【転職/ストレス】ストレスフリーな転職活動を!疲労を溜めない転職活動のために大事なこと

上手く行くことばかりではない転職活動。履歴書づくりや面接に割ける時間が限られていることもあり、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。この記事では、転職ストレスの原因や、疲労を溜めない方法について解説していきますので、「転職するのがしんどくなってきた…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

転職でストレスを溜めない5つの方法

 

 

転職活動は忙しく、かつ緊張の連続になるため全くストレスを感じず転職活動をすべてやり切るのは非常に難しいと言えます。

しかし、自分の気持や疲れ具合をきちんと分析し、それに合ったストレス解消法を実践すればいままでより落ち着いた気持ちで転職活動を続けられるかもしれません。

ここからは、転職で抱えがちなストレスを上手く解消する5つの方法について、解説していきます。

 

今までやってきたことを見直す

 

転職活動が思ったように進まないと、だんだん自信を失ってしまいますよね。

「もう自分はダメかも…」「転職できる自信がない」、そんな時は、今まで自分が転職や仕事に向けてどんなことをして来たか、振り返ってみるとよいでしょう。

上手く行っていないように見えても、あなたは自分のキャリアのためいろんなことをしてきたはずです。

これまでに読んだ本や仕事のために勉強したことを思い出し、自分の努力を再確認してみましょう。

 

焦らずできる限り睡眠を取る

 

転職活動が上手く行っている人もそうでない人も、時間に余裕がない中毎日活動をしていれば、どうしても疲れが出てしまいます。

「早く転職先を決めなきゃ」と焦ってしまう気持ちは分かりますが、まずは今抱えている疲労を取り除くためできる限り睡眠を取ることが大切です。

少したくさん寝たからと言って、転職活動に大きな支障が出るわけではありません。

疲れを感じた時は、「少し寝すぎかな?」と感じるくらい休むことをおすすめします。

 

何もしない時間を作る

 

転職活動で頭のことがいっぱいになっていると、心の余裕がなくなり過度に焦りを感じてしまいます。

休憩することに罪悪感を感じ始めたら、心が疲れているサインですのであえて何もしない時間を作り気持ちを落ち着けましょう。

休憩を取るのも、転職に成功するため不可欠なことです。

 

転職を始めた理由を思い出してみる

 

転職活動が上手く行かない日々が続くと、「そもそも転職活動なんて始めない方が良かったかも…」と弱気になり、ストレスを抱えてしまうことがあるでしょう。

しかしせっかく目標をもって始めた転職活動を途中であきらめるのはもったいないこと。

転職疲れでモチベーションが下がってしまいそうなときは、自分が転職したいと思った理由を思い出し、自分を勇気づけてみましょう

 

自分に過度な期待をしない

 

履歴書を書いたり、面接に行ったりするたびに緊張してしまうのは、「本当は上手くできるはずなのに、失敗したらどうしよう」「完璧にできなかったらどうしよう」という不安があるから。

「企業はまだたくさんあるんだから、ここで失敗しても大丈夫」と思うことで、自分に心にかかっているプレッシャーを解くようにしましょう。

自分に過度な期待をせず、自然体で転職活動を進めて行けば、今よりもストレスを感じにくくなるはずです。

 

転職活動は自分のペースでOK!

 

 

新卒の時の就職活動とは異なり、転職活動には明確な期限がないです。

どうしても自分の能力が発揮できる企業が見つからない、という時はいったん転職活動を休むのもアリですし、しばらく今勤めている会社の仕事に集中するのもよいでしょう。

また、転職活動の方針に悩んだら転職エージェントなどの力を借り、アドバイスを受けてみるのもよいかもしれません。

転職活動を始めた時点で、すでにあなたは自分のキャリアのため、行動を起こしていると言えます。

ストレスを感じたらきちんと休みを取り、自分のペースで転職活動を進めていきましょう。

 

まとめ

 

 

過度なストレスがかかった状態で転職活動を続けても、自分の力を最大限発揮することが出来ません。

自分の能力を志望企業に分かってもらうためには、余裕をもって面接などに臨むことが大切

ストレスを感じたら適宜休憩を取りつつ、しっかりモチベーションを保つようにしましょう。

 

Geekly Media ライター

oume

3+