面接で希望年収を聞かれたら、正直に言うべき?質問のウラに隠された面接官の意図とは!

面接で希望年収を聞かれることは多いもの。少しでも多く貰いたいのが本心ですよね。しかし希望額をそのまま答えてしまって良いのか、不安になることもあるかと思います。そこで今回は、そもそもなぜ面接官が希望年収を聞くのか、その意図を解き明します。この記事を参考に、賢い希望年収の答え方をマスターして下さいね。

 

希望年収の賢い答え方

 

 

求人票の記載金額内で答える

 

希望年収を聞かれた場合に心がけておきたいのが、求人票に記載のある年収金額の範囲内で答えること

企業側も候補者は求人票の年収欄に同意して応募して来ているものと思っています。

そのため求人票よりも大きな金額を申し出ると、求人票をしっかり見ていない人という印象を与えてしまうことも。

あくまで企業の提示する条件に納得して入社を希望しています、という姿勢を見せることが大切です。

その上で自分のスキルを効果的にアピールすることで、企業が出すことのできる最大の年収額をゲットすることに集中するほうが賢い方法と言えます。

 

入社後の「頑張り」と共に話す

 

 

高い年収を狙う場合には、言い回しに気を付けるようにしましょう。

どんなに面接で自身の能力をアピールできたとしても、謙虚な姿勢がないとコミュニケーション能力に難がある人物と見なされてしまうこともあります。

あくまで成果の頑張りに応じて相応の年収をもらいたい、ということをさらっと述べるようにしたいところです。

例えば「現在の年収は〇〇万円です。御社に入社後はこれまでの成果や培ったスキルをもとに、最大限貢献する所存です。そのため現在の年収かそれ以上の年収を希望させて頂けますと幸いです」といったように、入社後の「頑張り」を出すことが効果的です。

 

条件面談の場で希望年収を伝える

 

企業によっては、最終面接の後に「条件面談」が設定されることも。

この場は既に会社としては内定を出したあとに設定されることが多いため、入社の判断は候補者側に委ねられていることが往々にしてあります。

面接と違って評価をされる場ではないため、この場で素直な希望年収を伝えるのも1つの手。

企業としては既に内定も出していることで、余程のことがない限り内定を取り消すことはできません。

そのため「ボール」は候補者側にあり、ここで条件交渉をすることは可能です。

しかしあくまで「条件面談」は双方の認識に違いがないかを確認する場です。

強引な給与交渉は後々の印象を悪くさせる場合もあるため、ここでも話し方などには気を付けるようにしましょう。

 

転職エージェントの活用を検討しよう

 

 

面接の中で年収の交渉をするのは勇気が要りますよね。

そもそも自分のアピールに必死で、年収交渉にまで頭が回らない方もいるかと思います。

そこで検討したいのが転職エージェントの利用。

転職エージェント経由で面接に進めば、エージェントが企業と直接年収交渉をしてくれます。

候補者はエージェントに年収の希望を伝えるだけで良いので、気持ち的にも楽になるというメリットが

もちろん転職エージェントに相談したからといって確実に年収がアップするとは言えません。

しかし何百人、何千人と転職をサポートしてきたプロに任せたほうが、自分で年収交渉をするよりも成功の確率はアップすると思いませんか?

エージェントは無料で登録できるところが殆どのため、まずは利用を検討してみることをおすすめします。

 

面接はあくまで「企業目線」を持って臨む

 

 

面接は自分の希望を伝える場ではないことを改めて認識しておきましょう。

企業は求める人物像やスキルなどを明確化して採用に臨んでいます。

その中には想定年収額も当然含まれてきます。

そのため、面接に臨む方はその企業の理想像に自信が相応しい人物であることをアピールする必要があるのです。

どんな企業においても、相手の目線に立ってコミュニケーションができない方はそれだけで評価を落としてしまいます。

面接でも見られているポイントは同じ。

たとえそれが希望年収に関する質問であったとしても、会社目線、ひいては市場価値に即した回答ができているかを確かめられていることは肝に銘じておきましょう。

今回は面接で希望年収を聞かれた場合の答え方、また企業側の質問に隠された意図について詳しく解説しました。

自分のスキルがしっかり相手に伝わるように話す一方で、謙虚な言い回しに気を付けるなど、面接は「バランス」が大切です

この記事をもとに、満足のいく転職活動ができることをお祈りしています。

 

Geekly Media ライター

heytaku7

13+