【転職先が決まった!】退職報告の仕方を紹介!スムーズに会社を辞めるためのポイントは?

晴れて転職先が決まり、これから新たな職場で心機一転、がんばっていこう!そう考えたときにネックになるのが退職の挨拶ですよね。お世話になった人や、嫌いだった人にはどう挨拶すれば良いのでしょう。立つ鳥跡を濁さずとはいうけれど、具体的にどうすればいいの?という疑問に、元人事担当の筆者がズバリお答えします!

 

顔も見たくない上司には挨拶しなくても良い?

 

 

中にはもう顔すら見たくないくらい嫌いな上司、同僚には挨拶したくないという方もおられるでしょう。結論から言うと「挨拶しなくていい」です。

ただ、条件として「更に上の上司へ相談済みであること」が挙げられます。

課長がどうしても嫌いで、もう顔も見たくない、胃が痛くなる……という方は部長へ許可を取りましょう。

どうしても課長の顔を見たくないので、挨拶は控えさせていただきます、という許可を得て、もう会わずに済むよう計らってもらいましょう。

 

ちょっと裏話をすると、企業が最も神経質になるのは入社と退社のシーズンです。

入社時や退社時に一番揉め事が起こりやすいので、企業は受け答えにかなり慎重になります。法律違反になる言葉を吐かないように、と人事や上司はぴりぴりしますので、むしろ退職する場合は強気でいろいろ要求したほうが良いです。

「退職までに有給を全て使いたいが、無理なら買い取ってくれ」と申し出ても会社はなかなか断りきれません。なぜなら上司は申請された有給を取得させる義務があるからです。

 

時期をずらすことはできますが、取得そのものを認めないという判断はできません、違法になってしまいます。

という背景がありますので、本当に劣悪な環境で頑張ってきたのであれば、「上司のパワハラがひどかったので、もう顔も見たくない。どうしても挨拶しなくてはいけないのなら精神疾患の診断書をもらってくる」という文句を述べても問題ありません。

どうしてもやりたくないことは、しなくてもいいんです。

 

デリケートな退職理由、どこまで話せば良いの?

 

 

退職届や退職願についてもよく見かける質問として、退職の挨拶ではどんなことを述べれば良いのか、というものがあります。

辞めたい理由にもよりますが、親の介護や病気などの特別な事由がない場合は「一身上の都合により、退職させていただきます」で大丈夫です。

もちろん、特別な事由があっても「一身上の都合」で大丈夫です。

 

基本的には「一身上の都合」で全て片付く

 

 

そもそも入社試験であんなに志望動機を聞く必要があるのかは疑問ですが、もっと疑問なのが「辞める理由」を聞きたがる人の存在ですよね。

根掘り葉掘り聞いてくる人というのは一定数いますが、まともに答える必要はないのです。いいたくないことはいわなくてもいいんですよ。

ただ、上司や人事が「なぜ辞めるんですか?」と聞いている場合は、純粋に退職理由を聞いて今後の離職率低下につなげようとしている可能性が高いので、なるべく答えられる範囲で答えてあげてください。

 

終わり方があなたの印象を決める?

 

 

あなたがどのような職務態度でどんな結果を残していたのかは推し量れませんが、ひとつだけ分かることがあります。

人は入り方より出方を見ている、ということです。

入社時には誰もが丁寧に振る舞い、新入社員として緊張しながら仕事をしていますが、次第に慣れてくると素が見えて来ます。

そうした本性が顕わになるのは退職のタイミングなので、誰もがそこに注目しています。肝に銘じて、あなたの今後を見据えた退職の挨拶を心がけてくださいね。

Geekly Media ライター

4+