アートディレクターを徹底解説!気になる仕事内容から必要なスキル、なり方まで分かりやすくご紹介します。

キャラクターなどのデザインはアニメやゲームだけではなく、ビジネスや地方創世活動などにも必要不可欠になってきています。そのようなデザインを具現化するのに必要なアートディレクターという仕事があるのを知っていますか。今回はアートディレクターの仕事やなるための方法や必要なスキルなどを紹介していきます。

 

アートディレクターとは

 

 

アートディレクターとはどんな仕事かというと、イメージを具現化する際の指揮をとる責任者の事です。

具現化する指揮をとるといっても、自分でデザインを行うというわけではなく、「こんなデザインを広告で使いたい」「こういうイメージをアートで伝えたい」など、クライアントがイメージしている物を把握しデザイナーやコピーライターなどに分かりやすく伝える事で具現化していきます。

 

クライアントとデザイナーの間に入って、クライアントが思い描いたイメージ通りのデザインを作れるようにコントロールしていくお仕事で、ADと略されることもあります。

基本的には一切デザインにかかわらないお仕事ですが、中にはデザインも自分で行う兼任アートディレクターという人もいます。

では実際にはどのように仕事をしているかについて紹介していきます。

 

アートディレクターの仕事とは?

 

 

アートディレクターは先ほど話した通り基本的にはクライアントとデザイナー等の間に入る仕事なので、仕事の始まりはクライアントにイメージを聞くことから始まります。

 

「どのようなデザインがいいのか」「何を伝えたいのか」など、クライアントがどんなものを望んでいるのかをしっかりヒアリングして、そのプロジェクトに必要なデザイナーなどのスタッフをアサインします。

デザインの方向性を決めるためにラフデザインを複数作成して、クライアントがイメージしたデザインとのすり合わせを行い、方向性が決まったら実際に作成をしていきます。

その間は、クライアントへの経過報告や修正指示を頂くなどフォローをするというのがアートディレクターの仕事です。

 

アートディレクターの年収は?

 

 

デザインを形にする際の舵をとるアートディレクターの平均年収は転職会議がとった統計によると460万円だと言われています。

参考:「転職会議」https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/112

 

アートディレクターと一緒に仕事をする事が多いグラフィックデザイナーの平均年収は同サイトで325万円とされているので、実際に具現化するデザイナー職よりもクライアントのイメージをヒアリングして、デザインの方向性を決めていくというそのプロジェクト全体に関わり責任を持って行動するアートディレクターの方が高い年収をもらっています。

もちろん、有名なデザイナーになるなど個人としての評価が高くなってくれば年収が逆転する場合もありますが、アートディレクターはデザイナーに指示を出す立場になる事が多い職種なのでこのような年収になっているのです。

 

アートディレクターに向いている人は

 

 

そんなデザインの方向性を左右する重要な立場であるアートディレクターに向いている人とは、どういう人だと思いますか?

 

コミュニケーションをとるのが好きな方

 

 

アートディレクターは名前にアートがついている事もあってデザイン系の職種に見えますが、実際は人とのかかわりが非常に重要になってくる仕事で、営業にも近い仕事なのです。

 

デザインの方向性を決めるには、クライアントにどういう希望があるのかというのを細かく聞くことが必要になってきます。

また、聞いた希望やデザインの方向性をデザイナーの方に分かりやすく伝える必要があります。

この2つができていないと、イメージと全然違うデザインが出来上がってしまうのでクライアントが納得いく提案をする事が難しくなっていまいます。

 

また、クライアントの中にはイメージが固まっていない方もいらっしゃるので、そういう方に対してどのようにコミュニケーションをとってイメージを固めていくのかというのも非常に重要なポイントになります。

 

デザインが好きな方

 

 

先程営業にも近い仕事と言いましたが、やはりデザインなどアートが好きな方でなければ務まらない仕事です。

漠然としたイメージや言葉からデザインの方向性を決めていくお仕事なので、自分である程度デザインをイメージできる方でないとクライアントとのデザインイメージのすり合わせができませんし、方向性も決めることができません。

また、デザイナーにラフデザインを描いてもらう時には自分でサンプルを描いてから渡さないといけない場合もあるので、デザインに対して知識や能力がないと難しい仕事です。

 

Geekly Media ライター

1+

ゲームデザイナーを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、プランナーとの違いまで幅広くご紹介します!

スマートフォンが発達して、より気軽にゲームを遊べるようになりゲーム市場は盛り上がりを見せています。そんなゲームを作成するときに必要な職種にゲームデザイナーという仕事があることをご存知ですか?今回はゲームデザイナーとはどんな仕事で、どんなスキルが必要なのかについて詳しく紹介していきます。

 

ゲームデザイナーとは

 

 

ゲームデザイナーとは、言葉通りゲームのデザインをするお仕事です。

大きく分けると以下2種類となります。

 

・CGデザイナー

ゲームにおけるステージやキャラクターを作るお仕事となります。アニメーションや背景グラフィック、デモムービーなど機能に合わせたデザインを心掛ける必要があります。

・UI/UXデザイナー

スムーズなゲーム「体験」を行ってもらうことを目的にデザインを行います。タイトル・メニュー画面の作成、ボタン・アイコンなどの最適化、フォントや文章などを中心にデザインしていきます。

 

以上が一般的に「ゲームデザイナー」と呼ばれて思い浮かぶものだと思います。ただ他にも挙げるとするならば、デザインとは元々「設計」や「意匠」という意味を持っているので、キャラクターなどのデザインだけにとらわれずゲーム作品全体の企画・構成を作っていく仕事でもあります。ゲームシステムや世界観など0からゲームを作っていきます。

「ゲームデザイナー」と一口に言っても業務内容が多岐にわたることは覚えておいていいかもしれません。

 

ゲームデザイナーは売り上げに大きくかかわる仕事

 

 

ゲームデザイナーの仕事は非常に重要です。

なぜならどんなに企画のゲームであっても、全体のバランスや世界観が良くないとお面白いゲームを作ることができないからです。

 

暇つぶしにやるという単純なゲームも増えてきていますが、ハマるゲームというのは感情移入することができたり、非日常を経験することができるゲームです。

ゲーム全体のバランスが悪いとプレイしていて違和感が出てきて感情移入しにくいですし、世界観が陳腐だとのめりこむことができません。

ゲーム作成はゲームデザインナーから始まる仕事なので、設計の良し悪しで売れるか売れないかというのは大きく変わってくるのです。

 

ゲームプランナーとの違いは?

 

 

ゲームデザイナーの仕事を調べているとゲームプランナーという仕事をよく見かけます。

ゲームプランナーはゲームをプランニング(立案・企画)する仕事なので、ゲームを0から立案し企画を作っていく仕事なので企画から完成まで携わります。

つまり、ゲームの全体的な設計をプランニングしていくわけです

 

先ほど言った通りゲームデザイナーはゲームをデザイン(設計・意匠)する仕事でもあるので、ゲームの骨組みを設計してため当然企画立案にかかわっていきます。

しかし、ゲームデザイナーは基本的には「CGデザイナー」「UI/UXデザイナー」が主な業務となるので、被る部分はあったとしても、基本的には違うものと捉えて問題ないでしょう。

 

ゲームデザイナーの年収は?

 

 

そんなゲーム作りにおいて非常に重要なゲームデザインナーの仕事ですが、やはり目指すならどれくらい稼ぐことができるのかというのも気になりますよね。

 

転職会議が統計を取っているデータからは、ゲームプランナーの平均年収は378万円だと言われています。

世代別だと20代前半は平均323万円・20代後半は平均355万円・30代は平均426万円・40代以上は平均406万円となっています。

しかし、これはあくまで平均年収であってこれ以上稼いでる方もいれば稼げない方もいます。ゲームデザイナーはゲームの核を作る仕事なため売り上げに直結する仕事なので、評価が分かりやすいです。

参考:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/129

 

Geekly Media ライター

0

【ゲーム】ローカライズを徹底解説!その内容からフローまで分かりやすく解説します!

スマホの普及とともにゲーム市場は大幅に成長しています。より手軽にプレイできるようになった事もあり、多くの人が一度はゲームをプレイしたことがあると思います。そんなゲームは世界中の人が楽しめるように、製作段階でローカライズという作業がされているのをご存知ですか?今回はそんなローカライズについて紹介していきます。

 

ローカライズとは?

 

ゲーム制作に必要不可欠

 

 

アニメや料理など近年は、日本で作られたものが世界中で楽しまれています。

それはゲームでもいえる事で、ファイナルファンタジーシリーズを始めとしたさまざまなゲームが世界中で楽しまれています。

また反対に、いわゆる「洋ゲー」等海外で制作されたゲームが日本でも発売され、爆発的ヒットを飛ばしているゲームも数多くあります。

 

同じゲームが世界中で楽しまれているのですが、ゲームによっては全く同じゲームとして販売されているわけでないことを知っていますか?

国ごとによって言語が違うだけではなく、実は表現や描写の規定があったり、考え方や概念が違うので全く同じまま販売できない場合や販売できてもあまり売れないという結果になってしまう可能性があるのです。

例えば日本で爆発的にヒットしている妖怪ウォッチといったような、日本独自の文化である妖怪を題材にしている物は海外向けに販売する場合は妖怪の概念から理解してもらう必要があります。

 

そのため、その国にあったゲームにするために翻訳はもちろん表現などを変えていく作業がローカライズなのです。

 

翻訳との違いは?

 

 

ローカライズと翻訳は作業が似ているので混同されがちですが、作業範囲が異なります

翻訳とは英語を日本語に・日本語をイタリア語にといった形で言語を扱って販売する国にあった仕様に変えていく仕事ですが、ローカライズでは言語はもちろんその国の文化そのものを扱って仕様変更をしていく仕事になります。

なので、翻訳はローカライズをする中での一つの作業ということになります。

 

ローカライズをするためには?

 

 

次にローカライズをする際のフローについて紹介していきます。

 

ファミリアライゼーション

 

ローカライズをする上で最初にする作業はファミリアライゼーションです。

ファミリアライゼーションとは簡単にいえば、ゲームのシステムや世界観を理解することです。

小説や映画の翻訳をするとしても、どういう世界観なのかやキャラクターの性格などを理解していないと世界観になった翻訳をする事ができません。

例えば歴史ものの作品なのに現代語で表現してしまったり、臆病な性格のキャラクターなのに強気な発言をする翻訳になってしまうと世界観が崩れてしまいます。

 

そのためローカライズをするには、どんなゲームなのかをまず知る必要があります。

ゲームの場合は設定資料を読んだり、試作ゲームがあるならプレイしてみてゲームの世界観をしっかり理解する必要があります。

 

グロッサリーとスタイルガイドの製作

 

ゲームの翻訳の場合は一人で翻訳するというのは現実的ではありません、規模の小さいゲームならまだしも大規模ゲームの場合は10万ワード以上といったワード数の多いタイトルも沢山あります。

そのため、複数の翻訳者に依頼をする事が一般的です。

ワード数が多いので複数人に依頼するのは仕方ないことなのですが、そうなってくると問題なのが統一感です。

翻訳者にも癖などがあります。

何のガイドラインがない状態で翻訳してもらうと統一感がなくなってしまうので、同じような翻訳をしてもらえるようなガイドラインを作るというのがグロッサリーとスタイルガイドの製作です。

 

翻訳

 

ガイドラインが完成したら実際に翻訳作業に入っていきます。

先ほども話した通りゲームの翻訳というのは複数人で行う事が一般的なので、翻訳チームや翻訳会社への依頼をするというのも仕事の一つになります。

 

ボイスオーバーの製作

 

翻訳が完了したらセリフなどの音声をその国に合わせて取り直す必要があります。

声優さんなどに依頼をして、音声の吹き込み作業をしていきます。

セリフの場合は言語によって同じ意味の言葉であってもしゃくが異なるので、違和感のないように取ることが重要です。

 

Geekly Media ライター

0

Qiitaとは??登録の仕方から記事の見方、役立つ利用法まで幅広く徹底解説!

プログラマーの方なら一度はQiitaについて聞いたことがあるのではないでしょうか?プログラマーにとって様々な知識を共有することができるQiitaですが、実際にどうやって使うかは知っていますか?今回はQiitaの登録方法から記事の見方など、幅広く紹介していきます。プログラマーの方は是非最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

Qiitaとは?

 

 

 

Qiita(キータ)とは、プログラマーが技術情報を共有することができるサービスの事です。

このサービスの最大の特徴はユーザーをプログラマーに絞っている点にあります。

ユーザー同士が技術情報を発信して、また別のユーザーがフィードバックをするというシステムになっており、コードなどがどんどん新しくなるプログラミングの世界で常に最先端の技術を最前線で働いているプログラマーと共有していくことができるありがたいサービスです。

 

特にプログラマーになって間もない人は分からないことが多く、ネットで検索しながら仕事をしたという経験をした方も多いのではないでしょうか?

Qiitaを使えば、色んな情報が掲載されているので複数のサイトを検索しながら仕事をするという手間を省くことができます。

 

Qiitaが生まれた経緯

 

 

先ほど話した通り、プログラマーの仕事は困った時にはインターネット検索をして問題を解決するというのが習慣化されています。

確かにインターネットには沢山の情報が掲載されているので、問題を解決することができる場合もあるのですが、他の人も直面するようなよくある問題の場合でもネット検索してもなかなか見つからない場合も多くあるのです。

沢山の情報の中から自分の問題と完全に一致した解決法を探すには手間がかかります。

しかし、そういう問題の多くは誰かに解決方法を直接聞けばすぐに解決するようなものの事が多いのです。

つまり誰かに聞けば物の数分で解決できるのに、ネットで検索して調べるという行為をする事で時間を無駄にしてしまっている状況がプログラマー業界であったのです。

 

全国にいるプログラマーと情報共有することができるサービスを作ることで、社内では聞きにくい場合でも気軽に解決法を探したり、質問することができる状況を作るための場として生まれました。

 

Qiitaの登録方法は?

 

 

アカウント登録

 

プログラマーの情報共有ができるQiitaの登録方法について紹介していきます。

登録方法は非常に簡単で、メールアドレスで登録をする。

または、GitHubかTwitterのアカウントと連携して登録する2つの方法があります。

プログラマーの方はGitHubを使っている方も多いとは思うので、連携させてしまうのが一番手っ取り早い方法です。

 

興味ある言語のフォロー

 

次に自分が興味のある言語のフォローをしていきます。

ここで言語のフォローをしておけば、その言語の最新情報が自動取得されるので、余計な情報は省いて自分に合った情報だけ届けるようにカスタマイズすることができます。

現在専門している言語や今後使う可能性のある言語、取得したいと思っている言語の情報をフォローしておくことをオススメします。

もちろん初回登録の後を再設定することが可能なので、ほかの言語に興味が出てきたら変更してみましょう。

 

プロフィール設定

 

無事アカウントを取得することができたらプロフィール設定をしましょう。

右上のアイコンをクリックするとプロフィール設定というバナーが出てくるので、そこから設定していきます。

名前やブログなど自分で運営しているサービスのURL、所属している組織や会社、住んでいる場所、自己紹介などを記載しておきましょう。

 

情報交換をするにもある程度信用できる人でないと、情報を信じることができなかったりする場合もあるので、差支えのない範囲でプロフィール設定をしておきましょう。

また、Googleアナリティクス設定も行うことができるので、自分の投稿やマイページの確認、ストックページのアクセス数を把握することもできます。

是非試してみて下さい。

 

Qiitaの使い方① 情報をストックする

 

 

では次に具体的な使い方について紹介していきます。

Qiitaの使い方はほかのユーザーが発信した情報を受け取りストックする場合と、自らの専門知識を発信して交流する2つのパターンがあります。

まずはほかのユーザーが発信した情報を見る方法について紹介していきます。

 

Geekly Media ライター

1+

【まとめ】内定後のフロー!返事の仕方から保留の伝え方、入社までのフローまで徹底解説!

転職を考えている人の中には、転職活動を効率よく条件に合った会社に内定がもらえるかというところに注目しており、内定が出た後の動き方を知らないという方も多いのではないでしょうか?しかし、企業をさがしから始まり、選考して内定をもらい入社するまでが転職です。内定後の動き方次第では、転職に失敗することもあるので注意しましょう。

 

内定後のスケジュール

 

 

転職活動の目的は、希望する企業から内定をもらい入社をする事です。

なので、内定をもらったことをゴールとしてしまい、その後の対応をおろそかにしてしまっている方や対応の仕方が分からないという方は多いと思います。

対応の仕方によっては内定取り消しになってしまう場合やもっといい条件で働くことができたのに低条件で働くということになってしまうこともあります。

自分にとっていい転職にするためにも内定をもらった後の対応を学んでおきましょう。

それではまず内定をもらってからのフローを紹介していきます。

 

内定の連絡を頂く

 

内定の連絡は、最終面接のその場で内定を言い渡される場合、後日メールや書面にて連絡される場合があります。

 

最終面接から1週間以内に連絡をいただける場合がほとんどですが、郵送にて内定連絡をもらう場合は配送状況によって少し遅れる場合があります。

行き違いの連絡をしてしまう事で印象を悪くするというのはもったいないので、最終面接の際にどれくらいで連絡いただけるか、どうやって連絡いただけるか確認しておくといいでしょう。

直接やメールで内定を連絡していただいた場合も併せて正式な書類として、郵送で書面を送ってくれる企業もあります。

 

条件確認

 

内定の連絡を頂いたらまずするのは条件の確認です。

直接内定を言い渡される場合やメールする場合は、雇用条件などが明記されていないことが多いです。

そのため、安易に内定に返答して思っていたのと違う条件で雇用契約を結ぶことになってしまいます。

正社員のつもりが契約社員だった、希望年収は伝えていたが希望通りではなかったなんて事は、普通にあり得ます。

内定通知は、この条件だったら内定を出すことができるという会社の意思表示みたいなものです。

しっかりと条件を確認してから返答をしましょう。

 

返答

 

条件を確認したら返答です。

納得いく条件であれば入社意思を返答、納得いかなければ辞退・保留・条件交渉といった形の返答をします。

 

退社

 

転職が決まったら現職の退社処理をして、入社をしてやっと転職活動が終わりです。

 

内定通知に対しての返答

 

 

内定から入社までの流れが一通り分かったところで、実際にはどのように対応していけばいいのかについて具体的に紹介してきます。

 

返答のタイミング

 

 

内定への返答は、内定通知を受け取ってから1週間以内にするというのが一般的です。

一番印象が良いのはすぐに返答するというのは間違いありませんが、条件もしっかり確認せずに返答するのは危険ですし、他にも受けている志望度の会社があるなら結果を受け取ってから条件を比較して決めた方が後悔のない転職にできます

しかしあまり待たせすぎるのは失礼にあたりますし、内定を辞退したと判断されかねないので注意が必要です。

返答が遅くなりそうな場合は保留の意思を伝えるようにしましょう。

これは面接で直接内定を言い渡された時も同様です。

直接言われると内定に対して保留するとは言いにくいとは思いますが、勢いで返答するのは危険です。

難しい決断ですが、その場で返答をしない時計ない状況に立たされて保留したいのにできない場合は縁がなかったと割り切る事も必要です。

 

保留する場合は明確に

 

 

さて保留の意思を伝える場合ですが、ここではなぜ保留をするのか、いつまで待ってほしいのかを明確に伝える必要があります。

理由もなしに保留を受け入れている企業はあまりありません。

他社の選考があるから等は伝えにくいとは思いますが、企業側も他社を受けているのは分かっていることなのでそこまで悪い印象になることはありません。

 

しかし志望度が低いとみられてしまう可能性はあるので、入社したい意思はあるのですが他社の条件がまだ明確に出てないのでお答えしにくいなど行きたい気持ちはあるというところを伝えましょう。

 

Geekly Media ライター

0

マーケティングオートメーションとは?事例とともに、基礎知識から徹底解説します!

近年IT技術の発達によりどんな工業・産業にもIT環境が必要不可欠になってきており、それに伴いより確実なデータ収集ができるようになったため、マーケティングの重要性が改めて説かれています。今回はそんなマーケティング手法の一つであるマーケティングオートメーションについて事例とともに基礎知識から解説していきます。

 

マーケティングオートメーションとは?

 

 

近年マーケティングの重要性は見直されてきており、マーケティングがうまくできていない企業は激しい企業競争に勝っていくことができないと言われています。

特にマーケティングオートメーションは、効率的に仕事を進めていくのに非常に有効なツールなのでしっかり理解しておきましょう。

 

マーケティングオートメーションの定義

 

 

マーケティングオートメーションはMAとも呼ばれ、日本では2014年頃から頻繁に導入されるようになってきたマーケティング手法です。

マーケティングを行う意味は、顧客のニーズと自社のサービスが合致しているかをチェックするためでもあります。

顧客のニーズを知り、顧客ごとの興味関心に合ったサービスを提供することで長期的な関係を構築することができます

 

しかし、数万・数十万の顧客を抱える企業にとって顧客ごとのマーケティングを個人で行う事は困難です。

マーケティングオートメーションは、そういう個人では行えないような膨大な作業を自動化しマーケティング施策の測定を行う事で、マーケティングの効率を上げていく仕組みを構築することができるのです。

 

注目される理由

 

 

マーケティングオートメーションがなぜ今注目されており、必要とされているのか?

それには色々と理由はありますが、大きな理由の一つに営業手法の主流がアウトバウンドからインバウンドに変化してきていることがあげられます。

現代はインターネットの普及により誰もが情報を探しやすく提供しやすい環境が整っています。

そのため、企業側が個人にアプローチをかけるアウトバウンドより、ターゲット層にまとめて呼びこみ顧客の情報を得るインバウンドの方が効率的で成果が上がりやすくなってきています。

 

効率的かつ大人数に呼び掛けることができるということは、それだけ情報量も増え処理しなくてはいけない作業も増えます。

膨大なデータを人が処理していくというのは現実的ではありません。

そのためデータ処理やマーケティング施策の測定ができるマーケティングオートメーションが注目されているのです。

 

マーケティングオートメーションの機能

 

 

膨大なデータの処理やマーケティング施策の測定をする事で、マーケティングの手助けをしてくれるツールという事は分かっていただけたと思います。

では具体的にどういう機能があるのかについていくつか紹介していきます。

 

WEBパーソナライゼーション

 

WEBパーソナライゼーションとは、ユーザーの行動履歴などからその人がどういうものを欲していて、どういう傾向にあるユーザーなのかというニーズを把握し個人にコンテンツを提供していくと言ったものです。

例えば化粧品を売ろうと思っている時に不特定多数の人に紹介するという方法ではなく、女性ユーザーやプレゼントを探しているユーザーなどにめがけて紹介したほうが効率的ですよね。

 

このようにユーザーごとに情報を整理し、提供するコンテンツをカスタマイズすることができます。

 

メールマーケティングの効率化

 

サービスを顧客に紹介する方法にメールというのもあります。

そんなメールでの紹介活動において重要な事はトップ画面で興味を引くことです。

日々いろんなメールが送られてくる中で詳細まで読んでもらうには、トップに表示される件名が各ユーザーにとって有益である必要があります。

マーケティングオートメーションでは、ユーザーごとの特性を測るためのA/Bテストというのを簡単に実施できるので、効率的なサービス紹介をしていくことができます。

 

見込みが高い顧客の抽出が可能

 

マーケティングオートメーションには、顧客情報をスコアリングする機能がついており、スコアを元に、見込みが高い顧客を抽出することが可能です。

見込みが高い顧客のみを抽出することで効果的な引継ぎができるので、営業の効率化になります。

 

スコアは、

 

・自社の業界やサービスが顧客に合っているか判断する「適合度」

・自社のサイトへの訪問数などから判断する「関心」

・実際購入ページまでいっているのから判断する「購買ステージ」

 

上記の3つから総合的に判断してスコアリングされます。

 

Geekly Media ライター

0

ゲームサウンドクリエーターを徹底解説!仕事内容からなり方、有名ゲームサウンドクリエーターまで幅広くご紹介します!

ゲームは大人から子供まで多くの人がプレイすることができる娯楽として人気が高いです。そんなゲームを作るうえで音楽というものは欠かせない要素の一つとなっています。今回はゲームサウンドクリエーターの仕事内容やなり方など様々なことを幅広く紹介していきます。ゲーム製作に興味がある方は最後まで読んで是非参考にしてみて下さいね。

 

ゲームサウンドクリエーターとは

 

 

音楽は聴くことによって気分を上げることができるなど、感情に大きく影響を与えることのできるコンテンツです。

それはゲームでも同じで、きれいなグラフィックで良い物語であっても音楽がないと盛り上がりに欠けますし、感情移入をしにくいです。

また、音楽だけにかかわらず効果音などのサウンドがないとリアリティーのあるゲームを作ることができないので、ゲームの世界に没入できるようなハマるゲームを作成する事は難しいです。

 

そのため、ゲームで使われるテーマ曲やBGMはもちろん、効果音まで様々なサウンドを作成していくサウンドクリエーターはゲームの世界観を演出するうえで、非常に重要な仕事を任されるポジションであるといえます。

 

仕事内容は?

 

 

そんな重要なゲームサウンドクリエーターですが、具体的な仕事内容は依頼をされた内容に沿ってクライアントやゲーム制作にかかわる様々なスタッフと打ち合わせを重ねて、作曲や効果音を手直ししながら作成していきます

手がける音は、メインテーマなどはもちろん挿入歌などのBGMや物が落ちた音などの効果音など長いものから短いものまで多岐にわたるので、ひとつのゲームを製作するうえで作成する音が100を超える事も珍しくないという大変なお仕事です。

また複数のゲームを掛け持ちして同時進行する事も多い仕事です。

会社員として働いている場合は、基本的なイメージを社内で考えてサウンドクリエーターがそのイメージを音にするという仕事の仕方をする場合もあります。

 

作曲家との違いは?

 

 

様々な音を作曲するお仕事と聞いて、作曲家というお仕事を思い浮かべる人は多いと思います。

そんな作曲家とゲームサウンドクリエーターの違いがあるかと言えばあまりありません。

なぜならゲームサウンドクリエーターは作曲家の中のジャンルの一つと言えるからです。

作曲家というのは歌手が歌うような音楽の作曲やドラマのBGM、オーケストラが演奏するような曲の作曲など幅が広いです。

ゲームサウンドクリエーターというのは、その作曲家の中でもゲームの中で使うような音楽を作曲するのに特化した仕事なのです。

 

そのため、ゲームサウンドクリエーターではなく普段はクラシック音楽などを作曲しているような作曲家がゲーム音楽を作成している場合もあります。

 

ゲームサウンドクリエーターの年収は?

 

 

ゲーム制作において世界観を構築する重要なポジションであるサウンドクリエーターは、自分が関わったゲームがヒットするかどうかにも大きく影響を与える仕事なので、社会現象を自ら発信することができる可能性もあるやりがいのあるお仕事です。

そんなやりがいがあるサウンドクリエーターですが、実際働くとなったらやっぱりやりがいだけではなく、どれくらい稼ぐことができるのかを知っておくことは重要だと思います。

様々業界の平均年収をまとめている平均年収.jpというサイトによると、サウンドクリエーターの平均年収は505万円とされており、月収は約31.5万円であると書かれています。

同サイトで年代別年収の推移も発表されているのですが、それによると50代前半に年収のピークが来るとされており個人差もありますが、平均的な年収のアッパーは600万円程度です。

 

もちろん人気があるサウンドクリエーターは、依頼も増えますし1作品の単価も上がるので600万円以上稼ぐ人もおり、1000万円以上稼ぐサウンドクリエーターもいるという夢のある仕事でもあります。

参考:https://heikinnenshu.jp/creative/sound_c.html

 

Geekly Media ライター

1+

ASPとは?使ったら何ができる?メリット・デメリットまで分かりやすく解説

あなたはASPについてどれくらい知っていますか?今回はASPとはどんなもので何ができるのかやメリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。ビジネスを成功に導く可能性を秘めているASPについて理解してくださいね。

 

ASPとは?

 

 

そもそもASPとは、Application Service Provider(アプリケーションサービスプロバイダ)の略称の事で、アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供する事業者やサービスを指す言葉です。

アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供するとは、通常アプリケーションというのは自分の端末にダウンロードして使用します。

例えばスマホゲーム等のアプリケーションを利用する際、アプリケーションをインストールしてから遊びますよね。

 

しかしASPというサービスは、自分の端末にアプリケーションをインストールする必要がないのです。

なぜならばASPサーバーにアプリケーションが保存されているので、そこにアクセスしてアプリケーションを利用すればいいからです。

インターネット等のネットワークを経由して、ASPサーバーに保存されているアプリケーションを利用することができるというのが、ASPというサービスなのです。

ASPというサービス自体は昔からありましたが、インターネットが普及し始めた2000年代によく使われるようになり、ネットが様々なビジネスにとって必要不可欠になっている現代でも重宝されています。

 

ASPは何に役立つのか?

 

 

ネットワーク経由でアプリケーションを利用することができるASPですが、次にそれを使って何をする事ができるのかについて説明していきます。

ASPが使われる主な一例としては、

営業管理・顧客管理・ICT資産管理・販売管理・在庫管理・財務会計・給与会計といった会社の経営管理の部分のサポートであったり、グループウェア・オープンソース開発のコミュニティ基盤などの仕事をする上での支援、インターネット上のウイルスや風評被害のチェックなどの危機管理などに使われます。

他にも様々な使い方があり、ビジネスを効率的に進め成功に導くための重要なファクターとなりえるサービスなのです。

 

ASP導入のメリット

 

ASPの使われ方について説明しましたが、営業管理・顧客管理・ICT資産管理・販売管理・在庫管理・財務会計・給与会計など先ほどあげた例は、どれをとってもASPを使わなくてもすることができるように思える仕事です。

しかし、実際はASPを利用して行っている企業が多くあるのは何故なのでしょう。

次はASPを導入するメリットについて説明していきます。

 

コスト削減ができる

 

 

まず一つ目にあげられるのは、コストを抑えて導入することができるという点です。

コストを抑えられる理由としては、初期コストとランニングコストを抑えることができる点があげられます。

何故初期コストが抑えられるかというと、ASPサービスは自社の端末にインストールするものと比べて、比較的安価で導入することができるためです。

ASPの場合は初期設定費と利用期間中の月額費用だけ払えばよく、高額なシステム開発や構築費用やライセンス費用などを払う必要がないのです。

 

また基本的には月々のサービス利用料を払えばいいだけで、サーバー維持費や保守・点検・改善・運用といったコストをかける必要がなく、月々の出費も計算しやすいのでランニングコストも抑えられるのです。

 

手間がかからない

 

 

導入・運用・解約等様々な際に手間がかからないのも、ASP導入のメリットといえます。

ASPはインターネットに接続可能なパソコンさえあれば、申し込み後すぐに利用することが可能です。

申し込んでからのタイムラグがないのは、スピードが重要な近年のビジネスでは非常にありがたいですし、導入の際に新しいシステムをインストールするといった特別な準備をする必要がないので、インストールに時間を取られたり間違って違うシステムをインストールしてしまいトラブルになる等の手間も軽減することができます。

 

ASPサービスの多くは、自動でバージョンアップやバックアップを取ってくれます。

また、システム維持や運用管理はASPサービスを提供している会社が行ってくれるので、アップデートに時間を取られたり、運用知識がない人でも手軽にバックアップなどの運用をしていくことができます。

解約する際もASPを提供している企業に対して、電話やメールにて解約希望を伝えるだけで完結するため解約時の手間も省くことができます。

 

管理システムが不要

 

 

システムの構築はASPを提供している会社が行うので、わざわざ自社で初期設定や管理をする必要がありません

管理者の負担を減らすことができるので、その分他の仕事をする事ができます。

 

ASP導入のデメリット

 

 

 

このように導入することで様々なメリットがあるASPですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

次は導入する事によって発生するデメリットについて説明していきます。

 

カスタムができない

 

 

まず一つ目のデメリットとしては、カスタムすることができないという点があげられます。

ASPはあらゆる業種・業態の方が使うことができるような仕様になっており、各業界の特殊な仕様には適応できない場合があります。

そういう場合でも、システムの構築や運用はASPを提供している会社が行っているので自分好みにシステムを変換してくことができません。

そのため、会社独自に使いやすいシステムにカスタムしてくことはできません。

 

導入する前に、自社で使いやすいシステムなのかをしっかりチェックしておくことが重要です。

 

Geekly Media ライター

1+

ソーシャルゲームって結局なに?その仕組みやアプリゲームとの違いまでわかりやすく解説します!!

スマホの普及によりゲームはより身近なものになり、多くの人がゲームをプレイしたことがあると思います。そんなゲームには色んな種類があり、その中でも近年増えてきているソーシャルゲームとはどういうものかについて知っていますか?今回はソーシャルゲームについてその仕組みなどについて紹介していきます。

 

ソーシャルゲームとは

 

 

近年ソーシャルメディアがスマートフォンの普及とともに急激に成長しています。

そんなソーシャルメディアは、社会生活だけではなくビジネスにも必要不可欠なものとなってきています。

それはゲーム業界も同じでソーシャルゲームというジャンルが大きく注目を集めており、市場もどんどん拡大していっています

 

ではそんなソーシャルゲームとはどういうものの事を言うのでしょうか?

 

そもそも「ソーシャル」とは?

 

 

LINEやTwitterなどが浸透したことによって、ソーシャルという言葉はよく聞くようになりました。

しかし、実際にソーシャルとはどういう意味を持っているかについて知っていますか?

連絡をしたり、友達の輪を広げるコミュニケーションツールであるという認識だけではブ十分です。

そもそもソーシャルとは「社会的な」「社交的な」という意味を持つ英語のことで、近年は社会的な人と人とのつながりから生まれる価値ある情報を見いだし、共有していくという意味で使われています。

 

つまり、単にコミュニケーションツールというだけではなく価値ある情報を見いだし、ビジネスなどに活かすという面もあるのがソーシャルという言葉なのです。

 

ソーシャルゲームとは?

 

 

では本題のソーシャルゲームについてですが、ソーシャルゲームが他のゲームと大きく違う点はプラットフォームがSNS(ソーシャルネットワークサービス)にあることです。

ソーシャルゲームをプレイするにはまず、LINEやFacebookなどそのゲームに対応したSNSに登録することが必要になります。

SNSをプラットフォームにしてゲームをする事によって、SNS上の友達と簡単に一緒に遊ぶことができるという点が大きな違いと言えます。

 

そのため、個人で遊ぶというよりはユーザー同士で遊ぶという要素が強く、ランキングを競う・アイテムを奪い合う・トレードするなど収集要素が強いゲームが多い傾向にあります。

 

アプリゲームとは違う?

 

 

アプリゲームもソーシャルゲームと同じでスマホの登場とともに急激に成長したゲームなので、同じものであると勘違いされている方も多いかと思いますが、実は違います。

その違いは、プラットフォームがSNSにあるか単一のアプリとしてゲームであるかの違いです。

ソーシャルゲームはプラットフォームがSNSにあるので、SNSにアクセスしてプレイをしますが、アプリゲームは端末に一つ一つゲームをダウンロードして遊ぶというイメージです。

 

アプリゲームはダウンロードするだけで、簡単にプレイすることができるので消費者が手軽にプレイすることができ、生産者側も流通コストや開発コストを抑えることができるので手軽に開発・提供する事ができるゲームとして爆発的に市場が拡大しました。

 

基本無料でプレイできるのは何故?

 

基本プレイ無料

 

ソーシャルゲームをプレイしたことがある人は知っていると思いますが、ほとんどのゲームが基本プレイ無料となっており、最初にソフトを買う必要がなく無料でプレイすることができるのです。

では何故無料でプレイすることができるのでしょう?

それは追加要素として課金システムを採用しており、一部のプレイヤーが課金をする事で利益を得ているためです。

 

無料でプレイできると発信する事でより多くの人にプレイしてもらうことができ、プレイしてから課金するかどうか決めることができるので、気に入ったものにお金を使うことができます。

 

Geekly Media ライター

1+

【Webデザイナー】仕事内容から将来性まで徹底解説!これから先に求められるスキルまで幅広くご紹介します。

近年IT業界の発展が著しく、ビジネスを成功させるにはWebをうまく利用していかないといけない時代になりました。そんな現代社会でますます需要が高まっているのがWebデザイナーというお仕事です。今回はWebデザイナーとはどんな仕事をしているのか、将来性や求められるスキルまで様々なことを幅広く紹介していきます。

 

Webデザイナーとは

 

 

IT業界の発達とともにWebの重要性も増してきており、一昔前までは新聞などの紙媒体を利用することが当たり前だったのですが、今ではニュースなどはWebを利用すれば素早くほしい情報だけを手に入れることができるなど、アナログな媒体からハイテクな媒体に多くのモノが変わってきています。

日常生活を便利にしてくれるWebは利用者も非常に多いため、ビジネスの世界でもどの産業もWebを有効活用しないとなかなか成功することは難しいという時代になっています。

Webデザイナーは、Webのノウハウがない企業さんがWebを有効活用できるようにお手伝いする仕事です。

では具体的な仕事の例を上げていきます。

 

Webページのデザイン

 

 

Webデザイナーの代表的な仕事に、Webページを魅力的かつ使いやすいページにデザインするというものがあります。

多くの人はWebデザイナーと聞くとこの仕事をイメージするかと思います。

 

Webページは会社や個人を紹介するうえで非常に重要なコンテンツです。

どんなデザインなのかによってその会社や個人のイメージが決まりますし、使いやすいかどうかによって利用してもらえるか、読んでもらえるかも決まってきます。

ロゴ・アイコン・キャラクター・画像などを加工したり、レイアウトを決めていくことでオシャレなWebページを作っていきます。

 

Webページのコーディング

 

 

Webページをデザインすると言っても、ただレイアウトを考えてイラストや画像などを配置していけばいいというわけではありません。

何故なら多くの場合、加工した画像などはWeb用には適さないからです。

一般的にWebページを作成するときは、Photoshopやillustratorを使って加工やレイアウトを作っていくのですが、このデータをそのまま使うとWebページでは表示できないのです。

なので、Webページでも表示できるようにコーディングという作業もWebデザイナーの仕事なのです。

 

スクリプト作成

 

 

スクリプトとは気軽にプログラムを実行できる簡易的なシステムです。

簡単にいえば、ここをクリックすると何が起きるのかというのを設定していく作業になります。

Webページは1ページで終わりという事はあまりないので、この作業もよく行う作業になります。

具体的には、アラートを出したり、新しいウィンドウを表示したりなどを設定していきます。

スクリプトでは色んなことができるので、複雑なものを作成する場合はエンジニアの力を借りる場合もあります。

 

フラッシュ作成

 

 

フラッシュの作成はマウスの動きに合わせてアニメーションを付けたり、動画や音声を流すなどWebページをより華やかにするために必要不可欠な作業です。

グラフィックを加工するスキルと動作を制御するアクションスクリプトというものを書くスキルが必要な工程です。

 

Webデザイナーの働き方

 

 

Webデザイナーの働き方は大きく「インハウス」「制作会社」「フリーランス」の3つに分けることができます。

 

インハウス

 

インハウスとはいわゆる社内Webデザイナーの事を指します。

クライアントから依頼をもらってWebデザインをしていくのではなく、自社のWebページを作成・運用・改善をしていくお仕事です。

一つのサイトを長い目で運用していくので、運用によっての効果を発揮しやすいお仕事です。

好きなジャンルなどのWebページ運用を追求したいという方におすすめです。

 

Geekly Media ライター

4+