【知っておきたい!】求人票の正しい見方はコレ!見るべきポイントを絞って分かりやすく解説します。

就職活動や転職活動において、企業への応募のひとつの基準となるのが求人票です。ハローワークや転職サイトによっても仕様は多少異なりますが、見るべきポイントは同じです。求人票の見方を知ることで、効率的な活動を行うことも可能なのです。そこで今回は、求人票の正しい見方を確認しながら、見るべきポイントを解説します。

 

求人票とは

 

求人票とは、企業が人材確保のために公に公表する書類のことです。求人票には、職業安定法に定めてある労働条件を表記し、求職者に向けて開示します。

求人票に定められる記載要項は次の通りです。

 

・労働者が従事すべき教務の内容に関する事項

・労働契約の期間に関する事項

・就業の場所に関する事項

・始業、終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間および休日に関する事項

・賃金の額に関する事項

・健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険及び雇用保険の適用に関する事項

 

求人募集を行う企業には、これらを全て開示する義務があります。

求職者は記載事項を元に、自身が求める条件を選別し企業への応募を行うことで、企業と求職者をマッチングする仕組みです。

インターネットが普及した現代でも、仕組みの根本に変更はありません。

 

求人票の正しい見方

 

求人票に記載されている内容の見方を確認しておきましょう。ここでは、求職活動における代表としてハローワークの求人票を例とします。

 

・受付年月日・紹介期限日:求人事業者が求人申し込みをした日が記載されています。紹介期限に達していなくても、採用が確定した段階で求人は終了となります。

・終業場所:実際に勤務する場所です。求人事業者の所在地とは異なる場合もあります。

・職種:応募職種が記載されています。「一般(フルタイム)」などの記載が多いようです。

・仕事内容:具体的な仕事内容が記載されています。

・雇用形態:雇用形態には「正社員」「正社員以外(契約社員、嘱託社員等)」「登録型派遣労働者」「常用派遣労働者」のどれかが記載されています。

・雇用期間:日々雇用されるか、又は1ヶ月未満の雇用期間が記載されます。

・必要な経験等 必要な免許資格:求人事業者が重視する経験や資格が記載されます。

・年齢:年齢制限は原則禁止されていますので、求人事業社が求める目安が記載されています。

・賃金:基本給(税込)や手当が記載されています。

・賃金形態:時給や月給(月給制や日給月給制)を確認できます。

・賞与:記載事項は保証条件ではなく、前年度の実績に関する記載です。

・就業時間:1日あたりの就業時間が記載されます。

・休日等:求人事業者の就業規則に則った条件が記載されます。

 

求人票で見るべきポイント

 

求人票には多数の条件や規則が記載してありますが、その中でも特に見るべきポイントをチェックしておきましょう。

 

賃金

 

 

働く目的は様々ですが、雇用される上で重要な項目のひとつが給与です。

求人票の賃金項目に記載されている金額は、通常は額面(総支給額)であり手取りではないことに注意しましょう。

実際に受け取るいわゆる手取りは、記載されている金額から所得税などの税金や保険料(健康保険料、厚生年金保険料など)、また企業によっては組合費などが差し引かれた金額になります。

おおよその手取り計算であれば、額面の20%が差し引かれることを想定しておきましょう。

 

仕事内容

 

 

応募するにあたって、仕事内容もしっかりと確認することが大切です。

仕事内容については、求人事業者が記載できる内容にも限りがあり、その枠はA4用紙を縦割りにして8行(ハローワークの求人申込書)です。

ですので、詳細を細かく記載することが物理的に困難な場合もありますので、大まかな仕事内容としてとらえなければなりません

詳しく確認したい場合は、求人を掲載しているハローワークや転職サイトに問い合わせることで、詳細確認を代行してもらうことも可能です。

 

Geekly Media ライター

佐久森

1+