【知っておきたい!】ブラック企業の見分け方を徹底解説!押さえるべきポイントは!

正直ブラック企業には入りたくないものです。ニュースでもたびたび過労死や長時間労働などの話題は出てきます。働くこと自体は問題ありませんが厳しいノルマや長時間労働は避けたいのが本音ではないでしょうか。時代は今や自衛が当たり前になってきました。そこで今回はブラック企業の見分け方を身につけていきましょう!

 

そもそもブラック企業とは?

 

 

ブラック企業という言葉が出てから長い年月が経ちました。しかし、一言にブラック企業と言ってもどこからがブラックなのかを説明できる人はあまりいません。それもそのはず、厚生労働省でさえブラック企業を明確に定義しているわけではないのです。あくまでも「ブラック企業の特徴」として掲げているのが下記の3点です。

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

引用元:厚生労働省HP

 

確かに具体的に●時間以上の残業といったように明記していないことがわかります。残業時間であれば定義はできるかもしれませんが業種によっては繁忙期もあり、判断が難しい事情もあるのかもしれません。またパワハラなどのハラスメントも個人の主観により、大きく違ってくるためこちらも定義するのは難しいと言えるでしょう。

 

ブラック企業に入るとどうなる?

 

 

あまり想像したくありませんがブラック企業に入ってしまった場合どうなるのでしょうか?多くの場合はあまりの作業量に忙殺され、上司から精神的に追い詰められてしまうことになります。終電で帰るのが当たり前になり、転職したくても忙しいため時間が取れないということも考えられるでしょう。最終的には体を壊してしまい、やむなく退職というパターンはよく耳にします。

さて、そんなブラック企業には入りたくないのが素直な本音でしょう。楽な仕事をしたいのではなく、健全な仕事をすることが大事であるためです。次の項目からはブラック企業の見分け方を募集要項、面接、データなどから洗い出してみようと思います。

 

ブラック企業の見分け方~募集要項編~

 

 

募集要項は企業を選ぶうえで重要な項目です。ブラック企業らしい謳い文句や表記がありますので確認しましょう。

 

アットホームな職場や若手が活躍!などの言葉は要注意

 

一見すると良い環境に見えますが実のところは会社の内部を隠している、もしくは過度に表現していることが多いです。距離が短く意見が通りやすいという謳い文句も結局は上司からの一方的な要求があるなんてパターンもあるくらいです。

もちろん、募集要項通りの会社も存在していますが不自然に甘い言葉を使っているところは注意が必要です。

 

給与が低いまたは高すぎる

 

給与が低いから仕事量はそこまで多くないだろうというのは間違いです。低くても馬車馬のように働かせるところもありますし、そもそも最低賃金以下の場合は違法労働にあたるので注意が必要です。

また、高すぎる給与にも注意してください。全てまで言いませんがこのパターンは厳しいノルマをクリアし、基本給にプラスされた成果給を足されている場合がほとんどのためです。給与の内訳を確認することをおすすめします。

 

残業代についての明記がない

 

 

残業代を支払わないこと自体が違法になりますので問題外なのですが、このパターンの場合は「みなし残業」や「年俸制」を取っていることが多いです。絶対に悪い制度とまでは言いませんが少なくとも残業代に関する会社の規定を確認してブラック企業であるかを見極めましょう。

 

募集期間が長い

 

募集期間が長いということは従業員が入っていないまたは入ってもすぐ辞めてしまう環境である可能性が考えられます。会社の経営が順調で規模を大きくしているのであれば、募集期間が長くても違和感ありません。会社の経営情報などを確認し、もし好調でなくて長期募集を行っている場合には、何かしらの理由があると考えたほうが無難でしょう。

 

ブラック企業の見分け方~面接編~

 

 

募集要項でもひょっとしたら上手くカモフラージュされている可能性があります。しかし、ブラック企業の内部をハッキリとするには面接が一番です。どんなポイントがあるのか見ていきましょう。

 

精神論を主張してくる

 

面接官が精神論のみを主張してくる会社は要注意です。根性やる気と言ったワードが過度に出る場合は社員に強要している可能性大です。根性ややる気がダメなわけではなく、スキルやノウハウに関することも話題に出てくるか確認しましょう。

 

【面接】『転職理由の本音』は話してもいいのか?!例文とともに分かりやすく解説します!

転職をしたい!そう考えてはいるものの面接で何て言っていいのかわからないことってありますよね。会社や人によって転職したい理由はさまざまですが、できれば本音で話したいものです。しかし、あまりにも本音すぎると面接官からの心証は良くないことも確かです。そこで今回は本音を柔らかく表現する例文を紹介しますので見ていきましょう。

 

転職理由は本音を出しながらも上手に伝えることがキモ

 

 

転職を考えている人は相応数いますが理由は人それぞれです。総じて言えるのは今の会社に対して何かしらの不満を持っていることではないでしょうか。日本という国は本音よりも建て前を重視している文化があり、なかなか本音で言えないのは何だかヤキモキしてしまうものです。

本来であれば、転職活動をして面接時に「本音」をぶつけたほうがお互いの求めるところがわかります。しかし、会社の文化にもよりますが素直すぎる本音は避けたほうが無難です。

 

転職経験者の本音はどんなのがあるか?

 

 

転職経験者に対して「転職をした本音は?」というアンケートをリクナビNEXTが取った結果があります。それぞれの理由TOP5を見ていきましょう。
(参照URL:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/)

 

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

 

 

上司や経営者に不満を持つことは多く挙げられます。上司のミスを自身が責任を持ってしまった、能力の低い上司に嫌気が指した、権力をかざすだけの経営者など挙げればキリがないほど例が出てきます。仕事は主に上司や経営者の判断が重要であり、上の人たちが優秀でなければ下の人にとってはやりづらいのが本音ではないでしょうか。

 

労働時間・環境が不満だった

 

最近では働き方改革が大手では2019年4月から適用されましたが、中小では2020年4月から適用されることになっています。日本企業の労働環境は外国と比べても労働時間が長く、場合によってはサービス残業が当たり前、過労死が出てしまうくらいの労働をさせるブラック企業もあるほどです。ブラック企業まで行かなくても労働時間が長い、環境が整っていないのであれば仕事を長く続けることは難しいでしょう。

 

同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

 

人間関係の悩みはどの年代でも起こり得ることで、社会人もこれに適用されやすいです。仕事に対する考え方や公私混同しすぎる人がいることでストレスを溜めてしまうこともあります。どんな会社か上辺はインターネットで知ることはできても、内部まではわからないものです。こんな人たちが働いているのかと落胆した声も多く聞きます。

 

給与が低かった

 

働く理由はそれぞれあるかもしれませんが、少なくとも自身が労働した対価として給与が与えられるのは当然の権利です。労働と給与のバランスが合わないと納得がいかず、不満を持ち続けるのは当然と言えるでしょう。中には手取りが少なすぎて残業をしなければ生活ができないという例もあったのも驚きです。

 

仕事内容が面白くなかった

 

基本的に仕事は1日8時間であり、1日の3分の1を消費することになります。その時間が全て面白くないと言うのもなかなかの苦痛でしょう。よくある例としてはこの会社に入ったら○○という業務ができると思ったのに、単調作業の××を永遠とやらされたなどです。仕事を通して成長していきたい人にとって、仕事内容に魅力がなければ転職したいという本音が出ても仕方ないでしょう。

 

辞めたいと思っても少し冷静になる時間も持とう

 

 

今の会社に不満を持っているから転職をしたいと考えるのは普通のことです。しかし、すぐに転職をするのは早計かもしれません。あまりにもブラックな企業であれば問題ないかもしれませんが、多くの企業には多かれ少なかれ悪いところはあるものです。逆にその企業の良いところもあるはずです。

転職をしたいという気持ちを持つこと自体は問題ありません。あくまでも冷静な判断を行うための時間を持つことを意識しましょう。たとえば、今の会社と狙っている会社と客観的に比べてみる、今後の自分の目標やライフプランを考えた場合どちらがいいのか?などです。不満はあった会社だったけど福利厚生はしっかりしていた、上司はイヤな人だったけどさらに上の人と相談したら対応してくれたなどの例もあります。冷静に自身でできることや比較をしましょう。

 

本音を採用担当に上手く伝えるための例文を紹介

 

転職したい本音を採用担当に上手く伝えるための例文を5つ紹介します。ケースごとにまとめたので見ていきましょう。

 

ゲームプログラマーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、今後の動向まで幅広くご紹介します!

ゲームプログラマーってどんな仕事をするの?スキルとかどんなのが必要なの?と思っているのであれば今回紹介します。ゲームもまた他の業界同様に進化し続けており、昔と今では全然違ってきている部分が多いです。未来のゲームがどんな技術を使われるようになるのかも紹介しますのでチェックしてみましょう。

 

ゲームプログラマーの仕事内容

 

 

ゲームプログラマーの仕事はゲームのシステムを作り上げることがメインです。大まかに4つの項目があるので見ていきましょう。

 

仕様の理解

仕様とは多くのゲーム会社の場合、プランナーが出した仕様(いわばゲームルールの説明)を理解する必要があります。たとえば、Aというボタンを押したらジャンプするなどのルールも仕様にまとまっています。

 

各種ミーティング

 

ミーティングは先ほどの仕様に関するミーティングやプログラマー同士でどのようにゲームを構築していくのかを話し合うことも多く出てきます。プログラマーとしての地位が高まっていくと、他のプログラマーのスケジュール管理や多セクションとの連携なども求められるようになります

 

コーディング

コーディングとは実際にプログラムを打ち込むことを言います。仕様の理解が終わり、どのようにゲームを構築するかが決まれば、あとはコーディングするだけです。余談ですがプログラマーがコーディングしている時は集中モードなので、不意に話しかけたりすると機嫌が悪くなったりします。

 

テストプレイ

 

 

コーディングが終了したらテストプレイをします。実際に仕様通りに構築できているのかをプログラマーと仕様を書いたプランナーで確認します。この時に「もっとこうしたほうが面白いのでは?」「もう少しレスポンス早くできない?」などのやり取りが生まれます。

 

ゲームプログラマーになるための必要スキル

 

 

ゲームプログラマーのスキルというとプログラムくらいしか思い浮かばないかもしれませんが、実は多様に求められるものがあります。一つずつ見ていきましょう。

 

プログラミングスキル

プログラミングはどの言語を学ぶかですがこちらに関しては作るゲームによって違います。基本的にはC++やC#ができれば問題ありません。スマホアプリ開発の場合はJavaやSwiftなどの言語で作成される場合もあります。どの言語を学ぶかは狙っている会社や業界を元に絞りましょう

 

コミュニケーション能力

プログラマー=コミュ障というイメージがあるかもしれませんが、一概にそんなことは言えません。仕事内容でもミーティングやテストプレイ時のやり取りが発生するためコミュニケーション能力は必須です。むしろ、コミュニケーション能力が高いプログラマーのほうが息の長い活躍ができます。もちろん技術も大切ですが、技術と同じくらい大事なのです。

 

好奇心と向上心

ゲーム業界は常に進化を続けており、ハードが変わるごとに学ぶことがでてきます。つまり、一つの技術や知識を手に入れたら終わりではなく、際限なく学び続ける必要があるのです。好奇心や向上心がない場合は長年やり続けるのは難しいでしょう。

 

体力

体育会系かよって突っ込みが飛びそうですが事実です。マラソンを走れる体力とかそういう意味ではなく、病気にならないことや徹夜対応できる体力が必須になってきます。ゲーム開発はどうしても忙しい時期が出てきてしまい、時には根性で乗り切らなければならない場面もあります。日々の体調管理や体力をつけることも重要なのです。

 

ゲームプログラマーの年収は?

 

 

ゲームプログラマーの年収は240万円から600万円と幅が広く、一部のスーパーなゲームプログラマーは1000万円を超えています。240万円は主に新人として入ったプログラマーに多く、そこから徐々に年収が上がる仕組みになっているのがほとんどです。

高い年収を求めるのであれば、大ヒットを飛ばし続けている企業を選ぶのが一番です。例えば任天堂のゲームプログラマー平均年収は750万円ほどと言われています。また、年収以外にもインセンティブを設定している企業もあり、大ヒットした分をボーナスとして与えられるところもあるので夢があります。

 

キャッシュレス決済がアツい!日本国内での普及度は?注目のサービスも紹介します!

キャッシュレス決済は日本政府が推進していることでもあり、現在多くの企業がサービスを展開しています。日本ではなかなかキャッシュレスの文化はないのですが便利であり、お得に買い物できるサービスが多いので注目してみるといいでしょう。今回はその中でも注目のサービスを紹介します。

 

日本のキャッシュレス決済の進捗率は?

 

 

経済産業省がまとめたデータキャッシュレスビジョン」によると日本のキャッシュレス決済比率は約18%(2015年)という結果です。つまり5人に1人ほどしかキャッシュレス決済を行っていないということになります。ここでいうキャッシュレスとはクレジットカードも含まれており、スマホ決済や電子マネー決済はこの数字よりも更に低い結果になることがわかります。

 

日本はキャッシュレス文化がないのはなぜ?

 

 

キャッシュレス決済比率は韓国で約89%、中国約60%、アメリカ約45%という結果になり日本よりも大きく進んでいる印象があります。日本も先進国の一つであるにもかかわらず、なぜキャッシュレス文化がないのでしょうか?その理由を項目ごとに見ていきましょう。

 

現金主義だから

 

 

クレジットカード決済自体が嫌いという理由で現金を使わない層が一定いることが大きな要因です。その理由として「お金を使っている感覚がないから」や「使いすぎてしまう」という声が多く挙げられています。一時期のドラマでもクレジットカードを使いすぎてしまい、破産してしまうなどの内容がありました。その影響があるのかどうかは不明ですが、クレジットカード=使いすぎてしまうというイメージから脱却できていないのかもしれません

 

セキュリティに関する懸念

 

 

クレジットカードやスマホなどを利用したキャッシュレス決済は一部でセキュリティに関する懸念もささやかれています。今の時代は個人情報が流れやすく、簡単に自身の情報が見知らぬ相手に伝わることも多くあります。たとえば自身の携帯番号やメールアドレスも知らないうちに第三者に知られて迷惑メールという形で来た方は多くいるのではないでしょうか?

どこで誰に何が漏れているのかわからないのであれば、クレジットカードやスマホで決済をするのはコワイと思っても仕方のないことかもしれません

 

決済手段が多すぎる

 

キャッシュレス決済はクレジットカード、電子マネー、スマホなど多岐にわたる決済方法があります。消費者からすればどれを使えばいいのかわからないと言うのが本音でしょう。結局は複数に自身のお金が分散してしまい、どこに何があるのかわからなくなるという声も出てきています。

 

電気が使えないときにピンチになる

 

キャッシュレス決済の多くは電気を使うことが前提とされています。大規模な停電や災害が起きた場合は決済ができなくなるのでピンチになる可能性も考えられます。そういう意味ではある程度の現金はいくらか持っていた方が確かではあるでしょう。ただし、ATMも電気で動いていますので、あくまでも手待ちにいくらか持っているのが前提となります。

 

キャッシュレス決済のメリット

 

 

キャッシュレス決済は主に4つのメリットがあります。

 

お金を持たなくてもいい

 

お金を持たなくていいと言うのは非常にスマートです。小銭は多く持つと財布を圧迫しますし、重くなります。お札も多く入れれば財布としての見た目も良くありません。お金をおろすために銀行やコンビニに寄ることもなくなるので便利です。

 

支払いがスムーズになる

 

支払い時に財布を取り出して、金額を見ながら数えて支払うのも面倒です。キャッシュレス決済を利用すれば、カード1枚もしくはスマホだけで決済できます。スムーズな決済はレジの遅延を解消できますし、店側にしても消費者側にしても大きいメリットです。

 

決済ミスがない

 

お店側のメリットになりますが、これほど大きいメリットはないでしょう。人間は注意していてもミスをしてしまうものです。お釣りを渡す時に計算を間違えてしまう、間違って効果を余分もしくは少ない金額分を手渡ししてしまうことも十分に考えられます。消費者側としても、決済ミスがないほうがいいに決まっています。

 

実は管理しやすい

 

何を購入したのかを履歴として残せるのがキャッシュレス決済のいいところです。現金でもレシート管理すれば問題ないかもしれませんが、レシート自体はかさばりますし管理も面倒です。キャッシュレス決済でデータとして持っている方がお金をどう使ったのかわかりやすいのです。しかも、アプリによってはキャッシュレス決済したデータをそのまま家計簿にしてくれるものもあるので注目してみるといいでしょう。

 

ゲーミフィケーションとは!基礎知識から、具体的な事例とともに紹介します!

ゲーミフィケーションって何?たぶんゲームのことなんだけど新しいゲームなのかな?と思っていた場合は要注意です!ゲーミフィケーションはある意味では新しいゲームではありますが、従来のコンピューターゲームとは定義が違います。多くの企業が注目するゲーミフィケーションを基礎知識から事例まで紹介します。

 

ゲーミフィケーションとは?

 

 

ゲーミフィケーションとは企業が顧客に対してゲームの要素や考え方を提供し、サービスの一環にすることを指します。近年では多くの企業がゲーミフィケーションを採用しており、成功例も多数出ていることから注目されています。ゲームは多くの人がプレイしたことがあり、ロジックとして突き詰めれば安定した面白さを提供することが可能です。ゲーミフィケーションはゲームの面白さの部分を抽出し、企業それぞれの特徴を生かすことができるのです。

 

ゲーミフィケーションを導入し、売り上げ47%アップした事例も

 

 

アメリカのとあるサイトでゲーミフィケーションを導入したら売り上げが47%アップしたことで話題になりました。このサイトではランキングやポイント制、チャレンジ制度を導入し、ユーザーの滞在時間を長くさせたことが要因になりました。この例でもわかる通り、ゲーミフィケーションを導入することで得られる効果は絶大なものです。

 

ゲーマータイプを分類することが成功のカギ

 

 

ゲーミフィケーションを導入するために必要なのは企業側のユーザーの層がどのあたりか知ることです。企業によって保有している顧客もしくは潜在顧客は違うことでしょう。ゲームをする人間にも種類があり、主に4つの分類がされています。自社の顧客がどの層に当てはまるのかも想像しながら見ていきましょう。

 

アチーバータイプ

 

達成の意味となるAchieveから出てきており、クエスト達成や称号獲得をすることで満足感を得られるタイプを指します。提示された問題や課題をクリアすることが最大の喜びとなっています。段々と難しい問題が出てくるようになると没頭するようになるのにも注目です。どちらかというと真面目で言われたことをコツコツとやるサラリーマンタイプに多いです。

 

エクスプローラータイプ

 

探索の意味となるExploreから来ています。知らない世界を探索し、アイテムを見つけたり仕掛けを見つけたりすると満足感を得られるタイプです。エクスプローラータイプは好奇心が強く、常に刺激を求める特徴があります。ですのでアチーバータイプのように指定された課題を出すのではなく、あえて指示を出さないという手法もアリでしょう。常に新しい変化を求めるタイプがエクスプローラータイプに多いとされています。

 

ソーシャライザータイプ

 

ソーシャルの世界を楽しむ人をソーシャライザーと呼びます。最近のソーシャルゲームやスマホアプリではソーシャル機能が当然のように搭載されています。たとえば、掲示板機能が代表的でしょう。掲示板で他の人と交流し、情報交換したり感想を言い合ったりすることで満足感を得ることができます。また、交流した人と一緒に作業をすることにも積極的であることにも注目です。

 

キラータイプ

 

killerから来ているのがキラータイプです。物騒な言葉に聞こえてしまいますが、他人よりも上であることを実感したいタイプがこちらになります。たとえばランキング機能を搭載した場合、1位にならないと気が済まないような方はキラータイプと言えるでしょう。1位まで行かなくても、ある程度のレベルで他の人より優れているとわかった時点で満足を得られます。高度なスキルを積極的に習得するのがこのタイプです。自身が他人よりも上である証拠が目に見えていることで積極的に参加するでしょう。

 

ゲーミフィケーションの構成がカギを握る

 

 

 

ゲーミフィケーションを導入する場合に大切な要素が構成です。自社のサービスやサイトにゲーミフィケーションを導入したとしても、何となくで対応したら意味がありません。下記の4つの点を決めてから対応するのが良いでしょう。

 

ゴール設定

 

 

プレイヤーのゴールはどこなのか?を設定する必要があります。たとえばサッカーというゲームでは点を多くとった方が勝ちというルールがあります。もしもこのルールがなくなったらどうでしょうか?多くのサッカーファンはサッカーから離れていくでしょう。

このようにゴールの設定はプレイヤーにとって重要です。前述したプレイヤーのタイプを想定し、それぞれに合ったゴールを設定するといいでしょう。クエストをクリアするのがゴールなのかランキングで1位を取ることがゴールなのかを決めて、慎重に対応してください。

 

緊張とカタルシス

 

カタルシスとは緊張した状態から解き放たれた状態のことを指します。ゲームでは緊張とカタルシスのバランスが計算されています。たとえばRPGでボス戦でギリギリで勝ったことで大喜びしたことがないでしょうか?あれはゲームデザイナーがプレイヤーが想定する行動を予測して、ちょうど良いバランスに調整しているのです。

ゲーミフィケーションでも緊張とカタルシスを導入することで、夢中になってしまう現象を起こしてくれるでしょう。適度な緊張がなければ面白くないし、緊張をクリアした先のご褒美がなければカタルシスも得られないです

 

現状の把握

 

自分は今どんな状態なのか?課題の進捗状況などを把握することはとても重要です。たとえばクエストに時間制限があったとします。しかし、時間があとどのくらい残っているのか把握することができなければ、プレイヤーは不親切・詰まらないと感じてしまうことでしょう。そうならないためにも現状の把握ができるように対応することは重要です。

 

ユーザー同士の交流

 

ユーザー同士の交流をすることでコミュニティが活発になります。掲示板を取り入れることで、攻略情報や一緒に攻略するという遊びも出てきます。ソーシャライザータイプであれば、大きい満足感を上げることができるでしょう。

 

【徹底比較!】Illustrator vs Photoshop!両者の違いから使い方まで分かりやすく解説します!

IllustratorとPhotoshopはどちらが優秀なのか?グラフィック関連のことについて学びたいと思ったら必ずどちらかは学ぶことになるでしょう。今回は双方の良いところや違い、使い方までを解説していきたいと思います。特にデータ形式に違いがあるため業種によって、使い分けされています。どっちも同じなんじゃないの?と思っている場合は読むことを推奨します。

 

Illustratorとは?

 

 

IllustratorとはAdobe社が提供しているグラフィック作成ツールであり、世界中のデザイナーから愛用されています。Adobe社はAdobe BridgeやAdobe Flash Proffesional、Adobe Flreworksなどのツールも提供しており、Illustratorとの連携が可能です。また、Microsoft Officeとの連携もでき、パワーポイントやワードなどの文書で表示・印刷が可能な点にも注目です。

Illustratorは1987年に初めて登場し、WindowsやMacを中心にリリースしてきました。バージョンは23まで進んでおり、バージョンアップごとに機能が追加され、現在のように多くのデザイナーから使われるようになっています

 

Photoshopとは?

 

 

Illustrator同様、Adobe社から提供されている画像編集ソフトウェアです。こちらも世界中のデザイナーから愛用されており、特に画像編集において強力なパワーを発揮します。2Dデザインを制作するうえで、なくてはならない存在ともいわれており、多くの業種・業界で使用されています。

Photoshopは1990年に初めてリリースされました。バージョン2.5からはWindowsにも登場し、以降はWindowsとMacを中心に対応されています。2017年ではバージョンが19となりました。類似ソフト(フリーソフト含む)がある中でも、多くのデザイナーから絶大な支持を得ており、Photoshopのソフトとしての強力さがわかります。

 

IllustratorとPhotoshopの違いとは?

 

 

同じAdobe社が提供していますが具体的な違いはどこにあるのでしょうか?代表的な違いとして画像のデータ形式にあります。Illustratorがベクター画像であるのに対し、Photoshopはピクセル画像です。まずはそれぞれがどのようなものかを知っていきましょう。

 

ベクター画像とは?

 

ベクターとはベクトルのことを指し、データ上でベクトル情報としてまとめているものをベクター画像といいます。情報量として必要なのは「点の位置」「どの点と結ぶのか?」「指定された色」になります。後述するピクセル画像よりも情報量が少ない利点があります。

ベクター画像の最大の特徴は拡大しても画像が荒くならないことです。ベクター画像の場合はベクトルによるデータ管理なので、拡大縮小しても画像が荒くなりません。この利点からIllustratorを使っている方も多く存在します。

 

ピクセル画像とは?

 

ピクセル画像とはピクセル1つ1つを管理しているデータ方式のことを指します。イメージとしては古いかもしれませんがファミコンのドット絵を思い浮かべれば想像しやすいかもしれません。ピクセルとは画素のことを指し、デジタル画像においての最小単位です。1ピクセルごとに色の情報を持つので、ベクター画像よりもデータ量が多い特徴があります。

また、1ピクセルごとに色の指定ができることから、陰影をつけたり繊細な色遣いをすることが可能です。ただし、拡大縮小には弱く拡大縮小をすると画像が荒くなる性質を持っています。

 

まとめると

 

拡大縮小するならIllustratorが有効であると覚えましょう!この項目ではIllustratorのほうが優れているようになってしまいますが、次の項目ではIllustratorとPhotoshopの得意なものについても言及しますので見ていきましょう。

 

IllustratorとPhotoshopのそれぞれの得意なものは何?

 

 

どちらも古くからリリースされており、多くの利用者が存在します。古くから愛されているということは何かしらのメリットがあるためです。それぞれの得意なものを見ていきましょう。

 

レイアウトを組みやすいのはIllustrator

 

それぞれの違いで出てくるのは画像のデータ形式だけではありません。Illustratorはレイアウトに関する機能や使いやすさに長けています。たとえばDTPデザインを例にします。DTPデザインとは紙面デザインとも呼ばれており、レイアウト技術が重要視されます。たとえば本の表紙を作成する場合などを想像すればわかりやすいのではないでしょうか?本のタイトルをどこに配置させるか?どんな大きさにするか?キャラクターやロゴをどこに置くのか?などを効率よくできるのがIllustratorなのです。

 

絵のタッチ感や加工ならPhotoshop

 

Photoshopの最大の特徴はピクセルごとに情報を持たせられることです。クレヨンや絵の具などの効果の機能もあり、さまざまな場面で使うことができます。また、加工技術にも長けており、写真を白黒にしたりセピアにしたりすることも容易にできます。アーティストや写真加工をする人から主に支持を受けていることもわかるかと思います。

 

『jQuery』でできることってなに?!その特徴からメリット・デメリットまで幅広くご紹介します!

jQueryってなに?できることは何なの?という風に思っているなら今回の記事は役に立ちますよ!jQueryの特徴からメリット・デメリットまでを幅広く紹介していきます。実は意外と多くの企業や開発者がjQueryを利用しているので、これを機に注目してみてはいかがでしょうか?初心者でも入りやすいこともあり、プログラムの一歩にしてみてもいいでしょう。

 

jQueryとは?

 

 

簡単に説明するとJavaScriptをより簡単にしたものがjQuery(正確にはJavaScriptのライブラリである)となります。JavaScriptとはプログラム言語の一つであり、主にWebサイトやWebアプリケーションで使用されることが多いです。jQueryもJavaScript同様、WebサイトやWebアプリケーションで使用されることが多いです。2006年にアルファ版が登場し、2018年1月にはバージョン3.3.0をリリースしました。

プログラム言語としてはまだ新しい部類に入る言語ですが、使いやすさや手軽さから多くの開発の現場で使われています。

 

jQueryの特徴

 

 

jQueryの特徴はとにかく簡単にHTMLCSSを操作できることにあります。たったの数行を書くだけでユーザーにとって嬉しい機能を盛り込むことができます。たとえば、「ページのトップに戻る」ボタンは多くのWebサイトで採用されています。これもjQueryなら簡単に実装することが可能です。

他にもマウスオーバーすると画像が変更、スライドパネル、フェイスブックやTwitterへのリンクなども簡易的に行えます。

 

jQueryでできることは?

 

 

jQueryには主に3つの機能があり、それぞれできることが違います。どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

DOM

 

DOMとはDocument Object Modelの略でありHTMLを操作するための仕様です。ドキュメントをオブジェクトのように使うモデルという意味になります。ドキュメントとはHTMLファイルにある<p>や<img>などを指します。このドキュメントを直接操作することができるのがDOMになるのです。

たとえばDOMを利用することで、あるボタンをクリックするごとに特定の位置に移動することができます。または画像を暗くしたり明るくしたりすることも可能です。通常HTMLファイルにあるドキュメントは簡易的に操作できないのですが、jQueryを使うことで簡易的な操作を可能としています

 

アニメーション

 

jQueryはアニメーションも簡易的に行えます。現在はCSS3が登場したことで、簡易的なアニメーションができますがCSS3に対応していないブラウザでは利用することができません。jQueryはJavaScriptのライブラリであるため、古いブラウザでも対応することが可能です。タイマーを使って、アニメーションさせることで動きのあるページを作ることができます。

 

Ajax

 

Ajaxとは外部ファイルを読み込む機能です。たとえば最近、企業ページや施設ページのアクセスにグーグルマップを載せていますよね?実はこれはAjax機能を使っているのです。自社の地図を作成したわけでも、グーグルマップのような機能を作成したわけではありません。自身のページにグーグルマップの機能を読み込んでいるだけなのです。Ajaxのお陰で幅広い対応ができ、簡易的にWebサイトのコンテンツを豊富にすることができます。グーグルマップのほかにもGmailやTwitter、youtubeなどもWebサイトに組み込むことが可能です。

 

jQueryのメリット

 

 

jQueryのメリットは主に3つありますので見ていきましょう。

 

コードを短く書ける

 

 

JavaScript自体が簡易的にプログラムできる言語なのですが、jQueryは更に簡易的にプログラムを作成することができます。コーディングが短いので、すぐに実装できること、バグが見つかっても追いやすいという利点があります。特にすぐに実装できる点には注目すべきではないでしょうか?現代の仕事の多くはスピードが求められており、早急な対応が必要とされています。

コーディングが短く済むのであれば、その分作業時間も減ることは確実です。効率さを求めるのであればjQueryを利用することは大きいメリットと言えるでしょう。

 

ブラウザごとの対応をしなくてもいい

 

インターネットエクスプローラーやファイアフォックス、グーグルクロームなどウェブブラウザは多様にあります。Web関連の仕事をしている場合、特定のブラウザで何かしらの不具合が出てしまうことは良くあることです。たとえばインターネットエクスプローラーでは問題ないのにファイアフォックスではバグが発生することもあり得る話です。

この問題は各ブラウザごとに仕様があるために起こることです。しかし、jQueryを使う場合は気にする必要はありません。それぞれのブラウザごとの挙動を吸収してくれているため、開発者は純粋にコーディングに集中することができるのです。

 

豊富なプラグイン

 

プラグインとは拡張させるためのプログラムといえばわかりやすいでしょう。ゲームでわかりやすく解説するのであれば、魔法使いに火の魔法書を読ませて、火の魔法を使えるようにするということです。jQueryのプラグインもまた、何かしらの処理や効果をプラグインを付けることで対応できるようになるのです。

jQueryにはさまざまなプラグインがあります。たとえばスライドバーを簡易的に作成できるプラグイン、クリックすると波紋が出るように機能追加することができるプラグインなど多岐にあふれています。フリーで手に入るプラグインもあるため、究極的なことを言ってしまえばないものがないと言ってもいいかもしれません。

 

コンシューマーゲームって結局なに?ソーシャルゲームやスマホゲームとの違いも含めてわかりやすく解説します!

コンシューマーゲームって時々聞く言葉だけど何?ソーシャルゲームやスマホゲームと何が違うの?何となくはわかるんだけど明確な違いが判らない場合は今回まとめましたので読んでください。コンシューマーゲームやソーシャルゲーム、スマホゲームの簡単な歴史から現在の立ち位置も解説していきます。ゲーム業界に興味あるなら一読推奨ですよ!

 

コンシューマーゲームとは?

 

 

コンシューマーゲームとは家庭用ゲーム機でプレイできるゲームのことを指します。プレイステーションやXBOX、Nintendo Switchなどの据え置き機、PS Vitaや3DSなどの携帯ゲーム機のソフトはすべてコンシューマーゲームとなります。

 

昔はゲームと言えばコンシューマーゲームだった

 

 

今やスマホでゲームができるのが当たり前でありましたが昔はコンシューマーゲームだけでした。特に携帯電話がない時代はゲーム専門誌を購入し、デパートやファミコンショップでお目当てのゲームを購入していたのですから時代は変わりましたね。今はインターネットで簡単に情報が見つかり、SNSで情報共有、ダウンロードで購入できます。便利な時代になったものです。

 

ソーシャルゲームやスマホゲームの違いは?

 

 

コンシューマーゲームについて理解しましたがソーシャルゲームやスマホゲームとは具体的にどう違うのか見ていきましょう。その前にまずはソーシャルゲームとスマホゲームについて知っていきましょう。

 

ソーシャルゲームとは?

 

ソーシャルゲームとはSNS上でプレイするオンラインゲームのことを指します。最近ではスマホゲームとソーシャルゲームの意味が混ざってしまっており、スマホゲームのことをソーシャルゲームと呼んでしまうこともあります。

ソーシャルゲームとして爆発的人気を博したのが「怪盗ロワイヤル」です。Webアプリ上で複数のユーザーが宝を奪い合うシンプルな構成でしたが、簡単に誰でもプレイできて、面白いことが大ヒットにつながりました。開発をしたDeNAは現在では大手企業の仲間入りを果たし、プロ野球球団まで持つほどの成長を見せました

 

スマホゲームとは?

 

スマートフォンでアプリとしてダウンロードしゲームとしてプレイするのがスマホゲームです。スマホゲームでもSNSを利用したサービスがあるため、ソーシャルゲームと同じと思われてしまいます。厳密に区分するのであればソーシャルゲームもスマホゲームも違うことになります。

たとえば、スマートフォンでシングルプレイ専用のゲームがあったとします。これはスマホゲームですがソーシャルゲームではありません。SNSもしくは複数のプレイヤーとの交流がないためです。逆にスマートフォンでSNSを利用してゲームプレイするのはスマホゲームであり、ソーシャルゲームでもあります。少しややこしいですが区分としてはこのようになります。

 

コンシューマーゲームとの違いは?

 

ソーシャルゲームやスマホゲームとの決定的な違いは「専用のゲーム機の有無」です。コンシューマーゲームは専用のゲーム機でゲームプレイできますが、ソーシャルゲームやスマホゲームはスマートフォンやパソコン、タブレットでのゲームプレイが可能です。汎用性の高さで言えばソーシャルゲームやスマホゲームのほうがあると言ってもいいでしょう。

 

なぜコンシューマーゲームは少なくなったのか?

 

 

最近ではコンシューマーゲームが少なくなってきた事情があります。主な理由を見ていきましょう。

 

ソーシャルゲームやスマホゲームの方が売り上げが大きいから

 

 

コンシューマーゲームの売り上げは「ソフトの販売数」で決まります。逆にソーシャルゲームやスマホゲームの場合は「課金」が主流です。大ヒットをするほどのゲームであればあるほど、この差は大きくなります。たとえば100万人のユーザーがいるゲームでコンシューマーゲームを出した場合は100万人×6,000円(仮定のゲームソフトの料金)=60億円の売り上げになります。

これでもすさまじい売り上げですがソーシャルゲームやスマホゲームの場合は更に大きい売り上げになります。あくまでも仮定の話ですが月に1人あたり500円の課金をするとします。1月の売り上げは100万人×500円=5億円になります。1年間サービスが続けば60億円になりますので、コンシューマーゲームとほぼ同じ売り上げです。

しかし、100万人もユーザーがいるゲームが1年間でサービス終了することは想像しにくいです。現にスマホゲームの大ヒット作パズル&ドラゴンは2012年に配信され、2019年2月現在でもサービスは継続されています。先ほどの試算でサービスが5年継続するとしたら、売り上げは300億円になります。このことからもソーシャルゲームやスマホゲームの方が高い売り上げとして期待できるということです。

 

コンシューマーゲームより簡単に制作できたから

 

 

これは現在と言うよりはソーシャルゲームやスマホゲームが出始めたころの話です。コンシューマーゲームはゲーム内容にもよりますが、開発者を多く携えないと開発することが難しいです。1年や2年の開発期間もざらであり、その分コストがかさんでしまいます。しかし、ソーシャルゲームやスマホゲームの出始めはゲームのクオリティもそこまで求められておらず、簡易的な作りでもヒットした背景がありました。

怪盗ロワイヤルの大ヒットでコンシューマーゲームメーカーも少しずつ注目をし、コストを安くできてヒットが望めるソーシャルゲームやスマホゲームのほうに流れたのは自然のことと言えるでしょう。

 

Ruby開発でできることは何?Rubyの仕組みから企業の応用事例まで徹底解説!

Rubyはプログラム言語の一つですが多くのRuby開発者はRubyを習うことをおすすめしています。実は多くのメリットとできることがあり、企業の応用事例も多く紹介されています。あのサービスもRubyで作られていたの!?ときっと驚くと思います。プログラミングを習いたい、キャリアアップを考えているまたはプログラムに興味がある方は一読を推奨します。

 

Rubyとは?

 

 

Rubyとはプログラム言語の一つであり、1995年に日本人のまつもとゆきひろ氏により発表されました。

Rubyと名付けられた理由は作成者である、まつもとゆきひろ氏の誕生月(7月の誕生石がルビー)から取ったものです。

Rubyの特徴はとにかく自由であること、ストレスを感じさせないことを設計思想に取り入れたことです。

変数に型宣言がいらない、文法もカスタマイズ可能という高い自由度は他のプログラミング言語にはないものです。

 

Rubyでできること

 

 

Rubyを学んでできることはたくさんありますので見ていきましょう。

 

Webアプリケーション制作

 

 

Webアプリケーションはインターネットなどのネットワークを利用したサービスを提供するものです。

Webブラウザ(ChoromeやFirefoxなど)で動作するアプリと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

ショッピングサイトやSNS、ブログなどもWebアプリケーションです。

現在多くの企業がWebアプリケーションによるサービス提供を行っており、今後も高い需要があると予想されています。

 

スマホアプリ

 

近年でもっとも急速に伸びたジャンルではないでしょうか?

ゲームやサービスなどをスマホアプリで提供し、多くの有名アプリが誕生しました。

スマホの普及率は高く、タブレットも普及していることから更なる開発需要があると予想されています。

 

スクレイピング

 

スクレイピングとはWebサイトの情報を取得・加工することを指します。

実はRubyは簡単にスクレイピングをすることが可能であることから、多くの企業が活用しています。

 

機械学習

 

機械学習と言えばPythonが有名ですがRubyもできます。

しかし、Pythonほどの便利さはなく、遅れ気味であることは否定できません。

機械学習自体は大きな可能性を持っており、今後の巨大トレンドになると予想されています。

 

Rubyとワンセットで学びたいのがRuby On Rails

 

 

Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学ぶことをおすすめします。

Ruby On Railsとはフレームワークであり、一定の枠組みや機能が搭載されているものです。

実はRubyで開発する際のほとんどはRuby On Railsを利用しており、Rubyと言えばRuby On Railsで制作するのが当たり前になっています。

実際に企業の募集を見てみるとRuby On Railsによる業務経験を条件にしているところがほとんどです。Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学びましょう。

 

Rubyを学ぶメリット

 

 

プログラム言語を学ぶならRubyとRuby On Railsは非常におすすめです。主な理由が4つありますので見ていきましょう。

 

初心者でも学びやすい

 

Rubyはスクリプト言語であり、C言語やJavaなどと比べるとシンプルな構文で制作することができます。

開発者の数が多く、プログラミングスクールでもRubyを教えるところが多数です。

言語としても環境の観点としても学びやすいのがRubyのメリットです。

 

多くの需要がある

 

Webアプリケーションやスマホアプリなどは今後も開発が増えていく傾向が強いです。

RubyとRuby On Railsを学んでいれば、多くの企業の目にとまることでしょう。

実際の募集案件でもRubyエンジニアは1000件を超える企業から募集されている背景もあることから、需要の高さが伺えます。

 

拡張性と柔軟性に優れている

 

Ruby On Railsにはパッケージ管理をするgemが存在します。

このgemを追加するだけで簡単に機能追加ができ、素早い開発が可能です。

仕様変更に伴い機能を削除する場合でもgemを削除するだけです。

シンプルな操作で簡単に機能拡張と削除を柔軟にできることからも利便性が高いことがわかります。

 

日本語ドキュメントが豊富

 

 

構文やルールなどを学ぶ程度であればRuby以外の言語も日本語でのテキストは存在します。

しかし、業務中に意図しない不具合に遭遇し、多くの時間を調査・修正することはよくあります。

この時にRubyは他の言語よりも有利です。

日本人が作った言語であることから、日本語のドキュメントが多く、コミュニティも日本語でのやり取りで行われています

 

C言語やPythonなど技術フォーラムは英語でのやり取りが主で、似た事例を探す際に英語に長けていなければ難しいです。

しかしRubyは日本語コミュニティが存在し、多くの事例を日本語で探すことも可能です。

 

Rubyを使って製作されたサービス事例

 

 

Rubyを使用して開発されたサービスはたくさんあります。一部を紹介しますので見ていきましょう。

 

クックパッド

 

日本でも代表的な料理レシピサイトのクックパッドはRuby On Railsによって製作されました。

ユーザー同士が交流し、レシピの共有からプロのレシピ紹介などしており多岐にわたるサービスを展開しています。

 

Airbnb

 

民泊と言う言葉を定着させたことで有名なのがAirBnbです。

日本だけでなく世界中でも利用者が多く、安全に安く泊まれる場所を探すことができます。

チャットや予約などの仕組みをRuby On Railsで制作しました。

 

アジャイル開発のメリット・デメリットを徹底解説!気になるスクラム開発との違いもご紹介!

アジャイル開発はプログラム開発で採用している例が多く、プロジェクトを管理する者としてポイントを押さえておきたい手法です。今回はアジャイル開発のメリット・デメリットをまとめながら、スクラム開発との違いも解説していきます。想定以上の結果が出ることがあるアジャイル開発を知ることでプロジェクト管理の幅が出るようになりますよ。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイル開発とはプログラム開発をする上での手法の一つです。アジャイルは英語でagileと書き、「敏捷、素早い、活発」という意味になります。つまり、プログラム開発で素早い開発をしたい場合はアジャイル開発が適していると言えるでしょう。では素早い開発ができる理由は何なのでしょうか?見ていきましょう。

 

綿密な仕様を決めずにスタート

 

多くのプログラム開発では最初に綿密な仕様(ルール)を決めてから開発を行います。なぜかというと、多くの開発者が同時にプログラミングするため、仕様上による矛盾や不具合が発生してしまうと、やり直しを余儀なくされます。するとこれまでの作業が無駄になるだけでなく、やり直しが発生し多大なコストが発生します。

アジャイル開発のスタートは最初から綿密にルールを決めずに、大まかな仕様だけを元に開発します。このように書くと出戻りが発生したときにどうするの?と思うかもしれません。アジャイル開発は綿密な仕様を決めずに、その場で仕様を固めるので出戻りが発生したとしてもコストはそれほどまでかかりません。逆に顧客やクライアントからのニーズを即座に反映できる環境から、素早く開発できるのです。

 

イテレーションを繰り返し細かく開発

 

仕様が決まっていないからと言って最初から最後まで開発しっぱなしと言うわけではありません。開発の品質を一定以上にするために小さい期間を設けて開発を行い、繰り返していきます。このことをイテレーションと呼びます。

たとえば、Aという機能の仕様が決まったら、計画→設計→実装→テストの順番で開発をします。この工程で問題がなければ、次のBの機能を計画→設計→実装→テストしていきます。このように順々に開発していき、最終的な製品に仕上げていくのです。

 

少人数の開発に有利

 

 

アジャイル開発は多人数よりも少人数で開発することに向いています。機能ごとに仕様を決める際に大人数だとまとまりが出にくいですし、開発者同士の意見交換もできません。少人数であれば、活発に意見交換をしながら、まとめていくことができるので想定したよりも高品質の製品を顧客やクライアントに提出できます

 

アジャイル開発のメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは主に3つありますので見ていきましょう。

 

出戻りが少ない

 

アジャイル開発のメリットは小分けに作っていくので、仕様の矛盾や不具合が発生したとしても出戻りが少ないです。大規模のプログラム開発になればなるほど、仕様による問題が発生すれば多大なコストを支払うことになります。出戻りが少ないということはリスクを減らせることにもつながります。

 

柔軟性の高い開発が可能

 

 

機能ごとに仕様を決めて開発をしていくのですから、柔軟性の高い開発ができます。プログラム開発における柔軟性の高さとはクライアントや顧客からの要望をすぐに受けることができることです。最初から詳細な仕様が決まっていると、たとえクライアントや顧客からの要望があっても受け入れにくいです。しかし、アジャイル開発であれば、小分けに開発しているので柔軟に対応することができます。

 

開発者同士の円滑なコミュニケーションが発生

 

プログラム開発においてコミュニケーションが活発になると、チーム内の雰囲気が良くなり、新しい技術交換などの相乗効果が見込めます。プログラム開発は人が行うものであり、モチベーションやチームの雰囲気で品質はガラッと変わります。一人一人の考えを聞くことができ、すべての開発者が納得したうえで開発できるのも強みです。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

メリットを見ていきましたが、デメリットも存在します。主に3つありますので見ていきましょう。

 

目標や目的がブレる可能性がある

 

大まかな仕様を決めて開発をするため、目標や目的がブレてしまう可能性があります。開発者同士で意見交換をしながら開発するのは聞こえはいいですが「船頭多くして船山に上る」のことわざのように方向性を見失うことも考えられます

 

品質の確保が難しい

 

機能ごとに仕様を決めて開発するので、悪く言えば品質は出来上がってからのお楽しみです。最初から綿密な仕様が決まっているやり方のほうが品質の確保はしやすいでしょう。

 

大規模開発には向いていない

 

大人数でのアジャイル開発はしない方が無難です。アジャイル開発の性質上、開発者同士の意見交換やクライアントや顧客からの要望を取り入れます。大人数になればなるほど、収拾がつきにくくなり、まとめることすら難しくなります

 

スクラム開発との違いは?

 

 

スクラム開発とはアジャイル開発の一種です。ラグビーのスクラムのように一致団結して開発をできることが最大のメリットです。スクラム開発のポイントはスクラムマスターとプロダクトオーナーとチームの3つに分けることです。

 

スクラムマスターは全体を見て、サポートをするのが主な役割です。チームへのアドバイスやトラブル発生時の対処などを行います。プロダクトオーナーは開発のビジョンを明確に持つ人を指します。予算の管理も行い、ビジネス上におけるすべての責任を持つ人です。チームは複数人でまとまり、開発を迅速に安定した品質を提出できるようにするのが役割となっています。

このようにリーダーとサポート、実際の開発者が3位一体となり円滑なコミュニケーションで開発していくのがスクラム開発です。

 

アジャイル開発を成功させるためのポイント

 

 

方向性を示せるリーダーの存在

 

アジャイル開発で怖いのが方向性がブレてしまうことです。複数人の開発者とクライアント・顧客が絡んでしまうと、本来の目的からズレた開発になってしまう可能性があります。方向をきっちりと指し示せるリーダーを決めることは重要です。また、新技術への関心、高い技術理解度やコミュニケーションに長けた人であることも重要です。リーダーの力量がプロジェクトの品質に大きく影響します