【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!

転職活動をしていると、「転職するなら非公開求人が良い!」といった話を聞くこともあると思います。一方、そもそも非公開求人が何なのか、よく分からないという方は、案外多いのではないでしょうか。ですが非公開求人には、多数のメリットがありますので、転職するなら知っておいて損はありません。ここからは非公開求人の特徴とメリット、応募の仕方などを解説していきます。

 

非公開求人とは?

 

 

転職で非公開求人という言葉を聞く機会は多数ありますが、「そもそも非公開求人って何?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

まずは転職における非公開求人について、知っていきましょう。

 

非公開求人とは、限られた人しか応募できない求人

 

求人、と言うと企業の公式サイトやハローワーク、転職サイトで公開されている求人のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

しかしこれらは、非公開求人ではなく「公開求人」と呼ばれるもの。

企業HPを見れば、ハローワークに行けば、だれでも見ることが出来る求人なので「公開」扱いなのです。

一方、非公開求人は主に転職エージェントに登録しないとチェックできない求人のことを指します。

非公開求人が企業の公式HPに載ることは無いので、非公開求人をチェックしたい場合転職エージェントへの登録が必要になります。

 

企業が求人を非公開にする理由

 

 

非公開求人が、あまり知られていない求人だということは分かりましたが、なぜ企業や転職エージェントは求人を多くの人に見せないのか、気になる方も多いでしょう。

企業があえて求人を非公開にするのか、ここから解説しますのでぜひ転職に役立ててくださいね。

 

大勢の人が応募するのを防ぎたい

 

大企業や有名な企業の場合、好待遇の求人を出すと募集人員よりはるかに多い転職希望者からの応募が来てしまい、処理が大変になることがあります。

企業にとって、人を雇うためのコストはなるべく低く抑えたいもの

求人をたくさんの人に公開すれば、その分応募者が増え書類審査、面接にも時間がかかってしまいます。

企業は好条件の求人を限られた人にだけ公開し、採用コストを下げているのです。

 

求人を他社に見られたくない

 

企業が新しい社員を求める理由は様々。

単に「人員が足りてないから」という理由で求人を公開するなら問題ありませんが、例えば「新規プロジェクトに参加してくれる人を雇いたい」など、会社の今後の方針に関わる求人であれば、「他社の人に見られたくない」と考える企業も多いです。

 

特に未発表の新規プロジェクトに関する採用や、会社役員の採用については同業他社などに情報が漏れると今後の経営に悪影響が出る可能性もあります。

一方非公開求人であれば、求人内容を他社に見られず採用活動を進められるので、会社内部の重要なポストも募集しやすくなります。

 

有能な人だけ採用したい

 

求人を公開するとその企業に到底合わないような人や、求めるスキルを持っていない人まで応募してくることも少なくありません。

しかし、一度応募してきた人を「見込みが全くないから」という理由でチェックもせず、門前払いにすることは不可能です。

一度求人を公開してしまった以上、会社に合わない人であっても、一応書類を審査し、合否を伝えなければいけません。

そのため企業は、特定のスキルを持った、有能な人にだけ求人を紹介するよう転職エージェントに頼み、採用コストを減らしているのです。

 

非公開求人応募のメリット①好待遇な求人が多い

 

 

前述したように採用コストを減らすため、好待遇な求人を非公開にする企業は多数あります。

そのため転職の際は自分に合った非公開求人を探すことで、よりハイクラスな求人に出会える可能性が高まるでしょう。

年収高めや残業少なめ、などの細かい希望も非公開求人なら見つかるかもしれません。

もちろん自分がその企業に役立つ人材であることが前提となりますが、非公開求人を中心に転職活動をすればより短期間で自分の希望にあう好待遇求人が見つかる可能性は高いです。

 

大企業が非公開求人を使うケースも多い

 

応募者が殺到するのを避けるため、大企業が非公開求人を利用するケースは少なくありません。

そのため企業公式サイトに求人が出ていない場合でも諦めず、転職エージェントに相談すれば志望企業の求人を紹介してもらえる可能性があります

また、大企業への転職を狙っている人も、企業の公式HPだけでなく非公開求人をチェックすることで多数の求人を比較・検討できるでしょう。

 

幹部クラスの求人もチェックできる

Geekly Media ライター

oume

【転職/ストレス】ストレスフリーな転職活動を!疲労を溜めない転職活動のために大事なこと

上手く行くことばかりではない転職活動。履歴書づくりや面接に割ける時間が限られていることもあり、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。この記事では、転職ストレスの原因や、疲労を溜めない方法について解説していきますので、「転職するのがしんどくなってきた…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

転職ストレスの原因①時間に追われて焦ってしまう

 

 

転職活動を始めると、企業選びに始まり履歴書作成、面接など多大な時間を転職のために取られてしまいます。

特に遠方での転職活動をしている人は、面接や会社の下見にかなりの時間とお金を使ってしまい、疲労してしまいますよね。

そのため、転職活動をどこまで続けても「履歴書をあと3つも書かなきゃいけない」「帰ったらすぐ面接の準備をしなきゃ…」と、いつも時間がない状態になってしまいます。

時間に追われて毎日を過ごすのは、想像以上に大きなストレス。

転職活動のために十分な時間を取ったつもりでも、活動の状況によっては仕事をしている時より多忙になることもあります。

 

在職中の人は自由時間が無くなることも

 

今勤めている職場を辞め、転職活動だけに専念している人はまだ自由が利きますが、在職しながら活動を進めている人は少しの自由時間さえ取れなくなることもあります。

ストレスを解消しようと思っても、好きなことをする時間がなく毎日が過ぎていく状況は、大きなストレスにつながるでしょう。

また、転職の面接は通常平日に行われます。

そのため普段仕事をしている時間と面接日程が被ってしまい、スケジュール調整に時間を取られてしまうこともあるでしょう。

 

転職期間が長い人は焦ってしまいがち

 

 

通常、転職活動は最大でも3カ月~半年程度で終わるとも言われます。

しかしあなたの希望条件や世の中の景気によっては、想像以上に転職活動が長引いてしまうこともあります。

想定していた期間を過ぎても転職先が決まらない時、「そろそろ転職先が決まるころなのに、まだ転職活動が終わっていない」と焦ってしまう人も多いでしょう。

転職活動に焦りが出始めると、何をやっていても転職のことが気になってしまい今まで以上にストレスが溜まってしまいます。

 

転職ストレスの原因②本当に転職できるか不安になる

 

 

頑張って転職活動を続けていても、書類選考や面接で不採用になってしまうことがあります。

不採用が一度ならまだダメージも少ないですが、何度も失敗が続けば「本当に転職できるのかな…」と不安を感じてしまいますよね。

転職活動は、時に運やタイミングが原因で上手く行かないこともあります。

しかし、なかなか転職成功のビジョンが見えない状態が続くと、次第に「本当に転職を選択して良かったのかな」と不安になってしまうこともあるでしょう。

その不安からますますストレスを抱えてしまい、面接などで自分の力が発揮できなくなることも少なくありません。

 

転職ストレスの原因③成功している人と自分を比べてしまう

 

 

知人や家族から、転職に成功した人の話や、転職せず同じ会社で順調に出世している人の話を聞くこともあるかと思います。

そんな時、仕事面で成功している人と、転職活動に苦しむ今の自分を比べてしまい落ち込んでしまう人は多いです。

「人は人、自分は自分」と割り切れればよいのですが、どうしても人のことが気になってしまい、「自分はこのままで良いのかな…」と不安になることも少なく無いでしょう。

 

SNSが転職疲れの原因になることも

 

転職活動の情報収集のため、空き時間は必ずSNSをチェックしているという方は多いはず。

同じく転職活動をしている人の様子を見れば、「自分も頑張ろう」と勇気づけられますよね。

しかしSNSで転職に成功した人の話や、熱心なセミナーの案内ばかり見ていると、「自分は頑張っていない」「自分はダメだ」と思ってしまい、ストレスを抱えてしまうこともあります。

SNSで情報収集をするのは、転職活動の一環。

家に帰ってからも焦ってSNSチェックばかりしていると、自分に自信を失ってしまうかもしれません。

 

転職ストレスの原因④面接のたび緊張して疲れてしまう

 

 

希望の企業へ行くためには、複数回の面接が必要になります。

しかし、「たたが面接」と思っていても、転職先を決める大事な選考で緊張しない人の方が少ないでしょう。

「上手く受け答えできなかったらどうしよう」「緊張しすぎて何も言えなくなったらどうしよう」など、どれだけ転職に慣れた人であっても面接にはストレスを感じてしまうもの。

緊張状態を強いられる面接を何度もやっていると、次第にストレスが溜まり転職活動への意欲的な気持ちも無くなってしまいます。

 

転職でストレスを溜めない5つの方法

 

 

転職活動は忙しく、かつ緊張の連続になるため全くストレスを感じず転職活動をすべてやり切るのは非常に難しいと言えます。

しかし、自分の気持や疲れ具合をきちんと分析し、それに合ったストレス解消法を実践すればいままでより落ち着いた気持ちで転職活動を続けられるかもしれません。

ここからは、転職で抱えがちなストレスを上手く解消する5つの方法について、解説していきます。

 

今までやってきたことを見直す

 

転職活動が思ったように進まないと、だんだん自信を失ってしまいますよね。

「もう自分はダメかも…」「転職できる自信がない」、そんな時は、今まで自分が転職や仕事に向けてどんなことをして来たか、振り返ってみるとよいでしょう。

上手く行っていないように見えても、あなたは自分のキャリアのためいろんなことをしてきたはずです。

これまでに読んだ本や仕事のために勉強したことを思い出し、自分の努力を再確認してみましょう。

 

焦らずできる限り睡眠を取る

 

転職活動が上手く行っている人もそうでない人も、時間に余裕がない中毎日活動をしていれば、どうしても疲れが出てしまいます。

「早く転職先を決めなきゃ」と焦ってしまう気持ちは分かりますが、まずは今抱えている疲労を取り除くためできる限り睡眠を取ることが大切です。

少したくさん寝たからと言って、転職活動に大きな支障が出るわけではありません。

疲れを感じた時は、「少し寝すぎかな?」と感じるくらい休むことをおすすめします。

 

何もしない時間を作る

 

転職活動で頭のことがいっぱいになっていると、心の余裕がなくなり過度に焦りを感じてしまいます。

休憩することに罪悪感を感じ始めたら、心が疲れているサインですのであえて何もしない時間を作り気持ちを落ち着けましょう。

休憩を取るのも、転職に成功するため不可欠なことです。

 

転職を始めた理由を思い出してみる

 

転職活動が上手く行かない日々が続くと、「そもそも転職活動なんて始めない方が良かったかも…」と弱気になり、ストレスを抱えてしまうことがあるでしょう。

しかしせっかく目標をもって始めた転職活動を途中であきらめるのはもったいないこと。

転職疲れでモチベーションが下がってしまいそうなときは、自分が転職したいと思った理由を思い出し、自分を勇気づけてみましょう

 

自分に過度な期待をしない

 

履歴書を書いたり、面接に行ったりするたびに緊張してしまうのは、「本当は上手くできるはずなのに、失敗したらどうしよう」「完璧にできなかったらどうしよう」という不安があるから。

「企業はまだたくさんあるんだから、ここで失敗しても大丈夫」と思うことで、自分に心にかかっているプレッシャーを解くようにしましょう。

自分に過度な期待をせず、自然体で転職活動を進めて行けば、今よりもストレスを感じにくくなるはずです。

 

転職活動は自分のペースでOK!

 

 

新卒の時の就職活動とは異なり、転職活動には明確な期限がないです。

どうしても自分の能力が発揮できる企業が見つからない、という時はいったん転職活動を休むのもアリですし、しばらく今勤めている会社の仕事に集中するのもよいでしょう。

また、転職活動の方針に悩んだら転職エージェントなどの力を借り、アドバイスを受けてみるのもよいかもしれません。

転職活動を始めた時点で、すでにあなたは自分のキャリアのため、行動を起こしていると言えます。

ストレスを感じたらきちんと休みを取り、自分のペースで転職活動を進めていきましょう。

 

まとめ

 

 

過度なストレスがかかった状態で転職活動を続けても、自分の力を最大限発揮することが出来ません。

自分の能力を志望企業に分かってもらうためには、余裕をもって面接などに臨むことが大切

ストレスを感じたら適宜休憩を取りつつ、しっかりモチベーションを保つようにしましょう。

Geekly Media ライター

oume

人材紹介会社を徹底解説!派遣との違い?活用の仕方?メリット?有料?

転職を考えている人なら、一度は聞いたことがある「人材紹介会社」。しかし、実際にどんなサービスをしているか知らないという方も多いのでは?
この記事では、そもそも人材紹介会社とは何か、また、人材紹介会社を利用するメリットについて詳しく紹介していきます。転職したいな…と思っている人はぜひチェックしてくださいね。

 

人材紹介会社って何?

 

人材紹介会社(人材バンク)とは、就職先を探す求職者に合った企業を紹介する会社のこと。

 

一般的に、転職や就職をする際には自分で企業を探し、自分で申し込むのが基本ですよね。

人材紹介会社を利用すれば、あなたに代わって企業探しや応募をしてくれますので、効率的に就職活動、転職活動を進めたいあなたにピッタリです。

 

しかし、人材紹介会社と聞くと「人材派遣会社と何が違うの?」「利用するにはお金がかかるの?」など様々な疑問が出てきますよね。

 

ここからは人材紹介会社について、さらに詳しく解説していきます。

 

派遣との違い

 

 

「人材紹介会社は聞いたことないけど、人材派遣会社なら知っている」という方は多いのではないでしょうか。

人材派遣会社とは、特定のスキルを持つ人を雇用し、そのスキルを求めている企業に「派遣」という形でその人材を貸し出している企業です。

人材派遣会社の場合、求職者はその派遣会社に属しているので、派遣先の企業にそのまま就職することはほとんどありません

 

一方人材紹介会社は、いわば民間のハローワーク。人材紹介会社が求職者を雇用することはありません。

人材紹介会社の場合、雇用する代わりに求職者に合った企業を紹介してくれます。そしてもちろん、紹介してもらった企業に社員として勤め、実力次第ではその会社で何十年も働くことが出来ます。

 

利用は有料?

 

 

会社にもよりますが、人材紹介会社に登録すれば、あなたのキャリアについての面談や求人の紹介、面接、履歴書対策まで手厚いサポートを行ってくれます。

しかし、これだけのサービスがあると分かると「利用するのにお金を取られたりしないの?」と不安になってしまうかもしれませんね。

 

ですが、人材紹介会社の利用にお金の心配はいりません

一部サービスを有料としている会社もありますが、多くの人材紹介会社の利用は無料。

どれだけ手厚いサービスを受けても、あなたにお金が請求されることはありません。

 

無料で利用できるのはなぜ?

 

 

人材紹介会社の利用は基本的に無料です。

しかし「なんで無料でサービスが受けられるのか分からなくて不安!」という方もいるでしょう。

 

人材紹介会社が運営していけるのは、紹介先企業からのお金があってこそ。

人材紹介会社は、企業で働きたい利用者からお金を取るのではなく、人材を欲しがっている企業からお金を貰ってサービスを提供しているのです。

 

企業が人材を採用するのには、案外お金がかかるものです。

人材紹介会社を通せば、企業が求めるスキルに合った人材を紹介してくれるので、企業だけで採用活動をするより低コストで良い人材が手に入ります。

 

企業は人材紹介会社から紹介された人材を採用した時、会社にお金を支払うことになっています。

そのため、たとえあなたが企業からの内定を断っても、料金は発生しないのです。

 

人材紹介会社のメリット①履歴書や面接の対策をしてくれる

 

 

多くの人材紹介会社では、求職者のスキルや経歴に合わせて、履歴書や面接などの対策を行ってくれます。

初めて就職や転職をする、という方であっても、就職に詳しいコンサルタントがあなたの経験に合わせてアドバイスをくれるので何かと安心ですね。

人材紹介会社によっては面接の場所まで同行し、受け答えについて様々なアドバイスをしてくれることもあります。

 

転職先に合わせた対策もできる

 

履歴書や面接などの対策は、人材派遣会社ごとに少しずつ異なります。

しかし、会社によっては転職先企業の求める人材像や会社の社風に合わせた対策を行ってくれることもあります。

「どうしても行きたい会社がある!」という場合、コンサルタントと相談しつつ対策をしっかりすれば、通過率は自分だけで就職活動をした場合よりも上がるでしょう。

また、過去その企業に転職した人の話を聞くことが出来れば、面接で聞かれる質問の内容や、相手先企業に好評だった逆質問など、選考についての詳しい情報が手に入ることもあります。

 

面倒な手続きもお任せ

 

人材紹介会社なら、企業への応募や面接日程の調整、履歴書のフォーマット作成など面倒な手続きをお任せできます。

現在フルタイムで忙しく働いているという方も、人材紹介会社のサポートを受ければ効率的に転職活動を行えますね。

また、条件よっては人材紹介会社の助けを借り、最短一週間ほどで転職することも可能です。

 

人材紹介会社のメリット②自分に合った企業に出会える

 

 

人材紹介会社に属するコンサルタント(アドバイザーと言われることもあります)は、あなたの希望やスキル、経歴に合った企業を紹介してくれます。

そのため、あなたが調べただけでは出会えなかったような企業とも、出会うことができるのです。

また、人材紹介会社によっては就職・転職先企業の選び方についてアドバイスをしてくれることもありますので、就職後のミスマッチが起こりにくくなります。

 

特別な「非公開求人」にも注目

 

多くの人材紹介会社は、一般に公開されていない「非公開求人」を持っています。

非公開求人は、企業が「特定のスキルを持った人だけに見て欲しい」「応募が殺到するのを防ぐため、有望な人にだけ見せたい」と考えている求人。

 

一般に、非公開求人は通常の求人より好待遇なものが多いと言われています。

転職を機に年収アップを狙っている人は、人材紹介会社で非公開求人をチェックするのがおすすめです。

 

人材紹介会社のメリット③年収や待遇について交渉してもらえる

 

 

就職先の年収やボーナスの額、待遇など、本当に聞きたいことこそ、事前に聞きにくいものですよね。

しかし人材紹介会社を利用すれば、コンサルタントがあなたに代わって細かい待遇などを相手企業に聞いてくれます。

 

さらに、年収や待遇について、相手企業と交渉してくれるコンサルタントも少なくありません。

交渉により年収がアップした事例もありますので、「自分で企業と交渉するのは不安…」という方には人材紹介会社がおすすめです。

 

人材紹介会社を上手く活用するには

 

 

たくさんのメリットがある人材紹介会社ですが、活用の仕方によっては上手くその恩恵を受けられないかもしれません。

ここからは人材紹介会社を利用するときに気を付けて欲しいことについて2点、解説していきます。

 

自分の希望をはっきり伝える

 

人材紹介会社のコンサルタントは、あなたとの話し合いの中で希望に合った企業を紹介してくれます。

 

そのため、どんな会社に勤めてどんな働き方がしたいか、あなたが伝えなければコンサルタントも企業を選びにくくなってしまいます。

もし自分のやりたいことがあるなら、最初にコンサルタントと話した時点できちんと伝えておきましょう。

「残業○○時間以内の会社が良い」「職種は○○が良い」といった具体的な希望を出すことが、満足のいく就職・転職への近道です。

 

複数の紹介会社に登録する

 

「コンサルタントとのやり取りが面倒…」「いくつものサイトに情報を入力するのが大変」と一や理由から、一つの人材紹介会社にしか登録しない人は多いでしょう。

 

しかしコンサルタントとの相性や、紹介される求人の数を考えると人材紹介会社は複数登録がおすすめです。

複数の会社に登録しておけば、コンサルタントとの話し合いが上手く行かない場合も別のコンサルタントからアドバイスを貰えますし、さらにたくさんの求人を紹介してもらうこともできます。

 

就職・転職活動を本気でやっていきたいなら、気になる会社にいくつか登録しておくとよいでしょう。

 

まとめ

 

 

人材紹介会社を利用すれば、就職・転職の成功率がアップします。

キャリアに詳しいコンサルタントに直接相談もできますので、「まだ就職するか迷っている」という方にとっても、人材紹介会社は今後のキャリアについて考える大きなきっかけになるはずです。

また、就職・転職を決めた人の中で「希望条件に合った企業に行きたい」「履歴書や面接が不安…」という方も、ぜひ自分に合った人材紹介会社を探してみてくださいね。

 

Geekly Media ライター

oume