ITアーキテクトを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、コンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!

本記事では、ITアーキテクトについて年収や仕事内容、資格、必要なスキルの開設や、役割の似ている職種であるITコンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!ITアーキテクトについてあまり知らない方に対してもわかりやすく解説していきます。是非、ITアーキテクトを目指している方はご参考にして下さい。

 

コンサルタントの特徴は?

 

コンサルタントは、クライアントの経営戦略やIT戦略にある問題を分析して、業務改善や戦略見直しの支援などの解決策を講じます。

また、コンサルタントは、ITコンサルタント・ERPコンサルタント・ビジネスコンサルタントの3つの専門分野に分けられます。

ITコンサルタントは、IT戦略の立案を始めIT製品の導入支援を行います。ERPコンサルタントは、ERPパッケージを応用した業務の改善支援を専門にしています。ビジネスコンサルタントは、戦略の立案を始め業務改善を行います。

このように、ITアーキテクトとコンサルタントは、同じ側面を持ち合わせていますが、ITアーキテクトは技術、コンサルタントは業務という異なる側面があることがわかります。

 

まとめ

 

 

本記事では、ITアーキテクトに求められるスキルを始め、仕事内容、年収をご紹介しました。また、似ている職業:コンサルタントとの違いについて解説させていただきました。

 

さらに、プログラマやエンジニアの上位職として、ITアーキテクトは位置付けられているため、より高い能力を求められる代わりに、平均年収も高く設定されています。他にも、ITアーキテクトを目指すのに当たって有効な資格についても紹介させていただきました。

是非、ITアーキテクトへ、プログラマ・エンジニアからのキャリアップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

Geekly Media ライター

ib515

2+