【まとめ】フリーランスの仕事の種類は何種類?!それぞれの将来性・資格・スキルなども併せてご紹介します!

フリーランスの成果には「どのような仕事の種類に着手するか」が重要です。この記事では、フリーランスとしての活動を開始する前に把握しておくべき、仕事の種類をまとめて紹介します。それぞれの将来性や、求められる資格やスキルを把握することで、効率的に成果を残せるフリーランスを目指すことが可能になります。

 

フリーランスという仕事の仕方を考える意味

 

 

副業元年と呼ばれる2015年から2018年までの間に、1,119万人もの方々がフリーランスという仕事の仕方を選択しています。また、クラウドソーシングサービスを提供する企業であるTHELANCERSは、以下のような推移を公表しています。

フリーランスが2015年の913万人から2018年は1,119万人と4年間で約23%の増加。経済規模で14.3兆円から20.1兆円と約41%の増加が見られています。日本の労働系KPIが軒並み右肩下がりの中、このフリーランスの経済規模20兆円は、総給与支払額200兆円の10%となり、決して無視できない規模となってきました。

(参照:https://www.lancers.jp/magazine/31221)

 

政府が働き方の変革を推進している現在では、企業に所属しないフリーランスという仕事の仕方を検討すること自体に大きな意味があると言えるでしょう。

 

フリーランスの仕事は多種多様!

 

 

2015年から4年ほどが経過した現在では、フリーランスの仕事の種類は挙げ始めれば切りがないほど多様化しています。まずは、すでにフリーランスがこなしている仕事の種類を、ITエンジニア系、デザイナー系、ライター系の3つにわけで紹介していきます。

 

ITエンジニア系の仕事の種類

 

すでにフリーランスがこなしている、ITエンジニア系の仕事には10以上の種類があるとされています。代表的な仕事の種類には以下のようなものがありますが、テクノロジーの進歩に応じて今後も増加すると考えられます。

コーダー・アプリケーションエンジニア・インフラエンジニア・ゲームエンジニア・サーバーエンジニア・スマートフォンエンジニア・データベースエンジニア・ネットワークエンジニア・フラッシュエンジニア・プロジェクトマネージャ・フロントエンドエンジニア

 

デザイナー系の仕事の種類

 

一昔前まではプロだけがおこなうものと考えられていたデザイナーという仕事も、フリーランスがこなすようになっています。細かく分類すると以下のような種類で、現在のフリーランスが活躍しています。

3Dデザイナー・Webデザイナー・イラストレーター・グラフィックデザイナー・ロゴデザイナー・キャラクターデザイナー

 

ライター系の仕事の種類

 

Webメディアが一般化したことで、ライターという仕事もフリーランスがその役割を担うようになっています。一口にライターといってもその文体に応じて、以下のように分類されます。

Webライター・編集者・翻訳者・テクニカルライター・コピーライター・記者・コラムニスト

 

フリーランスに求められる将来性のある仕事3種類

 

 

フリーランスという仕事の仕方を選択する方が増えるのと比例するように、フリーランスが着手する仕事の種類も増加しています。しかし、着手できる仕事が増加している一方で、将来性のある仕事を選択することも難しくなっている点には注意が必要です。。ここからは、フリーランスに求められる将来性のある仕事を3つ紹介します。

 

アプリケーションエンジニアの将来性と求められる資格やスキル

 

 

すでに企業に属さないフリーランスへと仕事が割り振られ、今後もその数が増加していくと予想されるのがアプリケーションエンジニアです。JavaやRuby、PHPといった言語を使用し、クライアントが求めるシステムを構築することが、アプリケーションエンジニアの仕事であり、求められるスキルです。

先ほど触れたように、ITエンジニア系の仕事にはインフラエンジニアやサーバーエンジニアといった種類もあります。ただし、フリーランスにはアプリケーションを1つの作品として納品でき、そのあとの対応まで求められないという働き方がおすすめのポイントです。

 

Geekly Media ライター

PuG88

0

【ポータグルメ】リクルートが提案する、新しい『中食』のカタチを徹底解説!

ホットペッパーグルメなどの大手ライフスタイル企業のリクルートが、2019年の新たな食事のトレンドになるとしているのがポータグルメです。この記事では、新しい中食と定義されるポータグルメの定義や特徴、実用例などを紹介します。ポータグルメの利点を理解し、プライベートはもちろんビジネスにも活用されることをおすすめします。

 

リクルートが提案するポータグルメの定義とは?

 

 

リクルートが2019年のトレンドとして提案しているポータグルメは、利便性を表すポータブルと美味しさを表すグルメを組み合わせた造語です。

一昔前までの常識であったレストランなどの店舗での食事から、時代はお弁当やデリバリーなどの持ち運びのできる中食にシフトし、今年はさらに質の高さが求められるとリクルートは定義しています。

また、価格に対するサービスや味の満足度を表すコスパも、2019年からは時間に対する満足度を表すタイパ(タイムパフォーマンス)へとタイムシフトすると考えられています。

 

ポータグルメとは?リクルートが提案する新しい中食の特徴を解説

 

 

新しい中食であるポータグルメではなによりもタイパが重視され、ユーザーはかけたお金ではなく時間に対する食事の満足度を期待します。

そして、今後の中食市場は、便利であること・本格的であること・新しい技術を採用していることの3つが大きな特徴となり、これまでよりも早いスピードで新たなサービスが提案されていきます。

 

【ポータグルメの特徴1】便利であること

 

 

ポータグルメにおいて、もっとも重視される点が便利であることです。コスパよりもタイパに重きを置くユーザーが増加し、都合に合わせられる食事が求められています。

いつでも、どこでも同じクオリティを楽しめる便利さを満たしていることが、リクルートが提案するポータグルメの1つ目の特徴です。

 

【ポータグルメの特徴2】本格的であること

 

料理のクオリティが本格的であることもポータグルメの大きな特徴です。

ユーザーの都合に合わせられるだけでなく、その味とのバランスが顧客の満足度となり、この条件を満たしているサービスが新たなトレンドとなると考えられています。

 

【ポータグルメの特徴3】新しい技術を採用していること

 

中食市場でありながら、新たな技術を取り入れているかどうかもポータグルメと呼ばれるかどうかの大きな分岐点となります。

現在提供しているサービスや味のクオリティを維持しながら、さらなる価値を提供する必要があるため新しい技術を採用していることもポータグルメの特徴と言えるのです。

 

リクルートがポータグルメを提案する時代的背景

 

 

リクルートが提案する新しい中食を意味するポータグルメには、個人の役割増加による多忙化・中食市場へのニーズの高まり・2019年消費税増税のカラクリの3つの時代的背景があります。

今後はこのスピードがさらに加速化し、食事のカタチも瞬く間に変化していくことが予想されます。

 

個人の役割増加による多忙化

 

 

2019年の中食のトレンドにポータグルメが提案された時代的背景の1つ目が、個人の役割増加による多忙化です。

個人が担うべき役割は人口減少によって顕著になっており、1人がもつプライベートな時間は年々減少傾向にあります。

 

しかし、短い時間でも満足できる瞬間を過ごしたいというユーザーのニーズは変わることがなく、中食市場においてもタイパという言葉が用いられるようになっているのです。

 

中食市場へのニーズの高まり

 

一昔前までは家以外で食事を摂るには、レストランなどのお店を訪れるしかありませんでしたが、ここ数年はコンビニやスーパーなどで買って帰ることが当たり前になりました。

そして、リクルートの調査において、2008年から2017年の10年間で中食の市場規模推移は122.4%であったことが明らかになっています。

同じ期間の外食の市場規模推移は104.7%であることを加味すると、いかに中食市場が急速に拡大しているかが分かるのではないでしょうか。

 

2019年消費税増税のカラクリ

 

中食が普及したこともさることながら、中食が2019年10月の消費税増税の軽減措置対象となっていることも、ポータグルメが普及するとされる根拠の1つです。

店舗で食事をする外食は10%の消費税が適用されるのに対し、中食は8%のままで高いクオリティを楽しむことができるのです。

 

すでに導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介

 

 

2019年のトレンドになると言われているポータグルメですが、すでに実績を残している企業も少なくありません。

ここからは導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介します。ポータグルメの知識だけでなく、新しい中食を味わいたいという方は、実際に利用してみることをおすすめします。

 

Geekly Media ライター

PuG88

7+

転職口コミサイトの信憑性を徹底解説!本当にオススメなサイトはどんなサイトなのか?

転職を検討している方のなかには、転職サイトの口コミから情報を集めながら、その信憑性に疑問を感じているという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々に向けて、転職口コミサイトの信憑性を徹底解説します。また、その特徴だけでなく、サイトの共通点や口コミの正しい活用テクニックも確認していきましょう。

 

信憑性の高い転職口コミサイトを3つ厳選!特徴を徹底解説

 

 

信憑性の高い口コミサイトの共通点を解説する前に、多くの方が転職に活用している3つのサイトを厳選して紹介します。

「転職会議」「VORKERS」「カイシャの評判」の3つのサイトが、それぞれに特徴が違うものの、多くの転職を考えている方からの人気を集めています。

 

転職会議

 

「まずは多くの企業の口コミを確認したい」という方にオススメの転職サイトが転職会議です。現在では80万社以上の口コミをチェックすることができ、社風に関する口コミが多いという点に人気が集まっています。

口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みであるにも関わらず、高い人気を集めている点からも質の高い情報が集まっていることが窺えます。

 

VORKERS

 

転職会議と同様に、口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みでありながら、若者からの支持を集めている転職サイトがVORKERSです。

VORKERSでは、成長やキャリア開発といった若者が転職前にチェックしておきたい情報の質が高く、数値化されていることから「新しい職場でのやりがい」をチェックしたい方におすすめの転職口コミサイトです。

 

カイシャの評判

 

「転職口コミサイトの使い方を知りたい」という方にオススメのサイトがカイシャの評判です。多くの転職口コミサイトが口コミの投稿か使用料金を支払うことで、企業情報を確認できる仕組みを設けていますが、カイシャの評判は閲覧自由という点に特徴があります。

面倒な手続きを行う必要がなく、転職活動をはじめるきっかけ作りを行いたいという方からの人気を集めている転職口コミサイトです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトから分かることとは?

 

 

信憑性の高い転職口コミサイトでは企業の実態を把握しやすいよう、従業員からの評価をもとにしたレーダーチャートが用いられています。

サイトの特徴に応じて、「達成感」や「社風」、「給与」や「人間関係」などの項目が設けられており、一目でその企業の特徴を把握することができます。

口コミの投稿数によって信憑性が変動してしまうという注意点があるものの、企業のプロモーションや主力商品だけでなく、「社員の働き方に対する満足度を知りたい」という方には、転職口コミサイトが強い味方になってくれるでしょう。

 

信憑性の高いオススメな転職口コミサイトの共通点

 

 

ここまでは「信憑性の高い転職口コミサイトの代表例」、「転職口コミサイトから分かること」の2つを詳しく解説してきましたが、ここからは信憑性の高い本当にオススメなサイトの共通点を紹介します。

これまでに紹介した3つのサイトをそのまま活用することで、質の高い情報を集めることはできますが、「なぜ本当にオススメと言えるのか?」を理解したうえで、情報を集めていくことが大切です。

 

転職口コミサイトが設立されてからの歴史

 

 

信憑性の高い本当にオススメなサイトに共通する1つ目のポイントが、サイトが設立されてからの歴史があることです。

先ほど紹介した3つの口コミサイトでは、転職会議が10年弱の歴史をもち、実績のあるサイトと言えます。

転職サイトのサービスの活用が一般化してから間もないため、老舗企業のような何十年という単位のサイトは存在しませんが、5年前後使われ続けているという実績があれば、信憑性の高い本当のオススメなサイトと考えて良いでしょう。

 

1つの企業に対する口コミの件数

 

 

先ほど解説したように多くの転職口コミサイトでは、社員の働き方に対する満足度をレーダーチャートで分かりやすく表現しています。ただし、あくまでも平均であるという点には注意が必要です。

例えば、レーダーチャートで多くの項目で満点を獲得しているように見えるA社でも、口コミの件数が1件であれば、たった1人の社員の評価が反映されていることになるため、信憑性が高いと言うことはできません。

反対に、レーダーチャートで多くの項目で8割ほどの満足度を獲得しているB社でも、口コミの件数によっては、信憑性の高い口コミが集まっているサイトと言えるわけです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトの活用テクニック

 

 

転職口コミサイトは歴史と1つの企業に対する口コミの件数から、その信憑性を確認することができます。しかし、そのサイトに投稿されている口コミの情報を正しく活用するためには、いくつかのテクニックが必要です。

信憑性の高い転職口コミサイトを見分け、サイトに投稿されている情報の正しさを把握しておくことで、志望企業を効率的に絞り込むことができるでしょう。

 

複数の転職口コミサイトをチェックする

 

転職サイトの情報を効率的に活用するための1つ目のテクニックが、複数のサイトをチェックするというものです。基本的に信憑性の高いサイトに投稿されている口コミであれば、1つの情報だけをチェックしていれば問題ありません。

ただし、「Aのサイトに投稿されていた情報がBに投稿されていない」、「Aのサイトには少数の投稿しかなかったのにBのサイトにはたくさんの投稿がある」というケースも珍しくありません。

複数のサイトをチェックすることで、1つの企業に対する評価を網羅することができるわけです。

Geekly Media ライター

PuG88

5+