【徹底比較】受託開発 vs 自社開発!それぞれ違いやメリットデメリット、身につくスキルを紹介します。

開発は自社で行うか、外部の会社に頼むかの2つに分かれます。受託開発には受託開発の良さがあり、自社開発には自社開発の良さがあります。今回は受託開発と自社開発どちらが優れているのか徹底的に比較していきます。それぞれのメリット・デメリットや身につくスキルも紹介しますので一読してください。

 

受託開発とは?

 

 

受託開発とは依頼者からソフトウェアやアプリケーションなどの開発を依頼され、開発するスタイルを指します。主に受託開発の企業が請け負い、さまざまなサービスが受託開発から生まれています。

具体的な仕事の流れとしてはA社がB社にあるソフトウェアの開発を依頼します。B社は納期までに製品を開発し、その間にA社とB社の間で開発状況や細やかな仕様の調整などをすることで納品を目指します。

 

受託開発のメリット

 

 

受託開発についてや簡単な仕事の流れがわかりましたが具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

多くの会社と関係を持てる

 

受託開発を行っている会社は一つの企業にだけ取引を行っているわけではありません。複数の会社と関係を持つことで、安定した仕事の受注が可能です。実際に受注会社で実績を積んだエンジニアは多くの会社と関係を持ち、ステップアップしている事実もあります。エンジニアはスキルも重要ですが、同じかそれ以上に人脈も大事なのです。

 

多種な実績を積みやすい

 

多くの会社と関係を持てるということは開発するモノも多種多様になります。近年ではブロックチェーンやAI、ビッグデータ、IoTなどの技術が注目されています。多くの技術を持っている、開発経験があるのは大きなアドバンテージです。もちろん、一つの技術を徹底的に極めるのもいいかもしれませんが、多種多様な技術を持っている方が仕事は得やすいのです。

 

依頼者が満足すれば今後も仕事依頼が来る

 

受託開発は依頼者が想像する品質もしくはそれ以上の品質を納品すれば満足してくれます。満足されたら次も仕事を頼みたいと思うのが普通でしょう。初めて食べに行った食べ物屋が美味しくて、値段以上だったらもう一度行きますよね?開発の仕事も同じなんです。

 

受託開発のデメリット

 

 

多くのメリットがありましたがデメリットもあるので見ていきましょう。

 

納期が短い場合がある

 

これは依頼者にもよるのですが納期を短く設定してくる会社も存在します。通常は見積もりの段階で受託側が提示することになるのですが、依頼者の事情によって納期を短くされることもあります。どうしてもパワーバランスとして依頼者のほうが強いのです。もちろん、すべての受託開発が短い納期という訳ではないので頭に入れておいてください。

 

下請けなので値段を安くされがち

 

開発依頼の場合、依頼者が同じ業界なのか異種業界の方であるかで違ってくる部分があります。値段を安くされるケースが多いのは同じ業界の会社からの依頼です。これには理由があり、依頼者と同じ単価で仕事を依頼するのであれば自社でやってもいいからなんです。依頼者としても開発依頼をするメリットがなければならないということですね。

 

製品が大ヒットしても見返りは少ない

 

自分たちが作った製品が大ヒットをしても、受託開発の場合は大きな恩恵を受けられるとは限りません。契約にもよるので必ずしもではないのですが、依頼者のほうが権限が強いので仕方のないことです。しかし、大ヒットした製品を作った実績は受託開発側につくので、それを実績として更なる案件獲得もできることでしょう。

 

受託開発で身につくスキル

 

 

受託開発で見につくスキルは下記です。

 

・多種多様な技術の獲得

・多くの人脈の形成

・開発におけるコミュニケーション能力

 

上の2つはメリットの方にも書いたので割愛しますが、コミュニケーション能力は大幅に上がります。受託開発をする際に相手とのすれ違いは起こりがちです。こっちはこのつもりだったけど、あっちはあのつもりだったというのがよく起こるものです。受託開発の経験を積むうちに「念のための確認」や「押さえておくべき要点」がわかるようになります。離れた相手と仕事をするので能率の良いコミュニケーションが求められるのです。

 

自社開発とは?

 

 

自社開発は読んでその字のごとく、自社で開発を行うことを指します。自社で考えたアイデアを製品にしていくので大きなやりがいがあるでしょう。会社にもよりますが企画部から開発部に依頼されてという形が一般的かと思います。

 

自社開発のメリット

 

 

自社開発のメリットを見ていきましょう。

 

綿密なコミュニケーションを取りやすい

 

受託開発の場合は依頼者とのコミュニケーションをメールやツールなどで行うのが主流です。しかし、自社開発であれば会社内でのコミュニケーションのみでよくなります。直接話をすることで細かいニュアンスが伝わるのは大きいアドバンテージです。

 

大ヒットすれば大きな恩恵を得られる

 

自社開発で大ヒット製品を開発すれば、社内での評価は高くなり昇給や昇進も考えられます。また、多額のボーナスを受け取れることも考えられるのです。頑張って開発をして、結果を出せば大きな恩恵を得られるのは魅力的と言ってもいいでしょう。

 

納期は受託よりも緩い

 

受託開発は納期が厳しめの傾向がありますが、自社開発は緩めの傾向です。必ずという訳ではないのですが、自社にとって厳しい納期を下すと人材が流出してしまう恐れもあります。会社としても人材流出は避けたいので、納期を厳しく設定しないのが多いのです。

 

【徹底比較】ウォーターフォール vs アジャイル!2つの開発手法の違いは何?メリットデメリットも解説!

ウォーターフォールとアジャイルは開発スタイルとしてよく聞く言葉です。しかし、具体的な違いを理解してますか?今回はウォーターフォール開発とアジャイル開発について理解し、メリット・デメリットも解説します。今後開発をする方は知っておくべきでしょう。特に企業ごとによっても開発スタイルが異なるので知って損はありませんよ。

 

ウォーターフォール開発とは?

 

 

ウォーターフォールとは滝の流れを模しており、上流工程で決められたルールを元に下流工程が作業をする流れを指します。簡単に言えば、開発の仕様やルールを定めたら原則として必ず守ることがウォーターフォール開発の特徴です。つまり、上流工程(主に設計部分)に戻らないように綿密に作り上げることで、品質の安定を目指しています。

 

ウォーターフォール開発のメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットを早速見ていきましょう。

 

全体像を把握しやすい

 

ウォーターフォール開発は最初に開発するサービスの全容を決めるところから始まります。主にクライアントの改善したいことや対応したい点などを聞き取り、システムとして構築するのがエンジニアの仕事です。開発の初期段階で全体の流れやどんなことをするのかをプログラムがわからないクライアントに対しても説明できるように対応します。つまり、最初に誰が見てもどんなサービスになるのかわかるを明確にするので全体像が把握しやすいのです。

 

必要な人員のみを確保できる

 

全体像を把握しやすいということは必要な人員も把握しやすいです。どんなことをするかによって必要な技術が違います。また、作業量も明確になるので必要な人数もわかります。開発においてコスト、特に人的コストについては徹底的に考える必要があり、多くの会社がコスト削減を目指しているのです。その意味でもウォーターフォール開発のメリットは大きいと言えるでしょう。

 

ウォーターフォール開発のデメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

 

手戻りの発生は大きなコストを発生させる

 

ウォーターフォール開発は一度決めた仕様をそのままに開発します。つまり、下流工程(プログラミングなど)において仕様を変更したい場合は大きな手戻りが発生します。本来は手戻りがないように設計するのですが、どうしても手戻りが出てくる場面も出てきます。こうなると、上流工程の作業が増え、いったん下流工程の作業が止まってしまいます。手戻りの間にも人的コストがかかるので、大きなコストを支払うことになります。

 

ユーザビリティに欠けやすい

 

ユーザビリティとはユーザーが使いやすいかどうかという意味です。途中の仕様変更は原則無しなのがウォーターフォール開発です。しかし、実際に開発をしてみると、使い勝手が悪い部分も出てくるものです。設計の段階で見えていなかったことも、ままあるのですがウォーターフォール開発に基づいて開発はそのまま進みます。結果として製品を出してユーザーが使ったときに「なんか使いにくい」ということも見受けられます。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイルとは日本語で素早いや迅速という意味を指します。迅速さが出る理由は区切られた期間ごとに一つの機能を開発することにあります。例えば2週間を目安に一つの機能を対応し、その期間の中でチームが一丸になりアイデアを出し、設計実装テストを行います。もしテストをして問題や使い勝手が悪いなど出たら、再度アイデアを出し設計実装テストを繰り返します。

この作業を繰り返していくことでユーザビリティに特化したサービスを作成しやすく、かつ要求されたものよりも満足度の高いシステム構築ができるのです。

 

アジャイル開発のメリット

 

 

それではアジャイル開発のメリットを見ていきましょう。

 

手戻りしてもそれほどの痛手がない

 

ウォーターフォール開発の場合は特に下流工程での手戻りは大きな痛手になりやすいです。しかし、アジャイル開発では一つの機能ごとに決められた期間で対応します。仮に手戻りが発生したとしても、機能部分での手戻りでありシステム全体の手戻りにまでなりません。プログラム開発において、手戻りは大きなプロジェクトほど発生しやすいものです。アジャイル開発を行うことで、手戻りがあったとしてもケアしやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ユーザーが使いやすいシステムになりやすい

 

アジャイル開発は一つの期間ごとにテストを行います。テスト方法はさまざまですがユーザーに使わせてフィードバックを得るのが一般的です。フィードバックを受けることで開発者視点ではわからない問題も出てきます。このように受けたフィードバックを改善することで、よりユーザーが使いやすいシステムになります。

ウォーターフォール開発の場合は一度設計者が決めたものは原則として変更できません。この点においてはアジャイル開発のほうが優れていると言えるでしょう。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは素晴らしいですがデメリットも存在しますので見ていきましょう。

 

全体像が把握しにくい

 

アジャイル開発は一つの機能ごとに定めた期間で作業をします。つまり、最初から全体像がきっちりとできているわけではありません。全体像が把握しにくくなると、何のためのシステム開発なのか?誰のためのシステム開発かも認識のズレが出てしまいます。プログラム開発において、この問題は大きな問題に発展しやすいです。

仕様を簡単に変更できるというのは柔軟にも見えますが、裏を返せばどう見立ててもいいと言う意味になります。アジャイル開発を採用する場合はこの点について注意する必要があるでしょう。

 

スケジュールの把握もしにくい

 

アジャイル開発はフィードバックを一つの機能ごとに行い、調整して完成形へと近づけます。しかし、フィードバックに時間を掛けすぎて納期に間に合わないことがあるのも事実です。一つの機能に時間を掛けすぎてしまい、他の機能を作る時間が持てなくなることもあります。ある程度の全体スケジュールの把握をしないと、会社としての信用を得られなくなるでしょう。

 

【徹底比較】ITコンサルタント vs PM(プロジェクトマネージャー)!両者の違い具体的な仕事内容まで解説します!

IT業界の業種の中でも重要な職種がITコンサルタントとPM(プロジェクトマネージャー)です。しかし、この違いを理解している人って意外と少ないんですよね。何となーく違いは理解しているつもりなんだけどって場合は注意ですよ!今回はITコンサルタントとPMの仕事内容や年収、違いまでを解説します。ぜひ一読してください。

 

ITコンサルタントとPM(プロジェクトマネージャ)ってどう違うの?

 

 

IT業界にいてもITコンサルタントとPMの違いはちょっと分かりづらいものですよね。意外とネットで検索しても出てこない、もしくは何だか難しい言葉がたくさん出てきて読む気力が出てこないっていうのが素直なところではないでしょうか?そこで今回はITコンサルタントとPMの違いを説明していきます。

 

ITコンサルタントとは?

 

 

ITコンサルタントとは企業が持つ課題や問題をITの知識で解決することを導く仕事をする人です。ITの経験がないとできないだけでなく、経営側と現場側の両方の知識を持たないといけません。非常に多岐にわたり、責任ある重要な仕事の一つと言えるでしょう。

 

年収は?

 

ITコンサルタントは重大な仕事であり年収が2,000万円を超える人もいるほどです。もちろん全てのITコンサルタントがそんなにもらっているわけではありません。dodaが発表した調査によると20代の平均年収は452万円、30代は663万円、40代では814万円となりました。他の業種よりも高く、いかに専門的であるかがわかります。

(参考:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

 

ITコンサルタントの仕事内容

 

 

主な仕事の流れとしては下記になります。

 

ヒアリングと分析

 

ヒアリングと分析では顧客の現状や課題や問題を洗い出します。ヒアリング先は主に経営者層と現場責任者層です。双方が感じている問題点や課題についても認識のズレがある時もあり、両者の中間に立って対応する場面もあります。

 

提案

 

提案ではヒアリングと分析の結果、現状のシステムの見直しや新システムの構築、経営戦略まで幅広い範囲でサポートします。ITコンサルタントとして大事なのが提案時のプレゼンテーション能力です。相手の立場に立ちながら、説得力のあるプレゼンをしないと提案時に却下されることもあるので注意です。

 

管理(マネジメント)

 

提案が受け入れられたらプロジェクトを発足し、人員やスケジュール管理などを行い、プロジェクトを成功へと導きます。ただし、ITコンサルタントによっては提案までで自身の担当が終わる方もいるので、管理をしないITコンサルタントも存在します。

 

PM(プロジェクトマネージャー)とは?

 

 

PMはプロジェクトマネージャーであり、その名のごとくプロジェクトを管理する人です。プロジェクトの管理には問題点の洗い出しや計画、チーム編成などがあり一見するとITコンサルタントとの違いが分かりにくいです。具体的な違いは後述しますので、まずはPMの仕事内容から把握しましょう。

 

PMの仕事内容

 

 

PMの仕事内容を項目ごとに説明します。

 

開発計画を練る

 

顧客から相談された内容を元にどのようなシステムを作り上げるのか開発計画を練ります。この段階で大枠部分の開発規模と環境、人員や予算なども明確にします。

 

人材を確保する

 

開発を滞りなく進めるために必要な人材を確保します。開発において必要な技術を持つ人材を選定しチーム発足することで、滞りない開発運営ができます。

 

プロジェクト管理

 

プロジェクトを発足したらメンバーに対して、どんなシステムを開発するのか?目的やスケジュール、個人ごとの役割や必要であれば小規模のチームを作り、チームリーダーも決めます。各チームの細かい進捗はチームリーダーに任せ、一定の間隔で進捗報告を聞き、問題や課題が出た場合は早急に解決するために動きます。

 

他部門との円滑な連携サポート

 

大規模プロジェクトになればなるほど、機能ごとのチームが作られます。しかし、時には機能ごとのチームでトラブルが発生することもあります。そんな時はPMが間に立ち、それぞれの状況や意見を取り入れたうえで最終的な判断を下します。

 

外部の会社との交渉

 

対応するプロジェクトによりますが外部の会社との交渉が必要な場面も出てきます。例えば自社だけでは対応できない部分のシステムを外部の会社に頼んだりするときもあります。外部会社の責任者と綿密なコミュニケーションを図り、予算やスケジュールの把握をし、課題や問題が起きた場合も対応しなければなりません。

 

検証

 

プロジェクトが無事に終わったら、そこで終了ではなく検証を行います。ここでいう検証とはプロジェクトで起きた問題点や課題、改善案を洗い出し、次のプロジェクトをより効率よくさせるのが目的です。検証を丁寧に行うことでプロジェクトに関わったメンバーのスキルアップや意識の改善が見込めるのです。

 

【知っておきたい!】ブラック企業の見分け方を徹底解説!押さえるべきポイントは!

正直ブラック企業には入りたくないものです。ニュースでもたびたび過労死や長時間労働などの話題は出てきます。働くこと自体は問題ありませんが厳しいノルマや長時間労働は避けたいのが本音ではないでしょうか。時代は今や自衛が当たり前になってきました。そこで今回はブラック企業の見分け方を身につけていきましょう!

 

そもそもブラック企業とは?

 

 

ブラック企業という言葉が出てから長い年月が経ちました。しかし、一言にブラック企業と言ってもどこからがブラックなのかを説明できる人はあまりいません。それもそのはず、厚生労働省でさえブラック企業を明確に定義しているわけではないのです。あくまでも「ブラック企業の特徴」として掲げているのが下記の3点です。

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

引用元:厚生労働省HP

 

確かに具体的に●時間以上の残業といったように明記していないことがわかります。残業時間であれば定義はできるかもしれませんが業種によっては繁忙期もあり、判断が難しい事情もあるのかもしれません。またパワハラなどのハラスメントも個人の主観により、大きく違ってくるためこちらも定義するのは難しいと言えるでしょう。

 

ブラック企業に入るとどうなる?

 

 

あまり想像したくありませんがブラック企業に入ってしまった場合どうなるのでしょうか?多くの場合はあまりの作業量に忙殺され、上司から精神的に追い詰められてしまうことになります。終電で帰るのが当たり前になり、転職したくても忙しいため時間が取れないということも考えられるでしょう。最終的には体を壊してしまい、やむなく退職というパターンはよく耳にします。

さて、そんなブラック企業には入りたくないのが素直な本音でしょう。楽な仕事をしたいのではなく、健全な仕事をすることが大事であるためです。次の項目からはブラック企業の見分け方を募集要項、面接、データなどから洗い出してみようと思います。

 

ブラック企業の見分け方~募集要項編~

 

 

募集要項は企業を選ぶうえで重要な項目です。ブラック企業らしい謳い文句や表記がありますので確認しましょう。

 

アットホームな職場や若手が活躍!などの言葉は要注意

 

一見すると良い環境に見えますが実のところは会社の内部を隠している、もしくは過度に表現していることが多いです。距離が短く意見が通りやすいという謳い文句も結局は上司からの一方的な要求があるなんてパターンもあるくらいです。

もちろん、募集要項通りの会社も存在していますが不自然に甘い言葉を使っているところは注意が必要です。

 

給与が低いまたは高すぎる

 

給与が低いから仕事量はそこまで多くないだろうというのは間違いです。低くても馬車馬のように働かせるところもありますし、そもそも最低賃金以下の場合は違法労働にあたるので注意が必要です。

また、高すぎる給与にも注意してください。全てまで言いませんがこのパターンは厳しいノルマをクリアし、基本給にプラスされた成果給を足されている場合がほとんどのためです。給与の内訳を確認することをおすすめします。

 

残業代についての明記がない

 

 

残業代を支払わないこと自体が違法になりますので問題外なのですが、このパターンの場合は「みなし残業」や「年俸制」を取っていることが多いです。絶対に悪い制度とまでは言いませんが少なくとも残業代に関する会社の規定を確認してブラック企業であるかを見極めましょう。

 

募集期間が長い

 

募集期間が長いということは従業員が入っていないまたは入ってもすぐ辞めてしまう環境である可能性が考えられます。会社の経営が順調で規模を大きくしているのであれば、募集期間が長くても違和感ありません。会社の経営情報などを確認し、もし好調でなくて長期募集を行っている場合には、何かしらの理由があると考えたほうが無難でしょう。

 

ブラック企業の見分け方~面接編~

 

 

募集要項でもひょっとしたら上手くカモフラージュされている可能性があります。しかし、ブラック企業の内部をハッキリとするには面接が一番です。どんなポイントがあるのか見ていきましょう。

 

精神論を主張してくる

 

面接官が精神論のみを主張してくる会社は要注意です。根性やる気と言ったワードが過度に出る場合は社員に強要している可能性大です。根性ややる気がダメなわけではなく、スキルやノウハウに関することも話題に出てくるか確認しましょう。

 

【徹底比較!】CGデザイナー vs グラフィックデザイナー!両者の違いからできることまで幅広くご紹介します!

  CGデザイナーとは?     CGとはコンピューターグラフィックスの略であり、雑に言ってしまえばパソコンでデザインをする人を指します。PhotoshopやIllustratorなどを使う …

 

CGデザイナーとは?

 

 

CGとはコンピューターグラフィックスの略であり、雑に言ってしまえばパソコンでデザインをする人を指します。PhotoshopやIllustratorなどを使うことで幅広い仕事を受け持つことができます。パソコンは広く普及しており、比例するようにCGデザイナーの人は増えました。現代ではいなくては困ると言っても過言ではないでしょう。

 

グラフィックデザイナーとは?

 

 

一昔前であれば、パソコンを使わずに手で書いたデザインを起こす人を指していました。しかし、現代はパソコンが広く普及し、作業効率の面でもPhotoshopやIllustratorを使うようになってきています。一部グラフィックデザイナーはパソコンを使わずに手で書いた仕事もしています。しかし、パソコンで作業をする人のほうが多いのも事実です。

このように書くとCGデザイナーとの違いがよくわからなくなってしまうかもしれません。ではCGデザイナーとグラフィックデザイナーの大きな違いはどこにあるのか次の項目で見ていきましょう。

 

大きな違いは行う仕事内容にあり

 

 

CGデザイナーもグラフィックデザイナーもパソコンでデザインをする点は共通しています。しかし、大きな違いは仕事内容にあります。CGデザイナーはキャラクターや映像などのデザインを行い、グラフィックデザイナーはポスターや広告、CDジャケット、カタログなどの紙媒体の仕事を行うことで分かれます。

紙媒体の仕事は昔からあり、チラシやパンフレットなどを想像すればわかりやすいでしょう。一昔前はパソコンが普及しておらず、グラフィックデザイナーは自身の手でデザインしていました。いうなればCGデザイナーのほうが割と最近できた職業と言ってもいいのかもしれません。

CGデザイナーかグラフィックデザイナーかどちらになるか迷っている場合は興味のある仕事を行っている方を選びましょう。

 

CGデザイナーになるには?

 

 

CGデザイナーに興味を持っているのであれば、必要なスキルやなり方を知っておくといいでしょう。

 

必要なスキル

 

 

最低限でもPhotoshopのスキルとデザインの基礎知識は持っておくことが重要です。これにIllustratorを扱えるようになるといいです。資格として持っていると有利なのがCGクリエイター検定、Photoshopクリエイター能力検定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験、色彩検定です。

また、3DCGのデザイナーになる場合はDモデリングソフトを扱えるようになるといいでしょう。代表的なのはMaya、3DSMAX、LightWaveなどが挙げられます。こちらは希望する業界が何を使われているかチェックすることをおすすめします。

 

学習するには?

 

CGデザイナーとしての能力を得たいのであれば、専門学校(スクール)や独学、現場で習うの3通りが考えられます。専門学校は多く存在しますので、自身が興味のある業界への就職に有利な学校を選ぶといいです。独学の場合はCGデザイナーの本も販売されているので読みながら一人で学ぶことができます。現場で習うのもアリです。未経験でも雇ってくれるところがあれば学校よりも早いスピードで習得できるでしょう。

 

習得するとどんな業界に行けるか?

 

CGデザイナーの仕事は多岐にわたり、ゲームやアニメ、映画、テレビ、建築の図面作成など多岐にわたります。また、2Dや3DのCG製作もあり、専門性が高い3DCGデザイナーは重宝される傾向があります。

 

未経験でも大丈夫か?

 

CGデザイナーはある程度のデッサン能力色彩感覚を持っていると有利です。あまりにも絵が下手な人は相応の努力をしないと難しいのが正直なところです。専門学校に通う場合は多くの人が未経験から学んでいるので、ゆっくり着実にスキルを得ることができるでしょう。

 

気になる年収は?

 

新卒の場合だと240万円前後が目安になります。全体としては300万円から500万円の間ともいわれており、平均的な収入を得ることができます。CGデザイナーからディレクターやプロデューサーになると大幅に年収アップし、700万円から1,000万円の年収が見込めます。

 

【プログラミング言語】Javaってどんな言語?その仕様からC言語との違いまで徹底解説!

Javaというプログラミング言語はよく聞きますがC言語とどう違うのかハッキリしていない方って多いと思います。実はJavaには大きな特徴があり、他にも有名な言語であるC言語とは違う魅力があるのです。今回はJavaとC言語の違いを中心にどんな仕事があるのかも紹介します。もし、何の言語を学ぼうか迷っているのであれば一読してください

 

Javaとはどんな言語なのか?

 

 

Javaは1995年に公開されオブジェクト指向プログラミングの代表例として紹介されることも多いです。ちなみにですがJavaScriptという言語もありますが、こちらはJavaとは似ても似つかないものです。JavaがメロンだったらJavaScriptはメロンパンくらいの違いがあります。話がそれてしまいましたがJavaの特徴はどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

Write Once, Run Anywhere

 

Javaを語る上で欠かせないのが「Write Once, Run Anywhere(一度書けば、ずっと実行される)」です。JavaはOSに依存せずにプログラミングを実行できるのが最大の特徴です。ですので一度コードを書けばWindowsでもLinuxでも対応されているOSならすべて実行できます。C言語ではこのようにいきません。

 

コンパイラ言語である

 

プログラム言語には大きく分けると2つあり、コンパイラ言語とインタプリタ言語があります。コンパイラ言語はコードを書いた後にコンパイルという機械語に変換する作業をして、機械語に変換された実行ファイルでプログラムが実行されます。インタプリタ言語は機械語の変換と実行を同時に行います。

それぞれにメリットがあり代表的な例としてはコンパイラ言語は実行スピードが速いこと、インタプリタ言語はコンパイル作業がいらないこと、すぐに実行できることが挙げられます。ちなみにJavaもCもコンパイラ言語です。

 

C言語との違いは?

 

 

Javaについて簡単に概要をC言語との違いも見ていきましょう。

 

文法が違う

 

JavaとC言語は似ている部分もありますが文法が少し違います。特に大きな違いはクラスという概念がJavaにあることでしょう。後述するオブジェクト指向にもつながるのですが、まずはシンプルなコードで見てみましょう。どちらも結果としてはコンソール画面にCount回数を表示するプログラムとなっています。

 

–Javaのコード–

import java.util.*;

import java.lang.*;

import java.io.*;

 

class Test

{

public static void main (String[] args){

for(int i = 0; i < 10; i++){

System.out.println(“Count” + i);

}

}

}

 

–C言語のコード–

#include <stdio.h>

 

int main(void) {

for(int i = 0; i < 10; i++){

printf(“Count%d\n”, i);

}

 

return 0;

}

 

両方を見比べるとC言語のほうがコードが短いこと、また似たような書き方をしている部分もあるのが見てとれます。細かい解説は今回は省略しますが何となくわかるのではないでしょうか?実際にC言語をある程度習得している人であればJavaへの移行は比較的スムーズに行えます。

 

Javaはオブジェクト指向であること

 

 

JavaとC言語の違いの最も大きな部分がオブジェクト指向であるかないかです。Javaはオブジェクト指向であり、C言語はそうでないと覚えておくといいでしょう。それではオブジェクト指向とは何か?を簡単にではありますが説明します。

オブジェクト指向とはモノに着目しそのモノの操作や属性を抽出してコーディングすることを指します。操作とは振る舞い(実際の行動)を指し、属性は持っている情報と考えると比較的わかりやすいのではないでしょうか。

例えば銀行の処理をプログラミングで表したいとします。銀行の操作はお金を引き出すこと、預けることがあり、属性は顧客データなどがあります。顧客データを元にお金を引き出すことができるのかなどをコーディングします。

少し難しい話になりましたが他にもカプセル化や継承、ポリモーフィズムという概念がオブジェクト指向にあり、C言語よりもより複雑な考えをしなければならないことは明白です。

 

【面接】『転職理由の本音』は話してもいいのか?!例文とともに分かりやすく解説します!

転職をしたい!そう考えてはいるものの面接で何て言っていいのかわからないことってありますよね。会社や人によって転職したい理由はさまざまですが、できれば本音で話したいものです。しかし、あまりにも本音すぎると面接官からの心証は良くないことも確かです。そこで今回は本音を柔らかく表現する例文を紹介しますので見ていきましょう。

 

転職理由は本音を出しながらも上手に伝えることがキモ

 

 

転職を考えている人は相応数いますが理由は人それぞれです。総じて言えるのは今の会社に対して何かしらの不満を持っていることではないでしょうか。日本という国は本音よりも建て前を重視している文化があり、なかなか本音で言えないのは何だかヤキモキしてしまうものです。

本来であれば、転職活動をして面接時に「本音」をぶつけたほうがお互いの求めるところがわかります。しかし、会社の文化にもよりますが素直すぎる本音は避けたほうが無難です。

 

転職経験者の本音はどんなのがあるか?

 

 

転職経験者に対して「転職をした本音は?」というアンケートをリクナビNEXTが取った結果があります。それぞれの理由TOP5を見ていきましょう。
(参照URL:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/)

 

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

 

 

上司や経営者に不満を持つことは多く挙げられます。上司のミスを自身が責任を持ってしまった、能力の低い上司に嫌気が指した、権力をかざすだけの経営者など挙げればキリがないほど例が出てきます。仕事は主に上司や経営者の判断が重要であり、上の人たちが優秀でなければ下の人にとってはやりづらいのが本音ではないでしょうか。

 

労働時間・環境が不満だった

 

最近では働き方改革が大手では2019年4月から適用されましたが、中小では2020年4月から適用されることになっています。日本企業の労働環境は外国と比べても労働時間が長く、場合によってはサービス残業が当たり前、過労死が出てしまうくらいの労働をさせるブラック企業もあるほどです。ブラック企業まで行かなくても労働時間が長い、環境が整っていないのであれば仕事を長く続けることは難しいでしょう。

 

同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

 

人間関係の悩みはどの年代でも起こり得ることで、社会人もこれに適用されやすいです。仕事に対する考え方や公私混同しすぎる人がいることでストレスを溜めてしまうこともあります。どんな会社か上辺はインターネットで知ることはできても、内部まではわからないものです。こんな人たちが働いているのかと落胆した声も多く聞きます。

 

給与が低かった

 

働く理由はそれぞれあるかもしれませんが、少なくとも自身が労働した対価として給与が与えられるのは当然の権利です。労働と給与のバランスが合わないと納得がいかず、不満を持ち続けるのは当然と言えるでしょう。中には手取りが少なすぎて残業をしなければ生活ができないという例もあったのも驚きです。

 

仕事内容が面白くなかった

 

基本的に仕事は1日8時間であり、1日の3分の1を消費することになります。その時間が全て面白くないと言うのもなかなかの苦痛でしょう。よくある例としてはこの会社に入ったら○○という業務ができると思ったのに、単調作業の××を永遠とやらされたなどです。仕事を通して成長していきたい人にとって、仕事内容に魅力がなければ転職したいという本音が出ても仕方ないでしょう。

 

辞めたいと思っても少し冷静になる時間も持とう

 

 

今の会社に不満を持っているから転職をしたいと考えるのは普通のことです。しかし、すぐに転職をするのは早計かもしれません。あまりにもブラックな企業であれば問題ないかもしれませんが、多くの企業には多かれ少なかれ悪いところはあるものです。逆にその企業の良いところもあるはずです。

転職をしたいという気持ちを持つこと自体は問題ありません。あくまでも冷静な判断を行うための時間を持つことを意識しましょう。たとえば、今の会社と狙っている会社と客観的に比べてみる、今後の自分の目標やライフプランを考えた場合どちらがいいのか?などです。不満はあった会社だったけど福利厚生はしっかりしていた、上司はイヤな人だったけどさらに上の人と相談したら対応してくれたなどの例もあります。冷静に自身でできることや比較をしましょう。

 

本音を採用担当に上手く伝えるための例文を紹介

 

転職したい本音を採用担当に上手く伝えるための例文を5つ紹介します。ケースごとにまとめたので見ていきましょう。

 

ゲームプログラマーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、今後の動向まで幅広くご紹介します!

ゲームプログラマーってどんな仕事をするの?スキルとかどんなのが必要なの?と思っているのであれば今回紹介します。ゲームもまた他の業界同様に進化し続けており、昔と今では全然違ってきている部分が多いです。未来のゲームがどんな技術を使われるようになるのかも紹介しますのでチェックしてみましょう。

 

ゲームプログラマーの仕事内容

 

 

ゲームプログラマーの仕事はゲームのシステムを作り上げることがメインです。大まかに4つの項目があるので見ていきましょう。

 

仕様の理解

仕様とは多くのゲーム会社の場合、プランナーが出した仕様(いわばゲームルールの説明)を理解する必要があります。たとえば、Aというボタンを押したらジャンプするなどのルールも仕様にまとまっています。

 

各種ミーティング

 

ミーティングは先ほどの仕様に関するミーティングやプログラマー同士でどのようにゲームを構築していくのかを話し合うことも多く出てきます。プログラマーとしての地位が高まっていくと、他のプログラマーのスケジュール管理や多セクションとの連携なども求められるようになります

 

コーディング

コーディングとは実際にプログラムを打ち込むことを言います。仕様の理解が終わり、どのようにゲームを構築するかが決まれば、あとはコーディングするだけです。余談ですがプログラマーがコーディングしている時は集中モードなので、不意に話しかけたりすると機嫌が悪くなったりします。

 

テストプレイ

 

 

コーディングが終了したらテストプレイをします。実際に仕様通りに構築できているのかをプログラマーと仕様を書いたプランナーで確認します。この時に「もっとこうしたほうが面白いのでは?」「もう少しレスポンス早くできない?」などのやり取りが生まれます。

 

ゲームプログラマーになるための必要スキル

 

 

ゲームプログラマーのスキルというとプログラムくらいしか思い浮かばないかもしれませんが、実は多様に求められるものがあります。一つずつ見ていきましょう。

 

プログラミングスキル

プログラミングはどの言語を学ぶかですがこちらに関しては作るゲームによって違います。基本的にはC++やC#ができれば問題ありません。スマホアプリ開発の場合はJavaやSwiftなどの言語で作成される場合もあります。どの言語を学ぶかは狙っている会社や業界を元に絞りましょう

 

コミュニケーション能力

プログラマー=コミュ障というイメージがあるかもしれませんが、一概にそんなことは言えません。仕事内容でもミーティングやテストプレイ時のやり取りが発生するためコミュニケーション能力は必須です。むしろ、コミュニケーション能力が高いプログラマーのほうが息の長い活躍ができます。もちろん技術も大切ですが、技術と同じくらい大事なのです。

 

好奇心と向上心

ゲーム業界は常に進化を続けており、ハードが変わるごとに学ぶことがでてきます。つまり、一つの技術や知識を手に入れたら終わりではなく、際限なく学び続ける必要があるのです。好奇心や向上心がない場合は長年やり続けるのは難しいでしょう。

 

体力

体育会系かよって突っ込みが飛びそうですが事実です。マラソンを走れる体力とかそういう意味ではなく、病気にならないことや徹夜対応できる体力が必須になってきます。ゲーム開発はどうしても忙しい時期が出てきてしまい、時には根性で乗り切らなければならない場面もあります。日々の体調管理や体力をつけることも重要なのです。

 

ゲームプログラマーの年収は?

 

 

ゲームプログラマーの年収は240万円から600万円と幅が広く、一部のスーパーなゲームプログラマーは1000万円を超えています。240万円は主に新人として入ったプログラマーに多く、そこから徐々に年収が上がる仕組みになっているのがほとんどです。

高い年収を求めるのであれば、大ヒットを飛ばし続けている企業を選ぶのが一番です。例えば任天堂のゲームプログラマー平均年収は750万円ほどと言われています。また、年収以外にもインセンティブを設定している企業もあり、大ヒットした分をボーナスとして与えられるところもあるので夢があります。

 

キャッシュレス決済がアツい!日本国内での普及度は?注目のサービスも紹介します!

キャッシュレス決済は日本政府が推進していることでもあり、現在多くの企業がサービスを展開しています。日本ではなかなかキャッシュレスの文化はないのですが便利であり、お得に買い物できるサービスが多いので注目してみるといいでしょう。今回はその中でも注目のサービスを紹介します。

 

日本のキャッシュレス決済の進捗率は?

 

 

経済産業省がまとめたデータキャッシュレスビジョン」によると日本のキャッシュレス決済比率は約18%(2015年)という結果です。つまり5人に1人ほどしかキャッシュレス決済を行っていないということになります。ここでいうキャッシュレスとはクレジットカードも含まれており、スマホ決済や電子マネー決済はこの数字よりも更に低い結果になることがわかります。

 

日本はキャッシュレス文化がないのはなぜ?

 

 

キャッシュレス決済比率は韓国で約89%、中国約60%、アメリカ約45%という結果になり日本よりも大きく進んでいる印象があります。日本も先進国の一つであるにもかかわらず、なぜキャッシュレス文化がないのでしょうか?その理由を項目ごとに見ていきましょう。

 

現金主義だから

 

 

クレジットカード決済自体が嫌いという理由で現金を使わない層が一定いることが大きな要因です。その理由として「お金を使っている感覚がないから」や「使いすぎてしまう」という声が多く挙げられています。一時期のドラマでもクレジットカードを使いすぎてしまい、破産してしまうなどの内容がありました。その影響があるのかどうかは不明ですが、クレジットカード=使いすぎてしまうというイメージから脱却できていないのかもしれません

 

セキュリティに関する懸念

 

 

クレジットカードやスマホなどを利用したキャッシュレス決済は一部でセキュリティに関する懸念もささやかれています。今の時代は個人情報が流れやすく、簡単に自身の情報が見知らぬ相手に伝わることも多くあります。たとえば自身の携帯番号やメールアドレスも知らないうちに第三者に知られて迷惑メールという形で来た方は多くいるのではないでしょうか?

どこで誰に何が漏れているのかわからないのであれば、クレジットカードやスマホで決済をするのはコワイと思っても仕方のないことかもしれません

 

決済手段が多すぎる

 

キャッシュレス決済はクレジットカード、電子マネー、スマホなど多岐にわたる決済方法があります。消費者からすればどれを使えばいいのかわからないと言うのが本音でしょう。結局は複数に自身のお金が分散してしまい、どこに何があるのかわからなくなるという声も出てきています。

 

電気が使えないときにピンチになる

 

キャッシュレス決済の多くは電気を使うことが前提とされています。大規模な停電や災害が起きた場合は決済ができなくなるのでピンチになる可能性も考えられます。そういう意味ではある程度の現金はいくらか持っていた方が確かではあるでしょう。ただし、ATMも電気で動いていますので、あくまでも手待ちにいくらか持っているのが前提となります。

 

キャッシュレス決済のメリット

 

 

キャッシュレス決済は主に4つのメリットがあります。

 

お金を持たなくてもいい

 

お金を持たなくていいと言うのは非常にスマートです。小銭は多く持つと財布を圧迫しますし、重くなります。お札も多く入れれば財布としての見た目も良くありません。お金をおろすために銀行やコンビニに寄ることもなくなるので便利です。

 

支払いがスムーズになる

 

支払い時に財布を取り出して、金額を見ながら数えて支払うのも面倒です。キャッシュレス決済を利用すれば、カード1枚もしくはスマホだけで決済できます。スムーズな決済はレジの遅延を解消できますし、店側にしても消費者側にしても大きいメリットです。

 

決済ミスがない

 

お店側のメリットになりますが、これほど大きいメリットはないでしょう。人間は注意していてもミスをしてしまうものです。お釣りを渡す時に計算を間違えてしまう、間違って効果を余分もしくは少ない金額分を手渡ししてしまうことも十分に考えられます。消費者側としても、決済ミスがないほうがいいに決まっています。

 

実は管理しやすい

 

何を購入したのかを履歴として残せるのがキャッシュレス決済のいいところです。現金でもレシート管理すれば問題ないかもしれませんが、レシート自体はかさばりますし管理も面倒です。キャッシュレス決済でデータとして持っている方がお金をどう使ったのかわかりやすいのです。しかも、アプリによってはキャッシュレス決済したデータをそのまま家計簿にしてくれるものもあるので注目してみるといいでしょう。

 

ゲーミフィケーションとは!基礎知識から、具体的な事例とともに紹介します!

ゲーミフィケーションって何?たぶんゲームのことなんだけど新しいゲームなのかな?と思っていた場合は要注意です!ゲーミフィケーションはある意味では新しいゲームではありますが、従来のコンピューターゲームとは定義が違います。多くの企業が注目するゲーミフィケーションを基礎知識から事例まで紹介します。

 

ゲーミフィケーションとは?

 

 

ゲーミフィケーションとは企業が顧客に対してゲームの要素や考え方を提供し、サービスの一環にすることを指します。近年では多くの企業がゲーミフィケーションを採用しており、成功例も多数出ていることから注目されています。ゲームは多くの人がプレイしたことがあり、ロジックとして突き詰めれば安定した面白さを提供することが可能です。ゲーミフィケーションはゲームの面白さの部分を抽出し、企業それぞれの特徴を生かすことができるのです。

 

ゲーミフィケーションを導入し、売り上げ47%アップした事例も

 

 

アメリカのとあるサイトでゲーミフィケーションを導入したら売り上げが47%アップしたことで話題になりました。このサイトではランキングやポイント制、チャレンジ制度を導入し、ユーザーの滞在時間を長くさせたことが要因になりました。この例でもわかる通り、ゲーミフィケーションを導入することで得られる効果は絶大なものです。

 

ゲーマータイプを分類することが成功のカギ

 

 

ゲーミフィケーションを導入するために必要なのは企業側のユーザーの層がどのあたりか知ることです。企業によって保有している顧客もしくは潜在顧客は違うことでしょう。ゲームをする人間にも種類があり、主に4つの分類がされています。自社の顧客がどの層に当てはまるのかも想像しながら見ていきましょう。

 

アチーバータイプ

 

達成の意味となるAchieveから出てきており、クエスト達成や称号獲得をすることで満足感を得られるタイプを指します。提示された問題や課題をクリアすることが最大の喜びとなっています。段々と難しい問題が出てくるようになると没頭するようになるのにも注目です。どちらかというと真面目で言われたことをコツコツとやるサラリーマンタイプに多いです。

 

エクスプローラータイプ

 

探索の意味となるExploreから来ています。知らない世界を探索し、アイテムを見つけたり仕掛けを見つけたりすると満足感を得られるタイプです。エクスプローラータイプは好奇心が強く、常に刺激を求める特徴があります。ですのでアチーバータイプのように指定された課題を出すのではなく、あえて指示を出さないという手法もアリでしょう。常に新しい変化を求めるタイプがエクスプローラータイプに多いとされています。

 

ソーシャライザータイプ

 

ソーシャルの世界を楽しむ人をソーシャライザーと呼びます。最近のソーシャルゲームやスマホアプリではソーシャル機能が当然のように搭載されています。たとえば、掲示板機能が代表的でしょう。掲示板で他の人と交流し、情報交換したり感想を言い合ったりすることで満足感を得ることができます。また、交流した人と一緒に作業をすることにも積極的であることにも注目です。

 

キラータイプ

 

killerから来ているのがキラータイプです。物騒な言葉に聞こえてしまいますが、他人よりも上であることを実感したいタイプがこちらになります。たとえばランキング機能を搭載した場合、1位にならないと気が済まないような方はキラータイプと言えるでしょう。1位まで行かなくても、ある程度のレベルで他の人より優れているとわかった時点で満足を得られます。高度なスキルを積極的に習得するのがこのタイプです。自身が他人よりも上である証拠が目に見えていることで積極的に参加するでしょう。

 

ゲーミフィケーションの構成がカギを握る

 

 

 

ゲーミフィケーションを導入する場合に大切な要素が構成です。自社のサービスやサイトにゲーミフィケーションを導入したとしても、何となくで対応したら意味がありません。下記の4つの点を決めてから対応するのが良いでしょう。

 

ゴール設定

 

 

プレイヤーのゴールはどこなのか?を設定する必要があります。たとえばサッカーというゲームでは点を多くとった方が勝ちというルールがあります。もしもこのルールがなくなったらどうでしょうか?多くのサッカーファンはサッカーから離れていくでしょう。

このようにゴールの設定はプレイヤーにとって重要です。前述したプレイヤーのタイプを想定し、それぞれに合ったゴールを設定するといいでしょう。クエストをクリアするのがゴールなのかランキングで1位を取ることがゴールなのかを決めて、慎重に対応してください。

 

緊張とカタルシス

 

カタルシスとは緊張した状態から解き放たれた状態のことを指します。ゲームでは緊張とカタルシスのバランスが計算されています。たとえばRPGでボス戦でギリギリで勝ったことで大喜びしたことがないでしょうか?あれはゲームデザイナーがプレイヤーが想定する行動を予測して、ちょうど良いバランスに調整しているのです。

ゲーミフィケーションでも緊張とカタルシスを導入することで、夢中になってしまう現象を起こしてくれるでしょう。適度な緊張がなければ面白くないし、緊張をクリアした先のご褒美がなければカタルシスも得られないです

 

現状の把握

 

自分は今どんな状態なのか?課題の進捗状況などを把握することはとても重要です。たとえばクエストに時間制限があったとします。しかし、時間があとどのくらい残っているのか把握することができなければ、プレイヤーは不親切・詰まらないと感じてしまうことでしょう。そうならないためにも現状の把握ができるように対応することは重要です。

 

ユーザー同士の交流

 

ユーザー同士の交流をすることでコミュニティが活発になります。掲示板を取り入れることで、攻略情報や一緒に攻略するという遊びも出てきます。ソーシャライザータイプであれば、大きい満足感を上げることができるでしょう。