カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ゲームサウンドクリエーターを徹底解説!仕事内容からなり方、有名ゲームサウンドクリエーターまで幅広くご紹介します!
  • 職種・ポジション

ゲームサウンドクリエーターを徹底解説!仕事内容からなり方、有名ゲームサウンドクリエーターまで幅広くご紹介します!

ゲームは大人から子供まで多くの人がプレイすることができる娯楽として人気が高いです。そんなゲームを作るうえで音楽というものは欠かせない要素の一つとなっています。今回はゲームサウンドクリエーターの仕事内容やなり方など様々なことを幅広く紹介していきます。ゲーム製作に興味がある方は最後まで読んで是非参考にしてみて下さいね。

 

ゲームサウンドクリエーターとは

 

 

音楽は聴くことによって気分を上げることができるなど、感情に大きく影響を与えることのできるコンテンツです。

それはゲームでも同じで、きれいなグラフィックで良い物語であっても音楽がないと盛り上がりに欠けますし、感情移入をしにくいです。

また、音楽だけにかかわらず効果音などのサウンドがないとリアリティーのあるゲームを作ることができないので、ゲームの世界に没入できるようなハマるゲームを作成する事は難しいです。

 

そのため、ゲームで使われるテーマ曲やBGMはもちろん、効果音まで様々なサウンドを作成していくサウンドクリエーターはゲームの世界観を演出するうえで、非常に重要な仕事を任されるポジションであるといえます。

 

仕事内容は?

 

 

そんな重要なゲームサウンドクリエーターですが、具体的な仕事内容は依頼をされた内容に沿ってクライアントやゲーム制作にかかわる様々なスタッフと打ち合わせを重ねて、作曲や効果音を手直ししながら作成していきます

手がける音は、メインテーマなどはもちろん挿入歌などのBGMや物が落ちた音などの効果音など長いものから短いものまで多岐にわたるので、ひとつのゲームを製作するうえで作成する音が100を超える事も珍しくないという大変なお仕事です。

また複数のゲームを掛け持ちして同時進行する事も多い仕事です。

会社員として働いている場合は、基本的なイメージを社内で考えてサウンドクリエーターがそのイメージを音にするという仕事の仕方をする場合もあります。

 

作曲家との違いは?

 

 

様々な音を作曲するお仕事と聞いて、作曲家というお仕事を思い浮かべる人は多いと思います。

そんな作曲家とゲームサウンドクリエーターの違いがあるかと言えばあまりありません。

なぜならゲームサウンドクリエーターは作曲家の中のジャンルの一つと言えるからです。

作曲家というのは歌手が歌うような音楽の作曲やドラマのBGM、オーケストラが演奏するような曲の作曲など幅が広いです。

ゲームサウンドクリエーターというのは、その作曲家の中でもゲームの中で使うような音楽を作曲するのに特化した仕事なのです。

 

そのため、ゲームサウンドクリエーターではなく普段はクラシック音楽などを作曲しているような作曲家がゲーム音楽を作成している場合もあります。

 

ゲームサウンドクリエーターの年収は?

 

 

ゲーム制作において世界観を構築する重要なポジションであるサウンドクリエーターは、自分が関わったゲームがヒットするかどうかにも大きく影響を与える仕事なので、社会現象を自ら発信することができる可能性もあるやりがいのあるお仕事です。

そんなやりがいがあるサウンドクリエーターですが、実際働くとなったらやっぱりやりがいだけではなく、どれくらい稼ぐことができるのかを知っておくことは重要だと思います。

様々業界の平均年収をまとめている平均年収.jpというサイトによると、サウンドクリエーターの平均年収は505万円とされており、月収は約31.5万円であると書かれています。

同サイトで年代別年収の推移も発表されているのですが、それによると50代前半に年収のピークが来るとされており個人差もありますが、平均的な年収のアッパーは600万円程度です。

 

もちろん人気があるサウンドクリエーターは、依頼も増えますし1作品の単価も上がるので600万円以上稼ぐ人もおり、1000万円以上稼ぐサウンドクリエーターもいるという夢のある仕事でもあります。

参考:https://heikinnenshu.jp/creative/sound_c.html

 

 

ゲームサウンドクリエーターになるには?

 

 

ゲームサウンドクリエーターは実力主義

 

ゲームサウンドクリエーターは先ほどから話している通り、ゲーム制作において非常に重要な役割を担っています。

そのため、学歴や経験などよりはどれだけできるのかという実績や能力を評価する傾向があります。

会社に勤める場合は選考の段階で多くの場合デモテープの提出を求められますので、作曲をしたことがない初心者がいきなりサウンドクリエーターになるというのは難しいです。

しかし能力さえあれば学歴などは一切関係なく評価してくれる仕事です。

クリエイティブな仕事は、学歴などよりその人の感性が非常に重要になってきます。

ゲームサウンドクリエーターになりたいという方は、たくさん作曲して感性を磨いていくことが重要です。

 

学校に通う

 

サウンドクリエーターになるのに一番効率的な方法は、専門学校など学校に通い専門的な知識を学ぶことです。

いくら感性が鋭くて、良い曲を作ることができる可能性のある人でも実際に曲として提供する技術がないと仕事にすることはできません。

なので、作曲ツールなどを使えるようになる必要があります。

また、作曲の基礎を知っていないと幅広いジャンルの音楽を作曲することができません。

そのため、作曲の仕方やツールの使い方などを基礎から丁寧に教えてもらえる学校に通うことがサウンドクリエーターになる近道と言えます。

 

また専門学校なら、実際に現場で活躍しているサウンドクリエーターに教えてもらえたり、質問をする事ができる機会を設けている場合が多く、よりサウンドクリエーターへの理解を深めることができます。

 

独学で学ぶ

 

学校に通わずに独学で学ぶという方法もあります。

先ほど話した通り、サウンドクリエーターは学歴などより能力を評価する仕事なので学校に通っていなくても作曲をする能力があれば就職する事も可能です。

近年は様々な専門書やネットにも情報が転がっていますし、安価な作曲ツールなども沢山あるので一個人で勉強してサウンドクリエーターになるというのも一つの手です。

 

ゲームサウンドクリエーターに必要な能力

 

 

コミュニケーション能力

 

ゲームサウンドクリエーターとして活躍するには作曲をする能力が必要なのはもちろん、コミュニケーション能力も非常に重要になってきます。

なぜなら、ゲーム制作はチームで行う仕事であるからです。

様々な打ち合わせを重ねる中で、クライアントや各部門スタッフの意図を感じ取りイメージを膨らませないといけません。

相手の意図を感じ取ることができないと、完成した曲を提供した際にイメージの誤差が出てしまい手直しが必要になってしまう場合が増えてしまいます。

そのため、周りの人とうまくコミュニケーションを取ることも必要な仕事なのです。

 

好奇心

 

ゲームサウンドクリエーターにとって好奇心を持っているかどうかは一番重要な要素です。

 

先ほど話した通り1作品ゲームを作るのに100個以上作曲しなくていけないので、ゲームサウンドの作曲ジャンルは幅広く好きな音楽だけを聴いていては、様々な音楽というのは作ることができません。

そのため、様々な音楽はもちろん効果音などの音を聞いて吸収していかなくてはいけません。

また音楽というのは流行り廃りがあるものでもあるので、常に新しい情報をキャッチして学んでいくという姿勢が必要不可欠なのです。

特に新人の頃は、「この人にはこの音楽を頼もう」といったジャンルごとのスペシャリストといった発注は基本的になく、様々なゲーム制作にかかわることになるので様々なジャンルの音楽を作る必要があります。

なので好奇心を持って様々なことを吸収できることが重要です。

 

有名ゲームサウンドクリエーター

 

 

椙山浩一

 

椙山氏はドラゴンクエストシリーズの作曲家として有名な方で、世界最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家としてギネスにも乗っている日本ゲーム音楽界の重鎮です。

 

植松伸夫

 

植松氏は、人気PRGゲームファイナルファンタジーで使用される音楽の大半を手掛ける作曲家です。

クラシック風の音楽からデスメタルなどの音楽まで幅広く作曲をする事ができ、多くのゲームプレイヤーを魅了してきたゲームサウンドクリエーターです。

 

古代祐三

 

古代史は主にコンピューターゲームの作曲を手掛けているクリエイターで、日本ファルコムというゲーム制作会社に所属していた時代もあったので、代表作はイースドラゴンスレイヤーⅣなど日本ファルコム制作のものが多いです。

現在はフリーランスの時期を経て独立しており、株式会社エインシャントという会社を設立しており現在も第一線で活躍しているゲームサウンドクリエーターです。

 

最後に

 

 

いかがでしたか、ゲームサウンドクリエーターとはどういう仕事か分かりましたか?

 

ゲームサウンドクリエーターはゲームの世界観を構築し、プレイヤーに感情移入しやすい環境を作るために重要な仕事です。

特別資格がいる仕事ではありませんが作曲をする能力が絶対に必要なので、ゲームサウンドクリエーターになりたいという方は、専門学校に通うなどして基礎から作曲について学ぶことをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。