ゲームデザイナーを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、プランナーとの違いまで幅広くご紹介します!

スマートフォンが発達して、より気軽にゲームを遊べるようになりゲーム市場は盛り上がりを見せています。そんなゲームを作成するときに必要な職種にゲームデザイナーという仕事があることをご存知ですか?今回はゲームデザイナーとはどんな仕事で、どんなスキルが必要なのかについて詳しく紹介していきます。

 

ゲームデザイナーとは

 

 

ゲームデザイナーとは、言葉通りゲームのデザインをするお仕事です。

大きく分けると以下2種類となります。

 

・CGデザイナー

ゲームにおけるステージやキャラクターを作るお仕事となります。アニメーションや背景グラフィック、デモムービーなど機能に合わせたデザインを心掛ける必要があります。

・UI/UXデザイナー

スムーズなゲーム「体験」を行ってもらうことを目的にデザインを行います。タイトル・メニュー画面の作成、ボタン・アイコンなどの最適化、フォントや文章などを中心にデザインしていきます。

 

以上が一般的に「ゲームデザイナー」と呼ばれて思い浮かぶものだと思います。ただ他にも挙げるとするならば、デザインとは元々「設計」や「意匠」という意味を持っているので、キャラクターなどのデザインだけにとらわれずゲーム作品全体の企画・構成を作っていく仕事でもあります。ゲームシステムや世界観など0からゲームを作っていきます。

「ゲームデザイナー」と一口に言っても業務内容が多岐にわたることは覚えておいていいかもしれません。

 

ゲームデザイナーは売り上げに大きくかかわる仕事

 

 

ゲームデザイナーの仕事は非常に重要です。

なぜならどんなに企画のゲームであっても、全体のバランスや世界観が良くないとお面白いゲームを作ることができないからです。

 

暇つぶしにやるという単純なゲームも増えてきていますが、ハマるゲームというのは感情移入することができたり、非日常を経験することができるゲームです。

ゲーム全体のバランスが悪いとプレイしていて違和感が出てきて感情移入しにくいですし、世界観が陳腐だとのめりこむことができません。

ゲーム作成はゲームデザインナーから始まる仕事なので、設計の良し悪しで売れるか売れないかというのは大きく変わってくるのです。

 

ゲームプランナーとの違いは?

 

 

ゲームデザイナーの仕事を調べているとゲームプランナーという仕事をよく見かけます。

ゲームプランナーはゲームをプランニング(立案・企画)する仕事なので、ゲームを0から立案し企画を作っていく仕事なので企画から完成まで携わります。

つまり、ゲームの全体的な設計をプランニングしていくわけです

 

先ほど言った通りゲームデザイナーはゲームをデザイン(設計・意匠)する仕事でもあるので、ゲームの骨組みを設計してため当然企画立案にかかわっていきます。

しかし、ゲームデザイナーは基本的には「CGデザイナー」「UI/UXデザイナー」が主な業務となるので、被る部分はあったとしても、基本的には違うものと捉えて問題ないでしょう。

 

ゲームデザイナーの年収は?

 

 

そんなゲーム作りにおいて非常に重要なゲームデザインナーの仕事ですが、やはり目指すならどれくらい稼ぐことができるのかというのも気になりますよね。

 

転職会議が統計を取っているデータからは、ゲームプランナーの平均年収は378万円だと言われています。

世代別だと20代前半は平均323万円・20代後半は平均355万円・30代は平均426万円・40代以上は平均406万円となっています。

しかし、これはあくまで平均年収であってこれ以上稼いでる方もいれば稼げない方もいます。ゲームデザイナーはゲームの核を作る仕事なため売り上げに直結する仕事なので、評価が分かりやすいです。

参考:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/129

 

Geekly Media ライター

1+