【まとめ】内定後のフロー!返事の仕方から保留の伝え方、入社までのフローまで徹底解説!

転職を考えている人の中には、転職活動を効率よく条件に合った会社に内定がもらえるかというところに注目しており、内定が出た後の動き方を知らないという方も多いのではないでしょうか?しかし、企業をさがしから始まり、選考して内定をもらい入社するまでが転職です。内定後の動き方次第では、転職に失敗することもあるので注意しましょう。

 

条件交渉はこのタイミングで

 

 

先ほどから離している通り、このポイントがどんな条件で働くかの最終決定を下す場です。

内定を頂いた会社にはいきたい、けど条件があまりよくないという事であればここで交渉をしてみましょう。

内定を出しているという事はあなたをある程度評価してくれており、興味があるという事なので、交渉次第では条件の改善を測れるかもしれません。

 

返答方法

 

 

返答方法に関しては指定された方法で返答しましょう。

指定がない場合は、電話で返答するのが一番丁寧ではありますが電話番号が分からない場合や忙しい方の場合は迷惑になる場合もあるので、メールで返答するというのもありです。

ここでは具体的な例を紹介していくので、参考にしてください。

 

電話での返答例

 

直接企業に電話で報告する場合には、以下のようなフローで入社意思をお伝えするとよいかと思います。

 

—————————-

自分「お忙しいところ失礼致します。私は○○と申しまして、先日貴社の○○職の面接に参加させて頂いたものなのですが、○○部の○○様はお手すきでいらっしゃいますでしょうか」

受付「少々お待ちくださいませ」

担当「変わりました」

 

自分「お世話になっております。先日○○職の面接に参加させて頂きました○○です。

先日はお忙しい中お時間を頂きありがとうございました。」

担当「こちらこそお時間を頂きありがとうございます」

自分「先日頂いた内定の事でご連絡をさせて頂いたのですが、是非貴社で働かせて頂きたいです」

—————————-

 

上記のように返答するのがいいでしょう。

もちろん相手の対応次第で話すことは変わってきますが、面接のお礼と内定への返答を忘れないようにしておけば大きな問題はありません。

 

メールでの返答例

 

メールで返答する場合には以下のようなテンプレートを用いるのが良いでしょう。

 

—————————-

件名:内定通知への返答の件

○○株式会社

○○部 ○○担当 ○○様

お世話になっております。

先日貴社の○○職募集にて面接に伺わせていただきました○○と申します。

お忙し中お時間を作っていただきありがとうございました。

 

頂いた内定通知の件ですが、是非貴社で働かせて頂きたいです。

つきましては今後の流れについてご教授いただきたいです。

お忙しいところ恐縮ですが、ご返信いただければ幸いです。

 

○○

—————————-

 

上記のように、入社意思と今後の流れについての質問を投げかけるようにしましょう。

 

エージェント経由での返答例

 

転職の方法としてエージェントを経由するというものもあります。

その場合は企業担当者に直接連絡をするのではなく、担当のエージェントに入社意思を報告をするといった流れになります。

連絡の仕方は基本的に直接企業にする場合と変わりません。

エージェント経由で応募する際の良い点として、内定が出た後の企業への対応をエージェントの担当者がしてくれているのでスムーズに進めやすいです。

また頂いた内定では条件面が合わなかったり返答の期間を延ばしたいという場合に、担当者経由で交渉してもらうこともできるので納得いく転職をしやすいです。

 

Geekly Media ライター

0