フルスタックエンジニアとは!?必要なスキルからこれからの需要まで徹底解説!

Webアプリケーションを開発するためにはフロントエンジニアやバックエンドエンジニア、インフラエンジニアなど様々な専門分野がありますが、全ての開発を行えるフルスタックエンジニアという超人的な存在がいます。本記事ではそんなフルスタックエンジニアについて必要なスキルや需要について徹底解説します。

 

フルスタックエンジニアの需要

 

フルスタックエンジニアは増加傾向にある

 

 

フルスタックエンジニアの需要は増加傾向にあります。

多くのWeb・モバイルサービスが誕生する中で、エンジニアになるための学習コストが低下し、言語のフレームワーク化によって簡単に良いデザインや性能の物が作れる様になってきました。そんな中専門分野のみで尖っても他のエンジニアとの差別化が難しくなってきており、企業としてエンジニアを採用する側も経費や効率の観点から様々な事が出来るエンジニアを雇いたいという思惑からフルスタックエンジニアを求める声が高くなっている様です。

とはいえフルスタックエンジニアと名乗れるほどの能力を持っている人は数が少ないため、今後ポジションを取る事が出来れば少なくとも仕事に困ることは無いでしょう。

 

エンジニアに求めることの変化

 

 

時代とともにエンジニアに求められることは変化しており、特に今は以前と比べるとより高いレベルのエンジニアを求める声が高くなっている様です。

昔はエンジニアとして必要な役割は、作業効率の改善や単純化といった開発がゴールの大半でした。しかし誰でもWebサービスを開発できる様な環境が整ってくると開発がゴールではなく、開発がスタート地点として置き換わる様になる、エンジニアに求められるものは新たなサービスの開発になりました。

そういった中でエンジニアの需要も増加し、人口も増大しました。そして日本だけに視野を向けたサービスから海外への展開を視野に入れたサービスを開発するようになると、単純な開発作業であれば同じ能力で単価の高い日本人よりもベトナムやフィリピンなど単価の安い人材へアウトソーシングするようになりました

そうなると日本人のエンジニアに求められるものは一つの専門的な能力がある人材から様々な事を担当してくれる人材へとシフトしてきます。

 

フルスタックエンジニアへの需要が増加するということはそこを目指す人にとっては良いかもしれませんが、逆にいうと一つの能力で一人前になるだけでは今後エンジニアとして生きていくことは難しいということになるのかも知れません。

 

0からフルスタックエンジニアになるための方法

 

 

フルスタックエンジニア をいきなり目指す人も少ないかと思いますが、0からフルスタックエンジニアを目指す場合はまずプログラミング言語を覚える必要があります。フロントエンド部分でもバックエンド部分でも良いのでまずは勉強しましょう。

フロントエンドの開発であればHTML/CSS/JavaScriptといった言語を、バックエンドの開発であればPHP/Ruby/Pythonといった言語の勉強を行い、同時に各言語のフレームワークやライブラリーの知識を蓄積しましょう。

ある程度自分でも知識が付いたら、自分でWebアプリケーションを作成するかスクールに通うか、企業に就職して一からアプリケーションを作成する工程を理解しましょう。そうすることで実際にアプリケーションを製作し運用することに必要なOSやミドルウェア、クラウドの知識が蓄積されます。

フルスタックエンジニアをいきなり目指すとその勉強量の大さから挫折してしまう可能性もあるので、まずは特定の専門分野の勉強を行い、積み重ねるように他の専門分野も勉強することで自然とフルスタックエンジニアに成れるでしょう。

0から始めるのであればフルスタックエンジニアになるためには早くても3年以上の時間が必要になることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

 

 

フルスタックエンジニアは他のエンジニアと比較しても年収が高いため目指す人も多いです。しかし、フロントエンドやバックエンドだけでも一人前として仕事が出来るように成るのに数年を要するため全ての業務を行えるようになるにはかなりの時間を要します。

自頭の良さや年齢も重要ですが、とにかく長期的に根気よく勉強し続けられることがフルスタックエンジニア になるための最低条件です。

Geekly Media ライター

とげみ

1+