『就域』って何?!リクルートが注目の新卒採用の新しいカタチを徹底解説!

2018年12月17日、株式会社リクルートキャリアは新卒採用領域における2019年のトレンドを『就域』と発表しました。新卒採用領域においては毎年新たな取り組みが行われています。『就域』とは一体何なのでしょうか?その目的は?企業や学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際の取り組み事例をもとに解説していきます。

 

同年代の学生同士のつながりができる

 

 

『就域』の主な取り組みの一つに、雇用した若者を地域で育成していくという取り組みがあります。

これは内定後、入社後の孤立防止と定着を目的としています。

入社前の研修や、入社式、入社後の研修を『就域』で作ったコミュニティで行うことによって、採用人数が少ない企業でも、地域にいる若者とのつながりができます。

今までの形式だと、入社後に唯一の新入社員が中々会社になじめずに、入社後早々に会社を辞めてしまうという事態に陥りがちでした。

これは、お互いの苦労を共有できる仲間がいないことが最大の原因だと思われます。

いくら面倒見がいい先輩がいる会社でも、立場が同じ仲間がいないということは、心のよりどころが持てないということです。

 

『就域』は会社こそ違いますが、地域にいる同じ境遇の若者たちとのつながりを持つことができます。

同じ立場の仲間ができることで、お互いを励ましあい、社会人としての階段を上っていくことができます。

 

『就域』の取組み事例

 

 

ここまでは『就域』のメリットを伝えてきました。

企業・行政・学生の3方にとってメリットがあることだということはご理解いただけたと思います。

では実際に、『就域』を取り入れている但馬エリアと十勝エリアの取り組みについて紹介していきます。

 

但馬の場合

 

但馬エリアのコンセプトは『人口減少の全力抑制』です。

但馬エリアとは、兵庫県の豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町のことを言います。

中でも中心となっているのは豊岡市です。

移住者を増やしたい豊岡市では『就域』に目をつけて、豊岡市役所内にUターン戦略室というものを設け、14の企業と協力して『就域』に取り組んでいます。

 

取り組みの具体的な内容は【人事情報共有会】と【合同キャリア開発研修】です。

人事情報共有会では地域として、採用力を向上させることを目的としています。

自社の説明会での内容や取り組み、どのように地域の魅力を伝えているのかなどを共有して、地域の採用力を高めています。

とある企業では会社説明会の前に但馬エリアの魅力を伝える取り組みを行っているそうです。

しかし、自社だけでは魅力を十分に伝えきれていない場合には、積極的に他社を紹介しているそうです。

合同キャリア開発研修では、社員の孤立を防ぐことを目的に、『就域』に取り組んでいる企業で合同で行っているそうです。参加する社員は、同世代とのつながりが持てることや、悩みを共有できることで励みになるそうです。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-02/

 

十勝の場合

 

北海道帯広市を中心とした十勝エリアでは、帯広市を中心に周辺の企業と協力して『就域』に取り組んでいるそうです。

取り組みの具体的な内容は【とかち業界研究フェア】と【合同内定式】です。

 

業界研修フェアでは十勝エリアの企業を認知してもらうことを目的としています。

しかし、200名程度いた参加者も、現在は60名前後になってしまっているとのことです。

すべてがうまく成果につながるわけではないのですが、取り組みを行うことによって新たな課題が見えてくることもあるようです。

 

合同内定式では内定者同士で横のつながりを構築してもらうことを目的としているとのことです。

実際に別の会社の同期入社の方のことを「別の会社の同期」と呼称し、連絡を取り合うこともあるようです。

『就域』の取り組んでいる企業の方は、「十勝のどこかの企業に入社してくれればいい」「自社の利益を追い求めているだけではだめ」と考えているとのことです。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-02/

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+