『就域』って何?!リクルートが注目の新卒採用の新しいカタチを徹底解説!

2018年12月17日、株式会社リクルートキャリアは新卒採用領域における2019年のトレンドを『就域』と発表しました。新卒採用領域においては毎年新たな取り組みが行われています。『就域』とは一体何なのでしょうか?その目的は?企業や学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際の取り組み事例をもとに解説していきます。

 

リクルートがトレンドに予測した『就域』って何?

 

地方の企業が行政などと協力する採用活動の形

 

 

毎年ニュースになるほど話題になる新卒採用の取組み。

2018年12月17日に株式会社リクルートキャリアが『就域』というワードを新卒採用領域におけるトレンドワードとして予測したと発表しました。

それでは『就域』とはいったいどのような就職活動・採用活動の形なのでしょうか?

簡単に言うと地方の企業が周辺の企業や行政などと協力して行う採用活動のことです。

 

今までの企業の採用活動は、1社1社が独立して行う形をとっていました。

しかし『就域』においては、地域の中小企業や行政が協力し合い、地域を挙げて若者の獲得をするという取り組みです。

例えば会社説明会を地域にある複数の中小企業で合同開催したり、入社後の研修も同様に合同で行うなどをして、周りの企業と一緒に新卒採用に関わる施策を行っていきます。

 

『就域』の目的

 

 

従来のやり方とは異なり、地域にある複数の企業が協力して採用活動を行うことに、どのようなメリットがあるのでしょうか?

採用競合が増え、「人材の取り合いになるのではないだろうか」と思うのが普通ですが…。

『就域』の目的はどういったことなのでしょうか。

紹介していきます。

 

地域振興が最大の目的

 

『東京一極集中』という言葉がありますが、これが示すのは人口の都市圏への集中が目立つということです。

地方自治体は人口流出に歯止めがきかず、頭を抱えています。

「地方には魅力がない」、「地方には仕事がない」など、地方に対するマイナスイメージが先行してしまい、地方の本当の良さが伝わっていないということです。

これを打破するために地域が一丸となって、その魅力を伝え、人口の流出を防ぐとともに、地域の活性化を図ることが『就域』を行う行政の目的になります。

 

Uターン・Iターンでの地方圏への優良人材確保

 

地方の中小企業は新卒・中途共に人材の確保に苦戦をしています。

都市圏にある企業と同じような条件であれば、都市圏の企業を選ぶ人材が多いからです。

地方の企業が抱える問題は深刻で、次世代の育成をしていきたいのですが、それを担える若手人材が不足しています。

そこで、「優良人材を確保できない」という問題を解決するため、周辺の企業と協力しあい、地域の魅力を伝えたり、知られざる企業を知ってもらうことで、地域における優良人材確保をしやすくすることが企業側の目的です。

 

『就域』のメリット 企業・行政の場合

 

 

『企業』 良質な若い人材確保の可能性が拡がる

 

今までは一社で採用活動を行っていました。

そうすると、地域の魅力を発信する力に限界がありました。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【職場スカウト】リクルートが2019年注目の新しい中途採用のカタチとは?

株式会社リクルートキャリアが2018年12月18日に発表した中途採用領域におけるトレンド予測を発表しました。【職場スカウト】です。トレンド予測された職場スカウトとはいったい何なのでしょうか?また、どのようなメリットがあるのでしょうか?従来のカタチとはどのように違うのでしょうか?新しい中途採用のカタチを紹介していきます。

 

従来の中途採用のカタチ

 

 

株式会社リクルートキャリアが発表した中途採用の新しいカタチである【職場スカウト】。

新しいカタチとはどのようなものなのでしょうか?

まずは従来の中途採用のカタチはどのようなものだったのかから紹介していきます。

 

人事任せで職場のリアルが見えない

 

従来の中途採用のカタチの一つは、人事が採用活動の主役であるということです。

人事の方が募集から選考を行い、最終決済は取締役などの決裁者が行うというケースでした。

そのため、人事の方が知りえる職場情報のみを求職者に対して伝えることしかできません。

人事の方が知りえない情報は求職者が知ることができないという状況です。

クローズされた状況で採用活動が行われているというわけです。

 

応募はハローワーク、転職サイトやエージェントの活用

 

従来の応募方法はハローワークや転職情報サイト、転職エージェントを活用して公募を待つという方法です。

仕事を探している人たちが仕事を探す際に活用する場所を選んで公募をしているというわけです。

人事の方がクローズされた状況で募集を行っている状況においては、当然の取組みですし、その他につてがないということからこれが限界の募集方法といえます。

 

【職場スカウト】って何?

 

 

前項では従来の中途採用の方法を紹介してきました。

従来の方法は当然と言えば当然の方法でしたね。

いよいよ今回は【職場スカウト】とはどういった中途採用のカタチなのかを紹介していきます。

いったいどのようなカタチなのでしょうか?

 

より良い人材を確保するために、会社一丸となって採用活動

 

従来は人事に頼ったクローズされた状況で採用活動を行ってきました。

会社内での情報共有は十分ではなく、求職者には人事の方が知っている情報のみが開示されていました。

いわば人事が人事だけで完結するようなカタチだったというわけです。

【職場スカウト】とは、会社内で配属を予定している部署の管理者や同僚などが主導となり採用活動を行うカタチのことを表します。

会社が一丸となって採用を成功させるカタチということになります。

従来の人事完結ではなく、会社全体でより良い人材を確保していくということですね。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

職場をあらわにして、リアルを知ってもらう

 

【職場スカウト】は、配属予定の部署の方が主導となる採用活動です。

そのため、求職者には職場のリアルな状況を伝えることができます。

一例ですが、職場の雰囲気はどうなのか、上司の方はどんな方なのか、部署内での仕事の進め方はどのようになっているのか、職場での慣習などを求職者は知ることができます。

従来の方法ではそこまで知り得ることができなかった職場のリアルを、求職者は知ることができるようになるということです。

求職者は入社後、どのように働くのかということがリアルにイメージできます。

従来の方法は『マッチング』を目指した方法でしたが、職場スカウトにおいては『フィッティング』を目指した採用方法ということになります。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

【職場スカウト】の具体的な方法

 

 

職場スカウトがどのようなものなのか、概要は理解していただけたと思います。

では、具体的にはどのような方法で中途採用の活動を行うのでしょうか?

従来の方法では『待ち』の採用でしたが、職場スカウトではどのようにして『待ち』の採用を打開できたのでしょうか?

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

Webマーケティングとは一体なに?

 

Web上で製品を買ってもらうための活動

 

 

Webマーケティングという言葉は、『Web』と『マーケティング』という言葉がつながった言葉です。

Web上で、マーケティングをするということです。

Webという領域に関しては、ご存知の通り、『インターネットにおいて』ということになります。

 

では『マーケティング』という言葉の意味が分かれば、Webマーケティングという言葉について理解ができるということになります。

マーケティングとは、製品を購入してもらうための活動です。

わかりやすく言うと、宣伝や市場調査などのことを総称して『マーケティング』といいます。

 

Webマーケティングとは、Web上で製品を購入してもらうための活動のことを言います。

 

Webマーケティングの重要性

 

インターネットが当たり前になったから重要

 

 

現代の買い物び方法は、大きく分けて2つの方法があります。

お店に行き、実物を見て購入する方法と、インターネットのサイト上で購入する方法です。

上記の方法は双方にメリットがあります。

 

お店に行き買い物をする方法は、実物を見て買い物できるという点がメリットです。

イメージとのズレを少なくして、購入後の不満を減らすことができます。

また、専門知識を持っいる店員の方に直接聞くことができ、不安を解消できます。

 

インターネットのサイト上で購入する方法は、荷物を自宅まで届けてくれるという点がメリットです。

また、購入したいときにいつでも購入できるという点でも店舗で買い物するよりもメリットがあります。

 

ただ、近年需要が増えているのは、インターネット上で購入する方法です。

総務省が発表したデータによりますと、ネットでの取引などをはじめとした電子商取引は毎年その市場が大きくなっており、その成長の余地も計り知れないものになっているとのことです。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html

 

インターネットが当たり前になっている現代において、ネットショッピング市場は拡大していくと予想されます。

そのため、これからのマーケティングはWeb上での活動を無視しては行えないということが読み解けます。

 

Webマーケティングって何するの?

 

 

『Webマーケティングとは、どういうものなのか』についてはご理解いただけたと思います。

では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

宣伝や市場調査などということは理解できたのですが、実際にどうすればいいのでしょうか。

また、Webマーケティングの目的とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

まずは基礎知識から 目的は集客

 

 

Webマーケティングの最大の目的は『集客』です。

 

例えば、販売促進用にホームページを制作したとします。

製品を売れる仕組みも作ったし、そのホームページもオープンしたということで、準備は完璧です。

しかし、ホームページにアクセスしてくれる人がほとんどいません。

これではせっかく作ったホームページも、意味を成しません。

 

ホームページを作るということも、Webマーケティング活動の一環ですが、最大の目的は『作ったホームページにアクセスしてくれる人を増やす』ということになります。

いわゆる『集客』です。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

ERPを徹底解説!導入するとどんなメリットがある?今更聞けない基礎知識!

ITシステムの一つERP。よく耳にするシステムの一つだとは思いますが、皆さんERPのこと説明できますか?「基幹システムの一つだということは理解しているけど…。」という方は多いのではないでしょうか?今更恥ずかしくて聞くことができないという方のために、基礎知識と導入のメリットを紹介します。

 

基幹システムと業務システムの違い

 

 

ERPのことを理解するために、まずは業務システムや基幹システムについて理解していますか?

業務システムや基幹システムと深いつながりがあるため、知っていないとERPについて知ることが大変になります。

というわけで、ERPのことを説明する前に、業務システムと基幹システムについて理解していただきたいと思います。

それでは業務システムとはなにか、基幹システムとはなにか、説明していきます。

 

業務システムとは

 

簡単に言うと、顧客管理システムや在庫管理システムなどのことです。

人が業務を行うときにその業務を効率的に行うためのシステムのことを業務システムといいます。

もちろんその他にも、販売管理や生産管理などのシステムも含まれます。

一例です。

営業担当者は顧客の情報を管理するのに、会社で挿入されている顧客管理システムを使うことで、社内の人間が一元管理することができます。

営業担当者が外出中に顧客から急なトラブルがあり、助けてほしいと連絡がきたとき、社内の人間がその顧客のことを知らずに、その対応ができないとなってしまったら顧客は怒りますよね。

単なる外出であればまだ対応できるかもしれませんが、その営業担当者がインフルエンザになってしまった場合は全く対応ができません。

その他の社内の人間が顧客の情報を理解して、代理で対応をすることが企業の業務を効率的に行うことで、業務をサポートしてくれます。

このように、業務をサポートしてくれるシステムのことを業務システムといいます。

 

基幹システムとは

 

では基幹システムとはどういったものなのでしょうか。

基幹システムとは様々な業務システムを一元管理しているシステムのことです。

もっと詳しく言うと、顧客管理、在庫管理、生産管理、財務管理、購買管理、販売管理など、企業の業務における基幹となる部分を一つのシステムで管理しているシステムです。

基幹システムが出る前は、各部署が各々業務に必要なシステムを導入して、個々に管理をしていました。

しかし、業務には様々な部署の連携が必要になってきます。

そのたびに、各々のシステムに同じような項目を入力しなければならないという手間がかかっていました。

また、人の手で入力する機会が増えてしまうことで、人的ミスも多くなってきていました。

そういった問題を解決するために開発されたのが、業務システムを一元管理できる基幹システムというものになります。

基幹システムは業務システムの一つの種類であり、業務システムを包括しているシステムです。

 

ERPとは何?

 

 

業務システムと基幹システムについては理解していただけたと思います。

ERPとはいったい何なのか。

まず、業務システムの中の一つのシステムが基幹システムであり、その基幹システムの中の一つのシステムだと思ってください。

 

ERPは経営を手助けする考え方のこと

 

 

ERPは、『Enterprise Resources Planning』の略です。

企業の経営には『ヒト・モノ・カネ』がなくては成り立たないとされています。

企業の資源と言われているものです。

その資源を有効に活用する計画を立てることを『Enterprise Resources Planning』、略してERPといいます。

簡単に言うと企業経営を効率的に行うための考え方のことを言います。

ただ、ERPが浸透した現在においては基幹システム=ERPという考えは間違っていませんが、システムのことを指すというよりは、概念的なものだと理解してください。

 

ERP導入のメリット 情報の一元管理

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

アフィリエイト広告ってなに?仕組みから活用方法、その種類まで徹底解説!

「アフィリエイトっよく聞くけど何?」って思っている方多いと思います。簡単に言うとインターネット上の自分のページに企業の広告を出して、報酬をもらうというものです。「本当に大丈夫なの?」「どういう仕組みなの?」「そもそもアフィリエイトって何?」と思っている方のために、今回はアフィリエイトについて紹介していきます。

 

アフィリエイト広告って何?

 

インターネットの広告を掲載して報酬を得ること

 

 

アフィリエイトとは、インターネット上の自分のページを用いて、企業の製品などを紹介し、その見返りとして報酬を得るというものになります。

簡単に言うと紹介=広告という形になり、自分のページを閲覧してその製品を購入した第三者がいた場合、その契約内容に応じて掲載しているページの持ち主に対して報酬を支払われます。

自宅でできる副業として注目を集めています。

中には本業アフィリエイターと言って、アフィリエイトの収入のみで生計を立ている方もいます。

 

アフィリエイトの仕組み

 

 

アフィリエイトが企業の製品を紹介して報酬を得ることができるインターネットビジネスの一つということはご理解いただけたと思います。

そうするとここで新たな疑問が生まれると思います。

「その広告は勝手に出していいの?」という疑問ですね。

 

簡単に言うと勝手に出しても何の意味もありませんし、報酬なんてものは一向に入ってきません。

ではどういう仕組みで広告を掲載し、報酬が得られるのでしょうか?

解説していきます。

 

広告を出したい企業と広告を掲載したい人が集まる場所

 

 

簡単に言うと、インターネット上に広告を出したい企業と、インターネット上の自分のページに広告を掲載して報酬を得たい人の仲介役がいます。

その仲介役のことをASPといいます。

正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダといいます。

このASPに登録することで、ASPに登録している企業の製品を紹介することができるようになります。

しかし、その製品を取り扱えるかは審査があったりするため、その審査に通らない限りはその製品を紹介することはできません。

 

識別はクッキーで

 

 

アフィリエイトで報酬が発生する仕組みは理解していただけたと思います。

でもここでまた新たな疑問が生まれてしまいますね。

「自分が紹介した製品の成約とか、どうやって識別しているの?」

もしかしたら横取りされてしまうこともあるのではないかと心配してしまいますよね。

でもそんなことはありません。

ASPで取得した企業広告のURLがあります。

このURLをアフィリエイトリンクといいます。

このアフィリエイトリンクにはパソコン内のクッキーに記録が残ります。

このクッキーで識別しているのです。

 

「Aさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

「Bさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

 

この仕組みがあるから、インターネット上での広告ビジネスというものが成立するということになります。

 

報酬が発生するまでの流れ

 

 

実際に報酬が発生するまでにはどのような流れが必要になるのでしょうか?

 

[1]ASPで掲載する広告を選択する

Geekly Media ライター

Terrace Factory

「企業分析」は効率よく行うべし!絶対に外せない項目からおススメの手法まで徹底解説!

転職活動の中で絶対に外せない項目といえば企業分析です。
企業のことをより詳しく知ることで、企業の求めている人材や、企業の現状や課題を知ることができ、転職成功につながりやすくなります。
また、採用された後も求められていることが明確に見えて、成果につながりやすくなります。
今回は企業分析の手法など徹底解説していきます。

 

企業分析の目的とその重要性

 

 

 

目的は自分に合う企業を見つけること

 

転職において企業分析をする最大の目的は、『応募しようと思っている企業が、自分にマッチする企業かどうかを知るため』です。

どういった事業をしている会社なのか、どの程度の規模の会社なのか、また業界内でどのような立ち位置なのかなどを知ることで、理解を深め、自分に合っているかを見極めていきます。

また、企業分析を行うことで、自分がいかにその企業で働きたいかの熱意もアピールできます。

企業理解を深め、自身の強みを生かせるポイントを見つけ、企業側に「こういった人材は弊社の求める人材だ」と思わせることもできます。

自分にマッチする企業なのかどうかを見極めるために、また企業に熱意をアピールすることが、企業分析の目的です。

 

企業分析でミスマッチを防ぐことが重要

 

 

転職した後に、「やっぱり少し違ったな・・・。」とならないためにも、企業分析は重要です。

今の日本においては、転職は何回もするものではないという風潮があります。

もちろん自分自身にとっても、大変労力がかかるし、費用もかかるものになるので何回も転職活動をすることは歓迎できないと思います。

ミスマッチを防ぎ、満足いく転職をするために、企業分析は重要なことです。

 

企業分析だけではない!業界分析も忘れないで!

 

 

企業分析の目的や重要性はご理解いただけたと思います。

しかし企業分析だけでは十分ではありません。ここで忘れてはいけないのが、業界の分析です!

では、なぜ業界分析が必要なのでしょうか?その目的、分析方法を紹介します。

 

業界分析の目的は志望企業のことをより理解するため

 

業界分析をする最大の目的は志望企業への理解をより深めることです。

志望企業は業界の中でどの程度のシェアを占めているのか、競合他社にはどのような特徴があるのかなどを知ることが重要です。

この業界分析を行うことで、自分に合う企業が実は業界内の別の会社ではないかということに気づくきっかけにもなります。

 

業界分析はインターネットでの情報収集が効率的

 

業界分析はどの世に行うのが効率的なのでしょうか?

新聞などで日ごろから情報収集をしておくと業界内のニュースなどを知ることができていいのですが、この方法では大変時間がかかり、効率的ではありません。

そこでインターネットを活用して業界研究をしましょう。

最近は就職情報サイトが業界研究用のサイトを運営しています。

非常に効率的に業界研究をすることができます。

またここで得た情報から志望企業の競合他社の情報を得て、企業のホームページを見ることもいいでしょう。

効率的に業界分析を行うためには、インターネットの活用が大事です!

 

企業分析のやり方 志望企業のホームページ

 

 

志望企業のホームページではここを確認!

 

志望企業のホームページはどこを見ればいいのでしょうか?

多くの方が悩むところだと思います。

実は見るべき項目は結構あります。紹介しますので、確認してください!

企業情報/事業内容/制度/採用情報

以上の4つは外せません。

『企業情報』では企業の成り立ち、規模や理念、などといった基本的な情報を得ることができます。

『事業内容』はどのようなビジネスで会社を経営しているのかを知ることができます。

自分が知らなかった事業を展開している企業は意外とあります。

タイヤメーカーがスポーツ用品メーカーだったなんてことはよくある話です。

『制度』においては人事制度や、福利厚生の制度、休暇などの制度について知ることができ、労働環境や、人材開発にどの程度力を入れているのかなどを知ることができます。

『採用情報』では選考のプロセスや、どのような仕事をするのか、給与はいくらなのかを知ることができます。

 

+αはココ!代表の挨拶は見ておくといい

 

基本的な情報さえ押さえておけば問題はありません。

ただ、それではライバルたちに差をつけることができません。

そこで、ライバルに差をつけるためにどうすればよいのでしょうか?

すべての企業ホームページにあるわけではありませんが、『代表挨拶』の項目を見ておくことをお勧めします。

会社の代表である方のお言葉ですので、志望企業の経営方針や、課題などを知ることができるかもしれません。

代表の考え、会社の考えに共感できて、さらに熱意をもって面接に臨むことができることもあります。

 

企業分析のやり方 会社説明会に参加

 

 

会社説明会に参加するメリットは直接話ができること

 

転職市場においては会社説明会をしている企業は稀ですが、会社説明会に参加できることは大変メリットがあります。

まず、実際にその企業で働いている人と会うことができる。

次に、会社のことを理解している人から説明を受けることができる。

最後に、疑問に思ったことはその場で解決できる。

実際に企業で働いている人と会うことができるのはとてもメリットがあります。

会社の雰囲気を知ることができること、実際にその企業で働いている人の生の声が聴けるのはインターネットでは知りえない情報になります。

会社のことを理解している人から説明を受けることができることも大きなメリットです。

インターネットだけでは理解しきれない情報というのは多々あります。

その情報を補完できることは大変なメリットです。

直接言葉で教えてくれるので、自身の企業理解も高まります。

説明の中で疑問に思ったことをその場で解決できることは、志望企業の理解が高まるうえではいいことです。

また疑問に思ったことを短時間のうちに解決できるという点では非常に効率的です。

 

デメリットは説明会をしている企業が少ない上に非効率なこと

 

転職市場においては会社説明化をしている企業は少ないです。

新卒学生を対象とした会社説明会は広報解禁と同時に頻発するのですが、転職市場では合同企業説明会くらいしかありません。

ごく稀に企業が個別で行っているケースもあります。

また、日程も限られているので、企業分析のためだけに説明会に参加するのは効率的ではありません。

その場で疑問を解決できるという点では効率的ですが、企業分析全体を通した中では非効率な分析方法といえます。

 

企業分析のやり方 求人広告や転職エージェントを活用

 

 

求人広告で企業分析

 

転職情報サイトなどの求人広告は求職者へ向けて情報を発信しています。

求職者に見てほしい情報なので、求職者にとっては企業分析をしやすい情報になります。

人材要件、仕事内容、企業がアピールしているポイントの、3つを見るのがいいでしょう。

しかし注意も必要です。情報量が充実していないケースもあります。

そのため、十分な情報を得られずに企業分析ができないということがありますので、注意してください。

また、求人広告にはメリットは十分に記載されていますが、デメリットはあまり記載されていません。

デメリットを見抜くことが求人広告での企業分析の最大のポイントになります。

 

転職エージェントで企業分析

 

転職エージェントは企業分析、情報分析共に、非常に効率的に行うことができます。

エージェントにいる方々はプロフェッショナルです。

業界の知識や、求人募集をしている企業の情報などを十分に持っています。

どんどん聞いていくのがいいと思います。

しかしこちらもデメリットはあまり伝えてくれないケースがあります。

また、求人を扱っている企業の情報であればいいのですが、求人を扱っている企業の数は求人情報サイトほど多くないので、聞きたい企業の情報を有しているかは不明です。

 

おススメの企業分析方法!

 

 

おススメはインターネットを活用した企業分析

 

効率的に企業分析を行うには、やはりインターネットを活用した方法になります。

自分で調べることができるため、非常に効率的です。

ただ、深い情報は得ることができないケースが多いです。

深い情報は、面接の機会など直接お会いできる場面があった際に聞いていきましょう。

もともとの志望度が高く、何としてもその企業で働きたいという方は、時間をかけてでも会社説明会に参加したり、転職エージェントからの情報を入手するなど、効率にこだわらない方法で企業分析を行ったほうがいいです。

後悔しないためにも、効率にこだわることなく、徹底的に調べて下さい。

 

最後に~効率重視はインターネットを活用せよ!

 

 

今回は企業分析について解説してきました。

企業分析のやり方は様々ありますが、やはり手ごろに効率よく行えるという点では、インターネットを活用した情報収集が一番です。

ただし、転職先の企業として志望度が高い場合には、転職エージェントや会社説明会に参加するなどして、より詳しい情報を得る必要があります。

また、企業分析だけではなく業界分析も行うことで、より深い理解を得ることができます。

一概に「この方法がいい」とは言い切れませんので、インターネットだけでなく、自身に合った方法を見つけてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

アルバイトでも正社員に転職できる? アルバイトの評価のされ方から転職成功までのポイントを徹底解説!

アルバイト生活から抜け出したくて正社員を目指す方は多いと思います。アルバイトでは収入も安定しないし保証もありません。
一般的に、就職せずにアルバイトで生計を立ててきた方の転職活動は厳しい、という意見も見受けられます。
しかし、本当にそうでしょうか?今回はアルバイトから転職して正社員になるためのポイントを徹底解説していきます!

 

アルバイトからの転職 一般的な評価は?

 

 

学校を卒業してアルバイトをしていた人への評価は厳しいものがある、というのが一般的な意見のようです。

大学で自己研鑽をしてこなくて、結局就職できなかったという見方をされてしまうこともしばしば・・・。

また、いざ働くとなったときにビジネスマナーをはじめとした基本的なビジネススキルを持ち合わせていないことから、選考の際には不利と言わざるを得ないようです。

 

就職しなかった理由を整理

 

 

ここまでだと、「就職しなかったことで大きなハンデを背負ってしまった」という印象ですが、本当にそうでしょうか?

就職しなかった理由が明確ならば一概にそうも言えません。

例えば、「音楽の道をあきらめられず、音楽活動を中心にしたいため、就職はしなかった」というケースもあると思います。

このケースから就職できた方は実際にいます。

要するに、就職しなかった、できなかった理由が大事なんです。

もちろん、その活動の中である程度の成果を上げていることも大事ですが、その夢ないし目標があったから就職しなかったということが大事です。

ただ、純粋に就職できなかったという方は、『できなかった』事実と、なぜ自分ができなかったのか、その反省ができているのかということが大事です。

 

転職成功への道 自分とはどういった人間なのかを知る

 

こういった経歴の方が転職を成功するために、何をしたらいいのでしょうか。

アルバイト経験だけで、正社員や派遣などとしても働いてこなかった方にとっては、自身の強みなども把握できていないと思われます。

まずは自身はどういった人間なのかを知ることから始めてみましょう。

 

長所や短所を知ろう

 

まずは自身の長所・短所を知ることから始めましょう。

実は長所・短所は、就職活動をしている方にとって把握しておかなければならない内容とも言えます。

面接で聞かれる場合もありますので、長所・短所の内容と共に、それを裏付けるエピソードを用意しておきましょう。

一例を紹介します。

営業志望で、長所は「コミュニケーション力」の場合の例です。

「コミュニケーション力には自信があります。私は傾聴することが本当のコミュニケーションだと思っています。接客時には、常にお客様の求めていることを傾聴し、最適なものを提案してきました。コミュニケーション力を活かし、店舗内のアルバイトでは、トップの売り上げを上げてきました。このコミュニケーション力を活かし、貴社の営業としてお客様に信頼される営業になり、貢献していきたいと考えています。」

 

上記のように、「長所→エピソード→どう生かすか」が大切になります。

短所の場合には「短所→エピソード→そこからどのように対策をしているのか」でまとめてみましょう。

 

有している専門知識や資格を整理

 

学校で学んだ内容や、取得した資格を活かせることもあります。もちろん応募した職種にもよります。

一例ですが、法学部出身の場合には、企業の法務部で活躍することもできます。

その他にも経済学部や商学部を卒業している場合や、簿記3級などを取得している場合には、未経験でも企業の経理担当として活躍できることもあります。

上記のように、まずは自身の有している専門知識や、保有している資格などを整理しましょう

十分アピールの材料になります!

 

転職成功への道 アルバイト経歴の中でアピール!

 

 

転職活動はじめ、就職活動全般は自分をいかにアピールできるかが大事です。

それはアルバイトの経験でも同様です。

アルバイトも『働く』経験ですので、その中でアピールできるものがあるのであれば、どんどんアピールをしていくべきです。

 

アルバイトで上げてきた成果をアピール

 

アルバイト経験の中で、実際にどのような成果を上げてきたのかを一度整理しましょう。

例えば、「売り場全体を見る力を認められ、入社半年でバイトリーダーに任命されました。」というエピソードや、先述した内容と同じように「店舗内ではトップの売り上げを上げてきました。」などで、エピソードを踏まえてアピールができるといいと思います。

こういった成果があるか、自身のアルバイトの経験の中から洗い出しましょう。

 

アルバイトでの仕事への取り組み姿勢をアピール

 

上記のように成果を上げてきているのであればいいのですが、実際にアルバイトでは成果を確認することは難しい場合や、成果を上げられる仕事ではない場合もあります。

そのような場合には、仕事への取組み姿勢や心がけていることなどをアピールしていくことをお勧めします。

以下は一例です。

「売り場では常にお客様にお声がけをするように心がけていました。店舗の接客においてはお客様にお声がけして、潜在的なニーズを掘り出すことが重要だと考えています。お声がけして、お客様のニーズを掘り出し、そのお客様が真に満足してお買い物できるように心がけています。」

アルバイトで上げた成果をアピールするのは大変ですが、仕事への取組み姿勢をアピールすることは難しくないのではないかと思います。

きちんとアピールしてください!

 

転職成功への道 就職しなかった理由

 

 

冒頭でも記載しましたが、アルバイト経験しかなく、就職しようとすると面接の際には必ず質問を受けます。

「なぜ学校卒業後、就職をしなかったの?」

これに答えられることが大事です。

先述もしましたが、何か目標があって就職しなかった場合や、純粋に就職ができなかったなど、理由は様々あると思います。

真摯に正直に就職しなかった理由を伝え、そこで得た経験、そこで上げてきた成果、反省など伝えていくことが転職成功への道になります。

 

転職成功への道 若いほうが有利?年齢の関係

 

 

アルバイトからの転職には、年齢は関係あるのでしょうか?

転職市場においては一昔前だと35歳限界説みたいなものもありました。

現在はいぶし銀採用などと言って、年齢が高い方でも転職市場においても市場価値は高いと言われています。

 

若いほうが有利なのは間違いない

 

やはり、若いほうが有利だといわれています。

若年層のほうが、未経験でも伸びしろがありますし、呑み込みも早いのは事実です。

企業としても、ポテンシャル採用という大義名分も立ちますし、給与などの掛かる人件費なども、比較的安価に抑えられます。

そういったメリットもあることから、若年層のほうが比較的アルバイトからの転職は有利と言えます。

しかし、専門的な知識やスキルを必要とする職種の場合には、年齢よりも、そのスキルや知識を保有している人材に注目しますので、年齢のアドバンテージはあまりありません。

また、人手不足な業界においては、とにかくマンパワーがほしいとの理由により、年齢よりもやる気でを重視して採用を行う業界もあります。

 

転職成功への道 面接の準備は入念に行う

 

 

ここまで、かなりの準備を行ってきました。これらはどちらかというと書類選考に通過するための準備といえます。

書類選考に通過することもとても大事なことですが、それ以上に面接が大切になります。

顔を合わせてお互いのことをよく知る場の面接は、実際に書類だけでは見えないところをズバズバ聞いてきます。

考える時間も短いため、ある程度自分の中で答えなどを用意しておかないと慌ててしまう恐れもあります。

面接も重要なんです。

 

回答に詰まりそうな内容こそ事前準備がカギ

 

今回は特にアルバイトからの転職がテーマとなりますので、回答に詰まりそうな質問の代表例は「なぜ就職をせずにアルバイトをしていたのか」という内容になると推測できます。

今回の記事では何度も触れていますが、実際に相当聞かれると思ってください。

また、この内容は、回答に困る方も多くいらっしゃるのではないかと推測できます。

上記の内容に限らず、自分の経歴で、「ここ聞かれそうだな・・・。」という内容の回答は必ず準備をしておくことが転職成功へのポイントになります。

 

熱意は猛アピール!

 

面接の準備が必要なことは、回答に詰まりそうなことだけではありません。

なぜ、応募した企業に入りたいのか、その企業で何がしたいのかなど、ポジティブな内容においても準備は必要です。

面接官は応募者がどれだけの熱意をもって応募してきたのかを知りたいものです。

その熱意は仕事への成果につながりやすいからです。

回答に詰まりそうな内容にしても、熱意にしても、いずれにしても面接には入念な準備が必要です!

 

最後に~ アルバイトからの転職でもやることは同じ

 

 

アルバイトからの転職成功のポイントを解説してきました。

やることは普通の転職と大きく変わりません。

ただし、経験が少ないため、入念な準備をする必要があると思います。

特に就職をせずにアルバイトで働いてきた理由はすんなり答えられるようにしておきましょう。

職種や業界などを見極めて、自身の経歴や長所などからアピールするポイントなども回答の準備を入念にしてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

転職のイロハを徹底解説!気になる年齢の話から準備の仕方、押さえておくポイントまで!

「転職したい。」そう考えている方はたくさんいると思います。
しかし「どうやってやったらいいのかわからない。」、「もう30歳超えてるけど転職ってできるの?」などという疑問を抱えている方は多いと思います。
今回は気になる年齢について、転職の準備の仕方、抑えておくポイントを解説していきます。

 

気になる転職の年齢制限について

 

 

まずは気になる年齢に関して解説していきます。

転職において年齢は大きなファクターになります。

例えば、20代前半の応募者と40代後半の候補者がいたとします。

どちらにも採用するメリット・デメリットが存在するのは確かです。

それぞれのケースで確認していきましょう。

 

年齢制限はない だが年齢が高くなるとキャリアチェンジは難しい

 

転職するにあたって年齢制限はありません。50代でも転職している人は転職しています。

転職が多い職種の代表例としてはSE(システムエンジニア)ですね。

転職が当たり前の職種ですので、十分あり得ます。

では年齢制限があるという考えはどこから来たのでしょうか?

一昔前に35歳転職限界説という説がありました。

 

実際に20代のほうが企業には好まれます。

扱いやすさ、安価な人件費で済むことや、ジョブチェンジなどにも柔軟に対応できるというところなども企業にとっては魅力的に見えるでしょう。

また、募集職種未経験の場合でもポテンシャルを感じてもらえれば採用に至るケースが多くあります。

40代後半だとポテンシャルというよりは、実務経験で残してきた成果に注目されます。

そういった意味ではキャリアチェンジは非常に難しくなります。

また、人件費が高額になる分、スペシャリストとしての採用でない限りは敬遠されてしまうことが多々あります。

ただ、今までの経験を生かして、ステップアップするという意味では経験を積んでいますので40代後半の方のほうが有利と言える面は大いにあります。

 

キャリアチェンジが目的の転職であれば早いほうがいい

 

先述した通り、歳を重ねるとキャリアチェンジは大変難しくなります。

ですので、今キャリアチェンジをしたいとお考えの方は早めに行動を起こすことをお勧めします。

いまより若い時はありません!

この機を逃すとずるずるとキャリアチェンジできないままという可能性もあります。

ただし、単純に「今の仕事に飽きたから転職してみようかな」という程度ならそこは踏むとどまることをお勧めします。

自身がしたいこと、自身がどういったキャリアを描いていきたいのかをじっくり考えた上で行動をしてください。

早いほうがいいのですが、「やっぱり合わなかった」では済まないのが転職です。

ここは慎重に!

 

転職するにあたっての希望を定めよう!

 

 

転職するにあたってのあなたの希望はどんな内容でしょうか?

あなたの希望を明確にすることは重要なことです。

ただなんでもいいから転職するでは、転職した甲斐がありません。

ではどのように明確にしていけばいいのでしょうか?

確認していきましょう。

 

職種は?待遇は?勤務地は?

 

ではどのように希望を定めていけばいいのでしょうか?

主に定めたい内容は以下の通りです。

職種/待遇/勤務地などです。

他にも細かく定めなければなりませんが、主な部分ではこういった内容になります。

それでは確認していきましょう。

 

まずは職種です。

今までのキャリアを生かしてステップアップしたいなら、今までの職に近いものを選びましょう。

例えばIT業界です。プログラマとして経験は積んできたのだが、なかなかSEにステップアップできないという方はSEを目指して希望職種はSEと定めましょう。

IT業界は領域によって言語や開発方法などが異なるので、そういったことも考えるともっと細かく見なければいけませんが、あくまで一例です。

次に待遇です。

ざっくりいうと給与ですね。

仕事の対価です。希望額はいくらでしょうか?現在もらっている額と同等かそれ以上を目指したいですね。

ただし、キャリアチェンジをすると、未経験スタートのケースが多いので、そういった場合には希望額に幅を持たせることをお勧めします。

そして、勤務地です。

現在住んでいる環境を変えたくないならば、勤務地は現住所から通勤可能な場所にしましょう。

ただ、最初の配属先は現住所付近でも将来的に転勤などもあります。

転勤がない会社であれば問題あありませんが・・・。

このような点にも注意が必要です。

 

希望が明確になったら優先順位をつけて!

 

主に定める内容が決まったら次は優先順位をつけていきましょう。

先に定めた希望がすべてかなうのがベストですが、そんなに都合よく自分の希望通りの企業なんて見つかりません。

そうなった際に、自分が譲れない希望を明確にしておくと、転職も少しはしやすくなります。

例えば職種は簡単に譲れるものではないと思います。

これは譲ってはいけない項目になると思います。

しかし、現在勤めている会社の業績が不振で将来性に不安を抱えて転職を検討しているのであれば、職種も多少妥協する項目になるのかもしれません。

その他にもUターン転職を考えている方は勤務地は譲ってはいけませんね。

このように、自身の境遇に合わせて優先順位を定めていきましょう。

 

転職のための準備 転職理由を整理

 

 

さて、いよいよ転職の準備を始めていきます。

では、何から始めればいいのでしょうか。

まずは『なぜ転職したいのか』をきちんと見定めることです。

本音の部分では「職場環境に問題があるから解消できる環境を求めて」や、「給料が安いから少しでも高いところへ」などネガティブなものかもしれません。

 

なぜ転職したいのかが重要なのは企業選びの軸になるから

 

転職理由を明確にする必要性は、企業選びの重要な軸になるからです。

転職したい人は、現状に問題を抱えていると思います。

その問題を解決するために「転職をしたい」と考えるものです。

その解決したい内容をきちんと把握しておくことで自身にマッチした企業選びを行ってください。

 

転職のための準備 応募書類を作る

 

 

次に応募書類を作成していきます。作成する書類は履歴書と職務経歴書です。

この書類、応募するにあたってとても重要になります。

一番最初に企業が自分を判断してくれる書類になります。

重要な書類なだけにしっかりと作りこんで、自分をアピールしましょう。

 

履歴書の作り方 重要なポイントは志望動機

 

履歴書作りから始めていきましょう。

まずは経歴の記載から。学歴は高校卒業年次から記載していきます。

これだけ記載されていれば十分です。稀に小学校入学年次から記載をされる方がいますが、小学校、中学校は義務教育で、自身で選ぶことができないので記載は不要なケースが多いです。

しかし、いわゆるお受験をして小学校から有名私立などに入学されている方は小学校入学年次から記載しましょう。

履歴書作りで一番重要なのは志望動機です。

自身が応募企業でどのようになりたいのか、どうしてその会社で働きたいのかをアピールするところになります。

なぜこの企業を志望したのか、転職したいと思った理由を踏まえて記載していきましょう。

唯一履歴書の中で自身をピールできる箇所なので、ここも作りこみが必要な個所です。

 

職務経歴書は成果と強みのアピール

 

職務経歴書は何を記載すればいいのかわからないという方が多くいます。

最近ではネット検索したら職務経歴書の雛型の資料があります。

大枠はネットで検索すると用意できるので、参考にしましょう。

職務経歴書で大事なことは成果と強みのアピールです。

成果は、つとめて勤めてきた会社で上げてきた成果を記載します。

例えば、営業であれば売上額や粗利額を、人事で採用を担当していたのなら採用した人数などが成果になります。

比較対象として、年間予算や採用目標人数を記載して、達成率や会社内での順位なども記載するとわかりやすく、簡単に理解していただける書類になります。

強みは自己PRになります。

コミュニケーション力に自信があるのであれば、実際にコミュニケーション力を活かして成果を上げたエピソードを記載してどのように強みが活かされたのかをアピールします。

自己PRは複数記載してもいいですが、2~3つにしておきましょう。

多すぎると、「何をアピールしているのかわからない」、「アピールポイントが矛盾している」などといったことが生じてしまいます。

注意して記載しましょう。

 

転職のための準備 いざ、応募!

 

 

いよいよ応募です!

どう応募していけばいいのでしょうか?ハローワークはもちろん、転職情報サイトや転職エージェント、情報はたくさんあります。

では、どの情報をメインで使えばいいのでしょうか。

確認していきましょう。

 

ハローワークだけではない!転職情報サイトやエージェントも活用

 

ハローワーク、転職情報サイト、転職エージェントとたくさんありますが、どこを選べばいいのでしょうか?

まずはハローワークから。

ハローワークは公共の施設なだけあって、求人数、就職決定率も高いです。

ただし求人数が多いので検索の手間もかかります。

転職情報サイトはハローワークに比べて求人数が少ないですが、様々な検索軸がありますので、『なぜ転職したいのかが重要なのは企業選びの軸になるから』で記載した通り、優先順位をつけて検索して、希望に合う企業を見つけられます。

また、採用にお金をかけている企業ですので、経営も安定していることを表しています。

転職エージェントは求職者には費用が掛かりませんので、安心して使用してほしいと思います。

転職エージェントはキャリア面談も行ってくれるし、自分の希望に合った企業を推薦してくれます。

ただし、転職情報サイトと比較すると、求人数は少ないのでご注意ください。

すべてのサービスを使う方法もありますので、使いながら自分に合った方法を見つけてください。

 

転職活動でおさえておきたいおきたいポイントはコレ!

 

書類を作成した内容は面接でも答えられるように準備

 

 

入念に準備をして作成した書類ですが、面接の際に自身の言葉で答えられないと意味がありません。

応募書類はあくまで書類上での自己紹介です。

面接は、自分の言葉で、熱意を伝える場です。企業側も書類を見て気になることを聞きたいし、応募者も企業側に聞きたいことを聞くことができる場でもあります。

面接では、書類上で気になったことを聞かれますので、記載したことを覚えておき、面接の準備を行ってください。

 

転職活動を開始したら現職での引継ぎ準備を

 

 

意外と忘れがちですが、転職活動を開始してあっという間に転職先が決まるというケースがあります。

そうなったときに現職の職場に迷惑をかけないように、自身の仕事を後任に引き継げるように準備をしておきましょう。

意外と早く退職をしなければならないというケースになることもあります。

有休消化なども含め、退職までの期間は意外に短いものだと思ったほうがいいでしょう。

 

最後に~年齢に左右されずに入念な準備で慎重に!

 

 

転職には年齢は関係ありません!

しかし、キャリアチェンジを考えている場合にはなるべく若いほうが採用されやすいというのが実情です。

転職の目的を考えて慎重に行動をしてください!

また、転職を成功させるには入念な準備が必要になります。

アピールできるポイントを確認して入念な準備を行い慎重に転職活動をしてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory