【Webデザイナー】仕事内容から将来性、初心者の学習法まで徹底解説!

Webデザイナーという響きから「かっこ良さそうな仕事だな」と思われる方は多いと思います。しかし実際にはどういう仕事をしているのでしょうか?また、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回はその仕事の内容、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのか、勉強法や将来性を解説していきます。

 

その他のWebデザイナーの仕事 スクリプトの作成

 

 

次にスクリプトの作成です。スクリプトとは、簡易的なプログラムを指します。では、スクリプトはどのようなものに用いられるのでしょうか。

例えば、アラート機能や入力フォームのチェックなどです。

 

Webページを見ていて、アラート(警告)が出てきた経験があるのではないでしょうか?申し込み欄に必要事項を入力している際に、「文字数の制限が多い」などのチェックが入った経験はないでしょうか?

実はこれ、スクリプトで組まれています。

簡易的なプログラムであると紹介はしましたが、作り方によっては非常に複雑なものもできますので、プログラマーが行う場合もあります。

 

Webデザイナーになるために必要なスキルと資格

 

 

Webデザイナーの仕事内容はある程度理解していただけたところで、「Webデザイナーを目指したい!」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、Webデザイナーになるためにはどうすればいいのでしょうか。

どういったスキルが必要なのでしょうか?

どんな資格が必要なのでしょうか?

 

スキル

 

主に必要なスキルはグラフィック制作用のソフトを扱うスキルと、コーディングに必要な開発言語の取得です。

 

グラフィック制作用の基本的なソフトとしては、『Illustrator』と『Photoshop』が挙げられます。その他にもソフトはありますが、まずおさえておきたいソフトとしては、上記の二つになります。

この二つのソフトを使うことができれば、大体のものは制作可能になります。

 

次に、コーディングに必要な開発元の習得です。

前述していますが、基本的な言語は『HTML』、『CSS』、『Java Script』です。この3つを習得すれば、汎用性も高いため、実務で困ることはないと思われます。

 

しかし、プログラミング言語は、技術の発展と同様、新しいものが次々と出てきます。

コーディングに使用するプログラミング言語だけではなく、グラフィック制作用のソフトを扱うスキルも、新しいものが出てくる可能性があります。

 

資格

 

Webデザイナーになるために、特に資格は必要ありません。

 

就職や転職においては、資格よりもWebデザイナーとしてのスキルを問われる場面のほうが多いと思います。

しかし、資格を取得していると、クライアントに安心感を与えられるとともに、信頼を得ることができます。

また、自身の知識を高めることができるため、資格を取得することにも大きな意味があります。

 

ウェブデザイン技能検定

 

厚生労働省が運営する国家資格です。この資格は1級~3級まであり、3級以外は実務経験を問われます。

初心者の方は3級を合格することを目指しましょう。

また、1級に合格すると、厚生労働大臣の名を冠した、ウェブデザイン技能士の合格証書が発行可能になります。

(参考:http://www.webdesign.gr.jp/)

 

Webデザイナー検定

 

公益財団法人画像情報教育振興協会が運営する資格です。

『ベーシック』と『エキスパート』の難易度があり、習得度に合わせた受検が可能です。『ベーシック』は基本的な知識などを問われるもの、『エキスパート』は知識の応用を問われるものになります。

(参考:https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/index.html

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+