Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

ディレクション・コミュニケーションスキル

 

複数人でサイトを管理する場合には、サイトのデータ収集や分析などを協力して行います。その際に、スケジュール管理、進捗管理、外部の業者とのやりとりを滞りなく行うためにディレクションスキルが求められます。

また、複数人でのプロジェクトの進行には、プロジェクトメンバーとの協力を仰ぐ際や企画・改善案を提案する際にコミュニケーションスキルが必須となります。

 

Webマスターになるために必要な資格は?

 

 

先ほどWebマスターになるために必要な資格はありません。と言いましたが、取っておいて損はない資格をご紹介させていただきます。

あくまで一例ですので、参考程度にご覧下さい。

 

ネットマーケティング検定

 

ネットマーケティングに関する基本知識や方法論の知識を認定する検定試験です。システム・インフラ関連の出題もありWebマーケティングの幅広い知識を問われます。

 

Google Adwords認定資格

 

Googleによって提供されている認定資格です。

4つの階級に難易度毎に段階分けされており、初心者の方であっても手を出しやすい資格となっています。受験費用もかからないためおすすめです。

 

まとめ

 

 

本記事では、Webマスターについてご紹介しました。WebマスターとWebディレクターとの違いが少しでもご理解いただけたでしょうか。

この2つの職業は小規模の会社ですと、兼任する場合もあるため、境目がわかりにくくなっていますが、運営側と制作側と実際には異なる職業なのです。

Geekly Media ライター

ib515

0