転職活動は離職後?在職中?それぞれのメリットデメリットを徹底解説します!

転職活動を始めようと思った時、離職後であるかであるかという立場に分かれます。転職をする際にはどちらの立場が有利であるかを考慮したり、あるいは転職を急がなければならない理由を持つ人も少なくないでしょう。そこで今回は、転職活動を行うタイミングについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

転職活動とは

 

 

転職活動とは、職場を変える、あるいは職種そのものを変える活動です。

おそらく多くの人は、職種そのものを変化させるよりも職場を変えるという人の方が多いでしょう。

その際には、同職種の企業へアプローチかけますが、書類選考を通過して面接を受ける際に、離職後であるかであるかが影響すると思う人もいます。

 

しかし、転職は必ずしも現在の職場が嫌で転職をしている人ばかりではないですし、キャリアを積むために様々な企業へ転職する人もいます。

ですので、中途採用をしている企業が離職後であるかであるかを基準にして採用の判断はおこないません

 

転職は決して後ろめたいことではありませんので、離職後でもでも堂々としていていいのです。

 

ただし、活動をする本人にとっては離職後であるかあるいはであるかで、転職活動のメリットデとメリットがありますので、それらを意識した上で計画を立ててみましょう。

 

離職後の転職活動

 

まずは、離職後に転職活動をするメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

メリット

 

 

離職後に転職活動を行うメリットは、下記のようなものです。

 

・活動スケジュールを自由に立てることができる

・その他の事に気を使わなくて良い

 

離職後の転職活動は、とにかくその他に気を配る事なく活動に集中できます。

 

一日にできる限り面接の予定を立てられますし、あるいは転職専門エージェントとの打ち合わせもいくつか同日にこなせます。

また、活動に集中する日と、しっかりと休む日を自由にスケジューリングができるのです。

 

とにかくしっかりと次の職場を探したい場合には、離職後に活動をするのが正解ですが、それにはデメリットを克服するための準備も必要です。

 

デメリット

 

 

離職後に転職活動を行うデメリットには以下のようなものです。

 

・経済的な余裕を確保する必要がある

・離職から活動開始までの期間をしっかりと意識する必要がある

 

離職後に転職活動を行う場合に、すぐに直面するデメリットが経済面です。

 

離職してしまえば当然給与がありません。ですので、次の就職までにあまりにも時間をかけてしまうと生活が困難になってしまいます。

更に、離職から長い期間が空いてしまうと、就業していない空白の期間ができてしまいます。面接時には、この空白期間の行動などを聞かれますので、あまりにも長い期間何もしていない場合、あまり印象は良くないでしょう。

 

また、期間が空いてしまうと転職や働くことへの意欲が失われてしまう可能性もあります。

経済的な余裕があれば良いのですが、何もしていない期間が長い程、あらゆる面でデメリットに繋がりますので注意が必要です。

 

離職後に転職活動をする場合には、これらのデメリットをあらかじめ認識し、準備をしておきましょう。

例えば経済面で言えば、3ヶ月の就職活動期間(給与がもらえない期間)を想定しておくと余裕がでてきますね。

そして、就職活動期間を3ヶ月などとリミットを決めておけば、集中して活動を行えますので、空白の期間をダラダラと伸ばしてしまうことも防げます。

 

在職中の転職活動

 

次に、在職中の転職活動におけるメリットとデメリットを確認しましょう。

 

メリット

 

 

在職中に転職活動を行えば、次のようなメリットがあります。

 

・経済面に対する不安がない

・転職を焦る必要がない

 

在職中の転職活動におけるメリットでは、なにより経済面の心配がないことが挙げられます。毎月の給与がある状態で、より良い転職先を探すことは心に余裕を持って活動ができるのです。

 

更なるキャリアアップのための転職でも、収入アップのための転職でも、経済面の心配をしながら活動をするとどうしても焦ってしまうものです。しかし、在職中であれば根本的な心配をせずに活動に集中できます。

また、失業中であるという焦りもなくなります。例えば失業中であれば、世間体からの後ろめたさから転職を焦ってしまい、就職が決まらない期間が続くと納得していないのに“採用されたところ”に就職してしまうということも起こり得ます。

 

このような失敗を避けるためには”転職に対する焦り“を持たないことです。であるという心の余裕は、このような失敗を避けられます。

 

Geekly Media ライター

佐久森

0