ITアーキテクトを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、コンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!

本記事では、ITアーキテクトについて年収や仕事内容、資格、必要なスキルの開設や、役割の似ている職種であるITコンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!ITアーキテクトについてあまり知らない方に対してもわかりやすく解説していきます。是非、ITアーキテクトを目指している方はご参考にして下さい。

 

アーキテクチャ設計スキル

 

要件の定義・分析から設計指針を導き出して、課題分析やその評価を行います。

 

コンサルティングスキル

 

モデルや分析ツールに関係する技術を用いて、コンサルティングを行うスキルです。案件に適したコンサルティング技法成果物から必要なものを取捨選択する必要があります。

 

プロジェクトマネジメントスキル

 

プロジェクトの範囲・資金・人員・リスク・スケジュールなどのマネジメントを行うスキルです。

 

リーダーシップスキル

 

技術分野の知識を利用して、プロジェクトの目的に導く必要があります。さらに、ITアーキテクトはプロジェクトメンバーやオーナーに対して、技術的な指導の役割を担うので、リーダーシップ性が求められます。

 

コミュニケーションスキル

 

プロジェクトの関係者と連絡を取り、情報収集・整理を行うスキルです。

ITアーキテクトの役割として、クライアントからの要望を取り入れ、構成したアーキテクチャをエンジニアとクライアントと食い違いのないよう説明する必要があります。

そのため、自分の考えを適切に伝えることができるコミュニケーションスキルが求められます。

 

ネゴシエイションスキル

 

構成されたアーキテクチャに対してプロジェクト関係者との交渉・合意を結ぶスキルです。大規模のシステムの場合は、関係者から多様な意見が寄せられます。

この際には、プロジェクト進行の要件やシステム品質などのバランスを取り、利害調整のための駆け引きを行う交渉スキルが必要です。

 

ITコンサルタントとは?

 

 

ITコンサルタントとは、ITを利用して企業の問題を解決する専門家です。IT戦略やシステム開発の提案、システムの最適化などを行い企業の経営をサポートします。

 

仕事内容は?

 

ITコンサルタントは、クライアントの企業から経営戦略や業務フロー、業務範囲、導入システムなどに関して聞き、それを整理・分析してITの観点から企業の課題を解決します。

 

また、分析結果から新しいシステムの導入や課題解決のための提案を行います。これには、クライアントに対して、問題となっている点と解決策の有効性を伝えるプレゼンテーション力が必要となります。

他にも、課題解決のために採用されたプロジェクトをまとめ、人材管理や品質管理、プロジェクト全体の進捗管理を行います。

 

コンサルタントとの違いは何?

 

 

ITアーキテクト、コンサルタントは、両者ともシステム構成の重要な役職で、クライアントのIT戦略やシステムアーキテクチャの構成に関わるクリエイティブな職種です。

そのため、論理的思考やモデリングなどの共通のスキルが複数存在します。

ただし、コンサルタントは業務と戦略、ITアーキテクトは技術と戦略という異なる側面があります。

 

下記では、両者の違いをわかりやすくするため、それぞれの特徴をご紹介します。

 

ITアーキテクトの特徴とは?

 

ITアーキテクトは、多種多様な技術の動向を見定め、組み合わせてユーザーが求めるものに最適なシステムアーキテクチャを構築する専門家です。

他にも、インフラ・アプリケ-ション・インテグレーションストラクチャの3つの専門分野に分けられます。各専門分野の特徴は上記に記載しているのでご参考下さい。

 

Geekly Media ライター

ib515

2+