Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

Geekly Media ライター

ib515

0