Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

商品の受注から決済

 

・商品の受注、発送、入金の対応

・受注商品のピッキング(ピッキング:倉庫から商品を取り出す作業)

・納品書、請求書の発行

・送付状、運送手配、梱包作業の処理

・返品やキャンセルの処理

 

店舗内での業務

 

・商品の追加、仕入れの交渉

・顧客へのメール対応

・棚卸し(棚卸し:商品の在庫数を数えて、売り上げに対応する商品の原価を把握する)

・商品ページのための写真撮影、キャッチコピーの作成

 

何が違うの?

 

では、WebマスターとWebディレクターは何が違うのでしょうか。最初にそれぞれの仕事内容の差を見ていきましょう。

 

Webマスターはサイトの運営管理が仕事

 

 

Webマスターは自社のサイトの運営管理がメインの仕事となります。規模が小さい場合は自分でサイトの作成まで行う場合もありますが、外注して運営に専念する場合が多いです。

そのため、一般にインターネット上のホームページの管理人とも言われる仕事です。

ホームページの利用者から投稿された質問や問い合わせの対応を行ったり、利用者からの意見をプロジェクトチームに伝達する役割を果たします。

 

基本的には、クライアント側の人間がその役割を行うのが普通ですが、クライアント側に管理できる人材がいない場合は、サイトを作成した会社がWebマスターを兼ねる場合もあります。

しかし、Webマスターは最新の職種なため明確に仕事内容が確立されておらず、小規模の製作会社では、デザイナーがWebマスターを兼ねている場合も多いです。

 

WebディレクターはWebプロジェクトの責任者

 

Webディレクターは、Webプログラマーやライター、デザイナーなどのプロジェクトメンバーの指揮をとり、滞りなく作業を進めプロジェクトを成功させる責任者です。

さらに、自分の仕事をこなしつつ、プロジェクトメンバーのサポートまで行う必要があります。

また、Webディレクターはクライアントからのサイトの作成や改修などの依頼を受けることがあり、サイトの課題の解決策を提案します。

 

その際に、クライアント予算や納期などを考慮し、プロジェクトメンバーを統率してWebサイトを作成します。

 

計画を立案するか、実行するか

 

Webマスターは、Webサイトの予算や運用方針の決定などの計画を立案し、ユーザーとのトラブルや赤字経営など、そのサイトの責任を負う役割です。

それに対して、Webディレクターは、Webサイトの実務遂行者といわれ、決められや予算、コンセプトを実際にUIやでデザインなどを決めていきます。

このように、Webマスターはサイトの運営をWebディレクターはプロジェクトの監督を行う仕事です。

 

Webマスターに必要な能力は?

 

 

ホームページ作成スキル

 

Webマスターは、運営するサイトの修正やページのアップロードをする必要があります。そのため、1からサイトを作成できるレベルのHTML、CSS、Webデザインなどの知識が求められます。

 

ライティングスキル

 

Webマスターは、商品を販売するための文言などを作成する必要があります。そのため、顧客を惹きつけるキャッチーな言葉をかけるレベルのライティングスキルが必要です。

さらに、解析データなども作成するためWordやExcel、PowerPointを利用する場面も多々あります。

 

SEOの知識

 

ホームページでの商品の売り上げを作ることが目的であるので、SEOの知識が必要となります。特に、広告をかけない場合ではSEOがホームページへの集客手段となるため、SEO対策の経験やノウハウが必要です。

 

リスティング広告・マーケティングの知識

 

 

自社のサイトでリスティング広告を行っていない場合は必要ありませんが、行っている場合は、リスティング広告の効果を活かすためにスキルが必要となります。

※リスティング広告とは、検索結果に応じて表示される広告のことを指します。

また、商品を販売するために企画を考える必要があります。その際にはマーケティングの知識がなければ、企画や戦略などの業務が行えません。

 

Geekly Media ライター

ib515

0