

 

 

ディスプレイ広告はインターネットのホームページ上でテキストやバナー、最近では動画で広告を表示する広告です。

 

仕組み

 

ディスプレイ広告は主にGoogleと提携しているWebサイトやYoutube等のサービス、Yahoo!ではYahoo!のトップページやYahoo!のサービス上で表示される広告になります。年齢や検索している場所、今までのサイトを見た履歴等で広告を出稿する指定が出来ます。ディスプレイ広告の費用は広告がクリックされる毎に単価を支払うクリック型と広告が表示される回数毎に課金されるインプレッション型が主になります。

 

効果

 

ディスプレイ広告の効果はWebのトップページや関連しているサービスに表示される為、幅広い層へサービス、商品を認知してもらえる効果があります。また年齢や地域で広告の表示出来るユーザーも絞れる為に潜在的に商品やサービスを求めている層へのPRも効果的です。

逆に商品やサービスに合った絞ったユーザーへのアプローチの効果が低く、広告の出稿の割合に対し商品の成約に結びつく可能性も少ない広告になります。

 

リスティング広告

 

 

リスティング広告はGoogleやYahoo!でユーザーが検索したワードに応じて検索結果に表示されるテキスト広告です。

 

仕組み

 

検索ページでユーザーが検索したワードの検索結果の上位部分にテキスト広告が表示される仕組みになっています。リスティング広告も広告がクリックされる毎に課金される仕組みになっています。

 

効果

 

先程のディスプレイ広告とは異なりリスティング広告はユーザーが調べたいワードの検索結果に直接広告が表示される為ユーザーが求めている商品やサービスに直結した広告表示が出来るという効果があります。

リスティング広告はユーザーの検索結果に対してのみに表示されますので幅広い層への商品やサービスの認知、商品の一般層へのPRにはあまり効果が見込めない広告になります。

 

アフィリエイト広告

 

 

アフィリエイト広告はホームページやブログのWeb上の記事にバナーやテキスト広告として貼り付けられている広告です。

 

仕組み

 

アフィリエイト広告は成果報酬型広告とも呼ばれ商品を購入したりサービスを申し込んだ時の成果に対し報酬が支払われる仕組みの広告です。最近は副業でブログを始める人が収益化する時に報酬を得るサービスとしても良く利用されています。

 

効果

 

アフィリエイト広告は商品やサービスを顧客が購入、利用した時に広告費が発生する為、広告費が必要最低限で済むという効果があります。

個人のブログの記事に自社商品のアフィリエイト広告が掲載されるので自社商品やサービスとマッチングしない記事にアフィリエイト広告が載る可能性や競合商品より多く記事や媒体に載せてもらう為に報酬等を増やしていかないといけない可能性も出てきます。

 

ネイティブ広告

 

 

ネイティブ広告とはネイティブという意味そのままで自然とWeb上の記事やコンテンツに違和感無く表示されている広告です。

 

仕組み

 

記事やコンテンツの中に記事やコンテンツの内容に紛れる形で表示されています。その為、広告自体がステマ(ステルスマーケティング)に当たるのではと不安があるかもしれませんが、きちんと『AD』や『PR』の表記もしてあるものがほとんどなので心配はいりません。費用に関してはネイティブ広告を見てもらうページビュー数に対して報酬が支払われる仕組みがメインになります。

 

効果

 

記事やコンテンツの中から自然と広告に誘導出来るため広告を見てもらう確率は自然と高くなります。しかし自然に見せる分広告作成に労力がかかったり、成約まで時間がかかったりする為に効果がすぐ現れにくいという面もあります。

また上手く記事やコンテンツの中に広告を制作し埋め込まないとユーザーへ不自然な感じを抱きPRしたい商品やサービスに対し逆にネガティブな気持ちをもたらす結果になりますのでネイティブ広告は出稿する記事やコンテンツの内容を吟味し出稿しないと良い効果が出ない可能性もあります。

 

SNS広告

 

 

今や一般的になったTwitter、LINE、Facebook等のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上で表示される広告がSNS広告と呼ばれます。

 

Geekly Media ライター

12+

【2019トレンド】サブスクリプションモデルが人気の理由は?!事例から考えるメリット・成功のための条件を徹底解説!

NetflixやHuluの動画配信サービスやSpotifyやLINE Musicといった音楽サービスを普段使う機会も増えてきているのではないでしょうか?定額で利用料金を払って使うサービスを一般的にサブスクリプションサービスと言います。2019年には様々な企業が参入してくるサブスクリプションサービスのビジネスモデルについて徹底解説します。

 

サブスクリプションとは

 

 

サブスクリプションを直訳すると『寄付』や『予約』という意味になるのですが、最近では商品やサービスの利用権を定額で支払い一定期間借りて利用するビジネスモデルを指すことが多くなりました。

今現在、先程挙げた動画や音楽を体験するサブスクリプション以外にも様々な商品やサービスがサブスクリプションで利用出来ますので、以下幾つかの事例を紹介させて頂きます。

 

サブスクリプションモデル事例

 

 

個人利用のサブスクリプション

 

個人で利用するエンターテイメントに関するサブスクリプションモデルとしては映画やドラマを定額で観れるVODという動画配信サービスがあります。NetflixやHulu、国内発ではdTVが有名です。音楽を定額料金で聴けるサブスクリプションはSpotifyやApple Music国内発ではLINE MUSICが人気を追い上げています。動画や音楽のサブスクリプションには多数の業者が参入しており、サブスクリプションモデルの中でも最も活気のある市場と言えます。

また、雑誌や本をデジタルで読み放題になるサブスクリプションも人気です。動画、音楽、本と全てを定額で利用出来るサービスはAmazonがAmazonプライムとして展開しておりAmazonはサブスクリプションサービスを展開することにより業績が伸びていきました。

 

サービスを定額で利用出来るサブスクリプション以外でも車や家電を定額で利用出来たり居酒屋や飲食店でもサブスクリプション利用出来るところも増えてきています。また企業ではなく一個人が情報やコンテンツを定額で発信する、個人発信のサブスクリプションモデルも出てきています。

個人で利用出来るサブスクリプションは2019年もっともっと増えてくると予想出来ます。

 

ビジネス利用のサブスクリプション

 

個人で利用して楽しむサブスクリプションモデル以外でもビジネスで利用するサブスクリプションのサービスも比較的増えてきています。

代表的なものはwordやExcelのOfficeのソフトも定額で利用出来ますし、フォトショップやイラストレーターといったデザイン系のソフトを利用できるAdobeのサービスもサブスクリプションで利用する事が出来ます。

また、ビジネスシステムのSalesforceもサブスクリプションサービスになり人気が上昇しました。会計ソフトや経費清算ソフトもサブスクリプションサービスで売り出した企業も増えてきています。

 

何故こんなにもサブスクリプションが人気になり参入する企業が増えてきたのか、ここからはその理由を解説していきます。

 

サブスクリプションが人気の理由

 

 

サブスクリプションがここまで人気が出てきた理由は、今までコストがかかっていたモノやサービスが安い定額料金で使えるようになったところにあります。

仮にCD1枚10曲3000円していたものが毎月1000円払えば、5000万曲以上聴くことが出来るようになります。CDアルバム1枚に10曲として計算すると500万枚のCDアルバムを聴けることになるのです。500万枚のアルバムを買うと3000円×500万枚=150億円かかります。

個人で150億円もかかるものを毎月1000円で利用出来たら毎月1000円のほうを選ぶ人がほとんどでしょう。

 

またCDやDVDを置く場所もいらなくなります。お金やモノの場所から開放される手軽さを売りにサブスクリプションサービスは一気に普及していきました。

このように身近に普及してきたサブスクリプションのサービスですがこれからサブスクリプションモデルを始めていくと気になるメリットやデメリットについて解説していきます。

 

サブスクリプションモデルのメリット

 

 

売上の確保や予測が立てられる

 

サブスクリプションは定額料金を払ってもらうビジネスモデルです。従って企業側としては毎月一定額の売り上げが入ってくるということになります。

毎月一定の売り上げが確保されれば安定した売り上げを基にある程度売り上げの予測が立てられるので他の事業や商品の展開を考える事も出来ます。

 

データや情報収集が出来る

 

サブスクリプションは定額で顧客に多くのモノやコンテンツを利用してもらいますのでその分沢山のデータや情報が取得出来ます。

企業側がその情報を活かし新たな商品の開発も出来ますし、サブスクリプションサービスの運営継続への施策も打つ事が出来てそれが顧客に対しても新たなサービス提供に繋がります。

 

データや情報収集が出来る事は企業側顧客側の両方のメリットにもなるのです。

 

顧客のファン化が出来る

 

 

今までは商品やコンテンツ、サービスを販売して関係が終わりだったものも、サブスクリプションで定額の一定期間での付き合いになると顧客を自社のサービスのファンになってもらえる事が今までより容易になります。

顧客は買いきりの商品と比べて定額で料金を払ってしまっているので自然とサブスクリプションを利用する頻度が高くなります。その機会を利用し企業側のサービスのファンになってもらい競合に奪われないように顧客を囲い込む事も出来るのです。

 

Geekly Media ライター

6+

【転職】ジョブチェンジを成功させるには?!メリット・デメリットを含め、ジョブチェンジを徹底解説します!

皆さん仕事人生でジョブチェンジという言葉が頭をよぎったことはありませんか。仕事に慣れてきた中、職種を変えて自分のスキルアップを図りたいと思った事はないでしょうか。しかしRPGゲームと違って現実で新しい職種に変えるのは色々と不安も大きいと思いますので今回はジョブチェンジを成功させるポイントとジョブチェンジのメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

 

ジョブチェンジとは?

 

 

ジョブチェンジを日本語にそのまま訳すと「転職」ということになります。

しかし転職という言葉をそのまま使うと同じ営業職で違う会社に移るのも「転職」になってしまいます。

現在日本で使われているジョブチェンジとは同じ業種で会社を移る場合に使う言葉ではなく、

例えるなら営業職から経理職へと職種を変える時に使われる言葉になっています。

職種を変えるジョブチェンジは同じ会社の中でも行われますし、会社を変える時に同時に職種を変えるケースもあります。

 

社内でのジョブチェンジ

 

同じ会社内でのジョブチェンジを成功させるには幾つか制度があります。一定期間中に社内で色々な職種を経験させるジョブローテーション制度や社内でやる気のある社員から職種変更の公募を募る社内公募制度でジョブチェンジを成功させることが出来ます。

しかし、現在日本の会社の人事採用のホームページを見てもジョブローテーション制度や社内公募制度を採用している会社はまだまだ少ないのが現状です。

また社内でのジョブチェンジとしては会社からの命令で職種を変えることもありますが、その場合前向きなジョブチェンジでは無いパターンが多いので自身のスキルアップやモチベーションが上がるジョブチェンジにはなりません。

 

転職でのジョブチェンジ

 

社内で職種を変えるジョブチェンジの制度が無い時はジョブチェンジの制度がある会社に転職してからのジョブチェンジや今までのキャリアをリセットして新しい職種へ未経験にチャレンジするジョブチェンジがあります。

一旦同じ職種で転職してから制度を利用してのジョブチェンジは時間がかかりますし、未経験からのジョブチェンジは金銭面や時間の面でもデメリットがあります。

ここからはジョブチェンジによってもたらされるメリットとデメリットを解説していきます。

 

ジョブチェンジのメリット

 

 

キャリア形成の強い味方になる

 

ジョブチェンジを行うことにより新しいキャリアを獲得することが出来れば自分のキャリア形成の強い味方になります。

営業職一筋の営業マンより営業からマーケターへジョブチェンジをしてマーケティングも出来る営業マンになった方がこれからの時代に生き抜く強い力になります。

 

仕事に対する新鮮さを保てる

 

ジョブチェンジをすれば仕事に対する新鮮さやモチベーションを保ち常に仕事に前向きに取り組む事が出来ます。

同じ職種で同じ会社にいるより色々な職種を経験し社内や社外からも必要にされる人材になれば次々と新しい仕事も舞い込んできますので仕事に対する新鮮さを持ち続けるきっかけにジョブチェンジがなります。

 

ジョブチェンジのデメリット

 

 

未経験スタートによるハンデ

 

社内でのジョブチェンジでも会社を変えてからのジョブチェンジにしても新しい職種に対しては未経験からのスタートになります。

一から新しい仕事を覚えるのは仕事に対するやりがいや新鮮さを持てる反面、慣れるのに時間がかかり新しい職種に対する勉強も必要になってきて最初の内はプライベートに影響を及ぼす場面も出てくるかもしれません。

 

給料がダウン

 

同じ会社内でのジョブチェンジだとそこまで待遇が変わらないと思いますが転職し会社を変えて一から新しい職種へ未経験となると会社側も未経験者採用になり給料がダウンする等待遇面でのマイナスが生じやすくなります。

次からはジョブチェンジを成功させるためにジョブチェンジを成功しやすい人のタイプを挙げていきます。

 

ジョブチェンジを成功しやすい人

 

 

20代の若手、第二新卒社員

 

ジョブチェンジをすると新しい仕事を一から覚えないといけません。

そうなるとやはり20代の若手社員や第二新卒の社員がジョブチェンジの成功がしやすくなります。

若いと仕事の覚えも早くまた体力面や給料面でも会社側から見てもジョブチェンジのしやすい人材として扱われるのです。

 

Geekly Media ライター

3+