ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーに求められるモノ

 

 

ゲームプランナーはゲーム制作のすべてに携わります。

そんな、すべての工程に携わるゲームプランナーに求められているものとは、どのようなものなのでしょうか?

どういった人物が活躍できるのか、どのようなスキルを求められているのでしょうか?

この項目では、人物像から求められるスキルを解説していきます。

 

求められる人物像やスキル

 

ゲームプランナーに求められる人物像やスキルはどのようなものなのでしょうか?

以下の3つが挙げられます。

 

・論理的思考ができる人

・コミュニケーション能力がある人

・ゲームが好きな人

 

ゲームの企画から仕様書づくりには、論理的な思考が欠かせません。

それ以上に、企画をプレゼンし、「このゲームはおもしろそうだ!」と理解してもらうためには、論理的に説明できなければなりません。

そういった意味でも、論理的思考ができることがポイントになってきます。

ゲームプランナーは、プログラマーやデザイナー、その他の役割を担っている人たちともコミュニケーションをとって、仕事を円滑に進めていかなければなりません。

関わる人が多い仕事ですので、きちんとコミュニケーションをとれる必要があります。

そして何より、ゲームが好きでなければ面白いゲームを作ることができません。

好きだからこそ、いいゲームが作れますし、ユーザーに「おもしろい!」と思ってもらえるゲームが作れます。

 

ゲームプランナーに必要な資格

 

 

資格は必要なのか?

 

ゲームプランナーになるために必要な資格はあるのでしょうか?

なるための必須資格がある場合には、資格を取得しなければ、その職種にはなれません。

 

しかし、ゲームプランナーになるために、必須の資格はありません。

実は資格がなくても、ゲームプランナーにはなれます。

資格よりもスキルや経験が求められるのが、ゲームプランナーの仕事です。

資格は必要ありませんが、幅広い知識やスキルが問われてきます。

 

取得しておくといい資格

 

ゲームプランナーになるために必要な資格はありません。

しかし、幅広い知識が必要になります。

そのために『役に立つ資格』は取得しておくといいのではないでしょうか?

役に立つ資格をいくつか紹介していきます。

 

・TOEIC

・Microsoft Office Specialist

・情報処理技術者試験

 

TOEICは、英語ができるというアピールになります。

英語ができるということは、最近のゲーム業界では必要なスキルです。

国内のゲームでも、海外で発売されることがあります。

そのためには、英語ができると有利になります。

 

海外で発売されるということは、その発売される国の言語で再度構成する必要があります。

その構成に英語が必要になることは容易に想像ができます。

その時、英語ができるということであれば、あなたのプランナーとしての価値は高くなります。

Microsoft Office Specialistは企画書作成やプレゼン能力を高めるために有利になります。

いい企画を思いついても、それを上手に伝えることができない限りは、その企画は実現できません。

その企画書、その企画を伝えるためのプレゼン資料を作成するためのスキルを高める資格いなります。

情報処理技術者試験はプログラミングの知識が身に付きます。

プランナーはプログラムを組むことはありませんが、プログラマーに指示を出します。

そのため、プログラマー同様にプログラムの知識が必要になります。

プログラムを組む知識があれば、プログラマーと円滑にコミュニケーションをとることができます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

6+