PG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)って何が違うの?職務内容や必要なスキルなどを徹底比較!

本記事ではPG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)の違いについて解説していきます。PGとSEは似たような職種なので同じような仕事を行っているイメージを持っている方もいると思います。しかし、SEとPGは職務内容や必要なスキルなど様々な面で異なっています。今回は、両者の相違点を比較しながらわかりやすく解説していきます。

 

PG(プログラマー)の仕事内容とは?

 

 

詳細設計

 

先ほどSEの仕事内容でも説明しましたが、PGであってもSEと同様の詳細設計を行う必要があります。

また、詳細設計は内部設計とも言われ、定められた処理内容の分割や処理の流れを定めるプログラム設計までも詳細設計の一部に含まれる場合もあります。

プログラミング

 

詳細設計で定めた、システムの構成や処理手順通りにプログラムを組む仕事です。システムに合わせてC++、Java、C言語などのプログラミング言語を使用します。

この際に、人が書いたソースコードから機械語への変換やバグ、誤動作、不具合の修正なども行います。

 

テスト

 

作成したプログラムを実際に動作させ、問題がないかを調査する工程です。システム開発フローの最終工程で、実際に使われる状況と同じような環境でテストを行います。

 

SE(システムエンジニア)に必要なスキルとは?

 

 

ヒアリング・提案スキル

 

システムの要件を定める際に、クライアントからレベルの高いヒアリングを行うスキルはSEにとって重要なスキルです。

また、専門的な知識を有しているとクライアントに対して提案スキルを発揮できます。

 

コミュニケーションスキル

 

SEは長時間パソコンに向かって仕事を行う役職というイメージを抱いている人も少なくないと思います。

しかし、SEの仕事は一人で行うものばかりではなく、複数人で話し合ったり、作業を分担してこなすことがあります。

他にも、クライアントからの要望を聞き、それをPGに伝達するためコミュニケーションスキルが必要です。

 

マネジメントスキル

 

SEはプロジェクト全体を管理し、それを円滑に進行させるためにマネジメントスキルが必要です。

具体的に言うと、プログラマーへの指示、業務の担当者振り分け、人員調整、システム品質の担保、設計書作成などの文書作成能力などが求められます。

 

PG(プログラマー)に必要なスキルとは?

 

 

論理的思考力

 

システムの仕様書などには、クライアントからの要望を聞くだけでなく、様々な仕様を考慮して、コストや性能の視点から最適な仕様を選択する必要があります。

そのため、PGには論理的思考力が必要となります。

コミュニケーションスキル

 

PGはSEとは異なりクライアントからのヒアリングの仕事を行わないため、コミュニケーションスキルが一見不要のように見えます。

しかし、PGでもエンジニアや他のPGとの連携を取る必要があるためコミュニケーションスキルが必要です。

 

プログラミングスキル

 

PGはプログラミング言語を用いて、クライアントの要望通りのシステムやソフトウェアを作成する必要があるためプログラミングスキルは必須です。

 

SE(システムエンジニア)とPG(プログラマー)の違いは?

 

 

仕事内容

 

上記の説明からSEとPGはIT業界のエンジニアとして非常に密接した仕事を行っていますが、その仕事内容は異なります。

SEはクライアントとのやりとりやシステムの設計を行う上流工程と呼ばれる仕事を担当しています。

それに対して、PGはコーディングやテストなどの下流工程を担当しています。

平均年収

 

PGの平均年収は約400万程度です。それに対してSEの平均年収は600万程度となっています。

一般的に、上流工程を担当しているSEのほうが下流工程を担当するPGよりも平均年収が高くなっています。

参考元:https://nensyu-labo.com/syokugyou_programer.htm
参考元:https://nensyu-labo.com/syokugyou_se.htm

 

キャリアパス

 

PGのキャリアパスは、SE→プロジェクトリーダ→プロジェクトマネージャーと進行していき、マネジメント職を目指すのが一般的なキャリアパスと言われています。

また、プログラミングの技術を高めて、スペシャリストとして、専門分野を進むキャリアパスもあります。

それに対して、SEはPGと同様にプロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャーといったキャリアパスがあります。

また、PGとは異なりプログラミングスキルがあまり高くない場合は、システムの設計・構築を担当するコンサル職へと進むキャリアパスがあります。

Geekly Media ライター

ib515

1+