『SNSマーケティング』のメリット・デメリットを徹底解説!なぜ有効なマーケティング手法なのか?

現代の情報伝達は、テレビやラジオよりもSNSの方が圧倒的に速く伝わります。それは新たなマーケティング手法となりました。またSNSへの期待は、利用方法の手軽さやコスト面など様々です。そこで今回は、SNSマーケティングのメリットやデメリットを交えながら、SNSマーケティングがなぜ有効な手法とされているのかを徹底解説します。

 

SNSマーケティングとは

 

 

SNSマーケティングとは、個人アカウントから始まったソーシャルメディアをビジネスに活用するというマーケティング手法です。

これまでのマーケティングは、テレビやラジオといった公共の電波を通したCMや、紙媒体の広告を新聞などに挟んで配るいわゆるチラシでした。その後、インターネットが主流になった頃からは、WEBページに広告するといった手法がメインになっていきました。

しかし、TwitterやFacebookといったSNSが普及したことにより、多くの人の目に触れる広告方法から、個人のアカウントへ広告するというマーケティングが効果を上げ始めました。

現在では、利用者個人の興味に合わせた広告や宣伝文句が、個人アカウントに流れます。また、SNSを通して収集された個人的な興味や生活リズムなどもマーケティングに活用されるようになり、SNSの利用者も必要な情報を的確に収集することができるようになったのです。

そして、SNSマーケティングにおいて期待されることは、世界を繋ぐインターネット上での“大規模な口コミ”による“収益”なのです。

 

SNSマーケティングの方法

 

SNSマーケティングは、企業が単にSNSアカウントを持って宣伝するだけではありません。

もちろん、新商品やキャンペーンなどを周知する際には、企業のSNSアカウントを使って広告することで、コスト削減などにも繋がります。しかし、SNSマーケティングの真髄は、SNSを利用する個人の趣向がフィードバックされたデータにあります。

主に対象となるのが、私たち消費者の利用が多い以下のようなSNSです。

 

・Facebook

・Twitter

・Instagram

・LINE

・TikTok

などです。

 

これら全てに企業自身がアカウントを作成し、インパクトのあるワードを爆発的に広めることも可能です。しかし、SNSマーケティングでは、これらSNSを利用する消費者の“繋がり”を基に、個人の関心に対してピンポイントに広告することが重要なのです。

また、広告を見たユーザーがSNSを通して情報を拡散し、対象コンテンツへのアクセスに繋げることこそ、SNSマーケティングの目的となります。

 

SNSマーケティングのメリット

情報の伝播が早い

 

 

SNSマーケティングの最も大きなメリットとして挙げられるのが伝播の速さです。いかに速く情報を周知するかという点においては、SNSは群を抜いています。

特に、個人のアカウントに関しては主にスマートフォンを活用している場合が多いです。そのため、新しい情報の通知機能や、それをいつでも確認できる手軽さ、そして情報をシェアする手順の単純化により、想像を超えるスピードで情報が伝わります。

また、情報が拡散する時間帯も、多数のユーザーの行動に左右されるため、意図的に操作せずともまんべんなく拡散される利点もあるのです。

 

ブランディング効果

 

 

企業のSNSアカウントを持つことで、自社やその製品自体に対するブランディング効果を得ることもできます。

信頼あるインフルエンサーが情報を拡散する、あるいは多くの評価(「いいね」や「リツイート」の数)を得ることで、その価値は飛躍的に上がり、国内外に限らず周知されることになります。

企業のアカウントが有用な情報を流し続けることで、信頼性のあるアカウントとして確立すれば、それも企業のブランディングとして成り立つのです。

SNSマーケティングは、商品の広報だけではなく、企業自体の市場価値を上げるブランディングにまで影響するということですね。

 

関心や信頼度が高まる

 

 

SNSを利用したマーケティングでは、利用者の趣向にマッチした情報を広告するため、その情報に対する関心は比較的高く保つことができます。

また、拡散先となるユーザーも、拡散元と何かしらの繋がりがあるユーザーが対象であり、その情報に対する「いいね」や「リツイート」などの数も影響し、情報の信頼度も高まります。関心のある情報が、比較的信頼度の高いユーザーから拡散されることにより、広告自体の信頼度を保つ結果となるのです。

SNSを使ったマーケティングでは、ユーザーの関心とその繋がりが非常に重要な要素となり、マーケティングにおけるメリットへ直結しています。

 

広告コストの削減ができる

 

SNSを利用したマーケティングでは、テレビCMや看板広告といったものに比べ、圧倒的にコストを削減することができます。更には、その伝播速度から認知度の広がりも期待できるのです。

コストを抑えて認知度を高められるSNSマーケティングは、これまでのマーケティングの在り方すら変えてしまったといっても過言ではないでしょう。

 

対象のコンテンツへの誘導効果

 

 

SNSマーケティングでは、個人のSNSに対して関心のある広告をピンポイントで提供できるメリットもあり、それは対象のサイトや商品への大きな誘導効果を生みます。これは、自社サイトへの流入をうながし、販売促進に大きな効果を期待できるのです。

 

効果を可視化しやすい

 

 

マーケティングの効果を確認するためには“数値化”が必要です。つまり、マーケティングに対しての収益を目に見える形にするのです。SNSマーケティングでは、その可視化が非常に容易で、また正確な値を確認することが可能となります。

例えば、自社サイトへの流入元を分析することで、どのSNSからのアクセスが多いのか、年齢層から地域に至るまで、詳細なSNSマーケティング効果を確認することができるのです。

この分析から、ターゲットの変更や集約、あるいはサイト構成や製品改良など、様々な分野に効果的なデータを得ることができます。

 

SNSマーケティングのデメリット

 

悪い評判も伝播が速い

 

 

SNSマーケティングにおいてのデメリットは、いわゆる悪い評判の伝播も早いということです。情報発信元が、そもそも間違った情報を流してしまうといったミスももちろんですが、受け手であるユーザーの勘違いから悪評が広がってしまうということも日常茶飯事です。

このような事態は、企業や商品のブランディングどころか、関連する情報の全ての信頼を一瞬で失うことになってしまうのです。

 

訂正が容易ではない

 

 

万が一悪評が拡散されてしまえば、それを訂正することは容易ではありません。SNSではネガティブな情報ほど拡散が速く、更には伝言ゲームのように尾ひれの付いた状態で拡散され続けます。いわゆる“炎上”ですね。

一度炎上すると、それはほとんどの場合、時間の経過を待つしかなく、話題が消えると同時に信頼性も失ってしまうのです。

一部では、この炎上を利用したSNSマーケティングとして“炎上商法”とも呼ばれるマーケティングがありますが、真摯にユーザーを相手取る企業が利用する方法ではありませんね。

とは言え、炎上商法もSNSマーケティングという分野においては、あるいみ有効な手段との認識もあるようです。

 

SNSが有効なマーケティング手法である理由

 

SNSが有効なマーケティング手法である理由は、以下のようにまとめることができます。

 

・情報伝播が速い

・ブランディング効果を狙える

・個人の趣味趣向にあった宣伝が可能

・マーケティングにおけるコスト削減が可能

・コンテンツへの誘導効果が高い

・数値化による分析が容易

 

SNSが登場する前の、テレビCMやチラシによる広告よりも、圧倒的に有効な手段がSNSマーケティングと言えますね。

 

まとめ

 

 

インターネットを基盤としたSNSが、個人レベルで活用されることで、マーケティング手法は変わりました。テレビやラジオよりも圧倒的に使い勝手の良いスマートフォンやタブレットは、SNS利用を加速させ、個人レベルでの情報戦も繰り広げられています。

SNSマーケティングにおいて拡散する情報は、より速く情報を得たいユーザーにとっても“戦利品”となるのです。こういった面でも、伝播の速さを利用したSNSマーケティングが、とても有効な手段であることが分かります。

また、SNSマーケティングを続けていくということは、企業や商品に対する情報がインターネット上に残っていくことになります。それはいずれ、ただの広告ではなく“歴史”や“資産”としても貴重な存在となっていくでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

0

【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

【あなたは知っていますか?】「労働時間の定義ってなに?」を徹底解説!

昨今では、就職先の労働時間に疑問を持つ人も多いようです。あまりにも理不尽と思える働き方についても、インターネット上のSNSなどでは、いわゆるブラック企業という通名で表されていますね。そこで今回は、労働環境が正しいのか否かを判断するための指標の一つである「労働時間の定義」について徹底解説します。

 

労働時間の定義

 

労働時間には、大きく分けて以下の2種類を意識しておく必要があります。

 

・法定労働時間

・所定労働時間

 

労働時間は、労働者の時間を法的に定められた「法定労働時間」を基準に企業が作った「所定労働時間」があり、基本的に労働者は雇用契約で定められた「所定労働時間」に沿って労働を行います。

 

法定労働時間は18時間で1週間に40時間まで

 

 

労働時間は、労働基準法によって定められています。

まず、原則としては以下が定められています。

 

使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。(労働基準法32条1項)

 

これは、雇用する企業側が原則として守らなければならない規則です。

もちろん、これを超える労働環境は存在しますが、企業ごとの雇用規約は、上記を基にその他のルールも絡めた形で守られています。

規則を無視して、明らかに労働者に負担となる労働時間を“強いられる環境”が、いわゆるブラック企業と言われています。(もちろん、その所以は長い労働時間だけが原因ではありませんが、その一端となり得るものです。)

 

所定労働時間は雇用契約で定められた労働時間

 

 

所定労働時間とは、雇用する側の企業が法定労働時間の範囲内で独自に決める労働時間のことです。

あくまでも法定労働時間に従う形での規約となりますが、どうしても法定労働時間内では足りない場合は、“変則的な労働時間”として厚生労働省が示すルールに沿った労働時間を決めることができます。

私たちが企業に就業する際、雇用契約書に記載されている労働時間は所定労働時間としてとらえましょう。

万が一、雇用契約において明らかに法定労働時間を逸脱している場合は、しっかりと契約前に確認する必要がありますので、私たちも法定労働時間のルールをしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

変則的な労働時間

 

フレックスタイム制

 

 

多くの企業に適用されている労働時間に対する制度の一つが「フレックスタイム制」です。既にフレックスタイムを日常的に適用している人も多いのではないでしょうか。

フレックスタイム制とは、例えば一週間と決められた範囲でフレックスタイム制を導入した場合、法定労働時間で定められている1週間に40時間まで」というルールの範囲内であれば、従業員の意思で自由に労働する時間帯を決められる、という制度です。

ですので、月曜日に3時間しか労働しなければ、その他火曜日〜土曜日において、計40時間になるように調整するという働き方ですね。

もちろん、コアタイムという出勤しなければならない時間帯が設けられていますが、それ以外の時間は、出勤や退勤は自由ということです。

ちなみに、自由に労働できる時間帯をフレキシブルタイムと言います。

 

みなし労働時間制

 

 

みなし労働時間制とは、企業が従業員の労働時間を把握しにくい業務において適用する制度です。簡単に表現すると、条件に合った職務に対して定められた時間分労働したこととみなすルールです。

社内で勤務する従業員に対しては、労働時間を組織単位で管理することが可能ですが、社外で勤務する従業員に対しては、労働時間を把握することは困難ですし、従業員自身に時間管理を任せた方が効率の良い業務も存在します。

 

変形労働時間制

 

 

繁忙期や年度末などは、どうしても業務負担が多くなりがちです。そんな時適用されるのが変形労働時間制です。

例えば、1週間の変形労働時間制適用された場合には、月曜日に10時間労働を行い、火曜日は4時間労働など、変則的な労働時間を1週間に40時間を超えない労働を行います。

ただし、月曜日に10時間労働をしたからといって、ここに残業代は発生しません。1週間に法定労働時間を超えない限り、時間外労働とはみなされず、企業は残業代を支払う必要が無いという制度なのです。

雇用契約に変形労働時間制が明記してある場合は、この制度を理解しておくことが大切ですね。

 

労働時間とみなされるもの

 

 

雇用契約において、労働時間とみなされるものを把握しておくことは重要です。業務を開始するには準備も必要ですし、業務が終われば退勤準備の片付けも必要ですよね。”常識“的な行動は大切ですが、それが労働時間に含まれるのか否かをしっかりと把握しておくことも重要ですので、まずは労働時間とみなされるものについて見ていきましょう。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

【面接マナー】これだけでも抑えておこう!正しい言葉遣いからマナーまで徹底解説!

自分の人生を左右する面接は、誰もが緊張します。また、面接を受ける際のマナーを調べると、沢山のマナーが紹介されていて、更に緊張をしてしまいますよね。しかし、実際には最低限の常識的なマナーを守り、相手に対して失礼がなければいいのです。そこで今回は、面接マナーとして最低限抑えておきたい正しい言葉遣いやマナーを徹底解説します。

 

面接マナーで抑えておくこと

 

 

面接マナーには、面接に行く服装や持ち物、面接場所に到着してから担当者に会うまでの準備の他にも、面接当日に失礼のないよう準備をしておくこと全てがマナーに含まれます。

 

・他社を訪問する際には「時間」「場所」「相手の名前」「相手の連絡先」を事前に確認しておく

・服装は、目につくシワなどの無いなど、相手が気になる”だらしなさ“がないこと

・相手を待たせないように、5分前には到着する

・訪問先では、名前と目的、訪問先相手の名前をしっかりと告げる

・相手と対面した際には、改めてしっかりと挨拶をする

・面接場所は相手の場所ですので、椅子に座る場合なども相手に合わせる

・話をする時は、適度に相手の目を見て話す

・質問されたら「はい」「いいえ」で終わることのないコミュニケーションを大切にする

・面接終わりや退室の際には、改めて挨拶をする

・努めて正しい言葉遣いを意識する

 

とは言っても、これは面接でなくとも、公の場で人に会う時に“失礼のないように“守るマナーであって、特別な心構えというわけではありません。

しかし、面接という特殊な緊張感が上乗せされることで、特殊なマナーだと思いがちです。この考え方を見直すことで、”失礼のないように“振る舞うことマナーであることが分かってきます。

普段からマナーを意識しているかどうかは、面接時でのぎこちなさにも現れてきますので、面接マナーで抑えておくことがあるとすれば、上記のようなマナーを普段から自然に身につけておくということです。

 

正しい言葉遣いと使ってしまいがちな言葉

 

 

正しい言葉遣いは、堅い言葉遣いとは違います。言葉の意味を理解した上で、誤解が生じないコミュニケーションをとるための言葉遣いであり、それは敬語であり尊敬語であり丁寧語です。

もちろん、普段の話し言葉を使うのは大人として失礼に当たりますよね。これは論外ですが、普段言葉の意味を間違って使っているものを直しておく必要があります。

例えば以下のような例があります。

 

・私:読み方は「わたし」や「わたくし」です。男女共に私と表現することが望ましいです

・参ります:「行きます」ではなく「参ります」を使いましょう

・存じ上げる:「知っている」ではなく「存じ上げる」を使いましょう

・伺う:「聞く」ではなく「伺う」を使いましょう

・拝見する:「見る」ではなく「拝見する」を使いましょう。

・おっしゃる:相手が言ったことに対しては「おっしゃる」を使いましょう

・後ほど:後で何かをする場合は「後で」ではなく「後ほど」を使いましょう

・問題ございません:大丈夫だと判断した場合は「問題ございません」を使いましょう

・では:「じゃあ」という言葉は使ってしまいがちですが「では」を使いましょう

・承知致しました:「了解しました」ではなく「承知致しました」を使いましょう

 

などです。

ある程度の敬語は意識しなくても使えるものですが、普段使いの言葉を口にしてしまいがちです。ですので、相手を目上の人であるという意識を持って接することが、基本的な心構えになります。

 

マナー 〜訪問編〜

 

建物内では上着を脱いでおきましょう

 

 

面接を行う建物に到着したら、コートなどの上着は入り口で脱いでおきましょう。コートを羽織ったままというのもマナーとしては良くありませんし、コートを訪問先の備品に引っ掛けて壊してしまうなどの粗相を予め防がなければなりません。

 

リュックの場合は手に持ち替えておきましょう

 

 

近年では、ビジネス用リュックも流行っています。面接では基本的に手持ちのバッグが推奨されますが、もしビジネス用リュックを着用している場合には、リュックを下ろし手持ちに変えておきましょう。

これは、見た目やマナーはもちろんのこと、資料などをすぐに出せる体制を整え、相手を待たせないという配慮にもつながります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

6+

【徹底比較!】システム運用 vs システム保守!両者の役割の違いから将来性まで分かりやすくご紹介します!

IT化された私たちの日常社会では、24時間365日休まずにシステムが動いています。そこで活躍するのがシステム運用やシステム保守を行う技術者です。システム運用と保守はよく混同されますが、そこには明確な役割の違いがあります。そこで今回は、システム運用とシステム保守の役割の違いから将来性までを分かりやすく紹介します。

 

システム運用とシステム保守の違い

 

システム運用は業務を遂行する

 

 

システム運用は主に、企業の業務を把握した上で、システムに対する業務を遂行します。

システムへのデータ入力や、マニュアルを基にしたオペレーションを行うのがシステム運用です。

セキュリティについてのメンテナンス(アップデート)などの定期的なオペレーションも含まれるため、企業の業務全般を把握しておく必要があります。

 

システム保守は変更やトラブル対応も行う

 

 

システム保守は、運用中のシステムに対する変更を行うために、根本となるプログラムやデータベースへ直接アクセスします。

脆弱性などが見つかれば、プログラムの入れ替えやメンテナンスを行いますし、システム上のトラブルが起これば、臨機応変に対応する必要があります。

ですので、システム保守を行うには、業務の全体把握に加えて、システムの仕組みを深く理解しておく必要があります。

 

システム運用に必要なスキル

 

業務を正確に実行するスキル

 

 

システム運用に必要なスキルは、企業の業務の中でも、システムを利用した業務を完全に把握するスキルです。

システム運用におけるオペレーションを間違えば、通常業務が止まってしまうなど、多大な影響を与えます。

また、セキュリティをはじめとしたシステムの脆弱性に対する、システムアップデートなどは、通常業務とスケジュール調整をしながら、確実に行わなければなりません。

ちょっとしたオペレーションミスというヒューマンエラーが起き、業務に支障を与えてしまいますので、スムーズな業務遂行にとってミスの許されないポジションでもあるのです。

 

システムの全体を把握するスキル

 

 

システム運用で業務の全体を把握しておくことと同等に、システム全体を把握するスキルが必要です。

通常のオペレーションにはマニュアルが用意されていることがほとんどですが、マニュアル通りに操作する場合でも、システムがどのような業務にどう関わっているのかを把握しておかなければ、操作に影響する機能を考慮することができません。

万が一トラブルが起こった場合は、オペレーション前後のシステムの状態がどのようになっていたのか、それを前提としてどのようなオペレーションを行なったのかをしっかりと把握しておくことは、迅速なトラブル解決につながります。

 

システム保守に必要なスキル

 

 

システムの仕組みを理解するスキル

 

システム保守では、システムの詳しい仕組みまでを理解するスキルが必要です。システムをアップデートする際には、もちろん手順書が用意されますが、アップデートを行う際には、それに影響する機能を把握しておく必要があるからです。

システムの変更は、業務において大きなインパクトを与える作業です。万が一に備えて、切り戻しなどの対策も立てなければなりません。

その際には、システムの仕組みを理解しておくことが重要な要素となるのです。

 

プログラミングのスキル

 

 

ある程度のプログラミングスキルが必要です。システム保守を行う際には、システムの核となるプログラム部分に多く触れます。

直接コーディングを行うことは少ないかもしれませんが、どのようなソースとなっているかを読み解くスキルを持つことで、影響範囲を把握することができるからです。

また、アップデートなどを行うプログラムの、メモリの使い方やCPUの負荷によってはアップデートにで障害が起こる可能性もあります。

その時、プログラミングはソースを読み解く力として発揮されます。もちろん、システム保守の技術者が直接ソースを書き換えるということは稀ですが、不具合の原因に当たりをつけることで、迅速な改修につながる可能性が高くなるのです。

 

機器に関するスキル

 

 

システムが稼働している機器に関するスキルも必要です。システム保守は、ソフトウェアだけの保守を行うわけではありませんし、不具合の原因がソフトウェアだけに限定されることはあり得ません。

システムの万全な運用が行えるように、システム保守では機器のメンテナンスにも気を配る必要があるのです。

その範囲は膨大なもので、サーバー機器やネットワーク機器をはじめ、機器につながるケーブルや電圧、サーバールームの環境にまで至ります。

機器は非常に繊細で、埃や熱などが大きなトラブルを招くことは多々あります。特に不具合が起きた機器の原因が熱暴走であることを突き止めるには、意外と時間がかかるものです。

システム保守を行う上では、一定の業務把握だけではなく、プログラミングやITインフラに至るまで、幅広い知識と経験が必要なのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

【徹底比較】転職理由 vs 志望動機!両者の違いから、履歴書への書き方や面接での話し方まで解説します。

転職理由と志望動機は、明らかに違うものであると認識することが重要です。転職理由と動機を混同していると、履歴書への書き方や面接における話し方にまで無意識に出てしまうのです。そこで今回は、混同しがちな転職理由と志望動機の違いを確認しながら、転職における履歴書の書き方や面接での話し方を解説します。

 

転職理由とは

 

 

転職理由とは、新しい職場や職種への転向を決めた理由です。例えば以下のような理由が考えられます。

 

・もっと高い給与を望みたい

・職場の人間関係に問題があった

・職場の体制に不満があった

・転勤をしたくない

・今の職種以上にやりたいことが見つかった

・基本的な技術を身につけたので、更に上流工程を経験したい

 

これらは全て、現職種や職場から離れて、自分の仕事に対する望みを叶えたい欲望で、転職する理由は基本的に、居場所やポジションを変える動機です。

転職を決意した理由には、ポジティブな内容が含まれないことも多いと思います。それは、今よりも良い条件を求めて転職を決意するのですから、当然ですね。

 

志望動機とは

 

志望動機と転職理由はリンクする部分がありますが、志望動機はこの企業なら思い描いた仕事ができると確信した理由です

例えば、転職する理由が「もっと高い給与を望みたい」や「職場の人間関係の問題」であったとしても、これらは転職先にその企業を選んだ動機にはなり得ません。

転職する理由となった原因を取り除くために別の企業を選ぶのですが、転職する理由をそのまま志望動機と捉えれば、それは“前の企業でなければどこでも良い”などといった考え方になってしまいます。

転職を決意したあとに、自分の望む条件に合った企業を探します。そして多くの企業の中から“その企業”を選んだ理由、“その企業でなければならない理由“こそ志望動機として明確にすべきことなのです。

 

転職理由と志望動機の明確な違いを意識する

 

転職理由と志望動機の明確な違いを意識すれば、前の会社でなければどこでも良いという気持ちを、志望動機にするという失敗を避けられます。

 

・転職理由:その他の企業を広く選ぶ決意をした理由

・志望動機:一つの企業に興味を持った明確な動機

 

より良い職に就くために視野を広げて企業をリサーチし、自分が求める条件を持った企業に興味を持つ流れですね。

 

履歴書への書き方

 

自分をプレゼンする

 

 

転職活動の中で、自分自身が望む企業を見つけたら、なぜその企業に注目したのかを書き出しましょう。

良いと感じた企業に対して志望動機を書くときには、あなたの経験はその企業で、どんなふうに役に立つのかをプレゼンする気持ちで書くことが大切です。

「前職が自分に合っていなかった」や「より高い給与を得たい」などの理由は、自身が転職したい理由にすぎず、その企業に興味を持っているとは言えません。

その企業で、自分が如何に実力を発揮し、企業の何に貢献できるのかを明確にするのが大切です。これはいわば、自分自身を売り込むプレゼンなのです。

 

経歴や経験は自分の武器と認識する

 

 

その企業でどのような働き方ができるか、その企業で何ができるかは、自分が培った自身の経歴や経験が武器となります。

全く違う分野へ転職する際にも、過去の経験で役に立つものが必ずあります。それら全ては志望動機に絡めることができます。

むしろ、これまでに得た知識や経験を活かし、満足できる仕事をしたい思いこそ、立派な志望動機となるのです。その企業をじっくりとリサーチし、自分自身の武器をどのように使いその企業で働くのかを考えてください。

ただし、これは自分自身を企業に捧げるという観点ではなく、その企業で自分が、納得のいく仕事ができることを証明する観点が含まれているのです

 

質問させる書き方

 

 

履歴書は、面接の場でも活用されます。そして、面接官が履歴書を見ながらあなたと対峙します。その時、面接官が知っていることは“履歴書の情報”だけですよね。面接の際には、履歴書に記載されている事項を中心に面接が進みます。

履歴書の志望動機に全てを詰め込んで書いていると、暗記したものを読むだけになってしまいますので、動機の記載は大まかな要点だけを記載しましょう。そうすれば、面接官もあなたに対して“もう少し知りたいこと”が出てきます

“あなたについて知りたい”と思わせることは、自分自身のプレゼンにとっては第一歩となります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

「サーバーの仮想化」ってどういうこと?今更聞けない基礎知識から徹底解説します!

私たちがPCやスマートフォンでインターネットを利用する時、必ず接続しているのがサーバーです。サーバーにはサービスを含め様々な種類がありますが、もっと大まかに分類すると物理サーバーと仮想サーバーに分かれます。今回は、サーバーの中でも「サーバーの仮想化」について、サーバーの基本的な知識を交えながら解説します。

 

サーバーの仮想化とは

 

仮想化と聞いても、その概念がなかなかイメージできない人も多いと思います。一般的に浮かぶのは、広く無機質なフロアーに黒いロッカーボックスが並び、数え切れないほどのケーブルが配線されている部屋のイメージではないでしょうか。

もしそのようなイメージを持っているならば正解です。正確には、そのロッカーボックスの中に何台もの機器が綺麗にラッキングされています。そして、その機器がいわゆる「物理的サーバー」です。

手で筐体を組み立てることができ、ラックに設置した後に電源ケーブルやLANケーブルを配線するという、物理的に設置するサーバーなのです。

対して、これらの物理的サーバーに「仮想化ソフト」をインストールし、そのソフトウェア上に稼働させるいくつものサーバーを「仮想サーバー」と呼びます。ですので、サーバーの仮想化を実現するには、最低一つの物理的サーバーが必要というこということですね。

 

仮想サーバーの利用

 

仮想サーバーは現在、あらゆるITサービスで利用されています。ソフトウェア開発会社などの企業内でも、コンシューマー向けのレンタルサーバーでも用いられているため、仕事でもプライベートでも、それと意識することなく仮想サーバーに触れていることになります。

 

開発サーバーで利用される

 

 

仮想化技術が利用されるシーンとしてはまず、サービスの開発サーバーが挙げられます。IT技術者が最も仮想化されたサーバーに触れる場所ではないでしょうか。

開発サーバーに仮想化技術が用いられる背景としては、サーバー機器のコスト削減はもちろん、複数の実行環境を1台のサーバー機器で賄えることが挙げられます。

例えばこれまで、複数のプロジェクトがあれば、プロジェクトごとにサーバー機器を購入し、プロジェクトの数だけサーバー機器の構築・運用・保守をしなければなりませんでした。

しかし、1台のサーバー機器の中に、プロジェクトの数に応じた複数のOSを載せることができれば、運用も保守も実質1台のサーバー機器に集約することができ、効率的なサーバー運用が可能になるというメリットがあるのです。

サーバーが仮想化されているのか否かを開発者が意識することは無いかもしれませんが、それを支えるITインフラ技術者(サーバー技術者など)は、環境が効率よく運用されるために、サーバーの仮想化を決断するはずです。

 

レンタルサーバーで利用される

 

 

インターネットの一般ユーザーが最も意識できる仮想サーバーは、レンタルサーバーを契約する時でしょう。

個人的なブログなどを、独自ドメインの取得から行う人はおそらくレンタルサーバーの選定もするはずです。もちろん、サーバー機器そのものをレンタルするプランも存在しますが、ほとんどは仮想サーバーをレンタルしています。

仮想サーバーならば、1台の機器にいくつものサーバーを稼働させることが可能ですので、複数のユーザーへのサーバー提供も、サーバー機器1台で行うことができます。

このように、日常的に使っているサーバーの半数以上は、現在サーバーの仮想化によって成り立っているのです。

 

サーバーを仮想化するメリット

 

ここまでで、サーバーを仮想化するメリットはだいたいイメージできたかもしれませんが、より具体的なメリットを紹介していきます。

 

コスト削減

 

 

サーバーの運用において、大幅なコスト削減を実現する方法の一つが「サーバーの仮想化」です。

特に、多数のサーバーを稼働するプロジェクトやサービスにとっては、その数に比例してサーバー機器自体を増やすことは現実的ではありません。

ですので、サーバー機器やそれに付随する周辺機器のコスト削減方法として、1台のサーバー機器の中に必要台数分の仮想サーバーを立ち上げ、運用します

 

リソースの節約

 

 

サーバー機器という個体を稼働させるには、電源ケーブルやLANケーブル、設置するスペースはもちろんのこと、搭載するCPUやメモリーなどのリソースが必要です。

仮想サーバーでは、一つのサーバー機器のリソースを共有します。仮想サーバーの台数に関わらず、利用するリソースは同じものを使うのです。

これらリソースの使い方に関しては、仮想化を実現するためのソフトウェアでもある程度制御してくれますが、手動でのチューニングを行うのもサーバーエンジニアの重要な役割です。

 

効率的なサーバー構築が可能

 

 

 

1台のサーバー機器を必要台数分構築するためには、筐体のキッティングからラッキング、OSのインストールや必要サーバーの構築を、全てのサーバー機器に施す必要があります。

しかし、基本的なサーバー構築を一つ行えば、類似するサービス用に“OSごとコピー”して、再利用することも可能なのです。もちろん、OS環境もそのまま複製できます(IPアドレスなどの細かい設定は必要です。)

10台のサーバー環境を構築する場合を考えても、サーバー構築が如何に効率的に行えるかがわかりますね。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

要件定義って何をするの?基礎知識から、具体的な流れまで分かりやすく解説します!

ITシステムは、要求定義や要件定義、そしてプログラミングからテストを得て、ようやく運用に至ります。その中でも、システム開発の最初の一歩となる要件定義は、これから作るプログラムにとって重要な基盤なのです。そこで今回は、「要求定義」の基礎知識から具体的な流れまでを分かりやすく解説します。

 

要件定義の基礎知識(要求と要件の違い)

 

システム開発を行う上で「どうシステム化するのか」を決めるのが要件定義です。システム開発は、ユーザー求める要求を要件へ落とし込むところから始まります。

まれに混同してしまうのが「要求」と「要件」です。

要求と要件は似ていますが、明確に違う部分があります。それは要求定義が「アナログ」なものと定義するならば、それをITシステムという「デジタル」に変換するのが要件定義です。

それぞれはドキュメントという形で残されるのが一般的です。

 

・要求定義:要求定義書

・要件定義:要件定義書

 

要件定義は、お客様の要求定義をいかにシステム化していくかを定義する、いわばシステム開発の土台となるものです。

ですので、要求にある細かな動作や、それに伴ってユーザーが行いそうなエラー動作までを想定して、ひとつひとつをプログラムの動作でイメージしなければなりません。

要件定義は、システム開発の上流工程に位置します。様々な種類のプログラミング言語を知ることや、豊富なプログラミング経験が活かされる業務です。

 

上流工程と下流工程の定義

 

上流工程は設計

 

 

システム開発では、要件定義から詳細設計までを上流工程と言います。これは、システム構築に用いられるウォーターフォールモデルから取られたもので、システムの作り始めを上流、システム構築完了までを下流と言い、滝をイメージした用語です。

システム開発では、要求をどのようにプログラミングすべきか、あるいは実現するためにはどのような手段があるのかを明確にイメージするスキルが必要です。特に経験による“勘”が重宝されます。

ユーザーが欲しい機能を提供するために最適な言語や、オペレーションの流れを想定し、「要件定義書」から「システム設計書」を完成させなければなりません。

 

下流工程はプログラミングからテストまで

 

 

下流工程では、仕様書を基にプログラミングによるシステム実装を行います。また、機能ごとに行う単体テストから、全体を通した総合テストなども下流工程に含まれます。

上流工程をこなすエンジニアは、下流工程での豊富な経験が基盤です。下流工程での経験が多いほど、様々なパターンや手法を明確にイメージできるようになるのです。

 

要件定義の具体的な流れ

 

ユーザー要求のヒアリング

 

 

企業では、よりユーザーに近い部署が営業を行い、ユーザーからの要求をヒアリングしてくるところからシステム案件が始まります。もちろん、システムエンジニアが営業を兼任する企業も多いのですが、そこでユーザーの要求をシステム要件へ変換していくのが要件定義の始まりとなります。

ユーザーが目指すのは、これまで手作業だった業務のシステム化や、既存システムの変更などです。これらの要求を正確に把握し、細かく的確にイメージすることで、具体的なシステムの全体像を把握します。

 

要求の細分化

 

 

システムの全体像が把握できたら、実際のプログラミングにおける機能のひとつひとつを、細分化して要件としてまとめていきます

ユーザーの業務フローの詳細を把握し、全てがひとつのシステムとして動くように、実装すべき機能を洗い出していきます。ユーザーの要求や業務フローにおいて、取りこぼしが無いように配慮しなければなりません。

また、要求内容の全てをシステム化できるとは限りませんので、要件定義の時点で切り分けをしておく必要もあります。

機能範囲が明確でなければ、ここから始まるシステム開発の途中で“仕様バグ”として、大きな手戻りを発生させてしまうことになります。

最悪の場合、プロジェクトの失敗を招く元凶となってしまいますので、細かいところまでユーザーとのすり合わせが必要です。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

単体テストと結合テスト比較!技術的な違いからメリット・デメリットまで解説します。

システム開発で重要なのがテストです。システムの納品に至るまでには、ユーザーが望む機能が果たされていることや、エラーになってもシステムが止まらない作りになっているかを慎重にテストする必要があります。今回は、テストの中でも「単体テスト」と「結合テスト」について、技術的な違いやメリットとデメリットを交えてかいせつします。

 

単体テストとは

 

モジュールの動作テスト

 

 

ITシステムは、数々のプログラムの塊が集合することによって実現されています。ひとつひとつのモジュール(プログラムの部品)がしっかりと機能することで、システムとして成り立つのです。

自動車に例えるなら、ドアやタイヤなどの各パーツです。これらパーツのサイズや形が設計と違っていれば、組み立てても乗れない自動車になってしまいます。

システムも同じで、これらのモジュールひとつひとつに欠陥があれば、システムは動かない、あるいは誤動作を起こしてしまいます。

システムのモジュールに関しても、結合する前にモジュール単体でのテストを行います。ひとつひとつをしっかりとテストしておくことで、工程の手戻りを無くすことができるのです。

 

結合テストとは

 

モジュールを合わせた機能テスト

 

 

結合テストではモジュール単体でのテストをクリアしたモジュールと、その他外部モジュールを結合した状態でテストを行います。

自動車に例えると、本体やドア、タイヤといった部品をそれぞれ繫ぎ合わせ、設計通りにドアが開くのか、タイヤが連動して回るのか、それぞれに歪みがないかなどのテストです。

システムにおける結合テストも、モジュールを連携させた場合に、設計通り動くのか、あるいは想定外のオペレーションでのエラーでも、システムが止まることがないか(エラー処理や例外処理が入っているか)などをテストします。

結合テストを行うことで、ユーザーの業務に耐え得るシステムであることを確認します。

 

テストにも仕様書が必要

 

テストにも「テスト仕様書」が必要です。それは、テストパターンやその意味、テスト結果や原因までを記録していきます。

テストパターンでは、パターンに漏れがないように、全てのパターンを洗い出します。そして、パターンごとの結果も全て示しておく必要があります。

パターンについては、全てを網羅する必要があり、パターン漏れは許されません。ですので、ほとんどの場合マトリクスの表を作成します。

テスト仕様書は、ほとんどの場合作り手以外の人が読むことになります。他人が読み、実行することを意識して、読みやすく分かりやすいフォーマットと表現にしなければなりません。

テスト仕様書は、システムのテストが終了した後にも利用されるものです。何かしらの不具合が生じた時に、テスト仕様書を見ながら“問題のパターン”がテスト時点でどのような結果だったのか、また、どのようなアプローチでテストされたのかを確認し、根源を洗い出します。

単体テストや結合テストなどのテスト工程において、最も重要なモノがテスト仕様書なのです。

 

単体テストと結合テストの技術的な違い

 

単体テストではモジュールのプログラム把握が必要

 

 

単体テストで必要とされる技術は、その機能に特化した動作を把握していることと、動作するプログラムを熟知していることです。

単体テストでは、システムで使われる機能が細分化されたモジュールが完璧に機能していることを確認しなくてはなりません。

変数に入るべき値や、考え得る例外処理に至るまで、あらゆる角度からモジュールの機能をテストしますので、そのモジュールがどのように使われるのかを把握しておかなければなりません。

 

結合テストはモジュールを繋げた時の全体の把握が必要

 

 

単体テストを終えたモジュールを組み合わせた状態でテストを行います。この時必要な技術は、システムの全体的なデータの流れの把握です。

モジュール同士が繋がっているということは、システムに必要な機能は揃っているということで、ユーザーが行うオペレーションに近い動作で検証します。

モジュール単体では完璧に動くものでも、それらを結合すると不具合が起きる可能性があります。それはデータの受け渡しや、予期しないオペレーションによる例外処理などです。

また、結合テストでは、システムのセキュリティに及ぶまでを考慮してテストをする場合もあります。ですので、その業務に必要な技術の全てを把握しておくことも大切なのです。

 

単体テストを行うメリットとデメリット

 

メリット:ひとつのモジュールに特化して徹底したテストができる

 

 

単体テストを行う目的は、バグの無い完璧なモジュールを完成させるためです。そして単体テスト工程を行うことで、モジュールをしっかりとテストできるメリットがあります。単体テストが終わったモジュールの信頼性は高くなければなりません。

信頼性の高いモジュールを組み合わせることで、システムが機能するのです。結合テストにおいて、単体テストの信頼性はなくてはならないものなのです。

 

デメリット:コストがかかる

 

 

テストというイメージから、誰でもできてすぐに終わるという意識を持っている人が少なくありません。

しかし、単体テストでは、しっかりとシステムを把握しておかなければなりませんし、そもそも単体テストは非常にコストがかかるのです。

テスト仕様書やテストケースの作成でも工数がかかりますし、実際の単体テスト中にバグが見つかれば、その調査と改修を行わなければならないからです。

単体テストを見積もる際には、コーディングよりも大きなコストがかかることを意識しておかなければなりません。

 

結合テストを行うメリットとデメリット

 

メリット:品質が高まる

 

 

単体テストで信頼性のあるモジュールを結合しテストを行います。単体テストをクリアしたモジュールも、結合テストの段階で機能的な不具合や仕様バグが見つかることも少なくないのです。

結合テストで出た不具合は、最悪の場合モジュールの改修という手戻りを起こしますが、結合テストでモジュールバグや仕様バグといった致命的な不具合を洗い出すことが大切なのです。結合テスト経たシステムは、より品質を高めたシステムとなります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

【徹底比較!】UI vs UX!両者の違いから関係性まで、具体的な事例とともにご紹介します!

PCが普及したことにより、UIという用語は一般的になりました。そして近年ではUXという用語を合わせて頻繁に聞くようになりましたね。技術の進化とともに、ユーザーと仕組みを繋ぐUIは、より魅力的なデザインが求められています。そこで今回は、UIとUXの違いを確認しながら、その関係性や具体的な事例を紹介します。

 

UIとUXの違い

 

UIはユーザーと仕組みを繋ぐ

 

 

 UIはUser Interface(ユーザーインターフェース)の略称で、コンピューターや技術などとユーザーを繋ぐポジションを担います。特にPCやスマートフォン、公共のシステムなどを含むコンピューター操作の窓口です。

UIは、そのシステムの機能をユーザーが思い通りに利用するために、メニューに沿った画面遷移や、実行するためのボタンなどを設置します。

UIに一番重要な機能は、システムを使って目的を果たすために、できる限り分かりやすく、そして使いやすく設計することです。

 

UXはユーザーの体験

 

 

UXはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称で、技術やモノを利用したユーザーの”印象に残る体験“を表します。モノを利用した時に”これが欲しかった“と思わせるデザインやUIなど、リピートしたい体験を提供するのがUXです。

一度使ったら離れられない使い心地や、また利用したくなるUIデザインは、ユーザーの喜びや、その時の状況にマッチしたものです。

安全面を考慮して利用すべきモノには、デザインやUIでユーザーを安全な利用方法へ導きます。これもまた、UXデザインによって実現されるのです。

 

UIとUXの関係性

 

UIUXで洗練される

 

 

UIとUXは、その目的とデザイン性から、非常に密な関係性を持っています。UXをデザインする上で、それを表現する舞台がUIになるからです。

ユーザーにモノを使った体験を提供するために、UXデザインを行います。それは、見た目であったり感触であったり、あらゆる感覚でオペレーションを体験してもらわなければなりません。そのためには、UIの在り方からデザインする必要がありますので、UXデザインはUIの設計にまで影響を及ぼします

また、UXはユーザーの状況や期待値を考慮してデザインされ、それがモノのUIとして可視化されますので、製品の普及にとっても重要な役割を果たすのです。

 

UIの具体的な事例

 

CUICharacter User Interface

 

 

CUIは、文字列を使ってコンピューターを利用するためのUIです。全てをキーボードだけで操作し、命令コマンドだけでプロセスを実行します。

映画やドラマなどで、IT技術者のスペシャリストやハッカーが、黒い画面に向かってものすごいスピードでコマンドをタイピングするシーンを見かけますが、その画面がCUIです。

現在のようにGUIが普及する前は、一般的なUIとして、ユーザーとコンピューターを繋いでいましたが、現在は主にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアが、サーバーやネットワーク機器を操作する時に利用されています。

 

GUIGraphic User Interface

 

 

WindowsやmacOSを代表するOSは、全てGUIによって作られています。

私たちユーザーは、目的の処理をアイコンやファイル名を“クリック”や“タッチ”する事で、直感的に操作し、その結果を視覚的に判断しています。

ひとつひとつのコマンドやプロセスが、全て画で表現されているので、それらを直感的に道具として利用することができます。また、GUIというUIが、タッチパネル操作というUXを実現しているのです。

 

スマートフォンアプリのUI

 

 

スマートフォンでは、必ずアプリをインストールして、アプリを起動してからその機能を利用します。その時、私たちユーザーがタップする画面がUIです。アプリが提供するサービスに、アプリの画面を通して繋がります。

スマートフォンアプリのUIは、PCモニタよりもはるかに小さいスペースに、分かりやすい配置をする必要があります

機能が多いアプリでは、ボタンの配置や画面遷移などといった細かな動作ひとつが分かりにくいだけでも、ユーザーは離れてしまいますよね。このようなことを避けるための設計にもUXデザインが重宝されます。

 

UXの具体的な事例

 

クイックホイール

 

 

クイックホイールは、AppleのiPodに搭載されたUIであり、UXです。このクイックホイール は当時、ユーザーに新しい体験を提供した技術のひとつです。

ホイールの上を指でなぞるだけで音量の調整をおこなったり、そこにあるマークを押すと曲送りなどができ、音楽プレーヤーのUIにおける新しい体験でした。

また、クイックホイールをなぞる動作に合わせた“音”に惹かれるユーザーも多く、感覚をUXデザインしたと言っても過言ではありません。

 

Geekly Media ライター

佐久森

5+