長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方① 結論からわかりやすく伝える

 

人に伝えるコツには、極力短くてわかりやすい必要があります

短い面接時間で採用担当者にインパクトを残す方法は、話し始めに結論を話すことです。

これはどのようなコミュニケーションにも通用する、重要なアウトプット方法になります。

普段とは異なり緊張が伴う面接では、あなた自身にも有効な方法です。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方② たくさんのアピールは逆効果!

 

 

アピールは多いほど良いと考えるのは、正しい判断ではありません。

話を聞いている側からすると、何を伝えたいのかがわかりにくいです。

長所と短所は紙一重と前述しました。

長所に含まれている、短所の側面もあわせて1つの軸で話を展開するのがおすすめです。

この手法で話を進めると、聞き手もわかりやすく印象に残りやすいでしょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方③ 具体的なエピソードを交える!

 

面接時に長所と短所の質問をすると、淡々とその項目の回答だけをする方がいます。

わかりやすさを印象づけようとしているのでしょうが、逆に聞き手の印象に残りません。

せめて長所と短所での具体的なエピソードを、1つや2つ程度交えるべきでしょう。

なぜ長所なのか、なぜ短所なのかの根拠が示せないためです。

 

面接の長所と短所の質問はとても大切

 

 

転職の面接で必ず聞かれる質問である長所と短所。

採用側からすると、この返答次第で合否を決めても良いほどの比重の高い質問です。

丁寧に自らをしっかりと見つめ直して、明確な説得力のある回答を心がけましょう。

そうすることで採用側のあなたの印象は、強烈に残ることになります。

長所と短所に該当する1つの項目を結論から話して、具体的なエピソードで根拠を示してください。

この方法であなたの顔と回答内容が採用担当者の頭に残るようになります。

 

最後に

 

 

面接の長所と短所の質問は、採用側からしても人物像を特定しやすく、あなたからしても印象を残すチャンスです。

簡単にされる質問ですが、採用の合否を決定づけるもの。

転職の面接で決してあなたが後悔しないように、念入りに対策をして実りのある結果をつかみ取りましょう。

あなたの転職活動が有意義で実りのあるものでありますように!

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+