面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+