『就域』って何?!リクルートが注目の新卒採用の新しいカタチを徹底解説!

2018年12月17日、株式会社リクルートキャリアは新卒採用領域における2019年のトレンドを『就域』と発表しました。新卒採用領域においては毎年新たな取り組みが行われています。『就域』とは一体何なのでしょうか?その目的は?企業や学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際の取り組み事例をもとに解説していきます。

 

『就域』のメリット 企業・行政の場合

 

 

『企業』 良質な若い人材確保の可能性が拡がる

 

今までは一社で採用活動を行っていました。

そうすると、地域の魅力を発信する力に限界がありました。

本来魅力がある地方の魅力が、学生に届かないという事態に陥っていました。

しかし『就域』においては、地域の企業や行政と協力することによって、U・Iターン希望学生を対象としたイベントや、行政というバックボーンも得ることができ、地域の魅力や、地域にある良質な雇用を伝える発信力が高まります。

そうすることで、地域の魅力を理解した学生や、良質な雇用が地域にもあるということを理解した若者たちが地域に戻ってきやすくなります。

 

良質な若い人材を地域に確保しやすくなり、新卒採用の採用力も強化しつつ、数年後の中途採用の種まきにもなるということで、企業には人材確保の可能性が拡がっていきます。

これは、地方の中小企業にとっては大きなメリットです。

採用に掛かる費用を削減できる可能性も高くなり、1人当たりの採用単価を抑えることができます。

さらに、地域に人口が増えるということで事業の可能性も拡がります。

 

『就域』は企業にとってもメリットがある採用活動の施策といえます。

 

『行政』 人口流出の抑止力

 

地方自治体は人口流出という大きな問題を抱えています。

東京一極集中の弊害です。

都市圏に人が集まる大きな理由としては、良質な雇用機会が豊富にあるからです。

逆に言えば、地方には良質な雇用機会が不足しているということになります。

 

人口が流出してしまうと、地方の財源が不足してしまい、その地域に住んでいる人たちに対する行政サービスが満足にできなくなってしまう恐れがあります。

現在だと水道局の民営化を国が進めています。

これも地方の財源が不足していることが要因になっています。

人口が少なく、水道料金を適正な価格で供給することが厳しくなっていることから端を発しています。

行政が協力して地域の企業に良質な雇用があるということをアピールすることで、人口の流出を防ぐとともに、人口の増加にも繋げていくというメリットがあります。

 

『就域』のメリット 学生の場合

 

 

就職活動は学生にとって一生を左右する一大転機です。

より良い企業に就職して、自分のライフプランを実現していきたいと考えることは当然のことです。

そうすると、良質な雇用の機会が豊富な都市圏で就職したいと考えるのは当然のことだと思います。

そう考えると『就域』は学生にはメリットがあるのでしょうか?

 

地元は安心できる

 

 

地方出身の学生は、いい環境のある企業があれば地元の企業に就職したいと考えている学生も多くいるようです。

 

理由としては、安心できる環境にいたいと望んでいるからです。

 

両親の近くにいたい

都市圏は住むところではない

都市圏の人込みにストレスを感じてしまう

 

などの理由で安心できる環境を求めているようです。

しかし、「地方には雇用の機会が少なさそう」や、「職種が限られてしまうのではないか」という恐れがあることから、都市圏を選んでの就職を考えているそうです。

その流れも『就域』によって変わってくるのではないかと思われます。

 

今までは限界があった地元企業の雇用情報も、『就域』という地域の取り組みによって多くの学生の目に触れる機会が増えます。

『就域』によって、学生は安心して地元を選択できるようになります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+