転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接の終盤に良くある質問

 

 

転職の面接も終盤にさしかかると、働く条件に関わる質問に入ります。働く条件って結構デリケートな内容が多くて、回答に困ることも多いはずです。

しかし、その企業で働くのであれば、事前にしっかりと主張したり、確認したりしなければならない点でもあります。回答する加減が難しいところですが、正しい思考であれば問題ありません。

ここからは、「年収」・「勤務地」・「形態」がテーマになります。テーマをみただけでもデリケートであるのがわかる質問です。

 

希望する年収を聞かれたら?

 

前職での年収や希望する年収は、面接の最終の詰めとして必ず聞かれる質問です。採用する企業も、生活のベースとなっていた年収を把握するのは長く勤めてもらうのに大切なこと。

年収の質問で大切なのは、「嘘をつかない」と「理にかなっているか」です。いくらなるべく高い年収が欲しいからといって嘘をついてはいけません。嘘のメッキはすぐに剥がれます。

また、希望する年収を低くする必要もなく、その希望する年収が理にかなっていれば良いのです。あなたのアピールが的を射ていれば、十分に考慮される可能性があります。

 

勤務地を聞かれたらどうする?

 

 

大きな企業であれば全国に支店があったり、海外にも支店があったりします。あなたの条件に整合性があれば、無理な条件をのむ必要はありません。

しかし、あまりにも極端に拒絶してしまうと、採用する企業の印象に悪く影響してしまいます。前向きに聞きながらも、なぜ無理なのかというしっかりとした理由を付け加えましょう。

 

違う業務でも大丈夫?と聞かれたら

 

良くあるパターンで「仮に募集している内容と違う部署で採用はどうですか?」、なんて質問をされることがあります。これはその募集内容にもよるので一概にはいえません。

正解ではありませんが、基本的には他の条件は断るのが無難ではないでしょうか。これまで熱く募集する業種について語ってきた訳ですから、そこであっさり承諾するのもどうかと感じます。

 

転職面接の最後の質問は重要!

 

 

「最後に質問はありませんか?」これも良く聞かれる質問ですね。この質問の回答で「特にありません」はNGです。あなたが興味を持つ企業への質問で、「特にない」は問題ありですよね。

気になることは積極的に質問しましょう。ただし、あまり金銭面や福利厚生、残業などのデリケートな内容ばかり質問しないように注意してください。

 

最後に

 

 

転職の面接には型があります。この型さえ理解していれば、自然と回答も出てくるでしょう。上手な受け答えをして、あなたの転職を成功させてください。

Geekly Media ライター

SHIN

4+