カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ゲームのシナリオライターってどんな仕事?仕事内容から平均年収まで分かりやすく解説!
  • 職種・ポジション

ゲームのシナリオライターってどんな仕事?仕事内容から平均年収まで分かりやすく解説!

ユーザー・視聴者を引き込む必要があるゲーム・ドラマ・アニメなど作るのにシナリオライターは必要不可欠です。しかし、シナリオライターという名前は聞いたことがあっても、実際はどんな仕事をしているのかや平均年収など具体的な事を知らないという方は多いのではないでしょうか?今回はそんなシナリオライターについて具体的に解説していきます。

 

ゲームのシナリオライターとは?

 

 

ゲームをプレイしていて感情を大きく揺さぶられた経験はお持ちでしょうか。

人の心を動かすゲームを作るには、シナリオが非常に重要になってきます。

いくらゲームシステムやキャラデザインなどが良くても、シナリオがいまいちなら感情移入しにくいですし、面白くなくて最後までプレイしてもらうことができないかもしれません。

そのため、シナリオを考えるシナリオライターというのはゲーム等を作る際非常に重要で、ヒットするかどうかのカギを握っている人といっても過言ではないのです。

そんなシナリオライターは実際どんな仕事をしているのでしょう?

 

どんな仕事をしてるの?

 

 

ゲームのシナリオライターはその名の通りゲームのシナリオを考える人の事を指します。

先ほども話した通りシナリオは、ゲームがヒットするかどうかの根幹を支える部分でもあるので非常に重要で責任感が必要な仕事です。

基本的にはゲームのジャンルやターゲットとしている層など、戦略をある程度把握したうえでシナリオを納期通りに提出するというのが仕事です。

ゲームの大まかな展開だけではなく、キャラクターの性格など細かなところまで作りこんでいきます。

また、ゲームのシナリオライターは1本のシナリオを書けばいいというわけではありません。

近年1つのゲームに積み込むことのできるデータ量も多くなってきたこともあり、非常に自由度が高い作りをする物が増えてきました。

そのためサブストーリーをたくさん用意しているゲームも多く、メインストーリーとは関係ない部分のシナリオを考える必要もあります。

主人公の選択によって今後のストーリーが変わってくるというゲームも増えてきており、より感情移入しやすくやりこみ要素も増える点から人気が高いです。

そういうゲームの場合、オープニングは同じでも分岐したストーリーを複数用意する必要があります。

それに伴ってエンディングを複数用意する必要があるため、同時に複数のストーリーを考えないといけないという難しさがあります。

 

高まるシナリオライターの需要

 

 

そんなゲームのシナリオライターの需要が近年高まってきているのをご存知ですか?

シナリオライターは先ほどから離している通り、ひとつのストーリーを考える仕事ではなくキャラの事やゲームシステム等、全体の事を理解していないといけません。

そのため、シナリオライター専属というよりゲームプランナーやディレクターを兼任する場合が多かったのですが、近年は需要子高騰と共に地位も高まりシナリオライター専属でやる方も増えてきています。

ではなぜシナリオライターの需要が高まってきているのか?

それはゲームの自由度が上がった事とスマホの普及が関係しています。

先ほども話した通りゲームの自由度が上がった事により、サブストーリーなどメインストーリーとは関係ない追加要素的な物や様々な攻略ルートを作る必要が出てきたため、その分シナリオライターの需要が高まったのです。

また、もう一つの理由であるスマホの普及により、ソーシャルゲームが爆発的にヒットするようになり、多くの企業はもちろん個人でもゲームをリリースするという時代になってきました。

家庭用ゲームと比べると手軽にゲーム制作に取り組めるようになり、多くのゲームがリリースされるようになった事で、シナリオライターの需要も高まっているのです。

 

シナリオライターの収入

 

 

ゲームのシナリオライターとして本気で働いていきたいと思っているなら、お金の事も気になりますよね。

ゲームのシナリオライターの年収は働き方によっても大きく異なりますが、平均すると300万円~500万円だと言われています。

もちろん駆け出しでまだ能力もなく、任されるゲームの規模が小さい物だとその年収を下回る場合もありますし、売れっ子と言われるシナリオライターは、それ以上稼いでいる方も沢山います。

シナリオライターのお仕事はゲームがヒットするかに大きくかかわってくるポジションなので、この人に頼めばヒット間違いなしと思えるような人になれればその分収入も増えてくるのです。

シナリオライターとして生計を立てていきたいのなら、名を売って大きな依頼を頂けるようになる事が重要です。

 

シナリオライターに必要な能力

 

 

ゲームがヒットするかどうかにかかわる重要なポジションであるシナリオライター。

では活躍していくにはどんな能力が必要で、どんな人に向いているのでしょうか?

 

 

文章力

 

言うまでもないですがシナリオライターに一番必要な能力は文章力です。

シナリオを書くわけですから文章を書く力がなければ務まるわけがありません。

シナリオライターが書いたシナリオ、キャラクターの性格についてのガイドライン等を元にクリエイターが形にしていくので、情景を思い描けるような文章が書けなければいくらいいアイディアを持っていても伝わらないので、いい作品を作ることはできません。

 

構成力

 

シナリオライターにとって文章能力と同じくらい大切なのが構成力です。

先ほどから離している通り、シナリオライターは1本のシナリオだけではなく複数のシナリオを同時に作っていかなくてはいけません。

このイベントが発生するための条件を考えたり、サブストーリーとメインストーリーで辻褄が合わなくなってしまわないように構成していかないといけないので、高い構成力が必要とされます。

 

想像力

 

ユーザーをあっと言わせる展開、感情移入しやすい展開を考えるためには想像力が必要不可欠です。

それも偏った想像力だけではいけません。

ゲーム中に登場するキャラクター全員のバックグラウンドを想像し、どういう行動に出るのかを想像する必要があります。

また、ベテランになれば得意ジャンルの依頼だけを受けるということもできますが、新人の頃は仕事を選ぶことはあまりできないで、色んなジャンルの想像力を発揮する必要があります。

 

忍耐力

 

シナリオライターに向いている人は忍耐力がある方です。

シナリオを考える作業というのは基本的に短時間で終わるものではありません。

考えている中で行き詰ってしまうこともよくある仕事なので、投げ出してしまいたいという気持ちとの戦いになります。

しかも納期との戦いというのもあり、「全然思いつかない、でも書かなきゃいけない」と追い込まれます。

忍耐力がないと耐えられない激務であるという一面もあります。

 

シナリオライターになるには

 

学校に通う

 

 

一番現実的にシナリオライターになる方法というのは学校に通うという方法です。

ゲームのシナリオライター専門の学校というのはあまりありませんが、ライトノベル作家学科など作家として文章を書くことを勉強できる学科は全国的にあります。

文章が書くのが好き、想像力があるという人でも、独学ではなかなか学べない部分もあります。

特に有名な専門学校であれば、実際に活躍している作家の人等と話すことができる機会もあり、勉強になるのでシナリオライターになりたいという方は是非学校に通う事をおすすめします。

 

ゲーム会社に就職する

 

 

ゲームのシナリオライターが必要な会社といえば基本的にはゲーム会社です。

なので、ゲーム会社に就職するという方法もあります。

しかしシナリオライター募集というのはあまりないので、この方法を選ぶ場合はまずはエンジニアとしてゲームシステムを作ったり、キャラのデザインを書いたりという別職種から社内コンペで提案したり、上司に移動の願いを出したりして最終的にシナリオライターになるという形になります。

また、別職種からシナリオライターになるというのは非常に困難な道のりでもあるので希望道理行くとか限りません。

 

 

実績を売り込む

 

 

これはある程度脚本家や作家として成功している人にしかなかなかできる事ではないので、現実的とは言えない方法です。

現実的方法とは言えませんが、売れるゲームを作るためには脚本家や作家としてでも売れるくらいの能力がないと難しいです。

思い切って違う角度から仕事を初めて、最終目標をゲームのシナリオライターに定めるというのも一つの手です。

 

自由度の高い働き方もできる

 

 

ゲームがヒットするかに大きくかかわれるという事も一つの魅力ですが、シナリオライターになる魅力として自由度の高い働き方というのもあります。

 

リモートワーカー

 

シナリオを書く上での打ち合わせなどでは集まって会議をする必要がありますが、いざシナリオを書き出したら一人でも問題ないのでリモートワーカーとして働く方も増えてきています。

わざわざ会社に毎日出社する必要がないので、通勤時間を無駄にすることはないですしリラックスできる空間で集中して仕事ができるというのは良いものです。

 

フリーランサー

 

近年はフリーランスでシナリオライターをする方も増えてきています。

ある程度有名になって色んなところから依頼を頂けるような方はもちろん、業界的にそこまで有名ではない方でもフリーランスとして働いています

何故できるかというと、先ほども話した通り近年は多くのゲームがリリースされているのでネットで検索すると結構シナリオ執筆の委託依頼というのを見つけることができるのです。

もちろん実力がないと後が続かないので、シナリオライターとしてある程度実績を積んでからフリーランスになるというのがベストですが、フリーランスとして自由に働くという方法もあります。

 

最後に

 

 

いかがでしたか、シナリオライターとはどういう仕事でなるにはどうすればいいのかは分かりましたか?

ゲームのヒットに大きくかかわることができる仕事なので、やりがいと共に責任も大きくのしかかります。

年収も他の仕事と比べて物凄く良いというわけではありません、しかしやりがいを持って働ける面白い仕事であることは間違いありません。

ゲームのシナリオライターにどうしてもなりたいという方は、是非参考にして挑戦してみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。