【まとめ】ITコンサルタントに求められるスキルを徹底解説!その仕事内容やなり方も含めて分かりやすく解説します。

ITはあらゆる分野に導入され、業務の効率化に貢献します。そして、ITとそれ以外の業務を繋げるには、ITを自由自在に扱えなければなりませんよね。ITコンサルタントはITを利用するスペシャリストです。
そこで今回は、ITコンサルタントとは何なのか、必要なスキルや仕事内容を交えながら、ITコンサルタントのなり方などを解説します。

 

改善する業務のマネジメント

 

 

業務改善のための提案が承諾されたら、実際に現場に入って改革を行なっていきます。ここからの作業は、ITコンサルタントとクライアントが一緒に行う工程です。

ITサービスの導入が必要ならば、選定したサービスの導入・運用を一丸となって行います。導入過程および運用過程においても、ITコンサルタントはクライアントが使いこなせるようにアドバイスをします。想定外なことがあれば、ITコンサルタントが外部業者との調整を行うなど、マネジメントという立場で振る舞います。

クライアントの望み通りの結果が出せた時、ITコンサルタントの業務は一段落するのです。もちろん、その後のフォローなどもしっかりと行うことで、ITコンサルタントとしての信頼性を築くことも大切な仕事です。

 

 

ITコンサルタントの年収

 

 

ひとつの企業の業務を変更することは、想像よりも重大な責任を負います。失敗すれば業務が止まるだけではなく、そこに関わる取引先にも大きな損害を出しかねないからです。

大きな責任を負うITコンサルタントですが、その年収が気になりますよね。業務としては経験とスキルに比例するため、高い年代ほど多くの報酬をもらっています。30代では約600万円〜700万円が平均年収ですが、40代では平均年収800万円を超えます。もちろん、1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありません

 

 

ITコンサルタントになる方法

 

 

ITコンサルタントになる方法としては、まずITエンジニアとしてのキャリアを積むことです。ITに分類されるあらゆる知識と経験を積まなければなりません。どの分野の業務に、どのようなITが導入できるのかを判断するためです。

また、コミュニケーション能力に関しては、プロジェクトマネージャーを何度も経験することで身につくスキルですが、特にヒアリングスキルを鍛える必要があります。

身に付けるべきスキルを得たら、次に必要なのがITコンサルタントとしての営業ですもちろん、それまでのコネクションからクライアントへ繋がることが多いと思いますが、自身でしっかりとブランディングできるか否かで年収にも大きな差が出てくるはずです。

 

 

まとめ

 

 

ITコンサルタントは、ITエンジニアの中でもハイレベルなキャリアです。すぐに名乗れる肩書きではありません。

しかし、ITエンジニアとして着実に力をつけ、本業以外でもIT知識を学ぶ姿勢があれば、届かないキャリアではないのです。

視野を広げ、様々な業務とITを結びつけるスキルを日頃から意識することで、ITコンサルタントを名乗れる日がくるはずです。

Geekly Media ライター

佐久森

3+