ITアーキテクトを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、コンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!

本記事では、ITアーキテクトについて年収や仕事内容、資格、必要なスキルの開設や、役割の似ている職種であるITコンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!ITアーキテクトについてあまり知らない方に対してもわかりやすく解説していきます。是非、ITアーキテクトを目指している方はご参考にして下さい。

 

ITアーキテクトとは?

 

 

IT分野の設計・構築の役割

 

ITアーキテクトは、IT分野の中でクライアントの要望に応じたシステム・環境の設計・構築を行う役割を担います。

また、プログラマやエンジニアよりも上位の職種に位置付けられるため、システムを設計・構築するだけでなく現場のエンジニアに指示する重要な立場です。

また、業務内容の幅が広く、アプリ・ソフトウェアなどのシステム設計者やインフラ・ネットワークなどの設計エンジニアまで含みます。

 

資格の取得は有効

 

ITアーキテクトに有効な資格に、システムアーキテクト試験があります。

システムアーキテクト試験はスキルレベル4に指定されているため、難易度が高く合格率は15%と少なめです。そのため、価値の高い資格であると考えられます。

※スキルレベルは1~4まであり、情報処理推進機構により設定されています。

システムアーキテクトの資格を取得することにより、他の国家資格を受験する際に、試験の一部免除を得られる場合があるので、取得しておいて損はない資格です。

 

ITアーキテクトの仕事内容とは?

 

 

テクニカル調査

 

IT技術の動向を調査して、最適な技術を案件で使用します。この際、その技術が今後普及する技術なのか、人気が衰えるのかを判断します。

プロジェクトの発足時だけでなく、常々最新技術の動向を調査していく必要があります。

 

アーキテクチャ設計

 

クライアントからの要件定義を基本にして適切なアーキテクチャの構築やその代わりとなる解決策の調査を行い、その調査結果を元にしてシステムの基本を設計します。

 

問題解決

 

要件定義の段階やプロジェクトの進行中に発生した問題には、ITアーキテクトは責任者として問題の解決に導かなければいけません。

もし、問題を解決できない場合では、よりよい代替案を提案するなどクライアントに迷惑をかけない解決案の提案が求められます。

 

3つの専門分野に分かれる!

 

 

インフラストラクチャ・アーキテクト

 

インフラの安定運用、システム保守、リプレース計画、バックアップ戦略、負荷対策などの非機能要件を担当するインフラを専門としたアーキテクトです。

※非機能要件とは、システムの構成に当たり性能面やセキュリティ面において実現するべき用件です。

 

アプリケーションストラクチャ・アーキテクト

 

ビジネスフローを中心に置いた、アプリケーションの設計を専門としたアーキテクトです。

技術者だけでなく、案件の用件の深い理解が求められます。また、ビジネス上の課題の分析、それに基づく論理データモデル、基本設計を設計する必要があります。

 

インテグレーション・アーキテクチャ

 

単体の業務を専門とするのではなく、複数のシステムを合わせたサービスを作成することを専門とした分野です。

例をあげると、Google,Amazonなどのような多数のサービスを提供させるサイトでは、インテグレーション・アーキテクチャは重要な役割を担います。

 

ITアーキテクトの年収とは?

 

 

上記の説明でITアーキテクトは、プロジェクト内での重要性が高いことがおわかりいただけたでしょうか。

そのため、年収は他のIT関連職業の平均よりも高く設定されているケースが多く、約700万円程度です。また、大規模のプロジェクトを担当するITアーキテクトは1000万円を超えるケースも少なくありません。

 

参考元:http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

 

ITアーキテクトに求められるスキルとは?

 

 

Geekly Media ライター

ib515

2+