PM職を目指す方必見!未経験でも転職成功率を高めるための面接のポイント!

IT業界でのプロジェクトマネージャー(PM)職。プログラマー、SEと経験をした方が目指すキャリアパスの一つです。PMを目指すためにはどのような能力が必要なのか、面接ではどのようなポイントで選考をされるのかなどを実際に弊社ギークリーの実績から導き出したデータを基にご紹介します。

 

PM経験がなくてもPMにはなれる!

 

 

プログラマー、SEからPMにチャレンジできる

 

PM(プロジェクトマネージャー)というと、プロジェクトの責任者という役割になるため、非常にスキルが高そうに思われます。しかし実際には、未経験からPMを目指したいという方がチャレンジできる求人案件は存在しているものです。

PMは「プロジェクトの管理」が主な役割になっているため、適切な工数で適切なメンバーに仕事を振り、適切な納期・仕様を提案する必要があります。

「管理業務、マネジメントをする必要がある」というと、求められる基準が相当高いように見えがちですが、中には研修制度やOJTを充実させることで、未経験からでも活躍可能な企業も多数あるので、プログラマー、SEからPMを目指していきたい!」という方は積極的にチャレンジすることをオススメ致します。

 

面接官はどこを見る?

 

 

面接官は直近5年間の経歴で評価をする

 

経歴は「直近5年間」の経歴が評価されます。

10年前ですと技術環境、プロジェクトマネジメント手法など今と大きく違う点もあるためです。面接のはじめに経歴の説明をすることが多いですが、その際に経験したプロジェクトの全てをお話するのではなく、プログラマー・SEとして積んできた直近5年のご経験を中心に、

 

・どのような業界(ユーザー)向けのシステムか

・どのような役割か

・どのような技術環境か

 

上記ポイントをお話できると良いです。

経験年数が長い、ご自身が中心的な役割を担った、ご自身が主体的にプロジェクト遂行に関わったというプロジェクトを1~2つ話せるようにご準備頂くと良いと思います。

 

ここから、PM職の採用面接で企業が候補者を見極めるためのポイントを5つご紹介したいと思います。

 

ポイント①:主体的に関わり、提案・改善を働きかけた経験があるか

 

 

PMは「プロジェクトの管理者」という役割の中で主体的に関わり、自ら提案・改善を働きかけた経験があるかどうかがポイントとなります。

具体的には以下のようなポイントを面接官は見ています。

 

・どこまでの管理業務に携わっていたか

⇒スケジュール管理・品質管理・予算管理・メンバーマネジメントの中でどこまで経験をしていたか、を確認されます。それらを管理するために注力したこと・工夫したことを話せるとより評価が高まります。

・課題を見つけて解決する手立てを「自ら」考えられているか

・自ら周りを巻き込み、推進した経験を持っているか

・関わってきたプロジェクトで利用したツール、技術環境を理解しているか

 

ポイント②:システム開発経験、技術力を求められる

 

 

特にWebシステム、スマートフォンアプリの開発プロジェクトでは少人数でプロジェクトを進めるため、PMの役割を担う方でもプレイングマネージャーとして手を動かす機会もございます。そのため、過去携わったプロジェクトの技術力を図ることが多いです。

面接では以下の点に注意して、お話頂ければと思います。

 

・得意な言語、技術環境、ツールを話せるようにする

・最新技術、トレンドのキャッチアップをしているか

 

最近のトレンドワードとしては以下のものが挙げられます。

 

技術…AI・IoT・ブロックチェーン・RPA・クラウド・音声検索・5G

ビジネスモデル…サブスクリプション

業界…自動運転・HR Tech・スマホ決済・VTuber・eSports・セキュリティ・AR/VR

開発手法…スクラム、マイクロサービス

 

Geekly Media ライター

geekly

13+