【プロダクトマネージャー】仕事内容から求められるスキルまで徹底解説!プロジェクトマネージャーとの違いも解説します!

プロダクトマネージャーという言葉を聞いたことはありますか?近年よく使われるようになってきているプロダクトマネージャーとは、どんな仕事をしている人の事を言うのでしょうか?今回はそんなプロダクトマネージャーの仕事内容から、必要なスキルについてやプロジェクトマネージャーとの違いなどを紹介していきます。

 

プロダクトマネージャーとは?

 

 

近年IT企業を中心にプロダクトマネージャーという言葉をよく聞くようになりましたが、その仕事内容や求められるスキルなどを知っている人は少ないのではないでしょうか?

プロダクトマネージャーは顧客満足度を上げて、最大利益を得るために動く仕事であり、会社の利益を作るために必要なポジションなのです。

ではどんな事をしているのかについて詳しく説明していきます。

 

プロダクトとは?

 

 

プロダクトマネージャーの仕事を説明する前に、まずはプロダクトについて説明していきます。

プロダクトをマネジメントしている仕事がプロダクトマネージャーなので、プロダクトが何かを分かっていないと始まりません。

プロダクトとは直訳すると、製品・商品・生産物などと言った意味を持っており、企業などが顧客に販売する製品の事を指すのが一般的です。

これは車や家具といった形のあるものはもちろんですが、サービスやシステムといった形のないものに対して使われることもあります。

マーケティング用語としては、どのような製品を販売するかを検討し企画開発を進めるという意味を持っています。

 

プロダクトマネージャーの仕事とは?

 

 

プロダクトマネージャーは直訳するとプロダクト(製品)をマネジメント(管理)するとなるので、製品管理をする仕事のように思えますが、それだけではありません。

プロダクトマネージャーの仕事は最初に話した通り、顧客満足度を上げて、最大利益を得る事です。

プロダクトマネージャーの仕事と言うのは、単に製品を管理するというお仕事ではなくどんな製品なら顧客の満足度を上げることができるのか、それをどのように販売していけばいいのか等を計画し実行していくお仕事であり、マーケティング戦略などを立案していくリーダーです。

具体的には、どのように行うかというロードマップの作製・プロジェクトや投資を行う際の戦略上・財務上等の情報・分析を提供するビジネスケースの作成・新商品の開発・市場への投入という製品を販売するまでの上流工程での仕事。

プロダクトのライフサイクル管理やブランド管理・効果的な販売戦略を立てるためのマーケティングといった下流工程の仕事を行います。

プロダクトマネージャーは、このように製品を販売していく際に携わる営業・研究開発・財務・法務と言った様々な部署を取りまとめ方針を決めることが仕事であり、その責任を負う重要なポジションなのです。

 

プロジェクトマネージャーとは違う

 

 

プロダクトマネージャーと似ている言葉に、プロジェクトマネージャーというものがあります。

どちらかというとプロジェクトマネージャーの方が聞きなじみがある人が多いのではないでしょうか?

この2つはプロダクトを世に発信するうえでどちらもとても重要な役割を果たしているのですが、まったく別の役割を持っているポジションなのです。

どのような違いがあるかご存知ですか?

プロダクトマネージャーが顧客の課題解決のためにどういう商品を作るのかという視点でプロダクトにかかわっているのに対して、プロジェクトマネージャーは品質・開発コスト・リリーススケジュールなどに視点をあててプロダクトにかかわっています。

つまりプロダクトマネージャーは「何を作るのか」「なぜ作るのか」という「What」「Why」を求められており、プロダクトマネージャーは「いつまでに」「どうやって作るのか」という「When」「How」が求められるポジションなのです。

 

プロダクトマネージャーに必要なスキルは?

 

 

プロダクトマネージャーになるのに特別な資格は必要ありません。

もちろん持っていたら便利という資格は業界によってあるかもしれませんが、これが絶対必要なものはないですし、逆にこれを持っているからプロダクトマネージャーになれるというものもありません。

しかし、プロダクトマネージャーとして活躍するのに必要なスキルというものはあるので、次はプロダクトマネージャーとして活躍したいなら身に付けたいスキルについて紹介していきます。

 

理解力・考察力

 

プロダクトマネージャーとして活躍するには、理解力と考察力が必要不可欠です。

何故なら、プロダクトマネージャーの仕事は課題解決から始まるからです。

課題解決から始まるという事は、まずその課題についてしっかり理解する必要があり、課題をしっかり理解していないと見当違いなプロダクトを計画することになってしまいます。

また、課題の話をしている人全員が話上手というわけではないので、要領を得ない話し方等をする人もいます。

そのような方と話しても、何を言っているのか、何を求めているのかというのを正確に理解する必要があるのです。

また理解するだけでは不十分で、このままだとどうなってしまうのか、どういう対応が必要なのかといった考察をできる人でないと改善計画を立てることができません。

そのため、理解力と考察力はプロダクトマネージャーに必要なスキルといえます。

 

Geekly Media ライター

【フリーランス】メリット・デメリットを徹底解説!自由を手に入れられる?それとも苦労に満ちている?

近年は働き方も多様化してきており、企業などに勤める会社員という働き方ではなく、個人で会社などのプロジェクトと契約して仕事の依頼をもらって働くフリーランスというものも増えてきている。
会社員と違って自分の裁量で動くことができるイメージのあるフリーランスですが、実際は自由に働けるのか?そのメリット・デメリットを紹介します。

 

フリーランスとして働く方法

 

 

フリーランスとして活躍している方は近年増えてきています。

しかし、フリーランスになるにはどうすればいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

フリーランスのメリット・デメリットを知っても、フリーランスになる方法を知らなければ意味がないので、まずはフリーランスとして活動するにはどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

 

ネットサービスを利用して依頼を探す

 

「人脈・知名度・実績・能力が必要?」「誰もがなれるものではない」

そう思っている人も多いと思います。

確かにフリーランスの多くの仕事は、企業などからお仕事をもらって行うもしくは売り込む事で発生します。

そのため、仕事を探すための人脈や知名度、実際に仕事を受注するための実績や能力が必要だと思うのは当然です。

しかし実は、大きな金額の取引ができるかどうかは別として誰でもある程度はフリーランスとして活動して稼ぐことはできるのです。

 

なぜそれができるか?

それは世の中には仕事があふれており、社員では手が回らない仕事やフリーランスありきの商売をしている会社があるからです。

しかも近年は、そんな会社が出している依頼を簡単に検索できるようなサービスがあるのです。

代表的な物でいうと「クラウドワークス」「ランサーズ」というWebサービスです。

手が回らない自分ではできない仕事を外注するためのサイトで、簡単なものから専門的なものまでそろっているので、特に突出した能力がないという方でも仕事を取ることができるのでフリーランスを始めることができます

もちろん多くの依頼を頂くためには、能力というのは必要になってくるので能力が必要ないという事ではありませんが、やりながらどんどん成長していくことができ、評価が上がれば徐々に単価が上がったり大きな依頼をもらえるようになるので、最初は能力が低くてもフリーランスとして活動できます

 

人脈・実績等で仕事を請け負う

 

もちろん、人脈・知名度・実績というものはあるに越したことは間違いありません。

人脈があれば、仕事の依頼をもらうためのアプローチをかけることが比較的容易にできますし、

知名度が高く実績に申し分のない方なら相手の方からお願いをしに来るでしょう。

自分からアプローチをかける事無く仕事を頂くことができ、しっかり稼ぐことができる環境を作ることがフリーランスの目指すところでしょう。

 

フリーランスのメリット

 

やる気次第で稼げる

 

 

フリーランスの収入は基本的には成果に対しての報酬です。

例えば記事を書くフリーライターのお仕事であれば、1記事いくらで買い取りますという形が主流なので納品した数が多ければ多いほど収入が増えます。

しかし会社員の場合は基本給がありそれに上乗せして成果が付きますが、ほとんどの場合は上限というものが存在するので頑張っても限界というものがあります。

「自分の頑張り次第や能力次第で上限なく稼ぐことができる」というのがフリーランスの一つの魅力といえるでしょう。

 

経験を積むことができる

 

 

フリーランスは複数の仕事をかけ持つことができます。

依頼の際の契約に独占契約のような形で、他社の依頼を受けてはいけないという事を指定されていなければフリーランスの場合同時にいろんな仕事をする事ができます

そのため同時にいろんな仕事をする事でき、色んなジャンルの勉強をする事ができるのです。

しかし会社員の場合は同時にいろんな仕事をすることは難しいです。

 

会社ではある程度役割が決まってくるので、色んな職種の仕事を同時に経験するというのは難しいですし、日本の会社では副業を禁止している会社が未だに多いので他に仕事をする事も難しいです。

短い期間で色んなことを学ぶのであれば、メインの仕事と同時に簡単な仕事からでも新しいことに挑戦できるフリーランスの方が効率的に学べる環境にあるといえるでしょう。

ただ同時に複数の依頼を抱える場合は、情報を流出させないように注意をしましょう。

特に競合他社への技術流出ということになれば賠償問題にも発展しかねません。

他社と契約してはいけないという制約がなかったとしても、競合他社の仕事は同時に受注しない等の配慮は必要です

 

予定が組みやすい

 

 

今回のテーマでもある自由についてですが、フリーランスの仕事は自分でスケジュール管理をする事ができます。

時間指定で働く場合もありますが、ほとんどの場合はいつ働いても成果さえ出してもらえれば問題ないというものになるので、自由に予定を組むことができます

Geekly Media ライター

営業職にも種類がある!それぞれの職種を分かりやすく解説します!

営業という職業があることは多くの人が知っていると思います。
会社のために仕事を取り、売り上げを作ってくる会社経営の上で非常に重要な職種ですが、そんな営業にも色んな種類があることはご存知ですか?
今回はそんな知ってそうで、意外と知られていない営業の種類について分かりやすく説明していきます。

 

営業職の種類① 企業形態

 

 

メーカー営業

 

営業職の種類は勤めている企業の形態によって変わってきます。

最初に紹介するのはメーカー営業です。

メーカー営業はその名の通りメーカーの営業の事で、自社が開発した商品やサービスなどを直接営業する事を言います。

自社が開発している商品を販売するわけですから、商品知識をしっかり付けておく必要があります。

開発元であるという事で、後で紹介する代理店営業や商社営業の方と同行して営業に行く場合もあります。

 

代理店営業

 

代理店営業は、他社が開発した商品やサービスを代理で販売する営業です。

開発は優れているが営業がいない会社や営業数を増やしたい会社と契約して、代理で商品を紹介してマージンで利益を得ています。

代理で契約先の商品を紹介していくので、契約先の会社に迷惑をかけるような事はしていけません。

そのため、人一倍礼儀作法に気を付けて販売していく必要があります。

 

商社営業

 

商社営業は基本的には代理店営業と同じで、他社が開発した商品やサービスを販売していきます。

代理店営業との違いは商社であるという点です。

代理店は基本的には得意なジャンルの商品やサービスの代理店として活躍しています。

しかし、商社営業はいろんな商品を取り扱っています

その点が代理店営業との大きな違いです。

多様な商品やサービスを扱うので、幅広い知識と対応力がより求められる営業職といえます。

 

営業職の種類② 営業展開

 

 

新規開拓営業

 

どういう展開をしていっている会社なのかによって営業もやることが変わってきます。

最初に紹介するは新規開拓営業です。

多くの会社がやっている営業活動で、新しい顧客を獲得するために営業をしていきます。

「会社を設立した」「営業所を開設した」「事業を大きくしたい」といった会社の規模を大きくするために行われる営業で、自社の商品やサービスを世間に浸透させるためにPR活動という一面もあります。

自社の商品やサービスを使ったことないのはもちろん、知らないという人に向けても販売していかなくてはいけない営業なので断られることが多いです。

そのため、知らない相手に一から説明して納得してもらえるように具体的に説明をする事が重要です。

 

ルート営業

 

ルート営業は、すでに取引がある顧客を回って現状を聞きながら販売をしていく営業です。

同じお客さんに何回も会いに行くお仕事で、お客さんとの信頼関係を築いて今何に困っているのかを聞きだし、自社のサービスでどのように解決することができるのかを常に考えることが重要な営業です。

お客さんに同じ商品を使い続けていくために丁寧なフォローをする事と新しい商品が出た時に使ってもらえるように交渉する提案力が必要です。

 

反響営業

 

反響営業は新規の顧客獲得ができる営業方法ですが、先に紹介した新規獲得営業とは少し違いお問い合わせ頂いたお客様に対しての営業活動になります。

例えば引っ越しのお見積り依頼や商品カタログの送付依頼等を頂いたお客様に向けて、自社の紹介をしてサービスを利用していただくように動きます。

またご連絡いただいた商品だけではなく、別の商品も一緒に紹介してそれも買ってもらうという営業も必要になります。

新規開拓営業と比べると一度お問い合わせをいただいている分ハードルは低いですが、相手を選ぶことができないという難しさがあります。

 

営業職の種類③ 対象顧客

 

 

法人営業

 

営業はアプローチをかける相手によっても種類が変わってきます。

法人営業は主に企業を相手に営業をかけるお仕事で, B to B(Business to Business)とも呼ばれます。

Geekly Media ライター

PHPフレームワークならコレ!人気フレームワークの種類からその内容まで徹底解説!

PHPフレームワークというものを聞いたことはありますか?近年アプリ開発を行うのに必要不可欠なアイテムとして、開発者に重宝されているシステムなのです。今回はそんなPHPフレームワークの人気種類の紹介や、そもそもPHPフレームワークとは何の事なのかという基本的なところから徹底に解説していきます。

 

アプリ開発にはPHPフレームワーク

 

 

PHPフレームワークとは?

 

プログラミングをするときに言われるフレームワークとは、アプリを開発する際の土台のようなものです。

 

アプリを開発する際にすべての動作を自分で書いていたら膨大な作業量になり、時間がいくらあっても足りません。

そこで、あらかじめ必要なコードが用意されているフレームワークと呼ばれる土台を使えば、あとはオリジナルのコードを書いていくだけで良いので、スムーズに作業を進めることができます。

 

アプリを開発する際は、このフレームワークを大量に使って業務の効率化を図っています。

 

PHPフレームワークでできる事

 

PHPフレームワークを使うことで、「開発時間の短縮」「多人数開発が可能」「フリーランスとしての活動に活かせる」といった3つのメリットが生まれます。

まず「開発時間の短縮」に関しては先ほどフレームワークの説明で話した通りです。

あらかじめ必要なコードを用意しておくことで、効率的に仕事ができるような状況を作っています。

 

次に「多人数開発が可能」になる事については、考え方の統一ができるためです。

アプリによって作り方が全く違ったり、人によってもコードの書き方が変わってきます。

そのため、まっさらな状況からアプリを開発するとなると統率するのが難しく、どのようにコードを書いていくのかルール作りをして共有するという手間がかかってしまいます。

 

しかし、PHPフレームワークで基礎の部分をあらかじめ作っておくことで、コードの書き方をプログラマー全員と共有することができます。

そのため、ルール作りや共有するという手間をかけることなく、コードを統一することができます。

 

最後に「フリーランスとしての活動に活かせる」については、先ほども話した通りフレームワークはアプリ開発の場面で多用されます。

しかし、プログラミング言語とフレームワークは全く別の知識になるので、プログラミングしかできない人ではなくフレームワークも使える人になれば、業界から重宝されるのです。

 

PHPフレームワークの種類

 

一口にPHPフレームワークといっても、その中にはいくつか種類があります。

 

・CakePHP

・Symfony

・CodeIgniter

・ZendFramework

・Phalcon

・Slim

・Laravel

・Yii

・FuelPHP

・Flight

・Silex

・BEAR.Sunday

・Kohana

・Ethna

・Ice Framework

 

主なフレームワークは記載した15種類であり、その中でも有名なのは「CakePHP」と「Codelgniter」でありよく使われているフレームワークです。

 

しかし、これだけPHPフレームワークがあるとどれを使っていいか分かりませんよね。

なので次はおススメのPHPフレームとその特性について紹介していきます。

 

おすすめPHPフレーム①

 

Symfony

 

 

フランスのシステム会社Sensio Labsが中心になって開発が進められているフレームワークで、2005年にリリースされました。

Symfonyは企業の重要なシステム開発を担うことのできるフレームワークとして作られました。

機能テストやでバックの為の多様なツールが最初から装備されており、毎年2回リリースアップされ、サポート体制も充実しているため常に最新の状態にあるフレームワークといえます。

大人数で規模の大きな開発をするときに向いているフレームワークです。

 

おすすめPHPフレーム②

 

FuelPHP

 

 

FuelPHPは2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークで、MVCモデルという高速かつ軽量なフレームワークを採用しているため、簡単なWEBサービスやアプリケーションの開発に向いている小規模で手早く開発をしたいという方におすすめです。

軽量なので、まずはPHPフレームワークを触って試してみたいという方にもおすすめなのですが、経験の浅いエンジニアだとソースコードにバグを埋め込んでしまうリスクがあるフレームワークです。

 

おすすめPHPフレーム③

 

Codelgniter

 

 

Codelgniterは2006年に登場したフレームワークで、ベテランエンジニアから圧倒的な支持を得ているフレームワークです。

Codelgniterがなぜベテランエンジニアに指示されているかというと、それはコーディング規約制限が緩く自由度の高いソースコードを書くことができるので、すべて自分でできるベテランには支持されているのです。

また動作速度も速く、FuelPHPほどではないにしろPHPフレームワークの中ではトップクラスの速さを誇ります。

 

おすすめPHPフレーム④

 

cakePHP

 

 

cakePHPはcakeの名が冠されている通り、ケーキを焼くように簡単にPHPで開発できるフレームワークというコンセプトで作られたフレームワークです。

初回リリースは2005年と歴史の古いPHPフレームワークですが、半年に1度位のベースでリリースアップを重ねているので、常に最新の状態を保ち続けています。

日本国内外問わず最重要PHPフレームワークとしての地位を築いてきており、採用実績が多いので使ったことがある人も多く分からないことをネット上で質問すれば、大抵答えが返ってきます。

軽量だがしっかり作りこめるフレームワークであり、日本でのシェアは非常に高いので日本でフレームワークの仕事をするときは、使えた方が良いPHPフレームワークといえます。

 

おすすめPHPフレーム⑤

 

ZendFramework

 

PHPでZendといえば、PHP実行プログラムであるZend Engineが有名です。

ZendFrameworkはそのZend Engineの開発者であるアンディ・ガトマンズとゼーブ・スラスキーが創設したゼンド・テクノロジーズの支援で開発されているフレームワークです。

IBM・Google・マイクロソフトなど世界的なIT企業がバートナーとして参画している事も有名で、拡張性が高く大規模な開発に強みを発揮するフレームワークとして人気が高いです。

 

おすすめPHPフレーム⑥

 

Laravel

 

 

Laravelは2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークで、今最も勢いのある書きやすいフレームワークとして注目されています。

GitHubというシステムエンジニアがよく利用する世界的な作品の旧友ウェブサービスでは、PHPフレームワークの中で最高評価を受けており、新しいトレンドとなっています。

動作が重いという指摘も上がって来ていますが、初心者でも美しいソースコードがかけると評価されています。

今後日本でも1番使われるフレームワークになる可能性もある程勢いがあるので、勉強しておいて損はないと思いますよ。

 

おすすめPHPフレーム⑦

 

Phalcon

 

 

とにかく早く最速のフレームワークと呼ばれるのがPhalconです。

初回リリースが2012年と新しいフレームワークで、速度が速いだけではなく自由度が非常に高いことからベテランエンジニアからの支持も得ているフレームワークです。

その点から初心者には扱いが難しく、日本語での情報も少ないのでベテランが使うフレームワークと言ったところです。

 

おすすめPHPフレーム⑧

 

Slim

 

 

マイクロフレームワークとして有名なのがSlimです。

マイクロフレームワークとは、他のフレームワークと比べるとスリムで必要最低限の機能だけ残したフレームワークの事で、入力に対してのレスポンス表示をするだけのものです。

開発に使われることはほとんどありませんが、プロトタイプ作成では簡単に素早くできる事から使われることもあるので、知っておいて損はないフレームワークといえます。

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

アプリ開発を効率的にすすめるために必要なPHPフレームワークについて分かりましたか?

PHPフレームワークには紹介した通り多様な種類があり、どれを使うか迷ってしまうという人も多いかもしれません。

そういう人はひとまずいろいろ試してみるのがいいです。

 

長年CakePHPとCodelgniterがシェアを占めてきたPHPフレームワークの業界ですが、近年はLaravelとFuelPHPのシェアが伸びてきており、今後メインで使われるPHPフレームワークは変わっていくかもしれません。

是非色んなPHPフレームワークを試してみて使用感や効率を感じ取ってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

EdTechとは!ITのチカラで「教育」にどんな変化が起こる?事例とともに解説します!

近年IT業界の成長はすさまじいものがあり、現代生活に欠かせないものへとなってきています。そんな中、EdTechと呼ばれるものが注目を浴び始めていることをご存知ですか?今回はEdTechとはどんなもので、なぜ注目されているのか、どんなことができるのかを事例とともに紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてください。

 

EdTechとは

 

 

EdTechとは?

 

EdTech(エドテック)とは、Education(教育)Technology(テクノロジー)を組み合わせて作られた造語です。

つまり、テクノロジーの力を使って教育業界を変えていくものなのです。

 

ITと各ジャンルの融合

 

 

IT業界の成長に伴って、ほとんどすべての産業・工業はもちろん社会生活に必要不可欠なものになってきており、ITの成長によって多くのモノが大きく変化してきました。

さらに近年は積極的にITと産業を結びつける動きが増えてきており、EdTechもその中の一つなのです。

テクノロジーはその使い方によって様々な可能性が秘められており、今までできなかったことができるようになる力です。

そのため、教育をどう変えることができるのか注目が集まっています

 

eラーニングとは違う?

 

 

ITと聞くと多くの人はネットを思い浮かべると思います。

ネットと教育を組み合わせたものにeラーニングというものがあり、こちらもITと教育を組み合わせたもので似ている部分もあるのですが、EdTechはeラーニングと違い進化し続けるプラットフォームである点が大きく違い、今後が期待されているのです。

EdTechには「双方向性」「匿名性」「低価格化」の3つの強みがあります。

 

双方向性

 

双方向性とは、一方的なコミュニケーションではなくお互いにコミュニケーションを取ることができるという事です。

教育に置き換えると、教師から生徒への一方通行になってしまうコミュニケーションではなく逆もしやすい環境にあるという事です。

インターネットをプラットフォームにしているため、地理や時間の不利もなくコミュニケーションを取ることができるので、海外の教師の講義を日本にいながら受ける事ができます。

 

匿名性

 

Standing Man Holding Ipads Near Macbook Pro

 

インターネットの世界は匿名性が高く、誰でも気軽に入っていきやすいという利点があります。

EdTechでは、匿名性を利用して気軽に講義に参加するのはもちろん、気軽に辞めることができるシステムになっているためより気軽に勉強に取り組むことができます。

特に日本人は人に合わせる性格特性があると言われているので、人と違うことをするのに躊躇する部分があるため匿名性が高いことで気軽に学ぶことができます

 

低価格化

 

近年は広告収入で利益を得て、利用料は基本的には取らないもしくは少額で提供するというビジネスモデルが増えてきています。

代表的な例で行くと大手動画配信サイトであるYoutubeです。

これは無線LAN環境が充実しており、インターネット等のネットワークを利用することが当たり前になってきているために実現していることです。

それに伴ってEdtechでも低価格化が進んでおり、基本利用料は無料でさらに高度な機能を使いたいという方は有料のサービスを医療するといったフリーミアムモデルが増えてきています。

 

EdTechが今注目される理由

 

 

そんなEdTechが現在注目されている背景には教育業界のIT化があります。

今までは学校・塾に通って授業を受ける、家で教材を使って自習をするというのが勉強のスタンダードでしたが、先ほどから話している通り近年は塾に通わずにネットで授業が受ける事ができる環境が整ってきています。

 

それに伴って、文部科学省が2020年までに小中学校で一人に一台タブレットを配布するという方針を発表しました。

これにより、ネットを利用して勉強するというのを政府強力な後押しをするような形になったのです。

そのため、今後オンライン授業や教材がどんどん増えていくであろうことが予想されます。

そこでEdTechは、日本の教育業界の救世主的な役割を果たすことができるのではないかと注目されているのです。

 

EdTechでは何ができる?

 

 

EdTechはテクノロジーと教育の融合で、ネットワークを利用した新しい教育スタイルであることは分かりましたが、実際はどんなことができるのでしょうか?

 

オンライン講義

 

EdTechでできる事の一つ目は、先ほどから何度も話しに出てきているオンライン講義です。

その中でも、MOOC(Massive Open Online Course)と呼ばれる欧米の一流大学を中心とした講義を受ける事ができる物が人気を集めています。

日本にいながら欧米の講義を聞くことができるというのはオンラインならではですし、ひとつの大学だけではなく複数の大学の講義を聞くことができるので、学びの幅も広げることができます。

 

また、オンライン講義の良い所は時間を気にせずに講義を聴けるというところです。

空いた時間に聞きたいだけ聞くことができるので、効率的に勉強をする事ができます。

一流大学の講義などを無料で聞くことができるという部分が、EdTechの強みと言えるでしょう。

 

コミュニケーション促進

 

EdTechではコミュニケーションを促進するSNS機能があります。

今ではSNSというのは多くの人が利用している物なので、気軽に使えるコミュニケーションツールとして教育業界でも助けになっています。

例えばEdmodoというものがあります。

これは授業内容に対しての質問をするなど、ディスカッションや課題を提出するなどの連絡ツールとして使う事ができます。

 

また教師と生徒のコミュニケーションだけではなく、教師同士のコミュニケーションを取ることができるSNSというのも存在しています。

SENSEI NOTEと呼ばれるそのサービスは、オンラインで他の教師と繋がることができ意見交換や情報の共有などができ、常に新しい教育に取り組んでいくことができます。

オンライン上にある職員室のようなものですね。

 

学習管理

 

学習管理のしやすさもEdTechの特徴です。

生徒の学習状況を管理し最適な教材を提供するといった機能を持ったLMSというものがあり、ユーザーごとに割り当てられることで効率的な勉強をする事ができます。

教師・生徒・保護者が学習の進み具合を共有することができるという機能を持っている物もあるので、学習状況やこれからの学習についての計画などの管理が容易にできるのです。

 

学びの多様化

 

EdTechでは色んな注目されているシステムを導入することで、学び方に多様性を持たせています。

例えばゲーミフィケーションと呼ばれるものは、ミッションなどを提供する・レベルに応じて難易度を変える・ランキング形式や対戦形式の導入等、ゲームで使われるノウハウを学習環境に活かして楽しんでできる学習方法です。

他にもアダプティヴラーニング・Knewton・すららといった様々な学び方を提供しています。

 

EdTech活用事例

 

 

そんな注目を集めているEdTechの活用事例の一部を紹介していきます。

 

Udacty

 

Udacityはオンライン上で様々な講義を受ける事ができるサービスです。

Web制作やプログラミングなどをGoogleやFacebookなど様々な有名企業が協力して作成した学習プログラムで受ける事ができるので、しっかりと能力を伸ばすことができるサービスです。

 

スタディプラス

 

スタディプラスとは簡単にいえば、自分の学習を記録することができるサービスです。

教材を登録して、毎回勉強した時間や一言メモを記載するというものなのですが、自分がどういう勉強をしてきたか可視化することができるのでモチベーションを保ちやすいです。

また毎回一言メモを書いているので、そのとき何に躓いているのか等自分の苦手な部分などを確認するときに役立ちます。

 

Udemy

 

Udemyは様々な知識や能力を持った方が、その知識や能力を学びたい方を結びつけるサービスです。

様々な人が様々なコースを開設しているので、様々なジャンルの学びを体験することができ、学校の勉強というよりはキャリアチェンジの為の勉強や趣味の勉強と言った意味合いが強いサービスです。

Udemyは1000万人以上が登録しており、コースも4万以上あるという世界最大級の学習サイトです。

 

最後に

 

 

EdTechはITが社会に浸透してきた今、とても注目されているサービスです。

テクノロジーと教育を組み合わせる事で、地理的・時間的不利をなくし、学びを多様化させコミュニケーションを取りやすい環境を作ることで、効率的で幅広い知識を付けることができます

EdTechによってこれからの教育業界がどう変わっていくのか楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

SSP・DSP・DMPって何?デジタルマーケティングの基礎知識を分かりやすく解説します!

近年マーケティングの重要性が高まってきており、どんなサービスも適切なマーケティングができていないと最大限の効果を得ることが難しい時代になっています。今回はそんなマーケティングをする上で何かとよく聞く、SSP・DSP・DMPとはどういうものなのか、デジタルマーケティングの事について説明していきます。

 

デジタルマーケティングとは?

 

 

デジタルマーケティングとは、オムニチャンネルを通じた宣伝・PRと収集した膨大な消費者の行動データなどから、行動予測や興味を持つポイントなどを分析しより効率的で効果的な販売戦略をたて、マーケティングをする手法の事を言います。

オムニチャンネルとはインターネットが発達してできた言葉で、お店などに直接購入する方とインターネットで購入する方で分けていた戦略を見直すために、両方から取ることができるデータを分けて考えるのではなく、時にはデータを合わせて考えてどのチャンネルにも活かし、最適なサービスを届けていくという手法の事をいいます。

店舗でしか買わない、ネットでしか買わないと言った線引きがあまりなくなり、効率的な方で購入する方が増えたため必要になった考えだといえます。

 

Webマーケティングとの違い

 

 

Webを利用したマーケティングにWebマーケティングというものがあり、デジタルマーケティングと同じだと考えている人もいますが、実は少し違います。

WebマーケティングはWebに特化したマーケティング手法で、Web上でユーザーの行動を観察し、どのようにアプローチをかければ購買に繋がるかをユーザーごとに分析していくマーケティング手法です。

しかしデジタルマーケティングはWebも利用しますが、リアルのイベントや店舗販売などWebではない部分でのデータも併せて活用するマーケティング手法なのです。

つまり、Webマーケティングとはデジタルマーケティングをする際のWeb分析の部分のみと言った形になるのです。

 

デジタルマーケティングの重要性

 

 

ではそのデジタルマーケティングがなぜ重要視されているかについて解説していきます。

それはやはり先ほども言った通りWebの普及があげられます。

Webが普及したことにより今までは、店舗に行って商品の事を聞き購入するという1パターンの購買パターンだったのが、購入前にネットで商品の情報を収集する・ECサイトで購入する等、ネットの世界を利用しての購入やネットの世界だけで完結できる状況が生まれました。

そのため店頭での宣伝だけでは消費につながりにくい状態にあり、Webの世界での宣伝などの重要性が増したのです。

 

スマホの普及

 

 

Webの普及の中でもスマホが普及したことが、デジタルマーケティングの重要性を大きく高めました。

スマホが普及したことにより、誰もがどこでも様々な情報を取り入れることができるようになりました。

そのため、店舗で商品を目の前にしてスマホで価格比較や商品の口コミなどを見ながら購入を検討するというのが当たり前になっていますし、実店舗が開いていない夜中の時間でも簡単に商品が購入できます。

このようにスマホの登場によりWebが人々の生活と密接になり、実店舗での販売にも直接的に関係してくるようになりました。

つまり店舗で取れるデータだけではなく、デジタルで取るデータも活かさなければ消費者に有益な情報を送ることが難しくなってきたのです。

また、Webの存在が密接になったという事は、それだけWeb上にユーザーのデータが集まるようになったわけなので、Webでのデータを使えばより効率的に高精度な分析が可能になりました。

効率的で高精度な分析ができるデータなら使わない手はないですよね。

 

SSPとは?

 

 

ではデジタルマーケティングの重要性が分かったところで、今回の本題でもあるSSP・DSP・DMPの解説をしていきます。

まずはSSPについてですが、これはSupply Side Platform(サプライ サイド プラットフォーム)の略語でインターネット広告媒体の収益最大化を目的としたツールです。

自分のWebサイトの広告枠をいくらでどんな相手に売りたいかを設定しておけば、より収益性の高い広告が自動で配信され運用コスト削減に繋がります。

 

仕組み

 

SSPの仕組みとしては、先ほど話した通り広告枠をいくらでどんな相手に設定をしておくと、連携するDSPを通じて広告入札のリクエストを送ってくれます。

DSPについては後で改めて説明するのでここでは詳しい説明を省きますが、そのDSPの中から最高入札額かつ、自身が設定した最低入札額を上回る広告主の広告が掲載されるというシステムです。

 

活用法

 

活用法としては、広告の最大収益を効率的に得るために活用するというのが一番の方法ですが、人気がなく広告単価が低い広告枠を特定の広告主にめがけて公開することで、お互いにメリットがあれば広告枠単価のアップを図ることにも役立ちます。

 

DSPとは?

 

 

次にDSPですが、これはDemand-Side Platform(デマンド サイド プラットフォーム)の略称で、広告出稿の費用対効果を高めるためのプラットフォームです。

これは先ほど紹介したSSPと対の関係にあるもので、セットで使うことによって相乗効果を生むプラットフォームになっています。

Geekly Media ライター

ADASとは?AD(自動運転)との違いは何?基礎からわかりやすく解説します!

自動運転技術という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。近年ITと各業界が融合するという動きが進んでおり、その動きは自動車業界でも行われています。そんな中ADASというのが注目されていることをご存知ですか?今回はそんなADASとはどんなものなのか?自動運転とは違うのかについて紹介していきます。

 

ADASとは?

 

 

自動車業界のIT技術というと自動運転の事を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、近年ADASという技術も注目を集めてきています。

まずはそんなADASについて紹介していきます。

 

事故抑止に役立つADAS

 

 

ADAS(エーダス)とは、advanced driver assistance systemの略称です。

先進運転システムとも呼ばれており、事故などの危険を察知して抑止してくれる画期的なシステムという事で注目されています。

いわゆる「ぶつからない車」というのを実現するシステムで、運転中の死角やわき見運転の危険性を察知して事故を回避することができるなど、安全性と利便性を兼ね備えた車を作るためのシステムです。

 

車を運転するのには「認知」「判断」「操作」と言った動作が必要になります。

この動作がうまいことできないと事故の危険性が高まるのです。

近年高齢者の事故がよく起こっているのは、加齢によりこの動作がうまくいかなくなっているためです。

ADASは、ドライバーの「認知」「判断」「操作」を補助することで、事故を未然に防ぐことができるのです。

その機能は様々ですが、構造としては車に搭載されたCCDカメラが通行人や障害物などとの距離を計測し、衝突を回避するというのがメインの機能になります。

 

ADASでできる事は?

 

 

では実際にADASはどんな事で運転をサポートしてくれるのかを紹介していきます。

 

車線逸脱警報・アシストシステム

 

車線逸脱警報(LDW)は、車線を逸脱しそうなときに警告をしてくれるシステムで、アシストシステム(LKAS)は車線をはみ出さないようにカメラで車線と車の位置を測定し、場合によっては電動アシストで安定した走りをするための補助をします。

 

駐車支援システム

 

駐車支援システム(APA)は、車に搭載されたカメラが周辺の障害物などとの距離を検知し、適切なタイミングでのステアリングをアナウンスしてくれるシステムです。

 

ブラインドスポットモニタリング

 

ブラインドスポットモニタリング(BSM)は、車線変更の際などに後方の車が来ていると警告をしてくれるシステムです。

危険度が高い状態でウインカーを出すと警告音を鳴らして危険を知らせます。

 

リアクロストラフィックアラート

 

リアクロストラフィックアラート(RCTA)はBSMと同じような機能で、こちらは駐車場などからバックで出庫するときに左右の後方に車がいないかを確認・警告してくれるシステムです。

 

アクティブクルーズコントロール

 

アクティブクルーズコントロール(ACC)とは、前の車との距離を測定して一定の距離を保ちながら走る追従走行の事で、ドライバーはアクセルとブレーキの操作しないでも運転することができます。

前を車がない場合は、あらかじめ設定した速度を保ちながら走行してくれます。

ブレーキの踏み間違いやわき見運転で対応が遅れて事故につながるという事を抑止してくれます。

ACCを起動中もドライバーが操作すればそちらが優先されるので、安心して利用することができます。

 

前方衝突警報

 

前方衝突警報(FCW)とは、常に前方との車との距離を測定し近づきすぎてしまっている場合に警告をしてくれるシステムです。

これにより適切な車間距離を保った走行を補助します。

 

衝突被害軽減ブレーキ

 

衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)は、前方衝突警報があったのにもかかわらずブレーキなど車間をあける操作がなく衝突するとシステムが判断した時、被害を軽減するために自動でブレーキをかけるシステムです。

 

ヘッドランプ自動光軸調整

 

ヘッドランプ自動光軸調整(AFS)は、良好な視界を確保するためにロービーム・ハイビームの自動変更などをしてくれるシステムです。

 

ナイトビジョン

 

ナイトビジョン(NV)は夜間や悪天候時に赤外線センサーで、通行人などの熱源を感知し事故を未然に防ぐシステムです。

Geekly Media ライター

Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!

エンジニアをしている方やエンジニアに興味がある方は、Githubというサービスを聞いたことや使ったことがあるかと思います。今回はエンジニア転職をするときにはGithubのアカウントは必要なのか?転職においてのメリットとデメリットを徹底解説していきます。Githubとはどういうものの事なのかという基本的なことから説明していきます。

 

Githubとは

 

 

Githubというサービスはエンジニア職の方が主に使う物なので、今までエンジニアをしたことがない方にはあまり聞きなじみのサービスかもしれません。

しかしエンジニアにとっては非常にありがたいサービスで、多くの人が利用しているのです。

 

Githubとはどんなサービスか?

 

 

Githubはその名の通りGitをhubするものです。

そもそもGitとはプログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のシステムで、元々Linuxの開発チームが使用していた物が便利だという事で世界的に広がりました。

何が便利なのかというと、今まではローカル環境下では一つのリポジトリを複数の人で使用していたため、変更した際のシステムの整合性を保ち変更内容が衝突しないように調整するのが手間だったのですが、ローカル環境下でも複数のリポジトリを作成できる事によりそれを避けることができるようになったのです。

GithubはそんなGitの仕組みを利用して作られたもので、世界中の人が自分の作品(プログラムコードやデザインコードなど様々なコード)を保存し、公開をする事ができるサービスです。

 

Githubに登録するには?

 

 

そんなエンジニアにおすすめサービスであるGithubはどうすれば登録できるのかを紹介していきます。

 

まずはグーグル・ヤフーなどの検索エンジンから「Github」で検索をかけ、Github社が運営しているサイト「Github」を開き、「GitHubに登録する」をクリックしましょう。

 

 

登録したいPick a username(ユーザー名)・Your email address(メールアドレス)・Create a password(パスワード)を打ち込み、Sing up for GitHubをクリックします。

 

 

「Unlimited public repositories for free」「Unlimited private repositories for $7/month」の2つプラン選択が出てくるのでお好きなプランを選択し「continue」で確定しましょう。

前者は無料で使うことができ、後者は毎月7ドルで使うことができる有料プランです。

有料プランはリポジトリを無制限に作成できるというメリットがあるので、本格的に開発を行っていく方は使ってみて下さい。

転職に使うという事であれば有料プランまで使う必要はないので、有料プランの説明は割愛します。

 

 

登録したアドレスにメールが届くので、メール内の「Verify email address」をクリックしてリンクに飛べば登録完了です。

アンケートが出る場合はそれに答えるとメールが届きます。

 

Githubを使う上での予備知識?

 

 

アカウント登録も完了したところで早速使ってみたいところですが、Githubを使うにはエンジニアとしての基本的な知識が必要です。

まずは予備知識について紹介していきます。

 

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

 

先程Gitの説明でも出てきたリポジトリについてまず紹介していきます。

リポジトリというのはいわゆる保管庫の事で、ファイルなどを保管する場所の事を指します。

リポジトリはPCなどの中に組み込まれている「ローカルリポジトリ」とネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2つがあります。

ローカルリポジトリで作業内容を保存して、周りと共有するためにネット上にあるリモートリポジトリにアップロードするという流れで使います。

 

コミット・プッシュ・ブランチ

 

Githubを使うなら最低でもコミット・プッシュ・ブランチを知っておく必要があります。

コミット=ファイル変更や追加の履歴をリポジトリに保存する

プッシュ=ファイル変更や追加の履歴をリモートリポジトリにアップロードする

ブランチ=同時に行われる複数のファイル変更や追加の履歴を個々に保存するシステム

 

転職におけるGithubのメリット

 

Geekly Media ライター

「ユニコーン企業」ってどんな企業?2019年注目のユニコーン企業もご紹介!!

ユニコーン企業という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞き馴染みのないという方も多いと思いますが、そんなユニコーン企業が世界を大きく変えており実際に皆さんの生活にも密接したユニコーン企業というのも存在するのです。今回はそんなユニコーン企業とはどんな企業なのかについて紹介していきます。

 

ユニコーン企業

 

 

ユニコーン企業と聞いて皆さんはどんな企業を思い浮かべますか?

まだあまり日本では浸透していない言葉なので正確に意味を理解している方は少ないと思います。

しかし、そんなユニコーン企業は皆さんの生活に密接しており誰もが使ったことがあるようなものがユニコーン企業によるものであるなど、社会生活をする上で重要になってきている企業が多くあります。

 

そもそもユニコーンって?

 

 

ユニコーンとは一角獣とも呼ばれ、馬のような体躯に一本の鋭い角が生えている伝説上の生き物の事を指します。

ではなぜ企業にこの伝説上の生き物の名を冠されるようになったのでしょう。

それはユニコーン企業と呼ばれる企業は、ユニコーンのような稀でありとても価値のある存在であることから米カウボーイ・ベンチャーズ創業者のアイリーン・リーが使い始めたのが広まったといわれています。

 

極めてまれなユニコーン企業

 

 

極めてまれで価値のある企業とはどういう企業の事を言うのかというと、創業間もない会社であるにもかかわらず大きな企業価値を保有する企業の事を言います。

現在は違いますが、FacebookやTwitterなど創業から間もない間に世界中に広がったこの2つの会社も当時はユニコーン企業と呼ばれていました。

ではユニコーン企業と呼ばれるにはどんな条件があるのでしょうか?

 

ユニコーン企業と呼ばれる条件

 

 

先程以前はFacebookやTwitterもユニコーン企業と呼ばれていたと話しました。

「えっ!今は違うの?」と思われる方も多いかと思います。

どちらの企業も登場した時ほどの伸び率やインパクトはありませんが、継続的に成功続けている会社なので価値がある企業を指すユニコーン企業から外れるというのは変に思われるかもしれません。

しかし、ユニコーン企業と呼ばれるには「評価額」「設立年数」「上場の有無」「業態」の4つ条件を満たさないといけないのです。

 

評価額が10億ドル以上である

 

ユニコーン企業と呼ばれる最初の条件は評価額が10億ドル以上であることです。

日本円に換算するとおよそ1,100億円以上が目安になります。

評価額とは、その会社にどれくらいの価値があるのかを市場価値などから判断したもので企業買収などの際によく言葉です。

簡単にいえば「この企業にはこれぐらいの価値があるから、買い取るにはそれぐらいは必要だね」といった金額が評価額といえます。

ユニコーン企業と呼ばれる企業の中にもクラス分けがあり、100億ドル以上はデカコーン企業、1000億ドル以上はヘクトコーンと呼ばれています。

これはそれぞれ10個単位を表す「deca」とユニコーンを組み合わせたもの、100倍を意味する「hecto」とユニコーンを組み合わせた造語です。

 

起業10年以内

 

2つ目の条件は起業してからどれくらいの年数がたっているかです。

ユニコーン企業は価値のあるベンチャー企業を指す言葉という認識もあり、起業から年を重ねた企業はベンチャー企業という枠組みから外れていきます。

その外れるタイミングがだいたい10年くらいと認識している方が多いため、10年以内を契機としているのです。

先ほど話したFacebookやTwitterも企業から10年以上たっているので、ユニコーン企業ではなくなったのです。

 

非上場であること

 

3つ目の条件は非上場であることです。

上場している企業はユニコーン企業とは呼ばれません。

FacebookやTwitterも上場をしています。

これもこの2つがユニコーン企業と呼ばれなくなった理由の一つです。

 

IT企業である

 

この条件は必須ではないのですが、起業からわずかの時間のうちに企業価値を爆発的に高めないといけないため必然的にIT企業でないと実現が難しいため条件に入っています。

爆発的な成長をしているベンチャー企業のほとんどがIT企業であり、時代に評価されやすいIT業界がユニコーン企業になるための条件といえるでしょう。

Geekly Media ライター

【おすすめ5選!】今の時代に読むべきホリエモンの本はコレだ!

ホリエモンという愛称で知られている著名人である堀江貴文氏。起業家である彼はこれまでの経験をもとに多数の本を出版しています。今回はそんなホリエモンが出した本の中で、今の時代にぜひとも呼んでほしいという本を5本紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてくださいね。

 

ホリエモンって何もの?

 

 

経済学などビジネス系の本を多く出版しているホリエモン。

最近はテレビなどのメディアでよく見かけるようになってきているので、知っている人も多いと思いますが元々タレントとして活動していたわけではありません。

では実際何をしている人なのか知っていますか。

その人の事をある程度知っておかないと信用できる本かどうかも分からないと思いますので、まずは簡単にホリエモン自身について紹介していきます。

 

堀江貴文

 

 

ホリエモンこと堀江貴文氏は、1972年生まれで福岡出身の実業家です。

今でこそテレビタレントのような形でメディアへの出演が増えていますが、元々は東京大学在学中に会社を立ち上げた学生起業家です。

 

会社の名前は有限会社オン・ザ・エッジ(後に株式会社ライブドアに社名変更)で、インターネットが普及し始めた1990年代後半にいち早くホームページ作成及び運営管理を始めたことで注目を集め、一流企業のホームページ作成などにも多くかかわっていました。

その後は、球団の買収計画やニッポン放送買収計画など失敗はしましたが大きな注目を集めました。

 

さらに2006年には証券法取締法違反で逮捕されるなどお騒がせな一面もあります。

タレントとしてテレビによく出るようになったのは出所してからで、現在はSNS media&consulting株式会社とインターステラテクノロジーズ株式会社の役員、

株式会社7gogoの取締役を務めており、ビジネス面での活躍はもちろん、日本ゴルフ改革会議委員・Jリーグアドバイザー・大阪府特別顧問など幅広く活躍しています。

 

なぜホリエモンと呼ばれているのか?

 

 

堀江貴文氏がなぜホリエモンと呼ばれているかですが、正式な回答がされているわけではないのですが、学生時代のあだ名だそうです。

 

堀江貴文氏の「貴」の字を抜き、音読みで読むとホリエモンと読むからそう呼ばれているそうです。

このあだ名を初めて聞いた時に、ドラえもんをもじってつけられた名前だと思った方は多いと思いますが、違うというのが有力です。

 

今読むべきホリエモンの本①

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』

 

 

本の概要

 

先述の通り、堀江氏は服役していた時期があります。

服役中はインターネットが使えません。

たった1日でインターネットの風雲児であり業界のトップランナーだった人が、インターネットがない時代と同じような生活をしなくてはいけなくなりました。

このままでは情弱(情報弱者)になってしまうと本を読んだのがきっかけで出版された本です。

自分の置かれた環境をすぐにビジネスに変えてしまう堀江氏の凄さがうかがえる著書です。

ちなみに堀江氏は服役中も1億円稼いだといわれています。

出版社:KADOKAWA

著者:堀江貴文

発行年:2013年

価格 :1264円(電子版)

 

おすすめポイント

 

基本的には堀江氏がどんな本を読んでどう思ったかを書いている本です。

この本を読むことでいろんな本に知り合えて、自分に合った本を見つけることができるという点もおすすめですが、

この本の一番良い所は、情報を取り入れる姿勢について書いてあることです。

現代は誰でもインターネットにふれられる環境があり、昔と比べると誰もが簡単に情報を取り入れることができる環境になっています。

しかし、読んだ情報をしっかりと覚えていたり理解をしていますか?

おそらくほとんどの人が読んだことに満足してしまっていると思います。

Geekly Media ライター