【プロデューサー/ディレクター】徹底比較!2つの職種の違いはある?業界による違いも分かりやすく解説!

あらゆる業界には企画を立案し実行するプロセスがあり、指揮するポジションとしてプロデューサーとディレクターが存在します。この2つのポジションの役割が明確に理解できていないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プロデューサーとディレクターの違いを徹底比較し、その仕事内容や各業界での役割を交えながら解説します。

 

プロデューサーとディレクターの違い

 

 

プロデューサーとディレクターには、責任の重さと仕事をする場所に明確な違いがあります。

プロデューサーはディレクターの上司といったポジションで、企画全ての責任を負う立場にあり、企画の立案やスケジュールなどを行います。一方ディレクターはプロデューサーの部下というポジションで、プロジェクトの詳細な管理やクライアントとの直接交渉、そして現場の総指揮を行うといった現場の責任者です。

極端なイメージでいうと、プロデューサーが主に会議で総指揮をとり、ディレクターは現場の総指揮を努めます。

プロジェクトメンバーが直接接するのはディレクターということになりますね。

プロデューサーとディレクターの違いが曖昧になってしまうのは、業界によってはそれらのポジションが明確になっていない、あるいはプロデューサーとディレクター両方の役割を兼務するということも多いからです。

 

 

プロデューサーの仕事

 

プロデューサーの仕事は、主に企画とそれに関わる全ての責任を負うことです。これは、どの業界でも同じポジションとなります。

 

企画

 

 

プロジェクトを立ち上げるには、まず企画が必要です。プロデューサーになるには一つ一つの下流工程のポジションでスキルを積み上げてきた人ですので、それらノウハウを活かして企画を立案します。

そこには、技術力の考慮や市場調査、経験から導き出す完成図、そして完成までの道筋が見えているはずです。

企画力は短期間に養われることはありません。何よりも大切なものが経験と、プロデューサーになるまでに磨かれた勘です。

 

大まかなスケジューリング

 

 

プロデューサーは、企画を実現するまでにどのようなスケジュールで進行するかという大枠を決める必要がります。そこには、人員の確保や予算の兼ね合いもあり、全てを総合して全体的なスケジュールを決定する必要があります。

ここで立てられたスケジュールを元に、現場のディレクターは更に細かいスケジュールを立て、企画を成功へ導くのです。

 

プロジェクト全体の責任者

 

 

プロデューサーは立案した企画に関わるプロジェクト全ての責任者というポジションです。ですので、万が一に備えた立ち振る舞いなどのスキルも必要とされます。

現場の進捗が遅れている場合には、ディレクターと話し合うことで現場の状況や温度感を把握し、適切な指示を出す必要がありますし、時には士気を上げるような気遣いが必要です。

誰よりもコミュニケーション能力が必要とされますし、臨機応変な対応ができる経験とノウハウが最も必要なポジションなのです。

 

 

ディレクターの仕事

 

ディレクターは、プロデューサーが企画したプロジェクトを進行するために、現場の総指揮をとります。企画として動き出したプロジェクトを実現するために細分化し、担当や細かなスケジュール管理、そして現場が円滑に動くようにコミュニケーションをとります。

もちろん、ディレクター自身もプロジェクトの実務を行うこともありますし、全体の進行状況を把握しなければなりません。

プロデューサーへの報告や、プロジェクトメンバーからの要望や質問の取りまとめを行うため、中間管理職といえばイメージしやすいかもしれませんね。

 

 

Geekly Media ライター

佐久森

1+