テクニカルアーティストを徹底解説!将来性ってあるの?仕事内容から必要なスキル、そのなり方まで徹底解説!

テクニカルアーティストは今やなくてはならない存在として、私たちの生活や趣向を支えています。日常的に利用するスマートフォンですら高いクオリティのグラフィックスが求められるのです。今回は、テクニカルアーティストとは何なのか、その将来性や仕事内容、必要なスキル交えながらテクニカルアーティストのなり方までを徹底解説します。

 

テクニカルアーティストとは

 

 

デザインとプログラムという、両極に見える技術を繋ぐために誕生した職種が「テクニカルアーティスト」です。メディアでは「デザイナーとプログラマーの橋渡し」と表現されることが多いようです。

コンピューターの進化に伴い、デザインとプログラムは密接な関係になりました。ユーザーが利用する機器は、スマートフォンですら一昔前のPCを超える能力を持ちます。ハードウェアのスペックが上がるにつれて、再生されるグラフィックスは高いクオリティを求められるのです。

分かりやすいのは据え置きゲーム機器やスマートフォンのゲームデザインです。昔では考えられないほどの圧倒的な映像で、ユーザーを魅了します。

もちろん、ハードウェアの進化やデザインツールの多様化が支えるクオリティでもありますが、そこには優れたデザインを生み出し、コンピューターで再現するという二つの技術を融合させる「テクニカルアーティスト」の存在があります。

企業によっても担う範囲は様々ですが、プロジェクト内で起こる問題や各分野に別れたチームの相談役としても活躍します。

テクニカルアーティストはプロジェクトの中で、デザイナー、プログラマー、ディレクターなどが実現したい“アート”を生み出すために、ツールの選定や検証、データ仕様などあらゆる“生産管理”を行うポジションなのです。

 

 

テクニカルアーティストの仕事内容とスキル

 

 

テクニカルアーティストの仕事内容は多岐に渡ります。しかし、総合して担う役割は、プロジェクト内で様々な専門分野を持つチームを円滑にサポートし、生産管理を行うことです。

 

仕事内容は生産管理と通訳


 

テクニカルアーティストは、デザイナーやプログラマーの仕事効率化を目指します。自ら新しいツールを検証する作業から、ハードウェアとクオリティのバランスを調整する作業など、幅広いものです。

プロジェクトが進むにつれてデータ量も増えていきます。コンテンツの高いクオリティを実現するため、デザイナーおよびプログラマーと連携したハードウェアの負荷対処も必要です。

新しいプロジェクトメンバーがスムーズに作業を行うには、ツールのオペレーションも含めた効率的な手順を作成しておく必要もあります。

例えばアーティスト側から良い提案があれば、どのように実現するかを考え、プログラマーへ落とし込むのもテクニカルアーティストの重要な役割です。

このような広い範囲を担うテクニカルアーティストは、いわばプロジェクトの生産管理を行うポジションだと言っても過言ではないでしょう。

また、デザイナーとプログラマーでは同じ認識でも言葉にすると専門用語に違いがあります。デザイナーとプログラマーの会話がズレてしまえば効率が悪いどころか、プロジェクトのゴールがずれてしまいます。

ここで通訳を果たすこともテクニカルアーティストの役割です。少しの認識のズレは、後に発覚した場合修正の難易度は上がります。テクニカルアーティストはデザイナーとプログラマーの違いを十分に理解し、お互いの意思を的確にかつ簡素に伝えることが重要です。

 

 

必要なスキル

 

 

テクニカルアーティストは、最低限デザイナースキルとプログラミングスキルの両方が必要です。双方を理解しておかなければ、その調整役は務まりません。それは両側面からの見解を理解する必要があるからです。

また、その他にも以下のようなスキルが必須となります。

 

デザインツールの理解とオペレーション

 

デザインは主にコンピューターによって処理をします。表現したいデザインは全てデータ化され、実現できる最適なツールを使用して実装します。

その際に使われるツールの導入も、テクニカルアーティストの仕事です。検証を重ねることで導入を決定し、詳細なオペレーションを指導します。

 

コミュニケーションスキル

 

絶対的に必要なスキルはもちろんコミュニケーションスキルです。「デザイナーとプログラマーの橋渡し」といわれるポジションでもありますし、プロジェクト全体を効率的に進めるためには不可欠なスキルです。

お互いの意図を汲み取り、言葉にして伝えることが重要な役割ですので、“話す”能力の中でも”簡素に説明する“能力も問われます。

また、専門用語の違いなどを加味して”何をしたら良いのか“を的確に明示する必要がありますし、コミュニケーションスキルはテクニカルアーティストとしても最も重要なスキルのひとつです。

 

 

【知っておきたい!】履歴書の「渡し方」を知っていますか?

面接日の前日はなにかとシミュレーションをしてしまいますよね。そこで気になるのが「履歴書の渡し方」です。封筒やクリアファイルで持っていくのはわかるけど、どのように渡すべきかと悩む人も多いのです。しかし、履歴書を封筒やクリアファイルに入れる意味を知り、渡し方のパターンをいくつか把握しておくことでこの悩みは必ず解消されます。

 

履歴書の役割

 

 

履歴書はどのような雇用形態でも必要な書類です。これは、あなたの学歴がどうしても見たいとか、面接時に便利だという理由ではありません。

企業が労働者を雇用する場合には「労働者名簿」を作らなければならない決まりがあるからです。

あなたの氏名や生年月日を含めた個人情報、雇用した日付などを、履歴書を参考にして「労働者名簿」を作成するのです。

また、あなたがこれまでどのような人生を歩んできたのかという目次にもなります。

面接担当者は沢山の人と話をするため、ひとりひとりの詳細な話を聞いて、それから質問をするという時間がありません。

履歴書という目次を見せることで、あなたがこれまでどのような学校で学び、どのような企業で働き、どのような資格を持つのかを確認してもらいます。

担当者は目次を見て、読みたい部分だけ、つまり、あなたについて知りたい部分だけをピックアップするわけです。

就職のスタイルによっても知りたい項目は違います。特殊な資格が必要な仕事なら資格欄が重要ですし、学歴を重視する職種ならあなたの履歴を確認します。

正社員のように長く一緒に働くことが前提ならば、志望動機を重視し、担当者はそこからあなたとの会話のきっかけをつかむでしょう。

 

 

履歴書を封筒やクリアファイルに入れる理由

 

 

履歴書を封筒やクリアファイルに入れて持参するのは、変に折れ曲がったり、汚れたりすることを防ぐためです。また、履歴書が受け付けなどを経由して面接担当者に届く場合の礼儀にもなります。

単純な理由ですので、難しく考える必要はありません。もしあなたが履歴書を受け取る立場ならば、汚れたり破れたりした書類を裸のまま渡されると不愉快ですよね。

この“不愉快“を未然に防ぐための措置だと考えてください。

 

 

履歴書の渡し方

 

 

履歴書の渡し方にはパターンがありますので、把握しておけば戸惑うことはなくなるはずです。

 

封筒ごと渡す時

面接担当者に直接渡す”以外“の時は、持参した履歴書を封筒ごと渡します

例えば、面接会場や企業の受け付けへ一時的に預けることがあります。この時、履歴書は封筒に入れたまま預けてください。

担当者の手元へ届くまでに”誰かを経由する”場合には、渡す相手へ届くまで汚さずに伏せておく考え方です。荷物を届ける時と同じですね。書類を大切に扱う手段として意識しましょう。

 

封筒を利用する場合の記入項目

 

 

履歴書を封筒に入れて渡す場合には、そこに何が入っていて、誰のものなのかを示しておく必要があります。

記入する項目は以下のものです。

【表面:左下】

・履歴書在中

これは手書きでもスタンプでも問題はありません。

※その他の記載は必要ありません。

【裏面:左下】

・郵便番号

・住所

・氏名

 

封筒から出して渡す時

 

 

あなたが面接担当者に履歴書を直接渡す時には、封筒から出して渡します。担当者が読む時には封筒は邪魔になりますよね。

すぐに読める状態で渡すことで、相手の手間を省く意味もあります。ですので、受け取ったらすぐに読めるように“面接担当者に向けて”渡しましょう。

あなたが面接担当者の立場に立った時、どのように受け取るとスムーズに履歴書を読み始められるかを意識すると良いでしょう。

 

直接渡す場合はクリアファイルでもOK

メディアによっては「封筒」と「クリアファイル」のどちらで持参するのが良いかを記載してありますが、注意事項などに明示がない限りこれはどちらでも構いません

汚したり破いたりせずに担当者に渡すことができれば、それで良いのです。折り目を付けずに持って行きたいならばクリアファイルで持参しても問題はありません。

もし、受け付けなどに一度預ける場合には中の見えない封筒で持参する人が多いでしょう。迷った場合には封筒に入れて持参すると間違いはありません

 

 

シーン別の渡し方

 

どのような企業でも、人を雇用する場合には「労働者名簿」を作成しなければいけませんので、ほとんどの場合履歴書を持参するのが通例となっています。

アルバイトでも正社員でもそれは変わりませんので、それぞれのシーン別に履歴書の渡し方を見ていきましょう。

一般的な流れとしては以下のようになります。

1.指定の場所へ訪問する

2.面接で訪問した旨を伝える

3.担当者との挨拶

4.着席をうながされたら、椅子に座る

5.カバンから履歴書の封筒あるいはクリアファイルを取り出す

6.封筒あるいはクリアファイルから履歴書を取り出す

7.面接担当者に渡す

 

アルバイト

アルバイトの面接では、履歴書を面接担当者に直接て渡すことが多いでしょう。

この場合は、封筒に入れて持参し、挨拶を交わした後、封筒から履歴書を取り出して、履歴書だけを手渡します

書類の向きは、あなたからみて逆さまになるように、担当者へ向かって手渡しましょう。

 

正社員

 

 

正社員の面接では、面接担当者に渡す場合と、企業の受け付けへ渡す場合に分かれると思います。

 

面接担当者に直接渡す場合

面接担当者に直接手渡しする時には、封筒から取り出し、書面が相手に読みやすい向きで渡しましょう

渡す時に「よろしくお願いいたします。」という一言を添えると良いですね。

封筒に関しては、カバンに戻して構いません。

 

受け付けへ預ける場合

面接前に履歴書を受け付けへ預ける時は、持参した封筒ごと渡します。表面には「履歴書在中」という文言を書いておきましょう。もちろんスタンプが押してあるものを利用しても構いません。

 

 

【知っておきたい!】プリセールスとは?その仕事内容から必要なスキルまで幅広くご紹介します。

プリセールスという言葉自体なかなか聞き慣れないという人も多いと思います。ITエンジニアと営業職とで担当が分かれている企業では、営業担当者がIT技術を詳細まで説明するのには限界があります。そこで営業をサポートするのがプリセールスというポジションです。今回は、プリセールスとは何なのか、その仕事内容や必要スキルを紹介します。

 

プリセールスとは

 

 

プリセールスとは、ITで提供するサービスの仕組みを分かりやすくお客様に説明・プレゼンするポジションで、主に営業職のITに関するサポートを行います。

自社のITサービスを顧客に導入する場合、営業職のIT知識だけではどうしても正確な説明ができないことがあります。

そこで営業をIT知識でサポートするのがプリセールスで、営業先に同行して、お客様に対して分かりやすい技術説明を行う役割を担います。

ITサービスの導入にはそれなりのコストがかかりますので、しっかりと機能を把握した上で購入を決めるのは当然のことですよね。

やりたいことは全て賄えるのか、あるいは想定以上の成果を出してくれるポテンシャルがあるサービスなのかを、プリセールスがITという角度から分かりやすくプレゼンすることで、契約のクローズに導きます。

プリセールスというポジションはなかなか聞き慣れないポジションですが、日本でも大手企業などでは導入されています。もちろん、ITサービスを提供している企業であれば、技術を詳しく説明する必要がありますが、中小企業やベンチャー企業では営業職がプリセールスを兼任することも多いのです。

 

プリセールスの仕事内容

 

プリセールスの仕事内容は「IT知識で営業をサポートする」ことです。

 

営業のサポート

 

 

営業職は自社のITサービスを売り込むために、新規のお客様開拓やルート営業などを行います。様々なアプローチで自社のITサービスに興味を持ってもらい、いかに業務改善ができるかを説明します。

営業職が、ITサービス導入までの土台を作ってくれるわけです。そこでお客様が詳しく知りたいということになれば、プリセールスの出番です。

 

お客様への分かりやすい説明

 

プリセールスは営業に同行して、お客様の前でITサービスの一つ一つの機能について詳しく説明します。お客様の知識に合わせて、できるだけ専門用語を使わずに、イメージしやすい説明を行うことが基本です。

もちろん、IT知識に詳しいお客様であれば、それなりに専門用語を交え、テンポのよい説明を心がけることも重要です。お客様のITスキルを判断せずに、無闇に専門用語に補足をしてしまうと、相手は”バカにされている“という印象をもつかもしれません。そうなれば営業職の足を引っ張るだけですので、相手を見極めるさじ加減も大事です。

 

契約へ結びつける

 

プリセールスの最終的な目的は、サービスを詳細まで理解してもらい、商談を契約に結びつけることです。”ゴールは営業職と同じところ“であることを意識しましょう。

お客様が契約を決めるのは、サービスの詳細が理解できた時、そしてサービス導入後も「この人にならフォローを任せられる」という信頼を得た時です。

 

プリセールスに必要なスキル

 

 

プリセールスに必要なスキルは、もちろんITスキルです。ただし、それだけでは業務を果たすことはできません。”技術”を“お客様”に“分かりやすく””説明する“コミュニケーションスキルとプレゼンスキルが必要なのです。

 

ITスキル

 

ITスキルはプリセールスのベースとなるスキルです。しかも、単にITに詳しいというレベルでは務まりません。機能を細分化して分かりやすい言葉で説明でき、お客様からのITに関する意外な質問にも臨機応変に対応できるスキルまでが必要です。

ITに明るくないお客様には、なぜITサービスが必要なのか、そして業務のどの部分がどの機能によって効率化されるか、などどいった説明を想定しておくことが大切です。

 

【徹底比較!】QA vs テスター!それらの仕事内容から求められるスキルまで、両者の違いを解説します。

ITサービスにおいても高い品質が求められるようになりました。ソフトウェアの品質といえば、バグを無くすためにテスターが活躍していましたが、セキュリティなども含めた全体的な品質保証が必要になったのです。そして今、QAが注目されています。そこで今回は、QAとテスターの違いを、仕事内容やスキルといった観点から解説します。

 

QAとは

 

QAとは「Quality Assuracne」の略称で、品質保証を意味します。また、エンジニアとしては、ITサービスやソフトウェアといった成果物の品質を保証するエンジニアを指す名称です。

QAは、バグが無いことだけを保証するのではなく、ソフトウェアなどにおける開発プロセスやテスト工程、テスト結果の分析、顧客へのサービスなど、成果物に関わる全ての品質保証を担います

ただし、社内のエンジニアポジションとして明確に「QA」という名称を示している企業は少ないかもしれません。テストエンジニアという職種がQAの業務を含む場合もあるからです。これが、QAとテスターの違いが明確に意識できない原因になっています。

QAの重要さが認知されてきたのも近年ですので、掲載されている求人でもQAという名称が使われていない場合も多いのではないでしょうか。

その場合は、「テストエンジニア」や「品質管理」といった文言で検索することで、QAの業務を含む職種を見つけることができるはずです。

 

テスターとは

 

 

テスターとは、システムにおけるテスト項目を実施し、バグがあれば報告する業務を専門とします。

テストには単体テストや結合テスト、総合テストといった段階で、テストエンジニアが作成したテスト項目書をもとに、テストを実行してきます。

主な成果は“バグをなくすこと”です。システム規模が大きければそれだけ多数の項目を検証しなければなりませんし、途中でバグがあった場合には”再現性“を正確にトレースしなければなりません。バグの改修が終われば、もう一度テストを行います。

非常に根気の必要な作業ですが、製品として通用する品質レベルまで上げるためには絶対に必要な工程です。

 

QAとテスターの仕事内容の違い

 

 

QAとテスターの仕事内容が明確に分類できないという人もいます。それは、明確に業務内容が分かれていない企業も多いからです。QAに注目が集まる前は、そのほとんどをテストエンジニアが行なっていました。そして、テストエンジニアとテスターの違いすら意識できない環境も多かったのです。

QAとテスターの仕事内容の違いを簡単に表現すれば以下のようになります。

 

QA:完成した商品が実際の運用に耐えられる品質であることを保証する

テスター:完成を目指す商品の細かな不具合を見つけフィードバックする

 

順番としては、テスターが各工程のテストを実施し、バグのない製品をQAが実運用に近い環境で品質を保証するという流れです。もちろん、テスト設計書の品質に関してもQAが監督し、テスト項目の質もQAが担保します。

 

QAは品質保証

 

 

QAは、ソフトウェアなどの製品の品質保証をするエンジニアを指します。品質を保証するためには、製品が作られる工程もしっかりと監督する必要があります。ですので、品質計画という工程では、テスト設計書が目標とする品質を達成するために適していることも保証する立場にあります。

QAにおいて行うテストは、主に完成した製品の”品質“を試すものです。ですので、納品するお客様の運用環境と同じ条件下で業務に沿ったテストを行います。それは、仕様通りの動作であったり耐久性であったり、あるいはセキュリティレベルの品質を確かめます。

それぞれのテストを経て、品質を保証するのがQAなのです。

 

テスターはテストケースの実施

 

 

テスターは、テストエンジニアが作成し、QAが監督したテスト仕様書を元に作られたテストケースを、項目ごとに実施していきます。

その業務には、単体テストや結合テスト、総合テストまでが含まれ、仕様通りの結果にならないバグを発見した場合にフィードバックします。

テスターはそれら工程を繰り返すことで、製品の質を上げていくポジションです。

ソフトウェアを含むITシステムには、必ずバグがありますので、テスターは必要不可欠な存在なのです。

 

 

【まとめ】ITコンサルタントに求められるスキルを徹底解説!その仕事内容やなり方も含めて分かりやすく解説します。

ITはあらゆる分野に導入され、業務の効率化に貢献します。そして、ITとそれ以外の業務を繋げるには、ITを自由自在に扱えなければなりませんよね。ITコンサルタントはITを利用するスペシャリストです。
そこで今回は、ITコンサルタントとは何なのか、必要なスキルや仕事内容を交えながら、ITコンサルタントのなり方などを解説します。

 

ITコンサルタントとは

 

 

ITコンサルタントとは、ITを自在に扱い、その他の業務に応用することで業務改善を提案するコンサルタントです。

世の中には、まだまだアナログな業務形態が存在しますし、すでにITを導入している企業でも、効率的に使えているかどうかは疑問です。

ITコンサルタントは、適切なITの導入を提案することで、あらゆる分野の企業に対して業務効率化をうながします。

また、ITには明るくないという企業は、ITコンサルタントにコンサルティングを依頼することで、業務の改善を期待するのです。

ITコンサルタントには、IT全般の知識はもちろん、他業種の業務内容の把握やそれに適するITを適切に導入し、体感できるほどの結果が求められるのです。

 

 

ITコンサルタントに求められるスキル

 

 

ITコンサルタントには幅広いIT知識をはじめ、ヒアリングして問題解決まで導くスキルが必要です。

具体的には以下のスキルが挙げられます。

 

・問題解決スキル

・IT技術の応用スキル

・業務の理解

・コミュニケーションスキル

 

問題解決スキル

 

ITコンサルタントが必要になる時、必ず何かしらの問題が起こっています。それは潜在的な業務スタイルであったり、導入したITサービスがうまく活かせないといった問題です。

これらを解決に導くITコンサルタントには、問題解決スキルが必要不可欠です。問題の根本的な原因を突き止め、ITを利用してどのように解決へ導くかを、いくつかのパターンでアプローチします。

問題の原因が、導入したITサービスがそもそも業務に適していなかったり、適したITサービスでもヒューマンエラーによってうまく動いていないということもあります。

この原因を正確に把握するスキルが、ITコンサルタントに求められる重要なスキルです。

 

業務の理解と把握

 

業務の効率化や改善を行うには、業務を深く理解する必要があります。把握する業務は、企業における細かな業務フローを含めた全てです。

夕食の完成までを業務と置き換えてみると、食材の買い物から食卓へのお皿の配置まで全てが業務です。

食材を買うためのお店選定、料理をするための器具調達、一品ずつの料理に使う包丁など調理器具の違い、盛り付けの工程、盛り付けたお皿を食卓へ運ぶルートや配膳の位置、これら全てについて理解し把握するということです。

ITコンサルタントは業務ひとつひとつを分析し、最も効率化を実現できるITサービスと紐づけます。業務工程ごとに別のITサービスが必要な場合もありますし、ひとつのサービスだけで全てをカバーすることが適しているという判断もあるでしょう。

業務の理解と把握ができれければ、問題の根本原因究明は不可能なのです。

 

コミュニケーションスキル

 

ITコンサルタントが始めに取り組むことは、クライアントからのヒアリングです。解決して欲しいことや困っていることを聞くことになりますが、クライアント自身も何をどうしたいのか分かっていない場合もあります

そこで必要なのがコミュニケーション能力です。クライアントとしっかりコミュニケーションを取ることで、要望はもちろん、クライアントが気づいていない問題を引き出すことが重要なポイントです。

クライアントが本当に困っていることに気付けなければ、コンサルティングで結果を出すことは難しいでしょう。クライアントの気持ちとして「たしかに効率化されたけど、なんだか満足できない」という結果をもたらします。

コミュニケーションスキルは、ITコンサルタントとして初歩的であり、最も重要なスキルなのです。

 

IT技術の応用スキル

 

ITコンサルタントは、クライアントの困りごとをITを用いて改善します。クライアントの業務は多岐に渡りますので、適したITサービスを適用するためには幅広いIT技術の知識が必要です。そして、知識を応用することにこそ、ITコンサルタントの真髄を見ることができます。

ITコンサルタントになる人は、IT技術はもちろん、IT業界でどのような最新サービスが生まれているかを常に把握しておく必要があります。単にITに強いでは通用しないのです。常に最新のIT技術を知り、それを様々な分野に応用できるレベルで理解する必要があります。

 

 

ITコンサルタントの仕事内容

 

ITコンサルタントの仕事は、現状分析から業務が改善されるまでを監督することです。アドバイスだけをして終わりというわけではありません。

 

現状分析

 

 

現状分析は、クライアントから現状をヒアリングするところから始まります。それはITを導入したいという状態なのか、ITを導入したけど効果が現れないという状態なのか、クライアントの要件をヒアリングすることで、現状をまとめ分析します。

 

要件整理

 

ヒアリングした要件を整理することで現状の洗い出しと、ひとつひとつの問題点を分析します。問題点からは原因を導き出すことができますので、現状を改善するために必要な改善案の土台となります。

 

業務改善提案

 

 

クライアントが目指す改善を元に、問題点と原因を分析したら、業務改善のための道が見えてきます。方法は1通りとは限りません。様々な視点から問題と原因を検討することで、いくつかの選択肢が見えてくるはずです。

 

 

提案書の作成

 

現状分析によってあぶり出された問題点とその原因から、業務改善を行うための方法を提案書という形でドキュメント化します。これは、問題点とその解決を整理するとともに、クライアントへのプレゼン資料として使用しますので、視覚的にも分かりやすいドキュメントを目指します。

 

【プログラミング言語】PHPってどんな言語?その仕様から将来性まで徹底解説!

プログラミング言語の中でも学びやすく、日常生活で最も触れるプログラミング言語のひとつがPHPです。あらゆるWebサイトに使われていますので、サイトで調べ物をする時も、ネットショップで買い物をする時もPHPを利用しているのです。そこで今回は、PHPとはどんな言語なのか、その将来性までを徹底解説します。

 

PHPとは

 

 

PHPとは、プログラミング言語のひとつです。主にクライアントであるWebサイト画面で発生するアクションを、サーバー側で処理して返すという機能を提供します。PHPが動作するのはサーバーサイドなのです。

日常生活に例えるならば、オートロックインターフォンをイメージしてください。あなたの家にAさんが訪ねて来たとします。Aさんはオートロックインターフォンを押してあなたを呼びます。

あなたは家の中で応答し、Aさんであることを確かめてオートロックを解除します。この時、Aさんが押すオートロックインターフォンがWeb画面のボタンです。

呼び出しに応答してオートロックを解除したあなたがPHPの役割を果たしています。Aさん側から見ると、Weボタンを押すとレスポンスとして返ってきた結果が“オートロックが解除されたこと”になるのです。

PHPはサーバーサイドで動くプログラミング言語ですが、非常に理解しやすい言語でもあります。独学でも学べるPHPは、プログラミングの学習を始めるには適している言語の一つです。

 

PHPの仕様

 

 

ここではPHPの動作を、上述の“オートロックインターフォン”の例を、もう少し細かく細分化して見ていきましょう。

 

PHPはサーバーでリクエストを受け取る

 

PHPはWeb画面にある“ボタン”や“テキストボックス”といったオブジェクトから、ユーザーが行ったリクエストをサーバーで受け取ります

これは、Aさんがオートロックインターフォン(Web画面)のボタンを押したことを、あなたが(PHPが)家の中で知る(サーバーの中で受け取る)というイメージと置き換えることができます。

あなたがインターフォンの音を聞くのは家の中ですよね。PHPがWebサーバーのボタンが押されたことを知るのはサーバーの中です。

このように、PHPはサーバーの中でユーザーのリクエストを受け取ります。

 

PHPはクライアントへレスポンスする

 

PHPは、サーバーでユーザーのリクエストを受けとると、プログラミングされたルール通りに、Web画面へ結果をレスポンスします。

これは、家の中で(サーバーで)、Aさんがオートロックインターフォンの音を聞く(ユーザーのリクエストを受けとる)と、オートロックを解除(ルール通りに結果をレスポンス)することに置き換えて考えることができます。

サーバーの中でPHPは、リクエスト通りの作業を行い、その結果をユーザーへ伝えるわけです。これが、PHPの大まかな役割と、主に動作する場所となります。

 

PHPのメリットとデメリット

 

PHPは非常に学びやすいプログラミング言語ですが、やはりメリットとデメリットがあります。

ここでは、PHPをプログラミング言語として学習するという観点から見ていきましょう。

 

メリット

 

 

PHPのメリットとしては以下の2点が挙げられます。

 

・情報が多い

・需要がある

 

情報が多い

 

PHPをプログラミングできるエンジニアは非常に多く、その分参考書やインターネット上の情報も多数存在ます。情報が多いという事実は、非常に学習がしやすい環境であることを示しているのです。

初級者から上級者までが、インターネット上で十分な情報を得られるほどの豊富な情報と、参考になるソースサンプルや、学習する上で加工せずに使えるソースもすぐに見つけることができるでしょう。

プログラミング言語において、情報が豊富に存在することは最大のメリットです。プログラムの設計段階やコーディングにおいても、実現したい機能の参考ソースがいつもで参照できるのです。

 

需要がある

 

インターネットが普及し、分からないことがあればネットで調べる時代、Webサイトは必要不可欠なコンテンツとなりました。個人や企業を問わず、情報を提供する窓口はWebサイトです。

また、生活必需品ですらECショップなどで購入する現代は、その入り口となるECサイトの構築やリニューアルも日々行われています。

インターネット上で見るこれらのWebサイトには、ほとんどの場合PHPが使われており、PHPが使えるエンジニアの需要がなくなることは今のところ考えられません。

需要があるということは、PHPを学習することにメリットがあるということです。その他の言語を学習するとしても、Web系のサイト構築をするならばPHPは外せないプログラミング言語なのです。

 

不動産techを解説!IT×不動産で出来ることとは!具体例とともにわかりやすく紹介します!

活動とテクノロジーを掛け合わせることで、世の中の活動はより関わりやすく、効率的な業務が行えるようになりました。聞き慣れたものにはフィンテックがあります。そして数年前から「不動産tech」という言葉が飛び交うようになりました。そこで今回は、不動産techとは何なのか、出来ることや具体例を交えながらわかりやすく解説します。

 

不動産techとは

 

 

近年、世の中のあらゆる“活動”がテクノロジーとの組み合わせにより、非常に便利になりました。特に金融とテクノロジーが融合したFintech(フィンテック)は、今や世界中で様々なサービスが生み出されています。仮想通貨やブロックチェーン技術といったフィンテックのワードを耳にした人も多いのではないでしょうか。

ITの導入が遅れていたと言われる不動産業界では、「不動産tech」が急速に進んでいます。

 

不動産tech(不動産テック)とは、不動産とITを組み合わせたサービスや技術を表す言葉です。明確に定義された言葉ではありませんが、元となるのは米国で先行して進んでいる「Real Estate×Technology」です。

日本国内では今、加速度的に進む不動産techが進んでいます。私たちユーザーが身近に触れる不動産techとしては、スマートフォンやPCで賃貸物件や家賃相場を調べられるポータルサイトもそのひとつです。

不動産とテクノロジーの融合は更に様々なカテゴリが存在し、今もその種類は増え続けています。

 

IT×不動産でできること

 

 

ITと不動産との組み合わせでは、現在以下のようなことができるようになりました。

 

・インターネットによる物件情報確認

・VRによる体験

・物件売買におけるマッチング

などです。

 

インターネットによる物件情報

 

 

私たちが引越しを考える時、最初に情報を集めるのが不動産のポータルサイトです。大手不動産サービス企業はテレビCMなどでも宣伝しており、スマートフォンアプリを使えば手軽に物件探しができますね。

地域や家賃を選択することで、住みたい街の周辺にある物件のほとんどの情報が入手出来る上に、アプリ内で内見予約も可能です。

競合となる不動産企業でも情報を共有しているため、以前のように足を運んで物件を選ぶよりも競争率が高くなっています。物件のオーナーにとっては、効率が良くなったと言えるでしょう。

 

VRによる体験

 

 

不動産物件を探すユーザーが最も最先端技術だと実感できる不動産techがVR技術を利用した“体験”です。

VRとは「Virtual Reality(バーチャルリアリティ)」の略称で、日本語では「仮想現実」と訳されます。VRは、コンピューターによって作られた“そこには無い”現実を、映像や音響の効果を利用してまるで本物であるかのように錯覚させる技術です。

不動産techではVRを導入することで、退去前の物件を事前に内見することが可能になりました。ユーザーはVRを利用することで、部屋の中を自由に見て回ることができ、物件イメージの誤差を狭めることができます。

また企業側としては、VRを使った内見を導入することでキャンセル率が軽減したり、店舗への来店が増えたことで顧客の獲得に繋げられます。

 

物件売買におけるマッチング

 

 

不動産の物件はもちろん賃貸だけではありません。投資を目的とした不動産取引も行われます。取引において重要なのはユーザーと物件のマッチングです。

不動産techのひとつとして、不動産取引におけるマッチングサービスも増えているのです。

マッチングサイトでは、例えばユーザーの“家を買う”というニーズと、不動産会社の“家を売る”というニーズをマッチングさせます。マッチングサイトを利用するユーザーは、まず物件を探しますが、同時に不動産会社や担当者といった細かな条件もマッチングさせることが可能です。

また、“家を売りたい”というユーザーには、どこの業者にどのような値段で売れるのか、より高額での買取価格でマッチングさせるなどのサービスも存在します。

 

不動産techの具体的なカテゴリー

 

 

不動産techは現在、様々なニーズに対応するためにITと不動産を掛け合わせたサービスがどんどん増えています。

不動産業界の業務は多岐に渡るため、多くのカテゴリーがあるにも関わらず、そのどれにも該当しない業務というものが存在するのです。

また、不動産に関連する新しいサービスも次々と生まれているため、そのカテゴリーも含めて増加を続けています。

※以下、カオスマップ(第4版:2018年11月更新)参照

 

ローン・保証

 

不動産を所有するには必ず様々な保証が必要ですし、ほとんどの場合ローンを組むことになります。その時に利用する仲介業者を比較・検討できるサービスのカテゴリーです。

 

クラウドファンディング

 

近年様々な分野で行われている、個人による投資家からの資金調達ですが、不動産への融資をインターネットを通して行うサービスが始まっています。

 

価格可視化・査定

 

不動産では比較的大きな金額が動きますが、これまでは不透明な部分の多い分野でした。価格可視化・査定カテゴリーは、ITを使って不動産価格や賃料を可視化し、透明性を持たせるサービスのカテゴリーです。

 

VR・AR

 

IT業界の中でも比較的新しい技術であるVRやARを利用することで、物件に入ることなく内見を行なったり、部屋の家具配置などをデータによって再現するサービスのカテゴリーです。

 

仲介業務支援

 

不動産の取引や賃貸仲介の業務はアナログな部分が多く残っていましたが、ITを導入することでそれら業務をスムーズにします。

 

不動産情報

 

ユーザーに対する物件情報ではなく、不動産会社に向けた物件登録や掲載管理など、不動産データの扱いを効率化するサービスです。

 

物件情報・メディア

 

ユーザーに最も身近な物件データや物件広告などを扱うサービスで、例えば賃貸情報をスマートフォンで検索するプラットフォームなどのカテゴリーです。

 

IoT

 

近年加速するIoT(Internet of Things)を、不動産へ適用したサービスです。家具や家電の全てがインターネットに接続されることで、居住者は快適な生活をのぞむことができ、セキュリティ会社との連携によるサービスも提供します。

これらインターネットに接続された家電から収集したデータを解析するサービスを指すカテゴリーです。

 

管理業務支援

 

管理業務支援カテゴリーは、不動産業界における見積もり・契約分析やマンション設備分析、工事履歴分析などのあらゆる業務を効率化させるサービスのカテゴリーです。

 

マッチング

 

マッチングカテゴリーでは、物件を探すユーザーと物件の所有者のマッチングはもちろん、不動産業界における人員と業務のマッチングを指します。

 

リフォーム・リノベーション

 

不動産におけるリフォームやリノベーションにおいて、リフォーム業者とのマッチングなどを提供するサービスのカテゴリーです。

スペースシェアリング

 

スペースシェアリングカテゴリーは、空き物件などを中長期でのシェアをマッチングするサービスを指します。民泊サービスなどもスペースシェアリングカテゴリーに属します。

 

不動産techは増え続ける

 

 

不動産とテクノロジーを融合させたサービスは、各カテゴリーに属するサービスはもちろん、カテゴライズが難しい新たなサービスもリリースされています。

不動産techには、不動産業界におけるニーズはもちろん、生活基盤となる不動産を必要とするユーザーの細かなニーズに対応すべく、無数のサービスが提供されています。

カテゴライズされているとはいえ、いくつかのカテゴリーを包括するサービスも存在するため、非常にわかりにくいことも事実です。

 

不動産techに期待出来ること

 

不動産techは今後も様々なテクノロジー(AIやロボットなどのテクノロジー)を取り入れることでIT化が進んでいきます。

 

AIによる不動産tech

 

今後の不動産techに期待できる一つの技術として「AI」が挙げられます。特にAIによる物件価格の予測が進むと、不動産投資に大きな影響をもたらします。

またAIの進化により、顧客対応の範囲としてより的確なマッチングも行うことができるでしょう。入居後のユーザーはAIのサポートを受けることで、24時間のトラブル対応はもちろん、トラブルの事前予測なども期待できます。

 

まとめ

 

 

不動産とテクノロジーを融合した不動産techは、これから加速度的に広がりを見せます。不動産の売り方や管理の仕方、そして投資方法も含め、それはユーザーと不動産会社双方に大きな影響を与えることになるでしょう。

また、不動産techが加速するにつれて、不動産業務と先端技術を兼ね備えたIT技術者の需要も増えていくことが考えられます。

【プロデューサー/ディレクター】徹底比較!2つの職種の違いはある?業界による違いも分かりやすく解説!

あらゆる業界には企画を立案し実行するプロセスがあり、指揮するポジションとしてプロデューサーとディレクターが存在します。この2つのポジションの役割が明確に理解できていないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プロデューサーとディレクターの違いを徹底比較し、その仕事内容や各業界での役割を交えながら解説します。

 

プロデューサーとディレクターの違い

 

 

プロデューサーとディレクターには、責任の重さと仕事をする場所に明確な違いがあります。

プロデューサーはディレクターの上司といったポジションで、企画全ての責任を負う立場にあり、企画の立案やスケジュールなどを行います。一方ディレクターはプロデューサーの部下というポジションで、プロジェクトの詳細な管理やクライアントとの直接交渉、そして現場の総指揮を行うといった現場の責任者です。

極端なイメージでいうと、プロデューサーが主に会議で総指揮をとり、ディレクターは現場の総指揮を努めます。

プロジェクトメンバーが直接接するのはディレクターということになりますね。

プロデューサーとディレクターの違いが曖昧になってしまうのは、業界によってはそれらのポジションが明確になっていない、あるいはプロデューサーとディレクター両方の役割を兼務するということも多いからです。

 

 

プロデューサーの仕事

 

プロデューサーの仕事は、主に企画とそれに関わる全ての責任を負うことです。これは、どの業界でも同じポジションとなります。

 

企画

 

 

プロジェクトを立ち上げるには、まず企画が必要です。プロデューサーになるには一つ一つの下流工程のポジションでスキルを積み上げてきた人ですので、それらノウハウを活かして企画を立案します。

そこには、技術力の考慮や市場調査、経験から導き出す完成図、そして完成までの道筋が見えているはずです。

企画力は短期間に養われることはありません。何よりも大切なものが経験と、プロデューサーになるまでに磨かれた勘です。

 

大まかなスケジューリング

 

 

プロデューサーは、企画を実現するまでにどのようなスケジュールで進行するかという大枠を決める必要がります。そこには、人員の確保や予算の兼ね合いもあり、全てを総合して全体的なスケジュールを決定する必要があります。

ここで立てられたスケジュールを元に、現場のディレクターは更に細かいスケジュールを立て、企画を成功へ導くのです。

 

プロジェクト全体の責任者

 

 

プロデューサーは立案した企画に関わるプロジェクト全ての責任者というポジションです。ですので、万が一に備えた立ち振る舞いなどのスキルも必要とされます。

現場の進捗が遅れている場合には、ディレクターと話し合うことで現場の状況や温度感を把握し、適切な指示を出す必要がありますし、時には士気を上げるような気遣いが必要です。

誰よりもコミュニケーション能力が必要とされますし、臨機応変な対応ができる経験とノウハウが最も必要なポジションなのです。

 

 

ディレクターの仕事

 

ディレクターは、プロデューサーが企画したプロジェクトを進行するために、現場の総指揮をとります。企画として動き出したプロジェクトを実現するために細分化し、担当や細かなスケジュール管理、そして現場が円滑に動くようにコミュニケーションをとります。

もちろん、ディレクター自身もプロジェクトの実務を行うこともありますし、全体の進行状況を把握しなければなりません。

プロデューサーへの報告や、プロジェクトメンバーからの要望や質問の取りまとめを行うため、中間管理職といえばイメージしやすいかもしれませんね。

 

 

エンジェル投資家を分かりやすく解説!普通の投資家とは何が違う?

起業する、あるいは新しいスタートアップに投資する時にチェックしたいのが「エンジェル投資家」です。投資には様々な形がありますが、日本国内でもエンジェル投資家の存在はどんどん大きくなっています。そこで今回は「エンジェル投資家」とはなんなのか、そして投資家とエンジェル投資家の違いやマッチング方法を解説します。

 

エンジェル投資家とは

 

 

エンジェル投資家とは、個人資産でスタートアップ企業などに投資をする”個人”のことです。

エンジェルという名称は、1978年にベンチャーリサーチセンターの創業者が、スタートアップ企業に投資する個人を表現したことから始まりました。

起業をして間もないスタートアップ企業は実績もなく、金融機関からの資金調達が困難で、有望な事業計画でも実行に移すことが難しい状況にあります。

しかし、個人から融資を受けることで事業の実現に繋げる足がかりとなります。投資した個人にとっても有望なスタートアップに投資することへの価値は非常に高いのです。

 

 

普通の投資家とエンジェル投資家の違い

 

一般的な投資をおこなう普通の投資家とエンジェル投資家の違いは、以下のように区別できます。

 

・普通の投資家:ベンチャーキャピタル(VC)

・エンジェル投資家:個人投資家

 

それぞれの投資家は、投資金額や資金調達のハードルに違いがあります。

 

ベンチャーキャピタル(VC)の特徴

 

 

企業へ投資する投資家のうち、エンジェル投資家と比較できるのがベンチャーキャピタル(VC)です。ベンチャーキャピタルは投資を行う“投資会社”のことを指し、有望な企業への投資でハイリターンを期待します。

企業のこれまでの業績や、これから仕掛ける事業の期待値を元に、株式公開前(株式上場前)に株式を引き受け、株式公開後(株式上場後)のキャピタルゲインを獲得します。

株式上場には資金が必要ですが、上場を目指す企業はそれまでの実績を持っていますよね。これらを企業価値として資金調達を行う時に、ベンチャーキャピタルを頼るわけです。

 

エンジェル投資家の特徴

 

 

エンジェル投資家は、実績も存在しないまさにスタートアップ企業に投資する個人です。資産を持つ個人が、期待値の高いスタートアップに投資します。また、企業にとってエンジェル投資家から受けた融資は、事業そのものを実現するための資金になります。

ベンチャーキャピタルが投資する目的は企業価値を更に高め、その価値による大きなリターンを得ることです。それに対してエンジェル投資家が投資する目的は、もちろん企業が成功してリターンを得ることもひとつですが、有望な企業をスタートから支えることで若い起業家や次世代を応援することなのです。

エンジェル投資家のほとんどは、自身が事業で成功した資産家などで、資金と同時にノウハウも提供するというスタイルが多く、経験値の少ない起業家にとっては頼れる存在です。

ただし、実績のないスタートアップ企業への投資は、すでに実績のある企業への投資と比べても遥かにリスクの高い投資です。どんなに成功率が期待できる事業計画でも、途中で頓挫してしまうことは常に考慮しなければなりません。

一方スタートアップ企業側から見れば、実績がない状態でも投資をしてくれるエンジェル投資家は、強力な支援者となるのです。

 

クラウドファンディングとの違い

 

エンジェル投資とクラウドファンディングの違いは、その事業の幅です。

クラウドファンディングでは、スタートアップ企業の他にもアーティスト活動や個人の活動をサポートします。調達資金額も非常に少なく、投資する側も複数の一般の個人が少額ずつ支援するといったスタイルです。

 

 

フリーアドレスオフィスとは!メリットデメリットや、業種による向き不向きを徹底解説!

一日中同じ場所にとどまって仕事を続けることを苦痛だと感じる人もいますし、部署以外の社員とも交流をしたいという人もいるでしょう。社内で仕事をする上である程度の自由が欲しいという人に最適な環境がフリーアドレスオフィスです。今回は、フリーアドレスオフィスとはそもそも何なのか、メリットやデメリットを交えながら徹底解説します!

 

フリーアドレスオフィスとは

 

 

近年登場した新しいオフィスの在り方

 

フリーアドレスオフィスとは、社員個人の定められたデスクは無く、誰もがオフィス内の好きな場所で仕事をするスタイルです。

従来のオフィスには、個人個人のデスクが並べられ、更には部署ごとの島に分けられているといったスタイルでした。

近年流行り始めたフリーアドレスオフィスでは、個人の”決められた場所“という概念が取り払われ、各自がオフィス内の好きな場所で作業ができる作りです。

例えば、オフィスの真ん中には大きなテーブルが置かれ、窓際にはカフェスタイルのテーブル、ソファーなどが置かれたスペースや畳のスペースを持つなど、各々が仕事のスタイルを選べる環境が提供されているのです。

フリーアドレスオフィスでは、部署やチームが分かれて配置されるといった概念は無く、あらゆる社員が自由に作業を行なっています。一つの場所には複数の部署の社員が意見を交換しながら作業をしていたり、集中したい場合には誰もいない場所で一人黙々と作業に没頭することができるのです。

 

フリーアドレスのメリット

 

他部署の人と刺激し合う

 

フリードレスオフィスのメリットには、さまざまな部署の社員と顔を合わせるという特徴があります。

従来のオフィスでは、部署ごとに配置されたデスクから動かずに仕事をするため、他部署の社員と接する機会はほとんどありませんでした。

しかし、フリーアドレスでは全ての社員が自由に好きな場所で仕事をするため、隣にいる人が別の部署であることは珍しくありません。隣り合わせて座った二人が全く違うプロジェクトに携わっている可能性もあるのです。

普段、同じ部署で同じプロジェクトの仲間同士でしかコミュニケーションを取らない環境よりも、違った部署やプロジェクトメンバーと接することで新たな発想や気づきを得るチャンスをもたらします。

 

場所を変えて気分もリフレッシュ

 

 

同じ会社の同じデスクで毎日を過ごすよりも、自分の好きな場所へ移動しながら作業をすることでマンネリ化しない工夫を取り入れられます。

一箇所にじっとしているよりも目に入る景色や光の角度が変わるだけで、リフレッシュする効果があり、集中が途切れたら別の場所に移動して作業を続けるというのも効率的な仕事を行う一つの方法です。

もちろん、人によって向き不向きがありますので、いつも決まった場所で仕事をしたい人もいるでしょう。しかし、そんな人にとってもフリーアドレスオフィスの作りは開放感を感じることができるでしょう。

 

必要最小限の道具だけ

 

 

フリーアドレスオフィスでは、いつでもどこでも仕事ができる環境です。もちろん無線LAN設備もありますし、電源の取り回しも完備しています。移動する場合に持ち歩くものは、基本的に必要最小限の仕事道具であるPCやメモ帳くらいです。資料のほどんどは電子データとして共有ファイルサーバーやPCの中に保存しています。

逆に言えば、紙ベースで多くの資料が必要な場合やさまざまな機器が必要な業務では、非常に使いにくいオフィス環境だと言えるでしょう。

 

省スペース化

 

 

企業のオフィスの広さは、従業員や設置する道具などによって決めますが、その際にはデスクを人数分用意する必要があります。また、書類が多い業種ならばそれに合わせた書棚なども必要で、ある程度のスペースを”モノ“で埋めることになります。

しかしフリーアドレスオフィスでは、まず社員数分のデスクを用意する必要はありません。企業の趣向によってテーブルやソファーを置くなど”みんなが共有できる“広さのスペースを用意します。デスクを敷き詰めるよりも空間を自由に使い、配置することができますので、うまく導線を置くことでオフィスの省スペース化も実現できるのです。

 

フリーアドレスのデメリット

 

 

集中力は本人次第

 

フリーアドレスでは、部署やプロジェクトチームが思い思いの場所で作業をしますので、自身のスタイルに合わせた移動も可能です。

しかし、自分一人だけが利用できる個室スペースはないため、必ず誰かが隣り合わせたり、視界に入ります。これにより集中力を失ってしまうという人もいるかもしれません。

本人の仕事のスタイルにもよりますが、周りが気になって集中できないというデメリットが懸念されます。

 

場所が自然と固定される

 

作業を行う場所が自由であっても、人は自然と同じ場所を選んでしまうものです。例えば自宅でも、毎日過ごす自分の“位置“が決まっている人も多いのではないでしょうか。思い返せばいつもソファの左端にいるなど、自然と自分の位置を決めてしまっているのです。

いくらフリーアドレスとはいえ、同じ人がいつも同じ場所で作業をしているなど、大体の配置が決まってしまうといったデメリットも潜んでいます。

 

部署単位などの管理がしにくい

 

 

フリーアドレスオフィスでの一番のデメリットは、チームや部署単位での管理が難しくなることです。オフィス内ではチームや部署に関係なく、個々が自由に場所を選んで仕事をしますので、一見誰がどこにいるのかを把握することは非常に困難です。

もちろん、フリーアドレスを導入する企業であれば、周知事項はチャットやメールを利用し、スケジュールは社内共通のサービスを導入しているでしょう。

しかし、部長やリーダーといったポジションの人が、従業員ひとりひとりの行動(体調の変化や何かを訴えたいそぶり)などを察知することは難しくなります

従業員全ての人が自立した組織でなければ意外なデメリットが見えてくるかもしれません。

フリーアドレスオフィスに向いている業種

 

フリーアドレスオフィスに向いている業種は、やはりITをメインに業務を勧められる業種です。主に以下のような条件を満たす業種であればフリーアドレスオフィスの導入が可能でしょう。

 

・書類はデータ化されていること

・コミュニケーションはチャットなどのリアルタイムで行えること

・情報共有は社内共通のサービスをりようしていること

・移動時の持ち物が少ないこと(PCのみで業務を進められるのが理想)

・基本的にはチームが集る必要のない業務であること

・極論を言えばリモート業務が可能であること

 

などです。

これらを満たす業種は、ほとんどの場合ソフトウェア開発などを主としたIT企業になります。また、書類のデータ管理や情報共有の仕組みをしっかりとIT化している営業職などでもフリーアドレスを取り入れることは可能です。

 

フリーアドレスオフィスに不向きな業種

 

フリーアドレスオフィスに不向きな業種には、業務に利用する”モノ”が多いといった特徴や、必ず数人で行う物理的な作業をともなう業種です。また、社内のIT化が進んでいない業種もふりーアドレス化は向いていません。

主に、以下のような条件がある場合にはフリーアドレスオフィスは向いていないと言えます。

 

書類のほとんどを紙ベースで扱わなければならない

・物理的な”モノ“を数人で同時に扱う作業がある

・コミュニケーション手段や情報共有手段がIT化されていない

・部署やチームごとに強固なセキュリティを必要とする

 

全ての業務がオフィス内で完結する業種でも、上記の条件があるならばフリーアドレス化には向いていません。

特にセキュリティに関しては、社内であっても共有できない情報を扱う部署は、フリーアドレスにすべきではないのです。フリーアドレスはひとつのオフィスがオープンな環境です。オフィスの出入り口に強固なセキュリティを施しても、繋げる無線LANネットワークを分けたとしても、必ずセキュリティ上の穴ができてしまいます。

 

まとめ

 

 

フリーアドレスオフィスを持つ数々の企業に共通する印象としては、やはり開放感と”明るさ”です。“明るさ”ひとつとっても「光量」と「雰囲気」の両方の明るさが際立ちます。これらの要素は、業務を行う上でメリットも多く取り込めますが、その影でデメリットも存在します。

近年のIT企業ではフリーアドレス化はひとつのブームとなっていますが、これから転職をする際にフリーアドレスで働ける環境を目指す人も、企業としてフリーアドレスオフィスの構築を目指す場合も、メリットとデメリットをしっかりと把握しシミュレーションした上で環境を選ぶことが大切です。