セキュリティエンジニアを徹底解説!必要なスキルからその将来性まで幅広くご紹介します。

皆様は「セキュリティエンジニア」という業種を耳にしたことはありますでしょうか?現在、エンジニアと呼ばれる職業はかなりの数存在しますので、耳にしたことはあっても、どのような職業かについては意外と知らない方も居られるようです。そこで今回は、そんな「セキュリティエンジニア」に関して徹底的に解説をさせていただきます!

 

セキュリティエンジニアになるには?

 

 

今後さらに高い需要が見込まれるセキュリティエンジニアですが、セキュリティエンジニアになる方法としてはどういった方法があるのでしょうか?ここではその点に関して、セキュリティエンジニアになる方法をいくつかご紹介します。

 

専門学校等で知識を深める

 

一般的な就職をする際の流れと同じかもしれませんが、セキュリティエンジニアになる場合でも、専門学校や大学に通う、というのは有力な方法の一つになります。

職業柄、専門的な知識やスキルを必要とするので、事前に専門機関で知識やスキルを高めてから就職を行う、というのがセキュリティエンジニアになる一番の近道、と言えるかもしれません。

 

ITエンジニアとして経験を深める

 

未経験の方がいきなりセキュリティエンジニアになるというのは、あまり現実的な方法とは言えないでしょう。

ですので、まずは他のITエンジニアとしてある程度経験を重ね、ITに関する基礎知識やスキル等を学んだあとでセキュリティエンジニアを目指す、というのも一つの手段でしょう。

 

実際の業務を通して経験を深める

 

上の説明にて、未経験でいきなりセキュリティエンジニアになるのは厳しい、とお話をしましたが、実は方法が全く無い、というわけではありません。

 

派遣社員としての採用であれば、あまり経験が無かったり未経験の場合でも、採用してくれるケースがありますので、こういった方法でもセキュリティエンジニアになることは可能です。

ただし、こちらの方法の場合、実務を通して知識を深めていく関係上、仕事と勉強を両立して行う必要がありますので、ハードな手順かもしれません。

 

セキュリティエンジニアになる為に必要なもの

 

 

続けて、セキュリティエンジニアになる為に必要なものに関してもご紹介します。

 

専門的な知識

 

専門的な知識と言っても一言では言い表せませんが、具体的な内容としては、オペレーションシステムやセキュリティに関する知識、サイバー攻撃の対策に関する知識、ネットワークの脅威に関する知識等が挙げられます。

 

責任感とコミュニケーション能力

 

 

業務上、個人情報や機密情報といった情報も取り扱いますので、最低限の責任感は必要になってきます。また、クライアントとのやり取りや説明をする機会も少なくありませんので、コミュニケーション能力も必須と言えるでしょう。

 

資格(必須ではありません)

 

 

資格が無くてもセキュリティエンジニアになることは可能ですが、取っておいた方が就職をする際や実務を進める上で役立つことが多いので、ご紹介しておきます。

下に資格の名称を記載しておきますが、今回はそれぞれの資格に関する説明まではしませんので、こういった資格があると役立つ、という参考情報としてご活用ください。

 

・シスコ技術者認定

・CCENT

・CompTIA Security+

・ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)

・公認情報セキュリティマネージャー(CISM)

・情報セキュリティスペシャリスト試験

 

まとめ

 

 

セキュリティエンジニアに関して色々とご紹介してきましたが、少しでもお役に立てましたでしょうか?

 

ここまでの説明で何度か触れているので、もう聞き飽きてしまったかもしれませんが、セキュリティエンジニアは専門的な知識やスキルを必要とする業種です。

その為、一朝一夕でなれる業種ではありませんが、その分やりがいがある仕事だとは思いますので、興味を持たれた方はこれを機にセキュリティエンジニアを目指してみる、というのはいかがでしょうか?

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

3+