ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーとは

 

 

ゲームプランナーと聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

「どんなゲームを作るのかを考える人」というイメージを持つかと思います。

概ね間違ってはいません。

しかし、詳しくどのように仕事をするのかはわからない人が多いのではないでしょうか?

実際には、どのような仕事をしていて、どのような役割を担っているのでしょうか?

この項目では、ゲームができるまでの工程と、ゲームプランナーの仕事内容や、役割について、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームができるまで

 

 

まずは、ゲームができるまでの工程から紹介していきます。

皆さんは、どのようにゲームができるかご存知ですか?大きな流れは、以下の通りです。

 

[1]企画

[2]仕様作成

[3]制作

[4]試作品検査

[5]販売

[6]総括

 

一番最初は企画です。

企画とは、ニーズの分析や調査をして、ゲームのテーマやコンセプトなど、概要を決めることです。

 

次の段階は、仕様の決定です。

この仕様は、企画段階で決定したテーマやコンセプト、概要に沿った、詳細部分を決定していくものです。

家を建てる時の設計図のようなものになります。

 

いよいよ制作です。

制作では、ゲームのプログラミングはもちろんのこと、キャラクターのデザインや、ゲーム音楽の制作を行います。

 

ゲームがカタチになったら、試作品の検査です。

デバック作業といわれるものです。試作品でゲームを行い、そのゲームに問題がないか、バグを見つける作業になります。

 

最後に総括です。

この総括では、集計・分析・改善を行います。販売数の集計をし、ゲームの反響を分析、制作時や、ゲーム自体の改善案をまとめていきます。

ゲーム制作の大まかな流れは以上の通りとなります。

 

求められる役割

 

 

 

ゲーム制作の大まかな流れはご理解いただけたと思います。

これだけの工程がある中で、ゲームプランナーの役割はどのようなものになるのでしょうか?

 

「企画立案がゲームプランナーの仕事でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、実際にはゲームプランナーは、ゲーム制作のすべての工程に携わっていきます。

 

企画の段階は当然携わります。

クライアントや、社内承認のため、練った企画を企画書にまとめ、プレゼンを行います。

 

この作業では、企画したゲームが「おもしろそうだ」と思ってもらう必要があります。

仕様作成の段階では、仕様書の作成を行います。

この仕様書は、設計図になり、プログラマーやデザイナーなどにとっての指標となります。

そのため、プランナーのイメージを仕様書に落とし込む必要があります。

 

次に制作です。

仕様書を作りはしましたが、制作をしている中で、仕様書にない、あいまいな部分があったりします。

そのため、プランナーは全体を見て、方向性を指示する必要があります。

 

デバック作業の中では、上がってきたバグの修正を指示することがあります。

この段階では、ゲームのクオリティを高めていきます。

総括における役割は、集計や分析を中心になって行い、ゲームの改善点などを見つけていきます。

このように、ゲームプランナーは、ゲーム制作の全工程に携わります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

6+