【転職・失敗しない】プログラマーが転職を失敗しないための4つの方法を徹底解説!

転職は人生の中でも大きな決断の一つと考える方も多くいらっしゃると思います。一つの会社で最後まで勤め上げることが当たり前ではなくなってきています。今回は、プログラマーに焦点を当て、失敗しない転職のための方法を解説していきます。IT業界は転職が多い業界という方もいらっしゃいます。プログラマーの方は参考にしてください。

 

その一 自分を知る

 

 

プログラマに限らずに、自分のことを知るということは、転職活動においては重要な作業になります。

この作業を『する』と『しない』とでは、とても大きな差が出ます。

では、自分のどういったことを知っていればいいのかから、解説していきます。

 

プログラマーとしてのスキルを整理

 

 

まずは、プログラマーとしてのスキルから整理していきましょう。

IT系の企業は、現在人手不足に陥っているというデータがあります。

(参考:http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html)

 

各企業は、様々な手段で人材を確保しようとしています。

ただ、その方法は、新卒採用で可能性がある人材を確保し、時間をかけて育成していくという、とても時間のかかる方法をとっていたりする企業もあります。

 

しかし、この方法では、数年後を見据えた人材確保の方法であり、直近の人手不足を解消できるようなものではありません。

既にプログラマーとして、ある程度の経験を有しているのであれば、遠くない未来の戦力として計算をできるため、中途採用を検討している企業としては、大変喜ばしいものです。

 

そのためにも、自分が習得している言語や、どのようなポジションで、どのように働いてきたのか、どのようなプロジェクトに関わっていたのか、などを明確にしておく必要があります。

 

これらを明確にすることで、自身がどのような人材であるかを応募企業にはっきりと伝えることができ、転職がスムーズにいきます。

それだけ、自身のスキルを整理することは大事です。

 

+αについて整理

 

 

プログラマーとしてのスキルをどれだけ持っていても、それだけでは十分な武器にはなりません。

プログラマーとしてのスキル以外の武器をアピールすることで、ほかの候補者と差をつけることも重要になります。

 

一例ではありますが、コミュニケーション力は非常に重要になります。+αとしては十分なアピール内容になると思います。

プログラマーは、チームで動く仕事になります。そのため、周囲との円滑なコミュニケーションが重要になります。

 

プログラミングのスキルがいかに高くとも、実務の中で独りよがりになってしまっては意味がありません。

IT企業の採用担当者は、そういったところを見ている人もいます。

「将来的にSE(システムエンジニア)として活躍できるのだろうか」、「周囲と協力して仕事を進めていくことができるのだろうか」など、気にしている企業は多くあります。

そういった意味でも、プログラミングスキル以外の+αが重要になります。

 

その二 なぜ転職したいか

 

 

転職で解決したいことがあるはず

あなたはなぜ転職したいのですか?

きっと、転職することでしか解決できないことがあるはずです。

 

人間関係?

やりたい仕事をできる環境を求めて?

それとも給与?

 

どんなことでもいいと思います。でも必ず、「転職したい」と思ったからには理由があるはずです。

それを書き出してみましょう。

 

【まとめ】日本のIT人材不足は深刻?人材不足の理由からそれが与える影響まで徹底解説!

仕事をはじめ、様々な場面で便利にしてくれているIT。今やなくてはならない技術です。しかし、IT業界は、人材不足というイメージがついて回っています。しかも相当に深刻なのではないかという話です。本当にそうなのでしょうか?また、その原因はどういったことなのでしょうか?今回はIT業界の人材に関して解説していきます。

 

IT人材不足は本当?

 

2019年をピークに人材不足に拍車がかかる

 

 

「IT業界は人材不足」というイメージがついています。実際に、そういったイメージを持っていませんか?

しかし、本当のところはどうなのでしょうか?

まずは、IT業界の人材不足について解説していきます。

 

平成28年に経済産業省が、『IT人材の最新動向と将来推計に関して』調査をしています。この結果によると、調査時点で約17万人の不足との結果が出ています。また、2019年をピークに、より一層人材不足となっていくとのことです。

需要の高いIT業界において、約17万人もの人材が不足しているということは、大きな痛手といえます。

IT業界の人材不足は、間違いのない事実でした。

 

IT人材不足の理由は?

 

 

IT業界は人材不足であるということは、経済産業省の調査において裏付けされた事実でした。

では、人材不足は、どのような要因から起こるのでしょうか?人材不足の要因がわかれば、人材不足を解決するための手掛かりになるかもしれません!

というわけで、解説していきます。

 

市場の成長

 

 

IT業界の人材不足の大きな要因は、IT業界という業界の、市場の成長が著しいことに上げられます。様々な業界がITを導入していること、官公庁、民間問わず、IT化をしていることも、市場の成長の大きな要因になっています。

では、市場が成長するとなぜ人材が不足するのでしょうか?

 

一番大きな要因は、IT人材の確保合戦が起きていることです。

ITは今や、日常の生活においても、ビジネスシーンにおいても、必要不可欠なものになっています。そうすると、官公庁や民間企業がこぞってIT人材を確保しようとします。社内のIT化や、新たなビジネスモデルを確立しようとするからです。

 

市場が成長することで、多くの人材を求めることになり、需要のパイが拡がっていきます。

IT人材を増やしていかない限り、この問題の解決は難しいです。

 

定年による人材の枯渇

 

 

 

二つ目は、定年による人材の引退が挙げられます。

これまでIT業界を支えてきた多くの人材も、これから少しずつ定年により引退をし始めます。ここまでIT化を支えてきた人材が、高齢化していくこと、定年を迎えることで引退をし始めます。それに伴い、新たに業界に入ってくる人材数よりも、業界を去っていく人材数のほうが多くなってしまうことが容易に想像できます。

(参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/18-2/index.html)

 

技術者の高齢化に伴い、IT人材のパイの減少が業界の人材不足に拍車をかけています。

 

【社内SE】仕事内容から求められるスキル、スキルアップのためのコツまで徹底解説!

SE(システムエンジニア)の中でも特に人気の高い社内SE。SEが目指したい仕事の一つと言えるでしょう。しかし、その仕事内容はご存知ですか?また、社内SEになるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?今回は、社内SEについて解説していきます。仕事内容から、社内SEになるために必要なスキルなど、解説していきます。

 

社内SEの業務

 

 

まずは、社内SEの業務について解説していきます。

当たり前のことですが、社内SEの仕事は社内のシステムについての業務になります。

クライアント先に常駐することなく、自社に出社して、社内の業務をするために、SEとして業務をしていきます。

ではいったい、どのような業務があるのでしょうか?

 

社内システム

 

 

メインとなる業務としては、社内システムの構築・運用・保守です。

企業にもよりますが、社内で使用するシステムは、勤怠管理、経理システムをはじめとしたシステムや、在庫管理や顧客管理などのシステムなどのものまで、多岐にわたります。

こういったシステムを社内の業務に合わせて、システムを構築していきます。

社内の関係者からヒアリングをして、そのヒアリングから得られた情報をもとに、システムの仕様を決めていきます。

社内システムの関しては、構築だけではなく、システムの効率的な運用や、保守なども社内SEの仕事になります。

 

社内インフラ

 

 

社内のインフラを整備することも、社内SEの業務一つです。

社内のシステムが円滑に作動するように、サーバーやネットワークなどの社内インフラに関する知識も必要になります。

システムが重い、ネットワークに接続できないなど、社内のインフラの保守も社内SEが解決する仕事の一つです。

 

社内のITのトラブルシューター

 

 

従業員の使用しているパソコンのトラブル解決も、社内SEの仕事の一つになります。

例えば、「パソコンにログインできない」や、「ネットワークに接続できない」などを解決していくこともあります。

いわばヘルプデスク業務です。

ITに疎い社員もいるめ、システム対応のみならず、上記のように初歩的なトラブル対応をしていくこともあります。

 

社内SEと普通のSEとの違い

 

 

社内SEは通常のSEと違います。

仕事内容は前項でも紹介した通りです。

通常はクライアントのシステムを構築・導入・運用・保守をしていくことが、SEの仕事になります。

対して、社内SEは社内で使うシステムの構築・導入・運用・保守をしていくことが主な仕事になります。

それに加えて、インフラ系の整備や、ヘルプデスク業務なども行います。

社内SEは社内のITすべてを網羅していく仕事になります。

 

仕事の違いはご理解いただけたと思いますが、その他に社内SEと通常のSEとの違いはどのようなものなのでしょうか?

 

働き方

 

まず、働き方に大きな違いがあります。

通常のSEの働き方としては、クライアント先に常駐するケース、社内で働くケースの2つのケースが主です。

SEやPGの働き方として、クライアント先に常駐する働き方が主流なものになっています。

クライアントによって、常駐先が異なるので、プロジェクトごとに転居が必要になることもあります。

一方で社内SEは、クライアントが社内の人間ですので、当然のことながら社内で働き続けることになります。

腰を据えて働き続けることができるので、一か所にとどまり、働き続けることができます。

また、仕事の内容としても、社内の仕事をし続けるため、プロジェクトごとに仕事が変わるというわけではなく、じっくりと社内システムに向き合うことができます。

 

落ち着いて仕事ができるという点も、社内SEという仕事が人気がある理由の一つかもしれません。

 

CRMとは何?メリット・デメリットはある?今更聞けない基礎知識を徹底解説!

今回はCRMについて解説をしていきます。CRMとはどういったものなのかご存知ですか?あまりにも当たり前なものになっているため、「今さら聞けない」という方も多いのではないでしょうか?この記事では、CRMとは一体どういったものなのか、基礎知識やそのメリット、デメリットなどについて徹底的に解説していきます。

 

CRMとは?

 

 

まずは基本中の基本である「CRMとは何か」というところから解説をしていきます。

 

顧客管理のシステム

 

『CRM』とは、Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)と言って、簡単に言うと、顧客との関係性をマネジメントするシステムです。

日本語に訳すと顧客関係管理といいます。

企業と、顧客との関係性を管理するシステムであるということを理解してください。

 

CRMは単なる顧客の情報管理ではない

 

基本情報以上の管理が可能

 

 

顧客管理というと、顧客の基本情報を管理するシステムだと思われる方が多いと思います。

しかし、CRMはそれ以上の情報を管理できるシステムです。

基本情報とは、氏名、住所、電話番号といった、住所録的なイメージを持たれているのではないでしょうか?

しかし、住所録なら、エクセルなどで管理すればいいだけで、システムにする必要はありません。

 

CRMは、住所録的な働きだけではなく、購買履歴や、商談の内容、好みなどの細かな情報を管理することができます。

その細かな情報をもとにして、クライアントのニーズに則したアプローチが可能になります。

 

単なる顧客管理のシステムではなく、マーケティングが可能になる顧客情報管理システムになります。

 

CRMのメリット

 

 

CRMの概要、そしてCRMが重要なシステムであるということはご理解いただけたと思います。

 

しかしここで、「重要なのは分かったけれども、具体的にはどんなメリットがあるの?」という疑問が生まれてきます。

この項目では、CRM導入のメリットについて、解説していきます。

 

効率的な営業活動が可能

 

 

一番大きなメリットと思われるのは、『効率的な営業活動が可能』ということです。

顧客の情報を細部まで管理できるCRMは、顧客のニーズを把握することができます。

購入履歴なども管理されているため、いままでの履歴から、顧客の欲求を分析し、その分析結果に基づいてプロモーションを行うことで、非常に効率的な営業活動が可能になります。

 

手がかりもなく、がむしゃらに営業すると、当然、無駄足も増えます。

働き方も見直されている現代では、がむしゃらに営業することは、時代に逆行する手法といえます。

「下手な鉄砲数打てば当たる」みたいな営業手法では、非効率すぎて、営業個人としても成果をあげれなかったり、企業としても業績不振に陥りやすくなります。

 

顧客の情報を管理することが、企業の業績向上につながると言えます。

それだけでも、大きなメリットがあります。

 

顧客情報を一元管理が可能

 

 

CRM導入前の顧客の情報は、住所録的なものを除き、基本的には担当者がより詳しく把握していました。

というよりも、担当者しかきちんと理解できていないというほうが、正しいでしょう。

システムを使うことで、こうした属人化を避け、顧客の情報を一元管理することができます。

 

また、部署をまたいでの顧客管理をすることで、顧客の情報を引き出すことができて、営業以外にも活用が可能になります。

例えば、顧客のニーズを分析することで、顧客が望む製品の開発を進めることができたりします。

 

その他にも、イベントやセミナーの情報を開催する際にも、どのようなイベントを望んでいるのか、どのようなセミナーを開催することで集客が望めるのかなどを検討することができます。

 

このように、顧客情報を会社全体で一元管理することで、会社全体の利益を高めることができます。

 

【パッケージシステム】導入のメリット・デメリットを徹底解説!

仕事や生活を便利にしてくれている様々なシステム。そのシステムの中には『パッケージシステム』と呼ばれるものがあるのは、ご存知ですか?「そんなの知っているよ!」という方も多いと思いますが、本当に理解されていますか?今回は「今さら聞けない!」というパッケージシステムについて、徹底的に解説していきます。

 

パッケージシステムとは

 

すでにできているシステム

 

 

既にご存じの方も多いと思いますが、改めて再度『パッケージシステム』について確認をしたいと思います。

『パッケージシステム』とは、既に出来上がっているシステムのことを言います。既製品のことですね。

 

例えば、洋服です。

量販店で洋服を買うときには、既に出来上がっている洋服が店舗に並んでいます。

店舗にある、既に出来上がった洋服の中から、自分が気に入った洋服を買うと思います。

上記の例だと、既に出来上がっている洋服(製品)を購入します。

 

これをソフトウェアに当てはめると、既に出来上がっているシステム(ソフトウェア)を導入するということになります。

『パッケージシステム』とは、既製品ということになります。

 

独自開発システムとは

 

オーダーメイドで『0』から構築するシステム

 

 

『パッケージシステム』の対になるものが『独自開発システム』です。

これは、『パッケージシステム』とは違い、『0』からシステムを開発して、導入していくというシステムになります。

 

先ほどの洋服の例にしますと、『オーダーメイド』になります。

スーツをオーダーメイドするとしましょう。

まずは体に合ったものを作るための採寸をして、素材となる布を選びます。

スーツの型を決め、詳細を決めていきます。

その後。いよいよ制作します。

一点ものを作るので、職人の手作業になり、時間がかかります。

このようにして作られたスーツは、オーダーした人にピッタリのものとなります。

 

システムも同様に、完全オーダーメイドで、需要に合ったシステムを構築、導入することができます。

『独自開発システム』とは、需要に合わせて『0』からシステムを構築、導入していくオーダーメイドシステムのことです。

 

『パッケージ』と『独自開発』はどっちを導入すべき?

 

 

『パッケージシステム』と『独自開発システム』については、ご理解いただけたと思います。

双方のシステムに違いがあります。

実際に導入する際には、どちらのシステムを導入すると良いのでしょうか?

この項目では、その比較をしていきます。

 

簡単に比較はできない

 

 

『パッケージシステム』と、『独自開発システム』のどちらを導入すべきかは、簡単に答えは出ません。

なぜなら、どちらにも導入するにあたってのメリット、デメリットがあるからです。

『パッケージシステム』のメリット、デメリットについては、後の項目にて紹介していきます。

この項目においては、『独自開発システム』のメリット、デメリットについて紹介することで、どちらのシステムを導入すべきかが、簡単に答えが出せないということを解説していきます。

 

『独自開発システム』の最大のメリットは、必要に応じて自由にシステムを構築することができるという点です。

業務系システムでは、会社の業務に合わせたシステムを自由に構築することができます。

余分な機能がなかったり、必要な機能を使い勝手の良いインターフェイスで構築することができる点は、大きなメリットです。

 

ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーとは

 

 

ゲームプランナーと聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

「どんなゲームを作るのかを考える人」というイメージを持つかと思います。

概ね間違ってはいません。

しかし、詳しくどのように仕事をするのかはわからない人が多いのではないでしょうか?

実際には、どのような仕事をしていて、どのような役割を担っているのでしょうか?

この項目では、ゲームができるまでの工程と、ゲームプランナーの仕事内容や、役割について、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームができるまで

 

 

まずは、ゲームができるまでの工程から紹介していきます。

皆さんは、どのようにゲームができるかご存知ですか?大きな流れは、以下の通りです。

 

[1]企画

[2]仕様作成

[3]制作

[4]試作品検査

[5]販売

[6]総括

 

一番最初は企画です。

企画とは、ニーズの分析や調査をして、ゲームのテーマやコンセプトなど、概要を決めることです。

 

次の段階は、仕様の決定です。

この仕様は、企画段階で決定したテーマやコンセプト、概要に沿った、詳細部分を決定していくものです。

家を建てる時の設計図のようなものになります。

 

いよいよ制作です。

制作では、ゲームのプログラミングはもちろんのこと、キャラクターのデザインや、ゲーム音楽の制作を行います。

 

ゲームがカタチになったら、試作品の検査です。

デバック作業といわれるものです。試作品でゲームを行い、そのゲームに問題がないか、バグを見つける作業になります。

 

最後に総括です。

この総括では、集計・分析・改善を行います。販売数の集計をし、ゲームの反響を分析、制作時や、ゲーム自体の改善案をまとめていきます。

ゲーム制作の大まかな流れは以上の通りとなります。

 

求められる役割

 

 

 

ゲーム制作の大まかな流れはご理解いただけたと思います。

これだけの工程がある中で、ゲームプランナーの役割はどのようなものになるのでしょうか?

 

「企画立案がゲームプランナーの仕事でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、実際にはゲームプランナーは、ゲーム制作のすべての工程に携わっていきます。

 

企画の段階は当然携わります。

クライアントや、社内承認のため、練った企画を企画書にまとめ、プレゼンを行います。

 

この作業では、企画したゲームが「おもしろそうだ」と思ってもらう必要があります。

仕様作成の段階では、仕様書の作成を行います。

この仕様書は、設計図になり、プログラマーやデザイナーなどにとっての指標となります。

そのため、プランナーのイメージを仕様書に落とし込む必要があります。

 

次に制作です。

仕様書を作りはしましたが、制作をしている中で、仕様書にない、あいまいな部分があったりします。

そのため、プランナーは全体を見て、方向性を指示する必要があります。

 

デバック作業の中では、上がってきたバグの修正を指示することがあります。

この段階では、ゲームのクオリティを高めていきます。

総括における役割は、集計や分析を中心になって行い、ゲームの改善点などを見つけていきます。

このように、ゲームプランナーは、ゲーム制作の全工程に携わります。

 

【キャリアアップ】社内で?それとも転職で?キャリアアップにおいて知っておくべき点を徹底解説!

企業に勤めていると、「キャリアアップしたい」と考えることがあると思います。では、キャリアアップとはどういったことなのでしょうか?昇進?昇給?どういったことなのでしょうか?また、キャリアアップを目指すにはどのようにしたらいいのでしょうか?今勤めている会社で頑張るのか、転職してキャリアアップを目指すのか…。解説致します。

 

キャリアアップとは?

 

キャリアアップの定義

 

 

『キャリアアップ』と一口に言っても、実際には明確にどういったことを指すのか理解されている方は少ないのではないでしょうか?

「何となくこういうことだと思う」という方はいらっしゃると思います。

まずは『キャリアアップ』とは「こういうことだ!」ということを明確にしていきましょう!

 

『キャリアアップ』の意味は複数あります。

 

・今勤めている会社での地位の向上や給料が上がること

・高待遇を得られる会社へ転職すること

・能力を上げて経歴を高めること

 

これらがキャリアアップの定義の一例として挙げられます。

『キャリアアップ』の実例としては、以下の様な例が挙げられます。

 

・アルバイトから正社員へキャリアアップした

・成果を上げて昇進・昇給した

・転職して以前より高い給料をもらえるようになった

 

このような例がキャリアアップの実例です。

あなたが考えていた『キャリアアップ』の意味は合っていましたか?

合っていたのなら問題はありません。

しかし、もし意味が違っていたのであれば、これを機会にきちんと覚えておくことをお勧めします!

 

キャリアアップに似た言葉とその違い

 

 

 

『キャリアアップ』の意味はご理解いただけたと思います。

しかし、似た言葉に『スキルアップ』や『キャリアチェンジ』などと言った言葉があります。

この言葉、『キャリアアップ』と同様に、ビジネスにおいて使用される言葉ですが、これらの意味は把握していますか?

「いまさら聞けない!」とそのままにしておかずに、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

スキルアップ

 

 

まずば、『スキルアップ』です。

これは『スキル』能力を、『アップ』上げるという、読んで字のごとくの意味です。

スキルアップの目的は、個人の能力を上げることになります。

経験を積むことや、資格を取得することで実現可能です。

仕事をしているということは、それだけでも様々な経験をしますので、『スキルアップ』といえるのかもしれません。

ただし、漫然と仕事をしているだけでは、有益なスキルアップとは言えません。

仕事での経験を、自身の中に蓄積をしていく必要があります。

得た経験を糧にして、自身の仕事の能力に変換していくことで、スキルアップは実現されます。

キャリアアップとは違い、自身の行動一つで実現可能なものです。

また、スキルを上げていくことで、キャリアアップにもつながります。

能力を上げて、成果を上げ、上長に認められてキャリアアップへとつながっていきます。

 

【36協定・知っておきたい!】残業時間の上限は?!概要から押さえておくべきポイントまでわかりやすく解説します!

『働き方改革』と叫ばれて久しい昨今。『労働基準法の改正』や、『プレミアムフライデー』など、様々な取り組みが行われています。一番大きな問題は残業時間の件です。その残業に関して、『36協定』と呼ばれるものがあります。何となくご存知の方もいると思いますが、きちんとわかっていますか?今回は『36協定』について解説していきます。

 

36協定とは

 

 

「36協定という言葉はよく聞くし、毎年話題に出るから知っている。」という方は多くいらっしゃると思います。

しかし、36協定がどのようなものなのか、詳しく知っていますか?

この項目では、36協定の概要や考え方を紹介していきます。

 

36協定の概要

 

36協定とは、『労働基準法第36条』をもとにした協定のことです。正式名称は『時間外・休日労働に関する協定届』といいます。

簡単に言うと「残業と、休日出勤に関する約束」です。では、残業と休日出勤に関する約束ですが、どうして必要になるのでしょうか?

 

『労働基準法第36条』には、「法定時間(1日8時間、週40時間)を越えて労働をさせる場合や、休日に労働させる場合には、あらかじめ労働者と使用者の間で書面による協定を締結しなければならない。」というような意味の文言があります。

会社、いわゆる使用者(経営者)は、法定時間を越えた労働を命令することができません。そのため、会社が従業員に法定時間外の労働をさせる場合には、労働者と使用者の間で『時間外・休日労働に関する協定』を書面をもって締結する必要があります。

『36協定』では、労働者が一人でもいる場合、必ずこの協定を締結しなければ、時間外労働・休日労働をさせることができません。

 

36協定の考え方

 

『36協定』は、労働者を守るためのものです。適切な条件の中で、時間外労働や休日労働をすることで、不当な扱いを避けるためのものです。

適切な条件とは、割増賃金です。労働の対価は賃金です。

 

時間外労働や休日出勤においても、それ相応の対価がないと、残業や休日出勤はしたいと思いませんよね?36協定においては、労働者を守るために、協定書において定められた割増賃金の元、時間外労働や休日出勤をします。

あらかじめ、労働者もこの協定の内容を承認して時間外労働を行っているため、不当な扱いを避けることことができます。

基本的には、立場の弱い労働者を守るための協定であるということです。

 

残業時間の上限

 

上限の取り決め

 

 

36協定は、使用者(経営者)が労働者に法定時間外・休日労働をさせる場合に、あらかじめ締結しておかなければならないものである、ということはご理解いただけたと思います。

さて、そうするとここで疑問になってしまうのは、「36協定を締結しておけば、どれだけでも残業させることができるのか?」ということです。

 

「労働者も合意した内容の割増賃金だって支払っているんだから、何時間残業させたって問題ないじゃないか!」という経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんなことはありません!残業時間にも決まりがあります。限度は以下のように決められています。

 

〈一般労働者の場合〉

1週間 15時間

2週間 27時間

4週間 43時間

1カ月 45時間

2カ月 81時間

3カ月 120時間

1年間 360時間

 

〈1年単位の変形労働時間制が採用されている労働者の場合〉

1週間 14時間

2週間 25時間

4週間 40時間

1カ月 42時間

2カ月 75時間

3カ月 110時間

1年間 320時間

 

※参考https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/040324-4.html

 

上記のように、時間外労働に対する基本的な上限時間は定められています。

しかし、この上限時間を越えても対処しなければならない仕事がある場合があったとします。例えば「機械のトラブルがあった」や「受注が多くて、納期が切迫している」などの場合には、どのようにすればいいのでしょうか?

 

この場合が想定される時には、あらかじめ『特別条項付』の『時間外・休日労働に関する協定届』を締結しておく必要があります。

この特別条項付の協定を締結しておけば、急なトラブルの際に、定められた残業時間を越えた残業が可能になります。

しかし、この特別条項にも決まりがあります。

『過労死基準を超えるほどの残業時間を設定しない』、『一月の残業時間が45時間を超える月が年6回まで』です。

 

あくまで特別な場合であり、通常の業務下においては、通常の36協定通りに残業をしなければなりません。

ちなみに『過労死基準』は、『1カ月でも100時間を越えた残業、2カ月以上80時間を超えた残業を続ける場合』です。

 

『勤務間インターバル』を徹底解説!その概要から対策すべきポイントまで幅広くご紹介します。

『勤務間インターバル』という制度をご存知ですか?働き方改革の一つとして、大企業が導入し始めている制度です。導入することで、助成金も出るとされていますので、働き方改革関連法案が成立され、2019年の4月から、企業に対して努力義務として規定されます。今回は、この制度に対して解説をしていきます。

 

勤務間インターバルとは

 

勤務間インターバルの概要

 

 

『勤務間インターバル』という制度はいったい、どういった制度なのでしょうか?

単純に考えれば、勤務の間にインターバルをおく、というものになりますよね。『勤務間インターバル』は、勤務終了後に、一定時間以上の休息を設けることです。

 

例えば、勤務間インターバルの設定時間が12時間とします。

20時に勤務が終了した場合に、翌日は12時間後である、8時までは会社に来ないということになります。21時終了であれば、翌日の9時、22時終了であれば、翌日の10時となります。

このように、勤務終了時刻から、定められた時間が経過するまでは、会社に来ないというような制度を、『勤務間インターバル』制度といいます。

 

勤務間インターバル制度の目的

 

健康確保が第一の目的

 

 

『勤務間インターバル』制度の概要はご理解いただけたと思います。では、この制度の目的はどういったものなのでしょうか?

勤務終了時刻から、一定時間のインターバルを設けることで、様々な効果が得られます。

 

一番重要なことは、一定時間の休憩時間を確保することで、健康確保することです。

一定時間の休憩時間を得ることで、睡眠時間の確保や、健康に関する時間を確保することで、過労や、健康を損ねる要因を排除することにあります。

 

次に、ワーク・ライフ・バランスの確保です。

仕事に偏った生活をすることなく、私生活の時間も確保することで精神的な充実を図ることも、この制度の目的です。

 

勤務間インターバルのメリット

 

 

『勤務間インターバル』制度の概要と目的は、理解していただけたと思います。確かに労働者のことを思って作られた制度です。翌日の仕事までの間を確保できることはメリットが大きいと言えます。

 

では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

様々なメリットがありますが、今回紹介するのは以下の3つです。

 

・ワークライフバランスの充実

・業務効率化

・負荷分散

 

では、この3つについて細かく解説していきましょう。

 

【簡単わかりやすい】スムーズな転職活動のための「自己分析」のやり方を徹底解説します!

転職活動をしている方の中で、「自分とは一体どのような人間なのだろうか」と悩まれている方はいませんか?『強み』や『弱み』、客観的に見える自分とは一体どのような人間なのでしょうか?今回は、転職活動には欠かせない、自分が一体どのような人間かを知ることができる自己分析について、目的からやり方まで、解説していきます。

 

自己分析とは

 

客観的・主観的に自分を知るために行う

 

 

『自己分析』という言葉はよく聞く言葉だと思います。

大学時代、新卒の就職活動の際には「やったほうがいい」と言われ、何となく受けて「自分の結果はこういったものなのか」ということが印象に残っていると思います。

ただ、「自己分析っていったい何だったのだろうか」という疑問だけが残りませんか?何となく「自分のことを知るためのツール」だということは理解されていると思います。その解答は間違っていません!

しかし、自己分析の意味はそれ以外にも大きなものがあります。

 

自己分析は自分を知るためのツールですが、自分の価値観を知るためのツールでもあります。自分とはどういった人間なのか、どういった価値観を持っているのかを知ることが、自己分析です。

要は、客観的にも、主観的にも自分を知るためのツールです。

 

スムーズな転職には自己分析が必要

 

満足度が高く、余計な時間を割かずに転職をするため

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールだということは、ご理解いただけたと思います。

では、どうして転職活動には自己分析が必要なのでしょうか?それは満足度の高い転職をするため、余計な時間を使わないためです。

 

「転職したい」と思ったのには理由があると思います。

何かしら解決したいことがあるから、「転職したい」と思ったのではないかと思います。その問題を解決することで満足度の高い転職ができるのですが、そのためには自分のことを知らなければなりません。

 

また、解決するだけでは満足度の高い転職とは言えません。

自分に適した職業を選ぶことで、『やりがい』を感じることができたり、キャリアアップも図れるため、将来的にも満足度の高い転職をすることができます。

自己分析を行わず、自分のことを理解しないで転職活動を行うと、満足のいく転職ができません。

自分の価値観に合わない転職先や、適さない職種を応募したりすることで、面接に行ったものの、辞退するなどの余計な時間を過ごしてしまう恐れがあるからです。

 

自己分析でスムーズな転職活動を実現するために

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールであるということ、スムーズな転職に必要であるということは、ご理解いただけたと思います。

では、スムーズに転職活動を行うためにはどのような事を把握しておく必要があるのでしょうか?

 

自分の気づいていない自分を知る

 

 

自己分析の目的の一つは、『自分の知らない自分を知る』というものになります。

転職活動中の自己PRや、職種選択に活かせます。

 

インターネット上にある自己分析ツールとして、適性診断があります。これは、客観的に見た自分を知るためのツールです。

自分では気づかない、自分を知るという意味では、重要なものになります。

客観的に自分を知るということは、難しいものです。他人に聞くのが一番ですが、仕事上でのことになるので、一緒に仕事をしている上司や同僚からの評価を受ける必要があります。

ただ、転職は上司や同僚に知られず行いたいというのが一般的な考え方です。そうなると、実際の評価はなかなか聞くことが難しい状況になります。

 

そのため、自己分析ツールとして、適性診断を行います。

自分に適している職業はどのようなものなのか、その職に就くにあたって、自分の強みはどのようなものなのか。

客観的に自分を知ることで、自分が知りえなかった自分を知り、自分に適した職種選びや、応募書類や面接の際の自己PRに活かして行くことができます。