【まとめ】フリーランスの仕事の種類は何種類?!それぞれの将来性・資格・スキルなども併せてご紹介します!

フリーランスの成果には「どのような仕事の種類に着手するか」が重要です。この記事では、フリーランスとしての活動を開始する前に把握しておくべき、仕事の種類をまとめて紹介します。それぞれの将来性や、求められる資格やスキルを把握することで、効率的に成果を残せるフリーランスを目指すことが可能になります。

 

フリーランスという仕事の仕方を考える意味

 

 

副業元年と呼ばれる2015年から2018年までの間に、1,119万人もの方々がフリーランスという仕事の仕方を選択しています。また、クラウドソーシングサービスを提供する企業であるTHELANCERSは、以下のような推移を公表しています。

フリーランスが2015年の913万人から2018年は1,119万人と4年間で約23%の増加。経済規模で14.3兆円から20.1兆円と約41%の増加が見られています。日本の労働系KPIが軒並み右肩下がりの中、このフリーランスの経済規模20兆円は、総給与支払額200兆円の10%となり、決して無視できない規模となってきました。

(参照:https://www.lancers.jp/magazine/31221)

 

政府が働き方の変革を推進している現在では、企業に所属しないフリーランスという仕事の仕方を検討すること自体に大きな意味があると言えるでしょう。

 

フリーランスの仕事は多種多様!

 

 

2015年から4年ほどが経過した現在では、フリーランスの仕事の種類は挙げ始めれば切りがないほど多様化しています。まずは、すでにフリーランスがこなしている仕事の種類を、ITエンジニア系、デザイナー系、ライター系の3つにわけで紹介していきます。

 

ITエンジニア系の仕事の種類

 

すでにフリーランスがこなしている、ITエンジニア系の仕事には10以上の種類があるとされています。代表的な仕事の種類には以下のようなものがありますが、テクノロジーの進歩に応じて今後も増加すると考えられます。

コーダー・アプリケーションエンジニア・インフラエンジニア・ゲームエンジニア・サーバーエンジニア・スマートフォンエンジニア・データベースエンジニア・ネットワークエンジニア・フラッシュエンジニア・プロジェクトマネージャ・フロントエンドエンジニア

 

デザイナー系の仕事の種類

 

一昔前まではプロだけがおこなうものと考えられていたデザイナーという仕事も、フリーランスがこなすようになっています。細かく分類すると以下のような種類で、現在のフリーランスが活躍しています。

3Dデザイナー・Webデザイナー・イラストレーター・グラフィックデザイナー・ロゴデザイナー・キャラクターデザイナー

 

ライター系の仕事の種類

 

Webメディアが一般化したことで、ライターという仕事もフリーランスがその役割を担うようになっています。一口にライターといってもその文体に応じて、以下のように分類されます。

Webライター・編集者・翻訳者・テクニカルライター・コピーライター・記者・コラムニスト

 

フリーランスに求められる将来性のある仕事3種類

 

 

フリーランスという仕事の仕方を選択する方が増えるのと比例するように、フリーランスが着手する仕事の種類も増加しています。しかし、着手できる仕事が増加している一方で、将来性のある仕事を選択することも難しくなっている点には注意が必要です。。ここからは、フリーランスに求められる将来性のある仕事を3つ紹介します。

 

アプリケーションエンジニアの将来性と求められる資格やスキル

 

 

すでに企業に属さないフリーランスへと仕事が割り振られ、今後もその数が増加していくと予想されるのがアプリケーションエンジニアです。JavaやRuby、PHPといった言語を使用し、クライアントが求めるシステムを構築することが、アプリケーションエンジニアの仕事であり、求められるスキルです。

先ほど触れたように、ITエンジニア系の仕事にはインフラエンジニアやサーバーエンジニアといった種類もあります。ただし、フリーランスにはアプリケーションを1つの作品として納品でき、そのあとの対応まで求められないという働き方がおすすめのポイントです。

 

Geekly Media ライター

PuG88

0