【面接】適切な自己アピールのやり方を徹底解説!事例とともに分かりやすくご紹介します!

面接で行われる自己アピールは、履歴書や職務経歴書だけではわからないあなたのアピールポイントを、企業側が把握するための大切なコミュニケーション方法です。そこで今回は、面接時の自己アピールがどのような役割を果たすのか、そして最も効果的な自己アピールのやり方とはどんなものなのかを、事例を交えながら紹介します。

 

より具体的なポイントをアピールする

 

 

上記の「書いたことをそのまま読まない」という点にも共通する部分ですが、アピールポイントは具体的であることが大切です。

アピールポイントを聞いた時、相手が具体的にイメージできるように話すことで、印象に残りますし、あなた自身もその企業での仕事を具体的にイメージできているというアピールにもつながります。

また、具体的に表現できることで、あなた自信がしっかりと自分のことを把握していて、面接に対して真剣に向き合っているという印象も与えるのです。

 

自己アピールの事例

 

自身の長所をアピールする

 

 

自己アピールの定番といえるのが「長所」をアピールする場面です。

長所をアピールする場合には、それに合わせて自身の短所がカバーできる長所であることをアピールする必要があります。その理由は、短所をしっかりと把握して補うという自己分析ができていることをアピールできるからです。

例えば、自身の短所が「ひとりで抱え込んでしまう」というものであれば、長所を「責任をもって全うできる」といったようにアピールします。

 

自身のスキルをアピールする

 

 

面接時に欠かせない自己アピールのひとつが「スキル」です。これまで自身が経験して積み上げたスキルにはどのようなものがあり、そのスキルはこれからどのように活かせるかを分かりやすくアピールしましょう。

スキルのアピールについては、その企業にマッチしたものを選び、一部は掘り下げ専門用語で表現しても良いでしょう。

例えばLinuxを業務に利用する企業であれば、スキルアピールとして「シェルスクリプト」でのプログラミング経験において「Bシェル」や「Cシェル」といった具体的なスクリプトの種類や、作成した機能を事例に挙げることで、あなたがどのような戦力となるのかをイメージしやすくなります。

 

まとめ

 

 

面接時における自己アピールは、自分の言葉で自身のことを伝えるコミュニケーション方法です。

ですので、履歴書や職務経歴書に書いたことを暗唱するのではなく、自分という人間の人物像や持っているスキルをプレゼンする気持ちで臨みましょう。

何を伝えたいのかを明確にしておくことで、論理的にかつ要点を絞った分かりやすい自己アピールができるはずです。そして、本当にアピールしたいことを話している時には、表情や仕草も自然な状態を保つことができますので、多少緊張していても、それを差し引いた“アピールポイント”が相手に伝わるはずです。

Geekly Media ライター

佐久森

0