【落合陽一氏/AI】AI時代を生き抜くノウハウを徹底解説!自分の好き/楽しいが稼ぐコツになる!

仕事が楽しくない、辛い、と思いながら毎日会社へ出勤している方もいるのではないでしょうか?しかし近年、AIの発展が注目されており、AIが代わりに仕事をしてくれる時代がやってくるでしょう。そこで今回は、落合陽一氏の言葉と共に、近い将来訪れるAI時代を生き抜くノウハウと、好きなことや楽しいことでお金を稼ぐコツを紹介します。

 

AIは本当に人間の仕事を奪うのか

 

ストレスの原因の多くは仕事

 

 

現在はIT技術も発達し、便利で豊かな生活ができる一方で、ストレス社会ともいわれています。ストレスの原因は人それぞれだと思いますが、やはり毎日の「仕事」に大きなストレスを抱えている人が多いのではないでしょうか。

あなたもお金を稼ぐために、やりたくもない仕事に毎日取り組んで、心身を消耗していませんか?では、もしもあなたが自分の好きな仕事や楽しいと思える仕事だけをして生きていけるとしたら、どうでしょうか。仕事によるストレスはかなり減るとは思いませんか?

実はAIのおかげで、将来私たちは自分の好きな仕事や楽しいと思える仕事だけをして生きていけるようになるかもしれないのです。

 

AIは人間の仕事をサポートする

 

 

世間では、「AIによって人間の仕事が奪われる!将来多くの仕事がAIにとって代わって失業者が増える!」と騒がれていますが、本当にそうでしょうか。

「超AI時代」という言葉の火付け役である落合陽一氏は、「(人間の仕事を)どこまでAIがサポートすべきか、ということが重要」であると述べています。

どういうことかというと、例えば工場で製品の検品を行う作業者がいたとします。ここでAIを導入して製品の検品をサポートしてもらうと、作業者の負担を減らせます。

そこで重要なのが、作業者が製品の検品を続けるストレスがどれくらいであるかを認知し、どこまでAIがサポートするべきなのかを考えることです。

 

人間の経験と知識、感は仕事においても必要

 

作業者のストレスがほとんどなければ、AIは作業者の検品の見逃しをチェックするだけでも良く、作業者のストレスが多ければ、AIが積極的に検品を行えばよいでしょう。

ここでのポイントは、AIは作業者のサポートを行い、作業者のストレスの低減を目的としているのであって、作業者の仕事を代わりに行うわけではないということです。

AIが発達したといっても、人間の経験と知識、そして感の良さは、どのような仕事であっても必要不可欠だからです。

 

自分の好きなことや楽しいことで稼ぐ

 

狩猟民族の血が流れている

 

 

「自分の好きなことや楽しいことで稼ぐことが、狩猟民族の血を持つ我々がもっとも生きやすい道」であると落合陽一氏は述べています。

私たちは元々、クマやイノシシを狩る狩猟民族でした。それが農耕民族に変わった時、狩猟民族だった時の血が抜けなくてストレスを溜めていたこともあるようです。

現代でも同じように、本当はクマやイノシシを追いかけて狩るように好きなことや楽しいと思える仕事をしたいはずなのに、ひたすら畑を耕しているようなルーティンな仕事を続けてストレスを溜めている人もいます。

そのような私たちがかつての狩猟民族のように、好きなことや楽しいと思える仕事ができるきっかけとなってくれるのが、AIではないでしょうか。

 

単純作業はAIが行えばいい

 

 

「AIで解決できる問題であれば、重要なのは問題をその見つけること」だと落合陽一氏は述べています。

例えば、仕事がルーティンなのでつまらない、モチベーションが続かない、と思われている人もいらっしゃるでしょう。

この場合の問題点は、ルーティンワークを続けなければならないという点です。もしも、このルーティンワークをAIが代わりに行ってくれるとどうなるでしょうか。

単純作業などのルーティンワークをAIが行ってくれるおかげで、私たちはAIには対応できない専門的な業務に集中できます。

今までのルーティンワークから解放され、よりやりがいのある業務に集中できたら、仕事にやりがいも感じ、モチベーションを維持できるのではないでしょうか。

 

好き・楽しいと思える副業を探そう

 

インスタグラマーは狩猟民族

 

 

ここで、もう少し狩猟民族の話をしましょう。

「スマートフォンを槍に見立てれば、インスタグラマーすらも狩猟民族だ」という落合陽一氏の言葉はなかなか興味深く感じませんか?

趣味や副業としてインスタグラムに写真を投稿している方もいらっしゃるでしょう。スマートフォンを道具としてインスタグラムで好きなことや楽しいことを発信しているわけなので、インスタグラマーも狩猟民族と呼べるでしょう。

インスタグラムもただの趣味であれば、槍を持って動物を追いかけているだけです。しかし、インスタグラムでお金を稼ぐことができれば、獲物を獲得しているので、それは立派な仕事といえますよね。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

4+