カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. Webデザイナーの職務経歴書・ポートフォリオ作成時のポイントとは!
  • Geekly コラム/転職準備

Webデザイナーの職務経歴書・ポートフォリオ作成時のポイントとは!

職務経歴書の具体的な記載方法や何をアピールしたら良いのかという点が、分からない方も多いのではないでしょうか?そういった方向けへのアドバイスを現役のカウンセラーが教えさせていただければと思います。番外編としてポートフォリオのオススメのまとめ方に関してもお伝えします。

Webデザイナーの職務経歴書、何を書けばいい?

 

イメージ画像-チェック

 

Webデザイナーとしての転職をお考えの方で、「営業職の職務経歴書とは違うから、書き方がわからない!」「ポートフォリオには何をどうやって載せたらいいの?」とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。職務経歴書やポートフォリオは自分の経歴を企業に見てもらうために非常なものなので、重要なポイントを外さずに、もれなく作成したいですよね。

これまで数多くのWebデザイナーの方の転職活動をご支援させていただいたコンサルタントの目線から、Webデザイナーだからこそ職務経歴書・ポートフォリオに記載しておくべきポイントをご紹介さいます。

具体例もありますので、是非最後までお読みください!

 

職務経歴書に記載したいスキル①コーディングスキル

 

HTML、CSS、JavaScriptなどを使える場合は必ずに職務経歴書に記載してください。上記のようなスキルがあれば転職活動を有利に進めることが出来ます。手打ちができるのか、基礎知識を理解している程度なのかなど自分のレベルを分かりやすい形で職務経歴書に記載しましょう。

 

職務経歴書に記載したいスキル②UI/UX

 

Sketch、Adobe XDなどを使ってUI/UXをデザインしている場合は、使っているツールを記載してください。近年は特に自社サービスや事業会社ではアプリやWebサイトのUI/UXデザインの経験を求められる求人が多数存在する為、経験があれば記載してください。

 

職務経歴書に記載したいスキル③論理的思考力

 

自信で制作したデザインはなぜこのようなデザインをしたのかというのを正確に相手に伝えられるようにしましょう。自分が制作したものに対し、ロジカルに説明できないとデザイナー以外の人と共通の言語を持って会話することができない為、職務経歴書やポートフォリオを通じて説明することを意識出来ると良いです。

 

職務経歴書に記載したいスキル④Photoshop/Illustrator

 

Photoshop、Illustrator、Dreamweaver、Flash、Fireworksなどのデザインツールであり、どれもWebデザインを行うのに非常に効果的です。特に使用経験の長いツールに関しては、〇〇年、などとしっかりアピールすると、より評価してもらえるでしょう。

 

職務経歴書に記載したいスキル⑤各プロジェクトの内容と役割を書く

 

【担当プロジェクト】【プロジェクト内でのポジション・担当領域】【プロジェクトのメンバー】の3点は必須事項です。この3点がないと、過去の仕事内容が、しっかりと企業の採用担当者に伝わりません。なお、各プロジェクトに【実績】を記載しておくと、アピール材料になります。実績が書きにくい場合は、業務を行う上で意識していたこと、それによる成果・成功事例などを記載してみてください。

 

 

 

転職成功率UPにつながるポートフォリオの作り方

 

ポートフォリオ

 

まず、紙なのか?Webなのか?どちらがいいのか?迷われる方が多いのではないでしょうか。

結論WebでOKです。ただ、面接時にセキュリティの関係でPCやタブレットの持ち込みが出来ない場合がありますので、面接時にはPCの他に念のため印刷して持参するのをオススメします。

また、フロントエンドに比重を置いた方でもWebのポートフォリオ作成をお勧めいたします。

 

ポートフォリオ作成のポイント①プロジェクト毎

 

自分が担当したプロジェクト毎にプロジェクト名、担当領域、ポジション、規模(人数など)、制作期間などを記載しましょう。Webサイトを担当されているのであればURLは不可欠です。制作した実際の画面を確認できるようにしましょう。 もし、サイトが終了している場合はキャプチャを貼り、終了している旨を記載しておきましょう。

担当領域については「どこを担当したのか」が重要です。IllustratorやPhotoshopなどのデザイン経験とHTMLやCSS、JavaScriptなどを使用していたのかも記載しましょう。W

Webデザイナーの場合は、デザインだけではなく、コーディングやプログラミングができることでグッと通過率は上がっていきます。

 

 

ポートフォリオ作成のポイント②コンセプト

 

制作した作品やデザインは誰(女性向けやシニア向けなど)に向けてどのような点を意識したのか、何を目指した結果作られたものなのかを記載しましょう。制作における自らのコンセプトをわかりやすい言葉で定義することによって、面接官に伝わりやすくなります。コンセプトがあるデザインは相手を魅了できます。

 

 

ポートフォリオ作成のポイント③デザイン

 

左揃えや中央揃えなど揃え方(整列)を意識したサイトを記載しましょう。視線がばらつくのはユーザビリティを意識できていません。

左右、上下の原則にそって制作することによって見やすくなります(離脱率の軽減)。また、あれもこれも「目立たせたい」ではなく、「一番目立たせたい」箇所はどこなのかが重要です。

1つのページに対して原則1つを決めて制作しましょう。ページビューがあまりよろしくないポートフォリオは記載しないのも手です。

 

 

ポートフォリオ作成のポイント④作品の掲載順

 

自己紹介、受賞歴などの実績、使用ソフトや言語、作品紹介(インパクトのある作品や前半はお薦め)、仕事のスタイル、将来のビジョンといった順に制作します。面接官は基本的には上から順に見るため、スキルを積んだ直近の作品から見せていくのがお薦め

また、大学や専門学校時代に制作したデッサンなども効果的です。面接官か志望する会社のデザインテイストとご自身のテイストがマッチする確率が上がっていきます。

 

 

ポートフォリオ作成のポイント⑤作品の掲載数

 

作品数が多いほど良いとは限りません。面接官も日々多数のポートフォリオを見ていますので時間に限りがあります。そのため10~20作品程度が妥当な掲載数です。

自分の制作した作品をバラエティ豊かにしましょう。インパクトのある作品は前半に持っていき、目にとめて貰えるような工夫も大切です。

 

まとめ

 

 

職務経歴書を書くポイントは、使用できるソフトやツールやプログラミング言語をできるだけ多く記載し、実際に担当したWebサイトのリンクURLを貼ることやUI/UXの経験があればそちらも記載してください。今まで担当した業務と培ったスキルをしっかりアピールすることが大切です。

今回の中で特にお伝えしたかった点としては、自身で制作したデザインはなぜこのようなデザインをしたのかということを職務経歴書やポートフォリオを通じてしっかりと説明して欲しいことです。やはり、感覚的なデザインではクライアントへ説明する際に納得して頂けなかったり、再現性ができなかったりしてしまいます。

geekly

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。