面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+