カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!
  • 職種・ポジション

ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーとは

 

 

ゲームプランナーと聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

「どんなゲームを作るのかを考える人」というイメージを持つかと思います。

概ね間違ってはいません。

しかし、詳しくどのように仕事をするのかはわからない人が多いのではないでしょうか?

実際には、どのような仕事をしていて、どのような役割を担っているのでしょうか?

この項目では、ゲームができるまでの工程と、ゲームプランナーの仕事内容や、役割について、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームができるまで

 

 

まずは、ゲームができるまでの工程から紹介していきます。

皆さんは、どのようにゲームができるかご存知ですか?大きな流れは、以下の通りです。

 

[1]企画

[2]仕様作成

[3]制作

[4]試作品検査

[5]販売

[6]総括

 

一番最初は企画です。

企画とは、ニーズの分析や調査をして、ゲームのテーマやコンセプトなど、概要を決めることです。

 

次の段階は、仕様の決定です。

この仕様は、企画段階で決定したテーマやコンセプト、概要に沿った、詳細部分を決定していくものです。

家を建てる時の設計図のようなものになります。

 

いよいよ制作です。

制作では、ゲームのプログラミングはもちろんのこと、キャラクターのデザインや、ゲーム音楽の制作を行います。

 

ゲームがカタチになったら、試作品の検査です。

デバック作業といわれるものです。試作品でゲームを行い、そのゲームに問題がないか、バグを見つける作業になります。

 

最後に総括です。

この総括では、集計・分析・改善を行います。販売数の集計をし、ゲームの反響を分析、制作時や、ゲーム自体の改善案をまとめていきます。

ゲーム制作の大まかな流れは以上の通りとなります。

 

求められる役割

 

 

 

ゲーム制作の大まかな流れはご理解いただけたと思います。

これだけの工程がある中で、ゲームプランナーの役割はどのようなものになるのでしょうか?

 

「企画立案がゲームプランナーの仕事でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、実際にはゲームプランナーは、ゲーム制作のすべての工程に携わっていきます。

 

企画の段階は当然携わります。

クライアントや、社内承認のため、練った企画を企画書にまとめ、プレゼンを行います。

 

この作業では、企画したゲームが「おもしろそうだ」と思ってもらう必要があります。

仕様作成の段階では、仕様書の作成を行います。

この仕様書は、設計図になり、プログラマーやデザイナーなどにとっての指標となります。

そのため、プランナーのイメージを仕様書に落とし込む必要があります。

 

次に制作です。

仕様書を作りはしましたが、制作をしている中で、仕様書にない、あいまいな部分があったりします。

そのため、プランナーは全体を見て、方向性を指示する必要があります。

 

デバック作業の中では、上がってきたバグの修正を指示することがあります。

この段階では、ゲームのクオリティを高めていきます。

総括における役割は、集計や分析を中心になって行い、ゲームの改善点などを見つけていきます。

このように、ゲームプランナーは、ゲーム制作の全工程に携わります。

 

 

ゲームプランナーに求められるモノ

 

 

ゲームプランナーはゲーム制作のすべてに携わります。

そんな、すべての工程に携わるゲームプランナーに求められているものとは、どのようなものなのでしょうか?

どういった人物が活躍できるのか、どのようなスキルを求められているのでしょうか?

この項目では、人物像から求められるスキルを解説していきます。

 

求められる人物像やスキル

 

ゲームプランナーに求められる人物像やスキルはどのようなものなのでしょうか?

以下の3つが挙げられます。

 

・論理的思考ができる人

・コミュニケーション能力がある人

・ゲームが好きな人

 

ゲームの企画から仕様書づくりには、論理的な思考が欠かせません。

それ以上に、企画をプレゼンし、「このゲームはおもしろそうだ!」と理解してもらうためには、論理的に説明できなければなりません。

そういった意味でも、論理的思考ができることがポイントになってきます。

ゲームプランナーは、プログラマーやデザイナー、その他の役割を担っている人たちともコミュニケーションをとって、仕事を円滑に進めていかなければなりません。

関わる人が多い仕事ですので、きちんとコミュニケーションをとれる必要があります。

そして何より、ゲームが好きでなければ面白いゲームを作ることができません。

好きだからこそ、いいゲームが作れますし、ユーザーに「おもしろい!」と思ってもらえるゲームが作れます。

 

ゲームプランナーに必要な資格

 

 

資格は必要なのか?

 

ゲームプランナーになるために必要な資格はあるのでしょうか?

なるための必須資格がある場合には、資格を取得しなければ、その職種にはなれません。

 

しかし、ゲームプランナーになるために、必須の資格はありません。

実は資格がなくても、ゲームプランナーにはなれます。

資格よりもスキルや経験が求められるのが、ゲームプランナーの仕事です。

資格は必要ありませんが、幅広い知識やスキルが問われてきます。

 

取得しておくといい資格

 

ゲームプランナーになるために必要な資格はありません。

しかし、幅広い知識が必要になります。

そのために『役に立つ資格』は取得しておくといいのではないでしょうか?

役に立つ資格をいくつか紹介していきます。

 

・TOEIC

・Microsoft Office Specialist

・情報処理技術者試験

 

TOEICは、英語ができるというアピールになります。

英語ができるということは、最近のゲーム業界では必要なスキルです。

国内のゲームでも、海外で発売されることがあります。

そのためには、英語ができると有利になります。

 

海外で発売されるということは、その発売される国の言語で再度構成する必要があります。

その構成に英語が必要になることは容易に想像ができます。

その時、英語ができるということであれば、あなたのプランナーとしての価値は高くなります。

Microsoft Office Specialistは企画書作成やプレゼン能力を高めるために有利になります。

いい企画を思いついても、それを上手に伝えることができない限りは、その企画は実現できません。

その企画書、その企画を伝えるためのプレゼン資料を作成するためのスキルを高める資格いなります。

情報処理技術者試験はプログラミングの知識が身に付きます。

プランナーはプログラムを組むことはありませんが、プログラマーに指示を出します。

そのため、プログラマー同様にプログラムの知識が必要になります。

プログラムを組む知識があれば、プログラマーと円滑にコミュニケーションをとることができます。

 

 

ゲームプランナーになるには

 

スキルアップが必要

 

 

ゲームプランナーになるためには資格が必要ないことはご理解いただけたと思います。

しかしながら、ゲームプランナーとして活躍するためには、スキルアップが欠かせません。

ゲームプランナーになるためにも同様です。

ゲームプランナーになるためには、どのようなスキルを上げていくといいのでしょうか?

 

まずはパソコンスキルが必要になります。

企画書作成、プレゼン資料作成、仕様書作成と、プランナーは作成するものが非常に多くなります。

その資料類を作成するためには、どうしてもパソコンのスキルが必要になります。

作成した資料がわかりやすく作成されたものであれば、周囲からの評価も高くなっていき、活躍していくことができます。

コミュニケーション能力が高いことも重要なスキルになります。

プランナーは様々な役割と持っている人とかかわりを持つ仕事です。

自身が考えたことを伝えていくことは、プランナー業務には必要不可欠になります。

 

ゲームプランナーの将来性

 

 

ゲームプランナーの仕事や、ゲームプランナーになるために必要なスキルや資格はどのようなものかは、ご理解いただけたと思います。

この記事を見て、ゲームプランナーを目指すのもいいでしょう。

では、ゲームプランナーの将来性はどうなのでしょうか?

これから長く働いていく中で、重要なことになると思います。

 

ゲーム市場はまだまだ拡がる

 

ゲーム市場はまだまだ拡がります。

新たなハードの開発はもちろんのこと、オンラインゲーム、スマホアプリのゲームもまだまだ拡がりを見せます。

そのため、これからもゲーム市場の需要は高まっていくと予想されます。

特にスマホゲームは需要が高まると思われます。

スマホは誰もが持っているデバイスです。

だからこそスマホゲームはこれからも様々なものが登場していきます。

 

需要がある市場では、ニーズが高いため、これからも職種の価値は高くなっていきます。

 

キャリアアップも可能だが

 

需要が高いため、これからも様々な人材が必要とされていきます。

しかし、それだけでは、将来性は望めません。

ゲームに携わる役割は様々なものがあります。

そのため、ゲームプランナーからのキャリアアップも当然可能です。

ゲームプランナーの上位職となると、ディレクターやプロデューサーがあります。

ゲームプランナーとして、経験を積み、成果を上げることで、ディレクターやプランナーの道も開けます。

 

最後に~ゲームに携われる面白さを感じれる

 

 

ゲームプランナーに関して解説してきました。

プランナーになるためには、経験が必要になってきます。

しかし、未経験でもいいという企業も多数あります。

そういった企業で、プランナーとしての経験を積み、キャリアアップしていくことができます。

将来性のある仕事であることに間違いはありませんし、成果を上げ続け、上位職に就くことも可能です。

難しい仕事ではありますが、ゲームという夢のある仕事に携わることができるという点では、とてもやりがいがある仕事です。

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
6+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。