ブリッジエンジニアを徹底解説!なり方から必要なスキル、将来性まで幅広くご紹介します!

ブリッジエンジニアという職業をご存じでしょうか?システムエンジニアと名前が似ていますが、少し違う職業です。ブリッジエンジニアはあまり聞き慣れない職業なため、どのような仕事を行うのか疑問を抱く人も多いと思います。本記事では、ブリッジエンジニアのなり方や必要なスキル、将来性までご紹介します。

 

ブリッジエンジニアの求人が見つからない?

 

 

ブリッジエンジニアは、大々的に求人募集ができないため探し方を間違っていると中々、求人が見つからないことがあります。

 

求人が非公開になっている理由

 

ブリッジエンジニアの募集を通常の求人サイトに登録すると、企業名と募集要項が公開されることになります。

そうすると、海外に拠点を置いていることが取引先や消費者に知られてしまいます。また、同業者にも開発先が知られてしまうため、上場企業でもない限り開発拠点が海外にあることはデメリットとなります。

 

求人募集を見つけるには?

 

ブリッジエンジニアの求人は管理職やハイクラス求人を取り扱う、転職エージェントに登録しておくことで求人募集を見つけることができます。

転職エージェントにも種類が様々あり、日本の求人のみ取り扱っているサイトやITに強いサイトもあります。

数自体は多くはありませんが、そのようなエージェントに登録しておくのも1つの選択肢かもしれません。

 

まとめ

 

 

本記事では、ブリッジエンジニアのなり方や必要なスキル、将来性をご紹介しました。ブリッジエンジニアは、これからの日本企業のIT人材不足を解消するためのオフショア開発を円滑に進めるのに必要な人材となっているため、将来性のある職業です。

全くの未経験からブリッジエンジニアを目指すには、ハードルは高いですがプログラマの経験がある人にとっては、比較的ハードルは低く、PMPの資格を取得しているとより容易にブリッジエンジニアになることができます。

海外でエンジニアとして仕事につきたい人は是非目指してみてはいかがでしょうか。

Geekly Media ライター

ib515

6+