ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーになるには

 

スキルアップが必要

 

 

ゲームプランナーになるためには資格が必要ないことはご理解いただけたと思います。

しかしながら、ゲームプランナーとして活躍するためには、スキルアップが欠かせません。

ゲームプランナーになるためにも同様です。

ゲームプランナーになるためには、どのようなスキルを上げていくといいのでしょうか?

 

まずはパソコンスキルが必要になります。

企画書作成、プレゼン資料作成、仕様書作成と、プランナーは作成するものが非常に多くなります。

その資料類を作成するためには、どうしてもパソコンのスキルが必要になります。

作成した資料がわかりやすく作成されたものであれば、周囲からの評価も高くなっていき、活躍していくことができます。

コミュニケーション能力が高いことも重要なスキルになります。

プランナーは様々な役割と持っている人とかかわりを持つ仕事です。

自身が考えたことを伝えていくことは、プランナー業務には必要不可欠になります。

 

ゲームプランナーの将来性

 

 

ゲームプランナーの仕事や、ゲームプランナーになるために必要なスキルや資格はどのようなものかは、ご理解いただけたと思います。

この記事を見て、ゲームプランナーを目指すのもいいでしょう。

では、ゲームプランナーの将来性はどうなのでしょうか?

これから長く働いていく中で、重要なことになると思います。

 

ゲーム市場はまだまだ拡がる

 

ゲーム市場はまだまだ拡がります。

新たなハードの開発はもちろんのこと、オンラインゲーム、スマホアプリのゲームもまだまだ拡がりを見せます。

そのため、これからもゲーム市場の需要は高まっていくと予想されます。

特にスマホゲームは需要が高まると思われます。

スマホは誰もが持っているデバイスです。

だからこそスマホゲームはこれからも様々なものが登場していきます。

 

需要がある市場では、ニーズが高いため、これからも職種の価値は高くなっていきます。

 

キャリアアップも可能だが

 

需要が高いため、これからも様々な人材が必要とされていきます。

しかし、それだけでは、将来性は望めません。

ゲームに携わる役割は様々なものがあります。

そのため、ゲームプランナーからのキャリアアップも当然可能です。

ゲームプランナーの上位職となると、ディレクターやプロデューサーがあります。

ゲームプランナーとして、経験を積み、成果を上げることで、ディレクターやプランナーの道も開けます。

 

最後に~ゲームに携われる面白さを感じれる

 

 

ゲームプランナーに関して解説してきました。

プランナーになるためには、経験が必要になってきます。

しかし、未経験でもいいという企業も多数あります。

そういった企業で、プランナーとしての経験を積み、キャリアアップしていくことができます。

将来性のある仕事であることに間違いはありませんし、成果を上げ続け、上位職に就くことも可能です。

難しい仕事ではありますが、ゲームという夢のある仕事に携わることができるという点では、とてもやりがいがある仕事です。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

6+